モンベルシュラフおすすめ10選【対応シーズンを比較】極寒用や車中泊向けのものも!

 モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ #3 ロングモデル バルサム 右ジップ [最低使用温度1度] 1121278 BASM R/ZIP
出典:Amazon

機能と素材にこだわり続けてきた日本のアウトドアブランド「mont-bell(モンベル)」。シュラフはキャンプだけでなく、野外フェスや車中泊と幅広く使用できるアイテムです。この記事ではアウトドアライターのSAMさんと編集部で選んだおすすめ商品をご紹介。選び方では対応シーズンの比較や、機能、素材などについて詳しく解説します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。

モンベルシュラフの選び方 アウトドアライターに取材

テントの中に置かれた青と灰色のシュラフ

Photo by Steve Halama on Unsplash

登山やキャンプなどで持ち運ぶ場合は、シュラフの適温もチェックしましょう。

日本の気候に合った寝袋とレインギアの開発を45年も前から続けてきたモンベル。標高や登山先の気候、温度に合ったものを選んで快適な寝心地にしましょう。ここでは、素材や機能を含めた選び方のポイントをご紹介します。

「#」の数字で対応シーズンを比較

モンベルは対応温度域に合わせて#0、#1などの記号と数字で表わしています。数字が低いほうが耐寒性に強く、数字が多くなるほど夏の時期の使用に向いています

ただし、山は夜になると比較的気温が大きく下がる傾向にあります。代謝が低く、寒さに強くない人は、ひとつ低い数字を選ぶことをおすすめします。

雪山や冬の車中泊には「#0、#1」

冬の山小屋

Photo by Unsplash

「#0、#1」は冬の登山や車中泊など、寒さが厳しい時期に適しています。こちらは、顔まわりが冷えないように保温性を高めたトンネルフードや、冷気をシャットアウトするダブルドラフトチューブが特徴。また、#0よりもさらに保温力にすぐれた「EXP」もあります。

3シーズン対応の「#2、#3」

登山者の荷物

Photo by Unsplash

春や秋などの登山やキャンプ、ツーリングなどは、3シーズンに対応した「#2、#3」で充分です。#2のシュラフはリミット温度が-4℃前後まで対応しているので、11月ごろの紅葉シーズンの登山などにおすすめ。#3は、より軽量で持ち運びしやすいコンパクトさが魅力です。オールマイティーに使いたい方はぜひチェックしてみてください。

夏用なら「#5、#7」

キャンプフェスで踊る女性

Photo by Unsplash

夏のキャンプやアウトドア、フェス用なら「#5、#7」を選びましょう。#5のリミット温度は4℃前後、#7は8℃前後まで対応。軽くて持ち運びに便利なので、泊りがけでサイクリングやツーリングするときにも活躍します。

中綿の素材やFPを確認

中綿の素材は、ダウンと化学繊維綿があります。ダウンとは水鳥の胸に生えている、芯のない羽毛のことです。吸湿発散性にすぐれていて空気をいっぱい含んでくれます。だから、軽量でコンパクトでも温かく包み込んでくれます。

ダウンの品質は「FP(フィルパワー)」という単位で確認できます。一般的に、550~700FPは良質、700FP以上が高品質とされています。なかでも「EXダウン」は800、900、1000FPがあり、すぐれた保温性を実現しており、雪山など極寒地での使用向きです。

快適な寝返りを! 寝心地に直結する伸縮性

寝心地のよさを大きく左右する伸縮性。寝ている間は無意識のうちに寝返りしたり、身体を動かしたりしています。モンベルは独自のストレッチシステムを持っています。

なかでも、伸縮率135%の「スーパースパイラルストレッチシステム」は横方向だけでなく、縦、斜めと伸縮。就寝中の動きを妨げず、快適な睡眠をサポートしてくれます。翌日の登山に向けて身体をしっかり休めることができるでしょう。

左右好みのジッパー位置が選べる

多くの寝袋は右利き用に設定されていて、左右決まった方向にしかジッパーが設置されていません。

モンベルはシリーズに合わせてジッパーの位置を選ぶことができます。利き手側にジッパーがあると開け閉めがしやすく、サッと出入りできて便利です。

本格的な登山用なら重量をチェック

登山にはシュラフ以外にもたくさんの荷物を詰め込んでいきます。雪山や冬の登山にもなれば、総重量は20kg前後にも。天候や傾斜など状況によって大きく体力が奪われる登山では極力荷物は少なくしたいところですね。

