【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

SUNLINE(サンライン)『BASIC(ベーシック) FC』
出典:Amazon

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。

また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、釣り糸の選び方とおすすめの商品をご紹介しています。


この記事を担当するエキスパート

フィッシングライター/職業釣師
田澤 晃

北海道生まれ東北育ち、釣り歴50年、ライター歴32年の職業釣師。 既存の釣りに飽き足らず、常に最先端の釣りを模索し続けることを生きがいにする。 東北を拠点にフレッシュウォーターからソルトウォーター、餌釣りからルアーフィッシングまで幅広いジャンルをこなし、釣り雑誌や新聞を中心に書籍、MOOK本など多数を執筆。 近年はカヤックフィッシングチームの代表として、釣り以外のイベント等にも積極的に参加し、地域活性化に努める。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

釣り糸とは 釣りに欠かせないアイテム

釣り竿
Pixabayのロゴ

釣り糸とは、魚釣りには欠かせない必須のアイテムです。リールとロッドだけでも釣りはできますが、釣り糸とフックがないと魚を釣り上げることができません。

現在、釣りに使われている釣り糸の種類は、素材別に4種類。それぞれに特徴があり、その性質を知ったうえで自分がやりたい釣りに合ったものを選ぶ必要があります。

釣り糸の選び方 素材やコスパなど

ここからは、釣り糸を選ぶ際のポイントをご紹介します。

釣り糸の素材で選ぶ

ラインは比重の大きな順(沈みやすい順)に、フロロカーボン、エステル、ナイロン、PEラインとなります。また、伸度はPEライン、エステル、フロロカーボン、ナイロンの順で高くなります。(太さや銘柄でも変わります)

感度が良いもの、沈みが良いもの、結びが楽なものなど、それぞれに利点があり、また欠点もありますから、フィールドの状態や対象のターゲット、釣り方によってベストなものを選択する必要があります。

もっともポピュラーなナイロンライン

 

古くから釣り糸として使われてきたナイロンラインは、釣り糸として研究されつくしたベーシックラインと言えるでしょう。同じナイロンベースでありながら、伸度や硬さの異なるもの、中空のもの、着色されたものなど、ほかのラインに比較すればその種類は多岐にわたっています。

それだけ自分の釣りに合わせた選択肢も豊富ということになります。価格的に同じ長さ、太さ、強さならほかのラインよりも安価な点もナイロンラインの良いところです。

低伸度でこすれに強いフロロカーボンライン

 

ナイロンラインに比べて伸度が低く、耐摩耗性にすぐれるフロロカーボンラインは、繊細な仕掛けで小さなバイトをしっかり感じ取りつつ、大型を仕留めなければならない場面には欠かせないラインと言えます。

また、擦れに強いという特性を活かし、PEラインを使う釣りでは先端部分のリーダーとして使用されることが多いラインでもあります。

しなやかで強度が強く玄人向けなPEライン

 

数パーセントの伸度しかなく、同じ太さならばほかのラインの4~5倍の強度がある繊維を編み込んだラインです。ロッドの操作がそのまま仕掛けに反映されるために、ジギングでは欠かせない存在ですが、低伸度と高感度の弊害が無いわけではなく、ミスバイトや浅いフッキングによるバラシの確率が高い傾向もあります。

また比重が1以下なので、軽い仕掛けでは沈みが悪く、横風には滅法弱いのもPEラインの欠点と言えるでしょう。

本記事では、釣り・アウトドアライターの中山一弘さんへの取材と501名へのアンケート調査をもとに、PEラインの特徴と、シーバス釣りやエギングなど、ターゲット別のおすすめランキングを紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

比重が大きく感度が良い新素材のエステルライン

 

近年アジングや管理釣り場で人気のエステルラインは、ナイロンとフロロカーボンの中間の比重で、伸度もフロロカーボンより低いという、「沈みが良くて高感度」という特徴があります。水流や風の抵抗を受けにくいことから、超軽量リグでもその動きが手元に感じ取れるという利点があります。

しかし、直結できない(リーダーが必要)、ショックに弱い、復元力に乏しく劣化が早いなど欠点も多く、初心者には扱いにくいラインと言えるでしょう。

ルアーやエサ釣りなどのジャンルで選ぶ

釣りを楽しむ二人組
ペイレスイメージズのロゴ

ルアーフィッシングの中でも、圧倒的にPEラインが有利なジギングやエギングなどの釣りもあれば、比重や視認性を重視しなければならない渓流のルアーフィッシングではPEよりもナイロンやフロロカーボンが有利になります。

