タープのおすすめ7選 | 山岳写真家に聞くシーンに合わせた選び方と簡単・軽量な商品を紹介

タープのおすすめ7選 | 山岳写真家に聞くシーンに合わせた選び方と簡単・軽量な商品を紹介

山岳写真家:荒井 裕介
山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

ポールとロープで布を張り、簡易的な屋根を作ることができる「タープ」。屋外で快適な時間を過ごすことができるだけでなく、日光や雨風から守ってくれるため、キャンプなどのアウトドアシーンで大活躍のアイテムです。しかし、サイズや生地の厚さ、性能など種類はさまざまで、どれを買うべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、タープの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。売れ筋ランキングも参考にしてください。


タープの選び方|山岳写真家に聞く

山岳写真家の荒井裕介さんに、タープを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

タープ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

タープがあれば焚き火もしやすく、アウトドア気分も盛り上がりますね。

使うシーンに合わせて選ぶ

山岳写真家

タープと聞くとオートキャンプなどの大型のタープを想像する人も多いと思いますが、タープはUL系(※)のフロアレスシェルターの原型で沢登りやブッシュクラフトでは定番のアイテム。今また注目されている野営道具のひとつです。

タープを使うシーンとしては焚き火をするシーンが多いですが、冬季に雪洞をつくる際にも使用します。また、オープンビバークができない場合にも屋根として使用が可能で、上級者では通年をとおして使用しているアイテムです。

テントより開放的でシューズを脱がずに使用でき、設営のバリエーションも豊富で経験を積むと地形や周辺環境に合わせてアレンジができるようになりますよ。

(※)UL=ウルトラライト(超軽量)

Unigear(ユニジア)『防水タープ』

ハンモックタープや焚き火タープなど多様な使い方ができる商品もあります。

>> Amazonで詳細を見る

タープの種類と素材で選ぶ

山岳写真家

タープのなかでも四角いタープがシワなく設営できれば、ウィングやヘキサタープも同じ要領で張ることはできます。

風に強く張力の強いウィングタープやヘキサタープは、ファミリーキャンプで使用できるような大型のものもあり、日よけや雨天時に活躍してくれます。そして、キャンプ用の物には厚手で風に煽られても耐久性のあるものがほとんど。大型のタープは、生地の厚さやサイズにも注目して選ぶとよいでしょう。

また、トレキングなどに利用する場合は、薄く耐久性のあるシルナイロンなどの軽量素材が扱いやすくおすすめです。

特性や機能で選ぶ

山岳写真家

焚き火をするシーンの多い沢登りやブッシュクラフトでは、火の粉によって穴が開くこともあります。そして、あらゆるロケーションにも対応できるようリフターの数が多いもののほうが使いやすくなっています。

また、スクエアータープの特性上シンプルなものが多いですが、張り綱を取り付けるリフター(張り綱用のループ)の数や縦横比などを考慮すると扱いやすくおすすめです。

一方、キャンプ用であればタープポールなどのオプションがあるものが使いやすく、テントのようにインナーを取り付けられるものもあるので、オプションに注目するものいい選択方法ですね。

タープの種類と形状

タープにもさまざまな種類があるのでかんたんに形状と特徴を説明します。

一枚布タイプ

ヘキサタープ

ヘキサタープはヘキサ(六角形)を意味していて、タープを広げた時に六角形の形をしているのが名前の由来です。タープの中でも一番スタンダードなタイプで、BBQ時に利用したりファミリーキャンプ向けにと用途は幅広く使用されます。

設営はやや難しめで、慣れることで一人でも設営は可能ですが、初心者の方は特に経験者からタープの張り方を教わりながら使用するといいでしょう。

LOGOS(ロゴス)『Black UV ヘキサタープ』

雨風に強く、UVカットの素材が使われたヘキサタープ。

>> 楽天市場で詳細を見る

レクタタープ|スクエアタープ

広げた時にレクタングル(長方形)、スクエア(正方形)の形状をになるタープです。四隅と真ん中の計6本を使用するため、ヘキサタープよりも日陰部分が広くなりより大人数での利用に適したタイプです。

