キャンプ用寝袋(シュラフ)おすすめ5選|キャンプ場での使用に!

キャンプ用寝袋(シュラフ)おすすめ5選|キャンプ場での使用に!
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

キャンプやアウトドア時に重宝するのが寝袋ですが、デザインや素材、防寒性能の商品が販売されていて、自分にあったものはどれなのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、アウトドアライターでキャンプブロガーでもあるSAMさんへの取材をもとに、高い防寒性を備えた商品や家族で使用できるものなど、キャンプやアウトドアで役立つおすすめの寝袋をピックアップ。この記事を読めば、あなたにぴったりの1枚が見つかるかも!?


アウトドア、キャンプ用寝袋の選び方|アウトドアライターに聞く

アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんに、アウトドア、キャンプ用寝袋を選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

寝袋に入る女の子
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

マミー型は冬キャンプの必需品

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

シュラフ(寝袋)の形状は、体にフィットするコンパクトなマミー型と、やや大きめで布団の形式に似た封筒型(レクタンギュラー)に大きく二分されます。

マミー型はもともとは山岳用であり、保温効果を高めるために体に密着した形になっているので、使い慣れるのには少々時間がかかります。しかし、最近では本格的なキャンプスタートをきる方も多くなり、とくに秋冬への対応力の高さから、はじめて購入するシュラフをマミー型から選ぶ傾向も高まっています。

どうしても窮屈になりがちなマミー型ではありますが、ストレッチ機能でそれを緩和するモデルもあり、選択肢の幅が広がってきています。

寝やすさと自由度の封筒型

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

封筒型は、ふだん寝ている布団と同じような感覚で使うことができるため、キャンプスタートにはまずこちらを選択することが一般的には多いようです。

しかし、封筒型はどうしても単体での収納が大きくなり、またマミー型ほどの保温力が発揮できないので冬キャンプには向かないという欠点もあります。

どちらを選ぶかは、季節に合わせてどういったキャンプスタイルを目指すかがポイント。

タイプによっては2つのシュラフを連結できるモデルがあり、この自由度はファミリーでの使用を主体とした方には非常におすすめです。

LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』

長めの期間に対応する商品を選びたいならこちら。

>> Amazonで詳細を見る

「快適使用温度」と「限界使用温度」

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

実際に使って選ぶことはできない以上、ある程度はスペックの参照で選ばざるをえません。その際の指標となるのが、「快適使用温度」と「限界使用温度」。

快適使用温度は暖かさをある程度保てる基準、限界使用温度はギリギリで使用可能な外気温の基準ということでよいかと思います。ただし、これらは体感温度の個人差がありますから、絶対のものとは考えないようにしてください。

また、気をつけたいポイントとして、天気予報の現地気温よりもキャンプ場での実際の気温の方が低くなりがちだということ。なので、スペックは少し性能に余裕をもった選択をおすすめします。

中綿の素材により収納の大きさが異なる

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

保温力が高くかなりコンパクトになるダウン素材は魅力的ですが、どうしても価格が高くなってしまいます。

一方、化学繊維(化繊)はリーズナブルではありますが、ダウン素材の倍以上に収納スペースを必要としてしまうのが欠点。したがって、ほかのキャンプ用品の車載時の余裕があるかどうか次第になってきます。

化繊タイプを選ぶときは、収納袋を収縮できるコンプレッションベルトがあるかどうかを事前に確かめてください。これがあるとないとでは、3割近く収納時の大きさが変わります。

ひとつで四季をカバーするのは難しい

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

日本の四季折々の気温変化のなか、さらにはアウトドアの環境では、正直ひとつのシュラフで通年使用続けることはほぼ難しいのが実情です。

ですので、四季を通じてキャンプするのであれば、夏用・冬用などに最低2種類のシュラフを使い分けることを視野に入れましょう。

また、快適な睡眠を求めるには、シュラフ単体ではなく、地熱を受けにくくするマットやキャンプベッドなどとの組み合わせをもって、季節ごとの温度に対応していくことも合わせておすすめします。

アウトドア、キャンプ用寝袋5選|アウトドアライターのおすすめ

上で紹介したアウトドア、キャンプ用寝袋の選び方のポイントをふまえて、実際にアウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

