アジングラインおすすめ12選|エステル、フロロカーボン、PEなど特徴を徹底解説

DUEL(デュエル)『ハードコア アジ・メバル CN 2lb』
出典:Amazon

アジは誰もが大好きな魚の代表です。いろいろな釣り方がありますが、最近ではルアーで釣る「アジング」が人気を呼んでいます。防波堤などからライトロッドで楽しめるので、これからはじめたいという人も多いでしょう。

専用ラインもたくさん出ていますが、それだけに何を選んだらよいか迷いますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、選び方のコツとおすすめ製品をうかがいました。

通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

「アジングライン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DUEL(デュエル)『HARDCORE(ハードコア) PEライン 0.5号 HARDCORE X4 200m』
DAIWA(ダイワ)『月下美人ライン TYPE-F 1.5lb』
MORRIS(モーリス)『バリバス アジングマスター エステル(レッドアイ) 0.3号』
UNITIKA(ユニチカ)『ナイトゲーム THEスーパーPE SP 0.2号』
DUEL(デュエル)『ハードコア アジ・メバル CN 2lb』
YGKよつあみ『ロンフォート リアルデシテックス WX8 0.3号』
DUEL(デュエル)『アーマード F アジ・メバル 150M 0.3号』
SUNLINE(サンライン)『ソルティメイト 鯵の糸 240m 0.3号/1.5lb』
メジャークラフト『弾丸ブレイド 4本編み 150M/0.3号』
Fujino(フジノ)『141シンカーアジング 150m』
Berkley(バークレイ)『バニッシュレボリューション 14lb/3.5号』
DUEL(デュエル)『アーマード F+ Pro 150M 0.3号』
商品名 DUEL(デュエル)『HARDCORE(ハードコア) PEライン 0.5号 HARDCORE X4 200m』 DAIWA(ダイワ)『月下美人ライン TYPE-F 1.5lb』 MORRIS(モーリス)『バリバス アジングマスター エステル(レッドアイ) 0.3号』 UNITIKA(ユニチカ)『ナイトゲーム THEスーパーPE SP 0.2号』 DUEL(デュエル)『ハードコア アジ・メバル CN 2lb』 YGKよつあみ『ロンフォート リアルデシテックス WX8 0.3号』 DUEL(デュエル)『アーマード F アジ・メバル 150M 0.3号』 SUNLINE(サンライン)『ソルティメイト 鯵の糸 240m 0.3号/1.5lb』 メジャークラフト『弾丸ブレイド 4本編み 150M/0.3号』 Fujino(フジノ)『141シンカーアジング 150m』 Berkley(バークレイ)『バニッシュレボリューション 14lb/3.5号』 DUEL(デュエル)『アーマード F+ Pro 150M 0.3号』
商品情報
特徴 コシがあるから「ルアー操作が簡単」なPEライン アジングにマッチしたフロロカーボンライン しなやかなエステルで釣果を伸ばせ! 夜釣りでの視認性が抜群のPEライン ナイロンとフロロカーボンのいいとこどり! 極細、しかも8本撚りの高品質ライン 内部までしっかり樹脂加工で強い! 小さなバイトもしっかりキャッチできるエステルライ 使い勝手のいいライトゲーム用ライン 超敏感設計でアジングをもっと楽しく 使いやすいフロロカーボンライン シリーズ最高クラスの耐久性と極細ライン
素材 PEライン フロロカーボン エステル PE ナイロン・フロロカーボン(複合素材) PE ナイロン エステル ナイロン ナイロン フロロカーボン PEライン
ラインアップ 0.4号~2.0号 1~5lb(8アイテム) 0.2~0.4号(4アイテム) 0.2~0.4号(3アイテム) 2~4lb(4アイテム) 0.3~0.5号(3アイテム) 0.2~0.5号 0.2~0.3号 0.3~0.4号 0.2号 0.6号~ 0.06~1.0号
スプール巻き量 200m 150m 150m 150m 150m 90m、150m、210m 100m 240m 150m 150m 150m 150m
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月19日時点 での税込価格

