【レクタタープ】選び方&おすすめ商品5選|アウトドアライターが解説

【レクタタープ】選び方&おすすめ商品5選|アウトドアライターが解説
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターが選ぶレクタタープ5選をご紹介します。本記事は、レクタタープに詳しいアウトドアライターの夏野 栄さんへにお話をうかがい、レクタタープの選び方とおすすめの商品について解説していきます。夏の暑い日差しや急な雨など、さまざまな状況からキャンパーを守ってくれるレクタタープは、キャンプの快適さを決める大事なアイテムです。ぜひ夏野さんの選び方を参考にして、自分の条件に合ったタープを探してみてください。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。


レクタタープの選び方|アウトドアライターに聞く

レクタタープは商品の特徴が分かりにくいアイテムですが、重視するべきポイントはいくつかあります。アウトドアライターの夏野 栄さんにレクタタープを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

テント脇でコーヒーをのむ女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

レクタタープを選ぶとき、専門家はどのような基準で商品を選んでいるのでしょうか。

遮光性の高さを確認する

作家/アウトドアライター

紫外線をカットできるタープを!

タープは何もない野外に屋根を作るキャンプ用アイテムです。日差しの強いサイトでキャンプするときは、紫外線をカットしないタープを張ってもあまり意味がありません。タープの遮光性は生地の厚さやコーティング、UV加工など商品によってさまざまです。

また、基本的に遮光性の高いタープほど、強い日差しを遮る効果が期待できるので、タープ下の温度は低くなります。レクタタープを選ぶときは、まずしっかりとした遮光性があるかどうかを重視して選ぶことが大切です。

キャンパルジャパン『ogawa フィールドタープ レクタDX』

遮光コーティングやUVカットなど遮光性は抜群。

>> Rakuten市場で詳細を見る

タープ素材の特徴を確認する

作家/アウトドアライター

素材ごとに重さや防水性など違いがある

タープに使われている素材は商品によってさまざまです。純粋なポリエステルやコットン素材、コットンと他の素材を混ぜやコットン混紡素材があり、それぞれの性質は異なります。

たとえば、ポリエステルは比較的軽い素材で水に強く、やわらかな風合いが魅力のコットンは耐久性も高いのが特徴です。一方、混紡素材は組み合わせる素材によってそれぞれのよさをもっているのがメリットだといえます。

ただし、素材によってはメリットもある反面、デメリットもあるので注意しなければいけません。素材の特徴を理解して、自分のキャンプスタイルにマッチしたレクタタープを選びましょう。

snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ポンタ シールド』

本体素材は、75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング加工で耐水圧は1800mm。

>> Amazonで詳細を見る

キャンプスタイルに合わせて選ぶ

作家/アウトドアライター

利用シーンに必要な機能をイメージする

レクタタープは日差しをカットする以外にもさまざまな役割があり、シンプルで汎用性の高い道具です。例えば、キッチンスペースを確保したいときや、焚き火のシェルターに利用することができます。そのようなときは、耐火性に優れたタープを選びましょう。また、雨天時にオーバーフライとして使う場合は、耐水性を重視してタープを選ぶ必要があります。

レクタタープを選ぶときは、自分のキャンプスタイルを考慮したうえで、どのような使い方をするかを明確化することが大切です。用途にマッチしたタープを購入すれば、後悔することはないでしょう。

レクタタープ5選|アウトドアライターのおすすめ

レクタタープの選び方のポイントは理解できたでしょうか。それでは、選び方のポイントをふまえたうえで、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を5つご紹介します。ご自分に合った商品を見つけてみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』

Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』 Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』 Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』 Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』

出典:Amazon

サイズ 約550×400×250cm
重量 約15.5kg
材質 【タープ】150Dポリエステルオックスフォード(UVPRO PU防水、シームシール)、【ポール】スチール
耐水圧 約1500mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

多彩なアレンジが可能な大型タープ

キャンプブランドのコールマンが発売している大型タープです。このタープには合計24カ所のグロメットがあるので、多彩なアレンジができるようになっています。素材は高耐久で軽量なコールマン独自のUVPRO生地が使われているので、水に強くて色落ちも少ないです。

また、直径32mmの高強度ポールにはランタンフックが装備されている点も便利です。キャンプ初心者からアレンジしたいベテランまで、幅広い層のキャンパーにおすすめの商品となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ポンタ シールド』

サイズ 235cm×200cm×125cm
重量 570g(本体のみ)
材質 【本体】75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工
耐水圧 1800mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

コンパクトなので持ち運びに便利!

