ワッフルメーカーおすすめ12選|電気式・直火式の各特徴も解説

LITHON (ライソン) D-STYLIST Wワッフルメーカー KDHS-008W | ワッフル おしゃれ | 焼き上がり3分のスピード調理 ホットサンドにも
出典:Amazon


誰でも自宅でかんたんにワッフルを作ることができるワッフルメーカー。

電動式・直火式の2つのタイプがあり、さらにはワッフル以外にもホットサンドやたい焼きなどを作ることができるものもあります。そのため、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

本記事では、手軽に簡単に操作できるワッフルメーカーについて、種類ごとの特徴や選び方、そして、電気式・直火式ごとのおすすめ商品をご紹介。本記事を読めば、ワッフルメーカーの基本的な選び方を網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


目次

料理研究家/食育インストラクター/紅茶コーディネーター
上田 のりこ

東京都出身 長野県在住。 ベーカリーに勤務しながら大手教室に通い、師範取得。 その後、自身の小さな工房である、無添加・手作り工房『きゃっとてぃる』を開き、パン・お菓子の販売・教室などを行ってきました。 そして現在は【ノンシュガー・トランス脂肪酸フリー・ストレスフリーなお菓子と料理】をコンセプトに、心と身体のバランスを大切にしたレシピを日々考え、提案しています。 ・料理研究家 ・食育インストラクター ・紅茶コーディネーター ・パン講師マイスター ・ガーデンデザイナー ・食品衛生責任者

料理研究家が教えるワッフルの世界


ワッフルには大きく分けて「ベルギーワッフル」と「アメリカンワッフル」の2つのタイプがあります。どちらを作りたいか、食べたいか決めることで、朝食もおやつでも、よりワッフルを楽しむことができます。

ベルギーワッフル

料理研究家/食育インストラクター/紅茶コーディネーター

イーストを発酵させてから焼き上げる「ベルギーワッフル」には、丸くてサックリした食感が特徴のブリュッセル風と、長方形のリエージュ風。そして、ベルギータイプを薄く焼いた、フランスワッフル、オランダワッフルなどがあります。

アメリカンワッフル

料理研究家/食育インストラクター/紅茶コーディネーター

「アメリカンワッフル」は、ベーキングパウダーで膨らませるソフトタイプのことで、凹凸のある四角い形が特徴です。ジャパニーズワッフルと呼ばれる楕円形のふんわりした生地に、あんやクリームを挟んで二つ折りにしたり、棒状の型にチーズを入れて焼いたチーズドックなども、アメリカンワッフルタイプです。さらに、焼き方や形を変えれば無限大に広がりますね。

ワッフルメーカーの種類と特徴


ワッフルメーカーには、大きく分けて、電気式と直火式の2種類があります。それぞれに特徴がありますので、しっかり確認しましょう。

電気式ワッフルメーカー

電気式ワッフルメーカーは、電気ヒーターに電気を流し、内部のプレートを熱することでワッフルを焼き上げるタイプ。温度調節が不要で、ワッフルの生地を入れてスイッチを入れるだけで焼き上がるため、とても手軽にワッフルを作ることができます。

温度調節ができない分、「カリッと焼きたい」「ふんわり焼きたい」といった好みに合わせた焼き上げはできず、また手軽に洗えないというデメリットはありますが、ワッフル作りの手軽さがあります。


▼特徴.1:ワット数で焼き上がりが変わる

電気式ワッフルメーカーは、ワット数が大きいほど、熱量(火力)が高くなる傾向にあります。そのため、カリッとした焼き上がりが好みの方はワット数が高いものを、ふんわりとした焼き上がりが好みの方はワット数が低いものを選びましょう。

前者が好みの場合は800~1000Wのモデルを、後者が好みの場合は300〜700Wのモデルを目安として選びましょう。しかし、焼き上げを変更することはできない機種がほとんどですので注意しましょう。

