スクリーンタープおすすめ17選と選び方|人気コールマンやワンタッチ、連結タイプなど

スクリーンタープおすすめ17選と選び方|人気コールマンやワンタッチ、連結タイプなど

キャンプやアウトドアで活躍するタープ。オープンタイプと異なり虫よけや日よけもできて、プライベートな空間も確保できるスクリーンタープが人気です。スノーピーク、コールマン、ロゴスなどをはじめ種類や機能はさまざま。そこで、スクリーンタープの上手な選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

そもそもスクリーンタープとは? 虫よけ、遮光、風除け、プライベート空間の確保に

屋根部分しかないタープとは異なり、ナイロンやメッシュで四方が囲われているのがスクリーンタープ。「虫よけ、遮光、風除け」ができ、キャンプやバーベキューなどのアウトドアで活躍してくれます。

リビングのようなプライベート空間を確保できる、壁を閉じれば急な悪天候でも中は濡れない、強い風が吹いてテーブルの上の紙コップなどが飛ばないので安心です。

スクリーンタープは冬場のキャンプでも活躍!

冬場のキャンプの最大の課題は、どう寒さ対策を行うか。数ある方法の中でメインとして使う人が多いと思うのが、石油ストーブではないでしょうか。ただし、密閉された狭いテント内で使用すると、酸欠状態になり一酸化中毒になる可能性があります。

そこで、フルクローズタイプのスクリーンタープを使えば、1カ所だけ換気のために開けておけば随時空気の入れ替えができるので、安心して石油ストーブを使うことが可能になります。

スクリーンタープの選び方 キャンプをするなら、テントとセットで購入したい

スノーピークのテントとタープ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

テントとタープを組み合わせて、より快適な居住空間をつくりあげることができます。

はじめてスクリーンタープを購入する人は、ぜひ選び方を参考にしてみてください。

使用人数に合ったサイズを選ぶ

快適に過ごすためには、使用人数に合ったサイズのスクリーンタープを選ぶことが大切です。使用人数の目安は下記を参考に適切なサイズを選びましょう。

■1~2人の場合:300×300cm
■3~4人の場合:330×330cm
■5~6人の場合:360×36cm
■7人以上の場合:400×400cm



なお、使用人数の目安が表記されていない場合は、スクリーンタープの縦と横の幅で決めるといいでしょう。できるだけゆったり過ごせるサイズのものを選んでみてください。

設営方法で選ぶ

設営方法には組み立てタイプとワンタッチタイプがあります。自分に合う組み立て方法を選びましょう。

テントと同じ要領で設営できる「組み立てタイプ」

組み立てタイプのスクリーンタープは自立しており、テントと同じように設営できます。なかにはポールをセットするだけで完成する製品も。

悪天候でも使用可能にするためには、ロープなどの備品の用意も忘れず行ってください。

折りたたみ傘と同じような仕様の「ワンタッチタイプ」

かんたんに設営したい場合、ワンタッチタイプが便利です。傘を開くようなイメージで、骨組み部分を引き上げて完成します。組み立て式よりも手軽に設営可能です。

また、ワンタッチと似た設営スタイルのポップアップタイプもあります。こちらは広げるだけで設営でき、さらにスリムで持ち運びもしやすいタイプ。ただ同時にコンパクトなサイズ感のものが多くなりますので、タイプ別に長所・短所をおさえ、スタイルにあったスクリーンタープを選びましょう。

設営のしやすさも大切

スクリーンタープは、設営の手間がかかります。ひとりで設営するのが難しいものも多いので、選ぶときには注意が必要です。

スクリーンタープのなかには、かんたんに設営できるタイプもあります。設営がかんたんなスクリーンタープは撤収も容易です。ワンタッチで設営できるタイプなどもあるので、設営に手間をかけたくないという方は要チェック。