アジングラインの選び方 ラインの素材、号数・ポンド、使うフィールドを考慮

釣りライターの中山一弘さんに、アジングラインの選び方のポイントを教えていただきました。

海中のアジの群れ
Pixabayのロゴ

ルアーで釣る、人気の「アジング」。専用ラインのアジングラインもたくさん発売されています。

4種類のラインから特徴を把握して選ぶ メリット・デメリット

アジングのラインにはナイロンライン、PEライン、フロロカーボンラインのほか、エステルラインも使われます。それぞれどのような特徴があるのか解説していきます。

ナイロンライン:扱いやすく価格が安い

 

ナイロンラインは引張強度がフロロカーボンラインより高く、伸縮性が一番あるのが特徴です。扱いやすいため初心者にはおすすめのラインです。

なお、吸水性が高いため膨張してしまうのと、劣化が早くなってしまうといったデメリットがあります。製品によって異なりますが、水と同程度の比重のものが多く販売されています。

また、フロロカーボンやエステル素材に比べると根ズレには弱くなりますが、PEよりは強くなります。一番の魅力は手ごろな価格で安く購入できることでしょう。

PEライン:感度がよくルアーやワームに最適

 

PEラインはポリエチレンを素材としてつくれています。この糸状のポリエチレンを数本編み込んで作られているため、引張強度がナイロンに比べて3〜4倍ほど強いのが特徴です。

また、細いラインなので飛距離が向上しナイロンのように伸縮はほとんどしませんので、ルアーやワームを利用した感度を求める釣りに向いてます。吸水性もなく劣化しにくい点や、比重が軽いので水に浮きやすいのもポイントです。

なお、摩擦や熱に弱いため根ずれには若干弱く、急な引張にも弱いのでショックリーダーが必要です。伸縮性のあるナイロンラインや根ズレに強いフロロカーボンラインをショックリーダーとして利用するとよいでしょう。

値段はナイロンラインと比べるとかなり高くなります。

フロロカーボンライン:メインラインでもショックリーダーでも活躍

 

フロロカーボンラインは、ポリフッ化ビニリデンというフッ素系樹脂繊維でつくられたラインです。水に対しての比重が高いため水に沈みやすいのが特徴です。

また、伸縮性があり根ズレに強く、吸水性がないためナイロンより劣化しにくいというのもポイントです。

そのため、風が強い日にラインを沈めたい場合や、根が多い場所で利用するのに適しています。メインラインとして利用するのもよいですが、PEラインやエステルラインのショックリーダーとして利用するのもおすすめです。

なお、値段はナイロンラインより高くPEラインより安いのが一般的です。

エステルライン:コスパがよくライトゲームなら効果抜群

 

エステルラインは、ポリエステルからできているラインです。アジングをはじめとしたライトゲームに利用する人が増えてきました。PEラインのように伸縮性は少ないので感度が高いのも特徴です。

また、比重も高く水に沈むため、風の影響を受けやすいPEラインより使い勝手がよく、フロロカーボンラインより硬さとコシがないため扱いやすいというのがポイント。

ただ、4種類のなかでは引張強度が弱いといわれていますが、値段も安めなのでコスパはよいでしょう。

号数・ポンドの表記をチェック 扱える細さを見極めよう

 

高強度、高耐久性を備え、メンテナンス次第で長く使用できる極細PEラインです。高価ながら糸巻量を90m・150m・210mで選べるので無駄なく使えます。

アジングの場合、引きが強い魚ではないので、ラインは細ければ細いほど有利にゲームが進められます。

とはいえ、あまりに細いと扱いが難しくなり、ちょっとした風でも対応しにくくなるケースもあります。この辺は個人のスキルにもよるので一概にはいえませんが、フロロカーボンの3lbぐらいからはじめて、少しずつ細くしていき、1lbクラスが扱えるようになったら、PEやエステルにいくと無理なく上達できると思います。

まずは無理をせず、自分が扱える範囲の細さのラインを選んでください。

ラインの太さは「号数」で表記、アジングでは0.3号前後が一般的
ラインの強度は「ポンド(lb)」で表記、1ポンドは約454g

フィールドに合ったライン選びも必要 水深の浅い場所か、岩場で釣るのか

Pixabayのロゴ

たとえば、急深のポイントに軽量ジグヘッドを落とし込んでいくのに浮きやすいPEラインを使ったり、水面付近でざわついているアジを狙うのに沈みやすいフロロカーボンで重めのジグヘッドを使ったりすると、よい釣果は望めません。