▼特徴.2:電気式だからこそ、電源スイッチやタイマー機能もある

電気式ワッフルメーカーのほとんどはコンセントを差し込むと加熱が始まるタイプが多いです。しかし、電気式だからこそ、自分のタイミングで加熱を始められる「電源スイッチ」や、設定時間に合わせてスイッチが入る「タイマー機能」もあります。また、自動でスイッチが切れる安全機能もあります。

こうした便利機能が選べるのも電気式ワッフルメーカーの特徴。欲しい機能を選ぶことで、ワッフル作りがより快適になりますよ。

▼特徴.3:好みのレシピに合わせてプレートを交換できる

電気式ワッフルメーカーにはプレートを付け替え、ホットサンドやたこ焼きなど、好みのレシピを作れるメリットがあります。ほとんどの機種がプレートを付け替えるだけで、自動で完成するためとても手軽です。複数のプレートを付け替えられるモデルを選ぶのもひとつの手です。

直火式ワッフルメーカー

直火式ワッフルメーカーは、2枚のプレートで生地を挟み込む様に焼き上げるタイプ。ガス・IHそれぞれに対応しているものがあり、ワッフル作り専用ではありますが、自分で好みの焼き加減に調節できることが大きなメリットです。

持ち手が熱くなる、油をしっかり使うといった調理の手間があるものの、火を使うタイプであれば、キャンプなどへの持ち運び、アウトドアでもワッフルを楽しむことができます。また、そのまま洗い流すことができるため、お手入れも手軽です。


▼特徴.1:ガス対応であれば、アウトドアでも使用できる

直火式ワッフルメーカーは、ガス火に対応したもの、IHに対応したもの、それぞれのモデルがあります。ガスの火に対応したものであれば、電源を必要としないので、持ち運んでアウトドアなどでも使用することができます。

▼特徴.2:持ち手が長ければ、火傷の心配も少なくなる

直火式ワッフルメーカーには持ち手があり、調理中、熱くなることがあります。しかし、持ち手までが長いモデルであれば、熱伝導にも時間が掛かるため、火傷の心配も少なくなります。また、逐一焼き加減をチェックすることも可能です。

アウトドアの際も、風で火が手に掛かることなども少なくなりますので、使い方や調理の仕方に合わせて長さを選びましょう。

(★)ポイント:商品内容は必ず確認しよう!

料理研究家/食育インストラクター/紅茶コーディネーター

デザインや価格などだけで判断してしまうと、購入した後で困ることがあるかもしれません。たとえば、本体の大きさが予定していた収納スペースに収まらなかったり、IH対応タイプなのに自宅のIHコンロではうまく使えなかったりなどです。

ほかにも、コンセント口との距離でコードが短すぎる場合もありますので、商品特徴のこまかいチェックも必要です。わからないことがあれば、メーカーに問い合わせてみましょう。

ワッフルメーカーの選び方


それでは、ワッフルメーカーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

・溝の深さ
・一度で何枚焼けるか
・素材や表面加工
・使用頻度や作りたいレシピ


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】溝の深さをチェック

ワッフルメーカーは、凹凸が設置してあるプレートを使用してワッフルの形に焼き上げます。この溝が深いほど、熱の設置面が広くなり、焼き上がりが早くなります。

ベルギーワッフルを食べたい場合は、この溝が深い方が焼き上げやすくなります。また、生地を四角形にすればブリュッセルワッフルなどの、外はカリッと、中はふんわりと焼き上げることができます。


【2】一度で何枚焼けるかチェック

ワッフル
Payless images logo

ワッフルメーカーでは、ワッフルを焼き上げるためにおよそ5〜7分ほどとされています。ワッフルメーカーを選ぶ際は、1度で焼き上げられる枚数も注目しましょう。

例えば、1人2枚食べることを仮定して、4人が食べる場合は1度に4枚焼けるもので2回焼き上げる、1人で食べる場合は2枚焼き上げられるものを選ぶといったように、焼き上げられる枚数に合わせてワッフルメーカーを選びましょう。

