テントシューズおすすめ11選|冬のキャンプでも暖かい!人気のネイチャーハイクやコロンビアなど

Naturehike 正規品 アウトドア 冬 防寒具 ダウン プラス 男女兼用 テント シューズ ショート 安眠 羽毛ソックス 足のお布団 羽毛 靴下 ブラック(新しいバージョン S)
出典:Amazon

気温が低くなりがちな山や高原のキャンプで、足元をしっかり保温してくれるテントシューズ。

本記事では、本記事では、ナンガやコールマンなど冬キャンプでも暖かいテントシューズのおすすめと選び方をご紹介します。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

テントシューズとは? 冬のキャンプに欠かせない

冬のキャンプや登山などのアウトドアシーンでの大敵は寒さ。テントシューズとは、テント内での休憩時や睡眠時に足元を温めてくれるアイテムです。

テントシューズを履くことで足元の冷えを軽減して、寒さをしのぐことができるのでテント内でも快適に過ごすことができるはずです。防水機能や特殊加工されている製品もあるので選ぶ際にチェックしておきましょう。

テントシューズの選び方 足元が温まる

登山やキャンプで、足が冷えて眠れなかった経験はありませんか? 夜を快適に過ごすならテントシューズを活用してみてください。日中履いていた靴下を寝ている間に乾かすことも可能で便利です。

防寒目的のシューズですので、暖かくしてしっかり睡眠をとることで次の日もエネルギッシュに活動しやすくなります。足首まで覆うタイプや脱ぎ履きしやすいタイプもあるので、それぞれみていきましょう。

中綿素材をチェック! ダウンと化学繊維のメリット&デメリット

テントシューズには、主にダウン素材のものと化学繊維のものがあります。それぞれの特徴やメリット&デメリットをみていきましょう。

ダウン素材

ダウン素材のメリットは化学繊維に比べて保温性が高いことです。また軽くてコンパクトなので小さく収納できます。デメリットは濡れた場合は完全に乾かさないとカビの原因になることもあり、お手入れには気を付けたいところがポイントです。

化学繊維

化学繊維のメリットはダウン素材の商品に比べてお手ごろ価格で購入することが可能で、お手入れがしやすく速乾性が高い点です。濡れてもすぐに乾きやすいのはアウトドアにはうれしいですね。

デメリットは、ダウン素材に比べて保温性が低く、保温性を上げるためには中綿の量を増やさなければならないのでコンパクトに収納しづらいものもあるところです。

長さ選びも重要! 暖かさ・脱着のしやすさどちらを重視

テントシューズの長さには、ショートタイプとロングタイプがあります。用途や目的に合った長さのものを選びましょう。

ショートタイプ|着脱しやすい!

ショートタイプは着脱のしやすさが特徴です。そしてデザイン的にもおしゃれなものも多く、ルームシューズとしても使用できます。コンパクトに収納できる商品が多く、携帯性に優れているのでキャンプや登山におすすめです。

ただし足の甲までしか暖まらないので冷えを感じやすいでしょう。なので、積雪地帯など極寒でのキャンプの場合は向いていません。

ロングタイプ|保温性抜群!

ロングタイプはふくらはぎまで保温ができるので暖かく、厳しい雪山でもテントのなかで快適に過ごせます。着脱はしにくいので、気軽なキャンプの場合はショートタイプを選ぶといいでしょう。

持ち運びに便利な軽量&コンパクトさも重要!

なるべく荷物を減らしたい登山や、ほかの防寒具も多くなりがちな冬のキャンプの場合は、持ち運びしやすいように軽くてコンパクトになるものがうれしいですよね。

そもそもテントシューズは軽量なアイテムですが、よりコンパクトで荷物のすき間に忍ばせられると便利です。収納するとどのぐらいの大きさになるのかも確認しましょう。

防水機能付きなら雨や雪でも安心

テントシューズに「防水機能」が備わっていれば、雪などで濡れた場合も安心

シューズから雪などが浸み込んで濡れてしまうと底冷えして体温が奪われてしまいます。なので、屋外でも使用する場合は防水機能付きのテントシューズを選びましょう。

屋外からテントの中に入る際も、雪をサッと払うだけでよいのでとても便利ですよ。

滑り止め付きなら安全性もアップ!

