ワンタッチタープおすすめ8選|DOD・ロゴス・コールマンほか防水・換気機能付きも

ロゴスコーポレーション『Qセットタープ・ストロングPRO(270-N)』
出典:Amazon

張り綱やポールを組み立てることなく立ち上げるだけで簡単に設営ができ、特別な知識がなくても快適な空間が作り出せるワンタッチタープ。軽量のアルミ素地材を使用しているものが多く、一人でも運搬設営も可能で、男性はもちろん女性キャンパーにもおすすめです。

ここでは、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が厳選したおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。

後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

「タープ ワンタッチ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『シェード パーティーシェードDX300(2000033122)』
Coleman(コールマン)『アジャスタブルシェードシェルター(2000033942)』
Coleman(コールマン)『シェード インスタントバイザーシェード』
ABCCANOPY『KingKong 10x10 Pop-up Canopy』
FIELDOOR『TARP TENT STEEL CENTER LOCK』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『クイックシェードDX250UV-S〈キャスターバッグ付〉(M-3272)』
QUICKCAMP『ワンタッチスクリーンタープ 3.0×3.0m(QC-ST300)』
Quictent『ワンタッチ タープテント』
商品名 Coleman(コールマン)『シェード パーティーシェードDX300(2000033122)』 Coleman(コールマン)『アジャスタブルシェードシェルター(2000033942)』 Coleman(コールマン)『シェード インスタントバイザーシェード』 ABCCANOPY『KingKong 10x10 Pop-up Canopy』 FIELDOOR『TARP TENT STEEL CENTER LOCK』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『クイックシェードDX250UV-S〈キャスターバッグ付〉(M-3272)』 QUICKCAMP『ワンタッチスクリーンタープ 3.0×3.0m(QC-ST300)』 Quictent『ワンタッチ タープテント』
商品情報
特徴 ひとりでも設置可能! 自立式フレームを採用 シェードの角度調節が可能! 自由に日陰を作れる 丈夫で雨風・日差しをしっかり防ぐ 設置場所に合わせられる! 高さ3段階調節可能 強度と耐久性のあるタープテント 組み立てがかんたん! 軽量なアルミニウムを使用 フルクローズできる万能タープ! ハンティングテントのようなスタイルが魅力!
サイズ 約300×300×225cm 約274×274×284cm 約220×220×250cm 約220×220×274/264/254cm 約300×300×256/248/176cm 250×250×257/248/239cm 約300×300×210cm 高さ257/260/263cm
収納サイズ 約直径28×89cm 約26×21×122cm 約18×118cm 約25×25×137cm 22×22×114cm - 約20×20×135cm 21×19×120cm
重量 約15.5kg 約22kg 約13kg 約21kg 約15kg 約13kg 約7.3kg 19.5kg
材質 シェードスキン:150Dポリエステルオックス、フレーム:スチール シェード:150Dポリエステル(PU防水、シームシール)、 フレーム:スチール シェード/150Dポリエステルオックスフォード(UVPRO、PU防水、シームシール)、フレーム/スチール フレーム:スチール、生地:300Dポリエステル フレーム:スチール、生地:ポリエステル フライ:ポリエステル150D・シルバーコーティング(1,000mm防水)・UV加工、フレーム:支柱=アルミ 本体:150D ポリエステル(カバーシート部分:75D)、ポール:ファイバーグラス&スチール フレーム:ステンレス、本体:420Dオックスフォード布
付属品 ペグ、ロープ、収納ケース ペグ、ロープ、収納ケース ペグ、ロープ、収納ケース ペグ×8、ロープ×4、サンドバック×4、専用収納キャスターバッグ ペグ、ロープ、収納ケース ペグ×8、固定ロープ×4、ペグ用収納袋、キャスターバッグ スチールペグ×8、ガイロープ×4、キャリーバッグ ロール付き収納袋
対応人数 - - - - - 4~5人 - -
カラー グリーン/ベージュ - オリーブ、ネイビー、グリーン カーキほか ペグ、ロープ、収納ケース ブルー グリーン、グレー -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

