PR(アフィリエイト)

フィッシングシューズおすすめ16選【磯・堤防・船釣りに】防水・おしゃれな靴も

フィッシングシューズおすすめ16選【磯・堤防・船釣りに】防水・おしゃれな靴も
フィッシングシューズおすすめ16選【磯・堤防・船釣りに】防水・おしゃれな靴も

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年10月30日に公開された記事です。

濡れて滑りやすい釣り場での転倒防止に欠かせないフィッシングシューズ。フィッシングブーツとも呼ばれます。

磯や堤防、テトラ、サーフ、船上、河川など、場所に応じて適した靴が変わります。ダイワやシマノをはじめ、ラジアル、フェルト、スパイクなどソールの違う商品が多数あります。

そこでこの記事ではフィッシングシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します。おしゃれなかっこいいモデルもピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介
ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

フィッシングシューズの選び方 濡れてすべりやすい釣り場での転倒防止に

フィッシングシューズとひと口にいっても種類はさまざま。安全かつ快適に釣りを楽しむためには、釣りのスタイルや釣り場の状況を考慮して適切なものを選ぶ必要があります。まずはどんな点に着目して選べばいいか、選び方のポイントについて見ていきましょう。

釣り場に合ったソールのタイプを選ぶ

どんな種類のソールを選ぶかも重要なポイントです。ソールタイプの違いによって滑りにくさや耐久性が変わってくるため、釣り場の状況に合うソールを選ばないと、転倒して思わぬケガにつながるおそれも。安全に釣りを楽しめるよう、ソールの種類ごとの特徴を理解しておくことが大切です。

足場のいいスポットで活躍するラジアルソールタイプ

 
双進『RIVALLEY COLLECTION RBB デッキシューズ(8854)』
双進『RIVALLEY COLLECTION RBB デッキシューズ(8854)』

通常の長靴に使用されるのとおなじゴム底のタイプ。接地面にこまかい溝が施されているものが多く、一般的なタウンユースの靴に比べ滑りにくいよう作られています

防波堤や船の上など、比較的足場のいいスポットで釣りをするならこちらで充分対応可能。ふつうの靴のように履けて歩きやすく、足への負担も少なく済みます。

渓流や川のなか、渓流釣りにはフェルトタイプ

 
LITTLE PRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』
LITTLE PRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』

フェルト素材を使用したソールは地面としっかり密着し、丸みのある岩の上や苔の生えたところでも滑りにくいのが特徴。渓流や川のなかを歩くとき、堤防釣りなどに適しています。

ただし、落ち葉のうえでは滑りやすいので山道などを歩くときは注意しましょう。また、フェルトは使っていくうちに摩耗してしまうので定期的な交換も必要になります。かんたんにフェルト交換できるものだと安心です。

滑りにくい磯場にはスパイクタイプ

 
DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(DL-2100K)』
DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(DL-2100K)』

靴底の複数の突起が地面をとらえ、すぐれたグリップ力を発揮。滑りやすい磯場などで重宝します。汚れも落としやすくお手入れもラクで、フェルトソールに比べて価格も手ごろで、初心者でも選びやすいソールです。

ただし、平坦な場所では引っかかりが少なく逆に滑りやすくなるので注意が必要。また、靴底にでっぱりがあるぶん、移動が多いとやや足が疲れやすくなるのも難点です。船上でもデッキをきずつける原因になるので使用は避けましょう。

高い安定性を求めるならフェルトスパイクタイプ

 
mazume(マズメ)『フェルトスパイクラバーブーツ(MZRB-429)』
mazume(マズメ)『フェルトスパイクラバーブーツ(MZRB-429)』

水に濡れている場所に強いフェルトソールに金属ピンを埋め込んだタイプです。ピンの効果で滑りにくさがさらにアップ。高い安定性を求めるときに頼りになります

おなじピンつきでも、凸凹が多い場所ではゴム底、濡れて苔の生えたなだらかな場所ならフェルトと使いわけるといいでしょう。

ポイントを変えるとき足に負担が少ない点も魅力。磯などの足場が悪い場所で、移動しながら釣りをするスタイルに適しています。

シューズタイプとブーツタイプから選ぶ

はじめに靴の種類による違いをおさえておきましょう。フィッシングシューズには大きくわけて「シューズタイプ」と「ブーツタイプ」の2種類があります。それぞれのメリット・デメリットをふまえて自分に合うものを選びましょう。

