ロッドケースおすすめ8選|ソフト・セミハード・ハード/ダイワ・シマノなど厳選

Lixada『フィッシングバッグ ポータブル 130』
出典:Amazon

ロッド(釣竿)を収納して持ち運ぶ際に必須のロッドケース。軽さが魅力のソフトケースに破損から守ってくれる安心のハードケース。ここでは、最新の売れ筋からダイワやシマノなど定番で人気の高いものまで、釣りライターの中山一弘さんと編集部がおすすめ商品を厳選。選び方のコツについてもご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

ロッドケースの選び方 種類・長さ・収納力

釣りライターの中山一弘さんにお話をうかがい、ロッドケースを選ぶときのポイントを教えてもらいました。自分に合ったロッドケース選びの参考にしてみてください。

海釣りのボートの上の6本のロッド

Photo by stephen momot on Unsplash

ギターを持ち運ぶのと同じで、車や飛行機移動が多い場合は、ハードケースが適しています。

種類で選ぶ 堅牢性・軽量性・コスパ

まずは、ロッドケースの種類からご紹介します。堅牢性で選ぶか軽量性で選ぶか、それともコスパで選ぶか、移動手段によっても選ぶ種類が変わってきます。

堅牢性で選ぶなら「ハードケース」

車や飛行機の移動用には、こういったハードケースもある。

ハードケースは文字通り、表面が固い素材の堅牢性にすぐれたケースです。地方遠征などの際にタックルボックスなどにぶつかったりすると、ロッドの破損につながります。そんなときに頑丈なハードケースであれば大切なロッドを衝撃から守ってくれます。とくに、飛行機で移動する場合にはハードタイプがおすすめです。

軽量性で選ぶなら「セミハードケース」

水や汚れに強く抜群の耐衝撃性。取り外し可能なショルダーベルト付きセミハードタイプ。

セミハードケースはハードとソフトの中間にあたり、軽くて持ち運びやすく、ソフトタイプよりも耐久性にすぐれています。磯釣りやルアーフィッシングなど機動性を求められるシーンに便利です。

コスパで選ぶなら「ソフトケース」

強力なクッションで大切な釣竿を衝撃からしっかり守ってくれる。

ソフトケースの特徴はなんといってもコスパです。ケースには極力コストをおさえたいという人や、電車やバイク、自動車での移動が多い人におすすめのタイプです。また、未使用時は折りたたんで収納できるのも魅力です。逆に、耐久性はほかのタイプに比べて劣りますので、持ち運びや扱いには注意が必要です。

長さで選ぶ 手持ちの竿(ロッド)が入るか

150cm~220cmの5段階で調節が可能なロッドケース。

ロッドケースを選ぶ際は、自分がもっているロッドが入る長さかどうかも確認しましょう。ロッドの長さがフィットするサイズが理想ですが、手持ちのロッドを複数収納して持ち運びたい場合は、必ず一番長いロッドのサイズで選ぶようにしてください。一般的なロッドの長さは110cm~140cmですが、なかには、ロッドの長さに合わせてサイズを調節できるロッドケースもあります。

収納力で選ぶ 収納できるロッド本数を確認

Lixada『フィッシングバッグ ポータブル 130』

複数のロッドを収納して持ち運ぶ場合に注意したのが、移動中にケース内でロッドどうしがぶつかり合って破損するトラブルです。理想は、収納したいロッド本数がちょうど入るキャパシティのロッドケースを選ぶことです。また、キャパシティよりも少ない本数を持ち運ぶ場合には、ケース内で1本ずつ固定できるタイプなどを選ぶと安心です。

リールを付けたまま収納できる「リールインタイプ」

ロッドケースの中には釣竿にリールをセットしたまま入れられるタイプの製品もあります。

リールは形状的にタックルケースなどに入れると思った以上にかさばるので、リールインタイプのロッドケースを好む人も多いです。ロッドケース自体が重くなるというデメリットはありますが、肩に担げるので取り回しにそれほど問題は出ません。

