コールマンのテントおすすめ5選|初心者向けもご紹介します!

コールマンのテントおすすめ5選|初心者向けもご紹介します!
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

コールマンは100年以上の歴史を誇る、アメリカを代表するアウトドア用品メーカーです。アウトドア用ファニチャーや調理用具など、幅広いジャンルで高いシェアを誇っています。テントの種類も豊富で、ソロやツーリング用のコンパクトなものから、悪天候であってもグループで快適に過ごせるようなものまで、ユーザーの多様なニーズに応えるモデルを細かく用意しています。そこで、コールマンテントについて、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。


キャンプライターが解説|コールマンテントを選ぶポイント

キャンプライターの中山一弘さんに、コールマンテントを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

キャンプ場
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

コールマンのテントはドーム型テントが中心。モデルによって機能も異なってくるので、違いを知ってテントを選びましょう。

テントの定員は荷物スペースも加えて考える

キャンプ/釣りライター

コールマンテントに限らず、カタログをみるとテントにはたいてい目安としての「定員」が記載されています。たとえばファミリーキャンプであれば、「4~5人」などと書かれているのを選ぶ人が多いでしょう。ただし、この定員とは寝袋に入った人がぎっちり並んで寝る状態でのことなので、荷物などを入れるスペースが少なくなってしまうこともあります。

家族4人(大人2人と小学生くらいまでの子ども2人)の場合、余裕を持たせるならもう少し大きめのテントがいいかもしれません。アウトドア用品店やホームセンターなどでも、コールマンテントは実際に張って展示していることもあるので、チャンスがあれば入ってみて実感してみてください。

コールマン『タフワイドドーム IV/300』

高さと広さを両立し、4人家族でもゆったりと過ごせるスペースを確保。インナーテント下部メッシュが新鮮な外気を取り入れ、蒸し暑い夏でも快適に過ごせます。

>> Amazonで詳細を見る

タープを兼用するか別にするかでモデルを選ぼう

キャンプ/釣りライター

コールマンテントはドーム型テントが中心ですが、モデルによって前室の広さがかなり異なります。タープやスクリーンタープとセットで購入して、連結を前提にするならテント本体の前室はあまり必要ないかもしれません。

しかし、設営が面倒だったり、よく行くキャンプ場の区画サイトがあまり広くない、というような場合は前室がスクリーンタープを兼ねるようなタイプのモデルがおすすめです。これならテントを設営するだけで、リビングスペースまですぐ用意できます。コールマンテントの場合は、モデル名に「2ルーム」という名前がついているモデルが該当します。

快眠をサポートする「ダークルームテクノロジー」に注目!

キャンプ/釣りライター

最近では他社製テントでも同じような機能を持つテントもありますが、コールマンの「ダークルームテクノロジー」を採用したテントは遮光性がよく、夏の強烈な陽ざしの朝でも日光を90%以上遮ってくれます。日光を遮るということは、テント内の温度上昇も抑えるということなので、快適に寝ていられる時間が長くなります。春秋のキャンプでも朝の陽ざしは意外に明るく、慣れない人は早朝に目が覚めてしまうこともあるので、シーズンを通して有効な機能です。

小さなお子さんがいるときに、昼寝する場所としても最適でしょう。室内が暗いテントはあまり好まないという人もいますが、別に採光用の窓を装備するモデルもあるので、そのあたりも確認してみましょう。

コールマン『BCクロスドーム/270』

シンプルなフレームワークで、設営しやすいドーム型のテントです。広さとコストパフォーマンスも兼ね備え、初心者におすすめのモデルです。

>> Amazonで詳細を見る

コールマンテントのおすすめ5選|キャンプライターが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、キャンプライターの中山一弘さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『タフワイドドーム IV/300』

コールマン『タフワイドドームIV/300』 コールマン『タフワイドドームIV/300』 コールマン『タフワイドドームIV/300』 コールマン『タフワイドドームIV/300』 コールマン『タフワイドドームIV/300』 コールマン『タフワイドドームIV/300』

出典:Amazon

シリーズ タフシリーズ
サイズ(インナーテント) 約300×300×185(高さ)cm
重量 約10.6kg
耐水圧 約2,000mm
定員 4~6人用

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

性能のバランスがいい人気の中心モデル

キャンプ場でよく見かける大定番モデルですが、居住性のよさに定評があります。タフシリーズは、日本の高温多湿な環境に対応するため、優れた換気性能と雨に強いという相反する性能を両立しています。

インナーテントまで大人でも屈(かが)まず出入りできるだけの室内高があり、子どもの着替えなど煩雑(はんざつ)に出入りする状況でもストレスがありません。それでいて風に強いドーム型テントの利点はそのままで、安心して過ごせます。