シュラフは素材によって約1,000gも重量に差があるので、軽さ重視の方は重量もチェックしましょう。

モンベルなら理想のシュラフが見つかる! アウトドアライターより

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

私もモンベルのシュラフは複数愛用しており、行きつく理想のシュラフのひとつとなっています。また着実に、まるで「上書き」のように同じモデルを進化させていく姿勢に共感を覚えます。

チョイスの対象となるモデルが体系的に整理されており、腰を据えてじっくり選べばベストマッチのシュラフと出会えることでしょう。

たくさんの種類があって結局は悩んでしまうシュラフ選び。ここからは、機能や用途など特徴別におすすめの商品をご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

【保温力&機能充実】おすすめシュラフ3選 あたたかく、快適!

ここからは、機能や用途など特徴別におすすめの商品をご紹介します。まずは保温力にすぐれたシュラフを3選ご紹介します。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

『シームレス ダウンハガー900 #2(1121349)』は、私も長年愛用しているダウンハガー#2の魅力的な最新版。

テント内の意外なほどの湿気でダウンのかさ高が維持できないこともあるため、新採用の透湿防水素材は大きなアドバンテージとなることでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『シームレス ダウンハガー900 #2(1121349)』

コンフォート温度 0℃
中綿 EXダウン(900フィルパワー)
ジッパー位置
重量 656g
適応身長 183cmまで

世界初の独自技術で高い保温力をもつシュラフ

革新的構造「スパイダーバッフルシステム」で、気温が下がりやすい山での睡眠を快適にサポートしてくれるシュラフです。縫い目を少なくして隔壁をなくすことで、ダウン本来の膨らむ機能を生かし、保温力を最大限に高めてくれます。

また、内部を隔壁で区切っているため、ダウンが移動して片寄ってしまうのも防いでくれます。積雪時期の登山でも安心して眠ることができます。

モンベル『シームレス ドライ ダウンハガー900 #5 ロング(1121347)』

コンフォート温度 9℃
中綿 EXダウン(900フィルパワー)
ジッパー位置
重量 511g
適応身長 198cmまで

保温性と軽量性を兼ね備えた春夏おすすめのシュラフ

高い保温力だけでなく、軽量性も兼ね備えた春夏向けのシュラフ。寒暖差が激しい地域で育った水鳥のみ使用した高品質ダウンと極薄シェル素材を採用しています。

伸縮性と軽量性はそのままに、ワンランク上のあたたかさを実現。快適に睡眠が取れるとされる、コンフォート温度の下限が9℃なので、夏の夜など、少し肌寒い気候で使いやすいシュラフです。

モンベル『ダウンハガー800 EXP ロング(1121362)』

コンフォート温度 -13℃
中綿 EXダウン(800フィルパワー)
ジッパー位置 右、左、選択可
重量 1650g
適応身長 198cmまで

極寒地、冬におすすめの保温力抜群のシュラフ

極寒地や雪山でも快適に眠りたい人におすすめシュラフです。コンフォート温度も-13℃と保温力が高く、氷点下の山岳でも快適な睡眠をサポートしてくれます。

トンネルフード、ネックバッフル、ドラフトチューブなど工夫された構造で寒気を遮断し、独自構造で無意識な寝返りも苦になりません。雪山でなくても、もともと寒さに対する耐性が低い人にもおすすめです。

【野外フェス&車中泊に】おすすめシュラフ5選 あると便利! ベビーキッズ用も!

最近話題のアウトドア。家族で週末はキャンプという家庭も多くなってきたように感じます。

ここでは、家族連れだけでなく、誰もがキャンプだけでなく、野外フェスや車中泊で使えるおすすめシュラフを5選ご紹介します。

モンベル『ホローバッグ Kid's #3(1121193)』

コンフォート温度 7℃~(快適睡眠温度域)
中綿 ホローファイバー
ジッパー位置
重量 1050g
適応身長 155cmまで

子どもにも使いやすいキッズ用!