機能で選ぶ

雨が降っても安心な耐水圧や日差しを防ぐ遮光性、持ち運びやすさなども確認しておきましょう。

耐水圧で選ぶ

スクリーンタープには、タープの生地が耐えられる水圧を示す「耐水圧」が定められており、耐水圧の数値が高いほど強い雨にも耐えられます。

一般的にタープの耐水圧が1000~1300mmなので、強い雨が降った時を想定して1500mmあれば安心。ただし、耐水圧が高いほど通気性が悪くなるので要注意です。夏場などには、スクリーンタープのなかが蒸し暑くなってしまうこともあるので、耐水圧は通気性とのバランスを考えて選びましょう。

遮光性をチェック

日差しを防ぐのは、スクリーンタープの役目のひとつです。夏場の直射日光はとくに強いので、熱中症や日焼け対策には遮光性能の高さが重要となります。

遮光性能の高いスクリーンタープを選ぶためには、色の濃さと生地の厚さを確認してみてください。なかには、UVカット加工が施されているスクリーンタープもあります。

収納時のサイズなど持ち運びやすさをチェック

細長く収納できるスクリーンタープがほとんどですが、購入前には収納袋の有無や収納したときのサイズ、重さなども確認しておくようにしましょう。

軽すぎると設営したときの安定感に欠けるので、持ち運びやすさとのバランスも意識することが大切です。使わないときに保管しておく場所と、収納したスクリーンタープのサイズが合うかどうかもチェックしておきましょう。

テントと連結できるとより快適

スクリーンタープはデイキャンプで日よけ、虫よけとして単体で利用することができます。さらに肌寒い春先や秋冬キャンプでは、テントと接続して冷気を遮断する大事な役割を果たしてくれます。

そういった使い方も考慮すると、開口部が大きくテント入り口を中に入れやすいタイプが便利です。すでにテントを持っているなら、サイズを確認して、少し余裕があるスクリーンタープを選びましょう。

なお、フラップタイプのジョイントシステムが付いていれば、テントとスクリーンタープの隙間を埋められ、冷えや虫を遮断可能。万全を期したい人は試してみてください。

夏はフルオープン、冬はフルクローズが便利

スクリーンタープは、家のなかでいうリビングにあたる部分。タープと違い、ある程度のプライベード空間を作り出せるのが魅力です。

しかしアウトドアで使用するものですので、季節に応じたものを選びましょう。たとえばフルクローズタイプであれば、寒い冬でも寒気をシャットアウトし、中の暖かさを外に逃がしません。

あるいは、夏場などの暑い季節にはフルオープンタイプを選ぶと、通気性がよくなり開放的に気持ちよく過ごせます。さらにメッシュタイプであれば虫除けにもなりますね。

スクリーンタープのおすすめメーカー・ブランド コールマン、スノーピーク、ロゴス、キャプテンスタッグ、オガワ

スクリーンタープのおすすめメーカー・ブランドをご紹介します。

コールマン

アメリカ発のアウトドアブランド「コールマン」は、リーズナブルな価格帯が魅力。品質がよく、ホームセンターなどでも陳列されていることも多いブランドです。

スクリーンタープでは、フルクローズタイプのラインナップが豊富。それ以外にも、テントと連結できるタイプや一人で設置しやすいタイプなど、さまざまな種類のスクリーンタープの取り扱いがあります。

スノーピーク

新潟県三条市にある日本のブランド・スノーピークは、良品質のアウトドア用品を取り扱っています。

スノーピークのシールド加工されているスクリーンタープは、遮光性にすぐれているため、夏場などはより快適に過ごすことができます。

ロゴス

家族でも利用しやすいアウトドア用品をお探しなら、総合アウトドアブランド・ロゴスがおすすめです。

ロゴスのスクリーンタープは、デザインも豊富なため、好みのものも見つかるでしょう。また小さな子どもがいても設営しやすかったり、高機能メッシュが採用されてたり、使いやすく過ごしやすい工夫がされている製品もありますので要チェックです。

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグは、購入しやすい価格帯と使いやすさが魅力の日本のアウトドアブランドです。

スクリーンタープにはキャリーバック・キャスターバック付きで、持ち運びやすいように工夫された製品も。多人数で利用できる大きめタイプの取り扱いもあります。

オガワ

1914年創業の日本の老舗ブランド・オガワは、アウトドア用品・防災用品・業務用品などを取り扱っています。集会用のテントや自衛隊で採用された野外洗濯セットなど、アウトドアのなかでも、多様な製品を開発・販売しています。100年以上前から続くブランドの品質は、その歴史の長さが物語ります。

オガワのロッジタイプ・ドームタイプなどのスクリーンタープは、ほどよいプライベート感が魅力です。

スクリーンタープおすすめ17選 人気のコールマンやロゴス、連結できるタイプなど!

