ダウンの寝袋(シュラフ)のおすすめ8選|モンベルやナンガ、イスカなど

ダウンの寝袋(シュラフ)のおすすめ8選|モンベルやナンガ、イスカなど

キャンプや登山、自転車ツーリングなどで使われる寝袋(シュラフ)は、軽くて暖かいものが好まれます。そこで今回は、ダウンの寝袋のみをピックアップしておすすめ商品をご紹介します。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、是非参考にしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

バイクライター
福田 満雄

バイク免許取得から28年、所有したバイクは20台以上。シンプルでわかりやすい文章を書くライター。複数のメディアで記事を書いています。 2020年8月時点の愛車はBMW F850GSとホンダスーパーカブ110。 一日中バイクに乗っているのが好き。過去には日帰り1,000kmツーリングや、スーパーカブ110で1日450kmツーリングなども。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

◆本記事の公開は、2022年07月29日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ダウンの寝袋(シュラフ)とは

ダウンとは本来は水鳥の胸付近の羽毛のことを言います。多くの空気を含むことができ、保湿性や透湿性があるのが特徴です。

ダウンは非常に数が少ないため、衣服や寝袋に使う場合は、ダウンにさらにフェザー(羽軸を持った羽毛)を混ぜる場合が多いです。

フェザーは寝袋に弾力を持たす役割も担っています。

羽毛

Photo by Georg Eiermann on Unsplash

寝袋(シュラフ)の選び方

寝袋(シュラフ)を選ぶときのポイントをご紹介します。ポイントは下記の通り。

・寝袋のタイプで選ぶ
・中綿の素材で選ぶ
・使用シーズンに合わせたものを選ぶ
・寝袋のサイズを確認

用途や季節に合わせたものを選びましょう。

その他、寝袋(シェルフ)の選び方については下記の記事にて詳しく解説しているので気になる方はぜひ確認してみてください。

ダウンの寝袋(シュラフ)のおすすめ8選

ここからは、充填素材にダウンを使用している寝袋(シュラフ)のおすすめ商品を紹介します。

モンベル『アルパインダウンハガー800 #2』

モンベル(mont-bell)寝袋ダウンハガー800#2サンフラワー(SUF)R/ZIP#1121359 モンベル(mont-bell)寝袋ダウンハガー800#2サンフラワー(SUF)R/ZIP#1121359 モンベル(mont-bell)寝袋ダウンハガー800#2サンフラワー(SUF)R/ZIP#1121359 モンベル(mont-bell)寝袋ダウンハガー800#2サンフラワー(SUF)R/ZIP#1121359
出典:Amazon この商品を見るview item

厳しい寒さに対応した独自構造のシュラフ

モンベル独自のスパイラルストレッチシステムを採用した寝袋です。生地自体の伸縮性をいかして余計な素材を使わないで、体の動きに沿って伸びる仕様になっています。

また、800フィルパワーの高品質ダウンを使用し、軽量コンパクトかつ高い保温性を備えています。寒気を遮断する構造で快適温度は0℃と、積雪期の登山など厳しい寒さのなかで幅広く使用できるモデルです。

ナンガ『オーロラライト350DX(レギュラー)』

NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン NANGA(ナンガ)オーロラライト350DXレギュラーブラウン
出典:Amazon この商品を見るview item

国産に拘った3シーズンシュラフ

760から860フィルパワーのダウンを使用し、軽さと快適性を両立したダウンシュラフです。

肌触りがよく、包み込まれるような寝心地が魅力。数多くの登山家から愛されてきたシュラフは、極地用からハイキング用まで幅広くカバーしています。

ダウンには抗菌防臭加工が施されているほか、国内での洗浄など厳しく品質管理がされているので、快適に安心して使うことができます。またシュラフには珍しく、暗闇でもジッパーが光る蓄光ファスナーが使用されているのもうれしいポイントです。