メンテナンスがかんたんで、子どもにも使いやすいキッズ用シュラフです。速乾性にすぐれたあたたかい中綿を使用しており、水に濡れても保温力がすぐに回復します。しているので、汚れたら手洗いすることができます。

またL字型ジッパーの採用で、広げてブランケットとしても使える2WAYタイプ。車中泊や夏の野外フェス、キャンプにおすすめです。

モンベル『ホローバッグ #3(1121191)』

コンフォート温度 7℃~(快適睡眠温度域)
中綿 ホローファイバー
ジッパー位置
重量 1360g
適応身長 183cmまで

つなげて2倍の広さで使用も可能

「ホローファイバー」という速乾性のある中空ポリエステル綿を採用。万が一水で濡れてしまっても、すぐに保温力が回復します。また、メンテナンスは家庭で洗濯すればOKの扱いやすい商品です。

また、同一モデルならジッパーでつなげることができて、2倍の広さになり、大人ふたりで使うことができるすぐれもの。子どもといっしょに添い寝したいときにもおすすめです。

モンベル『ダウンファミリーバッグ #3(1121312)』

コンフォート温度 3℃~(快適睡眠温度域)
中綿 ダウン(440フィルパワー)
ジッパー位置 -
重量 1207g
適応身長 183cmまで

ノルディック柄が特徴! 圧縮できて持ち運びに便利

快適睡眠温度域が3℃~と春夏秋と幅広いシーズンで使える封筒型スリーピングバッグ。ほかのシュラフ同様、ブランケットとしても使用可能。2つをジッパーでつなげて広く使うこともできます。

多くのスリーピングバッグやシュラフはシンプルな無地ですが、おしゃれなノルディック柄が描かれています。付属のスタッフバッグで圧縮すると、コンパクトに持ち運び可能で、車中泊や野外フェスなどさまざまなシーンで活躍してくれます。ひとつあるとなにかと重宝するおすすめ商品です。

モンベル『スーパースパイラル バロウバッグ Baby's(1121166)』

コンフォート温度 -
中綿 -
ジッパー位置 右、左
重量 386g
適応身長 -

保温力にすぐれたベビー用スリーピングバッグ

赤ちゃんの自由な動きを妨げず、保温力にすぐれた寝袋型のおくるみです。内側に、「クリマプラス100」というストレッチ性に富んだフリースを使用。なかにこもる空気や汗の水蒸気を素早く放出し、ドライに保ってくれるので、赤ちゃんにうれしい機能。

また、ベビーカーにも取りつけることができ、ジッパーを広げれば足を出すこともできるので、快適で使いやすい商品です。赤ちゃんもお出かけやアウトドアが楽しめる、あったかシュラフです。

モンベル『ダウン スリーピングラップ #5 ロング(1121335)』

モンベル『ダウンスリーピングラップ#5ロング(1121335)』 モンベル『ダウンスリーピングラップ#5ロング(1121335)』 モンベル『ダウンスリーピングラップ#5ロング(1121335)』

出典:楽天市場

コンフォート温度 -
中綿 EXダウン(800フィルパワー)
ジッパー位置 -
重量 372g
適応身長 198cmまで

保温力・軽量・コンパクト化を実現した3WAY仕様

高い保温力と軽量・コンパクト化を実現したスリーピングラップです。ブランケット、スリーピングバッグ、インナーシーツとしても使用できる3WAY仕様。

世界最高レベルといわれる「ポルカテックス」を採用。小雨程度なら難なくはじき、撥油機能もあるため汚れもつきにくい商品です。軽量化仕様で、スピードハイクにもおすすめです。

【速乾性バツグン】おすすめシュラフ2選 濡れてもOK! 洗濯も可能!

アウトドアに行った後、大変なのはメンテナンス。洗えるシュラフがあったら、汚れやにおいを気にせず快適に使うことができます。ここでは、メンテナンスが容易でコストパフォーマンスが高く、とくにおすすめな2選をご紹介します。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

『バロウバッグ #3 ロング(1121278)』は、ダウンハガーよりは収納が大きくなってしまうものの、オートキャンプなどである程度荷物が積めるのならばリーズナブルな価格。メンテナンスのラクさとともに、個人的におすすめしたいモデルです。

モンベル『バロウバッグ #3 ロング(1121278)』

モンベル『バロウバッグ#3ロング(1121278)』

出典:Amazon

コンフォート温度 6℃
中綿 エクセロフト
ジッパー位置
重量 1094g
適応身長 190cmまで

通年で使える、保温性にすぐれたロングタイプ

夏の高山から冬の低山まで、1年通してつかえるシュラフ。「エクセロフト」という3種類の繊維を重ね合わせ、すぐれた保温性と耐久性を実現しています。

さらに、家で洗濯もでき、独自機能で無意識な寝返りも気になりません。一年中使えるのでコストパフォーマンスが高いシュラフです。ロングなので、190cm近い身長の方でも大丈夫です。

モンベル『バロウバッグ #5(1121274)』

コンフォート温度 9℃
中綿 エクセロフト
ジッパー位置 右、左、選択可
重量 870g
適応身長 183cmまで

シリコーンコーティングで速乾性にすぐれたシュラフ

家で洗濯できて、特殊縫製で耐久性が高いシュラフ。コンフォート温度は9℃で、夏の登山や秋冬のキャンプの時期に活躍します。カラーは2種類から選べます。

シリコーンコーティングによって、速乾性を確保し、保温力も高くなっています。汚れても自宅で洗濯でき、清潔で快適な状態を維持できる商品です。

【番外編】おすすめの便利グッズ2選 より快適に過ごすために!

