テリーヌ型のおすすめ6選【ストウブ、ル・クルーゼほか】陶器製やステンレス製も!

テリーヌ型のおすすめ6選【ストウブ、ル・クルーゼほか】陶器製やステンレス製も!

肉や野菜を詰めて作るパテやチョコレートテリーヌなど、料理やデザート作りに活躍するテリーヌ型。

今回は、温活料理研究家/管理栄養士の渡辺愛理さんからのアドバイスをもとに、テリーヌ型の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

陶器・ステンレスなどの素材やサイズ、形など種類はさまざま。この記事を読めばどの商品があなたにとって使いやすいか分かるはずです。

ぜひお気に入りの1点を見つけて、バレンタインギフトやクリスマスディナーなど、普段の料理やお菓子作りに役立ててください。


目次

この記事を担当するエキスパート

温活料理研究家/管理栄養士
渡辺 愛理

大学卒業後、病院・介護老人保険施設での勤務を経て、フリーランス管理栄養士となる。 自身が冷え性に長年悩んできた経験から、冷え性に悩む方への食事カウンセリングや料理教室講師をメインに、その他レシピ開発やコラム執筆、栄養士さん向けWebライター講座を行っている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨、キッチン用品、ギフト・プレゼント
平野 慎也

「生活雑貨」「キッチン用品」「ギフト・プレゼント」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

◆本記事の公開は、2020年07月31日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

テリーヌ型とはどんなアイテム? 陶器やガラス、ステンレス製ほかサイズもいろいろ

 

「テリーヌ(terrine)」とは、フランス語で「深い陶製の器」を指します。時代が移るとともに、陶製のフタつきの器に肉や魚、野菜などを詰めオーブンで焼いた料理をテリーヌと呼ばれるようになりました。そして、本来のテリーヌ(器)は「テリーヌ型」と呼ばれるようになっています。

テリーヌ型は、四角いものがポピュラーですが、いまではだ円などの形なども出回っています。おしゃれな色やデザインも多く、そのままテーブルに出すこともできる、便利なアイテムです。またフタもついているので冷蔵庫などでも保存も可能。ひとつあるとさまざまな場面で活躍してくれます。

テリーヌ型の選び方とは? サイズと容量、材質、断面の形、デザインなど

ここからはテリーヌ型の選び方をチェックしていきましょう。温活料理研究家/管理栄養士・渡辺愛理さんのアドバイスもご紹介しています。自分の使い方にぴったりのテリーヌ型を選ぶために参考にしてみてください。

ポイントは下記の通り。

【1】サイズ・容量
【2】材質
【3】断面の形
【4】デザイン

上記のポイントをおさえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】作りたいサイズや容量を確認

 

テリーヌ型は、30cm近くある大きなものから、15cm程度のハーフテリーヌ型とよばれるものまでさまざまなサイズがあります。テリーヌを作る際に、食べる人数にあった容量を選ぶことも大切ですが、テリーヌを焼く際に使用するオーブンに入るサイズであることも確認する必要があります。

オーブンで湯せんにかけて蒸し焼きにすることもあるので、オーブンや湯せん用バットのサイズを確認しておき、ちょうどよいサイズのものを選びましょう。

【2】材質で選ぶ

ひとことでテリーヌ型といっても、その材質もさまざまあり、それぞれに特徴があります。テリーヌ型として使われるおもな材質と、その特徴を見ていきましょう。

鋳物|熱伝導率・保温性が高い! 本格的で長く使える

 

テリーヌやパテなどを本格的に作りたい人や、長く使えるものを探している人は、鋳物でできたテリーヌ型を選びましょう。

金属を型に流してつくられた鋳物のテリーヌ型は継ぎめがなく、むらなく焼けて、熱伝導率がよいのが特徴です。また保温性も高く、テーブルに出したテリーヌが冷めにくいといったメリットもあります。

デメリットとしては、ずっしりと重く、扱いにくいことと、若干高めになることですが、長く使えることを考えると、それほどのマイナスポイントではないでしょう。

陶磁器|電子レンジで使える! 安価ではじめての方におすすめ

 