屋外や山小屋などのある程度歩き回る場所で使用する場合は、滑り止めつきのテントシューズがおすすめです。転倒のリスクを軽減できるので安心です。

テントシューズおすすめ11選 登山やキャンプに! コロンビア、ノースフェイス、コールマンなど

ここからは、登山やキャンプで重宝するテントシューズのおすすめ11選をご紹介します。

ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズ ロング L』

ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズロングL』 ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズロングL』 ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズロングL』 ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズロングL』 ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズロングL』 ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズロングL』

出典:Amazon

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズ ロング L』は、シェラフの名門メーカーが作った商品だけあって、機能性は抜群。生地にウインドストッパーを使っており、防風性だけでなく防水性にも優れています。厳冬期に雪の上で履けるテントシューズです。

耐水・防寒の素材で睡眠も快適に

寝袋やダウンパーカーにも使用されている防寒素材でつくられています。防水性も高く冬山キャンプで活躍するでしょう。底面はドミーアルファと呼ばれる素材で覆っているため耐久性にもすぐれ、滑り止め効果もアップ。安心して歩くことができます。

ロングタープのシューズは「ずれ」などが気になりますが、内側くるぶし部分にキュッと締められたシャーリングが施されているのでフィット感も得られます。暖かさを保ちつつ、快適な履き心地でたのしいテント泊ができそうですね。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ヌプシテントブーティ シームレス』

ノースフェイスダウンソックスNF51870DownTentBootieSeamlessダウンテントブーティー保温撥水加工TheNorthFace[111outlet]

出典:楽天市場

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ヌプシテントブーティ シームレス』は、山用品メーカーとしてのノウハウを盛り込んだ、機能性の高いシューズ。コンパクトにできるスタッフサックが付いているのも嬉しいポイントです。

軽量コンパクトで保温性もしっかり

片足70g(Mサイズの場合)と履いているのを忘れそうなくらいの軽量さ。アッパー部分は継ぎ目のないシームレス加工で寒さを軽減し、中綿部分はダウン素材を使用しているので保温性にも期待できます

靴底には滑り止めに役立つロゴがプリントされており、付属の収納袋にもコンパクトに収まります。冬のキャンプにもうれしい仕様です。

Columbia(コロンビア)『ネステントモック』

[コロンビア]YU0329テントシューズネステントルームシューズユニセックス693XL(29cm~30cm)

出典:Amazon

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

かかとを踏んでも使える形状になっており、テントでも家でも気軽に使えるColumbia(コロンビア)『ネステントモック』。カラビナで吊せるループやスタッフバッグが付くなど、使い勝手が充分に考慮されています

スムーズに着脱できるのが魅力的

モックシューズなので極寒の雪山などには向きませんが、靴底がソフトなラバーソールで滑りにくいのでテント内の移動は快適です。冷え込むキャンプでも明るい気分にさせてくれるような、遊び心のあるデザインもラインナップしています。

かかとを踏んで履けるのも着脱がラクで魅力的。シンプルなデザインも販売されているので、キャンプ以外にもルームシューズやオフィスにも使えます。収納袋にコンパクトに収納でき、冬の旅行のおともにできるのもうれしいポイントです。

KingCamp(キングキャンプ)『テントシューズ』

KingCampシューズ靴スリッパサンダルルームシューズテントシューズ冬用室内履き滑り止め洗濯可迷彩25cm-26cm KingCampシューズ靴スリッパサンダルルームシューズテントシューズ冬用室内履き滑り止め洗濯可迷彩25cm-26cm KingCampシューズ靴スリッパサンダルルームシューズテントシューズ冬用室内履き滑り止め洗濯可迷彩25cm-26cm KingCampシューズ靴スリッパサンダルルームシューズテントシューズ冬用室内履き滑り止め洗濯可迷彩25cm-26cm KingCampシューズ靴スリッパサンダルルームシューズテントシューズ冬用室内履き滑り止め洗濯可迷彩25cm-26cm KingCampシューズ靴スリッパサンダルルームシューズテントシューズ冬用室内履き滑り止め洗濯可迷彩25cm-26cm KingCampシューズ靴スリッパサンダルルームシューズテントシューズ冬用室内履き滑り止め洗濯可迷彩25cm-26cm