この『タフワイドドーム』は、タフシリーズのなかでも室内のフロア面積を多めに取ったモデルで、家族4~5人が並んで寝たうえで、枕元や足元に荷物を置くじゅうぶんなスペースがあります。極端な低温下を除けば通年でも使いやすく、ファミキャンにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『BCクロスドーム/270』

コールマン『BCクロスドーム/270』 コールマン『BCクロスドーム/270』 コールマン『BCクロスドーム/270』

出典:Amazon

シリーズ -
サイズ(インナーテント) 約270×270×175(高さ)cm
重量 約10kg
耐水圧 約1,500mm
定員 4~5人用

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

シンプルで設営しやすいコスパに優れたモデル

アウトドア専門店だけでなく、ホームセンターなどでもよく販売されているモデルです。4~5人用のテントとしては非常にコスパが高いのですが、さすがコールマンだけあって基本性能にぬかりはありません。耐水圧も約1,500mmとよほどの大雨でなければ問題ありませんし、シンプルなデザインなので設営も簡単です。はじめてのテントとしても、おすすめできるものです。

インナーテントのフロアは270×270cmで、これは4人用テントの基準となるサイズです。『タフワイドドームIV/300』などでは、フロアを300×300cmにすることでゆとりを生み出しているわけですが、たとえば親子3人というのであればこのサイズでも問題ないでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『エクスカーションティピー/210』

コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『エクスカーションティピー/210』

出典:Amazon

シリーズ コンパクトシリーズ
サイズ(インナーテント) 約210×150×170(高さ)cm
重量 約4kg
耐水圧 約1,500mm
定員 1~2人用

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ソロキャンに最適な設営しやすいワンポールテント

「ソロキャン」もすっかり市民権を得て、あちこちのキャンプ場でひとりの時間を楽しむ人が増えています。この『エクスカーションティピー』は、まさにそんなニーズにぴったりのモデルです。

インナーテントの四隅をペグダウンして、中心でポールを立ち上げればあとはフライをかぶせるだけという、とても簡単な構造で素早い設営が可能です。またワンポールテントの場合、その構造上どうしても雨の日に出入りすると吹き込みがあります。このモデルはそれを軽減する前室があるので、雨中で調理する際なども便利です。

サイズ違いの『エクスカーションティピー/325』と、さらにそれにダークルームテクノロジーを搭載したモデルもあります。『エクスカーションティピー/325』は3~4人用なので、ゆったり使いたいときにいいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』

コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』

出典:Amazon

シリーズ -
サイズ(インナーテント) 約300×235×185(高さ)cm
重量 約16kg
耐水圧 約2,000mm(フロア:約2,000mm)
定員 4~5人用

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

人気のトンネル型にダークルームテクノロジーを搭載

トンネル型テントといえば、登山遠征隊のベースキャンプなどでよく見られたものでしたが、最近では一般のキャンプ向けモデルも登場してきています。居住性のよさと耐風性の高さなどで、大人数でのキャンプにも使いやすいものが増えているのです。

このモデルはひさし機構があって雨の日でもオープンにしたままにでき、換気性能も優れています。必要に応じて寝室に外気や光を取り入れる窓などがあるため、ダークルームテクノロジー搭載で暗いだけではなく、明るい室内にすることもできるのです。まさにマルチな使い方ができるテントで、最後の撤収もしやすいなど隙のない設計となっています。縦方向の全長が6m60cmとかなり大型のモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーンII』

コールマン『ウェザーマスターワイド2ルームコクーンII』

出典:ec.coleman.co.jp

シリーズ マスターシリーズ
サイズ(インナーテント) 約360×240×195(高さ)cm
重量 約30kg
耐水圧 約3,000mm(フロア:約10,000mm)
定員 4~6人用

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

最高の素材・機能を追求したフラッグシップモデル

コールマンテントといえばグリーンのイメージですが、最近はシックなカラーのモデルがあって「あれっ?」と思ったことがあるかもしれません。それがマスターシリーズで、過酷なアウトドアで快適に過ごすためのコールマンのノウハウが詰まったものです。氷点下の冬から盛夏まで対応する機能と、耐久性のある素材を惜しげなく使ったモデルなのです。

その中でもこのモデルは超大型の2ルームテントとして、すべてこれで完結できる装備になっています。サイドウォールつきの入り口のキャノピーや、つけ外し可能なルーフフライなどであらゆる気象条件に柔軟に対応できます。価格はそれなりになりますが、長く愛用できるテントだと思います。