テリーヌづくりに慣れていない人は、陶磁器製のものを選ぶとよいでしょう。鋳物よりも少し熱伝導率や保温性が劣りますが、テリーヌのできあがり具合は、それほど引けを取りません。

また、鋳物は電子レンジの使用ができませんが、陶製のテリーヌ型であれば、電子レンジでかんたんに温め直しができます。鋳物やステンレス製より割れるおそれがあり、取り扱いには注意が必要ですが、テリーヌづくりの取っ掛かりとしては、使えるアイテムです。

ステンレス製|冷製テリーヌやゼリー寄せに!

 

テリーヌといえば、オーブンで焼く料理を指しますが、冷製テリーヌやゼリー寄せを作るのであれば、安価でサイズ・容量ともにバラエティ豊かな展開があるステンレス製を選ぶとよいでしょう。

鋳物や陶製より厚みもなく、冷蔵庫で冷えやすいのがポイントです。反対に、オーブンで焼いた場合は、金属に触れる部分にとくに熱が当たるので、焼きむらが出やすいというマイナスの特徴もあります。

コスパや、なにを作りたいかによって、ぴったりの材質も変わってきます。まずはどんなものを作りたいかを明確にしておきましょう。

【3】でき栄えを左右する断面の形は要チェック

鮭のテリーヌ
Pixabayのロゴ

テリーヌは、フランス料理のひとつ。家庭でもおいしいテリーヌを作るには、型もしっかりと選ぶ必要があります。

テリーヌをふるまう際には、型ごとダイナミックにテーブルに出すこともできますが、切り分ける際の断面を見るのも、楽しみのひとつです。本来テリーヌ型といえば、四角い形をしたものが多く存在しましたが、最近では、まん丸の断面になる円形や、かまぼこのように上部が丸い、半円になったもの、だ円のものなど、さまざまな形のものがあります。

切り分ける際の断面をイメージして、ピッタリの型を選びましょう。

【4】型ごと食卓に出すならデザインもポイント

 

テリーヌ型は、ある程度の大きさがあるので、そのまま食卓へ出すことで、テーブルインテリアとしての存在感を出すこともできます。テリーヌ型には、大胆な色で色づけされたものや、かわいい花柄などがペイントされたものも多くあります。

食卓と調和しながらも、インパクトのある色、デザインのテリーヌ型を選ぶと、食卓もさらににぎわうでしょう。

>> 管理栄養士からのワンポイントアドバイス

温活料理研究家/管理栄養士:渡辺 愛理

温活料理研究家/管理栄養士

テリーヌとひとことにいっても、いろいろな形があります。たとえば、冷製に使うのであればステンレスが向いているし、オーブンなどの加熱に使うのであれば、陶磁器、材質にこだわって選ぶのもひとつ。または、インテリアとしても使いたいのであれば少し色づいたものを使うのもポイントです。

テリーヌ型のおすすめ商品6選 ストウブやルクルーゼほか、人気ブランドから厳選

ここまで、ご紹介してきたテリーヌ型を選ぶ際のポイントを踏まえて、温活料理研究家/管理栄養士・渡辺愛理さんと編集部で厳選したテリーヌ型6点をご紹介します。できあがりのイメージなどにぴったりのテリーヌ型を選んでください。

温活料理研究家/管理栄養士:渡辺 愛理

温活料理研究家/管理栄養士

『ハーフ テリーヌ(40509-571-0)』は、食品の酸にも腐食しないホーロー製で、長く使いたい方へ。

『18-8テリーヌ型 落し蓋付(KD0781)』は、落しブタありで、重しをのせられるので、底辺に当たる部分が平らになり、美しい状態で盛り付けられるため、見栄えを気にされる方に。