頻繁に釣り場を変えたり、船でデッキを歩き回るならシューズタイプ

 
DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ(DS-2350K-HV)』
DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ(DS-2350K-HV)』

シューズタイプは足を覆う面積が少ないのが特徴。動きやすさを求めるシーンで重宝します。いい釣り場を求めて頻繁にポイントを変える場合や、船釣りでもデッキの上を歩き回るときなどはシューズタイプを選ぶといいでしょう。

シューズの高さの違いも履き心地に影響します。足首までしっかりホールドできるハイカットは、フィット感を重視したいときにぴったり。一方、暑い時期の蒸れにくさやフットワークの軽さを求めるならローカットのほうが向いています。

川など水中に入るならブーツタイプ

 
SHIMANO(シマノ)『スーパーサーマルデッキブーツ(FB-067R)』
SHIMANO(シマノ)『スーパーサーマルデッキブーツ(FB-067R)』

川など水中に入って釣りをするときや、水しぶきがかかる岩場で活躍するのがブーツタイプ。シューズタイプに比べて機動力は劣りますが、靴のなかが濡れる心配が少なく、水たまりも気にせず歩くことができます。

夏場だと暑く蒸れやすいのが難点ですが、寒い時期に釣りをするときの防寒にも便利。ただし、厚手の靴下を履く場合はサイズに注意が必要です。窮屈で足元がストレスにならないよう、若干大きめサイズを選んでおくといいでしょう。

機能面をチェック

釣り場の状況やスタイルに合う形状・ソールを選んだら、つぎは機能面にも目を向けましょう。機能面の差は快適さを大きく左右します。足元のストレスを減らして思いきり釣りを楽しめるよう、しっかりチェックしておきましょう。

軽さで選ぶ

 
Columbia(コロンビア)『セイバー4ロウ アウトドライ(YL7462)』
Columbia(コロンビア)『セイバー4ロウ アウトドライ(YL7462)』

フットウェアが重いと、どうしても足が疲れやすくなります。とくに、移動が多くなる場合は靴の重さが大きな負担に。また、水のなかに入っていく渓流釣りでも靴が水分を含んで重さが増すので、軽さは外せないポイントです。

フィッシングシューズの重さはタイプにも影響されますが、条件に合うもののなかから軽量なものを選んで履くといいでしょう。

通気性がいいと快適

 
SHIMANO(シマノ)『XEFO・ ドライシールド・ジオロック・ カットラバーピンフェルト シューズ(FS-256Q)』
SHIMANO(シマノ)『XEFO・ ドライシールド・ジオロック・ カットラバーピンフェルト シューズ(FS-256Q)』

たとえ水がかかりにくい釣り場でも、釣りをする以上は水濡れの心配はつねにつきまといます。シューズ内が湿った状態が続くと、不快で釣りの楽しさも半減。寒い時期だと足元が冷えて体力を奪う原因にもなります。

完全防水のブーツなどで水の浸入を防ぐのも効果的ですが、通気性のよいものを選ぶのもひとつの手段。アッパーやインソールに速乾性が高い素材が使われたものなら、濡れても乾きやすく快適さを保つことができます。また、靴のなかにたまった水を排水する水抜き穴があるものも便利です。

フィッシングシューズおすすめ16選

ここからはフィッシングシューズおすすめ商品をご紹介してきます。解説した選び方のポイントを参考に、自分の釣りのスタイルに合う気になるアイテムを見つけてみてくださいね!

DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』

DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』
出典:Amazon この商品を見るview item

堤防釣りにピッタリのスパイクソール&シューズ型

EVAミッドソールにより優れた屈伸性とクッション性に加えて、全体を軽量に仕上げている点がポイント!アウトソールにはスパイクが埋め込まれているためグリップ力がありますが、普通のシューズのように機動力が良く、移動が多くても疲れにくい点が特徴です。

3Dニットによる伸縮性でアッパー部分にフィット感があり、オープンセル構造のインソールで通気性も良く、暑い時期や水濡れが気になる時でも快適です。歩きやすさ重視の方におすすめです。