設営はヘキサタープに比べ難しく、風に弱いというデメリットがありますが、開放感や広々とした日陰空間を求めている方にはぴったりです。

Unigear(ユニジア)『防水タープ』

防水性能に優れ、レクタタープながらも設営のアレンジの自由度の高い商品。

>> Amazonで詳細を見る

本記事は、レクタタープに詳しいアウトドアライターの夏野栄さんへの取材をもとに、レクタタープの選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。夏の暑い日差しや急な雨など、さまざまな状況からキャンパーを守ってくれるレクタタープは、キャンプの快適さを決める大事なアイテムです。ぜひ専門家の選び方を参考にして、自分の条件に合ったタープを探してみてください。

スクリーンタープ

スクリーンタープはテントと同じ要領で利用できるタープを指します。ナイロンやメッシュで四方を囲う形状なので、夏場の虫除けや風通しがいいプライベート空間を演出できます。

その他のタープに比べれば、設営が難しく、撤去も時間がかかる、収納性や重量の面も悪いというデメリットがあります。しかし、キャンプ時に快適な空間で自然を感じるには最適なので、本格的キャンプを満喫したい方は是非購入を検討してみてください。

ロゴス『Q-PANEL iスクリーン』

フレームがあらかじめつながっているスクリーンタープ。基本難しい設営や撤収なども一人でできるタープです。

>> Amazonで詳細を見る

キャンプやアウトドアで活躍するタープ。オープンタイプと異なり、虫よけや日よけもできて、プライベートな空間も確保できるスクリーンタープがとくに人気です。そこで今回は、アウトドア&旅ライター・編集者の大森弘恵さんに、スクリーンタープの上手な選び方とおすすめ製品を取材、内容をまとめました。すでにオープンタイプのタープをもっている人や新たに購入を検討している人は、ぜひ納得の製品選びに役立ててください。

自立式タープ|ワンタッチタープ

フレームが元々連結しているものや、繋げるだけのかんたん作業で、設営ができるタイプです。初心者の方でもらくらく設営が可能なので、初めてのキャンプやBBQ、アウトドアイベントなどで活躍します。

風に弱く、収納性が悪い、一枚布タイプのタープに比べて応用が効かないなどのデメリットがありますが、利便性の高さがそれを上回るので、用途に応じて購入を考慮してみましょう。

Coleman(コールマン)『インスタントバイザーシェード M』

ワンタッチで設営が可能な自立型のタープ。らくらく設営できるので、イベント時などに役立ちます。

>> Amazonで詳細を見る

タープ7選|山岳写真家のおすすめ

うえで紹介したタープの選び方のポイントをふまえて、山岳写真家の荒井裕介さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

タープ

Photo by Daan Stoof on Unsplash

雨よけや日よけとしても便利なタープを使えば、キャンプも快適に過ごしやすくなります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RIPEN(ライペン)『ビバークタープ M』

出典:Amazon

サイズ
縦290×横250cm
耐水圧
-
重量
410g
生地の厚さ
30dnリップストップ
UVカット加工
-
カラーバリエーション
フォレストグリーン
Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5
山岳写真家

沢登り定番のタープ

サイズもちょどよく収納もフラットにできるうえに、ロールアップも可能な持ち運びに便利なタープ。専用のタープポールもありますが、タープ単体でじゅうぶん自在に使えます。

ツェルトやテントのタープとしてはもちろん、タープのみのビバークで使用しても扱いやすいリフターの配置です。

沢登りや源流釣り、ブッシュクラフトをよくする方におすすめの人気商品で、ベーシックなタープです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PaaGo Works(パーゴワークス)『ニンジャ タープ』

