【2022年】アジングロッドおすすめ8選|釣りライターが教える初心者のための選び方

【2022年】アジングロッドおすすめ8選|釣りライターが教える初心者のための選び方

初心者でも手軽に楽しめるソルトルアーゲームのアジング、奥が深く上級者にも人気の釣りです。その専用ロッドとして開発されたのが「アジングロッド」です。

シマノやダイワをはじめ、高機能・高性能モデルからコストパフォーマンスに優れたエントリーモデルなど種類はさまざま。アジング入門者は何を選べばいいのか悩みますよね。

そこで、アジングロッドの選び方のポイント、初心者やビギナーに最適なおすすめの商品を釣りライター中山一弘さんに伺ってみました。ぜひ、この記事を参考に自分にぴったりのアジングロッドを選んでみてください。


目次

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

アジングロッドとは? アジをルアーで釣るためのタックルに欠かせない

アジ
ペイレスイメージズのロゴ

手軽に始められる海のルアーフィッシング、アジング。アジングデビューに向けて、選ぶポイントを押さえてあなたに合ったアジングロッドに出会いましょう!


手軽に楽しめるソルトルアーゲームの対象魚として人気のアジ。気難しい一面があるアジをルアーで釣るために開発されたのがアジング専用の「アジングロッド」です。

その人気の高さから、ダイワやシマノをはじめとした各メーカーから多数のアジングロッドが発売されています。

アジは、吸い込むように餌を捕食するためあたりが取りづらく、アジングロッドはうまく合わせるために感度の高い繊細な穂先となっているのが特徴です。

アジングロッドの選び方 釣りライターに聞く

釣りライターの中山一弘さんに、アジングロッドを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

【1】アジングロッドの穂先の種類で選ぶ
【2】アジングロッドの長さで選ぶ
【3】アジングの釣り方で選ぶ
【4】アジングロッドは目的で選ぶ

上記の4つのポイントをおさえることで、より具体的に自分に合うアジングロッドを選ぶことができます。一つひとつ解説していきます。

入門者はどんな点に注目して探せばいいのか、プロの意見を参考にしてみてください!

【1】アジングロッドの穂先の種類で選ぶ

 

自然と穂先が持ち上がる軽量設計で、上位モデルと遜色ない感度や操作性を備えたソリッドティップのモデルです。

アジングロッドには大きく2種類の穂先(ティップ)があります。ひとつは「ソリッド」と言われるタイプで、もうひとつは「チューブ(またはチューブラー)」と言われるものです。

ソリッドティップ

ソリッドティップは、ムクのカーボンで作られているので、感度が非常に高く、繊細なアタリが取りやすい特徴を持っています。

最初に一本選ぶとしたら基本となるジグヘッドでのゲームがやりやすいソリッドティップのロッドを購入しましょう。

チューブラーティップ

チューブラーティップは、中空で強度があり、重いルアーやリグが投げやすいのが特徴です。

ソリッドティップのロッドに慣れてきて、リグやメタルジグを使う必要性が出てきたらチューブラーティップの若干長めのロッドを用意するとよいでしょう。もちろん、両方持つことができれば幅が広がり、言うことはありません。

【2】アジングロッドの長さで選ぶ

市場で見かけるアジングロッドは6~8ft(約1.8~約2.4m)と幅広く、ティップの種類と合わせて考えればますます悩ましくなると思います。選択の基準は自分がよくいくフィールドでどんな釣りがしたいのかによります。ここでは長さによる特徴を紹介します。

ショートロッド

ショートロッド(5~6ft:約1.5~約1.8m)は感度重視と手返しの良さを活かした釣りに向いています。ナイトゲームで常夜灯周りを狙うのであればショートロッドで影との境目を狙っていきましょう。あまり極端に短いロッドも用途が限られてしまうので注意が必要です。

ミディアムロッド

最初に購入する1本として、初心者やビギナーにおすすめなのがこのミディアムロッド(6~7ft:約1.8~約2.1m)です。ほどよい感度とロングキャストに対応し、汎用性の高いサイズです。あまり極端に短いロッドも用途が限られるので、6ft台前半ぐらいを目安に選ぶのがおすすめです。

ロングロッド

中級者以上におすすめなロングロッド(7~8ft:約2.1~約2.4m)は飛距離やバッドパワーを活かしたいときに使います。日中にも狙いたいなら沖目の船道までルアーを届かせる必要があるので、ロングロッドにリグを使った仕掛けを用意して遠投してじっくり釣るといった具合です。