また、エサ釣りの場合も食い込みの良さとアワセのタイミングを重視すれば、PEラインが不向きな場合もあります。よって、釣りのジャンルに合わせたラインの選択は重要な要素になります。

本記事では、バス釣りラインの選び方とおすすめ商品をご紹介。初心者や釣果をあげたい方はぜひ参考にしてみてください。

さから人気を集めている釣りです。小さな毛ばりを遠くに届けるためのフライキャスティングは、フライラインがループを描きながら伸びていく独特の美しさがあります。そんなキャスティングを決めるにはライン選びがとても重要。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックし...

頻繁に釣りをする人はコスパも大切

ラインは消耗品ですから、ずっと使い続けることはできません。劣化が進む前に交換するのが理想ですが、頻繁に釣りにでかける場合はコスト的な問題も出てきます。そんな人に向いているのが、300mや500mなどの長尺で売られているラインです。

ただし、使わずに何年も放置するのは劣化の原因になりますから、早め交換でできるだけ早く使い切りましょう。

狙う魚・場所・季節に合わせて選ぶ

釣り竿と魚
ペイレスイメージズのロゴ

たとえば大型魚を相手にする時は、低伸度のラインよりも適度に伸びのあるナイロンやフロロカーボンの方がクッション効果が働いて有利です。

また、寒い地域や季節によっては、ラインが凍ったり硬くなってトラブルが頻発する場合もあります。ですから、狙う魚の大きさや種類、使用する環境の違いにもラインを合わせる必要があります。

トラウトフィッシングは、魚を食べることが主目的ではなく、キャッチ&リリースが前提という楽しみ方をします。この記事では、トラウトラインのおすすめと選び方をご紹介します。

本記事では、エギングラインの選び方のコツとおすすめ商品を、釣りライターの中山一弘さんにうかがいました。リーダーとの結び方や通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

釣りの楽しみ方で選ぶ

釣りにはそれぞれに適した、標準的なラインの強度(太さ)というものがあります。しかし、釣りの楽しみ方は十人十色。状況が許す限りライトタックル、ライトラインで大物に挑戦するという楽しみ方もあれば、記録狙いのためにあえてPEラインではなくナイロンラインを使うという人もいます。

たとえば12ポンド(約6kg)の強度があるラインならば、その4~5倍の重さの魚でも釣りあげることが可能です。数釣りにこだわる人、大物にこだわる人、それぞれにラインの選び方は違ってきます。

【ナイロンライン】釣り糸おすすめ3選

用途に応じた選択肢はすべてのラインのなかでもっとも豊富です。同じナイロンでも、伸びや硬さ、擦れに対する強さが違うことに注意して選択しましょう。

Sanyo(サンヨーナイロン)『APPLOUD GT-R ULTRA』

サンヨーナイロンナイロンライン5号20lb600mアプロードGT-Rウルトラダークグリーン サンヨーナイロンナイロンライン5号20lb600mアプロードGT-Rウルトラダークグリーン
出典:Amazon この商品を見るview item

フロロカーボンを凌ぐ耐摩耗性

ラインメーカーでは数少ない自社開発のラインを作り続けるサンヨーナイロン。とくにナイロンラインでは他社を何歩もリードした信頼性の高い製品が多いです。GT-Rシリーズはもともとバス用ラインとして開発されたが、さまざまなジャンルで使用される優等生。

何よりも優れているのはフロロカーボン以上の耐摩耗性。魚にストレスを与えず短時間でランディングしたり、トラブルのない釣りを楽しむためには、ナイロンの伸度としなやかさは必要不欠です。しかし、擦れに弱いのが最大の欠点であり、ハードに使用すると1回の釣行で劣化してしまうことも。

その点、GT-R ウルトラは、フロロカーボンを上回る高い耐摩耗性があり、岩場や消波ブロック周り、ストラクチャー周りの釣りではとくに優秀さが際立ちます。お得な1,000m巻きがおすすめ。

YAMATOYO(山豊テグス)『ジャスト』

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)ナイロンラインジャスト1000m3号12lbクリア ヤマトヨテグス(YAMATOYO)ナイロンラインジャスト1000m3号12lbクリア ヤマトヨテグス(YAMATOYO)ナイロンラインジャスト1000m3号12lbクリア
出典:Amazon この商品を見るview item

