ランディングネットのおすすめ6選|アウトドアライターが選び方を解説

ランディングネットのおすすめ6選|アウトドアライターが選び方を解説
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんがおすすめのランディングネット6選をご紹介します。本格的に釣りをするなら、ぜひともランディングネットをそろえておきたいですよね。自分の釣りのスタイルや対象魚種、さらには使い勝手など、ランディングネットを購入する際に押さえておきたいポイントはいろいろあります。そこで、アウトドアのエキスパートである夏野さんにお話をうかがい、ランディングネットの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてくださいね。


ランディングネットの選び方|アウトドアライターに聞く

アウトドアライターの夏野 栄さんにランディングネットを選ぶ際のポイントを3つ教えていただきました。

ロッドと道具箱とランディングネット
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自分の釣りのスタイルや狙う獲物(魚)によって異なるランディングネット。その選び方とは?

フィールドの足場から軸(シャフト)を選ぶ

作家/アウトドアライター

釣りでランディングネットを使う理由はいくつかありますが、そのもっとも基本となるのが「手で届かない魚をすくう」ということです。掛けた魚をいよいよ引き上げる(ランディングする)際、手やフィッシュグリップで魚を上げる場合もありますが、魚と釣り人の距離があり、手が届かない状況ではランディングネットが必要になります。

この点から、ランディングネットを選ぶ場合には魚と釣り人の距離が重要となり、必要な長さはフィールドの足場から水面までの距離で計算します。高さのある防波堤や磯では、足場から水面の距離プラス1m以上の長さの柄が理想です。また水面との距離が近いボートやウェーディングで使う場合には、魚との距離にマッチした短い(伸びない)ランディングネットが別途必要となります。

対象のサイズからフレームを選ぶ

作家/アウトドアライター

ランディングネットの重要な役割その2は、「手より確実に魚をキャッチする」というものです。手で届く魚でも、フィッシュグリップや手、抜き上げるなどのランディング方法より、もっともバラすリスクが低いのが「網ですくう」方法です。

小さい網で大きな魚をすくう場合、バラすリスクは高くなります。そのリスクを最小限に軽減するためには、釣りあげる魚の大きさに合わせて網のフレームサイズを選ぶ必要があります。渓流魚の場合には30cm以下のフレームサイズ、ブラックバスやエリアトラウトの場合には40~60cm程度を選びます。一般に魚の全長と同サイズのフレームならじゅぶん魚を入れることができますが、「絶対に逃がしたくない!」という意気込みなら狙う魚の全長プラスαのフレームサイズを選びたいところです。

シーバスの大物ハンターは時に90cm以上の船用網フレームを装備することもあります。とはいえ、移動する釣りの場合、フレームサイズが大きくなると機動力が落ちるため、体力と携帯性との兼ね合いからベストなサイズを選びましょう。

ダイワ『ワンタッチランディングネット スモール』

渓流魚や小型魚種を対象としたフォールディングネット。ネット部分をポーチにコンパクトに収納して携帯することができます。

>> Amazonで詳細を見る

釣りのスタイル・フォールディング性から選ぶ

作家/アウトドアライター

ランディングネットを選ぶ際、釣りのスタイルによってフォールディング(携帯)性も重要な要素となります。堤防で1日動かず釣りをする、あるいはボートで釣りをするような場合にはフォールディング性はさほど重要ではありません。むしろサイズや強度面を優先させたほうがメリットがあります。

しかし移動の多い釣りをする場合、フォールディング性はランディングネットを選ぶ際の要素として優先順位を上げる必要があります。シーバスで足場の高い釣り場を移動しながら釣る場合、ベストに背負える小継ぎ(コンパクトに収納できる)の軸が必須条件です。しかしこまかい話をするなら、70cmを超える大型のタモフレームをセットする場合、50cmを切るような小継軸の場合、背面に背負った際のバランスが悪くなり(フレーム側の重心が勝り)、ランディングネットを落とすリスクもあがります。

軽量で小継であることは優位ですが、大型のフレームで使用する場合は60cm以上、あるいはグリップ側にしっかり重心がある軸がおすすめです。

ゴールデンミーン『ガンナーネット Jr. (ディープタイプ)』

フレーム部分を折りたためるので持ち運びに便利。足場から水面までが近いボートやエリアフィッシングに適しています。

>> Amazonで詳細を見る

ランディングネットのおすすめ4選!|アウトドアライターが選ぶ

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、アウトドアライターの夏野 栄さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プロックス『アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付(PX83450)』

プロックス『アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付(PX83450)』 プロックス『アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付(PX83450)』 プロックス『アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付(PX83450)』

