コールマンのアウトドアチェアおすすめ11選|タイプ別に紹介!

コールマンのアウトドアチェアおすすめ11選|タイプ別に紹介!
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

キャンプには欠かせないアウトドアチェア。コールマンの製品は、豊富なデザイン・種類・機能面と充実しているものが多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。価格もお手頃なものが多いので利用シーン別に使いやすいものを一緒に探してみましょう。アウトドアチェアの選び方とおすすめ商品をアウトドアライターのSAMさんと編集部がご紹介します。


コールマンアウトドアチェアの魅力

種類豊富なアウトドアチェア。あなたのスタイルに合わせたチェアを選びましょう。

コールマンは定番チェアからコラボデザイン、女子も心惹かれるかわいいデザインなども豊富なところが魅力的です。また価格的にもお手頃のものも多く、初心者が購入しやすいのもポイントです。機能的なチェアを使えばアウトドアの楽しみ方の幅がより広がりやすくなるでしょう。

コールマンアウトドアチェアの選び方 アウトドアライターに聞く

アウトドア用品の定番ブランドでもあるコールマンは、幅広いラインナップでアウトドアチェアを販売しており、探し求めている商品が見つかりやすいです。利用シーンや機能面などそれぞれの特徴を見て、よりアウトドアを楽しめるアウトドアチェアを選んでいきましょう。

座面高や利用人数で選ぶスタイル別チェア

食事をするテーブルにアウトドアチェアを合わせる、リラックスするために使うなど、まずは利用シーンをイメージしてみましょう。少人数なのか、子どもを含む家族でのキャンプなのかによってもスタイルは変わります。チェアのタイプは大きく分けて「ベーシックタイプ」「ロータイプ」「座椅子タイプ」「ベンチタイプ」の4つなので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

「ベーシックタイプ」はテーブルでの食事などに

アウトドアチェアといえば、ベーシックタイプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。もし食事の際に利用したい場合はテーブルの高さにもよりますが、背もたれが直角のもので、座面高が高いベーシックタイプであれば立ったり座ったりするときも便利です。

焚き火を囲める「ロータイプ」ならよりリラックス

日常から離れてリラックス感も味わえるのがキャンプの醍醐味。足を地面に投げ出してたり、焚き火を囲むのにもちょうどいいロータイプは、ゆったりした時間を過ごしやすいアウトドアチェアです。本を読むなどの使用が適しています。

「座椅子タイプ」ならピクニックや運動会にも

座椅子タイプは、直接地面に座るときに役立ちます。キャンプ以外にも、子どもの運動会など座高が高いチェアが好まれないときに使用してもいいでしょう。背もたれもあってかさばるイメージですが、コンパクトになるものも多いので週末のピクニックなどでも荷物になりにくいです。

「ベンチタイプ」はファミリーでの利用に

家族でのキャンプにはベンチタイプがあると、子どもと一緒にも座れたり、子どもだけでも座らせることができるのでハッピーなキャンプになりそうです。カップルで使ってもいいですし、荷物置きとして使っても便利です。注意点として全体の耐荷重と片側耐荷重の違いがあるので、長く使うためにも片側荷重を超えないように気をつけましょう。

便利な機能にも注目!

コールマンチェアはただ座る椅子としてだけではなく、便利な機能が備わっているものが多くあります。リラックスに特化したものや、テーブル代わりになるものなど、より楽しく快適にキャンプを過ごせるよう便利機能つきのアウトドアチェアを探してみてください。

リクライニングやハイバックでよりリラックス感を

キャンプでは夜空を見上げることもありますよね。シートの上に寝転がるのもいいですが、リクライニングチェアなら背中も痛くなりにくく快適です。食後にゆったりしたいときなどには、好きな角度を選べるハイバックが便利です。

テーブルやドリンクホルダーつきも便利

ドリンクホルダーがあると、ほっと一息のティータイムに役立ってくれます。両サイドにドリンクホルダーがついているものもあり、片側に飲み物、もう片方にスマホなのも入れることができるので便利ですね。なかにはテーブルとドリンクホルダーがセットになっているものもあり、テーブルにお菓子を置いたり、軽い食事をしたりと活用できます。