アウトドア用品はなにかと汚れてしまうもの。またいざキャンプ、登山となると大荷物になってしまいます。

そんなとき、あると便利、お気に入りのアウトドア用品をより長く愛用する手助けをしてくれるアイテムを2選ご紹介します。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

『コンプレッションキャップ M(1123427)』は便利なんです! とくにシュラフを複数個数で使うとそのありがたみを余計に感じられます。4個使うと約1個分のスペースの差が実感できます。対応サイズがあるのでよく調べてからのご購入を。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『コンプレッションキャップ M(1123427)』

コンフォート温度 -
中綿 -
ジッパー位置 -
重量 85g
適応身長 -

シュラフをコンパクトに持ち歩きたい人に

コンパクトなシュラフを、さらに圧縮してコンパクト化できる、コンプレッションキャップ。圧縮したいシュラフのサイズに合わせてS~Lとサイズ展開されています

圧縮の際に、スタッフバッグが保持できるように滑り止めがついていて安心です。数多くある荷物をひとつでもよりコンパクトにして、身軽でアウトドアができたら快適ですね。

モンベル『O.D.メンテナンス ダウンクリーナー(1124808)』

コンフォート温度 -
中綿 -
ジッパー位置 -
重量 -
適応身長 -

素材を傷めずダウンや化繊綿も洗濯できる専用洗剤

決して安くはないアウトドア用品。しっかりメンテナンスして長く愛用したいですよね。

こちらは、ダウンなどの中綿入りアイテムに使える「ダウン専用クリーナー」。中性なので中綿素材を傷めることなく、すぐれた洗浄成分で常温水でも汚れを落としてくれます

「モンベルシュラフ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
モンベル『シームレス ダウンハガー900 #2(1121349)』
モンベル『シームレス ドライ ダウンハガー900 #5 ロング(1121347)』
モンベル『ダウンハガー800 EXP ロング(1121362)』
モンベル『ホローバッグ Kid's #3(1121193)』
モンベル『ホローバッグ #3(1121191)』
モンベル『ダウンファミリーバッグ #3(1121312)』
モンベル『スーパースパイラル バロウバッグ Baby's(1121166)』
モンベル『ダウン スリーピングラップ #5 ロング(1121335)』
モンベル『バロウバッグ #3 ロング(1121278)』
モンベル『バロウバッグ #5(1121274)』
モンベル『コンプレッションキャップ M(1123427)』
モンベル『O.D.メンテナンス ダウンクリーナー(1124808)』
商品名 モンベル『シームレス ダウンハガー900 #2(1121349)』 モンベル『シームレス ドライ ダウンハガー900 #5 ロング(1121347)』 モンベル『ダウンハガー800 EXP ロング(1121362)』 モンベル『ホローバッグ Kid's #3(1121193)』 モンベル『ホローバッグ #3(1121191)』 モンベル『ダウンファミリーバッグ #3(1121312)』 モンベル『スーパースパイラル バロウバッグ Baby's(1121166)』 モンベル『ダウン スリーピングラップ #5 ロング(1121335)』 モンベル『バロウバッグ #3 ロング(1121278)』 モンベル『バロウバッグ #5(1121274)』 モンベル『コンプレッションキャップ M(1123427)』 モンベル『O.D.メンテナンス ダウンクリーナー(1124808)』
商品情報
特徴 世界初の独自技術で高い保温力をもつシュラフ 保温性と軽量性を兼ね備えた春夏おすすめのシュラフ 極寒地、冬におすすめの保温力抜群のシュラフ 子どもにも使いやすいキッズ用! つなげて2倍の広さで使用も可能 ノルディック柄が特徴! 圧縮できて持ち運びに便利 保温力にすぐれたベビー用スリーピングバッグ 保温力・軽量・コンパクト化を実現した3WAY仕様 通年で使える、保温性にすぐれたロングタイプ シリコーンコーティングで速乾性にすぐれたシュラフ シュラフをコンパクトに持ち歩きたい人に 素材を傷めずダウンや化繊綿も洗濯できる専用洗剤
コンフォート温度 0℃ 9℃ -13℃ 7℃~(快適睡眠温度域) 7℃~(快適睡眠温度域) 3℃~(快適睡眠温度域) - - 6℃ 9℃ - -
中綿 EXダウン(900フィルパワー) EXダウン(900フィルパワー) EXダウン(800フィルパワー) ホローファイバー ホローファイバー ダウン(440フィルパワー) - EXダウン(800フィルパワー) エクセロフト エクセロフト - -
ジッパー位置 右、左、選択可 - 右、左 - 右、左、選択可 - -
重量 656g 511g 1650g 1050g 1360g 1207g 386g 372g 1094g 870g 85g -
適応身長 183cmまで 198cmまで 198cmまで 155cmまで 183cmまで 183cmまで - 198cmまで 190cmまで 183cmまで - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月2日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする モンベルシュラフの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのモンベルシュラフの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スリーシーズン用寝袋・シュラフランキング
楽天市場:寝袋・シュラフランキング
Yahoo!ショッピング:アウトドア 寝袋、シュラフランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの関連商品はこちらから

