【50cm以下もあり】スリム冷蔵庫おすすめ5選|一人暮らし用からファミリー用まで!

【50cm以下もあり】スリム冷蔵庫おすすめ5選|一人暮らし用からファミリー用まで!

本記事では、プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、スリム冷蔵庫の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。記事後半には通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますので参考にしてみてください。


目次

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

冷蔵庫の容量の目安

冷蔵庫の野菜を持った男女
ペイレスイメージズのロゴ

冷蔵庫の容量の目安を決めるのは使用する人数が大事なポイントです。

【目安となる計算式】
70L×人数+100L(備蓄容量)+70L(予備容量)

上記の式が一般的な冷蔵庫の容量を図る式となります。
当てはめると、
1人用......240L
2人用......310L
3人用......380L
4人用......450L
5人用......520L

となります。

もちろん、中高生のお子さんがいる家庭や外食が多めの家庭など、家族構成によって誤差はありますが、基本は上記の計算で問題ないので、ピッタリの容量の目安を想像しておきましょう。

大きいサイズの冷蔵庫やもっと色んな種類の冷蔵庫を探したいという人は、▼こちらの記事がおすすめです。

スリム冷蔵庫の選び方

それでは、スリム冷蔵庫の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】高さ・奥行き
【2】デザイン
【3】ドアの開き方
【4】省エネ性能・年間消費電力量


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】高さ・奥行きで最大容量をチェック

真っ白な部屋に置かれたグレーの冷蔵庫
Pixabayのロゴ

スリムな冷蔵庫となってくると、幅が広いものと比べて容量が小さくなりがちです。そうすると限られたスペースに食材を詰めなければならず、備蓄が多い方は少し苦労をするかもしれません。

そうならないために、幅がスリムでも高さや奥行きが大きめのものを選ぶことにより、まとめ買いが多いご家庭も容量不足を解消できます。設置スペースのなかでも最大容量のものを考えるとよいでしょう。

【2】デザインで選ぶ

 

スリムな冷蔵庫というのはキッチン全体を引き締まらせ、スタイリッシュに見せるのに非常によいアクセントになります。

ひとり暮らしで自炊をあまりしない方など、冷蔵庫の使用頻度が高くなく、とにかくキッチンをおしゃれに見せたいという場合は、形や見た目を重視したモデルを選択するとよいでしょう。

一方で使用頻度が高く、機能性を求めるという方は少し大きめでも使いやすいものを選ぶほうが後々ラクです。

【3】ドアの開き方をチェック

 

冷蔵庫にはおもに左開きと右開き、観音開きがあります。実際に冷蔵庫を設置する場所や利き手、キッチンでの動線などを考慮しつつ、どれが開きやすいか選びましょう。

たとえば、部屋の角部分に設置する場合、壁がある方向と冷蔵庫のドアの開く方向が同じだと壁にドアがぶつかってしまって全開できないことがあります。左側に壁があるなら右開きを、右側に壁があるなら左開きの冷蔵庫を選ぶようにしましょう。

引っ越し前に冷蔵庫などの生活家電を先に購入しておきたいときや、転勤や引っ越しなどで部屋の間取りが変わってしまう可能性があるときは、両開き・観音開きの冷蔵庫を選びましょう。両開きはドアが1枚ですが左右どちら側からも開けられる冷蔵庫。観音開きはフレンチタイプとも呼ばれ、2枚ドアが中央から左右に開くタイプ。スペースに限りがある場所でも開きやすい特徴があります。

【4】省エネ性能・年間消費電力量をチェック

 

ほとんどすべての冷蔵庫には年間消費電力量が示されており、これを計算することで年間の大体の電気代を調べることが可能。

1kWhを主要電力会社の平均27円とすると計算式は「27(円)× 年間消費電力量(kWh)」となります。

たとえば年間308kWhと消費電力量が書かれている場合は、27×308でおよそ年間8,316円という計算に。この数値が少ないほうがもちろん電気代はかかりづらくなります。年間消費電力量も気にするようにしましょう。