ナンガ『ラバイマバッグW(600STD)』

(ナンガ)NANGAラバイマーバッグW600BRN (ナンガ)NANGAラバイマーバッグW600BRN
出典:Amazon この商品を見るview item

子どもと三人で寝られるゆったりサイズ

質のいい羽毛にこだわるナンガは、独自の縫製技術をもちいた軽くてあたたかい商品を多くあつかっています。こちらはダブルサイズの封筒型シュラフで、2人用ではありますが子どもと一緒に寝ても快適なサイズ感。家族連れでのアウトドアにぴったりです。

少し価格は高めですが、快適さを追求したい人にぜひおすすめの商品です。

イスカ『ダウンプラスチロルX』

イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830 イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830 イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830 イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830 イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830 イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830 イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830 イスカ(ISUKA)寝袋イスカ(ISUKA)チロルXフレッシュグリーン[最低使用温度6度]137830
出典:Amazon この商品を見るview item
計算されたダウンの配分が秀逸

最低使用温度が6℃なので、夏山登山や山岳でのテント泊にちょうどよさそうな商品。独自の3D構造でダウン生地をエリアごとに的確に配分しているのが特徴です。足元部分は多めにダウンを詰め、冷えがちな足元の断熱性能もしっかりと確保しています。

ソロキャンパーやツーリングにも手軽に携帯できるコンパクトさも魅力。伸縮性も高められているので、着脱がかんたんなのもありがたいポイントです。

タケモ『スリーピングバッグ 5』

寝袋シュラフタケモ(Takemo)スリーピングバッグ5ストリージバッグ付[最低使用温度-6度] 寝袋シュラフタケモ(Takemo)スリーピングバッグ5ストリージバッグ付[最低使用温度-6度] 寝袋シュラフタケモ(Takemo)スリーピングバッグ5ストリージバッグ付[最低使用温度-6度] 寝袋シュラフタケモ(Takemo)スリーピングバッグ5ストリージバッグ付[最低使用温度-6度] 寝袋シュラフタケモ(Takemo)スリーピングバッグ5ストリージバッグ付[最低使用温度-6度] 寝袋シュラフタケモ(Takemo)スリーピングバッグ5ストリージバッグ付[最低使用温度-6度]
出典:Amazon この商品を見るview item

春から秋まで使える! 保温性の高いシュラフ

春先から秋口にかけて、国内の高い山々で使えるシュラフです。質のいいホワイトダックダウンを封入し、羽毛がより空気をたくさん含むようボックス構造を採用しており、保温性がとても高いです。生地に撥水加工が施されているので、水や汚れもサッとふき取れます。

また、持ち運びやすいようにSサイズのストリージバッグを標準装備しています。

シートゥーサミット『エンバー EbI レギュラー』

無駄を省いたUL系ダウンシュラフ

ジッパーやフード、背中の生地をなくした、3シーズン使えるダウンシュラフです。大きく空いた背中部分はマットをなかに入れて使用することで、就寝時に潰れてしまう背中部分のダウンを無駄にしない構造になっています。下部は絞り具合を調節できるようになっており、暑い時期は開放して使うことができます。

また、このタイプのシュラフは、緊急時にブーツを履いたまま座って緊急野営するのにも便利です。アルプスの夏山限定登山や、 ファストアンドライト系ハイカー(スピードと軽量に特化したハイカー)におすすめの一品です。