まとめ

今回はモンベルシュラフおすすめ10選+α商品をご紹介しました。シュラフを選ぶ際には、シーンやメンテナンス方法、そして自分が寒さに強いのかどうかなども重要なチェックポイントです。

ぜひ、あなたがいいなと思うモンベルシュラフを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/07 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 下田結賀子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


登山用寝袋(シュラフ)おすすめ9選|暖かくて寝心地抜群な商品を紹介

登山用寝袋(シュラフ)おすすめ9選|暖かくて寝心地抜群な商品を紹介

キャンプや登山で使われる寝袋はシュラフともよばれ、素材やタイプもさまざまです。タイプは主にマミー型(ミノムシ型)と封筒型があり、マミー型は密閉するのであたたかく、軽くて持ち運びがラクです。一方、封筒型はゆったり寝られて比較的リーズナブル。中綿も悪天候に強い化学繊維のものとダウン素材のものがあります。登山に行くので寝袋がほしいけれど、どれにしたらよいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんへの取材のもと、寝袋の選び方とおすすめ商品を紹介します。


キャンプ用寝袋(シュラフ)おすすめ11選|コールマン、モンベルなど厳選

キャンプ用寝袋(シュラフ)おすすめ11選|コールマン、モンベルなど厳選

キャンプやアウトドア時に重宝するのが寝袋(シュラフ)ですが、デザインや素材、防寒性能の商品が販売されていて、自分にあったものはどれなのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。ここでは、コンパクトで高い防寒性を備えた商品など、おすすめの寝袋と選び方のポイントについてご紹介します。


シュラフカバーおすすめ17選|濡れ・結露対策に! SOL、ISUKAなど厳選

シュラフカバーおすすめ17選|濡れ・結露対策に! SOL、ISUKAなど厳選

キャンプの際、インナーテントが寝ているうちに結露してしまうというのはよくあること。そんなとき、シュラフカバーを併用することで、テントの側面に触れて濡れてしまうのを未然に防ぐことができます。ここでは、キャンプライターの中山一弘さんと編集部が厳選したシュラフカバーのおすすめと選び方のポイントについてご紹介していきます。後半に通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、口コミなどもあわせて参考にしてみてください。


インフレーターマットおすすめ21選|キャンプ・車中泊の寝心地を快適に【災害時にも!】

インフレーターマットおすすめ21選|キャンプ・車中泊の寝心地を快適に【災害時にも!】

インフレーターマットは、キャンプでのマットやベッドの代わりとして使いますが、これを敷いて寝ることで、朝、スッキリと目覚められる、次の日のパフォーマンス向上に役立つといわれています。サイズや機能によっては車中泊やピクニックのくつろぎグッズとしても重宝し、なかにはビーチで使えるものも。さらに、災害時のための備蓄品として購入する方も多いようです。そこで、初心者でも使いやすいインフレーターマットの選び方、おすすめ21戦をご紹介します。記事後半には、Amazonなどの通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もあるので、参考にしてみてください。


サーマレストマットおすすめ12選【登山やキャンプ、テント泊に・適正サイズも】

サーマレストマットおすすめ12選【登山やキャンプ、テント泊に・適正サイズも】

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


関連するブランド・メーカー


mont-bell(モンベル)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。