初心者やビギナーは、アジングに慣れてきたら2本目のロッドとして購入を検討するとよいでしょう。

【3】アジングの釣り方で選ぶ

夜釣りのイメージ画像
ペイレスイメージズのロゴ

アジングはまずジグ単からはじめましょう。

アジングには大きくわけて「ジグ単」、「スプリットショットリグ」、「キャロライナリグ」、「フロートリグ」などの仕掛けがあります。ここでは「ジグ単」とそれ以外に分けて紹介します。

ジグ単

ジグ単とは「ジグヘッド単体」での仕掛けのことで、アジングでもっとも一般的な釣り方です。ジグヘッド1つにたいし、ワーム1つセットしたシンプルな仕掛けになります。

標準的なジグヘッドの重さは1~2gで、近距離でのゲームに適しています。初心者やビギナーはまずジグ単からアジングを楽しみましょう。

スプリットショットリグ、キャロライナリグ、フロートリグ

スプリットショットリグ、キャロライナリグ、フロートリグはそれぞれ仕掛けに違いはあるものの、遠投を目的とした釣り方になります。ジグ単に慣れてきたり、沖を狙わなければいけない状況になったときなどに利用しましょう。7ft以上のロングロッドを利用するのが一般的で、初心者やビギナーにはハードルが高いかもしれません。

【4】アジングロッドは目的で選ぶ

コストの幅が非常に広いのもアジングロッドの特徴です。繊細なアタリを取ろうと思えば、品質の高いブランク(ロッドの素材)や超軽量のガイドなどが必要になるので、それだけ高価になります。

アジングを専門的にやるならこだわりがある高品質なロッドがおすすめです。他の釣りの合間にちょっとだけ楽しみたいというのであれば、高いものは不要なのでコストパフォーマンスを追求するほうがいいです。

アジングを気軽に楽しみたいという場合はメバリングとタックルを共用することも可能なので、臨機応変に楽しむようにしましょう。

アジングロッドは慎重に扱うこと 釣りライターからのアドバイス

キャンプ/釣りライター

アジングロッドは繊細な穂先(ティップ)を持つ製品が多いうえにナイトゲームが主体になるため、破損させてしまう危険性が常に付きまといます。

特に釣り場についてからロッドを車から出すときや釣りを終えてポイントから車へ戻るとき、車に仕舞うときなどは十分取り扱いに気を付けましょう。

なるべくなら、不要なときは必ずケースにしまうクセをつけておくとトラブルがずいぶん減ります。せっかく購入したロッドですから折れることのないよう大切に扱ってください。

アジングロッドおすすめ8選 初心者やビギナーに最適なアジングロッドを厳選

上で紹介したアジングロッドの選び方をふまえて、釣りライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

また編集部でも、初心者やビギナーに最適なアジングロッドを厳選しているので、じっくりチェックしてみてください。

エキスパートのおすすめ

シマノ『ソアレ BB アジング S610LS』

シマノ(SHIMANO)アジングロッド19ソアレBBアジングS610L-Sジグヘッド単体近距離 シマノ(SHIMANO)アジングロッド19ソアレBBアジングS610L-Sジグヘッド単体近距離 シマノ(SHIMANO)アジングロッド19ソアレBBアジングS610L-Sジグヘッド単体近距離

出典:Amazon

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

最高のコストパフォーマンスでアジングを楽しむ

軽量ジグヘッドの扱いはもちろん、いざとなったらリグを使うこともできる応用範囲の広さが魅力のロッド。一本でなんでもこなしたいという人にはこれがおすすめです。コストパフォーマンスも非常に高いので入門者にも最適。安い価格帯からは信じられないほど感度が良く、繊細なアタリしか出さないアジでも積極的に掛けていくことができます。

ダイワ『月下美人 MX アジング 64.5LS-S』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

上位モデルに劣らないハイスペックモデル

持ち重りがせず、独特のハリのあるブランクにチタンフレームガイドを搭載した製品。上位モデルに匹敵する完成度と品質の高さを持っているロッドなので、キャストも決まりやすく先が見えづらいナイトゲームでも自信を持って狙い続けることができます。このモデルはラインアップの中ではオールラウンダーで、ジグヘッドリグだけでなくスプリットまでこなせるのが魅力。あらゆるテクニックを使う必要がある人気フィールドで効果的なロッドといえるでしょう。