うえで紹介したスクリーンタープの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』

Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:約400×360×210cm、収納サイズ:約26×26×74cm
重量 約12.5kg
耐水圧 2,000㎜
UVカット加工 あり(UVPRO)

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

虫も冷えも遮断する接続フラップ付き

前後ドアパネルのほかに、サイドにも2面ドアを持つため、どのようにファニチャーを置いても出入りが楽なようになっています。

一度はめると抜けにくいアシストクリップを採用することで、大型ですがひとりで設営できる頼もしい構造。

また、パネルをすべて閉じた状態でも、上部2カ所、下部4カ所に外気と空気を循環させるベンチレーターを装備し、湿気がたまりにくいようになっています。同社タフシリーズと連結できるフラップが付きます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン』

LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:約350×350×225cm、収納サイズ:約106×21×21cm
重量 約10.4kg
耐水圧 1,600mm
UVカット加工 あり

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

手間のかかる設営も撤収もひとりでらくらく

テントとフレームはあらかじめつながっているので、設営も撤収もひとりでOK。フレームをのばし、関節部分を押し込むようにすればフレームがロックされるという仕組みで、作業は慣れるとひじょうに簡単です。

背面は幅270cmまたは300cmの同社テントを接続可能。前面は同社独自のPANELシステムのおかげでクルマと連結したり、キャノピー(ひさし)として利用したり、使い勝手が良好です。

ドアは前後2面ですが、全面のPANELシステムは跳ね上げドアのように素早く出入りできるのが便利。夜間はファスナーできっちり閉めておきましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『モンテ メッシュタープ(UA-1076)』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『モンテメッシュタープ(UA-1076)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:約310×330×200cm、収納サイズ:約72×22×22cm
重量 約6kg
耐水圧 1,000mm
UVカット加工 なし

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

スクリーンタープの元祖が今どき仕様に進化

キャプテンスタッグは、子どもの「虫が嫌い」という声に、タープにメッシュパネルを取り付ければよいのではないかと考え、スクリーンタープを発明。1994年に発売しました。

モンテ メッシュタープは、そのとき生まれたラニーメッシュタープテントをやや小ぶりにした新製品。メッシュは4面巻き上げることができ、どこからでも出入り可能です。直線で構成されているので開放感があります。

なにより重量6kgで気軽に持ち運べるのがうれしいところです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』

ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:480×200×320mm、収納サイズ:80×30×30cm
重量 総重量(付属品除く): 12.6kg(フライ:約5.5kg、ポール:約7.1kg)付属品重量: 約5.5kg
耐水圧 1,800mm
UVカット加工 なし

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

居住性の高いロッジ型なのに驚くほど軽量

50年以上前からロッジ型テントを作り続けているオガワs。同社は新たにアルミフレームを採用したロッジ型のシェルター&テントを発売しました。

ロッジ型は居住性のよさが特徴ですが、スチール製ポールを採用した従来の製品は、小型のシェルターであっても総重量20kgが当たり前。これに対してネオキャビンは、12.6kgと大幅な軽量化を実現しています。

リビングとして使ってもよく、別売のインナーテントを使えばロッジ型テントとなり、ノスタルジックな雰囲気を楽しめます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』

ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:350×210×460cm、収納サイズ: 92×36×54cm
重量 幕体:約9.68kg ポール:約16.35kg
耐水圧 1,800mm
UVカット加工 あり

