ルアーケースおすすめ8選【メイホウ・シマノ・ダイワほか】コンパクトタイプも!

ルアーケースおすすめ8選【メイホウ・シマノ・ダイワほか】コンパクトタイプも!

ルアーの量が増えると、どうしても必要になるのが専用のケース。小分け用にいくつか入れられる小型のものがあると、持ち出し用に使えて便利です。

この記事では実釣にぴったりの小型ルアーケースのおすすめと選び方をご紹介します。

コンパクトタイプや仕切りが動かせるタイプ、メイホウやタカミヤなど人気メーカーの製品もピックアップ!また、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


目次

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

「ルアーケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
メイホウ『リバーシブル120』
JCT釣具 KAIRI『エギケース』
メイホウ『バーサス VS-3010NDM (マルチ)』
シマノ『Sephia エギケース10S』
メイホウ『スリットフォームケース3010NS』
ダイワ『マルチケース 210T』
ダイワ『月下美人 ローテーションケース』
メイホウ『タチウオテンヤケース L』
商品名 メイホウ『リバーシブル120』 JCT釣具 KAIRI『エギケース』 メイホウ『バーサス VS-3010NDM (マルチ)』 シマノ『Sephia エギケース10S』 メイホウ『スリットフォームケース3010NS』 ダイワ『マルチケース 210T』 ダイワ『月下美人 ローテーションケース』 メイホウ『タチウオテンヤケース L』
商品情報
特徴 裏表に収納枠がある水切りタイプのルアーケース さっと取り出せる工夫が豊富 大定番のルアーケース エギがストックしやすい専用ケース フックを挟んで収納できるスリットフォームタイプ マルチに活躍する収納ケース コンパクトサイズなため首から下げて使用可能 30~50号のタチウオテンヤ専用ケース
サイズ 200×126×36mm 200×170×45mm 205×145×40㎜ 30×205×140mm(M)、40×245×165㎜(L) 205×145×25mm 210×146×40mm (内寸)65×30×10mm 255×190×60mm
枠数 11 7 4 10 -- 2 1 1
カラー クリア ブルー、グリーン、ピンク スモークBK、クリア スモークグレー クリア ホワイト - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

ルアーケースの特徴とは? 整理整頓ができる、ルアーをキズつけずに持ち運べる

 

お気に入りのルアーが増えてきたらルアーケースを使いましょう。ルアーには魚を釣るための釣り針がセットでついていることが多く、むき出しのまま持ち運ぶとほかの道具やルアー、衣類、身体に引っ掛かってしまい危険です。

それを防ぐためにも、仕切りのあるルアーケースで持ち運ぶのが大切です。また、使いたいルアーがどこにあるか一目ですぐわかるのもルアーケースのメリット。種類やサイズ別に収納しておくと、準備も手早くおこなうことができます。

ルアーケースの選び方 整理しやすいものを

ケースに入ったルアー
ペイレスイメージズのロゴ

必用なルアーが収まるサイズのケースがあれば、効率的に広範囲を探ることができます。

ルアーケースの選び方をご紹介します。釣りライターの中山和弘さんからのアドバイスもあるので、参考にしてみてください。

ルアーケースの種類で選ぶ

ルアーケースは、アタッシュケースタイプとワレットタイプの2種類があります。それぞれ特徴が異なるので、釣りたい魚や場所、スタイルに合わせて選びましょう。

アタッシュケースタイプ|さまざまなサイズをまとめて収納

 

アタッシュケースタイプは、プラスチックなどのハードな素材でできた箱型のルアーケースです。ケースのなかには仕切りが付いていて、ルアーの種類や大きさに応じて仕分けて収納できます。仕切りはルアーの大きさに合わせて可動できるものもあります。