キャンプ中の女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9
Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman『コージーⅡ/C5』

Coleman『コージーⅡ/C5』 Coleman『コージーⅡ/C5』 Coleman『コージーⅡ/C5』 Coleman『コージーⅡ/C5』 Coleman『コージーⅡ/C5』

出典:Amazon

サイズ 幅84×長さ190cm
中綿の素材 ポリエステル
適用シーズン -
限界使用温度 -
収納サイズ 直径26×高さ42cm
重量 約2kg
お手入れ -

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

機能と収納のバランス型

オーソドックスなシュラフのひとつ。あまり難しく考えすぎないなら、このあたりのバランスの取れた封筒シュラフからのキャンプスタートがよいと思われます。

幅84cmというほんのちょっとの余裕ある大きさが、使い続ける使用感に意外と効いてきます。バッグのように広口から入れる収納方法がユニーク。シュラフをしまうのはけっこう面倒な作業なので、たしかにこれはありがたいアイデアです。

快適使用温度は5度設定。ギリギリ3シーズンに対応していますが、地域によっては早春と晩秋の使用は厳しいかと思われます。寒さが厳しくないオンシーズンにアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』

LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』

出典:Amazon

サイズ 幅80×長さ190cm
中綿の素材 ダイナチューブファイバー
適用シーズン -
限界使用温度 -
収納サイズ 幅30.0×奥行30.0×高さ40.5cm
重量 約2.3kg
お手入れ 洗濯機可

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

多様な工夫がある基本シュラフ

つねにユニークな工夫を凝らしたシュラフを提供し続けるLOGOS。このモデルは丸洗いが可能で、同一品番ならふたりサイズへの連結ができます。さらには冷気を防ぐエアガードシステムなど、多彩な機能を備えたLOGOSの定番モデルです。

快適温度はマイナス2度。真冬以外で使用可能(各地ごとに多少異なります)。

少し長めの期間でキャンプをしたい方へおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

montbell『バロウバッグ #0』

montbell『バロウバッグ#0』

出典:Amazon

サイズ 適応身長~183cmまで
中綿の素材 -
適用シーズン -
限界使用温度 -14℃
収納サイズ 直径22.8×高さ45.0cm
重量 約2㎏
お手入れ 手洗い

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

冬キャンプの強い味方

冬キャンプに安心の睡眠をもたらせてくれるという観点から、『#0』をおすすめします。実際には、快適温度がモデルごとに異なりますので、ひとつに絞っては推奨しづらいのですが、あえてモンベルのモデルのなかから推奨できるとしたらこれ。

同社のダウンハガーのほうが圧倒的に小さな収納にはなるのですが、値段がどうしても倍以上かかってしまいます。快適温度マイナス7度、限界温度マイナス14度がリーズナブルな価格で手に入れられるのであれば、冬キャンプにチャレンジしたい方にはかなりなおすすめです。

窮屈感を払拭したスーパーストレッチシステム(TM)は、他社との比較をしたときのモンベルの非常に大きなアドバンテージ。実際に使用してみて、筆者もそのありがたみをいつも実感しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman『コルネットストレッチ2/L0』

Coleman『コルネットストレッチ2/L0』

出典:Amazon

サイズ 幅55〜82×長さ205cm
中綿の素材 ポリエステル
適用シーズン -
限界使用温度 0℃
収納サイズ 直径34×高さ20cm
重量 約1.3kg
お手入れ -

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

手足が出せるユニークなマミー

こうあってほしいという思いつくことを形にすると、実はこうなるのではないかという、かなりユニークな存在です。

基本はマミー型。ところが、そこから手も足も着たまま出して動くことまでできるのは驚き。また、ストレッチ構造になっているので、マミー特有の窮屈さを緩和してくれています。

最近はキャンプでの車中泊も多くなり、このモデルはその対応にも向いています。動きやすい寝袋をお探しの方におすすめしたい一品。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOGOS『プレミアム ダウンコンフォート3セパレーター・-2』