複数のリールに巻くならこれがおすすめ

600mや1,000mのボビン巻きラインは多くのメーカーが販売していますが、そのなかでもジャストはコストパフォーマンスの高いライン。

たとえば、投げ釣りで3組のタックルを準備する場合、リール3個に巻くラインの価格も馬鹿になりません。そんな時、ボビン巻きなら1個あたりのコストが最小限に抑えられます。

ただし、強度には多少のムラがありますから、不安であれば、1ランク太いラインを選択しておけば問題ないでしょう。

SUNLINE(サンライン)『磯スペシャル Osyare(オシャレ)』

サンライン(SUNLINE)ライン磯スペシャルOsyare150m1.5号 サンライン(SUNLINE)ライン磯スペシャルOsyare150m1.5号 サンライン(SUNLINE)ライン磯スペシャルOsyare150m1.5号 サンライン(SUNLINE)ライン磯スペシャルOsyare150m1.5号 サンライン(SUNLINE)ライン磯スペシャルOsyare150m1.5号 サンライン(SUNLINE)ライン磯スペシャルOsyare150m1.5号
出典:Amazon この商品を見るview item

視認性を重視した磯釣り専用ライン

磯釣りでは障害物を避けたラインの送り込みや瞬間的なアタリをとるために、ラインの視認性の良し悪しが釣果に大きく響いてきます。

単色のラインが多い分野で、反射を抑えたシルキーホワイトをベースに、釣り場で見やすいグリーンとピンクでマーキングされた『Osyare』はほんの一瞬のエサ盗りの動きさえも感知でき、効率よく磯釣りが楽しめます。

【フロロカーボンライン】釣り糸おすすめ3選

ナイロンに比べて硬いので、小型リールに巻く場合は号数に注意が必要です。たとえばダイワ2500番サイズのリールには、2号以下がおすすめです。

SANYO APPLOUD『GT-R カモフラフロロ』

サンヨーナイロンフロロカーボンラインアプロードGT-Rカモフラフロロ150m14lbグレイッシュブルー サンヨーナイロンフロロカーボンラインアプロードGT-Rカモフラフロロ150m14lbグレイッシュブルー サンヨーナイロンフロロカーボンラインアプロードGT-Rカモフラフロロ150m14lbグレイッシュブルー サンヨーナイロンフロロカーボンラインアプロードGT-Rカモフラフロロ150m14lbグレイッシュブルー サンヨーナイロンフロロカーボンラインアプロードGT-Rカモフラフロロ150m14lbグレイッシュブルー
出典:Amazon この商品を見るview item

視認性に優れた色付きフロロカーボン

素材的に着色が難しいフロロカーボンライン。同社独自の製法で、昼夜問わず極めて視認性が高い伝統の「ケシ色(ブルー)」に着色することで、フロロカーボンラインのなかではトップクラスの高視認性を誇ります。

ラインスラックを操作するシーバスや河川のサクラマスのほか、ナイトゲームのメバリングでも大活躍してくれること間違いなしのおすすめラインです。

東レ『ソラローム エクスレッド type-NS』

東レ(TORAY)ソラロームエクスレッドタイプNS100m18lbナチュラル 東レ(TORAY)ソラロームエクスレッドタイプNS100m18lbナチュラル 東レ(TORAY)ソラロームエクスレッドタイプNS100m18lbナチュラル 東レ(TORAY)ソラロームエクスレッドタイプNS100m18lbナチュラル 東レ(TORAY)ソラロームエクスレッドタイプNS100m18lbナチュラル 東レ(TORAY)ソラロームエクスレッドタイプNS100m18lbナチュラル
出典:Amazon この商品を見るview item

ライントラブルが少ないしなやかさが魅力

釣り人なら誰もが一度はお世話になった「銀鱗シリーズ」をはじめ、日本の釣り糸の「標準規格」を作り上げてきた東レの2020年モデル。

ラインとしての安定性はもちろんのこと、トラブルの少ない「しなやかさ」が最大の特徴です。釣りに行く頻度が多い人なら、お得な300m巻きの「ボリュームアップ」がおすすめ。7ポンドや13ポンドという、ほかのラインには無い微妙なラインナップがそそります。

