クグロフ型おすすめ7選|【初心者向けのシリコンから上級者向けの陶器タイプまで】

クグロフ型おすすめ7選|【初心者向けのシリコンから上級者向けの陶器タイプまで】

フードスタイリストの水嶋千恵さんと編集部が、クグロフ型の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

クグロフとはフランスやスイス、ドイツなどで発祥したとされる伝統的な菓子で、その型はさまざまな素材で作られていて、仕上がりや使い勝手にも影響しますので選び方にはコツがあります。ゼリーやアイスケーキ、ババロアなども作ることができるので、ぜひ参考に。

記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

フードスタイリスト
水嶋 千恵

立教大学経済学部卒業後、メーカー系商社に営業として勤務。 のちに退職し、各料理家やスタイリストのアシスタントを経て独立。 フリーランスのフードスタイリストとしてレシピ考案やフードスタイリングをTV番組、CM、グラフィック、映画、雑誌、書籍など、フードスタイリストとしては珍しく動画からスチールまで幅広く手掛ける。

マイナビおすすめナビ編集部

暇さえあれば「いいもの探し」が趣味の一般的な主婦。便利な日用品や化粧品を探すのが特に好き。「ユーザー目線で自分が良いと思えるものをおすすめする」ことをモットーに編集している。趣味:ECサイト漁り、犬、お菓子作り 

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

クグロフ型選びのポイント ヨーロッパ発祥の焼き菓子

粉砂糖を振りかけられたクグロフ
Pixabayのロゴ

独特の形がかわいらしいクグロフ。この記事を参考に専用の「型」を購入してクグロフ作りにチャレンジしてみませんか。

クグロフ型は、シリコンや陶器などさまざまな素材で作られており、それぞれ使い勝手が異なります。素材により初心者向けや上級者向けに分かれる場合もあるので、自身の状況に合わせて適切なものを選ぶことが重要です。

ポイントは下記の4つ。

【1】素材別のメリットで比較
【2】型離れをしやすくするコーティング加工
【3】焼き上がりのサイズでセレクト
【4】型によって異なる模様の出方

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】素材別のメリットで比較

ここでは素材のなかでも「シリコン」「ギルア」「陶器」の3種類をご紹介していきます。手入れがしやすいタイプや、焼き上がりの精度がより高いタイプなどさまざまありますので、比較してみてください。ゼリーやババロア作りにも活用できるものを選ぶと、コストパフォーマンスが高くなります。

初心者向けなら扱いやすいシリコン製

 

シリコン製のクグロフ型はなんといっても使い勝手のよさがメリット。やわらかい素材なので、型からもはがしやすく失敗する可能性が低くなります。まさに初心者向けといえるでしょう。お手入れもしやすいので、使用頻度が高い人にも向いています。

水に強い性質から、ゼリーやアイスケーキ作りにも使用できるなど、活用の幅が広くなっています。

使用頻度の高い人は本格派のギルア製

 

ギルア製とは、スチールにクロムメッキを施した素材で作られたクグロフ型のことです。熱伝導率が高く、均一にむらなく焼き上げることが可能で、本格的な仕上がりを実現できます。

使用する前に空焼きをする必要があるため、少々手間がかかるのがデメリット。使い込んでいくうちに型離れがしやすくなりますが、はじめはくっつきやすいので失敗する可能性も高くなります。繰り返し使う予定がある人や、ワンランク上の仕上がりを求める人はチャレンジしてみましょう。

昔ながらの陶器製は上級者向け

 

陶器製のクグロフ型は、ふんわりとした焼き上がりになるのが特徴です。昔から使われている素材なので、伝統的なクグロフを作りたいと考える人は挑戦してみたい型です。

デメリットとしては型離れがしにくいことです。事前に粉をふったり、油を塗ったりなどの作業が必要なため、初心者には向かない素材といえます。

【2】型離れをしやすくするコーティング加工

 

仕上がりを左右する型離れをサポートするものとして、コーティング加工があります。テフロンやシリコン、フッ素などの加工が施されているものなら、もとの素材に関係なく型離れがしやすくなります。初心者や失敗したくないという人はコーティング加工がされているものをセレクトするのがいいでしょう。