ワンタッチタープとは? その魅力について

野外フェスティバルでタープテントを張り、広場で盛り上がる女性

Photo by Krists Luhaers on Unsplash

フェスやキャンプなどで簡単に設営できれば、身軽にして音楽に集中でき、有意義な時間を過ごせる。

ワンタッチタープとは、簡単に設営できるタープのこと。フレームを開き、シートを被せ、支柱の脚を伸ばす、これだけで組み立てることができます。

ワンタッチタープの魅力は、誰でも知識なく簡単に設営できるところです。基本的には、フレームとタープが一体型になっているため、テントのようにポールを組み立てたり、ペグ打ちする必要もありません。キャンプ場や海水浴場で、雨風を防いだり、日よけに使用することができる手軽さが特徴です。

ワンタッチタープの選び方 山岳写真家が解説!

ここからは、キャンプなどアウトドアに精通した山岳写真家の荒井裕介さんにお話をうかがい、ワンタッチタープを選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

ポイントは下記の5つ。

【1】使用人数・サイズ
【2】素材
【3】防水・遮熱効果
【4】オプションパーツ
【5】ベンチレーション(換気機能)

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】使用人数・サイズで選ぶ 何人で使うかでサイズが決まる

 

QUICKCAMP『ワンタッチスクリーンタープ 3.0×3.0m(QC-ST300)』

一般的には3.0×2.5mサイズ(3~4人)のものが多くリリースされていますが、3.0×3.0m(4~5人)のものなどもあり各々の必要なサイズに合わせて選択して下さい。さらに高さも数段階調節ができるものがあり、天候等に応じて任意で変えられるものがおすすめです。

以下が使用人数とサイズの目安になります。

3~4人:縦横サイズ200×200cm
4~5人:縦横サイズ250×250cm
5~6人:縦横サイズ300×300cm

【2】軽量素材を選ぶ アルミフレームがおすすめ

 

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『クイックシェードDX250UV-S〈キャスターバッグ付〉(M-3272)』

一般的に、ワンタッチタープのフレームには耐久性のあるスチールが使用されています。そのため、重量があり、携帯性にはやや難ありです。軽量性も考慮するなら、アルミフレームを試してみるとよいでしょう。

【3】防水・遮熱効果で選ぶ UVカット処理・耐水圧が高い生地だとより快適

 

Coleman(コールマン)『シェード パーティーシェードDX300(2000033122)』

素材はポリウレタンコーティング(防水加工)が主流で耐水圧もじゅうぶんあります。さらに、裏地にシルバーコーティングが施されているものであれば夏時期でも遮熱効果が期待できおすすめです。またアウトドアで使用するものですから、UVカット処理が施されているものを選択するとよいでしょう。

【4】オプションパーツで選ぶ 迷ったらオープンタイプを

 

90秒でかんたんに設営できるフルメッシュ仕様の大型タープ。虫の侵入を防ぐスカートも付いていて夜間も快適。

通常は4辺がオープンタイプのものが主流ですが、アイテムによってはオプションでバグネット(防虫ネット)やロールアップタイプの壁をつけられるものがあります。タープを中心に車やテントを寄せて使用するならオープンタイプがおすすめ。

「混み合ったキャンプ場でプライベート空間がほしい」「テントの代わりにコット(簡易ベット)で寝たい」などという方には遮蔽(しゃへい)ができるオプションつきのものがおすすめです。壁やバグネットはDIYするキャンパーも多くいるので、迷ったらオープンタイプからはじめるといいでしょう。

【5】ベンチレーション(換気機能)の有無で選ぶ 屋根の頂点にベンチレーションがあるものがおすすめ

 

開閉式のベンチレーションなので天候やシチュエーションにあわせて使用可能。さらに急な突風を外に逃がすベントトップシステムで安全性もアップ。

食事をしたりくつろいだりを目的にするのならベンチレーションはなくてもいいのですが、キッチンとして利用するなら屋根の頂点にベンチレーションがあるものを選ぶといいでしょう。

山間部のキャンプ場は夏でも寒暖差があり、調理中の熱や蒸気で天幕が結露することもあります。熱がたまりやすい上部にベンチレーションがあれば、そうした蒸気や熱を適度に排出してくれるので、快適にアウトドアクッキングができます。タープの使用目的をリビングにするかダイニングキッチンするかを決めて選択するのがポイントです。

ワンタッチタープおすすめ8選 DOD・ロゴス・コールマン・クイックキャンプなど厳選!