リールを使う釣りをする人はそのあたりもチェックしておくとよいですね。

便利な「ポケット付きタイプ」

大容量でありながら、防水・耐久性のあるソフトロッドケース。

ロッドケースにはポケット付きの製品もあります。たとえば、先ほども例に出した玉網の柄をケース内に入れた場合、大型ポケットがあれば、玉網の枠もそこに収納できるので便利です。

磯釣りや堤防釣りをするのでしたら、コマセミキサーやひしゃくなども入るので、ロッドケース以上の役割もこなせます。多くの道具が必要な釣りをする場合はポケット付きのタイプが便利ですよ。

【80~170cm/伸縮タイプ】ロッドケースおすすめ8選 ダイワ・シマノ製・肩掛け・大容量タイプなど厳選

ここまで紹介したロッドケースの選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

プロックス『ラウンドエアーロッドケース(PX937183Y)』

プロックスロッドケースラウンドエアーロッドケース18.5φPX937183Yイエロー106-183cm プロックスロッドケースラウンドエアーロッドケース18.5φPX937183Yイエロー106-183cm プロックスロッドケースラウンドエアーロッドケース18.5φPX937183Yイエロー106-183cm プロックスロッドケースラウンドエアーロッドケース18.5φPX937183Yイエロー106-183cm プロックスロッドケースラウンドエアーロッドケース18.5φPX937183Yイエロー106-183cm

出典:Amazon

自由な長さに調節できて収納しやすい

スライドロックシステムを搭載することで、長さを伸ばして使えるロッドケース。長さの調節は数段階あるので、ロッドの長さに合わせて自由に決められます

本体には耐衝撃性が高い高密度ポリエチレンを使用し、軽量ながらケース内のロッドをしっかり守ってくれます。移動や運搬の手間を軽減してくれる、使いやすいケースです。

タカ産業『EXPEDITION ROD CASE(G-0049)』

タカ産業(タカサンギョウ)ロッドケースG-0049エクスペディションロッドケース165㎝. タカ産業(タカサンギョウ)ロッドケースG-0049エクスペディションロッドケース165㎝. タカ産業(タカサンギョウ)ロッドケースG-0049エクスペディションロッドケース165㎝.

出典:Amazon

高い強度と軽量化を実現させた運びやすいケース

ポリカーボネートを本体に使用することで、軽量でありながら高い強度を実現させたケース。内部には、上下にポケットとベルトを設けることで、複数本収納していてもロッド同士がぶつからないような設計になっています。

また、大きめでつかみやすいハンドルによって、持ちやすく作られているのもポイント。遠征時ほど活躍してくれます。

Ex oa

ダイワ『セミハードロッドケース(D)138R(D)』

ダイワ『セミハードロッドケース(D)138R(D)』

出典:Amazon

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

耐衝撃性能と使いやすさの両立!

衝撃を受けやすい磯釣りを中心に、ハードな釣りをする人にぴったりのセミハードタイプのロッドケースです。ハードボードがほぼ全周を取り囲んでいるので、磯や堤防にぶつけても中身はしっかりガードされ、安心感が違います。

また、シリーズにはリール付きのロッドなら2本は入るリールインタイプと、シンプルに使えるスリムタイプもラインアップ。用途に合わせて選べるのもいいですね。

Ex oa

プロックス『コンテナギア5レングスハードロッドケース』

プロックス『コンテナギア5レングスハードロッドケース』 プロックス『コンテナギア5レングスハードロッドケース』 プロックス『コンテナギア5レングスハードロッドケース』

出典:Amazon

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

遠征に最適! コンテナタイプのハードケース

飛行機での移動を前提とする遠征には、ハードケースが欠かせません。この製品は150~220cmまで5段階に可変できるので、持っていくロッドの長さに合わせて調節できるのが便利です。

とくに海外へ釣りに行くときには全面がきっちり守られている製品でないと不安が付きまといますが、これなら安心ですね。せっかく何時間もかけて現地に着いて、いざ竿を出してみたら折れていた……ということがないように、ロッドはしっかり守りましょうね。

Ex oa

Lixada『フィッシングバッグ ポータブル 130』

Lixada『フィッシングバッグポータブル130』

出典:Amazon

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

大容量のコストパフォーマンス製品

2つのメイン収納エリアと大型ポケットを持つロッドケースです。リール付きロッドをそれぞれ1本ずつ入れても余裕があるので、持ち歩きたいロッドの太さにもよりますが、かなりの本数が収まります。

