キャンプマットおすすめ16選|ソロキャンプからファミリー向けまで

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート  EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318
出典:Amazon

寝袋の下に敷くことで快適な寝心地を手に入れることができる「キャンプマット」。ウレタンマットやエアマット、インフレーターマットなど多数種類があり、用途や季節によってもぴったりなマットは異なります。

この記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選したキャンプマットのおすすめと選び方をご紹介します。

記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングのリンクもありますので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてみてくださいね!


目次

この記事を担当するエキスパート

作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

「アウトドア・キャンプ」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。学生の頃から国内海外問わず一人旅に夢中。旅・アウトドア関連グッツに精通している。趣味は筋トレや格闘技。まずは見た目からとモットーにスポーツ用具やウエア選びにも余念がない。

◆本記事の公開は、2019年05月17日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

キャンプマットの役割とは? キャンプに必要なの?

 

登山やキャンプなどのアウトドアで使用するキャンプマットは、テントで使用する敷布団の役割をしてくれるアイテムです。とくに登山のように地面が整備されていない場所でそのまま寝袋だけで寝るのは苦痛をともなうので、キャンプマットは欠かせません。

地面の凸凹に対応するだけでなく、地面から伝わる冷気を遮断する役割も。寒さ対策として冬場は必須ですが、夏場も場所によっては冷え込みます。夏場のアウトドアにもできれば持って行くようにしましょう。

キャンプマットの選び方 種類やサイズ、断熱性などに注目

夜のテント

Photo by Ben Duchac on Unsplash

機能性の高いキャンプマットであるかどうかで快適性が大きく変わってきます。

キャンプマットを選ぶのに注目しておきたいポイントを紹介します。購入するときの参考にしてください。ポイントは下記の5つ。

【1】マットの種類で選ぶ
【2】テントの大きさや体格に合わせてサイズを選ぶ
【3】熱遮断性を確認して選ぶ
【4】防水性もチェック
【5】携帯性も確認しよう

上記のポイントを押さえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】マットの種類で選ぶ

キャンプマットにはいくつかの種類があります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

リーズナブルで手軽な「銀マット」

 

手軽にキャンプマットを手に入れたいなら銀マットを選んでください。アルミマットとも呼ばれ、ホームセンターなど身近な店舗で手に入れやすいアイテムです。コスパが高いので、ほかのキャンプマットと組み合わせて使ってもよいでしょう。

折り畳みできるものや丸められるものがあり、使いやすいタイプを選ぶことができます。これからキャンプをはじめる初心者にもぴったりです。

断熱性が高い「ウレタンマット」

 

冬場や夏場など、過酷な状況で使用するなら断熱性のよい発泡フォーム式マットである、ウレタンマットを使うとよいでしょう。硬めのマットで弾力があるので、地面が凸凹な環境にもぴったりです。耐久性もよさもウレタンマットの魅力。

少しのキズがつくくらいなら気にせず使い続けられます。銀マットよりかさばりますが、携帯しやすい商品も販売されています。

寝心地を重視したいなら「エアマット」

ポンプ
Pixabayのロゴ

エアマットは、ふくらませる道具が必要なことも

とにかく寝心地を重視したいのであれば、空気を入れて使うエアマットを選びましょう。ほかのキャンプマットより厚みがあり、ふかふかした感触が魅力。空気を抜けばコンパクトにしまうことができるのもうれしいポイントです。

ただ、エアマットをふくらませるためにポンプやエア注入器を一緒に持っていく必要があります。余分に荷物を持って行かなくてはならないのが難点です。

寝心地も機能もほしいなら「インフレーターマット」

 

インフレーターマットは自動でふくらむキャンプマットです。マットのすみについているバルブを緩めるだけでマットに空気が入るので、道具を使ってふくらませるエアマットより設営しやすいのが魅力。スポンジがなかに入っているので、ある程度の寝心地のよさも確保されています。

自分の好みの空気量になるように、最後は自分で空気を調整しなくてはなりません。

【2】テントの大きさや体格に合わせてサイズを選ぶ

 

