フライラインのおすすめ8選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

フライラインのおすすめ8選!美しいループづくりはライン選びとメンテナンス

さから人気を集めている釣りです。小さな毛ばりを遠くに届けるためのフライキャスティングは、フライラインがループを描きながら伸びていく独特の美しさがあります。そんなキャスティングを決めるにはライン選びがとても重要。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

◆本記事の公開は、2019年08月27日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

フライラインの選び方 釣りライターがおすすめする

ルアーを持つ手
Pixabayのロゴ

ラインの重さでフライを遠くへ届けるフライライン。上手に選んでもっと自在に。

釣りライターの中山一弘さんに、フライラインを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

フローティング(F)かシンキング(S)か

キャンプ/釣りライター

フライラインには水面に浮くフローティング(F)タイプと、沈むシンキング(S)タイプがあります。

使うフライが水面に浮くドライフライならフローティングラインを選ぶ必要があります。湖などの止水フィールドでは魚が回遊している層を狙う必要があるため、ラインをそのものを沈めるシンキングラインを使います。

シンキングラインには水面近くを狙う「インターミディエイト」から、「type1」、「type2」、「type3」があり、徐々に深い層まで探れるようになっています。

シンキングラインを沈める深さはその日の状況に合わせる必要があるので、複数必要になることもあります。事前にフィールドの傾向などを調べておきましょう。

フローティングタイプは基本のタイプ

 

フローティングラインはフライフィッシングを始める人におすすめのフライラインです。製品ではFという記号が表記されているので確認してみましょう。フローティングラインは水に浮く製品なのでラインの位置が見えやすくなっています。

ラインが水に浮いていると魚がフライに食いつくのが確認しやすく、合わせなどもしやすいでしょう。

シンキングタイプは深さのある場所で使う

フライフィッシングのコイル
Pixabayのロゴ

フライフィッシングではコイルを使います。

フライラインで水に沈むタイプはシンキングラインとなります。Sと表示される製品で沈むスピードを変化させることもできて、タイプも多く分かれています。数でタイプは分かれているので選びやすいでしょう。

釣りをする場所の水深がどれくらいあるかで使うタイプを考えましょう。早めにラインを沈められると魚にもストレスを与えず、合わせなどもしやすいでしょう。

番手や重さはロッドに合わせる

フライラインの番手と重さは選ぶときのポイントです。番手というのは#0~#15まで番号があり、重さの違いを表しています。使用しているフライロッドや釣りをする場所などで番手を選びましょう。

番手の数が大きくなるほどに遠くまで投げやすい重さになっています。海などで使うときには大きな数字の番手がおすすめです。

DT(ダブルテーパー)かWF(ウエイトフォワード)か

 

プロフライフィッシャーである岩井渓一郎氏の経験を分析して辿り着いた、ヤマメ専用のオリジナルテーパーデザイン。さまざまなテクニックを再現でき、ラインを自由自在に操れます。

キャンプ/釣りライター

フライラインはラインの重さでフライを遠くへ届けます。重さが均等で、ラインの両端が徐々に細くなる「DT(ダブルテーパー)」と、重さが先端付近に集中し、後半がランニングラインに分かれている「WF(ウエイトフォワード)」があります。

DTは飛距離は出ませんが近距離のコントロール性能がよい特長があり、ラインを裏返せばもう一度新品として使えるメリットもあります。WFはウエイトが乗せやすいので飛距離が出しやすく、キャスティングが覚えやすい特長があります。

渓流や小規模なポンド型の管理釣場がメインならDT。大型河川や湖、大規模な管理釣場が多ければWFといった具合に使い分けましょう。

ダブルテーパーは渓流釣りにおすすめ

渓流釣り フライフィッシング
Pixabayのロゴ

ダブルテーパーは渓流釣りがしやすい

DTと表示されているのはダブルテーパーというフライラインになります。飛距離は短めでイワナなどを釣る渓流釣りに使うとよいタイプです。左右の両端が細くなっているのが特徴になっています。

両端にテーパーがついているために片方の端が使えなくなっても逆側にして使用できるので2回使えるコストパフォーマンスの高い製品です。はじめてフライフィッシングする人もかんたんに使えるでしょう。

ウェイトフォワードは遠くまで投げやすい

リールフライ コイル
Pixabayのロゴ

コイルを使ってフライフィッシングをする

湖や幅広の川でフライフィッシングを楽しむ場合にはウェイトフォワードのフライラインを選んでみましょう。表記はWFとなります。ラインの先から9メートルくらいまで太く設定されているので重さがあります。