(★)ポイント:家族構成も大事なポイント

料理研究家/食育インストラクター/紅茶コーディネーター

おもに家庭で使用するためにワッフルメーカーを選ぶ場合は、家族の人数や子どもの年齢などによってどういったものを選ぶのかが変わってきます。

子どもと一緒に使用するのであれば、できるだけ安全性の高いものを基準に選ぶことがいいと思いますし、一度に焼き上げられる数も決め手になりますね。

また、ワッフル以外にも使用できるプレートがセットになっていると便利でしょう。大人ふたりの場合には、シンプルな直火タイプも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

【3】素材や表面加工をチェック

ワッフルメーカーのプレートの素材ごとにも特徴があります。例えば、電気式ワッフルメーカーであれば、素早く加熱ができるアルミニウム合金が一般的。直火式ワッフルメーカーであれば、一般的なアルミニウム合金に加え、アウトドアでも使用しやすい鋳鉄製など。

素材の特徴に合わせて選ぶのも、美味しく手軽にワッフルを作るポイントになります。

【4】使用頻度や作りたいレシピをチェック

ワッフルメーカーを使う頻度(ひんど)や用途によって、選ぶものも変わってきます。

たとえば、毎日の朝食に焼き立てのワッフルを食べたいのであれば、耐久性もじゅうぶんに考慮しなくてはならないと思います。また、後始末もラクにできるように、電気式の場合はプレートが外せるタイプのほうがいいでしょう。

さらに、キッチンに出したままにしておけるようなおしゃれなデザインなら、使う楽しみがあっていいですね。イベントで使用するなど、たまにしか使わないのであれば、まずは手ごろな価格の商品から探してみることをおすすめします。

エキスパートのアドバイス

料理研究家/食育インストラクター/紅茶コーディネーター

お菓子作りはそのひと手間が大切です!

お菓子を焼いている時間は、甘い香りが部屋いっぱいに広がってワクワクしたとても幸せな気持ちになりますね。もしも上手にできあがらなかったとしても、ガッカリすることなく何度かチャレンジしてみてください。どんな調理器具でも、うまく使いこなすにはコツをつかむまで少し時間が必要なものです。

また、多くの商品にはフッ素コーティング加工がされてはいますが、できれば生地を流し込む前にオリーブオイルやバターなどの油脂を型に適量使用することをおすすめします。そのひと手間で、でき映えもかなりよくなると思います。

ワッフルメーカーおすすめ9選|電気式


上記で紹介したワッフルメーカーの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をご紹介します!まずは、電気式ワッフルメーカーのおすすめ商品です。ぜひ参考にしてください。

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』

出典:Amazon

サイズ 幅24.6×奥行25.7×高さ11cm
焼き上がりサイズ -
熱源 電気
カラー ホワイト
重量 約2.3kg(ホットサンドプレート含む)
消費電力 700W

ワッフル以外も楽しめる!

こちらの商品は、ワッフルのほかにもホットサンドやドーナツ、パニーニを作ることができる4種類のプレートがセットになっています。

さらに、パニーニのプレートで野菜などのグリル料理を作ることも可能。ワッフルプレートではおもちで作る「モッフル」も焼くことができるので、お正月やおもちを多く手に入れたときなどには活躍しそうですね。さまざまなレシピを試してみたい方におすすめです。

また、プレートを丸洗いできるところもうれしいポイント。本体を立てたまま収納することもできるので、場所を取らずに済みます。

TESCOM(テスコム)『マルチホットサンドメーカー(HSM530)』

サイズ 幅24.5×奥行26×高さ12.7cm
焼き上がりサイズ -
熱源 電気
カラー レッド
重量 2.2kg
消費電力 650W

かわいさに機能性と安全性がプラス

コロンと丸みのあるデザインが特徴的な商品で、ワッフルは2枚同時に作ることができます。それに加えて三角形のホットサンドが一度に4枚焼けるプレートと、スティックタイプのお菓子が8本できるプレートもセットになっていて便利。星型とハートの焼き印が彫られているので、クッキーの型取りとしても使えそうです。