ケースに厚みがあるためルアーを入れた状態でケースを落としてしまっても、なかのルアーに衝撃がかかりません。

ワレットタイプ|エギやスプーンが収納しやすい

ルアーの写真
Pixabayのロゴ

厚みのないルアーを収納しやすいのがワレットタイプです。

やわらかいナイロンなどの素材で作られているルアーケースがワレットタイプです。内部にあるスポンジにルアーの吊り針をひっかけ、ならべて収納できます。

ベストやウエストバッグに入るコンパクトなサイズのものが多く、携帯しやすいのも魅力です。トラウト狙いで使うスプーン、イカ釣りのエギなど、厚みのないルアーを収納するのに向いています。

サイズで選ぶ

ルアーケースを選ぶ際には内寸サイズと本体サイズも重要です。

内寸サイズはミリ単位で選ぶ

 

ルアーケースは内寸サイズもチェックしておきましょう。収納したいルアーに合うサイズかどうか、ミリ単位まで確認しておきます。

内寸が小さいとルアーが入らず、大きすぎるとルアーの釣り糸がなかで絡まったり、ぶつかって塗装がはげたりする原因になります。内寸サイズとともに、どんなルアーに適しているか明記しているものもあるので、チェックしてみましょう。

バッグやポケットに入るか本体サイズで選ぶ

 

ルアーケースは、ベストやウエストバッグ、タックルケースなどに入れて持ち運びます。ルアーケースをどこに入れるかを考えて、本体サイズを確認しておきましょう。

あらかじめベストやタックルケースに合ったサイズに設計されているルアーケースもあります。ルアーケースとベストが同メーカーで適合しているものもあるので、チェックしてみましょう。

水切りがあるかどうかで選ぶ

 

ルアーケースには、水切り穴が付いているものもあります。水切り穴があるルアーケースは、なかにルアーを入れたまま水洗いできるのが魅力です。

ルアーが劣化する原因となる塩水をしっかり洗い流せるだけでなく、ケースやルアーに汚れが付いてしまったときにもすぐに洗えて便利です。ケースが濡れたときにもすぐに乾きます。

渓流釣りがメインなら、濡れても乾きやすい通気性が高いものを

渓流釣りの写真
Pixabayのロゴ

渓流釣りでは、ルアーケースをベストに入れて使用する場合がほとんどです。取り出すときに落としたり、深みのある場所に入ったりなど、ルアーケースが濡れることも多くなっています。

ナイロンやメッシュ素材など、速乾性の高い素材のものなら、濡れてもすぐに乾きます。また、すぐ乾くので、お手入れしやすいのも魅力です。

耐久性で選ぶ

釣りのシーンで使用するルアーケースは、耐久性も求められています。ケースの素材や、入れるルアーの種類に応じたものを選びましょう。

ケースの素材は丈夫なものを選ぶ

 

ルアーケースはいろいろな素材でできています。劣化しやすい素材だと、ルアーケースを落としたときに破損したり、なかのルアーが飛び出したりしてしまう場合があります。

アタッシュケースタイプの場合はポリカーボネートなどの丈夫なもの、ワレットタイプの場合はクッション性の高い素材を使っているものを選びましょう。

ソフトワームを使うなら、ワームループ加工は必須

バス釣りの写真
Pixabayのロゴ

ソフトワームを収納する場合は、適したケースを選びましょう。

ソフトワームはプラスチックを溶かしてしまう素材でできているため、プラスチック素材のルアーケースには収納できません。ソフトワームを収納するルアーケースは、ワームプルーフ加工がほどこされているものを選びましょう。

すぐに替えが必要になるソフトワームも、ルアーケースに複数入れて携帯しておけば便利に使えます。

メーカーの特徴で選ぶ

ルアーの写真
Pixabayのロゴ

ルアーケースはいろいろなメーカーから発売されていて、商品によって特徴が異なります。メーカーごとの特徴を知っておくと、より納得のルアーケースが見つかります。

メイホウ|ルアーケースの種類が豊富

 