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

自分のスタイルを表現できるロッジ型

スチール製ポールを採用しており、ポールと幕を合わせて26kg超という重量級ロッジ型シェルター。ところが設営は、ストレートなポールで構成されているため、ひとりでできるほど簡単です。

後部には縦ファスナーが搭載されているので、ドームテントとのジョイントも可能。もちろん、別売の専用インナーでロッジ型テントとして使うこともできます。

このほか、たき火の火の粉に強いT/C製フライや、グラウンドスタイルに最適なリビングシートなど、自分のキャンプスタイルにあったリビングを構成できる別売アクセサリーがそろっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ZANE ARTS(ゼインアーツ)『ゼクーM(PS-003)』

ZANEARTS(ゼインアーツ)『ゼクーM(PS-003)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:440×380×250cm
重量 11.5kg
耐水圧 1,500mm
UVカット加工 あり(遮光PU加工)

Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb

アウトドア&旅ライター・編集者

広々過ごせるワンポールシェルター

コンパクトだけれども広々過ごせるワンポールシェルターが登場。エクステンションフレームのおかげで端のほうの圧迫感を解消し、4人分のファニチャーを収めてゆっくり過ごせる空間を確保してくれます。

オールメッシュではありませんが、ワンポールのわりにメッシュ部分が多く、風通しはなかなかのもの。遮光ポリウレタン加工のおかげで日差しの透過も軽減。

また、リビングシート付属でグラウンドスタイルにも対応しています。

コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』

コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』

出典:Amazon

サイズ 約320cm×340cm×215cm
重量 約11.3kg
耐水圧 約1200mm
UVカット加工 -

高い耐水圧で雨の日でも安心

山の天気は変化しやすいもので、突然雨が降ったりということもざらにあります。そんなときに使えるのがこのスクリーンタープです。耐水圧は約1200㎜とかなりの高さで、激しい雨でも濡れずに過ごすことができます。設営方法も簡単なので、キャンプには欠かせないものになりそうです。天候の変化が心配な方や、雨の日でもキャンプに行きたい方におすすめです。

コールマンジャパン『スクリーンIGシェード』

コールマンジャパン『スクリーンIGシェード』

出典:Amazon

サイズ 約210cm×180cm×120cm
重量 約3kg
耐水圧 約500mm(フロア:約1500mm)
UVカット加工 -

防虫機能があるから夏も快適

住友化学が独自開発した防虫素材がメッシュ部分に使われているスクリーンタープです。メッシュ部分に接触すると、虫がノックダウンするので侵入を防ぐことができます。また、床への浸水を抑えるPEフロアや風に強いポールを使うなど、防虫以外の機能も充実しています。夏にキャンプに行きたいけれど、虫が苦手で気になるという方にぴったりのテントです。

North Eagle(ノースイーグル)『フルクローズスクリーンタープ300 (NE1218)』

NorthEagle(ノースイーグル)『フルクローズスクリーンタープ300(NE1218)』

出典:楽天市場

サイズ 本体サイズ:300×300×200cm、収納サイズ:20×20×60cm
重量 7.3kg
耐水圧 1000mm
UVカット加工 あり

2本のポールでかんたん組み立て!

2本のポールでかんたんに組み立てられるスクリーンタープ。シンプルフレーム構造は、設営に慣れていない初心者にもぴったりです。

全面フルクローズタイプで、どんな季節にも対応でき快適に過ごせます。また、フルメッシュを採用、風通しも抜群です。UVカット素材を使用していて、紫外線を約90%カットしてくれるので女性にも安心。

QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ 3m(QC-ST300)』

QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ3m(QC-ST300)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:300×300×210cm、収納サイズ:20×20×135cm
重量 7.3kg
耐水圧 1000mm
UVカット加工 あり

家族で利用も! 紐を引っ張るだけのかんたん設置

初心者にもやさしい、紐を引っ張るだけで設置できるかんたん設計のスクリーンタープ。折り畳み傘のようにワンタッチなので、ひとりでも90秒ほどで設置可能です。

広さも高さもゆったり設計で快適。サイドジッパー式の採用で天幕を巻き取りしっかりと収納することができます。開放感もあって風通しもよく、家族で使うのにもぴったりです。

