テレビを掃除して長持ちさせよう!正しい手順とやってはいけないこと

テレビを掃除して長持ちさせよう!正しい手順とやってはいけないこと

テレビは、ホコリや手垢がついて汚れやすいアイテムです。しかし、掃除の方法がよくわからず、きちんとした手入れができていない人も多いのではないでしょうか。テレビを長くきれいな状態で使うためには、定期的に適切な掃除をおこなうことが大切です。この記事では、意外と知らないテレビ掃除の手順から、クリーニングの頻度、やってはいけないことまで詳しく解説します。


テレビの掃除でやってはいけないこと

テレビ掃除の際は、以下の5つのポイントに注意してください。

1. 水拭きはできるだけ避ける
液晶テレビ画面に水拭きの跡や布巾の繊維が残って汚れてしまう場合があります。
2. ティッシュを使ってはいけない
ティッシュによって画面が傷つく可能性があります。
3.洗剤を直接画面にスプレーしない
画面にスプレーすると、洗剤がテレビの本体内部に侵入して、故障の原因となります。
4.アルコール・エタノールはNG
アルコールは、テレビ画面のコーティングと反応して変色する場合があります。エタノール(アルコールの一種)を配合した除菌クリーナーやウェットティッシュもNGです。
5.ガラスクリーナー・クレンザーはNG
研磨剤が含まれるため、テレビ画面のコーティングやフィルムを傷つけたりはがしたりする恐れがあります。

テレビのクリーニング方法:正しい拭き方・手順

液晶テレビの掃除は、月に1回程度を目安におこなうといいでしょう。まずホコリ、次に手垢の順で掃除するのがポイントです。ここからは、テレビの掃除で用意するものや、正しい拭き方・手順などをご紹介します。

汚れの種類ごとに適した掃除方法や、やってはいけない注意点なども詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

事前の準備

液晶テレビを掃除するときは、マイクロファイバークロスとハンディモップを用意しましょう。マイクロファイバークロスが手に入りづらい場合は、眼鏡用のクリーニングクロスを代用することも可能です。

そして掃除の前に、テレビの電源を切っておいてください。画面が暗くなることでホコリ・指紋などの汚れがはっきり確認できます。また、静電気が抑えられるため、ホコリを除去しやすくなるのもメリットです。

(1)表面の埃をはらう

電源を切って静電気を抑えたら、まずはテレビに付着したホコリを払いましょう。ハンディモップを使って、軽く画面をなでるだけで、静電気によって吸いついたホコリをきれいに除去できます。

クロスでホコリがついた画面を拭くと、液晶表面が傷ついてしまう場合があるため、クロスではなく、モップを使うよう注意してください。

(2)画面をクロス拭き

ホコリを除去したら、次にやわらかいマイクロファイバークロス(眼鏡用クロス)でテレビ画面を拭きましょう。

力を入れてゴシゴシこすると画面が傷つきやすいため、やさしく掃除するようにしてください。

また、画面を拭くついでに、テレビの上部や画面フレームもあわせて掃除しておくと、全体がきれいになってすっきりします。

(3)落ちにくい汚れを落とす

落ちにくい指紋や手垢の汚れは、皮脂が原因であることが多いため、掃除には油を吸収しやすいキッチンペーパーが活躍します。

キッチンペーパーを使いやすい大きさに畳んで軽く水で湿らせ、汚れた部分をやさしく拭きとってください。上から下へ拭くと、後が残りづらいです。

また、息を吹きかけて、マイクロファイバークロスや眼鏡クロスで拭くのもいいでしょう。

テレビの裏側のホコリも掃除する コンセント回りやケーブルも

テレビの背面にもホコリやゴミがたまりやすいため、忘れず掃除をおこないましょう。通風孔と内部にホコリがついたままだとテレビが故障しやすいので、掃除機でこまめに吸いとるのがポイントです。

また、雑巾などできれいに拭きとるのもいいでしょう。ケーブル類やコンセントまわりのホコリも、しっかり除去してください。

リモコンの汚れ落としや除菌も忘れずに

テレビ本体の掃除以外にも忘れてはいけないのがリモコンのお掃除。リモコンは、毎日使うもの。直接手で触れるものなので、実はとっても汚れています。テレビ本体と同様しっかりとキレイにしておきましょう。