せっかくキャンプマットを買っても、体のサイズに合っていないと寝心地もよくありません。ちょうどよいサイズよりも、体のサイズより少し大きめのサイズを選ぶのがおすすめ。寝返りをうっても足がはみだすことがないので、快適に眠れるでしょう。

またテントに合うかどうかも買うときにチェックしておきましょう。車中泊で使うのであれば、車のスペースに合うかどうか確認してください。マットは大きくなればなるほど収納時にもかさばってしまいますので、その点も注意が必要です。

【3】熱遮断性を確認して選ぶ

 

冬場などにキャンプマットを利用するのであれば、熱遮断性もチェックしなくてはなりません。どれほど熱を通さないかは「R値(熱抵抗値)」で表現されます。R値は数値が高いほど熱を通しにくく、熱遮断性があることになります。

冬使用するのであればできるだけ数値の高いものを、オールシーズン使用なら4以上のものを選ぶとよいでしょう。

【4】防水性もチェック

 

アウトドアでは突然の天気の変化はつきもの。また、テントのなかも結露などで思いのほか水滴が発生します。ひどい場合はテントのなかが水たまり状態になることも。

マットが濡れて寝袋まで浸透するのを防ぐためには、防水性の高いPVC加工やウォータープルーフ加工のなされたキャンプマットを選びましょう。マットが濡れると水で冷えてしまい、耐熱のために敷いている意味がなくなってしまいます。防水性はチェックしておきたいポイントです。

【5】携帯性も確認しよう

 

登山など持ち運ぶ前提で使うキャンプマットは、携帯しやすさも大切なポイントです。荷物が多くなりがちな登山では、できるだけコンパクトで軽量なものを選びたいもの。

エアーマットやインフレーターマットなどの空気を抜けばコンパクトになるマットは、収納時のサイズや重さは商品によって異なります。収納時のサイズや重量、持ち運びしやすい形に折りたたみできるかどうかも確認してください。

キャンプマットのおすすめ16選 モンベル、サマーレストなど

ここからは、キャンプマットのおすすめ商品を紹介します。安い値段で買えるものや、暖かさを重視したものなど幅広く紹介しています!

エキスパートのおすすめ

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『EVAフォームマット(M-3318)』

キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318 キャプテンスタッグEVAフォームマット56×182cmM-3318
出典:Amazon この商品を見るview item
作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

リーズナブルで必要充分

新潟県三条市で生まれたアウトドアブランド「キャプテンスタッグ」のキャンプマット。発泡ポリエチレン製で厚みは2cm、凹凸面を作ることでさらにクッション性を高めています。実売価格はかなりお手ごろにも関わらず、保温性やクッション性など必要じゅうぶんな機能性です。

比較的あたたかい3シーズンのキャンプなら、タープのみのラフな野宿で、地面にキャンプマット1枚という使い方でも快適に眠れます。オールラウンドに使える基本スペックの高いマットです。

Soomloom『レジャーマット』

Soomloom寝袋用マットキャンプパッドレジャーアウトドアマットレジャーシートテント泊超軽量保温IXPE素材アルミフィルムポータブル花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用 Soomloom寝袋用マットキャンプパッドレジャーアウトドアマットレジャーシートテント泊超軽量保温IXPE素材アルミフィルムポータブル花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用 Soomloom寝袋用マットキャンプパッドレジャーアウトドアマットレジャーシートテント泊超軽量保温IXPE素材アルミフィルムポータブル花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用 Soomloom寝袋用マットキャンプパッドレジャーアウトドアマットレジャーシートテント泊超軽量保温IXPE素材アルミフィルムポータブル花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用 Soomloom寝袋用マットキャンプパッドレジャーアウトドアマットレジャーシートテント泊超軽量保温IXPE素材アルミフィルムポータブル花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用 Soomloom寝袋用マットキャンプパッドレジャーアウトドアマットレジャーシートテント泊超軽量保温IXPE素材アルミフィルムポータブル花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用 Soomloom寝袋用マットキャンプパッドレジャーアウトドアマットレジャーシートテント泊超軽量保温IXPE素材アルミフィルムポータブル花見・キャンプ・ヨガ・ピクニック・登山・ハイキングなど適用
出典:Amazon この商品を見るview item