運搬時や未使用時のために収納サイズ・重量も確認を

手軽に設置できるアウトドアチェア選ぶなら折りたたみ式。ただし少しかさばりやすいので、事前に持ち運びがしやすいか確認しておきましょう。収納時はフラットになりますが、収納スペースに収まるかどうかも注目ポイントです。

反対に収納袋にコンパクトに収納できるものは、重量も感じにくく持ち運びも楽ですが、設置の手間が少しかかるものもあります。設置に関しては慣れると素早くできるようになります。自宅での保管スペースも考慮しながら選ぶとよいでしょう。

現在のキャンプスタイルに合わせて選ぶ アウトドアライターがアドバイス

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

私のキャンプ歴で最も数多く購入したギアはチェアです。それだけ頻繁に使うことが多く、またスタイルの変化に合わせて切り替えを多様に行ってきた証しかもしれません。

チェアはキャンプの中心要素。そしてコールマンブランドはいつもその支えになってくれました。こんなチェアがほしいな、という期待にいつも応えてくれる安心と信頼のブランド。バラエティが豊富なので、自分のキャンプスタイルは何かを見つめてじっくり選んでみましょう。

コールマンアウトドアチェアおすすめ11選 アウトドアライターと編集部が選ぶ

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

『レイチェア』のユニークな使い方、それは夜の星空観賞です。リクライニングを深くして夜空を眺めてください。まるでプラネタリウムにいるかのようで、キャンプがいっそう楽しくなりますよ。

『IL リゾートチェア』はコールマン×モンロのコラボによる「INDIGO LABEL」からのモデルです。テーブル、テント、ランタン、アクセサリーなども多彩に展開しているので、トータルコーディネートで考えてもいいですね。

『コンパクトフォールディングチェア』は実は私のひそかなお気に入りです。メインチェアはもちろん、新たに追加するセカンドチェアに迷っていたらこのモデルの検討をおすすめします。チェアのタイプを変えるだけでキャンプの楽しみ方が広がりますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『レイチェア』

コールマン『レイチェア』 コールマン『レイチェア』 コールマン『レイチェア』 コールマン『レイチェア』 コールマン『レイチェア』 コールマン『レイチェア』 コールマン『レイチェア』

出典:Amazon

タイプ ベーシックタイプ
本体サイズ (約)61×70×98(h)cm
収納サイズ (約)25×15×89(h)cm
重量 約3.7kg
リクライニング
付属機能 収納ケース

リラックスできるハイバック

3段階にリクライニングできるので食事のときは通常で使用し、グッと倒すとリラックスもできます。

設置もカンタンにできるので素早く準備することができますね。また収納時には自立もできるので扱いやすいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『IL リゾートチェア』

コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』 コールマン『ILリゾートチェア』

出典:Amazon

タイプ ベーシックタイプ
本体サイズ (約)81×51×87(h)cm
収納サイズ (約)14×14×87(h)cm
重量 約3.1kg
リクライニング ×
付属機能 背面ポケット、ドリンクホルダー、収納ケース

おしゃれな自分空間キャンプ

INDIGO LABELは、アウトドアとインドアのボーダーレススタイルとして新たに作られたレーベルです。アウトドアでは珍しいデザインで、写真映えもしやすいでしょう。

ドリンクホルダーがあるのでコーヒーを飲みながら本も読めますし、背面のポケットには読み終わった雑誌や本も入れておけます。デザインだけでなく、機能もしっかり備わったアウトドアチェアです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『コンパクトフォールディングチェア』

コールマン『コンパクトフォールディングチェア』 コールマン『コンパクトフォールディングチェア』 コールマン『コンパクトフォールディングチェア』

出典:Amazon

タイプ ロータイプ
本体サイズ (約)53×54.5×62(h)cm
収納サイズ (約)53×9×56(h)cm
重量 約2.1kg
リクライニング ×
付属機能 ハンドル