【3】焼き上がりのサイズでセレクト

 

クグロフ型には直径20センチ以上の大型のものや、ひとつの型で複数のクグロフが焼けるものなど、さまざまなタイプがあります。

クリスマスなどのイベントでクグロフを作るなら、迫力のある大型サイズがいいでしょう。クリームやフルーツなどのデコレーションを加えればテーブルを華やかに彩ってくれます。

1枚の天板に手のひらサイズの型がいくつか並んだタイプであれば、一度にたくさんのクグロフを作ることができます。ちょっとしたプレゼントとしてもぴったりですね。

直径15センチ前後のクグロフ型であれば、適度なサイズ感でふだん使いとして活用できます。焼きむらができにくいサイズでもありますので、初心者もチャレンジしやすいでしょう。

【4】型によって異なる模様の出方

 

仕上がりにどんな模様が出るかも考えながら、型を選ぶようにしましょう。型の内側の角が鋭いものであれば、模様はくっきり出る傾向にあります。一方、角が丸みを帯びているものであればやわらかい印象の焼き上がりになります。

クグロフ型は模様が1段のものが一般的ですが、種類によっては2段になっているタイプもあります。華やかなクグロフを焼きたい場合には2段タイプのものも検討してみてください。

同じレシピでも型によって個性に違いが出る! フードスタイリストがアドバイス

フードスタイリスト

クグロフを含め、熱伝導によって食感や香りに個性が出るのがお菓子の型です。同じレシピを使用していても、型の素材が異なれば、それぞれ違うクグロフができるかと思います。自分の好みのクグロフをイメージして探してみましょう。

クグロフ型【シリコン製】おすすめ 初心者でも扱いやすい

まずは、初心者でも扱いやすいシリコン素材のクグロフ型を1商品ご紹介します。一度に複数のクグロフが作れるタイプと、ふだん使いしやすい小型タイプがありますので、活用したいシーンを考えながら比較してみましょう。

シリコン製のクグロフ型は失敗しにくいので、お子さんとのお菓子作りに活用してみてもいいかもしれません。せっかくなのでゼリーやババロア作りにもチャレンジしてみましょう。

青芳『スリール ヌーヴォ ミニクグロフ型 6カップ(080104)』

CASUALPRODUCTスリールヌーヴォミニクグロフ6個取りピンクシリコーンゴム焼型ケーキ型お菓子作り CASUALPRODUCTスリールヌーヴォミニクグロフ6個取りピンクシリコーンゴム焼型ケーキ型お菓子作り CASUALPRODUCTスリールヌーヴォミニクグロフ6個取りピンクシリコーンゴム焼型ケーキ型お菓子作り CASUALPRODUCTスリールヌーヴォミニクグロフ6個取りピンクシリコーンゴム焼型ケーキ型お菓子作り CASUALPRODUCTスリールヌーヴォミニクグロフ6個取りピンクシリコーンゴム焼型ケーキ型お菓子作り CASUALPRODUCTスリールヌーヴォミニクグロフ6個取りピンクシリコーンゴム焼型ケーキ型お菓子作り CASUALPRODUCTスリールヌーヴォミニクグロフ6個取りピンクシリコーンゴム焼型ケーキ型お菓子作り

出典:Amazon

パーティーにも活用したいミニクグロフ型

一度に6個のクグロフを焼けるクグロフ型。手のひらサイズでかわいらしい印象ですが、中央の穴にフルーツやくるみなどのナッツ類をトッピングすれば、見た目も華やかなクグロフの完成です。

冷凍庫や冷蔵庫、電子レンジでの使用が可能なので、蒸しパンやババロア、製氷皿としても活用できます。さまざまなお菓子を作れるのでパーティーなどでも重宝しますよ。ホームパーティーをよく開く人にはうってつけの商品です。

クグロフ型【ギルア製】おすすめ 浅型、模様がくっきり

つづいては、本格的な焼き上がりを実現できる、ギルア製のクグロフ型を1商品ご紹介します。クグロフ作りに慣れてきて、よりステップアップしたい人は購入を検討してみましょう。仕上がりの模様に着目して選びましたので、比較してみてください。

