PR(アフィリエイト)

【2024年】コールマンの人気タープおすすめ16選!高機能で高コスパ

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』
出典:Amazon
Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

コールマンのタープは、ヘキサ・スクエア・スクリーンなど多数の種類が展開されています。なかでも初心者でも設営しやすいクロスポールを採用した「XPヘキサタープ/MDX」や、遮光性抜群の「ダークルーム」シリーズなどは非常に人気です。

そこで本記事では、コールマンのタープの選び方の説明とおすすめ商品を厳選。使う目的に応じた選び方など詳しく説明しています。

通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

コールマンのタープの選び方 使用目的や機能性など

それではさっそくコールマンのタープを選ぶポイントをご紹介します。

使用目的や使うシーンによって種類を選ぶ

コールマンのタープは大きく分けると3つの種類があります。それぞれに使い道が異なるので、選ぶときの参考にしてください。

夏場に快適さを求めるなら「ヘキサタープ」

 

六角形をヘキサゴンといいますが、その形状から名づけられたのが「ヘキサタープ」。両サイドに1本ずつポールを立ててタープを張ります。特徴は風とおしがいいことなので、暑い夏のシーズンにぴったりです。

壁がないので風のとおりがよく、強風で吹き飛ばされることはありません。テントに連結させると、食事などを楽しむスペースになります。

広いスペースを求めるなら「スクエアタープ」

 

スクエアは四角形のことですが、「スクエアタープ」もその形をしています。広いスペースを作りたいときに適しており、家族でくつろぎたい場合に便利。中央に2本のポールを立て、両サイドに4本の短いポールで支えます。

ポールが多いので設営に手間がかかりますが、アレンジの幅が広いので簡易テントのような使い方も可能です。シーンによってアレンジできる楽しさがあります。

快適に寝泊まりするなら「スクリーンタープ」

 

キャンプやアウトドアライフは楽しいけれど、虫が苦手という方も多いことでしょう。そのような方に向いているのが「スクリーンタープ」。テントのような形状ですが、4面が網のスクリーンになっているので虫をシャットアウトします。

テントに連結させれば、寝室やリビングといった使い分けが可能。ファミリーで快適なアウトドアライフを過ごすのに欠かせないアイテムです。

耐候性や機能も選ぶポイントになる

 

アウトドアライフを快適に過ごすには、天気への対策も考える必要があります。強い日差しや突然の雨にも使える耐候性についてもチェックしてください。

遮光性なら「+」が目印のダークルームシリーズを

 

タープを張る目的のひとつが、強い日差しを避けることです。選ぶときはタープの遮光性もチェックしてください。

コールマンのタープは「ダークルームテクノロジー」と呼ばれるUVカット90%を実現するシリーズも多数あります。商品名の「+」マークが目印で見た目もあざやかなホワイトカラーが特徴です。

他には深いグリーンのものや、濃いブラウン系のものも遮光性に優れています。

耐水性ならタフシリーズを

 

アウトドアの楽しさは、好天だけでなく悪天候も体験できることです。都会生活ではあり得ない過ごし方が魅力です。急な天候の変化に即座に対応できると、よりアウトドアの楽しさが実感できるでしょう。

タープには急な雨をしのぐ役割がありますが、選ぶときは防水性能をしっかりチェックしてください。防水性能は耐水圧というスペックで確認できます。

一般的なタープの耐水圧は1,000~3,000mmです。より高い性能を求めるならコールマンのタフシリーズが向いています。

サイズはよく行く人数を基準にする

 

タープを選ぶときに気をつけたいのが利用する人数です。いつも一緒に出かける人数を基準にしてタープのサイズを決めましょう。

家族でキャンプするときはタープの下にテーブルを置くのが一般的。家族4人の場合、ヘキサタープなら450×400cm以上。スクリーンタープなら330×330cm以上を目安にしてください。

ユニークな形状にも注目

 