『テリーヌ蓋付(614862)』は、下ごしらえから保存までマルチで活躍するのでこれひとつでなににでも。

MATFER(マトファー)『オーバルテリーヌ(RTL28762)』

MATFER(マトファー)『オーバルテリーヌ(RTL28762)』 MATFER(マトファー)『オーバルテリーヌ(RTL28762)』 MATFER(マトファー)『オーバルテリーヌ(RTL28762)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

オーバル型なら、さらに料理が映える

オーバルは、卵型やだ円を指します。長方形の器よりも、料理が見える面が広くなることから、せっかく作った料理をしっかりと目でも味わうことができます。

黄土色の塗装は、フランス製でありながらも、日本人もどこか懐かしいような、温かい気持ちになれるでしょう。磁器製なので保温性もあり、料理が温かくおいしい時間を長くたもてます。

エキスパートのおすすめ

staub(ストウブ)『ハーフ テリーヌ(40509-571-0)』

staub(ストウブ)『ハーフテリーヌ(40509-571-0)』 staub(ストウブ)『ハーフテリーヌ(40509-571-0)』 staub(ストウブ)『ハーフテリーヌ(40509-571-0)』 staub(ストウブ)『ハーフテリーヌ(40509-571-0)』 staub(ストウブ)『ハーフテリーヌ(40509-571-0)』
出典:Amazon この商品を見るview item

食品の酸にも腐食しないホーロー製

ガラス素材を使用したホーロー加工のテリーヌ型です。耐久性にすぐれているので長く使えるのが特徴のひとつ。真鍮やニッケルでできたフタもそのままオーブンに入れられます。

一般的なテリーヌ型の約半分のサイズなので、食卓で場所を取りすぎることもありません。保温性や保冷性にすぐれているので、テリーヌがおいしい状態を長くキープしてくれます。

GrandChef『長角型NEWテリーヌ型』

GrandChef『長角型NEWテリーヌ型』 GrandChef『長角型NEWテリーヌ型』
出典:Amazon この商品を見るview item

テリーヌだけでなくケーキ作りにも

陶製のテリーヌ型です。熱の伝わりがやわらかいので、パウンドケーキやガトーショコラなどベイク系のケーキ類を作るのにも向いています。内径が17cmあるので、パーティーなどの集まりにもぴったり。シンプルな白い器が、料理の見ためをより引き立ててくれるでしょう。

陶器なので、加熱後すぐに水につけたり、雑に扱ったりしないように注意が必要です。

apilco(アピルコ)『八角テリーヌ(蓋付)』

apilco(アピルコ)『八角テリーヌ(蓋付)』 apilco(アピルコ)『八角テリーヌ(蓋付)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

おしゃれな八角形のテリーヌ型

フランス風のテーブルコーディネートには欠かせない、apilcoのテリーヌ型です。とくに目を引くのが器が八角形になっている点。テリーヌ以外にもほかの料理を盛りつけて食卓に置いておきたくなるような美しいフォルムです。300mlの容量は少人数にはピッタリの大きさ。

電子レンジや食洗機の利用も可能なので、食器棚にしまい込まず、どんどんふだん使いとして愛用したいアイテムです。

エキスパートのおすすめ

IKESHO『18-8テリーヌ型 落し蓋付(KD0781)』

冷製テリーヌやゼリー寄せにピッタリのステンレス製

こちらはステンレスで作られたテリーヌ型です。コンパクトなサイズなので、そのまま冷蔵庫に入れられます。ステンレスがいち早く冷えるので、冷製テリーヌやゼリー寄せなど冷たい料理にピッタリです。

落しブタもついていて、重しをのせられるので、皿に移すときも底辺に当たる部分が平らになり、美しい状態で盛りつけられます。

ルクルーゼ『テリーヌ レクタ』

ルクルーゼ『テリーヌレクタ』 ルクルーゼ『テリーヌレクタ』 ルクルーゼ『テリーヌレクタ』 ルクルーゼ『テリーヌレクタ』 ルクルーゼ『テリーヌレクタ』 ルクルーゼ『テリーヌレクタ』 ルクルーゼ『テリーヌレクタ』 ルクルーゼ『テリーヌレクタ』
出典:Amazon この商品を見るview item