出典:楽天市場

サイズ
使用時:縦280×横280cm、収納時:Φ9cm×23cm
耐水圧
-
重量
本体:418g、総重量:500g
生地の厚さ
30Dシルナイロン
UVカット加工
-
カラーバリエーション
グレー
Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5
山岳写真家

変幻自在なジャパニーズタープ

この商品は、タープ同士の連結ができ、貼り方のバリエーションが30以上もあります。アクティビティーに合わせて貼り方のアレンジが可能で、遊びの幅が広がるのがうれしいですね。

また、各所にオリジナルの工夫が盛り込まれ、ULハイカーにも人気です。変則のスクエアーと独特の形状ですが、設営しやすくカヤックツーリングなどにもおすすめ。

さまざまなタープを試した人も、このタープの自由度の高さには驚くはず。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Unigear(ユニジア)『防水タープ』

出典:Amazon

サイズ
M:縦220×横240cm、L:縦300×横300cm、XL:縦300×横400cm
耐水圧
3,000mm以上
重量
-
生地の厚さ
210Dオックスフォード
UVカット加工
あり
カラーバリエーション
アーミーグリーン、ブラウン
Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5
山岳写真家

激安でも意外と使える焚き火タープ

焚き火専用というわけではありませんが、内側にシルバー加工がされており、焚き火の輻射熱(ふくしゃねつ)を有効利用できます。

また、強烈な日差しを遮ることも可能。ハンモックタープとしても焚き火タープとしても使いやすいサイズで、価格は驚きの3000円以下。火の粉が飛んで穴が開いてもお財布には痛くないですね。

ガシガシ使えて、ビバークスキルアップやブッシュクラフト、沢登りでも活躍してくれること間違いなし。初心者でも手がだせる価格なのがおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Rab(ラブ)『Siltarp(シルタープ)2』

出典:Amazon

サイズ
縦244×横305cm
耐水圧
-
重量
393g
生地の厚さ
30D 超軽量コーデュラ(Cordura)(リップストップ)、シリコン シルコート(Sil-Coat)含浸
UVカット加工
-
カラーバリエーション
グレー、オリーブ、イエロー
Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5
山岳写真家

シルナイロンの超軽量タープ

スルーハイクやロングトレイルにおすすめのタープ。薄くて強いシルコートコーデュラナイロン製で、必要最低限の屋根がつくりだせます。

トレッキングポールや立ち木などで立てることを想定しおり、低く耐風性をもたせたりシンプルに野営をするのにちょうどよい仕様なのがポイントです。

もともとアドベンチャーレース用につくられたこのタープの最大の魅力は、約400gという軽さ。スタッフバックもゆとりがあるので、スピーディーに設営や撤収が可能。ファスト&ライト(スピードと軽量性を追求した)なタープです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

NORDISK(ノルディスク)『Voss 20 (ヴォス20) フォレスト・グリーン 』

出典:楽天市場

サイズ
使用時:縦450×横450cm、収納時:縦24×横39cm
耐水圧
3,000mm
重量
1,300g
生地の厚さ
-
UVカット加工
-
カラーバリエーション
フォレスト・グリーン
Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5
山岳写真家

方向を選ばない正方形タープ

タープを張る際、不慣れだと長辺と短辺の見分けがつかず苦労することがあります。このタープは4辺が同じ長さの正方形のため、張る方向を選びません。

考えることなく無造作に張れるので、悪天候時や夜間にビバークの準備を強いられる場合にストレスが軽減されますよ。また、サイズも四方3x3mと使いやすいサイズでクセがないのは、エントリーユーザーにもおすすめ。

ひし形に張る際もバラスが取りやすくシワになりにくいので、対雨性能も優れています。エントリーユーザーには扱いやすく、上級者には折り紙のような要領で多彩なアレンジができる優れものです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ペンタ シールド [1人用]』

出典:Amazon

サイズ
使用時:縦400×横320×高さ150cm、収納時:縦32×横9×高さ20cm 790g(本体のみ)
耐水圧
最小値:1,800mm
重量
790g(本体のみ)
生地の厚さ
75Dポリエステルタフタ
UVカット加工
あり
カラーバリエーション
ブラウン
Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5
山岳写真家