基本的なスタイルがほぼ変わらないため、タープやスクリーンテントにはそれほど違いがないと思われているかもしれません。しかし、コールマンのタープだけをみても、実に多彩なモデルが用意されていることに驚きます。まるでパティオのようなイメージのパーティシェードというモデルなどは、たとえばお子さんのスポーツイベントなどにも使えそうです。

基本モデルのタープをまず使ってみて、応用編としてこういうモデルを追加しながら、ステップアップしていくのも楽しいと思います。

コールマンのタープおすすめ16選 人気XPヘキサタープMDXや「+」シリーズなど

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、おすすめの商品をご紹介します。

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

初心者でも立てやすいクロスポール採用のヘキサ型

一般的にヘキサタープは、2本のポールで立ち上げます。風が強い日でなければ、慣れればひとりでもかんたんに設営できます。しかし初心者などは、ポール1本あたり張り綱を2本使うこともあり、バランスがとりにくくむずかしいこともあります。

このモデルはその問題を解消するため、。またメリットとして、クロスポールの地面側の開き具合を調節することで、タープ中央部の高さを変更することができます。風が強いときにはタープを低くするなど、調整しやすく使いやすいタープです。

初心者でも立てやすいクロスポール採用のヘキサ型

シリーズ -
タープサイズ 約460×435×高さ230cm
収納時サイズ 約φ18×74cm
重量 約7.6kg
耐水圧 約1,500mm
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約460×435×高さ230cm
収納時サイズ 約φ18×74cm
重量 約7.6kg
耐水圧 約1,500mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』
出典:Amazon この商品を見るview item

安定性とアレンジ性を兼ね備えたクロスポールタープ

耐水圧もバッチリで風にも強いクロスポールタープです。設置や高さ調節が簡単にでき、さらに海辺の強い風にも負けない安定性を備えています。サブポールで設置スタイルを変えられるので、テントとの接続にも便利です。もちろん遮光性も抜群で、涼しく快適な日陰を作ってくれます。天気の変わりやすい夏場のアウトドアで大活躍するアイテムです。

シリーズ -
タープサイズ 約460×435×230㎝
収納時サイズ (直径)約18×(長さ)72㎝
重量 約8.2㎏
耐水圧 約3,000㎜
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約460×435×230㎝
収納時サイズ (直径)約18×(長さ)72㎝
重量 約8.2㎏
耐水圧 約3,000㎜
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』

Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』
出典:Amazon この商品を見るview item

日差しをブロックして快適な空間作り

オープンタープで、遮光PUコーティングを使用しているので、暑い日でも温度の上昇を軽減して心地よく過ごせる空間に。横からの日差しがどの程度入ってくるのか気になりますが、サイドウォールとサイドポールがあるので心配いりません。

3方向からの日差しをブロックできます。アジャスタブル機能により、ウォールの面積の調節が可能。使用する人数などに合わせてレイアウトを考え、空間の広さを変えながら快適な時間を過ごせるでしょう。

シリーズ ヘキサタープ
タープサイズ 約470×410×高さ240cm
収納時サイズ 約φ20×72cm
重量 約8.5kg
耐水圧 約2,000mm
全てを見る全てを見る

シリーズ ヘキサタープ
タープサイズ 約470×410×高さ240cm
収納時サイズ 約φ20×72cm
重量 約8.5kg
耐水圧 約2,000mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』

Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』 Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』 Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』 Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』 Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』
出典:Amazon この商品を見るview item

遮光性抜群で夏場でも快適

コンパクトで遮光性に優れたヘキサタープです。黒い内張りが日差しをしっかりとカットするので、夏場の晴れた日でもタープの下で涼しく過ごすことができます。テントと合わせて使用しても一体感があり、見た目のバランスを損なうことなく設置できるのも魅力です。収納すれば直径20cm以内に収まるので、少人数でのキャンプやソロキャンプに向いていますよ。

シリーズ -
タープサイズ 約420×420×220㎝
収納時サイズ (直径)約17×(長さ)44㎝
重量 約4.6㎏
耐水圧 約3,000㎜
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約420×420×220㎝
収納時サイズ (直径)約17×(長さ)44㎝
重量 約4.6㎏
耐水圧 約3,000㎜
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』

Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』 Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』 Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』 Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』 Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトで持ち運びが楽ちん

6段ポール構造を取り入れることで、コンパクトに収納でき手軽に持ち運びができるタープです。縫い目から雨などの水が浸入しないようにシーム加工とPU防水を施してあるので、防水性にも優れています。

生地は紫外線から受けるダメージに強いUVプロを採用しているので、夏の時期にたくさん使っても耐久性に優れているので安心です。持ち運びに便利で耐久性にも優れているものをお探しの方におすすめです。

シリーズ -
タープサイズ 約420×420×220cm
収納時サイズ -
重量 約4.7kg
耐水圧 約1,200mm
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約420×420×220cm
収納時サイズ -
重量 約4.7kg
耐水圧 約1,200mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』

Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』
出典:Amazon この商品を見るview item

激しい雨でも安心して過ごせる

耐水圧30000㎜とかなり高い数値を誇るタープです。突然の強い雨にも耐えてくれるのが強みで、カラーPUコーティングが施されているので日差しもしっかりブロックしてくれます。

タープ本体のほかにポールやロープ、ハンマーなどのアイテムがついてくるので、すぐに使うことができます。どんな天候でも快適に過ごしたい方におすすめです。

シリーズ -
タープサイズ 使用時/約470×420×240(h)cm
収納時サイズ 約φ20×75cm
重量 本体/約2kg ポール/約1.7kg 付属品/約2kg
耐水圧 約3,000mm
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 使用時/約470×420×240(h)cm
収納時サイズ 約φ20×75cm
重量 本体/約2kg ポール/約1.7kg 付属品/約2kg
耐水圧 約3,000mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ウィンズライトヘキサタープ M 2』

軽量かつコンパクトで持ち運びに便利

少ない荷物でも快適なキャンプを実現する、軽量でコンパクトなヘキサタープです。収納時には直径14㎝にまで小さく折り畳むことができ、使用時には十分な広さのタープになります。別売りのテントと連結する際も、テントについているループにポールを通して立てられるので簡単です。シェードの色合いも鮮やかなので、機能的でおしゃれな空間を演出できますよ。

シリーズ -
タープサイズ 約490×405×200㎝
収納時サイズ (直径)約14×(長さ)61㎝
重量 約2.8㎏
耐水圧 約1,500㎜
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約490×405×200㎝
収納時サイズ (直径)約14×(長さ)61㎝
重量 約2.8㎏
耐水圧 約1,500㎜
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』

Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

天候を選ばず家族のくつろぎに最適

ドーム型テントの外側だけのようなスタイルなので、設営もかんたんで広いスペースが取れるのが特徴です。スクリーンタープの基本形ともいえるモデルで、大きさの割にひとりでもラクに設営できるなど、使い勝手のよいものになっています。

もちろん、暑い時期は風通しのよい4面メッシュで使い、寒いときや雨降りのときはフルクローズができるので、季節・気候にかかわらず快適に過ごせるリビングスペースとなります。全周スカートもついているので、虫や冷気の侵入も防いでくれます。ドームテントと連結しやすいジョイントフラップも装備するので、応用もしやすいモデルです。

シリーズ タフ
タープサイズ 約400×360×高さ210cm
収納時サイズ 約φ26×74cm
重量 約12.5kg
耐水圧 約2,000mm
全てを見る全てを見る

シリーズ タフ
タープサイズ 約400×360×高さ210cm
収納時サイズ 約φ26×74cm
重量 約12.5kg
耐水圧 約2,000mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400+』

夏におすすめのスクリーンタープ

2018年に登場したスクリーンタープで、夏にちょうどいい商品です。光の透過を防ぎ、スクリーンタープ内の温度が上昇するのを抑える「遮光UPコーティング」加工がされているので、厳しい日差しの下でも快適に過ごすことができます。