エキスパートのおすすめ

TICT『SRAM UTR-55one-TOR CQC』

TICT(ティクト)ロッドSRAM[スラム]UTR-55one-TORCQC TICT(ティクト)ロッドSRAM[スラム]UTR-55one-TORCQC TICT(ティクト)ロッドSRAM[スラム]UTR-55one-TORCQC TICT(ティクト)ロッドSRAM[スラム]UTR-55one-TORCQC

出典:Amazon

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

近距離特化型のアジングロッド

アジングを続けていると、足元や常夜灯周りに魚がいるのに食わせられないというケースがどうしても出てきます。そんなときはジグヘッドを極限まで軽く、ルアーも極小、極細へとローテーションせざるを得ないことがありますが、そんなシーンではこうした近距離特化型のロッドが大きな武器になります。ほとんどフックとソフトルアーだけの重みしかないようなリグでもキャストでき、リーリング中は水中の様子まで感じられるロッドは多くはありません。いざというとき頼りになる一本といえます。

エキスパートのおすすめ

アブガルシア『ソルティースタイルアジング STAS-592LS-KR』

アブガルシア(AbuGarcia)アジングロッドスピニングソルティースタイルアジングSTAS-592LS-KR アブガルシア(AbuGarcia)アジングロッドスピニングソルティースタイルアジングSTAS-592LS-KR アブガルシア(AbuGarcia)アジングロッドスピニングソルティースタイルアジングSTAS-592LS-KR アブガルシア(AbuGarcia)アジングロッドスピニングソルティースタイルアジングSTAS-592LS-KR アブガルシア(AbuGarcia)アジングロッドスピニングソルティースタイルアジングSTAS-592LS-KR アブガルシア(AbuGarcia)アジングロッドスピニングソルティースタイルアジングSTAS-592LS-KR アブガルシア(AbuGarcia)アジングロッドスピニングソルティースタイルアジングSTAS-592LS-KR

出典:Amazon

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

高感度の贅沢仕様!リールとのバランスも良しのコス

富士工業のリールシート「TVS」を採用したモデル。独特の形状のグリップはブランクをそのまま握り込むようなスタイルになり、感度の高さとホールド性能がアップします。このロッドはグリップによって軽量リグを使うこの釣りをより楽しいものにしてくれています。やや重めのブランクですが、リールを組み合わせたときのバランスがいいので持ち重りは感じません。実釣向けにアレンジされたコストパフォーマンスが高い渾身の一本といえるでしょう。

メジャークラフト『アジング CRX-S562AJI』

メジャークラフトアジングロッドスピニング3代目クロステージアジングCRX-S562AJI5.6フィート釣り竿 メジャークラフトアジングロッドスピニング3代目クロステージアジングCRX-S562AJI5.6フィート釣り竿 メジャークラフトアジングロッドスピニング3代目クロステージアジングCRX-S562AJI5.6フィート釣り竿 メジャークラフトアジングロッドスピニング3代目クロステージアジングCRX-S562AJI5.6フィート釣り竿 メジャークラフトアジングロッドスピニング3代目クロステージアジングCRX-S562AJI5.6フィート釣り竿 メジャークラフトアジングロッドスピニング3代目クロステージアジングCRX-S562AJI5.6フィート釣り竿

出典:Amazon

漁港や堤防の常夜灯周りを狙うのに最適なモデル

灯りに集まるアジはもちろん、明暗の境目に潜む大型のアジをテンポよく狙ってみてください。ショートロッドならではの取り回しの良さとクイックなレスポンスがショートゲームに威力を発揮します。

Gamakatsu(がまかつ) 『LUXXE(ラグゼ) 宵姫 天』

ジグヘッドリグでのゲーム性を極める

1g前後のジグヘッドリグを駆使したアプローチを極めるモデル。リールシートポジションをエンド部に配することで得られるダイレクトな引き感をより大きく感じるためのレングスに設定。荷重変化を把握しながらの操作性に優れています。潮流が絡むエリアや水深があるポイントなどラインに水圧が掛る状況でもキレのある動きを演出できるレスポンスを備えつつ、反響感度とともに細かな変化を感じ取れるセンシティブな部分を共存させた設計です。