別売りの『ウルトラSILスタッフサック XS』を使用すれば、約14×27cmで収納することができます。

Tooge『冬用ダウンシュラフ』

Tooge寝袋冬用ダウンシュラフ【最低温度-25℃】二代目防水保温2個連結丸洗いコンパクト収納袋付き登山防災登山(右開き,オレンジ,2.3kgダウン(-25℃~10℃)) Tooge寝袋冬用ダウンシュラフ【最低温度-25℃】二代目防水保温2個連結丸洗いコンパクト収納袋付き登山防災登山(右開き,オレンジ,2.3kgダウン(-25℃~10℃)) Tooge寝袋冬用ダウンシュラフ【最低温度-25℃】二代目防水保温2個連結丸洗いコンパクト収納袋付き登山防災登山(右開き,オレンジ,2.3kgダウン(-25℃~10℃)) Tooge寝袋冬用ダウンシュラフ【最低温度-25℃】二代目防水保温2個連結丸洗いコンパクト収納袋付き登山防災登山(右開き,オレンジ,2.3kgダウン(-25℃~10℃)) Tooge寝袋冬用ダウンシュラフ【最低温度-25℃】二代目防水保温2個連結丸洗いコンパクト収納袋付き登山防災登山(右開き,オレンジ,2.3kgダウン(-25℃~10℃)) Tooge寝袋冬用ダウンシュラフ【最低温度-25℃】二代目防水保温2個連結丸洗いコンパクト収納袋付き登山防災登山(右開き,オレンジ,2.3kgダウン(-25℃~10℃)) Tooge寝袋冬用ダウンシュラフ【最低温度-25℃】二代目防水保温2個連結丸洗いコンパクト収納袋付き登山防災登山(右開き,オレンジ,2.3kgダウン(-25℃~10℃))
出典:Amazon この商品を見るview item

厳しい寒さにも対応した冬用シュラフ

最低使用温度マイナス25℃と、厳しい寒さのなかでもあたたかさをたもてるのが特徴です。ふたつ連結したり、開いてレジャーシートのように使うこともできます。羽毛の封入量が多いぶん少し重たいので、登山に慣れている人や車で行ける場所で使う場合には重宝するでしょう。

収納袋を標準搭載し、持ち運び用にハンドルがついています。

LMR『高級ダウン寝袋』

高級ダウン寝袋マミー型コンパクト収納寝袋シュラフ登山アウトドア防災用避難用防水[最低使用温度-15度](ブラック[右開き]) 高級ダウン寝袋マミー型コンパクト収納寝袋シュラフ登山アウトドア防災用避難用防水[最低使用温度-15度](ブラック[右開き]) 高級ダウン寝袋マミー型コンパクト収納寝袋シュラフ登山アウトドア防災用避難用防水[最低使用温度-15度](ブラック[右開き]) 高級ダウン寝袋マミー型コンパクト収納寝袋シュラフ登山アウトドア防災用避難用防水[最低使用温度-15度](ブラック[右開き]) 高級ダウン寝袋マミー型コンパクト収納寝袋シュラフ登山アウトドア防災用避難用防水[最低使用温度-15度](ブラック[右開き]) 高級ダウン寝袋マミー型コンパクト収納寝袋シュラフ登山アウトドア防災用避難用防水[最低使用温度-15度](ブラック[右開き]) 高級ダウン寝袋マミー型コンパクト収納寝袋シュラフ登山アウトドア防災用避難用防水[最低使用温度-15度](ブラック[右開き])
出典:Amazon この商品を見るview item
マミー形状で外部の冷気をしっかりと遮断