家電のプロからのアドバイス

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

搬入経路の確認も忘れないようにしましょう

近年の冷蔵庫は熱効率や放熱技術が上がってきており、冷蔵庫と壁の隙間が狭くても大丈夫になってきています。

設置をする際の目安ですが、横は5mm、背面はピッタリ、上部は10cm程度の空きがあれば問題なく使用することができるでしょう。つまり幅は冷蔵庫の幅+1cm程度あれば大体設置するのには困りません。

ただ、搬入も考えると少し話は変わってきます。搬入の場合は冷蔵庫の大きさ+5~10cm程度が理想です。これ以上狭くなってしまうとぶつけてしまったり、無理に入れて家の壁にキズをつけたりする可能性も出てきます。

搬入経路も考慮して冷蔵庫を選ぶようにしましょう。

スリム冷蔵庫おすすめモデル

それでは、おすすめの小型テレビをご紹介いたします。

▼おすすめ2選|一人暮らし向け

▼おすすめ1選|ふたり暮らし向け

▼おすすめ2選|ファミリー3~5人家族向け


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic(パナソニック)『パーソナル冷蔵庫(NR-B17CW)』
Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』
MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)『三菱冷蔵庫Cシリーズ(MR-C33F-W)』
MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)『3ドア冷蔵庫 CXシリーズ(MR-CX30E)』
Panasonic(パナソニック)『パーシャル搭載冷蔵庫(NR-E455PX)』
商品名 Panasonic(パナソニック)『パーソナル冷蔵庫(NR-B17CW)』 Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』 MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)『三菱冷蔵庫Cシリーズ(MR-C33F-W)』 MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)『3ドア冷蔵庫 CXシリーズ(MR-CX30E)』 Panasonic(パナソニック)『パーシャル搭載冷蔵庫(NR-E455PX)』
商品情報
特徴 【幅50cm以下】省スペースにこだわった冷蔵庫 【幅60cm以下】多機能で使い勝手がいい薄型 チルド室が2段仕様の330Lタイプ 自炊派にうれしい氷点下ステッカー付き 大容量450Lタイプのスリム冷蔵庫
サイズ 幅480×奥行586×高さ1293mm 幅550×奥行668×高さ1591mm 幅60×奥行65×高さ169.8cm 幅540×奥行656×高さ1,750mm 幅600×奥行699×高さ1,828mm
質量 36kg 69kg 63kg 60kg 96kg
容量 168L 282L 330L 300L 450L
年間消費電力量 308kWh/年 382kWh/年 384kWh/年 325kWh/年 263kWh/年
カラー マットバニラホワイト、マットビターブラウン ダークブラウン、ホワイト パールホワイト グロッシーブラウン、ジュエリーホワイト サテンゴールド、スノーホワイト
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月6日時点 での税込価格

▼おすすめ2選|一人暮らし向け

上記でご説明した「70L×人数+100L(備蓄容量)+70L(予備容量)」の計算式だと、一人暮らし用の冷蔵庫で目安となるのは240L。

一人暮らし用の冷蔵庫をプロの家電販売員のたろっささんに選んでもらいました。

Panasonic(パナソニック)『パーソナル冷蔵庫(NR-B17CW)』

Panasonic(パナソニック)『パーソナル冷蔵庫(NR-B17CW)』 Panasonic(パナソニック)『パーソナル冷蔵庫(NR-B17CW)』 Panasonic(パナソニック)『パーソナル冷蔵庫(NR-B17CW)』

出典:Amazon

【幅50cm以下】省スペースにこだわった冷蔵庫

パナソニックの168L小型冷蔵庫です。幅わずか48cm・奥行60cm以下と非常にコンパクトな薄型冷蔵庫。使う場所と搬入経路をほとんど選ばずはみ出ることなく設置することができるのが大きな特徴。色をブラウンとホワイトから選ぶことができるため、どんなキッチンにも合わせやすいのもうれしいポイントです。