外部ポケットも2つあるのでアイデア次第でさまざまなものが入れられるのもよいですね。コストパフォーマンスでは最高の部類に入る製品です。

ダイワ『ポータブルロッドケース140R(B)』

ダイワ(Daiwa)ポータブルロッドケース140R(B)ブラック04705688【個別送料品】大型便

出典:楽天市場

ショルダーパッド付き! コンパクトに折りたためる

インターラインワイヤーポケット付き。収納本数は2~3本。使わないときはコンパクトに折りたたむことができるソフトケースです。ショルダーパッドがついているため、肩からかけて持ち運ぶことができます。

内側にはクッション性のある発砲素材が使われており、ロッドをしっかり守ってくれます。また、リールをつけたまま収納することもできます。

Ex oa

ドレス『セミハードロッドケース』

ドレス『セミハードロッドケース』

出典:Amazon

ポリカーボネート素材で抜群の耐衝撃性

収納本数は2本。取り外しが可能なショルダーベルト付き。水や汚れにも強いので、お手入れも簡単です。

また、底面には4か所のあしがつき、素材もポリカーボネート製で外部からの衝撃をガード。内側は、クッション性の高い生地を採用しており、伸縮性のある固定ベルトが計6か所ついているため、しっかりロッドを守ってくれます。

Ex oa

シマノ『ライトロッドケース RC-045R 185S』

シマノ『ライトロッドケースRC-045R185S』

出典:Amazon

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

シンプルに使えてロッドもばっちり保護

ルアーロッドで1~2本、振出竿で2本が収まるシンプルなロッドケースです。先端はクッションパッド入り、底部もばっちり厚みがあるので保護機能は良好です。竿数は少ないけどきっちり保護してくれる製品がほしいという人にはこれ以上ないアイテムですね。

ラインナップは4種類となっており、仕舞寸法に合わせて無駄なく納められるようになっています。ちなみに、ラインアップ内で『135R』のみが、ロッドにリールを付けたまま収納できるリールインタイプ。こちらはリールをセットした磯竿1本を入れるのに最適です。

「ロッドケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
プロックス『ラウンドエアーロッドケース(PX937183Y)』
タカ産業『EXPEDITION ROD CASE(G-0049)』
ダイワ『セミハードロッドケース(D)138R(D)』
プロックス『コンテナギア5レングスハードロッドケース』
Lixada『フィッシングバッグ ポータブル 130』
ダイワ『ポータブルロッドケース140R(B)』
ドレス『セミハードロッドケース』
シマノ『ライトロッドケース RC-045R 185S』
商品名 プロックス『ラウンドエアーロッドケース(PX937183Y)』 タカ産業『EXPEDITION ROD CASE(G-0049)』 ダイワ『セミハードロッドケース(D)138R(D)』 プロックス『コンテナギア5レングスハードロッドケース』 Lixada『フィッシングバッグ ポータブル 130』 ダイワ『ポータブルロッドケース140R(B)』 ドレス『セミハードロッドケース』 シマノ『ライトロッドケース RC-045R 185S』
商品情報
特徴 自由な長さに調節できて収納しやすい 高い強度と軽量化を実現させた運びやすいケース 耐衝撃性能と使いやすさの両立! 遠征に最適! コンテナタイプのハードケース 大容量のコストパフォーマンス製品 ショルダーパッド付き! コンパクトに折りたためる ポリカーボネート素材で抜群の耐衝撃性 シンプルに使えてロッドもばっちり保護
全長(ラインアップ) 105~183cm(4アイテム) 164cm(2アイテム) 125~138(5アイテム) 150~220㎝(1アイテム) 100~150㎝(3アイテム) 140cm 180cm 125~185cm(4アイテム)
カラー ブラック、イエロー ブラック レッド、シルバー ブラック、オレンジ アーミーグリーン、ブラック ブラック ブラック ブラック
リールイン機能 - - 可 ※リールのサイズによります - あり(135Rのみ)
タイプ ハード ハード セミハード ハード ソフト ソフト セミハード ソフト
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ロッドケースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのロッドケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ロッドケースランキング
楽天市場:ロッドケースランキング
Yahoo!ショッピング:ロッドケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ロッドケースに関するQ&A よくある質問

Faq qx2ロッドを梱包する際の注意点はありますか?