ラインが重くなっていると飛ばす距離が長くなります。フライフィッシングが慣れてきた人は挑戦してみましょう。

シューティングテーパーは飛ばすための製品

海 フライフィッシング
Pixabayのロゴ

海でもフライフィッシングは楽しめる

シューティングテーパーのフライラインは海など広い場所で長い距離でラインを飛ばしたいときに使いやすいです。STという記号で表示されています。長さとしては10mくらいに設定されていて、ランニングラインと一緒に使います。

キャスティングは独特な部分があるので、初心者よりもラインの使い方に慣れている中・上級者が使うとよいでしょう。

カラーの選び方

フライラインはカラーがいろいろとあります。位置が見えやすいラインはオレンジやイエローなどがよいでしょう。フローティングラインは水にも浮くので明るい色と合わせるとよく見えるでしょう。

グレーやグリーンなどの色は魚が気付きにくい色とされているので水に沈むシンキングタイプを合わせると魚の警戒心を解くことができるでしょう。

番手は狙いたい魚種と釣り場に合わせる

キャンプ/釣りライター

フライラインには番手というものがあり、小さい数値の番手ほどラインが軽く、大きいほど重くなります。

小さい番手は小さな釣場、大きな番手は大きな釣場に向いています。一般的には2~4番が渓流、5~6番が管理釣場、5~8番が湖用となります。

これとは別に小さな釣場でも大きなフライを使いたいときがありますが、その場合はフライラインの番手を上げる必要があります。自分がよく行くフィールドに合わせて、適切な番手を選んでください。

飛距離重視ならスペイ、スカジットキャストも

 

より力強く遠距離へとスカジットキャストを行うため、ダクロンのブレイデッドラインを採用。コストを抑えたボディのみの設計のため、使用にはティップやランニングラインなどをそろえましょう。

キャンプ/釣りライター

シングルハンドの飛距離だけでは不足する場合、ダブルハンドロッドでより遠くを狙えるスペイキャスティングやスカジットキャストも活用できます。

それぞれ専用タックルが必要になる、ややマニアックな釣りですが、キャストにバックスペースが不要なため、釣場を一気に広げることもできます。基本のフライキャスティングをマスターしたら、チャレンジしてみるのもおもしろいですよ。

フライラインのおすすめ8選 人気定番のバリバスやコスパ最強ラインなど!

上で紹介したフライラインの上手な選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ スープラ Jストリーム DTT DWF2F』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

ティムコが日本のアングラーのために開発したライン

やわらかなプレゼンテーションを可能にする重量配分で、絶妙にコントロールしやすいラインです。

渓流でフライラインを振っていると、いつの間にかティップ(先端)が水面下に入ってしまっていることがあるのですが、この製品は独自のDTT技術(ドライティップテクノロジー)による抜群の浮力でそれを軽減できます。

また、こちらのDWFはDT(ダブルテーパー)とWF(ウェイトフォワード)のいいとこどりのシステムとなっており、WFなのに裏返して使うことができるので大変お得ですよ。

エキスパートのおすすめ

river peak『スカジットシューティングヘッド フライライン RP-SG-350GRHB』

リバーピーク(riverpeak)フライラインスカジットシューティングヘッド17FT5.18m200グレイン12.9gFRP-SG-200GRHB リバーピーク(riverpeak)フライラインスカジットシューティングヘッド17FT5.18m200グレイン12.9gFRP-SG-200GRHB リバーピーク(riverpeak)フライラインスカジットシューティングヘッド17FT5.18m200グレイン12.9gFRP-SG-200GRHB
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

コスパにすぐれたシューティングヘッド

遠くへ飛ばせるということは、それだけ魚との出会いのチャンスが広がることに直結します。そのために必須のシューティングヘッドを抑えめ価格で提供しているコストパフォーマンスモデルがこちらです。

実際の使用には、これにティップとランニングラインなどが必要になりますので、詳しくはメーカーサイトを参照してください。スカジットキャスト初挑戦のアングラーを応援してくれるフライラインです。

ロータス『ウェイトフォワード フローティング(Lt-wf)』

LOTUS(ロータス)フライラインウェイトフォワードフローティング100FT(30.5m)【WF-1FWF-2FWF-3FWF-4FWF-5FWF-6FWF-7FWF-8F】(TealBlue,WF-3F) LOTUS(ロータス)フライラインウェイトフォワードフローティング100FT(30.5m)【WF-1FWF-2FWF-3FWF-4FWF-5FWF-6FWF-7FWF-8F】(TealBlue,WF-3F) LOTUS(ロータス)フライラインウェイトフォワードフローティング100FT(30.5m)【WF-1FWF-2FWF-3FWF-4FWF-5FWF-6FWF-7FWF-8F】(TealBlue,WF-3F) LOTUS(ロータス)フライラインウェイトフォワードフローティング100FT(30.5m)【WF-1FWF-2FWF-3FWF-4FWF-5FWF-6FWF-7FWF-8F】(TealBlue,WF-3F) LOTUS(ロータス)フライラインウェイトフォワードフローティング100FT(30.5m)【WF-1FWF-2FWF-3FWF-4FWF-5FWF-6FWF-7FWF-8F】(TealBlue,WF-3F)
出典:Amazon この商品を見るview item

初心者から上級者まで大満足!