六角形の凸凹デザイン

六角形の凸凹デザインがクッション性をあげているレジャーマットです。凸凹で保温性が保たれ地面の底突きにも対応。表と裏に違う素材を使用しています。

裏面のアルミは高断熱を実現しており、表面は弾力性があり寝心地をよくするIXPE素材を採用。手軽にカットできるので、体のサイズに合わせたり座布団用に分けたりすることも可能です。

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピークダブル』

コールマン(Coleman)エアーマットキャンパーインフレーターマットハイピークダブル2000036154 コールマン(Coleman)エアーマットキャンパーインフレーターマットハイピークダブル2000036154 コールマン(Coleman)エアーマットキャンパーインフレーターマットハイピークダブル2000036154 コールマン(Coleman)エアーマットキャンパーインフレーターマットハイピークダブル2000036154
出典:Amazon この商品を見るview item

自動膨張式マットレス

登山やキャンプでも、自宅のベッドのように眠れる自動誇張式マットレスです。側面のバルブを全開にして、空気を出し入れすることで本体をふくらませます。組み立てするときは自動で誇張。収納するときは黄色の逆流弁を外側にして、しっかりたたむことができます。

空気が足りないときは、収納袋をポンプ代わりにできます。ダブルサイズなので広々と1人で使うことも、2人で使うこともできます。

DOD(ディーオーディー)『ソトネノキワミ』

DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミLキャンプマット【極上の寝心地】厚さ10cmCM3-651-TN DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミLキャンプマット【極上の寝心地】厚さ10cmCM3-651-TN DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミLキャンプマット【極上の寝心地】厚さ10cmCM3-651-TN DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミLキャンプマット【極上の寝心地】厚さ10cmCM3-651-TN DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミLキャンプマット【極上の寝心地】厚さ10cmCM3-651-TN DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミLキャンプマット【極上の寝心地】厚さ10cmCM3-651-TN DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミLキャンプマット【極上の寝心地】厚さ10cmCM3-651-TN
出典:Amazon この商品を見るview item

アウトドアでもしっかり寝たい人向け

アウトドアでしっかり寝たい人のための自動膨張式インフレータブルマットです。枕やシーツなどの付属品もついています。伸縮性のある表面の生地が体を包み込み、マットには10cm厚のウレタンを採用しています。空気を充填して使えば、アウトドアとは思えないような寝心地を実現。

組み立てのときはバルブを開いて自動で誇張。弾力をあげるために、付属の枕をエアポンプにして使います。

エキスパートのおすすめ

THERMAREST(サーマレスト)『クローズドセルマットレス Z Lite Sol(ゼットライトソル)』

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

基本性能が高い3シーズンの定番

登山でも信頼されるマットを多数発信する「サーマレスト」。こちらは「クローズドセル」という軽量なシリーズです。軽く薄いため、3シーズンのキャンプやトレッキングにぴったり。表面にはアルミ蒸着加工がされており、薄くても断熱性が高く耐久性も確保されています。

キャンプは春夏秋の3シーズンがメインで、なるべく軽いマットがほしいというキャンパーにおすすめのキャンプマットです。

エキスパートのおすすめ

THERMAREST(サーマレスト)『PROLITE PLUS(プロライトプラス)』

THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスプロライトプラス女性用R値3.9カイエン女性用レギュラー【日本正規品】30075 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスプロライトプラス女性用R値3.9カイエン女性用レギュラー【日本正規品】30075 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスプロライトプラス女性用R値3.9カイエン女性用レギュラー【日本正規品】30075 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスプロライトプラス女性用R値3.9カイエン女性用レギュラー【日本正規品】30075 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスプロライトプラス女性用R値3.9カイエン女性用レギュラー【日本正規品】30075
出典:Amazon この商品を見るview item
作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

軽量コンパクトながら極寒時でも活躍

「サーマレスト」の自動膨張マットのラインナップのなかでも、とくに断熱性が高いモデルです。軽量かつコンパクトに収納できるフォームを使用しているため、パッキングや持ち運びもラク。空気の層だけでなくフォーム自体にもクッション性があるので、ただのエアーマットとは安心感が違います。

冬季キャンプでも快適に眠れる断熱性を備えつつ、モバイル性にもすぐれたマットです。口コミの評価も高くおすすめです!