コンパクトなのに心地よいローチェア

キャンプといえば焚き火も醍醐味のひとつ。こちらのロータイプのアウトドアチェアなら、焚き火と同じ目線でゆったりとした時間を楽しむことができます。焼きマシュマロを楽しむときにも便利な高さです。

小さめサイズなのに座り心地がよく、ゆったり足を投げ出しくつろぐのにもぴったりです。アームレストが木でできているので、自然に溶け込める心地よさも味わえます。

コールマン『インフィニティチェア』

コールマン『インフィニティチェア』 コールマン『インフィニティチェア』 コールマン『インフィニティチェア』 コールマン『インフィニティチェア』

出典:Amazon

タイプ ベーシックタイプ
本体サイズ (約)92×69×110(h)cm(通常時)、(約)166×69×76(h)cm(リクライニング最大時)
収納サイズ (約)15×69×90(h)cm
重量 約8.8kg
リクライニング
付属機能 取っ手

ストレスフリーで快適リクライニング

さわやかな青空を見上げたり、星がきれいな夜空を見上げるときにはインフィニティチェアがおすすめです。足の部分が持ち上がることで、雲の上に寝そべるようなリラックス感を体感できます。

折りたたみ式なので設置もカンタンにでき、持ち運びにも便利な取っ手もついているので車からの移動もラクラクです。

コールマン『コンパクトグランドチェア』

コールマン『コンパクトグランドチェア』 コールマン『コンパクトグランドチェア』 コールマン『コンパクトグランドチェア』 コールマン『コンパクトグランドチェア』 コールマン『コンパクトグランドチェア』

出典:Amazon

タイプ ロータイプ
本体サイズ (約)39×52.5×43.5(h)cm
収納サイズ (約)10×14×61(h)cm
重量 約1.3kg
リクライニング ×
付属機能 ポケット、収納ケース

キャンプや運動会、ピクニックとマルチ使用

アルミフレーム使用で、グッともたれてもしっかり支えてくれるアウトドアチェア。ポケットがついていてタオルやうちわなども収納できるので、運動会の観戦時などでも快適に地べた座りができます。

コンパクトに収納ができるので、キャンプ時のサブチェアとして持っておいてもいいでしょう。地べたに座ると疲れた足をのばせるので、リラックスしやすくなりますよ。

コールマン『サイドテーブル付デッキチェアST』

コールマン『サイドテーブル付デッキチェアST』 コールマン『サイドテーブル付デッキチェアST』 コールマン『サイドテーブル付デッキチェアST』 コールマン『サイドテーブル付デッキチェアST』

出典:Amazon

タイプ ロータイプ
本体サイズ (約)87×52×77(h)cm
収納サイズ (約)16×52×77(h)cm
重量 約5.5kg
リクライニング ×
付属機能 カップホルダー付きサイドテーブル、ハンドル

マグカップがすっぽり安定するテーブル

軽食やおやつタイムにも便利なサイドテーブルつきのアウトドアチェア。ドリンクホルダーはマグカップの取っ手もすっぽり収まるので、多少の傾斜面でも飲み物がこぼれる心配がありません。

キャンプでの使用以外にも、自宅のベランダに置いてちょっとした休憩に利用しても快適です。自宅にいながらキャンプ時のようなリラックスタイムが過ごせるかも。

コールマン『リゾートチェア』

コールマン『リゾートチェア』 コールマン『リゾートチェア』 コールマン『リゾートチェア』

出典:Amazon

タイプ ベーシックタイプ
本体サイズ (約)81×51×87(h)cm
収納サイズ (約)14×14×77(h)cm
重量 約3.1kg
リクライニング ×
付属機能 ドリンクホルダー、収納ポケット、収納ケース

かわいいドット柄で映えるキャンプに

アウトドア用品はアースカラーが多いのが定番ですが、コールマンチェアはかわいいもの好きな女子でも満足しやすいデザインが豊富です。こちらのリゾートチェアもそのひとつ。ドット柄がより楽しい気分にさせてくれます。

