メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!

メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

アウトドアライターが選ぶメーカー別タープのおすすめ商品5選を紹介します。タープは強い日差しや突然の雨などから身を守り、キャンプで快適に過ごすために必要なものです。各メーカーから多くの商品がでているので、どれを選べばいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか? この記事では、アウトドアライターのSAMさんにお話をうかがい、タープを選ぶときのポイントとロゴス・キャプテンスタッグ・モンベル・キャンパルジャパン・DODなどメーカー別おすすめ商品を教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


【メーカー別】タープの選び方 アウトドアライターが解説!

キャンプブロガーのSAMさんに、メーカー別タープを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

キャンプで快適な時間を過ごすためにはタープ選びも重要になってきますよね。メーカーによってどのようなポイントを見ればよいのでしょうか。

キャンプシーン次第でタープの形も変わる

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

キャンプのスタイルや目的に合わせて選択する

キャンプにおいてテントが寝室ならば、タープが作り出す空間は「リビングスペース」。キャンプ中もっとも長い時間すごす場所なので、とくにこれからキャンプをはじめる方にとってはタープ選びはかなり重要。快適なキャンプライフになるかどうかの分かれ目になると言えるでしょう。

一言でタープといっても言葉の意味のとおり「日よけ・雨よけ」のようなオープンタープのみならず、テント同様全方位を覆えるスクリーン型があります。さらにこまかくは夏の虫よけ重視の全面メッシュタイプ、冬のフルクローズ型とバラエティ豊か。これらをどう自分たちのスタイルや目的(人数、季節など)に合わせるかが最初の選択課題となります。

キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』

天井はUVカットシルバーコーティングで紫外線をブロック! 1mmメッシュが虫の侵入を防いでくれる。

>> PayPayモールで詳細を見る

テントのコーディネートは大事

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

タープの面積・ポールの位置・張り綱を事前に確認

次によく考えておきたいのはテントとの組み合わせです。ひとつは「導線」の問題。限られたキャンプサイトのスペースで効率よく人が通れるか、ファニチャーやキッチンを並べられるかは、どのようなタープを選択するかに依存します。タープの面積、ポールの位置、張り綱がどう伸びているのかなどを事前によくチェックしておいてください。

もうひとつはテントとのデザインバランスやカラーコーディネートです。機能だけを考えすぎて、これらがチグハグでは美しいサイトになりません。なかには最初からテントの「連結」が考えられているものもあるので、テント選択時に念頭に置いておくというのもアリです。

ビーズ『DOD チーズタープ』

自由自在に張ることができる超大型タープ。同じDODの「カマボコテント」と組み合わせて「チーカマ」スタイルなどいかがだろう。

>> PayPayモールで詳細を見る

メーカーごとの特徴を知るとさらに楽しい!

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ブランドごとの背景に注目してみる

タープはテントとと同じく各社長い歴史があり、その経験値が活かされたキャンプアイテムの代表的存在です。キャンプメーカーごとの目指すもの、またキャラクターをよく反映しており、それを知るとより一層タープ選びが楽しくなっていきます。

総合キャンプ用品メーカーであるロゴスキャプテンスタッグなら、テントなど各種他製品とセットでそろえられるのも楽しみのひとつ。モンベルキャンパルジャパンのような老舗メーカーは、長い歴史から裏打ちされた信頼できる名品を展開しています。ほかにもDODのような最新の技術が反映された先進的なメーカーも。ブランドごとの背景に注目することで魅力的なタープに巡り逢えるでしょう。

ロゴス『Q-PANEL iスクリーン 3535』

組み立て3分のクイックシステムや多彩な使い方ができるパネルルーフなど、キャンパー目線にたったロゴス独自のシステムが盛り込まれている。

>> Yahoo!ショッピングで詳細を見る

【メーカー別】タープのおすすめ5選 ロゴス・キャプテンスタッグ・モンベル・キャンパルジャパン・DOD

ここまで紹介したタープの選び方のポイントをふまえて、ロゴスキャプテンスタッグモンベルキャンパルジャパンDODなどメーカー別おすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス『Q-PANEL iスクリーン 3535』

ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』 ロゴス『Q-PANELiスクリーン3535』

出典:Amazon

サイズ (約)350×350×225cm
キャリーバッグサイズ (約)106×21×21cm
重量 (約)10.4kg
材質 フレーム:グラスファイバー、キャノピー:スチール、フライシート:難燃性ポリエステルタフタ、ほか
原産国 -
付属品 キャノピーポール
カラー -