スノーピークが発売するソロからデュオ用のコンパクトサイズの小型タープです。組立てサイズは235cm×200cm×125cmで、1人でも簡単に設営できるのはメリットだといえます。収納性も高く、バックパッキングやツーリングのお供としても役に立つでしょう。

耐水圧は1800mmもあり、UVカット加工も施されているので、機能性も抜群です。ソロや少人数のキャンプで、性能のよいタープがほしい人に向いているタープだといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ogawa(オガワ)『 フィールドタープ レクタDX(3334)』

ogawa(オガワ)『フィールドタープレクタDX(3334)』

出典:Amazon

サイズ 420cm×350cm
重量 約11.0kg
材質 【帯体】ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、【ポール】スチール
耐水圧 1500mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

遮光性の高さが魅力

国産テントブランドとして「小川張り」が有名なオガワが発売するタープです。210D素材を使った幕体はタープとしてはかなり厚手なうえ、遮光コーティングやUVカットが施されているので、遮光性は抜群です。

2019年モデルはカラーリングがベージュをメインとしたものに変更されていて、キャンプのトレンドをとらえている点もおすすめするポイントに挙げられます。オガワのテントをすでに使っているという人は、タープもオガワでそろえてみてはいかがでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta』

tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-TarpCottonSOLORecta』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-TarpCottonSOLORecta』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-TarpCottonSOLORecta』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-TarpCottonSOLORecta』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-TarpCottonSOLORecta』

出典:Amazon

サイズ 290cm×270cm
重量 約3.1kg
材質 【タープ本体】コットン(表面撥水加工・抗カビ加工)【パイピング部分】ポリエステル
耐水圧
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

焚き火に特化したコットンタープ

テンマクデザインはキャンパーのニーズに応えるブランドとして有名です。このタープはそんなテンマクデザインらしい、焚き火に特化させたコットンタープとなっています。コットン生地ならではのやわらかな風合いは生かしながら、化繊のタープよりも火の粉への耐久性が高いのが特徴です。幅広いおしゃれキャンプサイトにマッチするデザインで、ブッシュクラフトやヴィンテージスタイルにも良く似合います。

ただし、コットン素材は幕体が重く、水がしみ込みやすいといったデメリットもあるので、購入にあたってはよく検討しましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TATONKA(タトンカ)『TARP 4 TC』

TATONKA(タトンカ)『TARP4TC』

出典:楽天市場

サイズ 285cm×400cm
重量 約1.5kg
材質 65/35ポリコットンPU
耐水圧 1300mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

高スペックでコスパ良し!

タトンカはドイツの有名なアウトドアブランドです。スペックが高いわりにリーズナブルなアイテムが多いのが特徴で、このタープもコスパに優れています。幕体に使用されているポリコットン生地は比較的軽量で防水性もあり、火の粉にも強いというポリエステルとコットンの良いところを合わせた混紡生地です。

デュオでもゆったり使えるサイズなうえ、アースカラーのシンプルデザインを採用しているので、幅広いキャンプスタイルで利用できます。

アウトドアライターの「ここがポイント」|レクタを使いこなして快適なキャンプをしよう

作家/アウトドアライター

長方形のレクタタープはタープの基本ともいうべき存在です。ヘキサタープやウィングタープを使用するキャンパーも増えてきましたが、まだまだレクタタープの魅力も捨てたものではありません。グロメットの多いレクタタープであれば、シンプルで汎用性に富んでいるので、いろいろな使い方を楽しめます。

レクタタープを張るにはある程度の知識や経験が必要になりますが、上手に張れたら「他のタイプのタープはいらない」といえるぐらい便利なタープです。

キャンプ初心者のタープ入門用、ベテランのトレーニング用のどちらでも使える幅広い層におすすめのタープなので、ぜひ購入を検討してみてください。

【難燃性・耐水性】に特化したレクタタープ3選

レクタタープと一口でいっても、それぞれ得意なシーンがあります。ここでは焚き火を使う際に便利な「難燃性」、そして大雨にも対応できる「耐水圧2000mm以上」の「雨対策」に特化したタープに焦点を絞って商品をご紹介します。

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『炎幕レクタタープ』

tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『炎幕レクタタープ』 tent-MarkDESIGNS(テンマクデザイン)『炎幕レクタタープ』