メイホウは、プラスチック収納用品のメーカーです。おもにアタッシュケースタイプのルアーケースを多く発売しています。

丈夫な素材のもの、リバーシブルで使えるもの、水切りがついているものなど、実際の釣りシーンで使いやすい工夫がほどこされているのが特徴です。はじめてルアーケースを購入したいときにも、豊富なアイテムから選びやすくなっています。

シマノ|サイズや素材が豊富にそろう

 

自転車用品メーカーとして長い歴史を持つシマノは、自転車用品作りのテクノロジーを搭載した竿、ロッド、リール、ラインなど幅広い釣り具を展開しています。

ルアーケースはハード素材、ソフト素材、サイズと幅広い商品が展開されています。タックルケースにも適合します。エギケースなど、入れるルアーで選べる専用ケースがそろっているのも魅力です。

ダイワ|使いやすい工夫が凝らされている

 

釣り具メーカーであるダイワは、使いやすい工夫がそろっているルアーケースを展開しています。濡れても乾きやすくそのまま洗える水切り穴付き、ルアーの大きさに合わせて仕切りを動かせるなどの機能がそろっています。

フタがしっかりしまるので防水ケースとして使える、フタはワンタッチで開閉できるなど、さっとルアーを取り出せるのも魅力です。

ルアーケースおすすめ8選 定番人気メイホウのリバーシブルや、シマノ、ダイワ、大容量タイプも

ここからは、ルアーケースのおすすめ商品をご紹介します。

メイホウ『リバーシブル120』

スペースを効率的に使用できる両面収納エギルアーケースリバーシブル120200×126×36mmMEIHO明邦化学工業

出典:Amazon

キャンプ/釣りライター

裏表に収納枠がある水切りタイプのルアーケース

表裏で互い違いになるように配置された枠にそれぞれルアーが入れられるケースです。ミノーやメタルジグも入れやすいですが、エギでも使いやすいです。水切り穴があるので水分が放出しやすく、帰宅後にケースごとルアーを水洗いできるのも便利です。

サイズ違いもあるので、ルアーの大きさに合わせて使い分けもできます。整理整頓とメンテナンスが両立できる製品ですね。

JCT釣具 KAIRI『エギケース』

エギケース10個収納餌木エギルアー両面釣り釣具 エギケース10個収納餌木エギルアー両面釣り釣具 エギケース10個収納餌木エギルアー両面釣り釣具 エギケース10個収納餌木エギルアー両面釣り釣具 エギケース10個収納餌木エギルアー両面釣り釣具 エギケース10個収納餌木エギルアー両面釣り釣具 エギケース10個収納餌木エギルアー両面釣り釣具

出典:Amazon

さっと取り出せる工夫が豊富

両面リバーシブルで使えるアタッシュケースタイプのルアーケースです。ハンドル付きのため、タックルケースやバッグから取り出すときにも便利です。

完全仕切りのため、ルアー同士の糸絡みがありません。水切り穴が付いているのでルアーを入れて丸洗い可能です。V字構造で、濡れたあとも乾きやすくなっています。カラー展開も豊富で好みで選べます。

メイホウ『バーサス VS-3010NDM (マルチ)』

メイホウ(MEIHO)VS3010NDM(マルチ)スモークブラック

出典:Amazon

キャンプ/釣りライター

大定番のルアーケース

枠は4つですが、よく使われる9~12cmサイズのルアーがたっぷり収納できるアイテムです。開け閉めがかんたん&丈夫なので釣り場で使うのにぴったりの製品です。ルアー釣りには定番のモデルでさまざまなブランドのOEM製品もあります。

また、タックルバッグなどはこのケースがぴったり収まるように作られている製品も多く、釣種をまたいだスタンダードでもあります。どれにしようか悩んだら、これを買っておけば間違いありません。

シマノ『Sephia エギケース10S』

シマノ(SHIMANO)セフィアエギケース10SPC-211EスモークグレーL809629

出典:Amazon

キャンプ/釣りライター

エギがストックしやすい専用ケース

ブック型のケースを開くと袋状のポケットがあるので、そこにひとつずつエギを格納します。取り出すときにほかのエギと干渉しないので、エギの交換がスムーズです。加えてベルトに装着できるので、ランガンするときにも便利。