LOGOS(ロゴス)『スペースベース ドックスクリーン-N』

LOGOS(ロゴス)『スペースベースドックスクリーン-N』 LOGOS(ロゴス)『スペースベースドックスクリーン-N』 LOGOS(ロゴス)『スペースベースドックスクリーン-N』

出典:楽天市場

サイズ 本体サイズ:710×300×205cm、収納サイズ:99×28×28cm
重量 16.5kg
耐水圧 1600mm
UVカット加工 あり

ジョイントを伸ばすだけでセットアップ可能!

クイックシステム採用で、ジョイントを伸ばすだけでセットアップができるスクリーンタープ。ワンタッチで折り曲げるだけでカンタンに撤収もできます。パーツが一体化しているため、組み立ても片づけの際もパーツをなくす心配がなく安心です。

ワイドサイズなので、大人数のリビングとして利用を考えている人にぴったり。ほかにも通路としてもつかえたりと、使い勝手抜群です。

コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』

コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』

出典:Amazon

サイズ 約285cm×285cm×208cm
重量 約6kg
耐水圧 -
UVカット加工 -

設営時間がかからなくて簡単

広げて足をのばすだけで設営ができるスクリーンタープです。ポールを通すなど力のいる作業がいらないので、女性の力でも設営することができます。4面がメッシュスクリーンで出来ているので、虫の侵入が心配な方でも安心してる使うことができます。キャノピーを活用すると、空間を広くすることができるので、人数に合わせて調整ができます。女性だけのキャンプでも使えるスクリーンタープをお探しの方におすすめです。

コンポジット『スクリーンテント』

コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』

出典:Amazon

サイズ 約285cm×285cm×208cm
重量 約7kg
耐水圧 -
UVカット加工 -

キャノピーを広げてスペースの確保が可能

キャノピーを広げて使えるタイプのアイテムです。スペースを広く使いたい時や、荷物の出し入れが簡単にできます。雨が降ったときも荷物を濡らさずに、出し入れができるので突然の悪天候でも安心です。テントとリンクすることもできるので、使いたいシーンに合わせて変更できるのもポイントです。突然の悪天候にも対応できる頼もしいテントです。

Snow Peak(スノーピーク)『タープ カヤード(TP-400)』

SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』 SnowPeak(スノーピーク)『タープカヤード(TP-400)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:680×490×210cm、収納サイズ:23×27×76cm
重量 5.2kg
耐水圧 本体:3000mm、ウォール部・スカート部:1000mm
UVカット加工 あり

フルメッシュとシールド加工で暑い夏も快適に!

暑い夏の日差しにも負けず、快適に過ごしたい人にぴったりのスクリーンタープ。フルメッシュなので、通気性抜群です。シールド加工付きのインナールーフを使えば涼しさがアップ。

全パネルの巻き上げが可能で、カヤード2つをドッキングすることもできます。自由度も高く、大人数での利用にも好都合です。パネルをつければプライベート空間も作れます。

YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』

YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:300×300×205cm、収納サイズ:62×19×20cm
重量 6kg
耐水圧 1000mm
UVカット加工 あり

大きくゆとりのフロア! リーズナブルな価格が魅力

ゆとりのフロアで 家族や友人など、大人数での利用ができるスクリーンハウス。価格もリーズナブルなので気軽に購入が可能です。

また、日よけシートもついているので、日焼けがきになる女性にもぴったり。心地よい光だけを取り入れて、快適に過ごすことができます。出入り口は対面に2カ所設置することができ、テントと併用することで使い勝手もさらによくなります。

パール金属『レジーナ メッシュタープ(M-3166)』

サイズ 310cm×330cm×200cm
重量 6.7kg
耐水圧 -
UVカット加工

天井部分にUVカット加工あり

天井の部分にUVカットシルバーコーティングがされているので、日差しがや紫外線が気になる夏でも快適に使うことができます。メッシュで出来た面は上に巻き上げて使うこともでき、開放的な仕様にすることもできます。雨の侵入を防ぐために、シームレス加工がされているのもポイントです。夏のキャンプで使いたい方や、紫外線が気になる方にいいでしょう。

Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』

Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』 Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』

出典:Amazon

サイズ 本体サイズ:300×235×187cm、収納サイズ:31×31×72cm
重量 16kg
耐水圧 2000mm
UVカット加工 あり

ドアを閉めなくても雨を防げるひさし機構を採用!