出典:Amazon

着脱しやすく携帯性にもすぐれたショート丈

2001年に設立されたアウトドアブランド、キングキャンプのテントシューズ。中綿に中空繊維を採用した、保温性の高さが魅力です。ショート丈であることに加え、プルストラップが備えられているため脱ぎ履きしやすいのも特徴。

靴底は滑り止め加工が施されており、転倒の不安を軽減。収納袋が付いているため、持ち運びもしやすいです。

NANGA(ナンガ)『テントシューズ』

NANGA(ナンガ)『テントシューズ』

出典:Amazon

ロングにもショートにもなる2way仕様

雪山はロングタイプで使用し、それ以外ではショートタイプにもできるテントシューズです。防水性が高いうえに、靴内のムレも逃がしてくれる特殊な素材が使用されているため、快適は履き心地が期待できるでしょう。

SEKマーク取得品なので、長時間の使用でもにおいが気になりにくいのもうれしいポイントです。(SEKとは「抗菌防臭加工」「消臭加工」「抗カビ加工」などの基準に合格した認証です)

Nordisk(ノルディスク)『モス・ダウン・シューズ』

Nordisk(ノルディスク)『モス・ダウン・シューズ』

出典:Amazon

締めつけ感がなくリラックスできる

厚手の靴下でも快適に履けるように設計されたゆったりサイズで、締めつけ感が少なく快適に過ごせます。キッズサイズも展開されているので家族でのキャンプでも活用できるでしょう。

高品質のダウン素材で包み込まれるような履き心地は、寒いテント泊でも快適に過ごせます。アウトドアスリッパとしてはもちろん、自宅での防寒スリッパとして利用しても違和感のないデザインです。

Engmo Dun(エングモ・デューン)『ダウンソックス』

【EngmoDunダウンソックス】エングモ・デューンダウンエコテックスレッグウォーマー■送料無料■ラッピング無料 【EngmoDunダウンソックス】エングモ・デューンダウンエコテックスレッグウォーマー■送料無料■ラッピング無料 【EngmoDunダウンソックス】エングモ・デューンダウンエコテックスレッグウォーマー■送料無料■ラッピング無料

出典:楽天市場

スウェーデン王室御用達ブランド

ふわふわで上質なダウン素材で作られた、まるでなにも履いていないような感覚になれるダウンソックス。着脱しやすいよう前面にファスナーがありショート丈にもロング丈にもなるので、温度調節もしやすく便利です。

滑り止めはついていないので、マットがしっかり敷かれたグランピングや室内で活用しやすい仕様ですが、国際規格エコテックス認証(350種類以上の有害化学物質の厳しい分析試験をクリアした製品の証)を取得しており、肌が敏感な方にもやさしいアイテムです。

Coleman(コールマン)『アウトドアスリッパ』

コールマン(Coleman)アウトドアスリッパネイビーL2000031091

出典:Amazon

するっとラクに履けるシューズ

ロング丈ですがラクに履きやすい形状のコールマンのテントシューズです。中綿はポリエステル素材を使用しているので軽量で、ダウンのように毛が散る心配がないのもポイントです。

キャリーバックつきで持ち運びしやすく、冬のキャンプはもちろんルームシューズととしても活躍してくれるでしょう。大きく描かれたロゴがシンプルながらも存在感を高めています。

Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』

Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』

出典:Amazon

収納時15cm以内の軽量コンパクト

ロング丈なのに80gと軽量なので、足元の負担を軽減してくれます。さらに収納袋にしまうと15cm以内とコンパクトに収まり、かさばりにくく持ち運びに便利です。

表面と内生地の両方にナイロン素材が使用され、撥水性も備えています。車内に置きっぱなしにしても邪魔になりにくく、冬のオートキャンプでも活躍してくれるでしょう。

finetrack(ファイントラック)『ポリゴンテントシューズ』

finetrack(ファイントラック)『ポリゴンテントシューズ』

出典:Amazon

防寒性と軽さを兼ね備えた一足

ロングタイプのテントシューズで、履き口だけでなく足首まわりでもホールドする構造が特徴的。中綿にはシート状立体保温素材の「ファインポリゴン」を8枚封入し、表面には撥水加工を施したナイロンを使用しています。