出典:Amazon

サイズ 枠サイズ:W0.5×H0.65m、網の深さ:0.45m
重量 -

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ラバーネットつきの高コスパフレーム

シーバスからフラットフィッシュ、大型トラウトまで幅広く使えるサイズ感のランディングフレームとネットのセットです。

フレームは楕円のワンピースで基本スペックをクリア(ツーピースは故障が多いためおすすめしません)。また魚体に優しいラバーコーティングネットがセットという高コスパぶり。こだわるとセット商品の場合使えないパーツが出てくるものですが、こちらはフレームとネットのセット商品のなかでは完成度の高い使えるパックといえます。

幅広く使えてバランスのよいフレームですが、ランカー(大型)シーバスだけを狙いたいという場合にはもうワンサイズ上、70cm以上のフレームをおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ゴールデンミーン『ガンナーネット Jr. (ディープタイプ)』

ゴールデンミーン『ガンナーネットJr.(ディープタイプ)』 ゴールデンミーン『ガンナーネットJr.(ディープタイプ)』 ゴールデンミーン『ガンナーネットJr.(ディープタイプ)』 ゴールデンミーン『ガンナーネットJr.(ディープタイプ)』

出典:Amazon

サイズ 枠サイズ:W0.45×H0.60m、網の深さ:0.60m
重量 850g

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ボートやエリアフィッシングに最適

魚との距離が近いフィールドでおすすめなのがこちら。シャフト長が585mm〜685mmという短い範囲で調整でき、足場から水面までが近いボートやエリアフィッシングに最適です。

またフレーム部分を首からたためるため、持ち運びやすく、足場のいいフィールドでのランガンにもマッチします。最短シャフト長なら、フックを追加加工することでウェーディング用のランディングネットとしても機能します。

フレームサイズは対象魚に合わせてガンナーシリーズから最適なサイズを選びましょう。「Jr.」のフレームサイズH600×W450mmは汎用性が高いため、大物の混ざるエリアフィッシングからランカーを想定したバス釣り、また五目釣りまで幅広く使いまわせます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイトウブク『ウェーディングゲーム アシストネット M』

ダイトウブク『ウェーディングゲームアシストネットM』 ダイトウブク『ウェーディングゲームアシストネットM』 ダイトウブク『ウェーディングゲームアシストネットM』

出典:Amazon

サイズ 枠サイズ:W0.44×H0.54m、網の深さ:-
重量 284g

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ウェーディングに最適

こちらはその名のとおりウェーディング(水の中に立って釣りをするスタイル)に最適なランディングネットです。ウェーディング用のランディングネットの選び方として、まずは軸(シャフト)の短さと、軽量性を優先順位で上位にします。ランディングする際、振り出すタイプのシャフトを短く使えばいいのでは? と想像する方もいるかもしれませんが、実際にはかなり困難です。

伸縮タイプの軸は基本高い足場から下に向かって使うため、重さで伸ばしながら、指でテンションをかけて調整します。しかしウェーディング時には海抜ほぼゼロメートルから軸を振り出すので、ネットの重さで伸ばすことが難しくなります。

通常軸は短くて構いませんが、極端にやわらかい竿を使っていたり、短い竿を使用していたりする場合には、40cm以上の軸が使いやすいというケースもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイワ『ワンタッチランディングネット スモール』

ダイワ『ワンタッチランディングネットスモール』 ダイワ『ワンタッチランディングネットスモール』 ダイワ『ワンタッチランディングネットスモール』

出典:Amazon

サイズ 枠サイズ:W0.23×H0.32m、網の深さ:0.23m
重量 130g

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

渓流や移動の多い小型魚種の釣りに

こちらは渓流魚や小型魚種に対応するフォールディングネット。フレーム部分を8の字に折り曲げるこで、コンパクト化を実現。ネット部分をポーチに収納して携帯できる特徴があります。

フレームはポーチから取り出すだけで元どおりの形状にもどるため、手返しの早い釣りで効率よく使用できます。対象魚がフレームサイズにマッチし、水面が近く、移動の多いあらゆる釣りに利用可能。渓流釣りやテンカラ、フライフィッシングのほか、中小型中心のエリアフィッシングにも向いています。

ランディングネットの関連商品2選|アウトドアライターが教える

アウトドアライターの夏野 栄さんにランディングネットに関連する商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アルファタックル『LANDING GEAR SHAFT 550』

アルファタックル『LANDINGGEARSHAFT550』

出典:Amazon

サイズ 全長:5.5m、仕舞:0.66m
重量 550g

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

足場が高い場所でのランガンスタイルに

足場が高いフィールドでの、ランガン用(移動とキャストを繰り返すスタイル)にバランスのいいランディングシャフトです。5.5mという全長は通常釣りができる多くの足場の高いフィールドをカバーします。

