【出産準備を】妊娠後期の妊婦に必要なもの|グッズ一覧《妊娠8カ月・9カ月・10カ月》

【出産準備を】妊娠後期の妊婦に必要なもの|グッズ一覧《妊娠8カ月・9カ月・10カ月》

妊娠後期にあたる妊娠8カ月・9カ月・10カ月。おなかも大きくなり、ますます動きづらいですよね。この頃は、おなかを支えるマタニティグッズを揃えると同時に、入院や出産準備も進めていきましょう。この記事では、妊娠8~10カ月の妊娠後期にあると便利なマタニティグッズを紹介していきます。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:美容・健康、ベビー・キッズ
中村 亜紀子

「ベビー・キッズ」「美容・健康」カテゴリーほか、レディース向け商材全般を担当。妊婦・育児・女性向け雑誌の編集歴約15年で、ママやパパ、医療・美容関係者、製造メーカーへの取材経験は3000件以上。「ママやパパ、子供にとって本当にいい物をおすすめする」が信条。

◆本記事の公開は、2022年01月19日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

妊娠後期はいよいよ出産準備をはじめよう 妊娠8カ月・9カ月・10カ月

エコー写真とベビーシューズ
ペイレスイメージズのロゴ

妊娠後期にあたる妊娠8カ月、9カ月、10カ月(妊娠28週~)頃は、おなかがかなり大きくなり、これまでできた動きが難しくなったり、腰や足など身体に負担がかかりやすかったりする時期。そして、もうすぐやってくる出産に向けて、入院準備や赤ちゃんのお迎え準備をはじめる時期でもあります。そんな妊娠後期には、以下アイテムを順次揃えていきましょう。

「抱き枕」「妊婦帯」などおなかを支え、サポートするマタニティグッズ

「産褥ショーツ」「母乳パッド」など出産入院グッズ

「おくるみ」「哺乳瓶」などのベビーグッズ

妊娠後期の妊婦に必要なもの一覧 出産や産後に使えるアイテムも準備を!

妊娠8カ月・9カ月・10カ月の時期は、身体にかかる負担をサポートするマタニティグッズを用意しておくと安心です。

抱き枕

 

大きくなったおなかで、うまく寝姿勢がとれずに寝苦しさを感じているママさんも多いのでは? 体をゆったり預けられる抱き枕があれば、体の重みがうまく分散されるので、ラクな体勢でくつろぐことができますよ。

もちろんどんな抱き枕を使ってもいいのですが、妊婦さん用に作られた抱き枕のなかには、産後に授乳クッション(赤ちゃんに授乳するときに使うクッション)として長く使えるものも。ぜひチェックしてみてください。

Amazon:抱き枕ランキングを見る

妊婦帯

 

妊婦帯(腹帯)とは、大きくなったおなかを支えてくれるアイテム。腹巻のようなものや、産前産後の骨盤を支えるベルト状のつくりのものなどがあります。

妊娠中期では必要なかったママさんも、おなかの重みで腰への負担が気になる場合は使ってみてください。着用することで、安定感が増して動きやすくなる、おなかと腰回りを冷えから守るといったメリットもありますよ。

Amazon:妊婦帯ランキングを見る

マタニティパジャマ(2~3枚)

 

妊娠後期には、ゆったりした着心地のいいマタニティパジャマやマタニティルームウェアも用意しましょう。大きめパジャマやTシャツで代用するママさんもいますが、マタニティパジャマには大きくなるおなかに合わせてウエスト調整ができるもの、授乳口が付いていて産後長く使えるものなどがあり便利です。

また産院によっては、出産入院用として用意するよういわれる場合もあります。洗い替え用として2~3枚購入しておくといいでしょう。

楽天市場:マタニティパジャマランキングを見る

マタニティインナー(3~4枚)

 

おなかや胸が大きく、マタニティブラでも締め付け感が気になる場合は、マタニティ肌着やキャミソールなどのマタニティインナーを活用するとより快適に。授乳ができるインナーは出産後まで活躍します。なるべく着脱がラクなものを選びましょう。

楽天市場:マタニティインナーランキングを見る

育児本・育児漫画

 

出産をひかえた妊娠後期は、子育てに関する知識もどんどんつけていきたいですよね。そんなママさんは、今のうちから育児本で勉強するほか、育児漫画を読むのもおすすめ

育児漫画はママ作者の体験談をもとにした作品も多く、子育ての面白さや苦労話などリアルな情報が盛りだくさん! パパ向けの作品もあるので、パパと一緒に楽しむのもいいでしょう。

Amazon:育児本・育児漫画ランキングを見る

先輩ママの体験談・口コミを紹介! 本当に全部必要? 妊娠後期はどう過ごしてた?

妊婦さんの大きなおなか
ペイレスイメージズのロゴ

妊娠後期に役立つさまざまなマタニティグッズを紹介しましたが、「本当に全部必要なの?」「最低限なにを用意しておけばいい?」と疑問に思っているプレママさんも多いはず。迷ったときは、先輩ママの意見を参考にしてみて! 妊娠後期の過ごし方についてもアドバイスをもらったので、ぜひチェックしてみてくださいね。

マタニティグッズは全部用意したほうがいいの?

先輩ママに「マタニティグッズは全部用意したほうがいいか」を聞いてみました。
●すべてを揃える必要はないけれど、少しでもストレスが身体や心のストレスが緩和できるようなグッズがあるといい!(Aさん/3歳女の子)
●ゆったりした気持ちで過ごすために必要なアイテムがあればOK(Mさん/3歳女の子)

さらに詳しい体験談は以下を読んでみて!

