冷蔵庫の処分方法をチェックして正しくリサイクルしよう!

冷蔵庫の処分方法をチェックして正しくリサイクルしよう!

故障による買い替えや引っ越しなどで不要になった冷蔵庫を処分する場合、家電リサイクル法に沿った正しい方法で処分しなければいけません。冷蔵庫の処分方法は購入店や自治体、業者に引き取り依頼する方法から、自分で持ち込む方法まであり費用も異なります。この記事では冷蔵庫の正しい処分方法6つをメリット、デメリットとともに解説します。冷蔵庫の処分方法を知るためにぜひ役立ててください。


冷蔵庫の処分方法は家電リサイクル法に定められている

廃棄された冷蔵庫や家電
Payless images logo

冷蔵庫を処分する際には、リサイクル料金と収集運搬料金が発生します。リサイクル料金はメーカー、冷蔵庫の容量ごとに異なります。目安として、主要メーカーの冷蔵庫のリサイクル料金は170L以下が3,740円(税込)、171L以上が4,730円(税込)です。収集運搬料金は依頼する小売店や業者によって異なります。

リサイクル料金は、小売店や業者に直接支払う方法と、郵便局で必要事項を記載して払い込む方法があります。払い込み後のリサイクル券は、冷蔵庫を処分したあとも保管しておきましょう。家電製品協会のホームページから、リサイクル券の番号を入力すると処分した冷蔵庫がメーカーに引き渡されたかがわかります。

冷蔵庫を処分する6つの方法

買い替えや引っ越しで不要になった冷蔵庫を正しく処分する、6つの方法をメリットやでメリットとともに解説します。

家電量販店に引き取りと処分を依頼する

冷蔵庫を新しく買い替えた場合、家電量販店や処分する冷蔵庫を購入した家電量販店などへ処分依頼ができます。リサイクル料金と収集運搬料金は冷蔵庫の購入代金と一緒に購入店へ、または作業当日に作業員へ直接支払います。

新しく購入した冷蔵庫の搬入日に、不要となった冷蔵庫を引き取ってくれます。メリットは買い替えと一緒に処分もできる、運び出しなどの手間がかからない、費用も正規金額で利用できることです。デメリットは、買い替えのときにしか利用できない方法であることです。

自治体に引き取りと処分を依頼する

廃棄された冷蔵庫や家電
Payless images logo

買い替えではなく、不要になった冷蔵庫のみを処分したい場合は、購入店または自治体に依頼します。処分する冷蔵庫の購入店がわからない場合は、自治体に引き取りと処分依頼をします。

引き取りと処分依頼方法は自治体によって異なるので、住んでいる自治体に問い合わせをしましょう。東京都の場合は「家電リサイクル受付センター」へホームページまたは電話で事前申し込みをします。
https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index/


リサイクル料金と収集運搬費用は、自治体によって異なり、回収日に作業員へ現金で支払う場合と、事前に郵便局で払い込みする場合があります。

メリットは正規の費用で冷蔵庫を処分できること、デメリットは回収日の指定ができないこと、回収まで時間がかかる場合がある、運び出しなどを依頼されることがある、事前に郵便局で払い込む手間がかかる場合があることです。

自分で指定取引場所まで持ち込む

全国にある指定取引場所に冷蔵庫を自分で持ち込む方法です。郵便局で家電リサイクル券に必要事項を記載して払い込みをしたうえで、家電リサイクル券と冷蔵庫を指定取引場所に持参します。

メリットは引き取りを小売店や業者に依頼しないため、収集運搬費用がかからないことです。デメリットは冷蔵庫を自分で運び出す労力が必要なことと、事前に郵便局で手続する手間がかかる、指定取引場所が遠方である、受付日時が決まっているなどといった理由から利用しにくい場合があることです。

買取業者に依頼する

リサイクルショップや家電買取の専門業者に不要になった冷蔵庫を買取してもらう方法です。

メリットは処分ではなく買取のため、処分費用が発生しないことです。状態がよければ想定よりも高額で買取される場合もあります。デメリットは、出張買取などをしていない場合に店舗まで冷蔵庫を持ち込む必要があること、買取ができない場合は冷蔵庫を持ち帰らなければいけないことです。

ネットオークションやフリマアプリを活用する

スマートフォンを見る女性
Payless images logo

ネットオークションやフリマアプリを通じて、他人に不要になった冷蔵庫を譲渡する方法です。

メリットは譲渡のため処分費用がかからないこと、冷蔵庫を自分の希望価格で譲渡ができることです。デメリットは処分費用はかからないが配送料やサービス利用手数料がかかる、取引や梱包、配送をすべて自分で行なう、取引に時間がかかるのですぐに処分ができない、取引や配送トラブルが起きる可能性があることです。