Mozambique(モザンビーク)『アルミナムフォーム』

Mozambique(モザンビーク)キャンプマットアウトドアマットレジャーマット車中泊極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】 Mozambique(モザンビーク)キャンプマットアウトドアマットレジャーマット車中泊極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】 Mozambique(モザンビーク)キャンプマットアウトドアマットレジャーマット車中泊極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】 Mozambique(モザンビーク)キャンプマットアウトドアマットレジャーマット車中泊極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】 Mozambique(モザンビーク)キャンプマットアウトドアマットレジャーマット車中泊極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】 Mozambique(モザンビーク)キャンプマットアウトドアマットレジャーマット車中泊極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】 Mozambique(モザンビーク)キャンプマットアウトドアマットレジャーマット車中泊極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】
出典:Amazon この商品を見るview item

長く使える耐久性のよい商品

買い替えることなく何年も使用できる耐久性が魅力のキャンプマットです。 弾力のあるXPEフォームの表面片面にアルミ加工を施しています。アルミ面が熱反射板の機能を果たしています。

暑い時期はアルミ面を下に、寒い時期はアルミ面を上にして使用すると心地よく過ごせます。肌触りも重視しているので、夏場もべたつきが気になりません。

JOYme『キャンプマット』

[JOYme]キャンプマットアウトドアマット(6カラーバリエーション/縦187cm×横56cm×厚さ2cm/収納袋付き)アウトドア/防水/軽量/厚手/折りたたみマット/防災 [JOYme]キャンプマットアウトドアマット(6カラーバリエーション/縦187cm×横56cm×厚さ2cm/収納袋付き)アウトドア/防水/軽量/厚手/折りたたみマット/防災 [JOYme]キャンプマットアウトドアマット(6カラーバリエーション/縦187cm×横56cm×厚さ2cm/収納袋付き)アウトドア/防水/軽量/厚手/折りたたみマット/防災
出典:楽天市場 この商品を見るview item

キズや衝撃に強いキャンプマット

キズや衝撃に強いXPE素材を使用したキャンプマットです。蛇腹に折りたたんで付属の収納袋に収納して持ち運べます。防水仕様のマットなので、汚れたら丸洗いが可能。

6色のカラーから好きなものを選べます。家族や仲間と色違いで所有したり、ザックのカラーに合わせたりとコーディネイトも楽しめそうなキャンプマットです。

エキスパートのおすすめ

EVERNEW(エバニュー)『FPmat』

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

超軽量で折りたためるほど極薄

こだわりの山岳ギアで知られる「エバニュー」のキャンプマット。かたさのあるPE素材を使用することで、わずか5mmながら背中に凹凸を感じさせにくい設計です。

小石や地面の起伏をカットするのには最適ですが、断熱性では正直劣ります。夏季のメインマットとしてはもちろん、地面の起伏の影響を受けやすいエアマットの下敷きにすることで活躍するでしょう。いずれにせよ、軽さと薄さで群を抜くマットなので、持っておいて損はありません

エキスパートのおすすめ

LOGOS(ロゴス)『超厚・高弾力 セルフインフレートマット』

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

寝心地抜群!快眠間違いなしの厚み5cm

比較的ロープライスで使えるキャンプギアを発信する「ロゴス」。こちらは自動でふくらむインフレート式で、最大5cmという極厚マットです。分厚い空気の層で冷気をカットするのが魅力。また、空気を最大に入れている状態なら石ころなどの地面でも底つきがなく、凹凸をカットしてくれます。

しっかりと張りがあるエアマットなので、フラットな面が出しづらい車中泊にもおすすめです。

THERMAREST(サーマレスト)『ネオエアーXサーモ』

THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059 THERMAREST(サーマレスト)アウトドアマットレスネオエアーXサーモR値6.9ベイパーレギュラー【日本正規品】30059
出典:Amazon この商品を見るview item

冬山や冬場のソロキャンプにも最適!