身体にぴったりと密着して、中の熱を逃がさないマミー形状。マイナス15℃まで対応しているので、極寒の冬山にも対応できます。

冬山登山モデルのなかでも、比較的価格がリーズナブルなのもうれしいところ。登山ビギナーの方でも購入を検討しやすいのではないでしょうか。エアークッションが付属しているので、枕代わりに使えるのも便利です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
モンベル『アルパインダウンハガー800 #2』
ナンガ『オーロラライト350DX(レギュラー)』
ナンガ『ラバイマバッグW(600STD)』
イスカ『ダウンプラスチロルX』
タケモ『スリーピングバッグ 5』
シートゥーサミット『エンバー EbI レギュラー』
Tooge『冬用ダウンシュラフ』
LMR『高級ダウン寝袋』
商品名 モンベル『アルパインダウンハガー800 #2』 ナンガ『オーロラライト350DX(レギュラー)』 ナンガ『ラバイマバッグW(600STD)』 イスカ『ダウンプラスチロルX』 タケモ『スリーピングバッグ 5』 シートゥーサミット『エンバー EbI レギュラー』 Tooge『冬用ダウンシュラフ』 LMR『高級ダウン寝袋』
商品情報
特徴 厳しい寒さに対応した独自構造のシュラフ 国産に拘った3シーズンシュラフ 子どもと三人で寝られるゆったりサイズ 計算されたダウンの配分が秀逸 春から秋まで使える! 保温性の高いシュラフ 無駄を省いたUL系ダウンシュラフ 厳しい寒さにも対応した冬用シュラフ マミー形状で外部の冷気をしっかりと遮断
タイプ マミー型 マミー型 封筒型 マミー型 マミー型 マミー型 封筒型 マミー型
素材 ダウン ダウン ダウン ダウン、ポリエステル ダウン、ポリエステル 750+フィルパワー90/10ULTRA-DRYプレミアムダックダウン ダウン ダウン
重さ 733g、759g(スタッフバッグ含む) 750g 1,600g 620g 約960g 415g 2,300g 約1600g
カラー サンフラワー レッド、ゴールド、ブルー ブラウン フレッシュグリーン ブラウン - オレンジ、ブルー ブルー、レッド、ブラック
対応シーズン 3シーズン - 春~秋 夏、春、秋 春、夏、秋、冬
サイズ 適応身長183cmまで 長さ210×幅80cm 幅140×長さ233cm 長さ205×幅74.5cm 全長205cm 対応身長:179cmまで 80×210cm 約長さ210cm×幅80cm
収納時のサイズ 16×32cm 直径13×高さ25cm 25×40cm 直径13×高さ24cm 17×34cm 約14×27cm ※別売りスタッフサック使用時 25×45cm 約直径30×高さ20cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山用寝袋の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山用寝袋の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:寝袋・シュラフランキング
楽天市場:寝袋・シュラフランキング
Yahoo!ショッピング:アウトドア 寝袋、シュラフランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

登山用寝袋(シュラフ)に関するQ&A

question icon寝袋の上手なたたみ方

answer icon

寝袋を収納するときのポイントは、中綿の素材によってことなります。しかし、どちらも大切なのは空気を抜きながら小さくすることです。

ダウンは、足元から収納袋に押し込んで空気を抜きながら入れます。キッチリ折りたたんでしまうと内部の綿がかたよってしまうので、ややふんわりとたたむことがポイントです。

一方化学繊維は、体重をかけてたたむのがおすすめです。まず縦半分に折りたたみ、さらにまんなかで半分に折ります。空気を抜きながらかたく巻いていくと、きれいに収納できます。

question icon使用後のお手入れ方法

answer icon

寝袋はひんぱんに洗うといたんでしまうので、なん回か使ったあとや汚れたとき、しばらく使わないときには洗濯するのがおすすめです。

丸洗いできるタイプなら洗濯機で、そうでないタイプでも手洗いができます。手洗いするさいは洗濯表示を見て、水の温度などを事前にチェック。中綿がダウンならダウン用洗剤、化学繊維なら中性洗剤を使ってやさしく洗いましょう。

また、干し方も大事なポイントです。直射日光は生地や中綿をいためる原因になりますので、陰干しで乾かしましょう。生乾きだとダニやにおいの原因になりますので、十分に乾かしてくださいね。

【関連記事】その他のアウトドア用品をチェック

価格は大きさと重さに比例する

バイクライター

ダウンの寝袋(シェルフ)のおすすめ商品はいかがでしたでしょうか?

ダウンの寝袋は価格に比例してコンパクトになり、軽くなる傾向があります。

移動の際に重さや大きさが問題にならないような、バイクや自動車での使用がメインの場合、リーズナブルな価格の寝袋で十分な場合があります。

一方で、長期間の登山や冬山の場合、それなりの値段の寝袋でないと性能が十分ではない場合もあります。

価格と性能のバランスをよく考えて寝袋を選んでください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部