じっくりと熱をとおし旨味を閉じ込める

調理器具メーカーとして世界的に知られているルクルーゼのテリーヌ型です。厚みがあり、熱伝導率もよい鋳物製なので、じっくりと、しかも均一に熱をとおします。フタには蒸気穴がありますが、フタ自体も重みがあるので、必要以上の水分や旨味を逃がさず本格的なテリーヌが作れます。

見ためも、鮮やかなオレンジの塗装がしてあり、食卓がいっそう華やかになります。

「テリーヌ型」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
MATFER(マトファー)『オーバルテリーヌ(RTL28762)』
staub(ストウブ)『ハーフ テリーヌ(40509-571-0)』
GrandChef『長角型NEWテリーヌ型』
apilco(アピルコ)『八角テリーヌ(蓋付)』
IKESHO『18-8テリーヌ型 落し蓋付(KD0781)』
ルクルーゼ『テリーヌ レクタ』
商品名 MATFER(マトファー)『オーバルテリーヌ(RTL28762)』 staub(ストウブ)『ハーフ テリーヌ(40509-571-0)』 GrandChef『長角型NEWテリーヌ型』 apilco(アピルコ)『八角テリーヌ(蓋付)』 IKESHO『18-8テリーヌ型 落し蓋付(KD0781)』 ルクルーゼ『テリーヌ レクタ』
商品情報
特徴 オーバル型なら、さらに料理が映える 食品の酸にも腐食しないホーロー製 テリーヌだけでなくケーキ作りにも おしゃれな八角形のテリーヌ型 冷製テリーヌやゼリー寄せにピッタリのステンレス製 じっくりと熱をとおし旨味を閉じ込める
サイズ 22×13.5×8cm(内寸:17×10×6.2cm) 16×11×12cm 22×11×7.5cm(フタの持ち手までの高さは11cm)/内寸17×8.2×6.3cm 12×9×8cm 12.5×8.5×6cm 25×8×6cm
容量 900ml 700ml 700ml 300ml 440ml 1,300ml
材質 磁器 ホーロー 耐熱陶器 磁器 18-8ステンレス 鋳物
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ケーキ型の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのケーキ型の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ケーキ型ランキング
楽天市場:ケーキ型ランキング
Yahoo!ショッピング:ケーキ型ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

パウンド型はテリーヌ型の代わりになる? テリーヌ型の代用はできる?

パウンドケーキ
Pixabayのロゴ

自宅にあるパウンド型でテリーヌ作りに挑戦したいという人もいるでしょう。しかし、専用の器には、相応の理由があります。

ステンレス製のテリーヌ型があるのであれば、スイーツ作りでも活躍するパウンド型でもよいのでは? と考える人もいるでしょう。

しかし、パウンド型とテリーヌ型の大きな違いは、金属の継ぎめの有無という点です。金属は熱を受けやすく、さらにパウンド型のように金属が折り重なっている部分には多く熱が当たるため、テリーヌの焼き上がりに大きな影響を与えてしまいます。またパウンド型にはフタがないため、テリーヌの上部に熱が直接当たります。

継ぎめのないパウンド型を使うという方法もありますが、せっかくなら専用のテリーヌ型を使ったほうが無難でしょう。

そのほかの調理器具に関連する記事はこちら 【関連記事】

自宅で本格的なテリーヌを味わってみませんか? いかがでしたか?

テリーヌといえば、フランス料理のひとつ。テーブルに、型ごと出すことで、列席者の目を楽しませることもできます。そんな華やかな料理が自宅で手作りできたらと考えるとワクワクしそうです。

ここまで温活料理研究家/管理栄養士・渡辺愛理さんと編集部でリサーチしたテリーヌ型の選び方とおすすめ6商品をご紹介しました。材質やサイズがさまざまありますので、テリーヌのできあがりや、それを切りわけて食べる食卓のイメージを思い浮かべながら、ぴったりのテリーヌ型を選んでください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部