また、換気ができるように出窓のような構造が備わっているので、湿気対策も万全です。夏の暑さや、雨の日の湿気が気になる方におすすめです。

シリーズ -
タープサイズ 約100 x 100 x 100 cm
収納時サイズ -
重量 1kg
耐水圧 -
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約100 x 100 x 100 cm
収納時サイズ -
重量 1kg
耐水圧 -
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡ』

Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスタースクリーンタープコアⅡ』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

グループキャンプでみんなが連結できる中心に

フラッグシップモデルたるウェザーマスターの名に恥じないモデルで、460×460cmの余裕ある広さで、みんなでくつろげるスペースを提供してくれます。ウェザーマスターならではの耐水圧や紫外線カットなどの機能はもちろん、4面フルオープンで広々とした出入り口が出現します。

また、ウェザーマスターシリーズのドーム型テントを接続して利用するために、左右2箇所に連結用フラップも装備するなど、トータルでのキャンプサイト構築の中心となるものです。ジッパーで開閉可能な換気用のトップベンチレーションなど、季節を問わず快適に使える工夫も満載です。長く愛用できるアイテムとして、信頼できるモデルです。

シリーズ マスター
タープサイズ 約460×460×高さ225cm
収納時サイズ 約φ31×77cm
重量 約21.5kg
耐水圧 約3,000mm
全てを見る全てを見る

シリーズ マスター
タープサイズ 約460×460×高さ225cm
収納時サイズ 約φ31×77cm
重量 約21.5kg
耐水圧 約3,000mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』

Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』
出典:Amazon この商品を見るview item

メッシュ素材で開放感を感じられる構造

タープの4面全面がメッシュ素材で作られていて落ち着いたデザインなので、窮屈な感じがなく開放感が感じられます。タープ内の真ん中に、邪魔になるポールなども一切ないので、全体を広々と使用できて便利です。大型ですが設営も簡単。

ジョイントフラップが付いていて、他のテントの連結も可能です。コストパフォーマンスがよいのも魅力で、キャンプやアウトドアが好きな方におすすめです。心地よい空間で、楽しい時間を過ごせるでしょう。

シリーズ -
タープサイズ 約320×340×高さ215cm
収納時サイズ 約φ23×82cm
重量 約11.3kg
耐水圧 約1,200mm
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約320×340×高さ215cm
収納時サイズ 約φ23×82cm
重量 約11.3kg
耐水圧 約1,200mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』

Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』 Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』 Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』 Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』 Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』 Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』 Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』
出典:Amazon この商品を見るview item

ドーム型で天候面にも強いのが魅力

シンプルなドーム型のスクリーンタープで、雨や風対策にもなります。アウトドアには天候が大きく影響するので、雨や風を防ぐ構造なのは魅力的です。フルオープンで使用することで開放的に使用できます。慣れるまでは2人以上で設営し、慣れてきたら一人でもスムーズに設営できるでしょう。

他のテントと連結可能なフラップ付きで作業も簡単なので、連結して使用してみるのもおすすめです。テント内の空気を外に排出するベンチレーションもあります。

シリーズ スクリーンタープ
タープサイズ 約380×340×高さ215cm
収納時サイズ 約φ24×74cm
重量 約14.6kg
耐水圧 約2,000mm
全てを見る全てを見る

シリーズ スクリーンタープ
タープサイズ 約380×340×高さ215cm
収納時サイズ 約φ24×74cm
重量 約14.6kg
耐水圧 約2,000mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/300』

Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/300』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/300』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/300』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

開放感あふれる特徴的なデザインの自立型タープ

大人数でワイワイやるときにも、「映え」そうなデザインの自立型タープです。3m×3mの手頃なサイズなので、家族4人くらいで使えば、荷物スペースなども含めてちょうどよいでしょう。

時間帯によっては横方向から陽がさすこともあるので、その対策としてオプション(別売り)でサイドウォールも用意されています。サイドウォールは、目隠しとしても活用できます。