さらに魅力的なポイントは、タイマー機能と焼き上がりのお知らせベルがついていること。また、メーカーオリジナルのレシピを参考にすることで、はじめてでも失敗せずに作れそうです。

コードを本体に収納でき、立てて置けるのもメリット。デザイン性を求めている方におすすめのワッフルメーカーです。

BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカー シングル ワッフルプレートセット(BOE043)』

BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカーシングルワッフルプレートセット(BOE043)』

出典:Amazon

サイズ 幅13.5×奥行24.6×高さ9.6cm
焼き上がりサイズ -
熱源 電気
カラー レッド、ホワイト
重量 約1.3kg(プレート含む)
消費電力 550W

インテリアにもなる美しさ

シンプルなデザインながらもBRUNOのロゴがキッチンのワンポイントになって、そのまま飾っておいてもすてきなワッフルメーカーです。カラーは、鮮やかなレッドと落ちついたホワイトの2種類から選べます。プレートは取り外しでき、ワッフル、ホットサンド、インテリアにもなる美しさミニタルト、プチガトー、おさかなプレートの5種類を取り扱っています。

タイマー機能がついているので焼き過ぎてしまう心配がなく、ワッフルメーカーを使い慣れていない方にもおすすめです。フッ素コーティングされているのでお手入れの際にかんたんに洗い流せる点もメリット。コードを本体に巻きつけて収納でき、そのまま自立できるところもおすすめポイントです。

オリジナルレシピつきなので、レシピに迷ったときに活躍することでしょう。

DeLonghi(デロンギ)『マルチグリル エブリデイ サンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』

DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリルエブリデイサンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』

出典:Amazon

サイズ 幅29.5×奥行25×高さ10.5cm
焼き上がりサイズ -
熱源 電気
カラー -
重量 2.9kg(グリルプレート含む)
消費電力 800W

安定性のあるワッフルメーカー!

収納場所に余裕がある方には、安定感のあるこちらの商品もおすすめです。どっしりとした高級感は、デロンギの特徴でもあります。ワッフルプレートのほかにホットサンドとグリルプレートがセットになっています。

価格は少々高めですが、グリル調理に使用する場合に余分な脂を落としながら焼ける受け皿が組み込まれていたり、電源スイッチにおいて通電のオン・オフと予熱完了が色分けされている便利な機能つき。さらに、プレートを食洗機に入れて洗うこともできるのが納得のいくポイントだと思います。

これならワッフルも毎日気軽に焼けるのではないでしょうか。収納場所が確保でき、かつヘビーユースする方におすすめです。

recolte(レコルト)『Smile Baker Mini(スマイル ベイカー ミニ) Waffle(ワッフル)(RSM-2)』

recolte(レコルト)『SmileBakerMini(スマイルベイカーミニ)Waffle(ワッフル)(RSM-2)』 recolte(レコルト)『SmileBakerMini(スマイルベイカーミニ)Waffle(ワッフル)(RSM-2)』 recolte(レコルト)『SmileBakerMini(スマイルベイカーミニ)Waffle(ワッフル)(RSM-2)』 recolte(レコルト)『SmileBakerMini(スマイルベイカーミニ)Waffle(ワッフル)(RSM-2)』 recolte(レコルト)『SmileBakerMini(スマイルベイカーミニ)Waffle(ワッフル)(RSM-2)』 recolte(レコルト)『SmileBakerMini(スマイルベイカーミニ)Waffle(ワッフル)(RSM-2)』 recolte(レコルト)『SmileBakerMini(スマイルベイカーミニ)Waffle(ワッフル)(RSM-2)』

出典:Amazon

サイズ 約幅13×奥行15×高さ10cm
焼き上がりサイズ 直径9.5cm
熱源 電気
カラー ワッフルイエロー、ワッフルラテ
重量 約560g
消費電力 350W