ソール 新型キュービックスパイクソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

ソール 新型キュービックスパイクソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣り DS-2680-H (スパイクフェルト) 』

DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣りDS-2680-H(スパイクフェルト)』
出典:Amazon この商品を見るview item

柔軟で頑丈、機能性に富んだシューズ

軽さと柔軟さ、機能性を兼ねたフィッシングシューズです。柔軟性のあるハイカットは、足首の動きを自由にし、普通に走ったり、歩くような感覚で釣り場を歩けます。また、ソールには有名スポーツメーカーも使用するオーソライトインソールに、ノンスリップ加工を施したものを採用。地面をしっかりとグリップしながら、足の内部のずれを防ぎつつ、長時間の使用による疲労も軽減させてくれます。

ソール -
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 あり
重量 -

ソール -
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 あり
重量 -

エキスパートのおすすめ

DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』

DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』
出典:Amazon この商品を見るview item
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家:荒井 裕介

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

防波堤での釣りならダイワ『ニットフィッシングシューズ』がおすすめです。スニーカー感覚で履けて足元の野暮ったさを感じさせないデザインがポイント。

一見、アウトドアシューズのようなソールがゴツメのスニーカーで、グリップ力のあるソールに10本ピンスパイクが装着されているので機能も充分です。

ニット素材が創出する高い機動力!

アッパーに伸縮性に富んだ3Dニットを使用。足をしっかりホールドしつつ、動きに合わせてよく屈曲してくれるため軽快に動くことができます。軽量で足への負担も少なく、移動が多い釣りスタイルの人の強い味方になってくれるでしょう。

立体構造のハイグリップソールに、さらに片足ずつ10本のピンを埋め込み滑りやすいフィールドにも対応。幅広い釣り場でマルチに活躍してくれますよ。

ソール スパイク
シューズの種類 シューズタイプ
通気性 あり(メッシュ)
重量 -

ソール スパイク
シューズの種類 シューズタイプ
通気性 あり(メッシュ)
重量 -

DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ (スパイクフェルト)』

DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ(スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ(スパイクフェルト)』
出典:Amazon この商品を見るview item

過酷な磯釣りもこれで大丈夫

靴の上部全体に、耐久性のあるコーデュラ素材を採用。引裂き、摩擦、摩耗から足をガードしてくれます。つま先やかかと部分を衝撃から防ぐカップソールも採用し、過酷な磯釣りでも安心してフィッシングを楽しめます。もちろん防水設計も施しており、足の中もドライに保てます。また、シューズ自体の軽量化も追求。足首をミドルカットにして、歩きやすい設計にしています。

ソール -
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

ソール -
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

DAIWA(ダイワ)『ラジアルデッキサンダル』

DAIWA(ダイワ)『ラジアルデッキサンダル』 DAIWA(ダイワ)『ラジアルデッキサンダル』 DAIWA(ダイワ)『ラジアルデッキサンダル』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

揺れる船でも安定する2WAYデッキシューズ

波状のオリジナルラバーソールが生み出すグリップ力により、揺れ動く船上でもピタリと停止ができ、狙ったポイントで釣りを楽しむことができるデッキシューズです。足の甲にまんべんなく取り付けられたエアホールから蒸れを効果的に逃がすため、足元が濡れる船上でも快適に過ごせます。

また、くるぶしのベルトは位置を変えられる2WAY仕様なので、気軽に履きたい時にはサンダルに、足元を固めたい時にはシューズにと、状況に応じてスタイルを変えられる点も便利です。

ソール ラジアルデッキソール
シューズの種類 サンダルタイプ
通気性 あり
重量 -

ソール ラジアルデッキソール
シューズの種類 サンダルタイプ
通気性 あり
重量 -

SHIMANO(シマノ)『フィッシング シューズ GORE-TEX』

SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズGORE-TEX』
出典:Amazon この商品を見るview item

過酷な環境でも使えるシューズ

激しい雨風を耐える防水性や耐久性、防風性を持つゴアテックス素材を採用したフィッシングシューズです。透湿性にも優れているため、雨天での長時間使用も快適にしてくれます。さらに、すり減ったソールを簡単に交換し、シューズのグリップ力を維持できるジオロックを搭載。船上から磯まで状況に応じてソールを換装することもできるため、様々な環境での釣りをこの一足で楽しめます。