フードスタイリスト

馬嶋屋菓子道具店『ギルア クーゲルホップ型 浅 直径158mm(TC1094)』は、浅めの型なので、ゼリーなどを作るときなどにも向いています。食べやすい大きさにカットできるのもうれしいポイントです。

エキスパートのおすすめ

馬嶋屋菓子道具店『ギルア クーゲルホップ型 浅 直径158mm(TC1094)』

ギルアクーゲルホップ型浅直径158mm|クリスマスクグロフ型空焼き必要クグロフケーキタイガークラウンCAKELANDケーキランド1094 ギルアクーゲルホップ型浅直径158mm|クリスマスクグロフ型空焼き必要クグロフケーキタイガークラウンCAKELANDケーキランド1094 ギルアクーゲルホップ型浅直径158mm|クリスマスクグロフ型空焼き必要クグロフケーキタイガークラウンCAKELANDケーキランド1094

出典:楽天市場

丸いフォルムがかわいらしい浅型タイプ

ふつうのクグロフ型よりも浅めのフォルムが特徴的。ドーナツのような見た目のかわいらしいクグロフが作れます。フルーツやクリームなどで華やかに盛りつければ、クリスマスリースのようなデザインにすることもできますよ。

浅めの型なので、生地が少なくて済むのもメリットのひとつ。すでにいくつかクグロフ型を持っているけれど、別のタイプを探しているという人にも適した商品です。

クグロフ型【陶器製】おすすめ 上級者向け

ふんわりとした食感を目指せる陶器製のクグロフ型の商品をご紹介します。クグロフ作りをきわめて、より伝統的な作り方にチャレンジしたいと考えるこだわり派は必見です。陶器製は型のデザイン性が高いものが多いので、好みの絵柄を探してみるのも楽しいですね。

フードスタイリスト

MATFER(マトファー)『クーグロフ 陶器製(71271)』のクーグロフ陶器は、形もかわいらしく、内側がつるっとしているので、比較的型抜けもよく便利です。

エキスパートのおすすめ

MATFER(マトファー)『クーグロフ 陶器製(71271)』

マトファークーグロフ71271φ150陶器製【メイチョー】 マトファークーグロフ71271φ150陶器製【メイチョー】

出典:楽天市場

本場フランス製! ふんわりとした焼き上がりが魅力

1814年創業のフランスの老舗調理道具メーカーであるマトファー社のクグロフ型。クグロフ発祥の地のひとつとされるフランスで作られたクグロフ型なので、より本場の味に近づけたいと考える人にはうってつけの商品です。

ゆっくりと均一に熱が伝わる陶器製の特性から、ふっくらとした焼き上がりを実現。ワンランク上のクグロフを目指す人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

クグロフ型【コーティング加工】おすすめ4選 型離れがしやすい

やはり欠かせないのは、使い勝手のよさ。最後に、コーティング加工されたクグロフ型を4商品ご紹介します。型離れがしやすいので、はじめてクグロフ作りに挑戦する人は、検討したいタイプです。フッ素加工から、シリコン加工、テフロン加工のものをそれぞれ選んでいますので、比較しながら検討してみてください。

富士ホーロー『ベイクウェアー ミニクグロフケーキ型 6P(57304)』

簡単スイーツ作りベイクウェアーミニクグロフケーキ型6P 簡単スイーツ作りベイクウェアーミニクグロフケーキ型6P 簡単スイーツ作りベイクウェアーミニクグロフケーキ型6P

出典:楽天市場

さびにくく焦げつきにくいスチール製

アメリカの高品質フッ素樹脂コーティング剤を使用することで、より使いやすさが追求されています。耐熱温度が高いため焦げつく心配もなく、型離れもラクラク。はじめてでも仕上がりのきれいなクグロフを作ることが可能です。