ひとりでも楽しめるミニサイズ

直径9.5cmのワッフルを1枚ずつ焼くことができる、かわいらしいデザインのワッフルメーカーです。カラーは4色ありますが、ワッフル型はイエローとラテの2色のみで、そのほかはパンケーキ用のプレートになっています。

こちらの商品はプレートが取り外せないタイプなのですが、使用後のまだ温かいうちに水をつけたクッキングペーパーで拭き取ると、問題なく汚れを落とすことができます。清潔を保ちつつ、手軽にワッフルメーカーを使いたいと思っている方におすすめです。

コンセントを挿すと予熱がはじまり、完了するとランプが点灯します。焼成時間はおよそ3分と短時間な点も魅力的。とてもシンプルなので、子どもでも安心して使用できると思います。コードの長さは1mと短めです。

Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』

Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』

出典:Amazon

サイズ 約幅25.1×奥行24.6×高さ9.8cm
焼き上がりサイズ -
熱源 電気
カラー ホワイト、ブラック、スケッチマイキー
重量 2.5kg(ワッフルプレート含む)
消費電力 900W

プレートをつけかえてワッフル以外のメニューも

全14種類のプレートに対応する、マルチに使える一台。ワッフルプレートをマルチサンドプレートにつけかえれば、耳つきホットサンドを作ることができます。さらにオプションプレートを買い足すことで、マドレーヌやパンケーキ、カップケーキなどを作ることも可能。

プレートはかんたんに取り外しができて、お手入れしやすいのもポイント。フッ素樹脂加工されているので汚れがつきにくく、丸洗いすることで清潔に保つことができます。

APIX(アピックス)『ホールワッフルメーカー マイビストロ(AWM-297)』

APIXINTL(アピックス)『ホールワッフルメーカーマイビストロ(AWM-297)』 APIXINTL(アピックス)『ホールワッフルメーカーマイビストロ(AWM-297)』 APIXINTL(アピックス)『ホールワッフルメーカーマイビストロ(AWM-297)』 APIXINTL(アピックス)『ホールワッフルメーカーマイビストロ(AWM-297)』 APIXINTL(アピックス)『ホールワッフルメーカーマイビストロ(AWM-297)』 APIXINTL(アピックス)『ホールワッフルメーカーマイビストロ(AWM-297)』

出典:Amazon

サイズ 幅20.8×奥行27.4×高さ18.5cm
焼き上がりサイズ 18cm
熱源 電気
カラー ブラウン
重量 約1.8kg
消費電力 700W

生地を流し込むだけでかわいい円形ワッフルを作れる

漏斗(ロート)を使った独特の調理工程が特徴。専用の軽量カップを使って漏斗に生地を流し込むことで、生地の溢れ出しを防ぎます。漏斗は本体の底面に収納できるので、紛失する心配もないでしょう。コンパクトに収納できるのも魅力です。

キュートな円形に焼き上がるのもポイント。切れ込みが入っていて分割でき、4枚の扇形ワッフルを楽しめます。

recolte(レコルト)『ワッフルボウルメーカー』

recolte(レコルト)『ワッフルボウルメーカー』 recolte(レコルト)『ワッフルボウルメーカー』 recolte(レコルト)『ワッフルボウルメーカー』 recolte(レコルト)『ワッフルボウルメーカー』

出典:Amazon

サイズ 幅20.0×奥行22.0×高さ14.0cm
焼き上がりサイズ -
熱源 電気
カラー レッド
重量 約1.45kg
消費電力 750W

レシピの幅が広がるワッフルボウルを作れる

ワッフルがそのまま「器」になる、ワッフルボウルを焼ける一台。アイスクリームやフルーツなどを入れて楽しめます。

生地はホットケーキミックスでかんたんに作ることが可能。流し込む生地の量で、ワッフルボウルのサイズを調整できます。さらに卵をつなぎにすれば、ご飯や焼きそばなども生地に。おかず仕様のワッフルボウルとして、レシピの幅が広がります。