タープとしてもテントとしても使えるすごいヤツ

ヘキサタープとしてファミリーキャンプにも使えるのに、別売りのインナーを吊るすと開放的なテントやビーチでのサンシェードとしても使える優れもの。

キャンプ場の使用だけはなく、カヤックツーリングにおすすめです。また、開放的で焚き火との相性もよく、ワイルドキャンプ派にも向いています。

ヘキサタープならではの張力分散ができ、視点に掛かる力が分散され風にも強いのが特長です。開けた場所でも安心して設営できるので、タープ初心者にもおすすめします。

LOGOS(ロゴス)『Black UV ヘキサタープ』

出典:Amazon

サイズ
使用時:縦570×横500×高さ230cm、収納時:縦69×横16×高さ16cm
耐水圧
1,200mm
重量
4.4kg
生地の厚さ
68Dポリエステルタフタ
UVカット加工
あり
カラーバリエーション
ブラック
Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5
山岳写真家

強い日差しを防いでくれるタープ

遮光性に優れたブラックを使用しUVカット効果をもたせたキャンパー向けのタープ。一日中屋外で過ごすことが多いキャンプですが、女性やお子さんはもちろん、男性でも紫外線対策をしたいですね。

「黒は暑そう!」と思うかもしれませんが、風通しのいいタープならではの色といっても過言ではありません。

遮光性とUVカットを両立したこのタープであれば、かなり快適にすごすことができます。夏休みのファミリーキャンプにおすすめの大型遮光タープです。

お気に入りを見つけてぜひタープ泊を!|山岳写真家からのアドバイス

タープ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

開放的なタープを使って、いつもより自然を身近に感じてみてください。

山岳写真家

タープはアルプスなどのテントサイト(場所)では禁止はされていませんが、樹林帯と違い強風を避けることができないような場所では、思わぬ事故につながりかねません。そのような場所での使用はひかえましょう。

テントのメリットは自分だけの空間を得られることですが、タープのように開放的な夜は過ごせません。タープ泊の醍醐味といえば、なんといっても焚き火を仲間と囲んで過ごす夜ではないでしょうか。しかし、害虫などが気になりますよね。そんなとき、タープ泊では蚊帳をつるして虫の侵入を防ぐこともできます。

また、テントと同じかそれ以下の重量で広く快適なキャンプが可能になるのも魅力のひとつ。ハイシーズンのテントサイトなど人が多い時期、女性のなかにはプライバシーが気になる人もいるかもしれません。

ですが、自然をより近くに感じられると思えるのであれば、ぜひ一度はタープ泊に挑戦してもらいたいと思います。

アウトドアにつきものの「蚊」から身を守ってくれる蚊帳(かや)。メッシュのサイズなどがそれぞれ違うため、数ある蚊帳のなかからどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。夏場のキャンプでは活躍の機会が多いだけに、最適な一品を選びたいところです。そこで、山岳写真家の荒井祐介さんに取材し、アウトドアに最適な蚊帳の選び方とおすすめ商品をご紹介いたします!

まだまだあります ! タイプ別のタープをご紹介

海外や国内ブランドにはさまざまなタイプのタープがあり、上で紹介しきれなかった商品を紹介します。

ヘキサタープ

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ MDX』

出典:Amazon

サイズ
使用時:約420×420×高さ230cm、ポール:長さ26cm×約直径19cm
耐水圧
約1500mm
重量
約5.9kg
生地の厚さ
-
UVカット加工
UVPRO
カラーバリエーション
ベージュ、オリーブ

高さ調整が簡単! アウトドアデビューにも

気軽に高さ調整ができるタープ。両サイドのポールがクロスポールになっており、幅を広げるだけで高さ調整ができます。直感的に調整ができるので、初心者にも扱いやすいモデルです。