Faq ax2

竿の先を保護し、ガタツキや力が1点に集中しないよう竿を1本ずつ布でくるむとよいでしょう。

Faq qx2飛行機の機内にロッドケースを持ち運ぶ際の注意事項はありますか?

Faq ax2

当局が検査しやすいよう、開閉部は開けられる状態にしておきましょう。また、ロッドを必要以上にくるんだりせず、当局が釣竿だとわかるようにしておくことも重要です。

【関連記事】ロッドケースに関するそのほかの商品

釣りの種類専用のロッドケースも 釣りライターからのアドバイス

キャンプ/釣りライター

ここでは汎用(はんよう)性の高いロッドケースを集めてみましたが、釣りの種類に合わせた専用製品もあります。長い振出竿をがっちり収納する鮎竿専用ケースや、ロッドを10本、たも網、パラソルなども一度に入れられるへらぶな釣り専用ケースなどもあります。

自分がやりたい釣りに特化した製品があるかもしれないので、興味のある方は調べてみるとおもしろいですよ。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


おすすめフライロッド6選【番手・長さ・曲がり方】ロッド選びのコツを紹介

おすすめフライロッド6選【番手・長さ・曲がり方】ロッド選びのコツを紹介

フライ(毛バリ)をラインの重さだけでキャストするフライフィッシングは、渓流や湖、管理釣場など魚の活性やそこに住む水生昆虫のステージに合わせて、綿密に作戦を組み立てるとても奥深い釣りです。ここでは、フライロッドのおすすめと選び方のコツをご紹介します。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 釣り・フィッシング , ロッド・釣竿

トレブルフックおすすめ10選|基礎知識や選び方を抑えて最高のカスタマイズを!

トレブルフックおすすめ10選|基礎知識や選び方を抑えて最高のカスタマイズを!

本記事では、トレブルフックについて、種類や基礎知識、選び方、そしておすすめ商品をご紹介。ルアーの最高のカスタマイズのために、ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 釣り・フィッシング , マリンスポーツ

【2021年版】ベイトフィネスリールおすすめ15選|ソルトやトラウトにも人気

【2021年版】ベイトフィネスリールおすすめ15選|ソルトやトラウトにも人気

軽量なルアーを使い繊細な釣りを楽しむフィネスフィッシング。なかでも太いラインを巻いたベイトタックルで扱うことを可能にしたのが「ベイトフィネスリール」です。最近はバス釣りだけでなくソルトやトラウトでも利用されており手返しのよさが魅力です。そこで、釣りライターの中山一弘さんにベイトフィネスリールの特徴や選び方、おすすめのモデルを聞いてみました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 釣り・フィッシング , ロッド・釣竿

ランディングネットおすすめ8選|折りたたみ可能タイプで持ち運びもラク!

ランディングネットおすすめ8選|折りたたみ可能タイプで持ち運びもラク!

シーバスや大物トラウトといった大型魚狙いの釣りに必須の「ランディングネット」。高い堤防や岩場、渓流などで活躍します。人気メーカーのものが多く、メジャークラフトやトーマスなど種類はさまざま。ここでは、ランディングネットの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 釣り・フィッシング , マリンスポーツ

渓流竿おすすめ8選【源流・渓流・本流】シマノ・がまかつ・ダイワなど!

渓流竿おすすめ8選【源流・渓流・本流】シマノ・がまかつ・ダイワなど!

渓流で釣れるヤマメやイワナ、ニジマスなどはどれも美しく、魚体を見るだけで惚れ惚れします。そんな山の妖精たちに出会える渓流釣りはシーズン中ともなると、大勢のファンでにぎわう人気の釣りです。ここでは、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだ渓流竿のおすすめと選び方のポイントをご紹介します。長さや硬さ、ズーム機構の有無がポイントとなるほか、シマノ・がまかつ・ダイワなど、定番メーカーの製品も昇華していますので、通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。

Icon mini tag 釣り・フィッシング , ロッド・釣竿

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。