不用品回収業者に依頼する

家庭で不要になったものを回収する、不用品回収業者に依頼する方法です。

メリットはすぐに引き取ってくれるので急な引っ越しなどで時間がないときにも便利、運び出しなどが不要なことです。デメリットは費用が業者によって異なる、なかには必要な許可を持っていない無許可業者がいることです。かならず一般廃棄物処理業許可を持つ業者に依頼しましょう。無許可業者を利用した場合、高額な費用を請求されたり、回収した冷蔵庫を不法投棄されたりする可能性があります。

買い替えを検討なら冷蔵庫のおすすめをチェック 【関連記事】

冷蔵庫の処分方法を知って正しく処分しよう

家電リサイクル法の品目に指定されている冷蔵庫は、正しい方法での処分が義務づけられています。買い替えの場合は小売店や販売店に処分も依頼できるので便利かつ確かに処分ができます。

不要な冷蔵庫を処分したい場合には、引っ越しなどで期日までに処分したいか、できるだけ費用をおさえたいかなど、重視したいポイントに応じた方法を選びましょう。いずれの場合も無許可業者は利用しないなど、正しい方法で冷蔵庫を処分することが重要です。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


【2021年】冷蔵庫人気メーカーランキング&おすすめ16選|500L・400L・300Lなど容量別

【2021年】冷蔵庫人気メーカーランキング&おすすめ16選|500L・400L・300Lなど容量別

白物家電選びのプロ・コヤマタカヒロさんと507名の読者アンケート調査をもとに、冷蔵庫の人気ランキングとパナソニックや日立などおすすめメーカーを厳選! 一人暮らし、二人暮らし、4人家族用など、容量150L以下、150~300L、300~400L、400~500L、500L以上に分けて紹介します。最新モデルからおトクな型落ちまで厳選。後半では冷蔵庫選びのポイントや、Amazon、楽天など通販の売れ筋ランキング、故障や廃棄時の対応についても解説しています。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , 冷蔵庫・冷凍庫

【容量別】小型冷凍庫(ホームフリーザー)おすすめ12選|サイズの目安も解説

【容量別】小型冷凍庫(ホームフリーザー)おすすめ12選|サイズの目安も解説

食料品の買い出し回数を減らそうとすると、どうしても1回に買う量が多くなってしまいますよね。冷凍庫(フリーザー)を買い足せば、冷凍ストックをフル活用できますよ。本記事では、家庭で使いやすい小型の冷凍庫について、容量ごとの目安、選び方、そして、容量別のおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , 冷蔵庫・冷凍庫

【50cm以下もあり】スリム冷蔵庫おすすめ7選|一人暮らし~ファミリー用まで

【50cm以下もあり】スリム冷蔵庫おすすめ7選|一人暮らし~ファミリー用まで

本記事では、プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、スリム冷蔵庫の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ、家庭での使い方にあった冷蔵庫を探してみてください。

Icon mini tag 生活家電 , キッチン・調理家電 , 冷蔵庫・冷凍庫

【サイズ別】ポータブル冷蔵庫おすすめ13選|自宅・キャンプ向け商品も紹介

【サイズ別】ポータブル冷蔵庫おすすめ13選|自宅・キャンプ向け商品も紹介

ポータブル冷蔵庫を購入しようと考えているけど、全て同じに見えてしまい、何を基準に選んでいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。実は、ポータブル冷蔵庫は各メーカーの機種ごとに、サイズや冷却機能、また、その他の便利機能などに違いがあり、目的に応じて選ぶ商品が変わってきます。本記事では、これからポータブル冷蔵庫を購入しようと考えている方に向け、どんな種類があるのか、選び方はあるのか、おすすめ商品はどれか、など、初心者向けに詳しく解説いたします。本記事を読めば、基本的な機能や目的に応じた選び方、自分が求める商品がどれなのかを見つけられるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag 生活家電 , キッチン・調理家電 , 冷蔵庫・冷凍庫

大型冷蔵庫おすすめ12選|500L以上の商品や使い勝手のいい450Lも

大型冷蔵庫おすすめ12選|500L以上の商品や使い勝手のいい450Lも

本記事では、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんへの取材のもと、大型冷蔵庫の選び方やおすすめ商品をご紹介します。また記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなども確認してみましょう。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , 冷蔵庫・冷凍庫

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。