サイズが大きいので、数人での利用も可能。価格もリーズナブルなので、アウトドアデビューに使用してみてはいかがでしょうか。

Coleman(コールマン)『タープ ヘキサライト2』

出典:Amazon

サイズ
使用時/約420×420×高さ220cm、収納時:43cm×約直径17cm、ポール:長さ22cm×直径約2.5cm
耐水圧
約1200mm
重量
約4.3kg
生地の厚さ
-
UVカット加工
UVPRO
カラーバリエーション
グリーン

コンパクトに持ち運びできる6節ポール構造

高い収納性があり、荷物の多いアウトドアシーンで便利に利用できるタープです。ポールを6つに分割できる構造なので、コンパクトにまとめて持ち運べます。荷物をなるべく少なくしたいときや、片づけるスペースを節約したいときに便利です。

ポールはφ25mmと太く、強度も充分。幅広いシーンに対応できるタープです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『オルディナ ヘキサ タープ セット』

出典:Amazon

サイズ
約400×420cm
耐水圧
重量
(約)3kg
生地の厚さ
UVカット加工
UV-PROTECTIONコーティング生地
カラーバリエーション

紫外線95%カット! 日光も雨もしっかりブロック

鮮やかなブルーが目を惹くデザイン。UV-PROTECTIONコーティング生地を採用しているので、アウトドアで気になる紫外線を95%カットできます。また、シームレス加工により、縫い目からの雨の侵入を防いでくれます。

4~6人がはいれる充分なスペースがあり、設営も簡単なのでファミリーで使いやすいタープです。

レクタタープ

UST(アルティメイトサバイバルテクノロジー)『オールウェザータープ』

サイズ
243×182cm
耐水圧
-
重量
190g(タープのみ)、420g(付属品込み)
生地の厚さ
-
UVカット加工
-
カラーバリエーション
ベージュ

コンパクトで軽量! ソロキャンプに重宝するタープ

軽量でコンパクトなタープです。一人で使うのにちょうどいいサイズで、ソロキャンプで活躍します。

タープの裏面はアルミニウム蒸着コーティングなので、熱を逃しにくく、焚火などで暖を取るときにも重宝します。また、緊急時には体温を保つエマージェンシーブランケットとしても利用可能。

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Cotton Recta』

出典:Amazon

サイズ
約440×495cm
耐水圧
-
重量
約7.4kg
生地の厚さ
-
UVカット加工
-
カラーバリエーション
-

火の粉で穴が開きにくいコットンタープ

焚火の火の粉で穴の開きにくい、耐久性が自慢のタープです。化学繊維ではなくコットンを使っているのがポイント。PUコーティングはされていませんが、耐水性もしっかりあります。

劣化が少ないので、適切なお手入れをしてあげれば永く使えるタープです。旅の相棒のような道具をお探しの方はぜひ検討してみてください。

ワンタッチタープ

Coleman(コールマン)『インスタントバイザーシェード M』

出典:Amazon

サイズ
シェード:約270×270cm、フレーム:約220×220×250cm、収納時:約直径18×118cm
耐水圧
800mm
重量
約13kg
生地の厚さ
-
UVカット加工
UVPRO
カラーバリエーション
グリーン/ベージュ

設営簡単で使いやすい! 風にも強いテントタープ

ワンタッチタイプのタープです。簡単に設営できるので、庭先でのBBQやイベントのときに便利。風に強い形状なので、春先にも活躍してくれます。

別売りのサイドフラップを付ければ、より日差し対策ができて使い方の幅が広がります。付属のケースは手提げが付いていて持ち運びも楽々です。

スクリーンタープ

LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン』

出典:Amazon

サイズ
本体サイズ:約350×350×225cm、収納サイズ:約106×21×21cm
耐水圧
1,600mm
重量
約10.4kg
生地の厚さ
UVカット加工
あり
カラーバリエーション
グリーン