SUNLINE(サンライン)『BASIC(ベーシック) FC』

サンライン(SUNLINE)フロロカーボンラインベーシックFC300m3号12lb サンライン(SUNLINE)フロロカーボンラインベーシックFC300m3号12lb
出典:Amazon この商品を見るview item

安価ながら、安定性のある汎用フロロカーボン

ナイロン同様にボビン巻きのフロロカーボンは数社から販売されていますが、なかには強度的なバラツキがあり安定しないものや、ちぢれが発生しやすいものもあります。

そんななか、『BASIC FC』は「安いけど使えるフロロ」としてロングセラーを続けているラインです。早めに巻き替えることで、強度的な問題はほとんど無いでしょう。

【PEライン】釣り糸おすすめ3選

4~16本の組数から選べますが、組数が多くなると耐摩耗性は逆に低下することに注意です。

Y・G・K(ワイ・ジー・ケー)『XBRAID(エックスブレード)UPGRADE X8 PENTAGRAM』

エックスブレイド(X-Braid)アップグレードX8ペンタグラム300m1.2号(25lb) エックスブレイド(X-Braid)アップグレードX8ペンタグラム300m1.2号(25lb)
出典:Amazon この商品を見るview item

ラインに求められる安心感と信頼性が凝縮

常に扱いに注意し、傷をみつけたらすぐに結び直す必要があります。PEラインの強度は、1号で20ポンド以下か以上かがひとつの目安です。

このラインは1号が22ポンドと、標準を上回る強度で、耐摩耗性も比較的高く、毛羽立ちにくいという特徴があり、多少使用後のメンテナンスを怠っても劣化しにくいため、「突然の裏切り」が比較的少ない点がおすすめ。

しかも8本組でありながら200m巻きの実売価格が2,000円台といううれしい価格設定。「PEラインと言えばよつあみ」というくらい、多くのOEMモデルを手掛けてきた老舗メーカーの製品はなによりも安心感と信頼性があります。

シマノ(SHIMANO)『ピットブル4』

シマノ(SHIMANO)PEラインピットブル4本編み150m0.8号ライムグリーン17.8lbPL-M54R シマノ(SHIMANO)PEラインピットブル4本編み150m0.8号ライムグリーン17.8lbPL-M54R シマノ(SHIMANO)PEラインピットブル4本編み150m0.8号ライムグリーン17.8lbPL-M54R シマノ(SHIMANO)PEラインピットブル4本編み150m0.8号ライムグリーン17.8lbPL-M54R
出典:Amazon この商品を見るview item

150mが千円前後で買える脅威のハイコスパ

高遠投性や低ガイド抵抗の8本組全盛の時代にあっても、それらを必要としない釣り人には低価格の4本組が依然主流。

『ピットブル4』は、1号で20ポンドという標準強度でありながら、150mの実売価格が1,000円前後という、驚異的なコストパフォーマンスの高さが特徴のラインです。カラーもブルーとライムグリーンが選べるので、複数のリールに巻く時は、号数で色分けしておけば便利。

KUREHA(クレハ)『Seaguar(シーガー)PEX8 ルアーエディション』

クレハ(KUREHA)ラインシーガーPEX8LUREEDITION(150m)1号 クレハ(KUREHA)ラインシーガーPEX8LUREEDITION(150m)1号 クレハ(KUREHA)ラインシーガーPEX8LUREEDITION(150m)1号
出典:Amazon この商品を見るview item

2020年、クレハが贈るバリュープライスPE

優秀で高価なラインもあれば、安くても使い物にならないラインもあります。どちらも釣り人にとっては受け入れがたい存在ですが、8本組の150m巻き1号が1,000円台半ばの価格設定。

しかも有名メーカーの信頼できる製品ですから、迷ったときには最優先すべきラインと言えます。強度は1号20ポンドと標準ですが、伸度が低く、ほかの同社製PEよりも高感度ですから、微妙なバイトもしっかり手元に伝わります。

【エステルライン】釣り糸おすすめ2選

アジングやエリアフィッシングなどの限られた釣りで使われるエステルライン。今のところ、扱いの難しさで上級者向けラインと言えるでしょう。

GOSEN(ゴーセン)『ルミナシャイン』

ゴーセン(GOSEN)エステルラインルミナシャイン200m0.6号3lbピンクGL198P06 ゴーセン(GOSEN)エステルラインルミナシャイン200m0.6号3lbピンクGL198P06 ゴーセン(GOSEN)エステルラインルミナシャイン200m0.6号3lbピンクGL198P06
出典:Amazon この商品を見るview item