メッシュ生地のドリンクホルダーが両サイドに設置されているので、コーヒーとお菓子、ドリンクとスマホなど自由に使えて便利です。

コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』

コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』

出典:Amazon

タイプ ベンチタイプ
本体サイズ (約)108×58×64(h)cm、座面幅:約92cm、座面高:約30cm
収納サイズ (約)108×10×60(h)cm
重量 約3.9kg
リクライニング ×
付属機能 ハンドル

座面が広くゆったり快適なベンチタイプ

背もたれが広く2人で座っても安定感があるアウトドアチェア。カップルで横並びに座って会話できるのはもちろん、ロータイプのベンチなので身長が低い子どもが座りやすいのもポイントです。

こちらは折りたたみ式ですが、持ち運びに便利なハンドルもついているのでファミリーキャンプにも使いやすいでしょう。座るだけではなく荷物置きとしても活用できます。

コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』

コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』 コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』 コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』 コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』 コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』 コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』

出典:Amazon

タイプ キッズタイプ
本体サイズ (約)48.5×48×88(h)cm
収納サイズ (約)14×16×88(h)cm
重量 約2.6kg
リクライニング ×
付属機能 大型背面ポケット、転落防止用ベルト、ペグダウンリング、収納ケース

子どもと一緒に食事を楽しみやすいハイチェア

通常のアウトドアチェアに子どもが座ると、幅が広すぎてフラフラすることがあります。子どもの安全にも配慮したこちらのキッズ用アウトドアチェアは、サイズが適度でベルトつきなので安心です。

ファミリーキャンプでは子どもがキャンプの主役になることが多いものですが、食事用テーブルの高さにも合わせやすいハイチェアなら、より楽しい家族の思い出が作れますね。

コールマン『ヒーリングチェア』

コールマン『ヒーリングチェア』 コールマン『ヒーリングチェア』 コールマン『ヒーリングチェア』 コールマン『ヒーリングチェア』 コールマン『ヒーリングチェア』 コールマン『ヒーリングチェア』 コールマン『ヒーリングチェア』

出典:Amazon

タイプ ロータイプ
本体サイズ (約)57×58×76(h)cm
収納サイズ (約)19×11×90(h)cm
重量 約2.5kg
リクライニング ×
付属機能 背面ポケット、収納ケース

ハンモックのような座り心地でリラックス

まるでハンモックのような座り心地で、キャンプをより快適にしてくれるアウトドアチェアです。メッシュ素材の座面で、暑い日でもムレを気にせず快適に座ることができます。寒い時期に使うときは毛布などを敷いて防寒しましょう。

自然と調和するアースカラーから、写真に映えるカラフルな色のデザインまでそろっています。家族みんなでデザインをそろえれば、おしゃれにキャンプが楽しめるでしょう。

コールマン『コンパクトトレッキングスツール』

コールマン『コンパクトトレッキングスツール』 コールマン『コンパクトトレッキングスツール』 コールマン『コンパクトトレッキングスツール』

出典:Amazon

タイプ ロータイプ
本体サイズ (約)260×260×260(h)cm
収納サイズ (約)100×100×350(h)cm
重量 約0.375kg
リクライニング ×
付属機能 収納ケース