LOGOS『プレミアムダウンコンフォート3セパレーター・-2』 LOGOS『プレミアムダウンコンフォート3セパレーター・-2』 LOGOS『プレミアムダウンコンフォート3セパレーター・-2』

出典:Amazon

サイズ 幅85×長さ190cm
中綿の素材 (上)グレーダックダウン50:50(下)ダイナチューブファイバー、ダイナパッドファイバー
適用シーズン -
限界使用温度 -
収納サイズ 幅34×奥行34×高さ44cm
重量 約3.8kg
お手入れ 洗濯機可(インナーシュラフのみ)

Thumb lg b5952bc9 69f5 4937 beb6 3080ce6ebb25

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

究極の封筒型のひとつ

高価格帯ですが、すぐれた封筒型なのでおすすめしたいと思います。通常、ダウン素材はつぶれやすく、体重がかかると保温力が大きく落ちてしまいます。そのため、シュラフ上部のみにダウンを配し、下部につぶれにくい化繊の中綿を使用するというのはひとつの理想形とも言えます。

また、インナーのフリースを含めて、すべてが分離したり開けたりできるのは、温度変化にこまかく様々な対応ができるうれしい機能です。

厳冬ではない限りオールシーズンモデルと言えますので、年間を通してアウトドアを楽しみたい方におすすめ。

「キャンプ用寝袋」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman『コージーⅡ/C5』
LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』
montbell『バロウバッグ #0』
Coleman『コルネットストレッチ2/L0』
LOGOS『プレミアム ダウンコンフォート3セパレーター・-2』
商品名 Coleman『コージーⅡ/C5』 LOGOS『丸洗いスランバーシュラフ』 montbell『バロウバッグ #0』 Coleman『コルネットストレッチ2/L0』 LOGOS『プレミアム ダウンコンフォート3セパレーター・-2』
商品情報
特徴 機能と収納のバランス型 多様な工夫がある基本シュラフ 冬キャンプの強い味方 手足が出せるユニークなマミー 究極の封筒型のひとつ
サイズ 幅84×長さ190cm 幅80×長さ190cm 適応身長~183cmまで 幅55〜82×長さ205cm 幅85×長さ190cm
中綿の素材 ポリエステル ダイナチューブファイバー - ポリエステル (上)グレーダックダウン50:50(下)ダイナチューブファイバー、ダイナパッドファイバー
適用シーズン - - - - -
限界使用温度 - - -14℃ 0℃ -
収納サイズ 直径26×高さ42cm 幅30.0×奥行30.0×高さ40.5cm 直径22.8×高さ45.0cm 直径34×高さ20cm 幅34×奥行34×高さ44cm
重量 約2kg 約2.3kg 約2㎏ 約1.3kg 約3.8kg
お手入れ - 洗濯機可 手洗い - 洗濯機可(インナーシュラフのみ)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

ECサイトの寝袋・シェラフランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの寝袋・シェラフの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:寝袋・シェラフランキング
楽天市場:寝袋・シェラフランキング
Yahoo!ショッピング:寝袋・シェラフランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キャンプの最重要アイテム・寝袋|アウトドアライターから選び方のアドバイス

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

キャンプをはじめるにあたっての最初の必須選択アイテムは、テントとシュラフ(寝袋)。とくに、睡眠という健康維持にかかわるきわめて重要なアイテムです。

実際、多様な種類と品数があり、もっとも迷うところでもあります。選ぶにあたっては、なかなか実感をともないにくいので、どうしてもスペックや商品説明との相談になり、ますます迷ってしまうことでしょう。

しかし、この迷いこそ買い物の楽しみ。迷いに迷ったうえ、自分のキャンプスタイルに合ったものを見つけ出してください。

※ここではキャンプ場での使用を前提とした紹介をしています。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2020/04/08 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


シュラフカバーおすすめ4選|キャンプライターが厳選! SOL、ISUKAなど

シュラフカバーおすすめ4選|キャンプライターが厳選! SOL、ISUKAなど

キャンプライターが選ぶシュラフカバーおすすめ商品4選をご紹介します。キャンプの際、インナーテントが寝ているうちに結露してしまうというのはよくあること。そんなとき、シュラフカバーを併用することで、テントの側面に触れて濡れてしまうのを未然に防ぐことができます。そこで、シュラフカバーについて、選び方のコツをキャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