視認性と信頼性で比較すればトップクラス

全ての製造工程を自社内で行う純粋なラインメーカーとして50年の歴史をもつゴーセン。エステルラインの元となったホンテロンは、数多くの市販仕掛けに採用される定評のあるハリス。

もともとポリエステル素材の扱いに慣れたメーカーだから、ルミナシャインはエステルラインとして、現在もっとも安定した製品と言えるでしょう。カラーもイエロー、ピンク、パールの3色から選べるので、昼夜問わず視認性は抜群。

Y・G・K(ワイ・ジー・ケー)『CHERUM AMBERCORD SG D-PET』

よつあみ(YGK)エステルラインチェルムアンバーコードSGD-PET200m0.3号1.6Lbパステルピンク よつあみ(YGK)エステルラインチェルムアンバーコードSGD-PET200m0.3号1.6Lbパステルピンク よつあみ(YGK)エステルラインチェルムアンバーコードSGD-PET200m0.3号1.6Lbパステルピンク
出典:Amazon この商品を見るview item

「しなやかさ」をもつ進化したエステルライン

標準的なエステルラインと比較して、結束強度、破断伸度を高めた安定性の高さに加え、独自の製法、「LZP糸質改善技術」によって、エステルラインでは他に類を見ない「しなやかさ」を具現化しているのが大きな特徴。

その結果、巻きグセやチヂレが少なく、飛距離と感度も劇的にアップした、進化したエステルラインと言えるでしょう。

「釣り糸」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Sanyo(サンヨーナイロン)『APPLOUD GT-R ULTRA』
YAMATOYO(山豊テグス)『ジャスト』
SUNLINE(サンライン)『磯スペシャル Osyare(オシャレ)』
SANYO APPLOUD『GT-R カモフラフロロ』
東レ『ソラローム エクスレッド type-NS』
SUNLINE(サンライン)『BASIC(ベーシック) FC』
Y・G・K(ワイ・ジー・ケー)『XBRAID(エックスブレード)UPGRADE X8 PENTAGRAM』
シマノ(SHIMANO)『ピットブル4』
KUREHA(クレハ)『Seaguar(シーガー)PEX8 ルアーエディション』
GOSEN(ゴーセン)『ルミナシャイン』
Y・G・K(ワイ・ジー・ケー)『CHERUM AMBERCORD SG D-PET』
商品名 Sanyo(サンヨーナイロン)『APPLOUD GT-R ULTRA』 YAMATOYO(山豊テグス)『ジャスト』 SUNLINE(サンライン)『磯スペシャル Osyare(オシャレ)』 SANYO APPLOUD『GT-R カモフラフロロ』 東レ『ソラローム エクスレッド type-NS』 SUNLINE(サンライン)『BASIC(ベーシック) FC』 Y・G・K(ワイ・ジー・ケー)『XBRAID(エックスブレード)UPGRADE X8 PENTAGRAM』 シマノ(SHIMANO)『ピットブル4』 KUREHA(クレハ)『Seaguar(シーガー)PEX8 ルアーエディション』 GOSEN(ゴーセン)『ルミナシャイン』 Y・G・K(ワイ・ジー・ケー)『CHERUM AMBERCORD SG D-PET』
商品情報
特徴 フロロカーボンを凌ぐ耐摩耗性 複数のリールに巻くならこれがおすすめ 視認性を重視した磯釣り専用ライン 視認性に優れた色付きフロロカーボン ライントラブルが少ないしなやかさが魅力 安価ながら、安定性のある汎用フロロカーボン ラインに求められる安心感と信頼性が凝縮 150mが千円前後で買える脅威のハイコスパ 2020年、クレハが贈るバリュープライスPE 視認性と信頼性で比較すればトップクラス 「しなやかさ」をもつ進化したエステルライン
号数 1.5~8号 0.8~20号 1.5~6号 3.5号 0.6〜3.5号 0.4〜3号 0.4〜2.0号 0.6〜2.0号 0.2〜0.6号 0.2〜0.5号
強度 6~30lb 3~70lb 3〜20lb 3〜20lb 2〜14lb 10〜50lb 8.6〜38.7lb 14〜35lb 1.1〜3lb 1.1〜2.5lb
全長 600m 1,000m 150m 150m 100m 300m 300m 150m 150m 200m 200m
素材 ナイロン スーパーナイロン ナイロン フロロカーボン フロロカーボン フロロカーボン ポリエチレン ポリエチレン 高強度ポリエチレン繊維 ポリフッ化ビニリデン エステル
カラー ダークグリーン クリア シルキーホワイト&マルチマーキング グレイッシュブルー ナチュラル ナチュラルクリア 5カラー(交互にカラーリング) スーパーブルー、ライムグリーン スーパーブルー、パッションピンク ピンク、パープル、イエロー クリア
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 釣り糸の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの釣り糸の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:釣りラインランキング
楽天市場:ラインランキング
Yahoo!ショッピング:釣り糸、ラインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フィッシングライターの田澤晃さんによるおすすめランキング 釣り糸のおすすめTOP3を選出!