ロータスの「Autenticシリーズ」は、初心者から上級者まで満足できるフライラインの定番です。コーティングはPVCで、適度な柔軟性によりラインの滑りがよく、キャスト後の操作がしやすくなっています。コアはフロロカーボンのブレイドで、ターンオーバー性能を強く生み、キャストの時の直進性がさらにアップ

テーパードウェイトコントロールにより、あらゆるコンディションでも正確な安定したキャスト、飛距離を実現します。低伸縮コアにより、魚のアタリやフィールドの状況がアングラーの手にしっかり伝わる、おすすめのラインです。

エキスパートのおすすめ

モーリス『バリバス エアーズ プロスペック ヤマメバージョン [ダブルテーパー] DT4』

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

日本の中流から渓流にマッチしたフライライン

VARIVAS(バリバス)の『エアーズ プロスペック』はもともと高い浮力と滑りのよさでとても扱いやすいラインでしたが、こちらはその特徴はそのままに有名フライマン・岩井渓一郎氏のアドバイスで完成した、ヤマメ専用のオリジナルテーパーを採用した製品になります。

近距離から中距離で狙ったピンスポットにフライを打ち込むために、さまざまなテクニックを高次元で再現できる操作性の高さが魅力です。初心者にも扱いやすいですから、ラインに困ったらこれを使ってみてください。

ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ スープラ エクスプレス フローティング』

ティムコ(TIEMCO)SAスープラEXPフローティングWF4/5Fオレンジ137621 ティムコ(TIEMCO)SAスープラEXPフローティングWF4/5Fオレンジ137621 ティムコ(TIEMCO)SAスープラEXPフローティングWF4/5Fオレンジ137621
出典:Amazon この商品を見るview item

すばやいロードとキャストアウトが可能!

1969年に創業した日本のフィッシング・アウトドアメーカー「TIEMCO」の製品です。『スープラ エクスプレス フローティング』は、さまざまなニーズに応えるために開発されました。スカンジナビア系ラインをベースに改良したテーパー、従来のシングルハンドロッドに合うよう設定したウエイトになっています。

ウエイトポイントを6~8mに設定することで、すばやいロードやキャストアウトが可能です。カラーをリアテーバーのみ変更しているので、キャスティングスタイルに合った「スィートスポット」が選べます。

ゴチュール『ANGLERBASICS ウェイトフォワード フローティング  フライライン』

Anglerbasicsフライラインフローティングフィッシング渓流ウェイトフォワード溶接ループ付きモスグリーンWF-7F Anglerbasicsフライラインフローティングフィッシング渓流ウェイトフォワード溶接ループ付きモスグリーンWF-7F Anglerbasicsフライラインフローティングフィッシング渓流ウェイトフォワード溶接ループ付きモスグリーンWF-7F Anglerbasicsフライラインフローティングフィッシング渓流ウェイトフォワード溶接ループ付きモスグリーンWF-7F Anglerbasicsフライラインフローティングフィッシング渓流ウェイトフォワード溶接ループ付きモスグリーンWF-7F Anglerbasicsフライラインフローティングフィッシング渓流ウェイトフォワード溶接ループ付きモスグリーンWF-7F Anglerbasicsフライラインフローティングフィッシング渓流ウェイトフォワード溶接ループ付きモスグリーンWF-7F
出典:Amazon この商品を見るview item

風の影響を受けにくく初心者におすすめ!