ワンタッチタープの選び方のポイントをふまえて、ここからは、アウトドアに精通した山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

Coleman(コールマン)『シェード パーティーシェードDX300(2000033122)』

コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122 コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122 コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122 コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122 コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122 コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122 コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122 コールマン(Coleman)シェードパーティーシェードDX300グリーン/ベージュ2000033122

出典:Amazon

ひとりでも設置可能! 自立式フレームを採用

アウトドア用品総合メーカーColeman(コールマン)の大型オープンシェードです。解放感があり、バーベキューやキャンプにおすすめ。自立式のフレームを採用しており、ひとりでも設置できるのが魅力です。

フレーム内部にはバッテリーランタン用のハンガーがついているのもうれしいポイント。別途で購入する必要がないので便利です。

Coleman(コールマン)『アジャスタブルシェードシェルター(2000033942)』

コールマン(Coleman)アジャスタブルシェードシェルター2000033942 コールマン(Coleman)アジャスタブルシェードシェルター2000033942 コールマン(Coleman)アジャスタブルシェードシェルター2000033942 コールマン(Coleman)アジャスタブルシェードシェルター2000033942 コールマン(Coleman)アジャスタブルシェードシェルター2000033942 コールマン(Coleman)アジャスタブルシェードシェルター2000033942 コールマン(Coleman)アジャスタブルシェードシェルター2000033942

出典:Amazon

シェードの角度調節が可能! 自由に日陰を作れる

広さと角度の調節ができるタープテントです。シェード部分を伸ばして傾けるだけで、かんたんに日陰を作れます。生地にはシームシール加工が施されており防水性の高い仕様です。

カラーはレッドとブラックの2色使いで、シンプルながらおしゃれ感のある見た目も魅力。ペグやロープといった付属品のほか、ホイール付収納ケースもあるので持ち運びに便利です。

Coleman(コールマン)『シェード インスタントバイザーシェード』

コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578 コールマン(Coleman)シェードインスタントバイザーシェードグリーン/ベージュMサイズ2000031578

出典:Amazon

丈夫で雨風・日差しをしっかり防ぐ

雨風や日差しに強いひさし型。バーベキューやピクニック用にちょうどよいワンタッチタープです。別売りオプションでサイドフラップもあります。目隠し代わりにサイドフラップを使用すれば、キャンプ場でも活躍しそうです。

重量は約13kgありますが、やや重い分、丈夫との通販サイトの口コミも。設営時は2人以上で組み立てましょう。

ABCCANOPY『KingKong 10x10 Pop-up Canopy』

設置場所に合わせられる! 高さ3段階調節可能

バーベキューやビーチなど、設置場所に合わせて高さを3段階に調節できるアイテムです。ワンタッチのタープテントで傘を開くよう、かんたんに取りつけられます。

また、生地の裏側にはシルバーコーティングが施され遮熱性やUVカット性が高いのも魅力。重量は約21kgと重めですが、キャスターつきのキャリーバックが付属なので担がずに運べます。

FIELDOOR『TARP TENT STEEL CENTER LOCK』

FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング) FIELDOOR組立て簡単!!3.0x3.0mワンタッチタープテントグリーンG03【別売りオプションパーツが豊富】(高耐水加工&シルバーコーティング/UVカットコーティング)