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

キャンパー目線のユニークなスクリーンタープ

LOGOSブランドの魅力は常にキャンパー目線での商品開発がされている点。キャンパーが「こうあってほしい」という要望に応え、あるときはその一歩先の提案で毎シーズン驚かせてくれます。このQ-PANEL iスクリーンにもふたつの画期的なサポートシステムが組み込まれており、いかにもLOGOSらしい商品です。

ひとつは「クイックシステム」と言われるフレームの組み立てで、折り畳み傘のように本体を開きジョイントをカチッと填め(はめ)ていけば数分でセットアップできてしまうかんたんさ。もうひとつの「パネルシステム」は、スクリーンの1面に何役もの機能を持たせた実に便利なシステムです。風対策や虫などの侵入を防ぐことができるスクリーン型を求めるビギナーキャンパーにはイチオシ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ogawa『システムタープ ヘキサDX』

ogawa『システムタープヘキサDX』 ogawa『システムタープヘキサDX』 ogawa『システムタープヘキサDX』 ogawa『システムタープヘキサDX』 ogawa『システムタープヘキサDX』

出典:Amazon

サイズ 570×480×220-250cm
キャリーバッグサイズ 75×15×15cm
重量 約5.5kg
材質 幕体:ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、ポール:AL
原産国 -
付属品 ペグ、張綱、ハンマー、セッティングテープ、収納袋
カラー ブラウン×サンド×レッド

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

伝統の「小川張り」直系の六角形ヘキサタープ

キャンパーのなかでは有名な「小川張り」という言葉があります。ヘキサゴン(6角形)タープの一方をセッティングテープで延長し、テントの上を跨ぐよう設置するとテープとテントが一体化する手法のことをそう呼んでいます。

この手法を最初に世に広めたのが、日本のキャンプを長年リードしてきた「ogawa」ブランドでした。システムタープ ヘキサDXはまさにその元祖モデルの直系。小川張りのよさはロープで作られるデッドスペースを最小限にし、なおかつテントの出入り口を効率よく確保できる点にあります。小川張りはキャンパーの想像力で多彩な張り方ができるので、キャンプに慣れた方のステップアップにも向いているでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』

キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』 キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』 キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』 キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』

出典:Amazon

サイズ (約)310×330×H200cm
キャリーバッグサイズ (約)72×22×22cm
重量 (約)6.7kg
材質 タープ:ポリエステル70D(シルバーコーティング)、メッシュ=ポリエステル1mmメッシュ、スカート=PEクロス、ポール:スチール
原産国 中国
付属品 収納バッグ
カラー -

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

最新化された伝統のメッシュタープ

「オルディナ」というヘキサタープとともにキャプテンスタッグの長い歴史を飾る大定番となったのが、この「レジーナメッシュタープ」です。積み重ねた経験でどんどん最新化され、スクリーンは虫の侵入を妨げながら通気性を損ないにくい1mmメッシュ。トップはUVカットシルバーコーティングが施され夏の日差しをより防いでくれるようになりました。

また、両サイドに大きく突き出たフラップが雨水が流れやすくしており、同時に日差しカットの延長になっているのも特徴的。なんといってもこれだけの大型タープでありながら比較的リーズナブルな価格であるのが、さすがキャプテンスタッグです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビーズ『DOD チーズタープ』

ビーズ『DODチーズタープ』 ビーズ『DODチーズタープ』 ビーズ『DODチーズタープ』

出典:楽天市場

サイズ (約)500×500cm
キャリーバッグサイズ (約)62×18×18cm
重量 (約)6.1kg
材質 ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
原産国 -
付属品 ロープ、キャリーバッグ
カラー タン、ブラック

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

チーズにカマボコで「チーカマ」?