ひとりでも設営できる自立型で、高さも3段階に調節できるので、風の強さや場所に応じた張り方ができます。キャンプ以外でも、お子さんのスポーツ観戦などにもおすすめです

シリーズ -
タープサイズ 約300×300×高さ230cm
収納時サイズ 約23×23×88cm
重量 約11.5kg
耐水圧 約1,000mm
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約300×300×高さ230cm
収納時サイズ 約23×23×88cm
重量 約11.5kg
耐水圧 約1,000mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』

Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』
出典:Amazon この商品を見るview item

パーティーシェードライトがさらに進化

「パーティーシェードライト/300」を、ひと回り大きくした360×360cmの商品。コールマンテントの一部モデルで採用されている、ダークルームテクノロジーを搭載したモデルでもあります。日光を90%ブロックし開放的な快適空間を演出。また、耐水圧も約3,000mmとパワーアップしており、予期せぬ雨でも安心です。

シリーズ -
タープサイズ 約360×360×高さ265cm
収納時サイズ 約23x23x88cm
重量 約13.5kg
耐水圧 約3,000mm
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約360×360×高さ265cm
収納時サイズ 約23x23x88cm
重量 約13.5kg
耐水圧 約3,000mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード(2000033128)』 タープではない

Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード(2000033128)』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード(2000033128)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

メッシュ素材使用で、強風や虫対策に特化

クロスポール構造で、強風対策に特化しているのが魅力です。防虫効果のあるOlytecメッシュ使用で虫を寄せ付けにくいので、虫が苦手な方におすすめです。状況に応じてフルに開いたり閉じたりできて、使い心地も良いでしょう。レジャーシートは別売りですが、一緒に購入して合わせて使用するのもおすすめです。

他にも床からの水の侵入を抑えたり、人にも動物にも優しい作りだったりと、多様なアウトドアシーンで快適に使えるシェードです。

シリーズ シェード
タープサイズ 約210×180×高さ120cm
収納時サイズ 約φ15×60cm
重量 約3kg
耐水圧 約500mm
全てを見る全てを見る

シリーズ シェード
タープサイズ 約210×180×高さ120cm
収納時サイズ 約φ15×60cm
重量 約3kg
耐水圧 約500mm
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/S(2000028619)』

Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/S(2000028619)』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/S(2000028619)』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/S(2000028619)』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/S(2000028619)』
出典:Amazon この商品を見るview item

少人数のキャンプで大活躍

通常モデルよりも一回り小さいサイズで設計されたタープです。少人数でキャンプに行くときに大活躍する大きさです。クロスポールで簡単に設営することができるので、どのような方でも組み立てることができます。

高さの調整ができるので、自分たちのちょうどいいサイズ感に調整して使用するといいでしょう。少人数でキャンプに行くときに使うタープをお探しの方におすすめです。

シリーズ -
タープサイズ 約 420 x 420 x 230hcm
収納時サイズ Φ17x/ 74hcm
重量 約5.9kg
耐水圧 水圧約1,500mm
全てを見る全てを見る

シリーズ -
タープサイズ 約 420 x 420 x 230hcm
収納時サイズ Φ17x/ 74hcm
重量 約5.9kg
耐水圧 水圧約1,500mm
全てを見る全てを見る