上部は耐熱天板になっており、レンジなどを置いて使用することができます。ひとり暮らしで自炊もそこまで……という方に充分な性能の冷蔵庫です。

Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』

Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』 Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』 Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』 Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』 Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』 Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』 Hisense(ハイセンス)『冷凍冷蔵庫(HR-G2801BR)』

出典:Amazon

【幅60cm以下】多機能で使い勝手がいい薄型

約280Lで驚きのコストパフォーマンスを誇るハイセンスの冷蔵庫です。この大きさ、この容量では珍しい3ドアタイプになっており、野菜室と冷凍室が分かれているのが特徴。冷蔵室と冷凍室の温度調節を行なえるボタンもついており、まとめ買いをして急速冷蔵をしたい場合などにもすぐに設定ができます。

幅も55cmとスリムで、ひとり暮らしから自炊が少なめのふたり暮らしまでさまざまな生活に合わせることが可能です。

▼おすすめ1選|ふたり暮らし向け

上記でご説明した「70L×人数+100L(備蓄容量)+70L(予備容量)」の計算式によると、ふたり暮らし用の冷蔵庫で目安となるのは310L。

ふたり暮らし用の冷蔵庫をプロの家電販売員のたろっささんに選んでもらいました。

MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)『三菱冷蔵庫Cシリーズ(MR-C33F-W)』

チルド室が2段仕様の330Lタイプ

容量は330Lありますが、幅が60cm以下の三菱電機の冷蔵庫です。高さが約170cm程度ですので、高すぎず低すぎず使いやすいでしょう。チルド室は2段仕様になっていますので、傷みやすい食材などが多めにあるときに利用できて便利です。

また扉はフリーアクセスデザインで、どこをつかんでも開けやすくなっています。

▼おすすめ2選|ファミリー3~5人家族向け

上記でご説明した「70L×人数+100L(備蓄容量)+70L(予備容量)」の計算式によると、3~5人の場合のファミリー用の冷蔵庫で目安となるのは380L~520L。

ファミリー用の冷蔵庫をプロの家電販売員のたろっささんに選んでもらいました。

MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)『3ドア冷蔵庫 CXシリーズ(MR-CX30E)』

自炊派にうれしい氷点下ステッカー付き

300Lたっぷりと入るこちらの冷蔵庫は、氷点下になっても凍らないというMITSUBISHIの『氷点下ステッカー』を採用しています。そのため、多めに買い込んで冷凍する場合にも鮮度が長持ちします。おいしく長く食材を保管できるので、自炊の多い場合にもぴったりです。

またどこをつかんでも開けやすいフリーアクセスデザインです。

Panasonic(パナソニック)『パーシャル搭載冷蔵庫(NR-E455PX)』

パナソニック冷蔵庫5ドア450L微凍結パーシャル搭載サテンゴールドNR-E455PX-N パナソニック冷蔵庫5ドア450L微凍結パーシャル搭載サテンゴールドNR-E455PX-N パナソニック冷蔵庫5ドア450L微凍結パーシャル搭載サテンゴールドNR-E455PX-N パナソニック冷蔵庫5ドア450L微凍結パーシャル搭載サテンゴールドNR-E455PX-N

出典:Amazon

大容量450Lタイプのスリム冷蔵庫

省スペースながら450L大容量モデルの冷蔵庫です。片開きの5ドアタイプで、冷蔵室・製氷室・上段冷凍室・下段冷凍室・野菜室があります。

多彩な機能付きで、熱いままの食材も冷凍できる「熱くても急凍」やすばやい脱臭・抗菌で清潔をたもつ「ナノイー」、さまざまな食材を約1週間新鮮保存の「微凍結パーシャル」などが搭載されています。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 冷蔵庫の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの冷蔵庫の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:冷蔵庫ランキング
楽天市場:冷蔵庫ランキング
Yahoo!ショッピング:冷蔵庫ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ

本記事では、スリムな冷蔵庫の選び方やおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

【目安となる計算式】
70L×人数+100L(備蓄容量)+70L(予備容量)

上記を前提に、スリム冷蔵庫を選ぶときのポイントは5つ。
高さ・奥行きで最大容量をチェック
使用頻度をチェック
省エネ性能をチェック
ドアの開き方をチェック
自宅やマンションに入るかどうかチェック

冷蔵庫は、一度買うと簡単に買い換えられるものではありません。自分の気に入ったデザインだけで決めるのではなく、ライフスタイルにあわせた機能性も十分に検討し、納得して購入してください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


300Lの冷蔵庫おすすめ7選|失敗しない選び方や良コスパモデルを紹介

300Lの冷蔵庫おすすめ7選|失敗しない選び方や良コスパモデルを紹介

「2人暮らしや3人暮らしには300Lほどの冷蔵庫がぴったりと聞いたが、詳しいことはよくわからない」という方は多いのではないでしょうか。実際、300Lの冷蔵庫は2〜3人暮らし向けの冷蔵庫ですが、実は、それらは計算式で出された人数で、食べる量や保存する食材の量によって変わります。また、300Lと350Lでも機能や価格の違いがあり、目的に応じて選ぶ商品が変わってきます。本記事では、これから新生活や買い替えで冷蔵庫を購入しようと考えている方に向け、300L程度の冷蔵庫にはどんな種類があるのか、選び方はあるのか、おすすめ商品はどれか、など、初心者向けに詳しく解説いたします。本記事を読み、基本的な機能や目的に応じた選び方、自分が求める商品がどれなのかを見つけられるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , キッチン・調理家電

小型冷蔵庫のおすすめ13選|一人暮らし用・霜取り機能付きも

小型冷蔵庫のおすすめ13選|一人暮らし用・霜取り機能付きも

一人暮らしの方、寝室や子供部屋などのちょっとしたスペースに冷蔵庫を置きたいという方にピッタリなのが小型冷蔵庫(ミニ冷蔵庫)。金額も1万円以内で購入できるものがあるなど、今、幅広い種類があります。しかし、実際に購入しようと思っても、何を基準に選んでいいのかわかりませんよね。本記事では、一人暮らしや寝室、子供部屋などのセカンド用にぴったりな「小型冷蔵庫」の選び方とおすすめの製品をご紹介。おしゃれなデザイン性だけでなく、寝室に置くために大切な静音性、メンテナンスが楽になる霜取り機能付きなど幅広い製品をピックアップしています。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , 生活家電 , キッチン・調理家電

冷温庫おすすめ8選|部屋用・持ち運び用に最適なモデルを紹介

冷温庫おすすめ8選|部屋用・持ち運び用に最適なモデルを紹介

本記事では、プロの家電販売員で家電ライターのたろっささんへの取材をもとに、冷温庫の選び方やおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , キッチン・調理家電

大型冷蔵庫おすすめ6選|500L~600Lサイズまで紹介

大型冷蔵庫おすすめ6選|500L~600Lサイズまで紹介

大家族や業務用で大型の冷蔵庫をお探しの方へ。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんへの取材のもと、大型冷蔵庫の選び方やおすすめ商品をご紹介します。また記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなども確認してみましょう。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , キッチン・調理家電

家庭用製氷機おすすめ10選|透明な氷を自宅でも! 保冷機能付きやコンパクトサイズも!

家庭用製氷機おすすめ10選|透明な氷を自宅でも! 保冷機能付きやコンパクトサイズも!

家庭用製氷機があれば、冷蔵庫よりも早く、透明な氷を作ることができます。美味しいお酒を飲みたい人などにも重宝します。この記事では、選び方のポイントと、家電販売員のたろっささんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , 生活家電 , キッチン・調理家電

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。