DOSHISHA(ドウシシャ)『Disney ワッフルメーカー(WAFU-100)』

DOSHISHA(ドウシシャ)『Disneyワッフルメーカー(WAFU-100)』 DOSHISHA(ドウシシャ)『Disneyワッフルメーカー(WAFU-100)』 DOSHISHA(ドウシシャ)『Disneyワッフルメーカー(WAFU-100)』 DOSHISHA(ドウシシャ)『Disneyワッフルメーカー(WAFU-100)』 DOSHISHA(ドウシシャ)『Disneyワッフルメーカー(WAFU-100)』 DOSHISHA(ドウシシャ)『Disneyワッフルメーカー(WAFU-100)』 DOSHISHA(ドウシシャ)『Disneyワッフルメーカー(WAFU-100)』

出典:Amazon

サイズ 幅38.0×奥行22.5×高さ8.9cm
焼き上がりサイズ -
熱源 電気
カラー -
重量 2.5kg
消費電力 1,000W

キュートなミッキーマウス型ワッフルをお手軽に

ミッキーマウスの顔型に焼ける一台。ワッフルメーカー本体にもミッキーマウスがプリントされていてとてもキュートです。お子さまも喜ぶ製品と言えるのではないでしょうか。

プレートを挟み込んで焼き上げる電熱式。回転させることで、厚みがあるのにムラなくきれいにできあがります。プレートを取り外してかんたんにお手入れできるので、清潔に保てるのも好ポイント。

ワッフルメーカーおすすめ3選|直火式


続いては、直火式ワッフルメーカーのおすすめ商品をご紹介いたします。こちらもぜひ参考にしてください。

Baw Loo(バウルー)『ワッフルトースター』

BawLoo(バウルー)『ワッフルトースター』 BawLoo(バウルー)『ワッフルトースター』 BawLoo(バウルー)『ワッフルトースター』 BawLoo(バウルー)『ワッフルトースター』

出典:Amazon

サイズ 幅12.5×奥行35.7×高さ2.8cm
焼き上がりサイズ 13×12cm
熱源 ガス(直火)
カラー -
重量 640g
消費電力 -

アウトドアでも活躍の老舗メーカー

シンプルな直火式のワッフルメーカーで、13×12cmサイズのワッフルが1枚焼けます。ひとつひとつの凹凸が小さく、溝が深めのデザインです。

焼き時間や火加減を調整することで、ソフトな食感からハードタイプまでお好みで焼き分けることができるので、より手作り感を味わうことができる商品です。

材質はアルミにフッ素コーティングがしてあるため、後片づけもラクに済ませることができます。「洗いものをするときに生地がプレートにこびりつくのがいや」という方におすすめしたいワッフルメーカーです。

杉山金属『スナック ワッフル(KS-2936)』

杉山金属『スナックワッフル(KS-2936)』 杉山金属『スナックワッフル(KS-2936)』 杉山金属『スナックワッフル(KS-2936)』 杉山金属『スナックワッフル(KS-2936)』 杉山金属『スナックワッフル(KS-2936)』 杉山金属『スナックワッフル(KS-2936)』

出典:Amazon

サイズ 幅33.8×奥行13.8×高3.3cm
焼き上がりサイズ 11×13cm
熱源 ガス、IH(100V)、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、ラジェントヒーター
カラー -
重量 650g
消費電力 -

マルチに使えるすぐれもの!