DODの遊び心あるキャンプアイテムの数々は、いつもキャンプを楽しくしてくれます。ネーミングの楽しさもそのひとつ。ほかにも「オクラタープ」「ヒレタープ」「いつかのタープ」など実にユニークネーミングが展開されています。ご紹介する「チーズタープ」は5×5mのスクエア(=レクタタープ)ながら、なんと16か所にグロメット(ハトメ)とループがあるので、ポールとガイロープ(張り網)の組み合わせによって変幻自在の張り方が可能になります。

同じDODが発売するトンネル型の「カマボコテント」に組み合わせると「チーカマスタイル」が完成。常識にとらわれないDODは、若いキャンパー世代の第一選択候補じゃないでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『ミニタープ』

サイズ (約)270×335cm
キャリーバッグサイズ (約)直径11.5×21cm
重量 600g
材質 75デニール・ポリエステル・タフタ(耐水圧1500mmウレタン・コーティング、難燃加工)
原産国 -
付属品 張り綱、軽量アルミペグ、スタッフバッグ
カラー -

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

小さくとも存在感を示す、歴史ある名品

モンベルのタープは特別な存在。なぜならこれだけ長い間基本構造をまったく変えずに同一のタープを提供し続けるメーカーはほかにないと言えるからです。それだけ堅実な信頼性と、飽きることがないデザインを兼ね備えている証明といってもいいでしょう。

ミニタープは国内では希少な「ウィング」型で、ツーリングキャンプ、ソロキャンプに適したコンパクトタープ。羽を広げたような姿が美しく、モンベル独自のグリーンやフォレストカラーを展開すると、誰が見ても「お、モンベルだ」と判る存在感があります。グロメットではない金具を使ったタープジョイント、難燃加工の本体など長年の経験が蓄積されています。ポールが別売なので購入時に注意です。

「メーカー別タープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ロゴス『Q-PANEL iスクリーン 3535』
ogawa『システムタープ ヘキサDX』
キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』
ビーズ『DOD チーズタープ』
モンベル『ミニタープ』
商品名 ロゴス『Q-PANEL iスクリーン 3535』 ogawa『システムタープ ヘキサDX』 キャプテンスタッグ『レジーナメッシュタープセット(キャノピー付)』 ビーズ『DOD チーズタープ』 モンベル『ミニタープ』
商品情報
特徴 キャンパー目線のユニークなスクリーンタープ 伝統の「小川張り」直系の六角形ヘキサタープ 最新化された伝統のメッシュタープ チーズにカマボコで「チーカマ」? 小さくとも存在感を示す、歴史ある名品
サイズ (約)350×350×225cm 570×480×220-250cm (約)310×330×H200cm (約)500×500cm (約)270×335cm
キャリーバッグサイズ (約)106×21×21cm 75×15×15cm (約)72×22×22cm (約)62×18×18cm (約)直径11.5×21cm
重量 (約)10.4kg 約5.5kg (約)6.7kg (約)6.1kg 600g
材質 フレーム:グラスファイバー、キャノピー:スチール、フライシート:難燃性ポリエステルタフタ、ほか 幕体:ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、ポール:AL タープ:ポリエステル70D(シルバーコーティング)、メッシュ=ポリエステル1mmメッシュ、スカート=PEクロス、ポール:スチール ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%) 75デニール・ポリエステル・タフタ(耐水圧1500mmウレタン・コーティング、難燃加工)
原産国 - - 中国 - -
付属品 キャノピーポール ペグ、張綱、ハンマー、セッティングテープ、収納袋 収納バッグ ロープ、キャリーバッグ 張り綱、軽量アルミペグ、スタッフバッグ
カラー - ブラウン×サンド×レッド - タン、ブラック -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メーカー別タープの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのメーカー別タープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:タープランキング
楽天市場:タープランキング
Yahoo!ショッピング:タープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのタープをご紹介

アウトドアライターの「ここがポイント」 メーカー別タープ選びに迷ったら……

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

タープは実用的なファッションアイテムのような存在

実は私自身も長いキャンプ経験のなかで一番楽しんで選び、そして一番数多く所持しているのはタープです。メーカーによっても種類はさまざまなタープは、キャンプメーカーの象徴的なアイテムが多く、同時に使う側にとってはキャンプサイトを彩る存在なので、多数所有してもそうそう無駄にはならないものかもしれません。

たくさん迷って、たくさん調べて、そしてたどり着いたタープは間違いなく愛着のわく一品となっていくはず。自分のキャンプスタイルを如実にあらわすタープは、洋服選びのような気持ちでいるのも大切かもしれませんね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/04/30 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)
※2020/05/18 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、おすすめ軽量タープ9選について教えてもらいました。アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事では薄い素材で作られた持ち運びや設営がしやすい軽量タープに注目し、大森弘恵さんに、軽量タープを選ぶポイントについて解説してもらいます。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。タープの購入を検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。


シュラフカバーおすすめ4選|キャンプライターが厳選! SOL、ISUKAなど

シュラフカバーおすすめ4選|キャンプライターが厳選! SOL、ISUKAなど

キャンプライターが選ぶシュラフカバーおすすめ商品4選をご紹介します。キャンプの際、インナーテントが寝ているうちに結露してしまうというのはよくあること。そんなとき、シュラフカバーを併用することで、テントの側面に触れて濡れてしまうのを未然に防ぐことができます。そこで、シュラフカバーについて、選び方のコツをキャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【タープポール】おすすめ5選|DOD、ロゴスなど収納・加工・接続方式で選ぶ!