よく行く釣り場のシチュエーションを考えて、どのように攻めるのか、それにはどんなラインが必要かを推測することも大切です。じっくり考えて、適切なラインを選んでください。

もし、複数の回答が出てきたら、替えスプールを買っていくつかの種類のラインを持っていくのもいい方法ですよ。

夜間の場合は視認性もチェック 見えやすく、水中でカモフラージュする色を

 

夜にアジングをする人は、ラインの色や視認性をチェックしておきましょう。ピンクやホワイトなどが人には見やすい色になります。ライトグリーンなどは、光が反射してうまく水中にとけこむ色なのでおすすめです。

釣りライターからのアドバイス バックラッシュには気をつけて

キャンプ/釣りライター

アジングは引き抵抗の少ない軽量ジグヘッドを使うことが多い釣りです。

そのため、リールでラインを巻き取る際のテンションが不足し、キャストを続けているとラインが一度に放出されてしまう「バックラッシュ」というトラブルが起こりやすくなります。

これを避けるにはいくつかコツがありますが、巻きはじめはラインを指で軽く引っ張りながらリールを1、2回転させる、何投かおきにジグヘッドを遠投して早巻きして回収する(テンションを掛けながら回収する)、といった工夫をするとよいです。

面倒ですが、一度バックラッシュすると数十m分のラインを失うこともあるので、トラブルを避けるためにもおまじないと思ってやってみてください。

アジングラインのおすすめ11選 ダイワ、デュエル、サンラインほか人気のメーカーから

うえで紹介したアジングラインの選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんと編集部がおすすめする商品を紹介します。

DUEL(デュエル)『HARDCORE(ハードコア) PEライン 0.5号 HARDCORE X4 200m』

DUEL(デュエル)HARDCORE(ハードコア)PEライン0.8号HARDCOREX4200m0.8号マーキングシステム/10m×5色H3246 DUEL(デュエル)HARDCORE(ハードコア)PEライン0.8号HARDCOREX4200m0.8号マーキングシステム/10m×5色H3246 DUEL(デュエル)HARDCORE(ハードコア)PEライン0.8号HARDCOREX4200m0.8号マーキングシステム/10m×5色H3246

出典:Amazon

コシがあるから「ルアー操作が簡単」なPEライン

ウルトラPEをマイクロピッチブレイデッド加工(4本組)した、 強くコシがあって扱いやすいPEラインです。PEならではの低伸度に優れ、運動伝達率がよく、 細かなロッドワークやリーリング操作で効率よくルアーを動かすことができます。

DAIWA(ダイワ)『月下美人ライン TYPE-F 1.5lb』

ダイワ(Daiwa)フロロカーボンラインアジングメバリング月下美人TYPE-F150m3.5lbクリアー900867 ダイワ(Daiwa)フロロカーボンラインアジングメバリング月下美人TYPE-F150m3.5lbクリアー900867 ダイワ(Daiwa)フロロカーボンラインアジングメバリング月下美人TYPE-F150m3.5lbクリアー900867 ダイワ(Daiwa)フロロカーボンラインアジングメバリング月下美人TYPE-F150m3.5lbクリアー900867

出典:Amazon

アジングにマッチしたフロロカーボンライン

フロロカーボンらしくラインが潮によくなじむので、フォール中のアタリも取りやすいラインです。

軽量ジグ単でのゲームに有利な1lb、1.5lbがあるのもうれしいですね。アタリがとても明確に取れるので、アジング専用ロッドとの組み合わせは抜群です。

一年中このラインでいけるので、極細ラインと軽量ジグヘッドの釣りをこれから覚えるビギナーにはとくにおすすめできる製品です。

MORRIS(モーリス)『バリバス アジングマスター エステル(レッドアイ) 0.3号』

VARIVAS(バリバス)ラインアジングマスターエステルレッドアイ0.3号 VARIVAS(バリバス)ラインアジングマスターエステルレッドアイ0.3号 VARIVAS(バリバス)ラインアジングマスターエステルレッドアイ0.3号

出典:Amazon

しなやかなエステルで釣果を伸ばせ!