さらに足裏には、滑り止めのハイグリップ素材を採用。履き口はドローコードでキュッと締める設計なので、水気の侵入を防ぎます。

Tentock(テントック)『テントシューズ ショート』

Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』 Tentock(テントック)『テントシューズショート』

出典:Amazon

中綿の良質ダウンが足を包み込むあたたかさを実現

600フィルパワーの良質ダウンを使用。表地には防水ナイロンを、裏地には耐水性と耐引裂性にすぐれた410Tナイロンを採用しています。保温性が高いため、真冬のキャンプで重宝するでしょう。

軽くてソフトなため、足を包み込むような履き心地。コンパクトであることに加え専用の収納袋が付いているので、持ち運びもラクラクです。

「テントシューズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズ ロング L』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ヌプシテントブーティ シームレス』
Columbia(コロンビア)『ネステントモック』
KingCamp(キングキャンプ)『テントシューズ』
NANGA(ナンガ)『テントシューズ』
Nordisk(ノルディスク)『モス・ダウン・シューズ』
Engmo Dun(エングモ・デューン)『ダウンソックス』
Coleman(コールマン)『アウトドアスリッパ』
Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』
finetrack(ファイントラック)『ポリゴンテントシューズ』
Tentock(テントック)『テントシューズ ショート』
商品名 ISUKA(イスカ)『テントシュ-ズ ロング L』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ヌプシテントブーティ シームレス』 Columbia(コロンビア)『ネステントモック』 KingCamp(キングキャンプ)『テントシューズ』 NANGA(ナンガ)『テントシューズ』 Nordisk(ノルディスク)『モス・ダウン・シューズ』 Engmo Dun(エングモ・デューン)『ダウンソックス』 Coleman(コールマン)『アウトドアスリッパ』 Naturehike(ネイチャーハイク)『ダウンルームシューズ』 finetrack(ファイントラック)『ポリゴンテントシューズ』 Tentock(テントック)『テントシューズ ショート』
商品情報
特徴 耐水・防寒の素材で睡眠も快適に 軽量コンパクトで保温性もしっかり スムーズに着脱できるのが魅力的 着脱しやすく携帯性にもすぐれたショート丈 ロングにもショートにもなる2way仕様 締めつけ感がなくリラックスできる スウェーデン王室御用達ブランド するっとラクに履けるシューズ 収納時15cm以内の軽量コンパクト 防寒性と軽さを兼ね備えた一足 中綿の良質ダウンが足を包み込むあたたかさを実現
中綿素材 ダウン ダウン - 中空繊維 ダウン ダウン ダウン80%、フェザー20% ポリエステル ダウン ファインポリゴン(ポリエステル) ダウン90% ほか
重量 210g 70g 236g - 170g 160g 200g - 80g 230g 60g(Mサイズ)
防水 あり あり なし あり あり - なし なし あり あり あり
滑り止め あり なし あり あり なし - なし なし なし あり なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年11月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする テントシューズの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのテントシューズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:テントシューズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

テントシューズに関するQ&A よくある質問

Faq qx2テントシューズは屋外でも使えますか?

Faq ax2

室内用のテントシューズは、「テントシューズカバー」を使うことで屋外でも使用することができます。

Faq qx2ほかのアイテムで代用できる?

Faq ax2

代用できます。電源が確保できる場合はフットウォーマーや電気スリッパがおすすめです。そのほかには、冬用のボアスリッパなどを使用しても良いでしょう。

Faq qx25,000円以下のものでも大丈夫ですか?