足置きにもなるコンパクトなチェア

超軽量のジュラルミンフレーム製なので持ち運びがとにかく便利なアウトドアチェアです。キャンプにはもちろんですが、野外のイベント、スポーツ観戦でも活躍してくれます。

価格的にもお手頃なので座る目的だけでなく、キャンプのときの足置き用として一脚ストックしておいても便利です。

「コールマンアウトドアチェア」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
コールマン『レイチェア』
コールマン『IL リゾートチェア』
コールマン『コンパクトフォールディングチェア』
コールマン『インフィニティチェア』
コールマン『コンパクトグランドチェア』
コールマン『サイドテーブル付デッキチェアST』
コールマン『リゾートチェア』
コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』
コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』
コールマン『ヒーリングチェア』
コールマン『コンパクトトレッキングスツール』
商品名 コールマン『レイチェア』 コールマン『IL リゾートチェア』 コールマン『コンパクトフォールディングチェア』 コールマン『インフィニティチェア』 コールマン『コンパクトグランドチェア』 コールマン『サイドテーブル付デッキチェアST』 コールマン『リゾートチェア』 コールマン『ILリラックスフォールディングベンチ』 コールマン『キッズスリムキャプテンチェア』 コールマン『ヒーリングチェア』 コールマン『コンパクトトレッキングスツール』
商品情報
特徴 リラックスできるハイバック おしゃれな自分空間キャンプ コンパクトなのに心地よいローチェア ストレスフリーで快適リクライニング キャンプや運動会、ピクニックとマルチ使用 マグカップがすっぽり安定するテーブル かわいいドット柄で映えるキャンプに 座面が広くゆったり快適なベンチタイプ 子どもと一緒に食事を楽しみやすいハイチェア ハンモックのような座り心地でリラックス 足置きにもなるコンパクトなチェア
タイプ ベーシックタイプ ベーシックタイプ ロータイプ ベーシックタイプ ロータイプ ロータイプ ベーシックタイプ ベンチタイプ キッズタイプ ロータイプ ロータイプ
本体サイズ (約)61×70×98(h)cm (約)81×51×87(h)cm (約)53×54.5×62(h)cm (約)92×69×110(h)cm(通常時)、(約)166×69×76(h)cm(リクライニング最大時) (約)39×52.5×43.5(h)cm (約)87×52×77(h)cm (約)81×51×87(h)cm (約)108×58×64(h)cm、座面幅:約92cm、座面高:約30cm (約)48.5×48×88(h)cm (約)57×58×76(h)cm (約)260×260×260(h)cm
収納サイズ (約)25×15×89(h)cm (約)14×14×87(h)cm (約)53×9×56(h)cm (約)15×69×90(h)cm (約)10×14×61(h)cm (約)16×52×77(h)cm (約)14×14×77(h)cm (約)108×10×60(h)cm (約)14×16×88(h)cm (約)19×11×90(h)cm (約)100×100×350(h)cm
重量 約3.7kg 約3.1kg 約2.1kg 約8.8kg 約1.3kg 約5.5kg 約3.1kg 約3.9kg 約2.6kg 約2.5kg 約0.375kg
リクライニング × × × × × × × × ×
付属機能 収納ケース 背面ポケット、ドリンクホルダー、収納ケース ハンドル 取っ手 ポケット、収納ケース カップホルダー付きサイドテーブル、ハンドル ドリンクホルダー、収納ポケット、収納ケース ハンドル 大型背面ポケット、転落防止用ベルト、ペグダウンリング、収納ケース 背面ポケット、収納ケース 収納ケース
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コールマンアウトドアチェアの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコールマンアウトドアチェアの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:イス(コールマン)ランキング
Yahoo!ショッピング:コールマンチェアランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほか関連商品の情報はこちら

アウトドア&旅ライターである大森弘恵さんへの取材をもとに、アウトドアチェアと選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。キャンプでの食事や休憩で活躍するアウトドアチェア。ゆったり座って自然を満喫できる、キャンプでは必携のアイテムです。しかし、いざ購入しようと思っても、材質や座面の高さ、折りた...

キャンプやピクニックなどのアウトドアに出かけるとき、ピクニックシートを地面に敷くのもいいですが、アウトドアチェアがあるととても快適です。持ち運びを考えると、できるだけ軽量のアウトドアチェアがあると便利に使えます。この記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、1kg以下の超軽量...

キャンプライターの中山一弘さんに聞いた、おすすめのヘリノックスチェア5選と選ぶポイントを紹介しています。ヘリノックスチェアは、80以上のテントメーカーに採用されている軽量・高強度なアルミポールで有名なDAC社が立ち上げたブランド。軽量・コンパクトさと同時に快適な座り心地を実現して注目を集めてい...

山や海などのキャンプで必要になるアウトドアテーブル。食事をとるときや、友達や家族などとくつろぐのにも便利ですよね。素材や大きさ、組み立て方など種類はさまざま。チェアを使う場合は座ったときに脚がぶつからない高さかどうかなども重要なポイントになります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんに...