冷気の侵入を防いでくれる構造と、体温の熱を利用して体を温めてくれる「サーマキャプチャー」のダブルの技術を搭載。高い断熱性をもつ「サーマレスト」のマットは、寒い冬場のキャンプにもってこいです。

生地細部までこだわって作られているのも魅力。暖かく肌触りがよいマットで、冬場でも快適な睡眠を約束してくれることでしょう。

mont-bell(モンベル)『U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180』

軽量なので寝袋とセットで持ち運びもラクラク

軽量性と快適性をバランスよく兼ね備えているアイテム。空気注入式だから厚さもじゅうぶんです。オプションの「ポンプバッグ」を使用すれば、より空気注入をスムーズにこなすことができますよ。

また女性の方や小さくたたむのが自信のない方へ配慮し、少し大きめの収納バッグになっているのもポイント。日本発祥のブランド「モンベル」ならではのこだわりです。

Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット Wセット2』

コールマン(Coleman)キャンパーインフレーターマットダブルセットII2000032353 コールマン(Coleman)キャンパーインフレーターマットダブルセットII2000032353 コールマン(Coleman)キャンパーインフレーターマットダブルセットII2000032353 コールマン(Coleman)キャンパーインフレーターマットダブルセットII2000032353
出典:Amazon この商品を見るview item

使い勝手のいい2枚セット

2枚組セットが魅力。1枚だけでも厚さ5cmが確保されており、クッション性も充分です。2人で1枚ずつ使うのはもちろん、重ねればふかふかなマットを1人で贅沢に使うことができます

エアマットなので地面との距離ができ、断熱性もばっちり。背中の痛みを気にすることもありません。シチュエーションに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cm』

Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット Hilander(ハイランダー)スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cmダブルブラウンキャンプマットアウトドアマット車中泊マット
出典:Amazon この商品を見るview item

枕つきで快眠をサポート!

枕つきでより快適な睡眠を。枕部分が独立した気室になっているので、空気の入れ方次第で枕の高さを調整することができるのです。あたたかみのあるスエード生地は触り心地も抜群。

厚さがしっかりとあり、裏面にはノンスリップ加工が施された万能なマット。比較的リーズナブルな価格なのも魅力的ですね。災害時に備えておくのもいいかもしれません。

FUTURE FOX(フューチャーフォックス)『インフレータブルマット』

FUTUREFOXエアマットキャンプマット8cm自動膨張式連結インフレータブル車中泊マット【南信州発アウトドアブランド】 FUTUREFOXエアマットキャンプマット8cm自動膨張式連結インフレータブル車中泊マット【南信州発アウトドアブランド】 FUTUREFOXエアマットキャンプマット8cm自動膨張式連結インフレータブル車中泊マット【南信州発アウトドアブランド】
出典:楽天市場 この商品を見るview item

おしゃれさと実用性を両立させたキャンプマット

フューチャーフォックスは2020年4月に誕生した南信州発のアウトドアブランド。『インフレータブルマット』は、厚さ8cmで地面の凹凸を気にすることなく睡眠を快適にします。2つのバルブを搭載しており、開けば2分ほどで寝床が完成!マットの生地には流行りのスエードを使用しており、実用性とおしゃれさを両立させています。

少し大きめに設計されたゆとりのある収納バッグで、収納時もストレスフリー。シンプルなキツネのロゴも可愛らしいキャンプマットです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ピロー付インフレーティングマット』

キャプテンスタッグキャンプ用品インフレータブルピロー付インフレーティングマットブルーUB-3028 キャプテンスタッグキャンプ用品インフレータブルピロー付インフレーティングマットブルーUB-3028 キャプテンスタッグキャンプ用品インフレータブルピロー付インフレーティングマットブルーUB-3028 キャプテンスタッグキャンプ用品インフレータブルピロー付インフレーティングマットブルーUB-3028 キャプテンスタッグキャンプ用品インフレータブルピロー付インフレーティングマットブルーUB-3028
出典:Amazon この商品を見るview item

超コンパクト収納できる軽量マット

キャプテンスタッグのインフレータブルは、超軽量で持ち運びに便利。バルブを開ければ自動的にマットが膨らみますが、エアーポンプを使用すれば、ピロー部分をお好みの高さに調節することができます。