酸にも強くさびにくいので、長持ちするのもうれしいところ。レモン果汁やオレンジピールなどのフルーツを使ったクグロフを作りたいと考える人にも向いている商品でしょう。

千代田金属工業『シリコン加工 ミニクグロフ型天板(20ヶ取)(WTV6701)』

イベントにもぴったりのビッグサイズ

天板にミニサイズの型が20個ついたクグロフ型です。型離れしやすいシリコン加工が施されているので失敗の心配が少なく、安定した仕上がりのクグロフを大量に作ることができます。

ブリキ製ですがコーティングのおかげで空焼きをする必要もなく、一般家庭でも扱いやすいでしょう。ホームパーティーや、クリスマスのイベントなどでたくさんのクグロフを作る人はぜひ検討してみてください。

松永製作所『シリコン加工 プチ クグロフ型 6個付』

プロも愛用するノウハウの詰まったアイテム

プロのパティシエも愛用すると名高い松永製作所のクグロフ型は、性能の高さが魅力です。生地の糖分や卵の量などによって、型離れの精度は左右されます。一般的なクグロフのレシピに合わせ、コーティングの成分配合量や製造方法を変えることで、型離れのしやすさを実現しています。

はじめてクグロフ作りをする人だけでなく、効率よく仕上がりのすぐれたクグロフを作りたいと考える人にも試してみてもらいたい商品です。

そらとぶフライパン『シリコン加工 クグロフ型(CB3040)』

シリコン加工クグロフ型(使いやすいサイズ・14cm) シリコン加工クグロフ型(使いやすいサイズ・14cm) シリコン加工クグロフ型(使いやすいサイズ・14cm) シリコン加工クグロフ型(使いやすいサイズ・14cm) シリコン加工クグロフ型(使いやすいサイズ・14cm)

出典:Amazon

熱伝導のいいカンムリ型

「カンムリ型」と呼ばれる、2段のねじれ菊の模様を配したクグロフ型。スチールにシリコン加工が施されているので熱伝導がよく、なおかつ型離れしやすい商品です。

手のひらよりも少し大きいサイズで、小さすぎず大きすぎないちょうどいいクグロフが焼けます。コストパフォーマンスがいいので、はじめてのクグロフ型としてお試しで購入してもいいですね。

「クグロフ型」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
青芳『スリール ヌーヴォ ミニクグロフ型 6カップ(080104)』
馬嶋屋菓子道具店『ギルア クーゲルホップ型 浅 直径158mm(TC1094)』
MATFER(マトファー)『クーグロフ 陶器製(71271)』
富士ホーロー『ベイクウェアー ミニクグロフケーキ型 6P(57304)』
千代田金属工業『シリコン加工 ミニクグロフ型天板(20ヶ取)(WTV6701)』
松永製作所『シリコン加工 プチ クグロフ型 6個付』
そらとぶフライパン『シリコン加工 クグロフ型(CB3040)』
商品名 青芳『スリール ヌーヴォ ミニクグロフ型 6カップ(080104)』 馬嶋屋菓子道具店『ギルア クーゲルホップ型 浅 直径158mm(TC1094)』 MATFER(マトファー)『クーグロフ 陶器製(71271)』 富士ホーロー『ベイクウェアー ミニクグロフケーキ型 6P(57304)』 千代田金属工業『シリコン加工 ミニクグロフ型天板(20ヶ取)(WTV6701)』 松永製作所『シリコン加工 プチ クグロフ型 6個付』 そらとぶフライパン『シリコン加工 クグロフ型(CB3040)』
商品情報
特徴 パーティーにも活用したいミニクグロフ型 丸いフォルムがかわいらしい浅型タイプ 本場フランス製! ふんわりとした焼き上がりが魅力 さびにくく焦げつきにくいスチール製 イベントにもぴったりのビッグサイズ プロも愛用するノウハウの詰まったアイテム 熱伝導のいいカンムリ型
素材 シリコン ギルア(スチールにクロームめっき) 陶器 スチール(フッ素樹脂加工) -(シリコン加工) ブリキ(シリコン加工) スチール(シリコン加工)
直径 - 158mm 150mm - 68mm(単品) 70mm(単品) 140mm
コーティング × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月11日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クグロフ型の売れ筋をチェック

楽天市場でのクグロフ型の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:クグロフ型ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのキッチン関連アイテムも要チェック 【関連記事】

クグロフをアイシング&デコレーションしてみよう 特別仕様に仕上げる!