特許構造を使ったアルプレッサのワッフルメーカーは、直火にもIHにも使用できるすぐれものです。フッ素コーティング加工されていて生地がくっつきにくいので、おもちを挟んでモッフルも作ることができます。

本体重量は650gと軽くて作業しやすく、11×13cmとちょうどいいサイズに焼き上がります。1枚ずつていねいにこだわりを持って手作りしたい方に適している商品です。

Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』

Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』 Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』 Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』 Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』 Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』

出典:Amazon

サイズ 幅19.4×奥行12.1×長さ71.5cm
焼き上がりサイズ -
熱源 -
カラー -
重量 2.75kg
消費電力 -

アウトドアでもつかえる直火式のワッフルメーカー

直火式のプレートで、香ばしい風味のワッフルを焼けるのが特徴。柄が長いため家庭のキッチンはもちろん、アウトドアでの焚き火などでも重宝するでしょう。ワッフルだけでなく、食パンを入れてもカリッとおいしいトーストを楽しめます。

柄は分離できて、鋳鉄部分を丸洗いすることが可能。かんたんにお手入れできる点も魅力です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』
TESCOM(テスコム)『マルチホットサンドメーカー(HSM530)』
BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカー シングル ワッフルプレートセット(BOE043)』
DeLonghi(デロンギ)『マルチグリル エブリデイ サンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』
recolte(レコルト)『Smile Baker Mini(スマイル ベイカー ミニ) Waffle(ワッフル)(RSM-2)』
Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』
APIX(アピックス)『ホールワッフルメーカー マイビストロ(AWM-297)』
recolte(レコルト)『ワッフルボウルメーカー』
DOSHISHA(ドウシシャ)『Disney ワッフルメーカー(WAFU-100)』
Baw Loo(バウルー)『ワッフルトースター』
杉山金属『スナック ワッフル(KS-2936)』
Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』
商品名 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『マルチサンドメーカー(PMS-704P-W)』 TESCOM(テスコム)『マルチホットサンドメーカー(HSM530)』 BRUNO(ブルーノ)『ホットサンドメーカー シングル ワッフルプレートセット(BOE043)』 DeLonghi(デロンギ)『マルチグリル エブリデイ サンド&ワッフルメーカー(SW13ABCJ-S)』 recolte(レコルト)『Smile Baker Mini(スマイル ベイカー ミニ) Waffle(ワッフル)(RSM-2)』 Vitantonio(ビタントニオ)『ワッフル&ホットサンドベーカー(VWH-500)』 APIX(アピックス)『ホールワッフルメーカー マイビストロ(AWM-297)』 recolte(レコルト)『ワッフルボウルメーカー』 DOSHISHA(ドウシシャ)『Disney ワッフルメーカー(WAFU-100)』 Baw Loo(バウルー)『ワッフルトースター』 杉山金属『スナック ワッフル(KS-2936)』 Petromax(ペトロマックス)『ワッフルアイアン(12764-9)』
商品情報
特徴 ワッフル以外も楽しめる! かわいさに機能性と安全性がプラス インテリアにもなる美しさ 安定性のあるワッフルメーカー! ひとりでも楽しめるミニサイズ プレートをつけかえてワッフル以外のメニューも 生地を流し込むだけでかわいい円形ワッフルを作れる レシピの幅が広がるワッフルボウルを作れる キュートなミッキーマウス型ワッフルをお手軽に アウトドアでも活躍の老舗メーカー マルチに使えるすぐれもの! アウトドアでもつかえる直火式のワッフルメーカー
サイズ 幅24.6×奥行25.7×高さ11cm 幅24.5×奥行26×高さ12.7cm 幅13.5×奥行24.6×高さ9.6cm 幅29.5×奥行25×高さ10.5cm 約幅13×奥行15×高さ10cm 約幅25.1×奥行24.6×高さ9.8cm 幅20.8×奥行27.4×高さ18.5cm 幅20.0×奥行22.0×高さ14.0cm 幅38.0×奥行22.5×高さ8.9cm 幅12.5×奥行35.7×高さ2.8cm 幅33.8×奥行13.8×高3.3cm 幅19.4×奥行12.1×長さ71.5cm
焼き上がりサイズ - - - - 直径9.5cm - 18cm - - 13×12cm 11×13cm -
熱源 電気 電気 電気 電気 電気 電気 電気 電気 電気 ガス(直火) ガス、IH(100V)、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、ラジェントヒーター -
カラー ホワイト レッド レッド、ホワイト - ワッフルイエロー、ワッフルラテ ホワイト、ブラック、スケッチマイキー ブラウン レッド - - - -
重量 約2.3kg(ホットサンドプレート含む) 2.2kg 約1.3kg(プレート含む) 2.9kg(グリルプレート含む) 約560g 2.5kg(ワッフルプレート含む) 約1.8kg 約1.45kg 2.5kg 640g 650g 2.75kg
消費電力 700W 650W 550W 800W 350W 900W 700W 750W 1,000W - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ワッフルメーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのワッフルメーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ホットサンド・ワッフルメーカーランキング
楽天市場:ワッフルメーカーランキング
Yahoo!ショッピング:ワッフル、ホットサンドメイカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