手間のかかる設営も撤収もひとりでらくらく

テントとフレームはあらかじめつながっているので、設営も撤収もひとりでOK。フレームをのばし、関節部分を押し込むようにすればフレームがロックされるという仕組みで、作業は慣れると非常にかんたん。

背面は幅270cmまたは300cmの同社テントを接続可能。前面は同社独自のPANELシステムのおかげでクルマと連結したり、キャノピー(ひさし)として利用したり、使い勝手が良好です。

【関連商品】用途によって変更するためにタープポールを紹介

使うシーンによって適したタープポールが変わってくるため、用途別で使いやすいポールをご紹介します。

snow peak(スノーピーク)『ウイングポールレッド 280cm(TP-001RD)』

出典:Amazon

サイズ
使用時:縦280cm
耐水圧
-
重量
1.2kg
生地の厚さ
-
UVカット加工
-
カラーバリエーション
レッド

頑丈でアクティブに使える!連結も楽で使いやすい

板厚1.5mmのアルミ合金を使用した太くて頑丈なポールです。川辺や山など、シーンを選ばず使えるので、アウトドアをアクティブに楽しむことができます。

接続はブッシュボタン式なので、親指で押し込むだけで簡単に連結することが可能。ゴム製のエンドキャップを装着しているので、水や石などにも強くて安心です。

LOGOS(ロゴス)『プッシュアップポール 250cm』

出典:Amazon

サイズ
105cm〜250cmの間で調整可能(34段階)
耐水圧
-
重量
約670g
生地の厚さ
-
UVカット加工
-
カラーバリエーション
-

細かく高さを調整できる!タフさも魅力のポール

長さを34段階調節できるポールです。細かく調整ができるので、タープのサブポールとして使えばさまざまなアレンジに活用できます。

250cmまで長くできますが、収納サイズは103cmとコンパクト。アルミ素材で堅牢性と軽さもあり、扱いやすいアイテムです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

RIPEN(ライペン)『ビバークタープ M』
PaaGo Works(パーゴワークス)『ニンジャ タープ』
Unigear(ユニジア)『防水タープ』
Rab(ラブ)『Siltarp(シルタープ)2』
NORDISK(ノルディスク)『Voss 20 (ヴォス20) フォレスト・グリーン 』
snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ペンタ シールド [1人用]』
 LOGOS(ロゴス)『Black UV ヘキサタープ』
Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ MDX』
Coleman(コールマン)『タープ ヘキサライト2』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『オルディナ ヘキサ タープ セット』
UST(アルティメイトサバイバルテクノロジー)『オールウェザータープ』
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Cotton Recta』
Coleman(コールマン)『インスタントバイザーシェード M』
LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン』
snow peak(スノーピーク)『ウイングポールレッド 280cm(TP-001RD)』
LOGOS(ロゴス)『プッシュアップポール 250cm』

商品

RIPEN(ライペン)『ビバークタープ M』 PaaGo Works(パーゴワークス)『ニンジャ タープ』 Unigear(ユニジア)『防水タープ』 Rab(ラブ)『Siltarp(シルタープ)2』 NORDISK(ノルディスク)『Voss 20 (ヴォス20) フォレスト・グリーン 』 snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ペンタ シールド [1人用]』 LOGOS(ロゴス)『Black UV ヘキサタープ』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ MDX』 Coleman(コールマン)『タープ ヘキサライト2』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『オルディナ ヘキサ タープ セット』 UST(アルティメイトサバイバルテクノロジー)『オールウェザータープ』 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Cotton Recta』 Coleman(コールマン)『インスタントバイザーシェード M』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン』 snow peak(スノーピーク)『ウイングポールレッド 280cm(TP-001RD)』 LOGOS(ロゴス)『プッシュアップポール 250cm』