ソール -
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

ソール -
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

SHIMANO(シマノ)『フィッシング ボートフィットシューズ』

揺れる船の上でも快適に使用できる

船上でのフィッシングを快適にしてくれるシューズです。耐滑性が高く、柔軟に屈曲するラバーを使用した、フラットな形状のデッキラジアルソールは濡れた船上でしっかりと密着し、高いグリップ力を発揮してくれます。また、アッパーには防水性の高い生地を使用したことで、汚れに強く、不快な浸水もガードしてくれます。船上での脱ぎ履きもワンアクションで簡単に行える点も魅力的です。

ソール -
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

ソール -
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

SHIMANO(シマノ)『フィッシング シューズ ドライライトシューズ』

SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズドライライトシューズ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズドライライトシューズ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズドライライトシューズ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズドライライトシューズ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシングシューズドライライトシューズ』
出典:Amazon この商品を見るview item

快適なフィッシングを行いたい方に

こちらは、不快な雨や水しぶきを防ぎ、汗によるムレを軽減し、快適なフィッシングをサポートしてくれるシューズです。また、ソールにはクッション性が高く、軽量な素材を使っており、疲れにくくなっています。さらに、耐滑素材を靴底に採用しているため、様々なシチュエーションのフィッシングにも対応しています。

ソール -
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

ソール -
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

SHIMANO(シマノ)『ジオロックシューズ』

SHIMANO(シマノ)『ジオロックシューズ』 SHIMANO(シマノ)『ジオロックシューズ』 SHIMANO(シマノ)『ジオロックシューズ』
出典:Amazon この商品を見るview item

フェルトスパイク&ゴムで磯・テトラの上でも安定!

岩場やテトラなど足場が悪い場所でも、しっかりと地面をグリップしてくれるフェルトスパイクタイプのシューズです。アウトソールにはフェルトソールに加えて、ゴムとピン両方を取り付けることで、凹凸が多い場所にも、苔の生えたなだらかな場所にも対応できるようになっています。

アッパー部分には汚れを落としやすい合成素材を採用しており、お手入れも簡単です。ちなみに摩耗したソールは別売り品と交換することができるので、手入れ次第で長く愛用できますよ。

ソール ジオロック・カットラバーピンフェルトソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 なし
重量 -

ソール ジオロック・カットラバーピンフェルトソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 なし
重量 -

SHIMANO(シマノ)『EVAIR マリンフィッシングシューズ』

SHIMANO(シマノ)『EVAIRマリンフィッシングシューズ』 SHIMANO(シマノ)『EVAIRマリンフィッシングシューズ』 SHIMANO(シマノ)『EVAIRマリンフィッシングシューズ』 SHIMANO(シマノ)『EVAIRマリンフィッシングシューズ』 SHIMANO(シマノ)『EVAIRマリンフィッシングシューズ』 SHIMANO(シマノ)『EVAIRマリンフィッシングシューズ』
出典:Amazon この商品を見るview item

濡れたデッキでも抜群のグリップ力で支えます

靴のサイドからかかとに至るまで、アッパー部に施されたビッグホールにより靴内部の蒸れを効果的に排出してくれる、通気性に優れたシューズです。アウトソールには濡れに強くグリップ力の優れた材質を使用しているので、濡れた甲板でも安定して支えてくれます。

面ファスナーベルトを採用しており、サンダルとまではいきませんがスピーディーに着脱することが可能。釣りだけではなく暑さの気になる季節や普段使いでも十分活躍してくれるでしょう。

ソール ラバーソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

ソール ラバーソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』

MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』 MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』 MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』 MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』 MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』 MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』
出典:Amazon この商品を見るview item

滑りやすい磯場・テトラを攻略するならこの1足!