ロッドやリールなど、さまざまなアイテムを釣り扱っているメーカー「GOTURE」の製品です。フロント側が重くなるように設計されており、スムーズなプレゼンテーション、キャスト、コントロールが簡単になるので、初心者にもおすすめ

明るいカラーで視認性がよく、また、極細の直径で風の影響が受けにくくなっています。適度な重量のラインなので、より広いレンジが攻められますよ。巻き癖がつきにくい適度な柔軟性のラインで、滑りがいいので楽にキャスティングできます。ニンフフィッシング、ドライフライフィッシング、ウエットフィッシングなどの釣りにも対応可能です。

ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ フリークエンシィ シンキング』

シンクレートが簡素化されたフルシンキングライン

「フリークエンシィシリーズ」のフルシンキングラインです。ヘッドとランニングライン部分が同じシンクレートになっており、リトリープに特におすすめ。コアはモノフィラメントなので、ブレイデットよりもよく沈み、さらに深くトレースできます

タイプ6は、ボートや防波堤からのカマス釣に最適です。シンクレートは3タイプ(タイプ3、タイプ6、インターミディエイト)、ラインカラーはタイプ別に、ダークグリーン、ダークグレー、アトモスフィアの3色展開しています。

コートランド『CLASSIC SERIES 444 ピーチ(403031)』

CORTLAND(コートランド)ライン444クラシックPEACHWF3F CORTLAND(コートランド)ライン444クラシックPEACHWF3F CORTLAND(コートランド)ライン444クラシックPEACHWF3F
出典:Amazon この商品を見るview item

オールラウンドに使える!耐久性に定評のあるライン

「444 ピーチ」は、長年にわたり親しまれている、定番のベーシックラインです。片方の端には、溶着ループ(ウェルデッド・ループ)がついています。耐久性は高い評価を得ており、オールラウンドに使えるので、大変便利です。

巻き癖がつきにくいので、大変使いやすくおすすめですよ。寒冷な環境でも柔らかさを失わないよう、コアにはブレイデッド・ナイロン・マルチフィラメントが使用されていて、水温マイナス1℃~20℃程度に適しています

「フライライン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ スープラ Jストリーム DTT DWF2F』
river peak『スカジットシューティングヘッド フライライン RP-SG-350GRHB』
ロータス『ウェイトフォワード フローティング(Lt-wf)』
モーリス『バリバス エアーズ プロスペック ヤマメバージョン [ダブルテーパー] DT4』
ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ スープラ エクスプレス フローティング』
ゴチュール『ANGLERBASICS ウェイトフォワード フローティング  フライライン』
ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ フリークエンシィ シンキング』
コートランド『CLASSIC SERIES 444 ピーチ(403031)』
商品名 ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ スープラ Jストリーム DTT DWF2F』 river peak『スカジットシューティングヘッド フライライン RP-SG-350GRHB』 ロータス『ウェイトフォワード フローティング(Lt-wf)』 モーリス『バリバス エアーズ プロスペック ヤマメバージョン [ダブルテーパー] DT4』 ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ スープラ エクスプレス フローティング』 ゴチュール『ANGLERBASICS ウェイトフォワード フローティング  フライライン』 ティムコ『サイエンティフィック・アングラーズ フリークエンシィ シンキング』 コートランド『CLASSIC SERIES 444 ピーチ(403031)』
商品情報
特徴 ティムコが日本のアングラーのために開発したライン コスパにすぐれたシューティングヘッド 初心者から上級者まで大満足! 日本の中流から渓流にマッチしたフライライン すばやいロードとキャストアウトが可能! 風の影響を受けにくく初心者におすすめ! シンクレートが簡素化されたフルシンキングライン オールラウンドに使える!耐久性に定評のあるライン
ラインタイプ/番手 DT3、4/DWF0、1、2 スカジットシューティングヘッド/200~550GR WF1~8 DT2~4 WF3/4F~8/9F WF3F~8F WF5S~8S WF3F~9F
F/S フローティング フローティング フローティング フローティング フローティング フローティング シンキング フローティング
カラー ウィロー、サーモン、アイボリー(DWFはウィローのみ) ハニー&ブラウン オレンジ、モスグリーン、イエロー、ティールブルー ユニオンピンク アイボリー、オレンジ オレンジ、グリーン、スカイブルー、ホワイト、モスグリーン、イエロー Type3:ダークグリーン、Type6:ダークグレー、インターミディエイト:アトモスフィア ピーチ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フライラインの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのフライラインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フライラインランキング
Yahoo!ショッピング:フライラインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの釣りに関連する記事はこちら 【関連記事】

フライラインはメンテナンス次第で寿命が延びる 釣りライターのアドバイス

キャンプ/釣りライター

フライラインは使用中・使用後のメンテナンスが必須のアイテムです。フローティングラインは浮力が落ちたときにクリーニングパッドとドレッシングで汚れを落とし、グリースを塗ると、すぐに復活します。

もちろん、釣りから帰った後はラインをリールから引き出し、ラインクリーナーで汚れを落としてから、リールよりも大きなループにまとめて緩くしばっておくと傷みが少なくなります。他の釣りのラインと比べて高価ですから、なるべく大切に使ってあげてください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部