ジグヘッドリグでの釣りのゲーム性を究極まで追求。思い通りに操作し、狙って掛ける爽快感が味わえるスペシャルモデルです。

JACKALL(ジャッカル) 『BRS BRS-S68UL+LG』

JACKALL(ジャッカル)BRSBRS-S68UL+LG JACKALL(ジャッカル)BRSBRS-S68UL+LG JACKALL(ジャッカル)BRSBRS-S68UL+LG JACKALL(ジャッカル)BRSBRS-S68UL+LG

出典:Amazon

ショアソルトゲームをさらに快適に

キャロやジグ等を使用したアジングをメインに、メバル、カマス等のライトプラグゲームにも対応する一本。ルアーのウェイトをしっかりブランクに乗せた遠投を可能にし、かつ汎用性の高い6ft8inレングスに設定。

S64UL-LG同様の繊細かつ高感度なティップに、バット部のパワーをプラスし、より汎用性を高めたモデルです。

エキスパートのおすすめ

TICT『SRAM UTR-75Tcaro-TOR』

UTR-75Tcaro-TORTICTSRAMキャロアジングロッド7.5ftチューブラー2ピースティクトSRAM(スラム)チタニウムフレームトルザイトリングガイド UTR-75Tcaro-TORTICTSRAMキャロアジングロッド7.5ftチューブラー2ピースティクトSRAM(スラム)チタニウムフレームトルザイトリングガイド UTR-75Tcaro-TORTICTSRAMキャロアジングロッド7.5ftチューブラー2ピースティクトSRAM(スラム)チタニウムフレームトルザイトリングガイド

出典:楽天市場

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

アジングの幅を広げるキャロ対応モデル

軽量ジグヘッド単体では届かないエリアを攻めるのに必須のスプリット(キャロ)を自在に操れるチューブラートップのアジングロッド。キャロを付けていても振り抜けが良く、遠投性能は文句なし。沖目のバイトも逃さずにキャッチする好感度と相まって、攻めるエリアを思い切り拡張してくれます。近距離で苦戦する仲間を尻目に沖目でどんどんアジを掛けていく。そんなシーンで強さを発揮できるのもこのロッドの頼もしいところです。アジングにはまったら2本目のロッドに選びたい製品です。

「アジングロッド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
シマノ『ソアレ BB アジング S610LS』
ダイワ『月下美人 MX アジング 64.5LS-S』
TICT『SRAM UTR-55one-TOR CQC』
アブガルシア『ソルティースタイルアジング STAS-592LS-KR』
メジャークラフト『アジング CRX-S562AJI』
Gamakatsu(がまかつ) 『LUXXE(ラグゼ) 宵姫 天』
JACKALL(ジャッカル) 『BRS BRS-S68UL+LG』
TICT『SRAM UTR-75Tcaro-TOR』
商品名 シマノ『ソアレ BB アジング S610LS』 ダイワ『月下美人 MX アジング 64.5LS-S』 TICT『SRAM UTR-55one-TOR CQC』 アブガルシア『ソルティースタイルアジング STAS-592LS-KR』 メジャークラフト『アジング CRX-S562AJI』 Gamakatsu(がまかつ) 『LUXXE(ラグゼ) 宵姫 天』 JACKALL(ジャッカル) 『BRS BRS-S68UL+LG』 TICT『SRAM UTR-75Tcaro-TOR』
商品情報
特徴 最高のコストパフォーマンスでアジングを楽しむ 上位モデルに劣らないハイスペックモデル 近距離特化型のアジングロッド 高感度の贅沢仕様!リールとのバランスも良しのコス 漁港や堤防の常夜灯周りを狙うのに最適なモデル ジグヘッドリグでのゲーム性を極める ショアソルトゲームをさらに快適に アジングの幅を広げるキャロ対応モデル
全長(m) 2.08m 1.94m 1.65m 1.75m 5.6ft 1.80m 6.8フィート(2.05m) 2.26m
自重(g) 72g 65g 55g 83g - 36g 75g 116g
ティップ ソリッド ソリッド ソリッド ソリッド ソリッド ソリッド - チューブ
適合ルアー(g) 0.5~12g 0.5~8g 0~2g 0.2~5g 0.6~10g 0.1~2.5g 0.1~6.0g 1.5~11g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アジングロッドの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのアジングロッドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:アジングロッドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アジングロッドに関するそのほかの記事はこちら 【関連記事】

どんな釣りをしたいのかで決める

市場で見かけるアジングロッドは6~8ft(約1.8~約2.4m)と幅広く、ティップの種類と合わせて考えればますます悩ましくなると思います。長さによる特長は、短いロッドは感度重視と手返しの良さを活かした釣りに向いていて、長いロッドは飛距離やバッドパワーを活かしたいときに使うということになります。