慣れないとトラブルが多くなりがちなエステルですが、この『VARIVAS(バリバス) アジングマスター エステル(レッドアイ) 0.3号』はしなやかさを追求しただけあって、扱いやすいラインに仕上がっています。リーダーとの結束強度も高いので、アジングを有利に進められそうです。

ちなみに「レッドアイ」というカラーは白色のヘッドライトで照らしたときに見やすい設定となっています。ガイドへの糸通しがらくなので、現場での準備やリグの交換がやりやすいのも魅力です。

UNITIKA(ユニチカ)『ナイトゲーム THEスーパーPE SP 0.2号』

ユニチカ(UNITIKA)ラインナイトゲームTHEスーパーPE.SP(スペシャル)150m0.2号

出典:Amazon

夜釣りでの視認性が抜群のPEライン

ナイトゲームとPEライン、それに超軽量リグの組み合わせはトラブルが多くなりそうなイメージがありますが、このラインはピュアホワイトカラーを採用することで夜間の視認性を上げ、扱いやすさの向上に成功している製品です。

ラインの方向がわかりやすくなればジグヘッドをコントロールしやすくなりますし、持ち前の高感度でショートバイトや食い渋りのアタリもキャッチできます。アジングに最適なPEラインですね。

DUEL(デュエル)『ハードコア アジ・メバル CN 2lb』

DUEL(デュエル)HARDCORE(ハードコア)カーボナイロンライン3Lbs.HARDCOREアジ・メバルCN150m3LbS.イエローアジ・メバルH3446

出典:Amazon

ナイロンとフロロカーボンのいいとこどり!

このラインはフロロカーボンの高感度と耐摩耗性、ナイロンの高強力と操作性を兼ね備えた独自の「カーボナイロン(R)」を採用した製品です。

アジングをはじめとしたライトゲームに特化して設計されているため、チューニングはばっちりで、扱いやすくアタリの取りやすいラインに仕上がっています。

オリジナリティ溢れる性能をいかして、新しいアジングに挑戦してください。

YGKよつあみ『ロンフォート リアルデシテックス WX8 0.3号』

よつあみ(YGK)ロンフォートリアルデシテックスWX890mハンガーパック0.4号

出典:Amazon

極細、しかも8本撚りの高品質ライン

PEラインの中でも、キャスタビリティが向上する8本撚りの製品はシーバスゲームやショアジギングなどで人気ですが、こちらはアジングにも対応する極細PEラインでそれを実現した製品になります。

強度、耐久性が高く、メンテナンスをしていれば長く使えます。高感度であることはもちろん、ジグ単でのキャストフィールの向上にもつながるので、極細ラインの扱いに慣れてきたらぜひ試してほしいラインです。

高価ですが、スプール巻き量が好みで選べるので無駄のない買い物ができるのもよいですね。

DUEL(デュエル)『アーマード F アジ・メバル 150M 0.3号』

DUEL(デュエル)PEライン0.3号アーマードFアジ・メバル150M0.3号MPミルキーピンクアジ・メバルH4140-MP DUEL(デュエル)PEライン0.3号アーマードFアジ・メバル150M0.3号MPミルキーピンクアジ・メバルH4140-MP DUEL(デュエル)PEライン0.3号アーマードFアジ・メバル150M0.3号MPミルキーピンクアジ・メバルH4140-MP

出典:Amazon

内部までしっかり樹脂加工で強い!