Faq ax2

大丈夫です。気軽に試すのであれば、なるべく耐久性と速乾性のあるシューズがおすすめです。

キャンプで使える便利アイテムもチェック 【関連記事】

使用するシーンを考慮してタイプを選びましょう 登山愛好家からのアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

テントシューズを選ぶとき、暖かさの指標であるフィルパワーや中綿の素材のみを確認して購入しがちです。しかし使うシーンによっては、保温性に影響してくる形状が重要ですし、結露したテント内で使う場合は足裏の滑り止めの有無も大切です

また、防水性・撥水性がある生地を使っていれば、雪の上を歩くことができます。どんなシーンで使うかを充分に検討してから、商品を選ぶことをおすすめします。

行く場所や寒さによって選び方が変わる 編集部より

この記事では、テントシューズのおすすめ11商品をご紹介しました。

保温性重視なのか軽量でコンパクトな便利さを重視するのか、またどのぐらい寒い場所へ行くのか、雪が降っているのかによって丈選びや機能面での選び方も変わってきます。

また、保温性、素材や軽量、コンパクトさなどはもちろんですが、より快適なキャンプにするためにほかにも注目しておきたいポイントがいくつかあります。あなたがほしいテントシューズを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

2歳の子供のイヤイヤ期に奮闘中の新米ママ。仕事と育児の合間にSNSでメイク動画や美容アカウントをチェックするのが趣味。新作コスメカレンダーが頭に入っているほどのコスメ好き。担当カテゴリは、『ベビー・キッズ』と『美容・健康』。

関連する記事


シェラカップおすすめ11選|スノーピーク、ベルモントほか/チタン、ステンレス製も

シェラカップおすすめ11選|スノーピーク、ベルモントほか/チタン、ステンレス製も

シェラカップとは取っ手がついた金属製カップのこと。キャンプなどアウトドアシーンに便利なアイテムで、食器やマグカップとしての使い方や、炊飯や調理鍋代わりなど、さまざまな用途に使えるのが魅力です。取っ手の位置や形状に特徴があり、軽量でサイズも豊富。この記事では、シェラカップの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半ではシェラカップを使ったレシピなども掲載!また、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , キャンプ用調理器具

ソーラーモバイルバッテリーって本当に充電できるの? ゴツ充ワイターを使って検証レビュー!

ソーラーモバイルバッテリーって本当に充電できるの? ゴツ充ワイターを使って検証レビュー!

夏本番。これからの季節はキャンプやアウトドアなどを行う方もいると思います。テントにテーブル、イス、コンロにカトラリー、タオルなどなどはしっかり準備するものの、意外と見落としがちなのが、スマホの充電。キャンプ先でコレが切れたら気分は最悪……。そんなときの強い味方がアウトドアにも強いソーラーバッテリーです。この記事では、ライト機能も持ちあわせた、ソーラーパネル搭載のモバイルバッテリー『ゴツ充ワイター』の実力を試してみました。本当に太陽光のみで充電ができるのか、そのパワーはどの程度あるのかなど是非参考にしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 生活家電 , スマートフォン・携帯電話

アウトドア用高機能ダウンおすすめ13選|スノーピーク、モンベルほか/防水モデルも

アウトドア用高機能ダウンおすすめ13選|スノーピーク、モンベルほか/防水モデルも

軽量で保温性の高いアウトドア用の高機能ダウンジャケット。「ダウン」とはダックやグースの羽毛のことですが、世間一般では化学繊維の中綿のものまで「ダウン」と呼ぶこともあります。ダウンの特徴は、重量が軽く、収納時はかさばらないのに保温力が高いことです。アウトドアでは寒さを感じたときに着ることが多く持ち運ぶ時間のほうが長いため、ダウンはアウトドア用の防寒着に適しています。本記事では、高機能ダウンのおすすめ商品や選び方をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

Icon mini tag メンズファッション , アウトドア・キャンプ , メンズジャケット・アウター

スノーピークアパレルでキャンプもアウトドアコーデも快適に!

スノーピークアパレルでキャンプもアウトドアコーデも快適に!

スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされた、ハイスペックな製品群を提供するキャンプ・アパレルを中心としたアウトドアブランド。この記事では、人気のスノーピークアパレルのおすすめ商品をメンズ、レディース、キッズの各ラインから紹介します。

Icon mini tag レディースファッション , メンズファッション , アウトドア・キャンプ

ポータブル電源おすすめ10選|大容量・パススルー充電対応モデルも

ポータブル電源おすすめ10選|大容量・パススルー充電対応モデルも

アウトドアだけでなく、災害などの緊急時にも役立つポータブル電源。ここでは、フリーライター&エディター堀井塚 高さんにお話をうかがい、ポータブル電源のおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 防災グッズ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。