出典:Amazon

強度と耐久性のあるタープテント

フレームには強度と耐久性のあるスチールを採用し、少しコンディションが悪い場所でもしっかりと設置することができる強度と安定性にすぐれたタープテントです。

生地には耐水性の高いポリエステルを使い、裏側には紫外線をカットするシルバーコーティングを施しているのも特徴。アウトドアやレジャーなど快適な日陰を作れます

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『クイックシェードDX250UV-S〈キャスターバッグ付〉(M-3272)』

キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272 キャプテンスタッグクイックシェードDX250UV-S(キャスターバッグ付)M-3272

出典:Amazon

組み立てがかんたん! 軽量なアルミニウムを使用

フレームにアルミニウムを使用した軽量のワンタッチタープです。表面にパウダーコーティングが施され、サビやキズがつきにくいので長く使えます。


また、シートの裏面はシルバーコーティング加工がされているので、紫外線を99%カットでき日差しから肌を守れるのも魅力。キャスターつきのバッグもセットなので、担がずにスムーズに運べて便利です。

QUICKCAMP『ワンタッチスクリーンタープ 3.0×3.0m(QC-ST300)』

[クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300 [クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300 [クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300 [クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300 [クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300 [クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300 [クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300 [クイックキャンプ]スクリーンタープ3mUVカットQC-ST300

出典:Amazon

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

フルクローズできる万能タープ!

タープというと周囲が解放しているイメージが強いですが、フルクローズ、バグネット、フルオープン、キャノピー(ひさし)とさまざまな使い方ができるタープです。暑い季節にはテントの代わりにコット(簡易ベッド)と併用しても使えますね。

虫の多い季節にはランタンの灯りに誘われた虫が食事中に! なんて経験がある方もいらっしゃると思います。でもこのタープはフルメッシュ仕様なので安心して食事が可能。同様に蚊などの害虫も防げるので、小さいお子さんやペットと一緒のキャンプでも安心です。UV加工も施されているので夏休みのキャンプシーズンでも大活躍。シームテープ加工済みですので突然の悪天候に備えたり、夜を長く楽しんだりするのにもおすすめのタープです。

Quictent『ワンタッチ タープテント』

Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ Quictentワンタッチタープテント3段階調節UVカット耐水スチールキャンプアウトドア耐水専用横幕/サイドシート4枚付属テントキャンプ用品ワンタッチテントタープ

出典:Amazon

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ハンティングテントのようなスタイルが魅力!

クラシカルな見た目で窓つきのスクリーンを展開すればフロアレステントのように使えます。ステンレスフレームのため重量はありますが、耐久性抜群で雪にも耐える仕様がうれしいオールシーズンタープ。キャンプ好きにはその便利さをよろこんでもらえる商品です。

また、クラシカルなハンティングテントのようなフォルムがキャンバステントなどとも相性がよく、420デニールのオックスフォード生地でタフな使用にも耐えるので、ワイルドキャンプをさらに引き立ててくれるはずです。重量は重めですが、オールシーズン全天候型としてビギナーからエキスパートまでおすすめのタープです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ワンタッチタープの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのワンタッチタープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:タープランキング
Yahoo!ショッピング:ワンタッチ タープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワンタッチタープの組み立て方

 

QUICKCAMP『ワンタッチスクリーンタープ 3.0×3.0m(QC-ST300)』

 

ポールをシートに通したり、ペグ打ちしたりといった設営にかかる手間や時間を短縮できるため、メインのアクティビティに集中することができるのが、ワンタッチタープの一番のメリット。

(1)フレームをゆっくり四方へ広げます。
(2)タープ生地をフレームに被せます。
(3)脚部を好きな高さに調整します。
(4)タープ本体を固定します。

ワンタッチタープに関するQ&A よくある質問

軽量フレームのメリットとデメリットについて教えてください。

軽量フレームといえば、アルミ素材があげられますが、強度・耐久性に関しては当然ながらスチール素材には劣ります。持ち運びの負担を考えるならアルミ、頻度や長く使うことを考えるならスチールを選ぶのがよいでしょう。

コンパクトに収納できるものは耐久性が心配ですが大丈夫ですか?