妊娠後期、本当急激におなかが大きくなるので身体がもたない~と思うこともしばしば。おなかの中にいる赤ちゃんのためにも、自分のためにもストレスをためないことが一番!

すべてを揃える必要はないけれど、少しでもストレスが身体や心のストレスが緩和できるようなグッズは揃えておくのもいいと思います。妊娠初期・中期は全然必要なかったけど、後期になってから購入したアイテムも多いので。自分の体と相談してグッズを購入してみましょう!(Aさん/3歳女の子)

妊娠後期も、基本的にはおなかや胸を締め付けない衣類があれば過ごせるけれど、とにかくゆったりした気持ちで過ごすのが大事。なので、辛いなと思ったらそれを解決できる商品を買って損はないです!(Mさん/3歳女の子)

これは絶対に必要! と思ったマタニティグッズはどれ?

先輩ママに「絶対に必要だったマタニティグッズ」を聞いてみました。
●妊娠帯とマタニティパジャマは必要でした(Aさん/3歳女の子)
●マタニティパジャマと、仕事用にマタニティタイツが必須でした(Mさん/3歳女の子)

さらに詳しい体験談は以下を読んでみて!

妊娠帯とマタニティパジャマですかね。おなかの急激な成長に腰がやられ、お出かけや通勤時には妊娠帯は必須アイテムでした。マタニティパジャマは産後も使えるような授乳口付きや前開き系のものを購入しておいたので、長く使えて便利でした!(Aさん/3歳女の子)

マタニティパジャマです! 入院準備で必要になることが多いので、どうせならこの時期にお気に入りを見つけておくといいと思います。授乳口が付いていて丈が長いワンピースタイプを購入し、産後もずっと使っていました。

また、妊娠後期が冬だったので仕事用にマタニティタイツも必須でした。(Mさん/3歳女の子)

妊娠後期の過ごし方やアドバイスを教えて!

先輩ママに「妊娠後期の過ごし方やアドバイス」を聞いてみました。
●体重管理のためにも、お散歩したり体を動かすことを意識して生活していました(Aさん/3歳女の子)
●妊娠後期に、あとあと自分の指針になってくれる育児本を読んでおくのがおすすめ(Mさん/3歳女の子)

さらに詳しい体験談は以下を読んでみて!

赤ちゃんと会えるまでのラストスパートで、ワクワクドキドキしながら過ごしてました! この頃はおなかも大きくなるので、動くのが億劫になり体重も増えがち……。(よく産院の先生に注意されてました笑)。なので、お散歩したり体を動かすことを意識して生活してたかな。

未来の赤ちゃんとここ散歩したいな~とか、この公園に連れてきてあげよう!なんていう想像をしながら、だと気持ちもリフレッシュしつつ運動もできて、なんだか幸せな時間でした!(Aさん/3歳女の子)

購入必須のアイテムではないですが、この時期に育児本を読むのがおすすめ! 育児がはじまってしまうと忙しいうえ、ネットでの情報は多すぎて取捨選択が難しく、悩んだ経験があります。お気に入りのお世話の教科書を1冊用意しておくと、あとあと自分の指針になってくれます!(Mさん/3歳女の子)

妊娠後期のママと赤ちゃんの身体の変化とは?

妊婦さんのおなか
ペイレスイメージズのロゴ

妊娠後期にあたる妊娠8カ月・9カ月・10カ月。ママと赤ちゃんの身体にはどのような変化があるのでしょうか?

「妊娠8カ月」は疲れやすいのでゆっくり過ごして

妊娠8カ月は、大きくせり出したおなかが重く、腰痛のほか、動きづらさや寝苦しさを感じ始める時期。抱き枕や妊婦帯などおなかをサポートするアイテムを上手に活用しましょう。夜に眠りが浅い場合は、日中はラクな姿勢で身体を休めたり、仮眠を取ったりして休息を心がけてくださいね。

赤ちゃんの体重は1kgを超え、記憶力や感情も芽生える頃といわれています。リラックスしながらたくさん話しかけてあげましょう。

「妊娠9カ月」は母乳の準備が進み、初乳がでることも

妊娠9カ月は、ますます大きくなるおなかで腸が圧迫され、便秘に悩まされるママさんも。食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。またこの頃になると、母乳を出す準備も進み、初乳が出たり乳頭に白いカスのような分泌物がついたりすることも。身体もママになるための準備が着々と進んでいます。

赤ちゃんは骨格がほぼでき上がり、手足もプクプクとしてきます。髪の毛や爪も伸びてきて、だんだんと赤ちゃんらしい姿に成長していきます。

「妊娠10カ月」はいよいよ出産に向けて心の準備を

妊娠10カ月は、いよいよ臨月(妊娠36~39週まで)に突入します。37週0日を超えるといつ産まれてもいい状態なので、リラックスしながらその日を待ちましょう。とくに初産の場合は不安になりがちですが、陣痛がきたら、破水したらどう行動すべきかおさらいしたり、出産のイメージトレーニングをしておくと安心です。

赤ちゃんが無事元気に産まれてくることを願いつつ、あともう少しのマタニティライフを楽しみましょう!

妊娠後期は出産準備を進めつつ、ゆっくり過ごそう

妊娠8カ月、9カ月、10カ月の妊娠後期は、以前と比べてさらに大きくなるおなかで、動きづらかったり、寝苦しかったりと日常生活が思うように過ごせないことも……。でも決して無理をせず、パパや周りの人に頼りながらリラックスして過ごしましょう。

またこの頃には、出産入院で使うグッズや、産まれてすぐに使うことになるベビーグッズも用意していきたいところ。ぜひ産まれてくる赤ちゃんのことを思って楽しみながら、出産準備を進めてくださいね。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部