「コールマン・タープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』
Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』
Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』
Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』
Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』
Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』
Coleman(コールマン)『ウィンズライトヘキサタープ M 2』
Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』
Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400+』
Coleman(コールマン)『ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡ』
Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』
Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』
Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/300』
Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』
Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード(2000033128)』
Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/S(2000028619)』
商品名 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『ヘキサタープ/MDX+』 Coleman(コールマン)『ヘキサライト+』 Coleman(コールマン)『ヘキサライトII』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスターヘキサタープⅡ』 Coleman(コールマン)『ウィンズライトヘキサタープ M 2』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400』 Coleman(コールマン)『タフスクリーンタープ/400+』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡ』 Coleman(コールマン)『スクリーンキャノピージョイントタープIII』 Coleman(コールマン)『ドームスクリーンタープ/380』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/300』 Coleman(コールマン)『パーティーシェードライト/360+』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード(2000033128)』 Coleman(コールマン)『XPヘキサタープ/S(2000028619)』
商品情報
特徴 初心者でも立てやすいクロスポール採用のヘキサ型 安定性とアレンジ性を兼ね備えたクロスポールタープ 日差しをブロックして快適な空間作り 遮光性抜群で夏場でも快適 コンパクトで持ち運びが楽ちん 激しい雨でも安心して過ごせる 軽量かつコンパクトで持ち運びに便利 天候を選ばず家族のくつろぎに最適 夏におすすめのスクリーンタープ グループキャンプでみんなが連結できる中心に メッシュ素材で開放感を感じられる構造 ドーム型で天候面にも強いのが魅力 開放感あふれる特徴的なデザインの自立型タープ パーティーシェードライトがさらに進化 メッシュ素材使用で、強風や虫対策に特化 少人数のキャンプで大活躍
シリーズ - - ヘキサタープ - - - - タフ - マスター - スクリーンタープ - - シェード -
タープサイズ 約460×435×高さ230cm 約460×435×230㎝ 約470×410×高さ240cm 約420×420×220㎝ 約420×420×220cm 使用時/約470×420×240(h)cm 約490×405×200㎝ 約400×360×高さ210cm 約100 x 100 x 100 cm 約460×460×高さ225cm 約320×340×高さ215cm 約380×340×高さ215cm 約300×300×高さ230cm 約360×360×高さ265cm 約210×180×高さ120cm 約 420 x 420 x 230hcm
収納時サイズ 約φ18×74cm (直径)約18×(長さ)72㎝ 約φ20×72cm (直径)約17×(長さ)44㎝ - 約φ20×75cm (直径)約14×(長さ)61㎝ 約φ26×74cm - 約φ31×77cm 約φ23×82cm 約φ24×74cm 約23×23×88cm 約23x23x88cm 約φ15×60cm Φ17x/ 74hcm
重量 約7.6kg 約8.2㎏ 約8.5kg 約4.6㎏ 約4.7kg 本体/約2kg ポール/約1.7kg 付属品/約2kg 約2.8㎏ 約12.5kg 1kg 約21.5kg 約11.3kg 約14.6kg 約11.5kg 約13.5kg 約3kg 約5.9kg
耐水圧 約1,500mm 約3,000㎜ 約2,000mm 約3,000㎜ 約1,200mm 約3,000mm 約1,500㎜ 約2,000mm - 約3,000mm 約1,200mm 約2,000mm 約1,000mm 約3,000mm 約500mm 水圧約1,500mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コールマンのタープの売れ筋をチェック

楽天市場でのコールマンのタープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:コールマンのタープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コールマンのタープに関するQ&A よくある質問

question icon素材の表記で「~T」「~D」はどういう意味?

answer icon

ナイロンは~T(タフタ)、ポリエステルは~D(デニール)で表されます。タフタは繊維の密度、デニールは糸の太さの単位です。数字が大きいほど厚さも増します。

question iconタープは必要?

answer icon

タープの本来の役割は日除けや雨除けです。家に置き換えると、リビングのような快適空間を作り出すためのものです。キャンプ場でテーブルや椅子を置いて快適に食事を楽しみたいのであれば必要になるでしょう。

コールマンの他のおすすめアイテムをチェック テント・チェア・ランタンなど

キャンプライターからのアドバイス ハトメの数などディテールにも注目してみよう

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

タープを実際に立てるには、実は張り綱とペグがとても重要です。標準付属のペグだと、キャンプ場の地面によっては使いにくいこともあるので、砂地用や河原の砂利地用など、違う種類のペグをそれぞれ必要な本数だけ揃えておくと便利です。これはメーカー純正品でなくてもかまいません。

張り綱はいちいちタープから外さず、そのままたたんでしまえば次に使うときにすぐペグダウンできて便利なことも覚えておきましょう。張り綱を結ぶハトメも、コールマンのタープなら充分用意され、強度もとて丈夫なものです。安いタープとはそのあたりのディテールが違うので、購入時には価格だけにとらわれず、長く使うことを前提に考えるとよいでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button