フックボタンが付いているので、同タイプのマットと連結が可能!パープル、ピンク、ブルーのカラフルな3色展開で、ご家族などで並べて使っても気分を上げてくれそうですね。

「キャンプマット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『EVAフォームマット(M-3318)』
Soomloom『レジャーマット』
Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピークダブル』
DOD(ディーオーディー)『ソトネノキワミ』
THERMAREST(サーマレスト)『クローズドセルマットレス Z Lite Sol(ゼットライトソル)』
THERMAREST(サーマレスト)『PROLITE PLUS(プロライトプラス)』
Mozambique(モザンビーク)『アルミナムフォーム』
JOYme『キャンプマット』
EVERNEW(エバニュー)『FPmat』
LOGOS(ロゴス)『超厚・高弾力 セルフインフレートマット』
 THERMAREST(サーマレスト)『ネオエアーXサーモ』
mont-bell(モンベル)『U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180』
Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット Wセット2』
Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cm』
FUTURE FOX(フューチャーフォックス)『インフレータブルマット』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ピロー付インフレーティングマット』
商品名 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『EVAフォームマット(M-3318)』 Soomloom『レジャーマット』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマットハイピークダブル』 DOD(ディーオーディー)『ソトネノキワミ』 THERMAREST(サーマレスト)『クローズドセルマットレス Z Lite Sol(ゼットライトソル)』 THERMAREST(サーマレスト)『PROLITE PLUS(プロライトプラス)』 Mozambique(モザンビーク)『アルミナムフォーム』 JOYme『キャンプマット』 EVERNEW(エバニュー)『FPmat』 LOGOS(ロゴス)『超厚・高弾力 セルフインフレートマット』 THERMAREST(サーマレスト)『ネオエアーXサーモ』 mont-bell(モンベル)『U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180』 Coleman(コールマン)『キャンパーインフレーターマット Wセット2』 Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付きタイプ)5.0cm』 FUTURE FOX(フューチャーフォックス)『インフレータブルマット』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『ピロー付インフレーティングマット』
商品情報
特徴 リーズナブルで必要充分 六角形の凸凹デザイン 自動膨張式マットレス アウトドアでもしっかり寝たい人向け 基本性能が高い3シーズンの定番 軽量コンパクトながら極寒時でも活躍 長く使える耐久性のよい商品 キズや衝撃に強いキャンプマット 超軽量で折りたためるほど極薄 寝心地抜群!快眠間違いなしの厚み5cm 冬山や冬場のソロキャンプにも最適! 軽量なので寝袋とセットで持ち運びもラクラク 使い勝手のいい2枚セット 枕つきで快眠をサポート! おしゃれさと実用性を両立させたキャンプマット 超コンパクト収納できる軽量マット
サイズ W56×D182×H2cm W55×D183×H1.8cm W128×D200×H10cm W138×D208×H10cm S:W51×D130×H2cm、R:W51×D183×H2cm S:W51×D119×H3.8cm、R:W51×D183×H3.8cm、L:W63×D196×H3.8cm W56×D183×H2cm W56×D186×H2cm FPmat125:W50×D125×H0.5cm、FPmat100:W50×D100×H0.5cm SOLO:W65×D190×H5cm、DUO:W135×D190×H5cm R:W51×D183cm、L:W63×D196cm W50×D180×H2.5cm W63×D195×H5cm シングル:W65×D192×H5cm、セミダブル:W93×D198×H5cm、ダブル:W132×D192×H5cm W57×D182×H8cm W58×D187×H2.5cm
収納サイズ W56×D13×H12.5cm W55×D13×H12cm φ31×70cm W70×D31×H31cm S:W51×D14×H10cm、R:W51×D14×H13cm S:長さ28×直径10cm、R:長さ28×直径12cm、L:長さ33×直径13cm W56×D13×H12cm W56×D15×H14cm 25cm巾折りたたみ SOLO:W16×D16×H61cm、DUO:W22×D22×H66cm R:長さ23×直径10cm、L:長さ28×直径11cm 長さ25×直径16cm 長さ70×直径20cm シングル:W20×H65cm、セミダブル:W20×H48cm、ダブル:W30×H70cm 60cm×25cm×25cm 30×16cm
重量 270g - 5kg 7.5kg S:290g、R:410g S:450g、R:650g、L:880g 500g 315g FPmat125:200g、FPmat100:160g SOLO:1.8kg、DUO:3.8kg R:430g、L:570g 681g(スタッフバッグを含む) 3.5kg シングル:1.6kg、セミダブル:2.7kg、ダブル:3.4kg 2.9kg 920g
材質 マット:発泡ポリエチレン・EVA樹脂、バンド:合成ゴム 表側素材:アルミ、裏側素材:IXPE ポリエステル、ポリウレタンフォーム マット&枕本体:ポリエステル(TPUコーティング)、中材:ポリウレタンフォーム、シーツ部分:ポリコットン 架橋ポリエチレン 表面:50Dミニヘックスポリエステル、裏面:50Dポリエステル XPEフォーム XPE素材 PE ポリエステル、ポリウレタンフォーム 表面:30D高強度ナイロン、裏面材質:70Dナイロン 表地:30デニール、ポリエステル、リップストップ(TPUラミネート)、クッション材:ウレタンフォーム ポリエステル、ポリウレタンフォーム 表面:ポリエステル100%スエードタイプ/PVCコーティング、裏面:ポリエステル100%(75D/190T)/PVCコーティング ウレタンフォーム、スエード素材 表地:ポリエステル(PVC加工)、内材:ポリウレタンフォーム、バルブ:ABS樹脂
種類 ウレタンマット - インフレーターマット インフレーターマット ウレタンマット - ウレタンマット - - インフレーターマット - - インフレーターマット インフレーターマット - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする キャンプマットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのキャンプマットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドア用マット・ベッドランキング
楽天市場:マットランキング
Yahoo!ショッピング:テント マットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キャンプマットの重ね使いもおすすめ!