3位:Y・G・K(ワイ・ジー・ケー)『XBRAID(エックスブレード)UPGRADE X8 PENTAGRAM』

2位:SANYO APPLOUD『GT-R カモフラフロロ』

1位:Sanyo(サンヨーナイロン)『APPLOUD GT-R ULTRA』

そのほかの釣り道具に関する記事はこちら 【関連記事】

まとめ

フィッシングライター/職業釣師

結束強度は直線引っ張り強度(表示された強度)に対して、ナイロンで7~8割、フロロカーボンで6~7割、PEラインは5割以下になります。つまり、PE1号20ポンドの実質的な強度は8ポンド程度ということになりますから、フロロカーボンやナイロンの2.5号と同じくらいということ。

結びが完璧でなければ、強度は更に落ちますから、ラインを活かすも殺すも使い手次第ということですね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アジングラインおすすめ12選|エステル、フロロカーボン、PEなど特徴を徹底解説

アジングラインおすすめ12選|エステル、フロロカーボン、PEなど特徴を徹底解説

アジは誰もが大好きな魚の代表です。いろいろな釣り方がありますが、最近ではルアーで釣る「アジング」が人気を呼んでいます。防波堤などからライトロッドで楽しめるので、これからはじめたいという人も多いでしょう。専用ラインもたくさん出ていますが、それだけに何を選んだらよいか迷いますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、選び方のコツとおすすめ製品をうかがいました。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

ショックリーダーおすすめ8選|特徴や結び方を徹底解説【シーバス専用も】

ショックリーダーおすすめ8選|特徴や結び方を徹底解説【シーバス専用も】

メインラインの先とルアーの間に結束することで、魚の歯や岩などで切れることを防ぐ「ショックリーダー」。PEラインのシーバス釣りなどにはとくに有効なアイテムです。人気のシマノをはじめ、太さや長さ、素材などさまざまな商品が販売されています。本記事では、ショックリーダーの選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

エギングラインおすすめ14選!コスパ最強PEラインの選び方【釣りライター厳選】

エギングラインおすすめ14選!コスパ最強PEラインの選び方【釣りライター厳選】

アオリイカをはじめ、イカやタコを狙う人気の釣り「エギング」。一度ハマれば奥深い面も見えてきますし、食べたら食通もうなるおいしい獲物が釣れるのですからたまりません。ハマり度120%の釣りですから、今でも入門者は増え続けています。しかし、PEとナイロン、太さや長さ、色など、種類が豊富で迷ってしまいますよね。本記事では、エギングラインの選び方のコツとおすすめ商品を、釣りライターの中山一弘さんにうかがいました。リーダーとの結び方や通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

トラウトラインおすすめ13選|フロロ・PE・ナイロン・エステルラインなど

トラウトラインおすすめ13選|フロロ・PE・ナイロン・エステルラインなど

トラウトフィッシングは、魚を食べることが主目的ではなく、キャッチ&リリースが前提という楽しみ方をします。そのため、できるだけ魚に優しいラインを選ぶことも大切です。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さん監修のもと、トラウトラインのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

フライラインのおすすめ8選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

フライラインのおすすめ8選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

さから人気を集めている釣りです。小さな毛ばりを遠くに届けるためのフライキャスティングは、フライラインがループを描きながら伸びていく独特の美しさがあります。そんなキャスティングを決めるにはライン選びがとても重要。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

関連するブランド・メーカー


SHIMANO(シマノ) 東レ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。