掃除をするときのポイントは、電池を抜いて作業すること、汚れのひどいボタンの間や隙間など細かい部分をふき取れる綿棒なども用意しておくことでしょう。エタノールなどを使えば汚れも除菌も一回で済みますよ。

【関連記事】テレビに関するそのほかの記事はこちら

テレビの買い替えを検討ならおすすめをチェック

編集部まとめ 月に1度の掃除でテレビをきれいに

液晶テレビは、定期的に掃除をおこなうことで、きれいな状態をたもててより長持ちします。ただし、アルコール類やガラスクリーナーなど、適さない素材もあるため、掃除グッズを準備するときには注意が必要です。

ハンディモップや眼鏡用クロス・キッチンペーパーなどで、やさしく拭きとりながら、ホコリ・手垢などの汚れをすっきり落としましょう。また、裏側の通風孔やケーブルにもホコリやゴミがたまりがちなので、あわせて掃除をおこなってください。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:jekt、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/5/10 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


テレビブースターの選び方とおすすめ14選|手軽にキレイに電波が通る!

テレビブースターの選び方とおすすめ14選|手軽にキレイに電波が通る!

テレビブースターの役割をご存知でしょうか?もし日ごろからテレビの画質、つまり映りの悪さに困っているならテレビブースターの導入によって改善される可能性があります。テレビの電波が届きにくい、あるいは弱い環境には、テレビの放送電波を増幅するテレビブースターの設置を検討してみましょう。テレビブースターは、設置場所や使用帯域によってさまざまな商品が販売されています。本記事では、テレビブースターの種類ごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。手軽に設置でき、さらにしっかり電波が通るモデルを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


8Kテレビおすすめ8選|シャープ・ソニー・LGの特徴や選び方も解説

8Kテレビおすすめ8選|シャープ・ソニー・LGの特徴や選び方も解説

2018年12月にBS・CSで実用放送がスタートした新4K・8K衛星放送。従来のテレビ放送に比べて解像度がひじょうに高く、高精細な映像を楽しむことができるようになりました。しかし、送信側が新4Kや8Kの映像を発信しても、受け手側のテレビが対応していなければ高画質をフルに楽しむことはできません。本記事では、8Kテレビについて、高解像、高精細な商品を選ぶポイントやおすすめ商品をご紹介。コスパの良い商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


室内アンテナおすすめ12選|弱電界でも快適に!設置タイプもチェック【地デジやBSも】

室内アンテナおすすめ12選|弱電界でも快適に!設置タイプもチェック【地デジやBSも】

屋外にアンテナがない場合、室内アンテナが必要になります。室内アンテナは、工事が不要で、ケーブルと接続するだけで簡単に設置ができます。この記事では、どういった室内アンテナがあるのか、どういう選び方をすればいいのかなどを解説あわせて、室内アンテナのおすすめ商品を紹介します!通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021年】大型テレビおすすめ12選|【液晶・有機EL】4K・壁掛けなど厳選

【2021年】大型テレビおすすめ12選|【液晶・有機EL】4K・壁掛けなど厳選

迫力ある大画面で4K8Kの高画質を楽しむべく、大型テレビ。画面サイズもさまざまで、最大では80型の商品も発売されています。この記事では、高機能テレビから格安コスパテレビまで、液晶と有機ELに分けてオーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんと編集部が厳選した50インチ以上の大型テレビのおすすめと選び方をご紹介します。後半には転倒防止グッズのおすすめや通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


テレビの寿命は何年? 故障の症状や買い替え時のタイミングを解説

テレビの寿命は何年? 故障の症状や買い替え時のタイミングを解説

毎日の生活のなかで、さまざまなエンタメや情報を提供してくれるテレビ。しかし、テレビも家電製品のため、映りや音がおかしかったり、いつかは故障して映らなくなったりすることも考えられます。その際に、修理を依頼するべきか、廃棄して新しいものを購入するべきか迷うこともあるでしょう。この記事では、テレビの種類別に、映らなくなる原因や買い替えのタイミングについてご紹介します。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。