キャンプ
Pixabayのロゴ

寝心地にさらにこだわるなら、キャンプマットの重ね使いも便利。

キャンプマットは重ね使いできることも覚えておきましょう。2枚重ねることで断熱性があがります。初心者がキャンプ用品をそろえるとき、はじめから冬場も使えるように高価なマットを買うのではなく、手軽に買えるマットを組み合わせて使うのもおすすめです。

また断熱性のあるマットと寝心地のよいマットを組み合わせて、よりよい寝心地を求めてもよいでしょう。

寝袋にもこだわって快適な寝心地を手に入れよう!

せっかくキャンプマットにこだわったのであれば、実際になかに入って使用する寝袋にもこだわりたいもの。寝袋にもキャンプマットと同様にさまざまな商品があります。夏に適したものや冬も使えるもの、封筒型やマミー型など形もそれぞれです。

寝袋は寝心地のよさはもちろん、耐熱性もチェックしておきたいポイント。冬場に誤った寝袋を選ぶと、体調を崩すどころか命にかかわる場合もあります。しっかり使用目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

使用目的に合ったキャンプマットを選ぼう

キャンプマットにはさまざまな商品があります。価格はもちろん、収納サイズや重量、寝心地まで選ぶときにチェックしておきたいポイントが複数存在します。まずはソロキャンプや登山に行くのか、複数人でキャンプに行くのか、移動方法などからキャンプマットを検討していきましょう。

そのうえで、寝心地を検討するのかコンパクトさや軽量さを優先するのか考えてみてください。自分に合ったキャンプマットを選んで、楽しいアウトドアライフを過ごしてください。

【関連記事】そのほかの記事も参考にしてみてください

使う環境や人数で選ぼう キャンプマットについて5つのポイントをおさらい

1)断熱性がしっかり備わっているかどうか確認する
2)かさばるギアのため、とくに携帯性に注意して選ぶとよい
3)空気を注入するエアマットは厚さがだせる
4)自動膨張式のインフレートマットなら、空気を入れる手間を省くことも可能
5)エアマットはパンクや劣化によるエア抜け、といったデメリットもあるので注意

キャンプマットの断熱性は、携帯性と反比例する場合がほとんど。使う環境や人数をよく考慮し選びたいものです。自分にぴったりなキャンプマットを選んで、快適なキャンプを楽しんでください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部