出典:Amazon

サイズ 420cm×120cm×120cm
重量 1.62kg
材質 ポリエステルオックス210D (PUコーティング/撥水加工)
耐水圧 1,500mm

難燃加工が施されているので火の粉に強い

シンプルで使い勝手のいいスクエア型のタープ。難燃加工により、火の粉が飛んだ際に燃え広がることを防いでくれるので、安全に楽しいキャンプをすることができます。

PUコーティングによる撥水加工がされており、耐水圧1,500mmとなっているので、予期せぬ大雨でも安心。あなたの焚き火をしっかり守ってくれるでしょう。

Aqua Quest (アクアクエスト)『Defender タープ』

AquaQuest(アクアクエスト)『Defenderタープ』 AquaQuest(アクアクエスト)『Defenderタープ』 AquaQuest(アクアクエスト)『Defenderタープ』

出典:Amazon

サイズ 290cm×290cm
重量 1.5kg
材質 本体:ナイロン
耐水圧 20,000mm

20,000mmの耐水圧で悪天候でも大活躍

100%防水のうえ、20,000mmの耐水圧で悪天候でも大活躍してくれます。キャンプと天候の関係は切っても切り離せないもの。でも、この商品なら、嵐が来てもタープのなかが濡れないので雨のキャンプで心強い味方になってくれることでしょう。

キャンプ用品は重くてかさばりがちなので、できるだけ軽量化したいもの。このタープは非常にコンパクトに折りたたむことができます。重さも軽く、持ち運びにも便利なのがうれしいですね。

LOGOS(ロゴス)『neos LCドームFitレクタタープ 5036-AI 71805054』

LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』 LOGOS(ロゴス)『neosLCドームFitレクタタープ5036-AI71805054』

出典:Amazon

サイズ 500cm×360cm×230cm
重量 7.0kg
材質 ポール:スチール、シート:難燃性68Dポリエステルタフタ
耐水圧 2,000mm

雨が降っていてもテントの外に行ける大型タープ

「テントとリンクする」をテーマに設計されているレクタタープ。同じ系統のテントの屋根の部分とスムーズに連結できるようになっており、悪天候時でも濡れずにテントから出られるのが魅力です。もちろん、こちらのタープ単体でも使用できます。

サイズは500×360cmで広々としており、リビングスペースをしっかりと確保。変わりやす山の天候にも左右されずに、お友達やご家族と一緒にゆったりと食事をとることができます。

【番外編】そのほかのタープ3選

レクタタープではないですが、キャンプに役立つタープを3つほどご紹介します。

LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン(3535)』

LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANELiスクリーン(3535)』

出典:Amazon

サイズ 350cm×350cm×225cm
重量 10.4kg
材質 フレーム:グラスファイバー、キャノピー:スチール、フライシート:難燃性ポリエステルタフタ、メッシュ:ポリエステル
耐水圧 1,600mm

フルクローズでプライベート空間も作れる

フルクローズでプライベート空間も作れるタープ。タープは雨から食事を守ってくれて便利ですが、着替えなどには不向き。でもこの商品であれば、そんな空間を作ることができます。さらに、筋交い構造ですので強度も安心です。

キャンプといえば、テントやタープ設置が面倒なところ。でも、この商品は設営がラクな「クイックシステム」ですので、2本のキャノピーポールで支えるだけでタープとしてカンタン自立してくれて設営もあっという間です。

KingCamp(キングキャンプ)『タープ テント(KT3086)』

KingCamp(キングキャンプ)『タープテント(KT3086)』 KingCamp(キングキャンプ)『タープテント(KT3086)』 KingCamp(キングキャンプ)『タープテント(KT3086)』 KingCamp(キングキャンプ)『タープテント(KT3086)』 KingCamp(キングキャンプ)『タープテント(KT3086)』 KingCamp(キングキャンプ)『タープテント(KT3086)』 KingCamp(キングキャンプ)『タープテント(KT3086)』

出典:Amazon

サイズ 215cm×315cm
重量 4.4kg
材質 210Tポリエステル
耐水圧 1,500mm

車のスペースを有効に使いたい時の強い味方!