コンパクトに収納できるモデルは、関節やフレームの数が多くなり、その分強度が落ち、重量が増えます。選ぶポイントとしては、脚部が段階的に折りたためるタイプのもの、かつ耐久性のあるものを選ぶとよいでしょう。どの商品でもメリット・デメリットはありますので、バランスを考慮しながら自分に合ったものを選んでみてください。

ワンタッチタープに関するそのほかの商品情報 【関連記事】

使う人やキャンプスタイルによって選ぶのがおすすめ 山岳写真家からのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ワンタッチタープは素早く設営することができるアイテムですが、各商品ごとに異なる素材や重量は設営や運搬の労力の目安になります。女性やビギナーにはよりかんたんに設置が可能な軽量のものをおすすめします。また、小さなお子さんがいる場合はUVカットや遮熱性の高い素材を選ぶと安心です。

タープを先行して買うキャンパーは少ないと思います。テントやそのほかのアイテムと雰囲気を合わせ、人数に応じてサイズ選択をするといいでしょう。テントだけではなく開放的なタープはアウトドアの醍醐味です。ご自身のスタイルを吟味してチョイスしてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


タープおすすめ58選|おしゃれ&人気なモデルを紹介【ソロからファミリーまで】

タープおすすめ58選|おしゃれ&人気なモデルを紹介【ソロからファミリーまで】

キャンプやBBQにあると便利なタープ。日差しや雨風を防ぎ、プライベートな空間を広げることができます。テントほどかさばらないため、フェスやピクニックにも最適です。この記事では、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が厳選したタープのおすすめと選び方をご紹介します。ソロキャンプ用の小さめのタープから運動会などの大人数に対応したワンタッチタープ、迷彩柄のおしゃれなデザインなどたくさんの種類をピックアップしています。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon テント , タープ , 登山・トレッキング

スノーピークタープおすすめ11選|燃えにくい素材で焚き火時も使える

スノーピークタープおすすめ11選|燃えにくい素材で焚き火時も使える

数あるアウトドアメーカーの中でも、新潟県の三条市を本拠地とするSnow Peak(スノーピーク)。日本の気候やキャンプ環境を熟知し、初心者から上級者まで使いやすいさまざまな製品を作り出しています。照りつける強烈な陽ざしや突然の雨や夜露も防いで、屋根や家となってキャンパーを守ってくれるタープも、使いやすい魅力的なモデルを販売しています。本記事では、スノーピークのタープの選び方、おすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon タープ , 登山・トレッキング , テント・タープ

軽量タープおすすめ10選|【1人~4人用】ポール1本で設営できるものも

軽量タープおすすめ10選|【1人~4人用】ポール1本で設営できるものも

アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事ではアウトドアライター・大森弘恵さんと編集部が厳選した軽量タープのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。

tag icon テント , タープ , 登山・トレッキング

コールマンタープおすすめ13選|日除・雨除けに! UVカット・遮光性の高い商品も

コールマンタープおすすめ13選|日除・雨除けに! UVカット・遮光性の高い商品も

キャンプのとき、日陰を作ったり、夜露を防いで快適な食事やくつろぎのリビングスペースを構築したりするのに欠かせないアイテムがタープです。なかでもコールマンのタープやテントは、いろいろなキャンプ場でよく見かけるほど普及しています。この記事では、コールマンタープの選び方のコツとおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon タープ , テント・タープ , アウトドア・キャンプ

スクリーンタープおすすめ12選と選び方|人気コールマンやワンタッチ、連結タイプなど

スクリーンタープおすすめ12選と選び方|人気コールマンやワンタッチ、連結タイプなど

キャンプやアウトドアで活躍するタープ。オープンタイプと異なり虫よけや日よけもできて、プライベートな空間も確保できるスクリーンタープが人気です。スノーピーク、コールマン、ロゴスなどをはじめ種類や機能はさまざま。本記事では、スクリーンタープの上手な選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon テント , タープ , テント・タープ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。