2019年発売のモデルで、日光を90%ブロックしてくれるすぐれもの。テント内の温度の上昇を抑えてくれるので、暑い夏でも快適に睡眠をとることが可能です。

ひさし機構で雨が降る日でも入り口を閉め切る必要がなく、閉鎖的な空間で過ごさなくてもOK。雨だけでなく風が強い日でも、びくともしないアルミ合金製メインポールなので、安心してアウトドアをたのしむことができます。

「スクリーンタープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』
LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『モンテ メッシュタープ(UA-1076)』
ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』
ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』
ZANE ARTS(ゼインアーツ)『ゼクーM(PS-003)』
コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』
コールマンジャパン『スクリーンIGシェード』
North Eagle(ノースイーグル)『フルクローズスクリーンタープ300 (NE1218)』
QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ 3m(QC-ST300)』
LOGOS(ロゴス)『スペースベース ドックスクリーン-N』
コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』
コンポジット『スクリーンテント』
Snow Peak(スノーピーク)『タープ カヤード(TP-400)』
YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』
パール金属 キャプテンスタッグ レジーナ メッシュタープセット M-3166(直送品)
Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』
商品名 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『モンテ メッシュタープ(UA-1076)』 ogawa(オガワ)『ネオキャビン(3393)』 ogawa(オガワ)『ロッジシェルター2(3378)』 ZANE ARTS(ゼインアーツ)『ゼクーM(PS-003)』 コールマンジャパン『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 コールマンジャパン『スクリーンIGシェード』 North Eagle(ノースイーグル)『フルクローズスクリーンタープ300 (NE1218)』 QUICKCAMP(クイックキャンプ)『スクリーンタープ 3m(QC-ST300)』 LOGOS(ロゴス)『スペースベース ドックスクリーン-N』 コンポジット『ワンタッチスクリーンテント』 コンポジット『スクリーンテント』 Snow Peak(スノーピーク)『タープ カヤード(TP-400)』 YAMAZEN(山善)『スクリーンハウス300(PSH-300UV)』 パール金属 キャプテンスタッグ レジーナ メッシュタープセット M-3166(直送品) Coleman(コールマン)『トンネル2ルームハウス(LDX)』
商品情報
特徴 虫も冷えも遮断する接続フラップ付き 手間のかかる設営も撤収もひとりでらくらく スクリーンタープの元祖が今どき仕様に進化 居住性の高いロッジ型なのに驚くほど軽量 自分のスタイルを表現できるロッジ型 広々過ごせるワンポールシェルター 高い耐水圧で雨の日でも安心 防虫機能があるから夏も快適 2本のポールでかんたん組み立て! 家族で利用も! 紐を引っ張るだけのかんたん設置 ジョイントを伸ばすだけでセットアップ可能! 設営時間がかからなくて簡単 キャノピーを広げてスペースの確保が可能 フルメッシュとシールド加工で暑い夏も快適に! 大きくゆとりのフロア! リーズナブルな価格が魅力 天井部分にUVカット加工あり ドアを閉めなくても雨を防げるひさし機構を採用!
サイズ 本体サイズ:約400×360×210cm、収納サイズ:約26×26×74cm 本体サイズ:約350×350×225cm、収納サイズ:約106×21×21cm 本体サイズ:約310×330×200cm、収納サイズ:約72×22×22cm 本体サイズ:480×200×320mm、収納サイズ:80×30×30cm 本体サイズ:350×210×460cm、収納サイズ: 92×36×54cm 本体サイズ:440×380×250cm 約320cm×340cm×215cm 約210cm×180cm×120cm 本体サイズ:300×300×200cm、収納サイズ:20×20×60cm 本体サイズ:300×300×210cm、収納サイズ:20×20×135cm 本体サイズ:710×300×205cm、収納サイズ:99×28×28cm 約285cm×285cm×208cm 約285cm×285cm×208cm 本体サイズ:680×490×210cm、収納サイズ:23×27×76cm 本体サイズ:300×300×205cm、収納サイズ:62×19×20cm 310cm×330cm×200cm 本体サイズ:300×235×187cm、収納サイズ:31×31×72cm
重量 約12.5kg 約10.4kg 約6kg 総重量(付属品除く): 12.6kg(フライ:約5.5kg、ポール:約7.1kg)付属品重量: 約5.5kg 幕体:約9.68kg ポール:約16.35kg 11.5kg 約11.3kg 約3kg 7.3kg 7.3kg 16.5kg 約6kg 約7kg 5.2kg 6kg 6.7kg 16kg
耐水圧 2,000㎜ 1,600mm 1,000mm 1,800mm 1,800mm 1,500mm 約1200mm 約500mm(フロア:約1500mm) 1000mm 1000mm 1600mm - - 本体:3000mm、ウォール部・スカート部:1000mm 1000mm - 2000mm
UVカット加工 あり(UVPRO) あり なし なし あり あり(遮光PU加工) - - あり あり あり - - あり あり あり
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スクリーンタープの売れ筋をチェック