クグロフでパウンドケーキなどを作る際は、ぜひアイシングやデコレーションにもチャレンジしてみましょう。ホワイトチョコレートや砂糖などでアイシングをすると、甘さだけでなくサクッとした食感も楽しめますよ。

また、ドライフルーツやナッツ類を生地に混ぜ込んで、余ったら生のフルーツと一緒に上にデコレーションしてもいいですね。生クリームやホワイトチョコレートの白、ベリー類の赤や紫、ドライマンゴーの黄色やピスタチオの緑など、色とりどりのデコレーションとアイシングで特別なクグロフに仕上げてみてはいかがでしょうか。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ミートスライサーおすすめ6選|生ハムもスライス可能!業務用や家庭用商品を紹介

ミートスライサーおすすめ6選|生ハムもスライス可能!業務用や家庭用商品を紹介

生ハムや肉の塊を薄く食べやすいサイズにスライスできるミートスライサー。家庭で本格的な調理を楽しめるのが特徴ですが、なじみのない商品だけに商品選びが難しいかもしれません。この記事では、料理クリエイターのRyogoさんの監修で、生ハムをスライスできるフードスライサー・ミートスライサーをピックアップ。家庭用だけでなく業務用でも使えるもの、手動式や電動式の商品を選びました。

tag icon キッチンツール , 調理器具 , キッチン用品

みじん切り器おすすめ24選【手動・電動】食洗機対応や大容量も! ニトリなど

みじん切り器おすすめ24選【手動・電動】食洗機対応や大容量も! ニトリなど

玉ねぎやにんじん、キャベツをはじめとした、さまざまな野菜をあっという間にみじん切りにするみじん切り器。一台あると、調理時間短縮に役立つため、ダイソーなどの100均やニトリなどでも人気の商品です。今回は、みじん切り器を買おうか悩んでいる人にもわかりやすい選び方とおすすめ商品を紹介します。後半には、通販サイトの人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミをご覧ください。

tag icon キッチンツール , キッチン用品 , キッチン・調理家電

調理器具のプロが教える! マッシャーの選び方とおすすめ5選

調理器具のプロが教える! マッシャーの選び方とおすすめ5選

ポテトサラダやマッシュポテトを作るうえで、欠かせないキッチンツールであるマッシャー。一口にマッシャーといっても、その材質や形状によって商品はさまざま。この記事では、調理器具のプロであるキッチンツール専門店「キッチンパラダイス」店主の田中 文さんに、マッシャーの選び方とおすすめの商品を紹介してもらいました。ぜひ、自分に合ったマッシャーを見つけるための参考にしてくださいね。

tag icon キッチンツール , 調理器具 , キッチン用品

チーズスライサーおすすめ8選|スライサーの種類を徹底解説!

チーズスライサーおすすめ8選|スライサーの種類を徹底解説!

料理研究家でおうちパスタ研究家のRyogoさんと編集部が、おすすめのチーズスライサーを厳選! チーズスライサーにもさまざまな形状やサイズの商品があります。どのチーズをスライスしたいかで選ぶものが変わってくるのです。この記事では、チーズスライサー選びのポイントも紹介します。さらに記事の後半では通販サイトの売れ筋ランキングも掲載。ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon ピーラー・スライサー・おろし器 , キッチンツール , 調理器具

ワインオープナーおすすめ11選|初心者から上級者まで使いやすい!

ワインオープナーおすすめ11選|初心者から上級者まで使いやすい!

ワインオープナーとはワインのコルク抜きのこと。一般的なT字型のもの以外にも、電動ワインオープナーやソムリエナイフなど、実にさまざまな種類があります。ここではワイン初心者の方にも分かりやすく、ワインオープナーの選び方を解説します。さらに、おすすめの商品をご紹介します。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon キッチンツール , 赤ワイン , 白ワイン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。