PEラインは引っ張りには強いですが、摩擦には弱いという特徴があります。そんな欠点をカバーするために、しっかりと内部まで樹脂加工されています。そのため、PEラインながら通常のラインと同じような感覚で使用できるようになっています。飛距離と感度もフロロカーボン以上ですので、初心者から上級者まで使いやすいラインとなっています。

SUNLINE(サンライン)『ソルティメイト 鯵の糸 240m 0.3号/1.5lb』

サンライン(SUNLINE)エステルラインソルティメイト鯵の糸240m0.3号/1.5lb サンライン(SUNLINE)エステルラインソルティメイト鯵の糸240m0.3号/1.5lb サンライン(SUNLINE)エステルラインソルティメイト鯵の糸240m0.3号/1.5lb サンライン(SUNLINE)エステルラインソルティメイト鯵の糸240m0.3号/1.5lb

出典:Amazon

小さなバイトもしっかりキャッチできるエステルライ

エステルラインはナイロンのように伸びませんので小さなバイトもしっかりとキャッチできます。そのため、アジングゲームにはぴったりなラインといえます。一方でエステルは切れやすいと言われていますが、こちらのラインは少しだけ伸びる余裕を持たせることによって、少し無茶に扱っても切れることがなく安心して使用できます。

メジャークラフト『弾丸ブレイド 4本編み 150M/0.3号』

メジャークラフトPEライン弾丸ブレイド4本編みライトゲーム用DBL4-150/0.4PKピンク150M/0.4号 メジャークラフトPEライン弾丸ブレイド4本編みライトゲーム用DBL4-150/0.4PKピンク150M/0.4号 メジャークラフトPEライン弾丸ブレイド4本編みライトゲーム用DBL4-150/0.4PKピンク150M/0.4号

出典:Amazon

使い勝手のいいライトゲーム用ライン

リーズナブルな価格でありながらとても品質の高いフィッシングアイテムで知られているメジャークラフトのライトゲーム用ラインです。アジング専用というわけではありませんが、敏感にバイトをキャッチしてくれますので、しっかりとアジングゲームを楽しむことができます。潮馴染みが良く、風にも強いのでさまざまなフィールドにマッチします。

Fujino(フジノ)『141シンカーアジング 150m』

Fujino(フジノ)ラインfujino(フジノ)141シンカーアジング150mL-12

出典:Amazon

超敏感設計でアジングをもっと楽しく

PEよりも思いハイテク素材を食い見上げることによって、一般的なラインよりも遙かに早く沈み込んでくれます。同時に超高感度設計なので小さなバイトも決して逃すことはありません。まさにアジングゲームをより楽しむために作られたラインと言えるでしょう。比重の高さは沈み込みが早いだけでなく、風の影響を受けにくいというメリットもあります。

Berkley(バークレイ)『バニッシュレボリューション 14lb/3.5号』

バークレイ(Berkley)フロロカーボンライン150m2lb/0.6号クリアバニッシュレボリューション釣り糸

出典:楽天市場

使いやすいフロロカーボンライン

アジングのラインの素材にはさまざまなものがありますが、こちらのフロロカーボンラインも定番のひとつです。とてもしなやかですが、それほど伸びませんのでしっかりとアジの小さな反応もキャッチしてくれます。耐久性もとても高い上に、コストパフォーマンスにもすぐれていますので、どんどん攻めたアジングを楽しみたいという方にもおすすめです。

DUEL(デュエル)『アーマード F+ Pro 150M 0.3号』

DUEL(デュエル)PEライン0.06号アーマードF+Pro150M0.06号GYゴールデンイエローH4076-GY DUEL(デュエル)PEライン0.06号アーマードF+Pro150M0.06号GYゴールデンイエローH4076-GY DUEL(デュエル)PEライン0.06号アーマードF+Pro150M0.06号GYゴールデンイエローH4076-GY DUEL(デュエル)PEライン0.06号アーマードF+Pro150M0.06号GYゴールデンイエローH4076-GY DUEL(デュエル)PEライン0.06号アーマードF+Pro150M0.06号GYゴールデンイエローH4076-GY DUEL(デュエル)PEライン0.06号アーマードF+Pro150M0.06号GYゴールデンイエローH4076-GY

出典:Amazon

シリーズ最高クラスの耐久性と極細ライン

アジング専用というわけではありませんが、高感度なのでしっかりアジングにも対応することのできる高品質ラインです。こちらの特徴はシリーズ最高クラスの耐久性です。従来のPEラインと比較すると2倍の耐摩擦性能ですので、ガイドなどに擦れていても安心して使用することができます。滑りもいいので取り回しも抜群でさまざまなフィールドで使えます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アジングラインの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのアジングラインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:アジングラインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アジングラインに関連する記事のご紹介