また仕舞寸の66cmは長すぎず短すぎず、背負って持ち運ぶのにちょうどいい長さです。短いほどいいという誤解もありますが、これ以上短くなると、背負いながら動いているなかで、ネットフレームが軸よりも重心が低くなり脱落する可能性が高くなります。

使える条件を満たしつつ、なかなかのコスパという点も魅力。ランディングフレームはターゲットの魚に合わせて選び、セットします。ランガンで使う場合には、必ずフレームとシャフトが折りたためるジョイントをはさんで使いましょう。

昌栄『フレックスアーム Ver.Ⅱ ロックタイプ』

昌栄『フレックスアームVer.Ⅱロックタイプ』 昌栄『フレックスアームVer.Ⅱロックタイプ』 昌栄『フレックスアームVer.Ⅱロックタイプ』 昌栄『フレックスアームVer.Ⅱロックタイプ』

出典:Amazon

サイズ -
重量 89g

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ランディングネットの必須アイテム

ランディングフレームとランディングシャフトを連結させ、折りたためるようにする道具です。タモを持ち歩き、移動するすべての釣りで現在では必需品ともいえる道具です。

ランディングネットを首部分から折りたためるようにすることで携帯性を高めてくれます。進化してロック機構がついたことで、未使用時にタモが開いてしまうトラブルも解消。バージョン2がさらに進化し、実釣に最適化されています。

「ランディングネット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
プロックス『アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付(PX83450)』
ゴールデンミーン『ガンナーネット Jr. (ディープタイプ)』
ダイトウブク『ウェーディングゲーム アシストネット M』
ダイワ『ワンタッチランディングネット スモール』
アルファタックル『LANDING GEAR SHAFT 550』
昌栄『フレックスアーム Ver.Ⅱ ロックタイプ』
商品名 プロックス『アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付(PX83450)』 ゴールデンミーン『ガンナーネット Jr. (ディープタイプ)』 ダイトウブク『ウェーディングゲーム アシストネット M』 ダイワ『ワンタッチランディングネット スモール』 アルファタックル『LANDING GEAR SHAFT 550』 昌栄『フレックスアーム Ver.Ⅱ ロックタイプ』
商品情報
特徴 ラバーネットつきの高コスパフレーム ボートやエリアフィッシングに最適 ウェーディングに最適 渓流や移動の多い小型魚種の釣りに 足場が高い場所でのランガンスタイルに ランディングネットの必須アイテム
サイズ 枠サイズ:W0.5×H0.65m、網の深さ:0.45m 枠サイズ:W0.45×H0.60m、網の深さ:0.60m 枠サイズ:W0.44×H0.54m、網の深さ:- 枠サイズ:W0.23×H0.32m、網の深さ:0.23m 全長:5.5m、仕舞:0.66m -
重量 - 850g 284g 130g 550g 89g
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月24日時点 での税込価格

通販サイトのランディングネットランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのランディングネットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:釣り用ランディングネットランキング
楽天市場:ランディングネットランキング
Yahoo!ショッピング:釣り タモ網、ランディングネットランキングランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターからのアドバイス|魚に合わせたフレームと足場に合わせた軸を選ぶ

作家/アウトドアライター

関連商品が多くリリースされている現在、ランディングネットは網の部分であるフレームとシャフト(軸)は別々に選ぶのが一般的です。また別々に選ぶことで、より自分の釣りに最適化したランディングネットを手にすることができます。そして釣りながら持ち運ぶ用途で使う場合には、フレームとシャフトの間に必ずジョイントをはさみ、折りたためるようにしてください。

実際にフィールドに持ち出せばわかりますが、フレームが60cmを超えるサイズになると、折りたためないランディングネットを持ち歩くことはなかなか困難です。ウェーディング用は軸が短いため例外で、腰の横に折りたたまずマウントすることもあります。フレームは対象魚に合わせて選び、シャフト(軸)を釣り場に合わせて選ぶことでぴったりなランディングネットが見つかります。いい釣りを!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


釣り用メジャ-おすすめ5選|折りたたみタイプもご紹介!

釣り用メジャ-おすすめ5選|折りたたみタイプもご紹介!

大物が釣れたら記録しておきたいと思うのはすべての釣り人に当てはまること。魚の大きさを測る手段にはいくつかありますが「長さ」は比較しやすい要素のひとつです。長さを測る道具といえばメジャーですが、釣り用メジャーはどのように選べばいいのでしょうか。メモリアルフィッシュの記録をしっかり残すために、釣り用メジャーの選び方とおすすめ商品を、釣りライターの中山一弘さんに聞いてみました。


海釣りルアーおすすめル11選|釣れいない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

海釣りルアーおすすめル11選|釣れいない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

堤防や磯、サーフ、沖など、海のどこでも楽しめるルアー釣り。定番のミノーからワームまで種類はさまざまで、初心者の方は何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、海釣りルアーの選び方やおすすめの商品についてうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