特徴

沢登り定番のタープ 変幻自在なジャパニーズタープ 激安でも意外と使える焚き火タープ シルナイロンの超軽量タープ 方向を選ばない正方形タープ タープとしてもテントとしても使えるすごいヤツ 強い日差しを防いでくれるタープ 高さ調整が簡単! アウトドアデビューにも コンパクトに持ち運びできる6節ポール構造 紫外線95%カット! 日光も雨もしっかりブロック コンパクトで軽量! ソロキャンプに重宝するタープ 火の粉で穴が開きにくいコットンタープ 設営簡単で使いやすい! 風にも強いテントタープ 手間のかかる設営も撤収もひとりでらくらく 頑丈でアクティブに使える!連結も楽で使いやすい 細かく高さを調整できる!タフさも魅力のポール

価格

Amazon : ¥ 11,016
楽天市場 : ¥ 11,220
Yahoo!ショッピング : ¥ 11,220
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 22,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 22,000
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,699
楽天市場 : ¥ 6,104
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,111
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 25,300
Yahoo!ショッピング : ¥ 23,558
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 36,960
Yahoo!ショッピング : ¥ 36,960
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 12,980
楽天市場 : ¥ 12,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 12,980
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,280
楽天市場 : ¥ 17,050
Yahoo!ショッピング : ¥ 16,280
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,232
楽天市場 : ¥ 16,602
Yahoo!ショッピング : ¥ 16,602
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 11,515
楽天市場 : ¥ 14,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 11,480
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,690
楽天市場 : ¥ 7,720
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,804
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,323
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 29,480
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,440
楽天市場 : ¥ 7,433
Yahoo!ショッピング : ¥ 7,515
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 55,000
楽天市場 : ¥ 54,209
Yahoo!ショッピング : ¥ 55,240
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 8,800
楽天市場 : ¥ 8,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,800
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,750
楽天市場 : ¥ 2,750
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,750
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格

サイズ

縦290×横250cm 使用時:縦280×横280cm、収納時:Φ9cm×23cm M:縦220×横240cm、L:縦300×横300cm、XL:縦300×横400cm 縦244×横305cm 使用時:縦450×横450cm、収納時:縦24×横39cm 使用時:縦400×横320×高さ150cm、収納時:縦32×横9×高さ20cm 790g(本体のみ) 使用時:縦570×横500×高さ230cm、収納時:縦69×横16×高さ16cm 使用時:約420×420×高さ230cm、ポール:長さ26cm×約直径19cm 使用時/約420×420×高さ220cm、収納時:43cm×約直径17cm、ポール:長さ22cm×直径約2.5cm 約400×420cm 243×182cm 約440×495cm シェード:約270×270cm、フレーム:約220×220×250cm、収納時:約直径18×118cm 本体サイズ:約350×350×225cm、収納サイズ:約106×21×21cm 使用時:縦280cm 105cm〜250cmの間で調整可能(34段階)

耐水圧

- - 3,000mm以上 - 3,000mm 最小値:1,800mm 1,200mm 約1500mm 約1200mm - - 800mm 1,600mm - -

重量

410g 本体:418g、総重量:500g - 393g 1,300g 790g(本体のみ) 4.4kg 約5.9kg 約4.3kg (約)3kg 190g(タープのみ)、420g(付属品込み) 約7.4kg 約13kg 約10.4kg 1.2kg 約670g

生地の厚さ

30dnリップストップ 30Dシルナイロン 210Dオックスフォード 30D 超軽量コーデュラ(Cordura)(リップストップ)、シリコン シルコート(Sil-Coat)含浸 - 75Dポリエステルタフタ 68Dポリエステルタフタ - - - - - - -

UVカット加工

- - あり - - あり あり UVPRO UVPRO UV-PROTECTIONコーティング生地 - - UVPRO あり - -

カラーバリエーション

フォレストグリーン グレー アーミーグリーン、ブラウン グレー、オリーブ、イエロー フォレスト・グリーン ブラウン ブラック ベージュ、オリーブ グリーン ベージュ - グリーン/ベージュ グリーン レッド -

商品情報

通販サイトのタープランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのタープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:タープランキング
楽天市場:タープランキング
Yahoo!ショッピング:タープテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連商品】タープ設営用品やテント用品をお探しの方はこちらもチェック!