ステンレスピンの2倍強の硬度を誇るタングステン製のピンを、まんべんなくフェルト製アウトソールに埋め込むことで、海藻や藻が気になる磯場でも優れたグリップ力を発揮。加えてアッパー部分には、水はけの良いメッシュ生地を重ねることで、水しぶきが気になる岩場でも快適です。

このシューズは縫製部分のほつれや水の侵入を防ぐため、大部分を無縫製で仕上げられている点も特徴。ハードな使い方が想定されるからこそ、細部まで光るメーカーの気配りが感じられます。

ソール フェルトスパイクソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

ソール フェルトスパイクソール
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり
重量 -

PROMARINE(プロマリン)『FSA103 スパイクシューズ ハイカット』

コスパと機能面を両立したシューズ

こちらは磯場用のスパイクシューズです。滑りやすい磯場でも快適に使用できるようにスパイクを安定させ、長く履いても疲れない履き心地を実現させています。靴自体もタフな作りになっており、履いていると安心できます。なによりもコストパフォーマンスに優れているのも嬉しいポイント。磯場の釣りに挑戦したいけど、何を買えば良いのかわからないという方におすすめな商品です。

ソール -
シューズの種類 スパイクタイプ
通気性 -
重量 -

ソール -
シューズの種類 スパイクタイプ
通気性 -
重量 -

LITTLE PRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』

LITTLEPRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』 LITTLEPRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』 LITTLEPRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』 LITTLEPRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』 LITTLEPRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』 LITTLEPRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』 LITTLEPRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』
出典:Amazon この商品を見るview item

山岳渓流に! 軽量設計のウェーディングシューズ

渓流釣りでは険しい山道を進むことも。岩場を登ったり壁をへばりつくように進むときも、やや細めで柔軟性に富んだフェルトソールが地面をがっちりととらえて足元を支えてくれます。デザインもおしゃれで、気分も上がりそうですね。

軽量設計で足に負担が少ないのも魅力。水を吸っても重くなりすぎず、軽快に動きまわることができるでしょう。

ソール フェルト
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

ソール フェルト
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウ アウトドライ』

Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウアウトドライ』 Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウアウトドライ』 Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウアウトドライ』 Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウアウトドライ』 Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウアウトドライ』
出典:Amazon この商品を見るview item

釣りも楽しめるレディース用トレッキングシューズ

水の侵入をシャットアウトしつつ内部の蒸れを抑えてくれるので、釣りにももってこいのアイテムです。釣りをはじめアウトドア用に一足持っていると重宝するでしょう。

グリップ効果の高いソールパターンが安定した歩行をサポート。ミッドソールはクッション性があり軽量で、長時間履いていても疲れにくく、思い切り釣りを満喫できますよ。

ソール ラジアル
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり(メッシュ)
重量 約716g

ソール ラジアル
シューズの種類 スニーカータイプ
通気性 あり(メッシュ)
重量 約716g

阪神素地『FX-902 フェルトスパイクシューズ ハイカットモデル』

阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』 阪神素地『FX-902フェルトスパイクシューズハイカットモデル』
出典:Amazon この商品を見るview item

入門者にも! お手ごろ価格のフィッシングシューズ

濡れて滑りやすい場所で頼りになるピンつきフェルトソールのシューズが手ごろな価格で手にはいります。防水ではないのでウェーディングシューズとしては使えませんが、これなら入門者でも気軽に試すことができますね。

足首部分をマジックテープのベルトで固定する仕様のため、締め具合の調整もでき安定感もばっちり。サイドファスナーつきで着脱もスムーズです。

ソール フェルトスパイク
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

ソール フェルトスパイク
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

Caravan(キャラバン)『KR-3XF』

Caravan(キャラバン)『KR-3XF』 Caravan(キャラバン)『KR-3XF』 Caravan(キャラバン)『KR-3XF』 Caravan(キャラバン)『KR-3XF』 Caravan(キャラバン)『KR-3XF』
出典:Amazon この商品を見るview item

渓流釣り初心者さんでも快適に歩けます!

苔が気になる場所でもフェルトソールがしっかりグリップしてくれるため、沢登りや渓流釣りに活躍するシューズです。足回りはゆとりを持った2Eラストで、かかとにも丸みを持たせている点がポイント。沢登り用の厚みのある靴下の上で、ちょうど良い履き心地になります。

大きめのベロ部や締め付けの少ないシューレースなど、山歩きに慣れていない方でも扱いやすい構造に加えて、試しやすい価格に抑えられており「最初の一足」をお探しの方にはピッタリです。