フローティングベストおすすめ12選|【シマノ・ダイワ】自動膨張タイプも

フローティングベストおすすめ12選|【シマノ・ダイワ】自動膨張タイプも

磯釣りなど海岸や水辺のアクティビティは常に落水の危険があります。その万が一に備えるためにフローティングベストの着用が義務化されている釣り場も増えています。ここでは、キャンプライターの中山一弘さんと編集部が選んだフローティングベストのおすすめ商品と選び方のポイントご紹介します。動画による解説もありますので、ぜひ参考にしてみてください。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ラバージグのおすすめ5選|水中での存在感抜群!【極めれば大きな武器に】

ラバージグのおすすめ5選|水中での存在感抜群!【極めれば大きな武器に】

ブラックバスフィッシングのなかでも、とても重要なルアーのひとつがラバージグです。ジグヘッドにスカートがついた形状で、どれも似たように見えますが、どれを選ぶのが正解なのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんにラバージグの選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。


タイラバのおすすめ10選|初心者必見釣りライターに聞くタイラバ入門!

タイラバのおすすめ10選|初心者必見釣りライターに聞くタイラバ入門!

タイラバはライトタックルを使って手軽に真鯛(マダイ)が釣れることから、近年流行している人気の釣り方です。遊漁船も増えていますから、これからはじめる方もたくさんいるでしょう。タイラバの種類やラインナップもどんどん増え続けていますが、最初は何を買ったらよいかまったくわからないケースも多いと思います。ロッドやリールラインなど基本タックルも気になりますよね。そこで釣りライターの中山一弘さんに、タイラバの選び方やコツ、おすすめ商品を解説してもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


新着記事


使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

使い道は無限大!? 『ニベアクリーム』肌馴染みの良い使用感と濃厚な保湿力を検証レビュー

顔や手足などの気になる肌の乾燥。様々な部分をしっとり保湿でき、かつリーズナブルに乾燥ケアができると嬉しいですよね。そんな方におすすめなのが、幅広い世代に愛され続けている花王の『ニベアクリーム』。しっとりとした保湿力と、やさしい使い心地が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証します。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

オールインワンでコスパも最強!『素肌しずく ゲルSa』時短ケアで心地よく潤う使用感を検証レビュー

毎日のスキンケア。しっかりと肌の保湿はしたいけれど、化粧水・乳液・クリームに美容液と、あれこれ重ねるスキンケアは時間もお金もかかってしまいますよね。とくに忙しい朝は、時短でしっとりと保湿ケアができると嬉しいもの。そんな方におすすめなのが、1つで5役の働きをしてくれる『素肌しずく ゲルSa』。オールインワンゲルなのでスキンケアを時短でき、コストカットにもなるのが魅力です。リーズナブルながらしっとりと潤いを閉じ込められる高コスパアイテムですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

『KANKONSOUSAI』ノートはとっても便利! 今更聞けない冠婚葬祭のマナーやルールもわかる!

結婚してから冠婚葬祭で家族以外の人と関わる機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。冠婚葬祭のイベントがあるたび、お金の包み方や包む金額、お返しのプレゼントはどうしようかと、頭を抱えてしまうこともありますよね。そんなときあると便利なのが、今回ご紹介する『KANKONSOUSAI』ノート。冠婚葬祭におけるいただき物や贈った物の品名や金額を記録できるのはもちろん、冠婚葬祭における正しいマナーやルールなども再確認できるので、いざというときに悩んだり困ったりすることが少なくなりますよ。今回は一家に1冊あると便利な『KANKONSOUSAI』ノートを実際に購入し、ノートの見た目や気になる中身を写真を交えながらご紹介します。


『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

ノートの金具にリングではなくディスクを使った、個性的でスタイリッシュな『FLEXNOTE』。自分にとって使いやすいか、リフィルがどんな感じなのか気になっている人もいるのではないでしょうか? また、『FLEXNOTE』の使い方や活用方法がイマイチわからないと悩んでいる人もいるはず。そこで、ここでは『FLEXNOTE』を実際に購入し、使ってみた様子を写真を交えながらお伝えします。レビューだけでなく、少しわかりづらい組み立て方や、使い方の実例も紹介しています。『FLEXNOTE』について気になっている人は、本記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

乾燥ケアに特化した美容液! 『アイムピンチ』とろみのある濃厚な保湿力を検証レビュー

肌が乾燥してカサついてしまったり、乾燥が原因で化粧のノリが悪いなどという、肌のお悩み。とくに冬場の季節は、いつも以上にしっかりと乾燥対策をしたいものですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥による肌のピンチにアプローチしてくれる『アイムピンチ』。とろみのある濃厚な美容液で、しっとりとした保湿力が魅力ですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に商品を使って特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る