楽天市場でのスクリーンタープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:タープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スクリーンタープのお手入れ方法 長く愛用する

どうせ購入したなら、長い間使いたいもの。そこで、スクリーンタープのお手入れ方法をご紹介します。

濡れたままでも平気?

スクリーンタープを長く使うためのポイントは、都度しっかりと乾かして片付けることです。また雨だけではなく、結露にも気をつけてください。湿気たままにしておくと、カビの原因になりかねません。

片付ける2時間ぐらい前から、乾かすためにタープのなかの風通しをよくしておきましょう。またそのあとにも、椅子や木などを使って、さらに十分生地を乾かしてから片付けるのがおすすめです。

自宅に持ち帰った場合は?

時間がない場合は、自宅に持ち帰ってからでもスクリーンタープを乾かしましょう。天気のいい日中に、風通しのいい日陰で行うのがベストです。

スペースがあるなら庭や車の上、ベランダなどがおすすめです。ただ、スクリーンタープは直射日光に長い時間あててしまうと、劣化の原因になる可能性がありますので、干す場所には気をつけてください。

スクリーンタープを洗う時の注意点は?

スクリーンタープを洗うときは、中性洗剤を使って手洗いしましょう。洗濯機を使ってしまうと、せっかくの防水加工が落ちたり、劣化の原因になったりします。

洗い方はかんたんで、中性洗剤のついた雑巾で優しく汚れを拭き取ってあげてください。あるいは、テント用などの洗剤で洗うのも可。洗うときは、スクリーンタープが痛まないように丁寧に拭います。

その後はしっかりと乾燥させ、仕上げに防水スプレーなどをするのがおすすめです。

長い間使って劣化が気になったら?

愛着のあるグッズは、長く使いたいもの。それでも使い続けているうちに、痛みや劣化が気になることもあるでしょう。

もし自分で行う手入れだけでは物足りなく感じはじめたら、プロを頼るのも選択肢に。プロに任せれば、スクリーンタープの汚れを落とすのはもちろん、撥水・防水・UV加工なども改めて行ってもらえ、また快適に使えるようになります。

コールマンのタープやテントに関するおすすめはこちら スクリーンタープとあわせてチェック

キャンプのとき、日陰を作ったり、夜露を防いで快適な食事やくつろぎのリビングスペースを構築したりするのに欠かせないアイテムがタープです。なかでもコールマンのタープやテントは、いろいろなキャンプ場でよく見かけるほど普及しています。それだけ機能と価格のバランスがよく、多くのユーザーに支持されているこ...