ソール フェルトソール
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

ソール フェルトソール
シューズの種類 ハイカットタイプ
通気性 -
重量 -

「フィッシングシューズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』
DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣り DS-2680-H (スパイクフェルト) 』
DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』
DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ (スパイクフェルト)』
DAIWA(ダイワ)『ラジアルデッキサンダル』
SHIMANO(シマノ)『フィッシング シューズ GORE-TEX』
SHIMANO(シマノ)『フィッシング ボートフィットシューズ』
SHIMANO(シマノ)『フィッシング シューズ ドライライトシューズ』
SHIMANO(シマノ)『ジオロックシューズ』
SHIMANO(シマノ)『EVAIR マリンフィッシングシューズ』
MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』
PROMARINE(プロマリン)『FSA103 スパイクシューズ ハイカット』
LITTLE PRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』
Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウ アウトドライ』
阪神素地『FX-902 フェルトスパイクシューズ ハイカットモデル』
Caravan(キャラバン)『KR-3XF』
商品名 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ(堤防モデル)』 DAIWA(ダイワ)『シューズ/釣り DS-2680-H (スパイクフェルト) 』 DAIWA(ダイワ)『ニットフィッシングシューズ』 DAIWA(ダイワ)『フィッシングシューズ (スパイクフェルト)』 DAIWA(ダイワ)『ラジアルデッキサンダル』 SHIMANO(シマノ)『フィッシング シューズ GORE-TEX』 SHIMANO(シマノ)『フィッシング ボートフィットシューズ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシング シューズ ドライライトシューズ』 SHIMANO(シマノ)『ジオロックシューズ』 SHIMANO(シマノ)『EVAIR マリンフィッシングシューズ』 MAZUME(マズメ)『フェルトスパイクシューズ』 PROMARINE(プロマリン)『FSA103 スパイクシューズ ハイカット』 LITTLE PRESENTS(リトルプレゼンツ)『ライトウエイトWDシューズ(SH-04)』 Columbia(コロンビア)『セイバー5ロウ アウトドライ』 阪神素地『FX-902 フェルトスパイクシューズ ハイカットモデル』 Caravan(キャラバン)『KR-3XF』
商品情報
特徴 堤防釣りにピッタリのスパイクソール&シューズ型 柔軟で頑丈、機能性に富んだシューズ ニット素材が創出する高い機動力! 過酷な磯釣りもこれで大丈夫 揺れる船でも安定する2WAYデッキシューズ 過酷な環境でも使えるシューズ 揺れる船の上でも快適に使用できる 快適なフィッシングを行いたい方に フェルトスパイク&ゴムで磯・テトラの上でも安定! 濡れたデッキでも抜群のグリップ力で支えます 滑りやすい磯場・テトラを攻略するならこの1足! コスパと機能面を両立したシューズ 山岳渓流に! 軽量設計のウェーディングシューズ 釣りも楽しめるレディース用トレッキングシューズ 入門者にも! お手ごろ価格のフィッシングシューズ 渓流釣り初心者さんでも快適に歩けます!
ソール 新型キュービックスパイクソール - スパイク - ラジアルデッキソール - - - ジオロック・カットラバーピンフェルトソール ラバーソール フェルトスパイクソール - フェルト ラジアル フェルトスパイク フェルトソール
シューズの種類 スニーカータイプ ハイカットタイプ シューズタイプ スニーカータイプ サンダルタイプ ハイカットタイプ ハイカットタイプ スニーカータイプ スニーカータイプ スニーカータイプ スニーカータイプ スパイクタイプ ハイカットタイプ スニーカータイプ ハイカットタイプ ハイカットタイプ
通気性 あり あり あり(メッシュ) あり あり - - あり なし あり あり - - あり(メッシュ) - -
重量 - - - - - - - - - - - - - 約716g - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フィッシングシューズの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのフィッシングシューズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィッシングシューズランキング
楽天市場:フィッシングシューズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

エキスパートからのアドバイス 釣りのフィールドにあわせて

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家:荒井 裕介

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

フィッシングシューズを選ぶときのポイントは自分のフィールドを理解することが大切です。滑らないものがいいですが、コケ、岩、船、草、テトラなどさまざまなシーンに一足で対応するのは不可能。目的に応じて足首を保護できるものや脱着が容易なものなどの選択をしましょう。

スパイクの有無にも注目して船などをきずつけないような配慮も必要です。長時間着用する場合は蒸れ対策もしっかり考えて選ぶと足のトラブルも防げます。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button