インフレーターマットのおすすめ21選|キャンプ・車中泊の寝心地を快適に【災害時にも!】

インフレーターマットのおすすめ21選|キャンプ・車中泊の寝心地を快適に【災害時にも!】

この記事では、アウトドアライターのSAMさんと編集部が選んだ、初心者でも使いやすいインフレーターマットの選び方、おすすめ21戦をご紹介します。インフレーターマットといえば、代表的なのがキャンプでのマットやベッドの代わりになるものですが、サイズや機能によっては車中泊やピクニックのくつろぎグッズとしても重宝し、なかにはビーチで使えるものも。さらに、災害時のための備蓄品として購入する方も多いようです。朝、スッキリと目覚められるマットを見つけましょう。


コールマンのテントおすすめ5選|初心者向けもご紹介します!

コールマンのテントおすすめ5選|初心者向けもご紹介します!

コールマンは100年以上の歴史を誇る、アメリカを代表するアウトドア用品メーカーです。アウトドア用ファニチャーや調理用具など、幅広いジャンルで高いシェアを誇っています。テントの種類も豊富で、ソロやツーリング用のコンパクトなものから、悪天候であってもグループで快適に過ごせるようなものまで、ユーザーの多様なニーズに応えるモデルを細かく用意しています。そこで、コールマンテントについて、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。


登山用寝袋のおすすめ10選|寝心地抜群のブランド商品を厳選!

登山用寝袋のおすすめ10選|寝心地抜群のブランド商品を厳選!

山岳写真家が選ぶ登山用寝袋おすすめ商品4選をご紹介します。キャンプや登山で使われる寝袋はシュラフともよばれ、素材やタイプもさまざまです。タイプは主にマミー型(ミノムシ型)と封筒型があり、マミー型は密閉するのであたたかく、軽くて持ち運びがラクです。一方、封筒型はゆったり寝られて比較的リーズナブル。中綿も悪天候に強い化学繊維のものとダウン素材のものがあります。登山に行くので寝袋がほしいけれど、どれにしたらよいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんにお話をうかがい、寝袋の選び方について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


キャンプ用【コット】おすすめ12選|アウトドアを快適に【軽量、設営かんたん!】

キャンプ用【コット】おすすめ12選|アウトドアを快適に【軽量、設営かんたん!】

キャンプなどのアウトドアシーンで、ベッドやベンチ、荷物置きとして使えるコット。地面から伝わる冷気や熱気、地面のデコボコなどの影響を避けることができ、昼夜問わず活躍するアイテムです。居心地や快適さが格段にアップするため、アウトドア好きから熱い支持を集めるコットですが、いざ購入となるとたくさんの種類があって迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部で、コットの上手な選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。


新着記事


哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学とはなにか? という基本中の基本から解説してくれる哲学の入門書ですが、内容や難易度は本によって異なります。そこで本記事では、イラストや図入りで説明しているわかりやすい本など、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだおすすめの哲学初心者向け入門書12選と選び方を紹介します。


2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

ハンコン(ハンドルコントローラー)は、実際に車を運転している雰囲気を楽しめるアイテム。本物と同様の振動機能や素材、ハンドルの重さなどをダイレクトに感じることで、ゲームとは思えない臨場感が味わえます。本記事ではゲームライター・芦田おさむしさんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

自宅でお茶を飲むときにティーマットを使用したことはありますか? ティーマットを敷くことで見た目が華やかになることはもちろん、「テーブルの汚れ・傷を防ぐ」というメリットもあります。ランチョンマットよりもコンパクトで、デザインもかわいいものからシンプルなもの。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が選んだおすすめのティーマットを紹介します


パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

アウトドアや災害時に活躍するパラコード。テント設営や登山の命綱、さらにはもの干しロープや靴紐にと、さまざまな用途に使える汎用性の高いロープです。最近ではアクセサリーの材料として使う人も増えています。そんなパラコードを購入するとなると、商品によって長さ、太さ、素材、内芯の数などに違いがあるので選ぶのがなかなか大変。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る