【タープポール】おすすめ5選|DOD、ロゴスなど収納・加工・接続方式で選ぶ!

キャンプライターが選ぶタープポールおすすめ商品5選をご紹介します。タープやテントを購入するとき、ポールにはそれほど着目しないという人も多いかもしれません。しかし、実は雨風の中でタープを使うときなど、ポールがどれだけしなやかに頑張るかによって、サイト全体の安定性や安全性にも差が出てくるもの。タープポールは「テントポール」とも単に「ポール」とも呼ばれるのですが、テント本体用のポールと比較すると、太くてしっかりしているのが特徴です。そこで、タープポールの選び方のコツを、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


パラソルタープおすすめ8選|キャンプや海水浴で活躍!【うれしいUVカットも】

パラソルタープおすすめ8選|キャンプや海水浴で活躍!【うれしいUVカットも】

パラソルタープは開くだけで日よけができるうえ、タープよりもかんたんに設置ができ、キャンプや海水浴だけではなく自宅の庭などでも使えるアイテムです。また、着替える場所がない場合、UVカット対策、急な雨や風にも対応可能です。この記事では、登山愛好家でカメラマンの山崎友貴さんと編集部が、パラソルタープを選ぶポイントおすすめの8商品をご紹介します。


【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

山岳写真家である荒井裕介さんへの取材をもとに、2020年版タープのおすすめ80選をご紹介します。キャンプやフェスなどで役立つタープをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


日本の歴史小説おすすめ52選|【司馬遼太郎・吉川英治・池波正太郎】傑作を厳選

日本の歴史小説おすすめ52選|【司馬遼太郎・吉川英治・池波正太郎】傑作を厳選

過去の歴史背景や人物の足跡を学び、史実を知ることができる日本の歴史小説。この記事では、作家/脚本家・南原 順さんと編集部が選ぶ日本の歴史小説おすすめ52作品をご紹介します。あわせて選び方のポイントも解説していますので、ぜひ作品選びの参考にしてみてください。


チューナーマイクおすすめ10選|【ヤマハ・コルグ・セイコー】など厳選

チューナーマイクおすすめ10選|【ヤマハ・コルグ・セイコー】など厳選

チューニングをするとき、チューナーマイクを使うことで楽器の音を拾いやすくなり、正確なチューニングができます。当記事では、サックスプレイヤーの加度克紘さんと編集部が、チューナーマイクの選び方のポイントとおすすめのチューナーマイク10選をランキングとともに紹介していきます。


ペンライトおすすめ19選|【電池式・使い捨て】タイプ別に厳選!

ペンライトおすすめ19選|【電池式・使い捨て】タイプ別に厳選!

ライブやコンサートで会場の一体感を演出するのに欠かせない「ペンライト」。電池式や使い捨てなどさまざまなタイプがあります。この記事では、韓流ソムリエの平畑有梨さんと編集部が選んだペンライトのおすすめ商品19選と選び方を紹介します。電池式と使い捨てタイプにわけて厳選しています。


シフトノブおすすめ13選|好みのグリップ感でドライブにより楽しさを!

シフトノブおすすめ13選|好みのグリップ感でドライブにより楽しさを!

車の運転で何気なく使用しているシフトノブ。マニュアル車に乗る方は、握ったまま運転していることも多いのではないでしょうか。シフトノブはカンタンに交換、カスタマイズできる反面、さまざまな種類があって迷ってしまいがちですよね。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


カブトムシマットおすすめ11選|成長期や飼育方法に合わせて!【幼虫から成虫まで】

カブトムシマットおすすめ11選|成長期や飼育方法に合わせて!【幼虫から成虫まで】

カブトムシを飼育するときに、下に敷くマットをホームセンターなどで購入されると思いますが、実は選び方があります。成長段階によって適しているものが違いますし、においを抑えるような機能をもったものもあります。この記事では、ペット専門エディター&ライターである井手綾子さんと編集部が選んだ、おすすめカブトムシマット11商品を厳選しご紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る