また、こちらの製品にも水切り穴があるので、エギを入れたまま丸洗いが可能と、至れり尽くせりの商品です。2、3号用のMサイズ、3、4号用のLサイズがあるので、持ち歩きたいエギサイズによって使い分けましょう。

メイホウ『スリットフォームケース3010NS』

メイホウ(MEIHO)スリットフォームケース3020NSクリアー

出典:Amazon

キャンプ/釣りライター

フックを挟んで収納できるスリットフォームタイプ

ケースを開けるとスリットが入ったフォーム材が敷き詰められており、スリットにフックを挟むことで、整理しやすく、なおかつ出し入れもしやすくしてくれる製品です。

ジグヘッドをよく使うライトソルトルアーでとくに人気で、ソフトルアーをジグヘッドに刺したまま次々とローテーションしていけるので、ルアーチェンジもスピーディーです。釣果を上げてくれるルアーケースといえますね。

ダイワ『マルチケース 210T』

ダイワ(Daiwa)ルアーケース(マルチケース)210T892537 ダイワ(Daiwa)ルアーケース(マルチケース)210T892537 ダイワ(Daiwa)ルアーケース(マルチケース)210T892537 ダイワ(Daiwa)ルアーケース(マルチケース)210T892537 ダイワ(Daiwa)ルアーケース(マルチケース)210T892537

出典:Amazon

マルチに活躍する収納ケース

透明ポリカーボネイトフタのため、フタを開けずに中身が確認できます。

付属の可変仕切板で自分の好みに併せて仕切りをアレンジでき、用途に合わせて使い分けすることが可能です。

また、水切り穴があるためルアー等をいれたまま洗え、メンテナンスも簡単です。

ダイワ『月下美人 ローテーションケース』

ダイワ(Daiwa)ワームケースアジングメバリング月下美人ローテーションケース747899 ダイワ(Daiwa)ワームケースアジングメバリング月下美人ローテーションケース747899 ダイワ(Daiwa)ワームケースアジングメバリング月下美人ローテーションケース747899 ダイワ(Daiwa)ワームケースアジングメバリング月下美人ローテーションケース747899

出典:Amazon

コンパクトサイズなため首から下げて使用可能

ルアー交換をスムーズかつ早く行うためのルアーケースで、「使用済みのワームをケースに戻したくない」「使うワームを事前に厳選して、フィールドで手軽にローテーションしたい」といった要望を高クオリティで実現した商品です。

首から下げたり、ピンオンリールにセットしたりと便利です。

フタがクリアなので中身を確認しやすく、簡易防水仕様の小物ケースとしても使うことができます。

メイホウ『タチウオテンヤケース L』

メイホウ(MEIHO)タチウオテンヤケースL

出典:Amazon

30~50号のタチウオテンヤ専用ケース

30~50号のタチウオテンヤが8個収納できます。

縦に置いて収納できるため、仕掛けを変えるときに取り出しやすく、カラーや大きさがわかりやすいです。

バックルは一体式なので、開閉しやすいのも特徴です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ルアーケースの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのルアーケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ルアーケースランキング
楽天市場:ルアーケースランキング
Yahoo!ショッピング:ルアーケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ルアーケースを自作しよう! 100均で材料がそろう

釣りの写真
Pixabayのロゴ

ルアーケースは100均などでそろう材料を使って自作もできます。また、手持ちのルアーケースを使いやすいようにカスタマイズもできます。

スポンジ素材でできている隙間テープを使ってルアーフックの固定パーツを作ったり、発泡スチロール素材のカラーボードでケースの高さを詰めたりできます。すべり止めシートは、仕切りの大きさを変えたいときに便利です。

ほかの釣り用アイテムはこちらもチェック!