選択の基準は自分がよくいくフィールドでどんな釣りがしたいのかによります。たとえば、ナイトゲームで常夜灯周りを狙うのであればショートロッドで影との境目を狙っていきましょう。

日中にも狙いたいなら沖目の船道までルアーを届かせる必要があるのでロングロッドにリグを使った仕掛けを用意して遠投してじっくり釣るといった具合です。あまり極端に短いロッドも用途が限られるので、6ft台前半ぐらいを目安に選ぶとよいです。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫しながら、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドアスポーツ・レジャー全般を楽しむパパ編集者。一方平日は、おうち時間でゲーム・アニメ・マンガに没頭するインドア派の一面も。元WEBデザイナーでIT編集者という異色の経歴も持つ。

関連する記事


万能竿おすすめ7選|コンパクトで海釣り初心者に人気【ダイワ・シマノなど】

万能竿おすすめ7選|コンパクトで海釣り初心者に人気【ダイワ・シマノなど】

専用ロッドを買うほどではないけど、ちょっとだけ試してみたい。一本しか釣竿を持っていけないけど、あれもこれも釣ってみたい。そんな欲張りな願いをかなえてくれるのが万能竿(万能ロッド)です。ここでは、釣りライターの中山一弘さんが選んだ使いやすい万能竿のおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon ロッド・釣竿(ガイド付き) , ロッド・釣竿 , 釣り・フィッシング

サビキ釣り竿おすすめ8選|号数・長さなど、初心者向けに選び方も解説

サビキ釣り竿おすすめ8選|号数・長さなど、初心者向けに選び方も解説

初心者や家族連れでも、すぐに楽しむことができるサビキ釣り。初心者の方から玄人の方まで幅広く人気のある釣りです。しかし、いざサビキ釣りを始めようと思っても、何から用意すれば良いのか、どんなロッド(竿)を選べば良いか分かりませんよね。本記事では、初心者の方向けに、サビキ釣り竿の選び方や、おすすめ商品をセット・単品それぞれご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon ロッド・釣竿(ガイド付き) , ロッド・釣竿 , アウトドア・キャンプ

渓流竿おすすめ9選【源流・渓流・本流】シマノ・がまかつ・ダイワなど!

渓流竿おすすめ9選【源流・渓流・本流】シマノ・がまかつ・ダイワなど!

渓流で釣れるヤマメやイワナ、ニジマスなどはどれも美しく、魚体を見るだけで惚れ惚れします。そんな山の妖精たちに出会える渓流釣りはシーズン中ともなると、大勢のファンでにぎわう人気の釣りです。ここでは、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだ渓流竿のおすすめと選び方のポイントをご紹介します。長さや硬さ、ズーム機構の有無がポイントとなるほか、シマノ・がまかつ・ダイワなど、定番メーカーの製品も昇華していますので、通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。

tag icon ロッド・釣竿 , 釣り・フィッシング

ベイトフィネスロッドおすすめ11選【ダイワ・シマノ】バス・トラウト・ソルトにも

ベイトフィネスロッドおすすめ11選【ダイワ・シマノ】バス・トラウト・ソルトにも

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドでトラウトフィッシングでも人気です。なかでも専用のロッド「ベイトフィネスロッド」は、ダイワやシマノ、アブガルシアなど多数のメーカーから販売されています。しかし、硬さや長さ、扱えるラインなどはさまざまで、コスパに優れたモデルやソルト対応などもあり、とくに初心者はなにを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに選び方のポイントとおすすめ商品を聞いてみました。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon ロッド・釣竿(ガイド付き) , ロッド・釣竿 , アウトドア・キャンプ

おすすめフライロッド6選【番手・長さ・曲がり方】ロッド選びのコツを紹介

おすすめフライロッド6選【番手・長さ・曲がり方】ロッド選びのコツを紹介

フライ(毛バリ)をラインの重さだけでキャストするフライフィッシングは、渓流や湖、管理釣場など魚の活性やそこに住む水生昆虫のステージに合わせて、綿密に作戦を組み立てるとても奥深い釣りです。ここでは、フライロッドのおすすめと選び方のコツをご紹介します。

tag icon ロッド・釣竿(ガイド付き) , ロッド・釣竿 , アウトドア・キャンプ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。