車と連結して使用することができるカーサイドタープ。車での旅行など、最大限にマイカーを活用したいという方をターゲットにした商品です。車中泊や車のスペースを有効に使いたいときに大活躍します。

連結するとき、自分の大切な車がキズつかないか心配という方も安心。プラスチック製フックを使用して車体と固定するので、キズの心配も無用です。実際に組み立てもカンタン、設置時間も短時間で完了します。

Coleman(コールマン)『タフスクリーン2ルームハウス(2000031571)』

Coleman(コールマン)『タフスクリーン2ルームハウス(2000031571)』

出典:Amazon

サイズ 320cm×230cm×170cm
重量 16kg
材質 フライ:75Dポリエステルタフタ、インナー:68Dポリエステルタフタ、フロア:210Dポリエステルオックスフォード
耐水圧 2,000mm

タープ機能もあわせ持った2ルームテント

タープの機能を合わせもったテント。最初はキャンプ道具でどれをそろえればよいか悩むかもしれませんが、これ1台だけで、食事・宿泊スペースが確保できて心強いです。はじめてキャンプをしたい人も快適に過ごせるでしょう。

さらに、初心者にうれしい機能も。天候が良ければひとりでも設営可能なアシスト機能つきなので、さっとスマートにテント設営が可能に。キャンプが待ち遠しくなることでしょう。

「レクタタープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』
snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ポンタ シールド』
ogawa(オガワ)『 フィールドタープ レクタDX(3334)』
 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta』
TATONKA(タトンカ)『TARP 4 TC』
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『炎幕レクタタープ』
Aqua Quest (アクアクエスト)『Defender タープ』
LOGOS(ロゴス)『neos LCドームFitレクタタープ 5036-AI 71805054』
LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン(3535)』
KingCamp(キングキャンプ)『タープ テント(KT3086)』
Coleman(コールマン)『タフスクリーン2ルームハウス(2000031571)』
商品名 Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』 snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ポンタ シールド』 ogawa(オガワ)『 フィールドタープ レクタDX(3334)』 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta』 TATONKA(タトンカ)『TARP 4 TC』 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『炎幕レクタタープ』 Aqua Quest (アクアクエスト)『Defender タープ』 LOGOS(ロゴス)『neos LCドームFitレクタタープ 5036-AI 71805054』 LOGOS(ロゴス)『Q-PANEL iスクリーン(3535)』 KingCamp(キングキャンプ)『タープ テント(KT3086)』 Coleman(コールマン)『タフスクリーン2ルームハウス(2000031571)』
商品情報
特徴 多彩なアレンジが可能な大型タープ コンパクトなので持ち運びに便利! 遮光性の高さが魅力 焚き火に特化したコットンタープ 高スペックでコスパ良し! 難燃加工が施されているので火の粉に強い 20,000mmの耐水圧で悪天候でも大活躍 雨が降っていてもテントの外に行ける大型タープ フルクローズでプライベート空間も作れる 車のスペースを有効に使いたい時の強い味方! タープ機能もあわせ持った2ルームテント
サイズ 約550×400×250cm 235cm×200cm×125cm 420cm×350cm 290cm×270cm 285cm×400cm 420cm×120cm×120cm 290cm×290cm 500cm×360cm×230cm 350cm×350cm×225cm 215cm×315cm 320cm×230cm×170cm
重量 約15.5kg 570g(本体のみ) 約11.0kg 約3.1kg 約1.5kg 1.62kg 1.5kg 7.0kg 10.4kg 4.4kg 16kg
材質 【タープ】150Dポリエステルオックスフォード(UVPRO PU防水、シームシール)、【ポール】スチール 【本体】75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工 【帯体】ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、【ポール】スチール 【タープ本体】コットン(表面撥水加工・抗カビ加工)【パイピング部分】ポリエステル 65/35ポリコットンPU ポリエステルオックス210D (PUコーティング/撥水加工) 本体:ナイロン ポール:スチール、シート:難燃性68Dポリエステルタフタ フレーム:グラスファイバー、キャノピー:スチール、フライシート:難燃性ポリエステルタフタ、メッシュ:ポリエステル 210Tポリエステル フライ:75Dポリエステルタフタ、インナー:68Dポリエステルタフタ、フロア:210Dポリエステルオックスフォード
耐水圧 約1500mm 1800mm 1500mm 1300mm 1,500mm 20,000mm 2,000mm 1,600mm 1,500mm 2,000mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レクタタープの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレクタタープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:タープランキング
楽天市場:タープランキング
Yahoo!ショッピング:レクタタープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

タープやそのほかのおすすめ商品についてはこちらから!