アウトドア&旅ライターが選ぶアウトドア用キッチンテーブル18選をご紹介します。キャンプの醍醐味である手作り料理。快適に調理するためにはやはりキッチンテーブルがあったほうがいいですよね。キャンプ・アウトドア用のキッチンテーブルには天板が高くなっているものもあるので、子どもが一緒にいる時に、よりス...

コールマンアウトドアチェア選びのポイントをおさらい

本記事では、コールマンアウトドアチェアの11商品をご紹介しました。

椅子の高さ
リクライニング機能
カップホルダーなどの便利機能の有無

また、ファミリーキャンプの場合は子どもも快適に過ごせるものなのかも確認しましょう。

あなたにぴったりのコールマンアウトドアチェアを選んでくださいね。

"※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)"

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドアチェアパラソルおすすめ8選|大きさ・重さ・サイズ・機能で選ぶ

アウトドアチェアパラソルおすすめ8選|大きさ・重さ・サイズ・機能で選ぶ

チェアパラソルは日差しを防いでくれるので、レジャーやビーチで大活躍。取りつけがかんたんなワンタッチタイプもあるので、初心者でもラクに使えます。この記事では、チェアパラソルを購入するにあたって押さえておきたいポイントや選び方と、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめのチェアパラソルをご紹介します。


アウトドアテーブルおすすめ10選+α|持ち運びしやすい便利なアイテムも

アウトドアテーブルおすすめ10選+α|持ち運びしやすい便利なアイテムも

山や海などのキャンプで必要になるアウトドアテーブル。食事をとるときや、友達や家族などとくつろぐのにも便利ですよね。素材や大きさ、組み立て方など種類はさまざま。チェアを使う場合は座ったときに脚がぶつからない高さかどうかなども重要なポイントになります。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんに、キャンプ用アウトドアテーブルの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。初めてキャンプに挑戦したい人から、シーンに合わせたテーブル選びがしたい人、長く使える納得のテーブルが欲しい人まで、ぜひ参考にしてみてください。


超軽量アウトドアチェアおすすめ5選|座り心地のよい折り畳み椅子もご紹介

超軽量アウトドアチェアおすすめ5選|座り心地のよい折り畳み椅子もご紹介

キャンプやピクニックなどのアウトドアに出かけるとき、ピクニックシートを地面に敷くのもいいですが、アウトドアチェアがあるととても快適です。持ち運びを考えると、できるだけ軽量のアウトドアチェアがあると便利に使えます。この記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、1kg以下の超軽量アウトドアチェアの選び方のポイントとおすすめ商品を紹介していきます。アウトドア好きな方は、ぜひ参考にしてみてください。


折り畳みミニテーブルおすすめ11選|ソロもファミリーも使えるアイテムのご紹介

折り畳みミニテーブルおすすめ11選|ソロもファミリーも使えるアイテムのご紹介

キャンプやピクニックで必要なアイテムの一つでもあるミニテーブル。アルミ製、プラスチック製、木製と素材もいろいろあるので、どれを購入するか迷いますよね。またソロキャンプやソロツーリング、ファミリーキャンプなど人数によってミニテーブルの中でもサイズ選びが大切です。この記事では、キャンプブロガーのSAMさんにお話をうかがい、選び方のポイントをまとめました。さらにおすすめの商品も紹介しています。ぜひ参考にしてください。


ハンモックスタンドおすすめ8選【専門家と編集部が選ぶ】室内兼用でインテリアにも

ハンモックスタンドおすすめ8選【専門家と編集部が選ぶ】室内兼用でインテリアにも

アウトドアシーンはもちろん、自宅のリラックススペースとしても人気なのがハンモックです。ハンモックを吊るせるハンモックスタンドを使えば、木がなくてもどこでもハンモックでリラックスできます。安心・安全にハンモックを使う上で重要なのが、ハンモックを支えるハンモックスタンドの選び方です。ここでは、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、ハンモックスタンドのおすすめ商品と選び方についてご紹介しています。これからハンモックスタンドを購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る