マイナビおすすめナビのエキスパート3人が選んだ、ビギナーでも設営が簡単なテントをタイプ別にご紹介します。各タイプの設営しやすさ、コスパの分布図も掲載。せっかくのキャンプも、設営に手間取り時間がかかってしまうと台無しです。ぜひこの記事で、秋のキャンプに最適なテントを見つけてください。

アウトドアライター/キャンプブロガー・SAMさんへの取材をもとに、ペグハンマー選びのポイントと、おすすめ5商品を厳選して紹介します。ペグとはテントのロープを地面に固定する掛け釘のことで、硬い地面に打ち付けるにはペグハンマーがあると便利。素早く簡単に作業ができて楽になります。

スクリーンタープは、買うときにも注意

タープやスクリーンタープでは、本体(幕)のみの販売で、ポールやペグ、張り綱は別売となっている製品があります。

キャンプ経験者ですでにポールがある、タフなペグを何本も持っているという場合には、リーズナブルですし無駄がありません。

ただ、新たにスクリーンタープを購入する場合は注意が必要です。本体自体は安くても、買い足していくと驚くほど高価になることが珍しくないからです。購入前にしっかり確認しておきましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


タープおすすめ70選|UVカット・自立式、ソロ~ファミリー用まで

タープおすすめ70選|UVカット・自立式、ソロ~ファミリー用まで

キャンプやBBQにあると便利なタープ。日差しや雨風を防ぎ、プライベートな空間を広げることができます。テントほどかさばらないため、フェスやピクニックにも最適です。この記事では、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が厳選したタープのおすすめと選び方をご紹介します。ソロキャンプ用の小さめのタープから運動会などの大人数に対応したワンタッチタープ、迷彩柄のおしゃれなデザインなどたくさんの種類をピックアップしています。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング , テント

パラソルタープおすすめ7選|キャンプや海水浴で活躍!【うれしいUVカットも】

パラソルタープおすすめ7選|キャンプや海水浴で活躍!【うれしいUVカットも】

パラソルタープは開くだけで日よけができるうえ、タープよりもかんたんに設置ができ、キャンプや海水浴だけではなく自宅の庭などでも使えるアイテムです。また、着替える場所がない場合、UVカット対策、急な雨や風にも対応可能です。本記事では、登山愛好家でカメラマンの山崎友貴さんと編集部が、パラソルタープを選ぶポイントおすすめ商品をご紹介します。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 アウトドア・キャンプ , ガーデニング用品 , テント・タープ

アウトドア用ペグおすすめ19選|コールマン、スノーピークなど厳選

アウトドア用ペグおすすめ19選|コールマン、スノーピークなど厳選

アウトドアでテントやタープを設営する際、必ずお世話になるアイテムがペグ。丈夫な鋳造ペグ、軽さと丈夫さを両立しているアルミ製、軽くて持ち運びが楽なプラスチック製など、形状や種類もさまざまです。ここでは、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選したペグの選び方とおすすめ商品をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング , テント

MSRテントおすすめ11選|1人用~4人用まで『エリクサー4』『ハバハバNX』も

MSRテントおすすめ11選|1人用~4人用まで『エリクサー4』『ハバハバNX』も

美しいデザインのテントやタープで有名な、アメリカのシアトル発祥のメーカーがMSR。世界中で多くのファンを集めるMSRのテントは、過酷な環境はもちろんですが、一般のバックパッカーなどにも最適です。本記事では、MSRテントについて、メーカーの魅力や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。おしゃれなモデルや使いやすいもものも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 アウトドア・キャンプ , テント , テント・タープ

レクタタープおすすめ10選|自由にアレンジして張りたい場所に! 小川張りにも

レクタタープおすすめ10選|自由にアレンジして張りたい場所に! 小川張りにも

夏の暑い日差しや急な雨など、さまざまな状況からキャンパーを守ってくれるレクタタープは、キャンプの快適さを決める大事なアイテムです。この記事では、アウトドアライター・夏野 栄さんと編集部が厳選したレクタタープの選び方とおすすめの商品をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング , テント

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。