「コールマン・テント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
コールマン『タフワイドドーム IV/300』
コールマン『BCクロスドーム/270』
コールマン『エクスカーションティピー/210』
コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』
コールマン『ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーンII』
商品名 コールマン『タフワイドドーム IV/300』 コールマン『BCクロスドーム/270』 コールマン『エクスカーションティピー/210』 コールマン『トンネル2ルームハウス/LDX』 コールマン『ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーンII』
商品情報
特徴 性能のバランスがいい人気の中心モデル シンプルで設営しやすいコスパに優れたモデル ソロキャンに最適な設営しやすいワンポールテント 人気のトンネル型にダークルームテクノロジーを搭載 最高の素材・機能を追求したフラッグシップモデル
シリーズ タフシリーズ - コンパクトシリーズ - マスターシリーズ
サイズ(インナーテント) 約300×300×185(高さ)cm 約270×270×175(高さ)cm 約210×150×170(高さ)cm 約300×235×185(高さ)cm 約360×240×195(高さ)cm
重量 約10.6kg 約10kg 約4kg 約16kg 約30kg
耐水圧 約2,000mm 約1,500mm 約1,500mm 約2,000mm(フロア:約2,000mm) 約3,000mm(フロア:約10,000mm)
定員 4~6人用 4~5人用 1~2人用 4~5人用 4~6人用
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

プラスアルファでテント内をさらに快適に|キャンプライターからのアドバイス

キャンプ/釣りライター

コールマンテントの特徴は、テントの下に敷くグランドシートや、テント内で使うインナーシートなどの純正オプションも充実していること。当然ジャストサイズなので、まずこれらを敷いた上に、お気に入りのブランケットやマット、エアベッドなどを置いて寝やすくするといいでしょう。

ペグやロープに至るまで純正品が用意されているので、はじめての場合はコールマンでそろえるといいでしょう。入門用に、テントとシートなどをパッケージにしたお得な商品もあります。慣れてきたら、ほかのメーカーや手持ちのものなどと組み合わせてカスタマイズすると、さらに楽しくなります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

キャンプを知り尽くしたマイナビおすすめナビのエキスパート5人がタイプ別、用途別、使用人数別に選び方と特選テント、併用アイテムを36個ご紹介。キャンプ用、運動会用、ソロ用、多人数用など、さまざまな角度から、テントをどのように選ぶのが良いか、結局どれがおすすか、しっかりご紹介します。

※2019/12/16 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2020/04/27 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。動画による組み立て方のコツや通販サイトのおすすめランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

キャンプやアウトドア熟練者になると、テントの設営や運搬もスムーズにできるため、より選べるテントの幅も広がります。そこで、大規模テントや個性的テントなど、上級者のためのテントの選び方とおすすめ製品について作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがいました。キャンプやアウトドアの熟練度に応じたテントを利用したい人や、トレンドに沿ったテントを導入したい人も、ぜひ参考にしてください。


ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだツェルトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


登山用テントおすすめ11選|【1人~3人用】軽量・4シーズン対応も

登山用テントおすすめ11選|【1人~3人用】軽量・4シーズン対応も

本格的に登山を楽しむようになるとほしくなるのが、登山用テント。定番のモンベルを始め、多くのアウトドアブランドから幅広い製品が発売されています。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が登山用テントのおすすめ商品を「軽量」「4シーズン対応」などタイプ別に厳選しました。選び方のポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


ペグハンマーおすすめ8選|キャンプやアウトドアシーンで大活躍!【初心者でも使える軽量タイプも】

ペグハンマーおすすめ8選|キャンプやアウトドアシーンで大活躍!【初心者でも使える軽量タイプも】

キャンプブロガーのSAMさんに取材を行い、ペグハンマー選びのポイントとペグハンマーのおすすめ商品をうかがいました。キャンプに欠かせないペグハンマーは、テントやタープを地面に固定する専用のハンマーです。ペグとはテントのロープを地面に固定する掛け釘で、硬い地面に打ち付けるにはペグハンマーがあると素早くかんたんに作業ができてラクになります。


関連するブランド・メーカー


Coleman(コールマン)

新着記事


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

今回購入したアネッサの日焼け止め『パーフェクトUVスキンケアミルク』は、しっかりUVカットをしつつ、スキンケアもできる優れもの。日焼けをしっかり防ぎながら、しっとり潤い肌も叶えてくれるという、まさに理想の日焼け止めなのです。そこで本当にしっとり潤うのか、腕に塗って試してみました。「石鹸で簡単に落とせる」については、拭き取り用クレンジングをコットンに浸して日焼け止めを塗った腕を擦り、落ち具合を検証。「石鹸で簡単に落とせる強力な日焼け止めで、肌に優しくてスキンケアもできるもの」を探している人は、ぜひ参考にしてくださいね。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る