本記事では、ワッフルメーカーの種類や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、電気式、直火式のそれぞれの特徴を抑えた上で、下記の4つのポイントを抑えておきましょう。

・溝の深さ
・一度で何枚焼けるか
・素材や表面加工
・使用頻度や作りたいレシピ


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいワッフルメーカーを選べるはずです。

ワッフルメーカーはおやつだけでなく、朝食や軽食など、手軽に簡単にワッフルを作ることができます。また、デザインなどもチェックすることで、キッチン周りなどがおしゃれになることもあります。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

【関連記事】ワッフルメーカーの関連商品もチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


電気フライヤーおすすめ10選【おうちで美味しい揚げ物料理を】操作簡単・洗える手軽なモデルも紹介

電気フライヤーおすすめ10選【おうちで美味しい揚げ物料理を】操作簡単・洗える手軽なモデルも紹介

本記事では、家電ライターのたろっささんへの取材のもと、電気フライヤーの種類や特徴、必須の機能といった選び方を解説。また記事の後半には、油を使うオーソドックスタイプ・油を使わないノンフライタイプなどのおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag キッチン・調理家電

【50cm以下もあり】スリム冷蔵庫おすすめ7選|一人暮らし~ファミリー用まで

【50cm以下もあり】スリム冷蔵庫おすすめ7選|一人暮らし~ファミリー用まで

本記事では、プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、スリム冷蔵庫の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ、家庭での使い方にあった冷蔵庫を探してみてください。

Icon mini tag 生活家電 , キッチン・調理家電 , 冷蔵庫・冷凍庫

コンパクトミキサーおすすめ18選|氷を砕けるタイプやドリンクホルダー付きまで

コンパクトミキサーおすすめ18選|氷を砕けるタイプやドリンクホルダー付きまで

本記事では、コンパクトミキサーの選び方やおすすめ商品を素材別にご紹介。また、記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングもご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , ミキサー・フードプロセッサー

スムージーミキサーおすすめ13選【2021年】そのまま飲めるタイプや氷対応も

スムージーミキサーおすすめ13選【2021年】そのまま飲めるタイプや氷対応も

食生活や生活習慣の乱れなどにより、野菜不足を気にしている人が多い昨今。いろいろなレシピがあるなかで、簡単に作れるスムージーは、野菜やフルーツを手軽に、そしてたくさん摂ることができます。ここでは、スムージー用ミキサー・ブレンダーの選び方とおすすめ商品をご紹介します!洗いやすいタイプや、ボトルとしてそのまま飲めるタイプ、氷も砕けるハイパワータイプのモデルもピックアップ!Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , ミキサー・フードプロセッサー

ヨーグルトメーカーおすすめ17選【2021年】毎日食べたい! 人気メーカーも

ヨーグルトメーカーおすすめ17選【2021年】毎日食べたい! 人気メーカーも

自家製ヨーグルトが簡単に作れるヨーグルトメーカー。市販のヨーグルトを買うよりコストを抑えられ、添加物も不使用なので子供にも安心です。本記事では、ヨーグルトメーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。アイリスオーヤマ、ビタントニオなどの人気商品もピックアップ!記事後半では、おすすめレシピも紹介しています。また、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag キッチン・調理家電 , 乳製品 , ヨーグルト

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。