山岳写真家である荒井裕介さんへの取材をもとに、2020年版タープのおすすめ80選をご紹介します。キャンプやフェスなどで役立つタープをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

新潟県の三条市を本拠地とするSnow Peak(スノーピーク)は日本の気候やキャンプ環境を熟知し、初心者から上級者までどんな方でも使いやすい製品を幅広く作り出しています。そこで、キャンプライターの中山一弘さんにスノーピークタープの選び方とおすすめ商品をうかがいました。

アウトドアでテントやタープを設営するとき、必ずお世話になるアイテムがペグ。本記事では、屋外レジャーに詳しいアウトドア&旅ライターである大森弘恵さんにお話をうかがい、ペグの選び方とおすすめ商品について説明します。選び方を参考にして、自分に合ったペグを探してください。

キャンプに欠かせないペグハンマーは、テントやタープをペグ(釘の一種)で地面に固定する専用のハンマー。硬い地面に打ち付けるにはペグハンマーがあると素早く簡単に作業ができます。本記事では、ペグハンマー選びのポイントとおすすめ5商品について紹介していきます。

キャンプやアウトドアで活躍するタープ。オープンタイプと異なり、虫よけや日よけもできて、プライベートな空間も確保できるスクリーンタープがとくに人気です。本記事では、スクリーンタープの上手な選び方とおすすめ製品についてまとめています。

リビングスペースと寝室が一体化した2ルームテント。サイズ感や撥水性、設営のしやすさなど気になるポイントがたくさんあって、どれを選んだらいいかわからない方も多いのではないでしょうか。本記事では、2ルームテントの選び方とおすすめ商品について解説していきます。

レクタタープについての6つのポイントのおさらい

1)遮光性のレベルをチェックする
2)素材ごとのメリット・デメリットを把握する
3)使用するシーンに合わせて選ぶ
4)使い方のバリエーションが複数あるかチェック
5)持ち運びのしやすさにも注目してみる
6)耐水性が必要かどうか確認する

アウトドアで解放感を確保しつつ、天候の変化などから守ってくれるレクタタープ。用途に合わせてお好みのアイテムを見つけてみましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/21 コンテンツ追加、修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!

メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!

アウトドアライターが選ぶメーカー別タープのおすすめ商品5選を紹介します。タープは強い日差しや突然の雨などから身を守り、キャンプで快適に過ごすために必要なものです。各メーカーから多くの商品がでているので、どれを選べばいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか? この記事では、アウトドアライターのSAMさんにお話をうかがい、タープを選ぶときのポイントとロゴス・キャプテンスタッグ・モンベル・キャンパルジャパン・DODなどメーカー別おすすめ商品を教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

山岳写真家である荒井裕介さんへの取材をもとに、2020年版タープのおすすめ80選をご紹介します。キャンプやフェスなどで役立つタープをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


コールマンのタープおすすめ6選|初心者でも組み立て簡単なヘキサ型もご紹介

コールマンのタープおすすめ6選|初心者でも組み立て簡単なヘキサ型もご紹介

キャンプのとき、日陰を作ったり、夜露を防いで快適な食事やくつろぎのリビングスペースを構築したりするのに欠かせないアイテムがタープです。なかでもコールマンのタープやテントは、いろいろなキャンプ場でよく見かけるほど普及しています。それだけ機能と価格のバランスがよく、多くのユーザーに支持されていることの証といえるでしょう。この記事ではキャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、コールマンタープの選び方のコツとおすすめ商品をご紹介します。


【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、おすすめ軽量タープ9選について教えてもらいました。アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事では薄い素材で作られた持ち運びや設営がしやすい軽量タープに注目し、大森弘恵さんに、軽量タープを選ぶポイントについて解説してもらいます。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。タープの購入を検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。


【スクリーンタープ】のおすすめ商品11選!|虫よけや日よけとしてキャンプを快適に

【スクリーンタープ】のおすすめ商品11選!|虫よけや日よけとしてキャンプを快適に

アウトドア&旅ライター・編集者の大森弘恵さんに、スクリーンタープの上手な選び方とおすすめ製品を取材、内容をまとめました。キャンプやアウトドアで活躍するタープ。オープンタイプと異なり、虫よけや日よけもできて、プライベートな空間も確保できるスクリーンタープがとくに人気です。Snow Peak(スノーピーク)、Coleman(コールマン)、LOGOS(ロゴス)、ogawa(オガワ)などの製品が定番商品。すでにオープンタイプのタープをもっている人や新たに購入を検討している人は、ぜひ納得の製品選びに役立ててください。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る