まとめ

こここまでアジングラインの選び方とおすすめの商品を紹介してきました。アジングは手軽に楽しめる反面、こだわり出すと奥が深い釣りです。

ラインだけでなく、ルアーやワーム、ロッド、リールなど、タックル全体での組み合わせで釣果は大きく変わってきます。フィールドや天候といった状況にあわせてアイテムを選び、自分ならではのアジングを楽しんでください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫しながら、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドアスポーツ・レジャー全般を楽しむパパ編集者。一方平日は、おうち時間でゲーム・アニメ・マンガに没頭するインドア派の一面も。元WEBデザイナーでIT編集者という異色の経歴も持つ。

関連する記事


PEラインおすすめ人気ランキング40選|釣りたい魚ごとに号数別で紹介

PEラインおすすめ人気ランキング40選|釣りたい魚ごとに号数別で紹介

「いろんなラインを使ってきて、そろそろPEラインに挑戦したい」「初めてだから、PEラインを選ぶ基準が分からない」上記のように考える方も多いのではないでしょうか。実際、PEラインは少々扱いが難しく、初心者にとっては敬遠されがちなラインです。しかし、PEラインの特性をしっかり掴んで使用すると、釣果も上がる、心強いラインなんです。本記事では、PEラインに挑戦したい方向けに、釣り・アウトドアライターの中山一弘さんへの取材と501名へのアンケート調査をもとに、PEラインの特徴と、シーバス釣りやエギングなど、ターゲット別のおすすめランキングを紹介いたします。本記事を一通り読めば、PEラインの全体像を掴めるので、ぜひ参考に商品を選んでみてくださいね。

tag icon 釣り糸・ライン , アウトドア・キャンプ , 釣り・フィッシング

フライラインのおすすめ8選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

フライラインのおすすめ8選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

さから人気を集めている釣りです。小さな毛ばりを遠くに届けるためのフライキャスティングは、フライラインがループを描きながら伸びていく独特の美しさがあります。そんなキャスティングを決めるにはライン選びがとても重要。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

ショックリーダーおすすめ8選|特徴や結び方を徹底解説【シーバス専用も】

ショックリーダーおすすめ8選|特徴や結び方を徹底解説【シーバス専用も】

メインラインの先とルアーの間に結束することで、魚の歯や岩などで切れることを防ぐ「ショックリーダー」。PEラインのシーバス釣りなどにはとくに有効なアイテムです。人気のシマノをはじめ、太さや長さ、素材などさまざまな商品が販売されています。本記事では、ショックリーダーの選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

エギングラインおすすめ14選!コスパ最強PEラインの選び方【釣りライター厳選】

エギングラインおすすめ14選!コスパ最強PEラインの選び方【釣りライター厳選】

アオリイカをはじめ、イカやタコを狙う人気の釣り「エギング」。一度ハマれば奥深い面も見えてきますし、食べたら食通もうなるおいしい獲物が釣れるのですからたまりません。ハマり度120%の釣りですから、今でも入門者は増え続けています。しかし、PEとナイロン、太さや長さ、色など、種類が豊富で迷ってしまいますよね。本記事では、エギングラインの選び方のコツとおすすめ商品を、釣りライターの中山一弘さんにうかがいました。リーダーとの結び方や通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

ナイロンラインおすすめ10選|特徴や最適な釣りシーンも解説

ナイロンラインおすすめ10選|特徴や最適な釣りシーンも解説

釣りを始めたけど、正直、ラインのことはよくわからない。釣りの先輩に「とりあえずナイロンライン」と言われたが、初心者のためナイロンラインの区別がつかない。そんな方も多いのではないでしょうか。釣りを始めて各アイテムを見ると、本当に種類が多く、特にナイロンラインはタイプに分かれて様々な商品が登場しています。そのため、初心者にとっては最初は区別が全くつきませんよね。本記事では、「釣りを始めたて」という方に向け、釣りのラインの入り口となるナイロンラインに付いて、特徴や釣りシーン、おすすめ商品などを紹介。本記事を一通り読めば、ナイロンラインの全体像を掴めるので、ぜひ参考に商品を選んでみてくださいね。

tag icon 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。