まずは耐久性を重視! 次にヒンジの作りを確認

キャンプ/釣りライター

ルアーケースは何度も蓋の開け閉めをする道具です。そのため、耐久性はものすごく大切で、安く買ってもすぐに壊れるようでは結局損をしてしまいます。とくにヒンジの作りを見れば、どれぐらいていねいに作られているかわかると思うので、なるべく納得できる製品を選ぶようにしましょう。

しっかりした製品はそれだけ長く使えるので、ここで紹介しているアイテムはどれもおすすめできます。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

「痩せます」が口癖の美人妻とかわいい子供たちと暮らすサッカー好きの30代編集者。プロを目指していた大学生までは、筋肉に覆われていた身体(酔うと服を脱ぎ筋肉自慢)だったものの、数年前に社会人サッカーを引退してから一気に太り、見るも無残な身体に。「美容・健康」以外のジャンルであれば、特に得意・不得意もないオールラウンダー。最近、自宅から徒歩圏内のスタジアムに観戦に行くと、必ずホームチームが負けるので、特に応援しているチームではないものの、疫病神かもしれないと心配している。

関連する記事


メタルジグおすすめ11選|ショア・オフショア、青物から底物まで狙える

メタルジグおすすめ11選|ショア・オフショア、青物から底物まで狙える

釣りに欠かせない青物ルアーの一種、メタルジグ。海釣りからバス釣りなどの淡水魚まで使用できる万能ルアーです。釣りをする場所によって、ライトショアジギングやオフショアジギング、またシーンや時間帯、対象魚によって適したカラーも異なり、種類は豊富です。ここでは、フィッシングライターのお魚店長さんと編集部が厳選したメタルジグのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ルアー , 釣り・フィッシング

海釣りルアーおすすめ13選|釣れない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

海釣りルアーおすすめ13選|釣れない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

堤防や磯、サーフ、沖など、海のどこでも楽しめるルアー釣り。定番のミノーからワームまで種類はさまざまで、初心者の方は何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、海釣りルアーの選び方やおすすめの商品についてうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon ルアー , 釣り・フィッシング

トラウトルアーおすすめ10選|定番スプーンや人気ミノーなど徹底解説

トラウトルアーおすすめ10選|定番スプーンや人気ミノーなど徹底解説

初心者でもハードルが低くはじめやすいトラウトフィッシングは、ルアーで釣れる人気の釣りです。魚種も多いうえに釣り場も渓流から湖、管理釣場までと幅広いため、どんなトラウトルアーを持っていけばよいのか悩んでしまいますね。そこで釣りライターの中山一弘さんに、トラウトルアーの選び方や代表的な種類、おすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon ルアー , 釣り・フィッシング

タイラバおすすめ8選|初心者必見!タイラバの入門的な知識も解説

タイラバおすすめ8選|初心者必見!タイラバの入門的な知識も解説

タイラバはライトタックルを使って手軽に真鯛(マダイ)が釣れることから、近年流行している人気の釣り方です。遊漁船も増えていますから、これからはじめる方もたくさんいるでしょう。タイラバの種類やラインナップもどんどん増え続けていますが、最初は何を買ったらよいかまったくわからないケースも多いと思います。ロッドやリール、ラインなど基本タックルも気になりますよね。本記事では、タイラバの特徴や選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon ルアー , 釣り・フィッシング

エギの人気おすすめ9選|絶対釣れるエギを釣りライターが厳選!初心者にもおすすめ

エギの人気おすすめ9選|絶対釣れるエギを釣りライターが厳選!初心者にもおすすめ

エギ(餌木)はアオリイカなどを釣るための専用ルアーで、漁具として使われてきたものが近年になり、釣り用に流用されたものです。この記事では、釣りライターの中山一弘さんにエギの最新事情、おすすめエギについてコメントをいただいています。初心者の方はぜひ参考にしてください。最後に、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon ルアー , 釣り糸・ライン , 釣り・フィッシング

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。