アウトドアでテントやタープを設営するとき、必ずお世話になるアイテムがペグです。ペグの素材は主に3種類で、丈夫なスチール製、軽さと丈夫さを両立しているアルミ製、軽くて持ち運びが楽なプラスチック製があります。テントやタープに付属のものでは頼りないと買い足しにアウトドアショップに出向くと、素材だけでなく形状もさまざまな商品がずらりと並んでいて、どれを選べばよいのか迷います。この記事では、屋外レジャーに詳しいアウトドア&旅ライターである大森弘恵さんにお話を伺い、ペグの選び方とおすすめ商品について説明します。選び方を参考にして、自分に合ったペグを探してくださいね。

寝ている間に地面からの冷気で身体が冷えることを防いでくれる「登山用のテントマット」。山は、冬場だけでなく夏場でも思った以上に気温が下がるため、登山などのアウトドアシーンには必要なアイテムです。しかし、折りたたんで持ち運べるタイプやエアーを注入して膨らませるもの、断熱性のちがいなど、テントマットの種類もさまざま。どのようなタイプを買うべきなのか、迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、登山用のテントマットの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。

キャンプのとき、日陰を作ったり、夜露を防いで快適な食事やくつろぎのリビングスペースを構築したりするのに欠かせないアイテムがタープです。なかでもコールマンのタープやテントは、いろいろなキャンプ場でよく見かけるほど普及しています。それだけ機能と価格のバランスがよく、多くのユーザーに支持されていることの証といえるでしょう。この記事ではキャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、コールマンタープの選び方のコツとおすすめ商品をご紹介します。

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。また、フレームを代用し軽さと張り方のバリエーションにアレンジが効くツェルトも、欠かせないアイテムのひとつとなっています。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんにお話をうかがい、プロ視点によるツエルトの選び方とおすすめの商品をご紹介します。利用するシーンを想定してご自身にあったツェルトを探し出してみてください。

軽量でのアウトドアや登山を行うときにあると快適なのが、軽量登山用テントです。ただし、用途に合った選び方をしていないと、天候によっては役に立たなかったり、無駄にオーバースペックで運搬のじゃまになったりすることもあります。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、軽量登山用テント選びのポイントを解説していただきました。実践を積んだ経験者にしかわからないポイントや、つい見逃しがちな重要ポイントなど、おすすめ商品とともに紹介していきます。ぜひ快適なアウトドアライフの参考にしてください。

キャンプに欠かせないペグハンマーは、テントやタープを地面に固定する専用のハンマーです。ペグとはテントのロープを地面に固定する掛け釘で、硬い地面に打ち付けるにはペグハンマーがあると素早く簡単に作業ができて楽になります。アウトドアライター/キャンプブロガー・SAMさんへの取材をもとに、ペグハンマー選びのポイントと、ペグハンマー5商品を厳選して紹介します。

タープについて7つのポイントをおさらい

1.テントと同じかそれ以下の重量で広く快適なキャンプが可能
2.ウィングタープ・ヘキサタープは大型のものがあり、日よけや雨天時に活躍
3.スクエアータープはシンプルだが扱いやすい
4.キャンプ用のものは耐久性がある
5.軽量素材で薄く耐久性のあるシルナイロンなどは、トレキングなどの利用に便利
6.リフターの数が多い方があらゆるロケーションに対応できる
7.オプションに注目して選ぶ

タープは適切なものを選べばキャンプをより快適にしてくれます。上記のポイントを意識して、用途にあったタープを選びましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/28 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにバラクラバ(目出し帽)のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。防寒性に優れ、ウィンタースポーツやロードバイクなどで使用することも多いバラクラバですが、夏場に嬉しいUVカット機能付きのタイプや、花粉をカットしてくれるタイプなど種類がさまざまです。この記事では、数あるバラクラバの中から厳選した商品をご紹介します。最後に各ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。