Ffd62fe6 d548 48e4 a633 3e022557e39f

エキスパート

マイナビおすすめナビの「エキスパート」は、おすすめする内容について幅広い知識・知見をもち、おすすめする商品の選び方と、特定の商品をおすすめする理由を、シンプルに、感覚的なものではなく論理的に、ユーザーから見て公平に説明します。


2006年より料理、掃除、雑貨、住宅などのジャンルで執筆している。夫と二人暮らし。
道具オタクで、家にあるほぼすべての道具について、使い勝手とその道具のストーリーを語れる。
趣味は山登り。登るのはもちろん、山道具の奥深さを追求するのもライフワークとなっている。

『旅行読売』編集記者を経て2002年独立。旅と温泉と地域活性をテーマに年200日取材。旅美人SPECIAL編集長、温泉ソムリエアンバサダー、銭湯検定3級。テレビ東京『ソロモン流』『厳選いい宿』出演後、旅のコメンテーターとしても活躍。

鹿児島県出身。Cake 所属。
ファッション誌、美容雑誌のヘアメイクを中心に、
アパレルブランドのヴィジュアル撮影や、広告制作等に多数参加。

自転車業界新聞の記者や自転車専門誌の編集などを経てフリーランスへ転向。
自転車・育児用品を中心に、「親子が快適に楽しくできる移動手段」について取材を行う。
各誌に寄稿するほか、TV等でコメンテーターとして登場する機会も多い。

白物家電のレビューを行う家電プロレビュアー。雑誌やWEBメディア、テレビなどで幅広く活躍中。
2018年より家電をレビューするためだけの一軒家タイプ「家電ラボ」を開設。
小物家電だけでなく、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電もテストしている。
また、自身でも「家電blog」を運営する。

(一社)日本化粧品検定協会代表理事、 東京農業大学 食香粧化学科 客員准教授
サイエンティスト(工学(化学科)修士)としての科学的視点から美容、コスメを評価できるスぺシャリスト「コスメコンシェルジュ」。その知見から各種の雑誌やメディアで新作コスメの評価を担当。著書9冊、累計30万部を突破。

1973年生まれ。大学在学中にライターデビュー。現在はデジタル&家電ライターとしてパソコンからデジタルガジェット、AV機器、白物家電全般を専門分野として執筆活動を展開。得意分野は調理家電。寄稿先はモノ雑誌を中心で、ファッション誌、ニュースサイト、そしてメーカーのwebサイト、オウンドメディアなど多岐にわたる。AllAboutガイドも勤める。執筆以外に企業へのアドバイスやコンサルティングなども行う。

年間300万PVを超える人気ブログ「フムフムハック」の編集長。
文房具を中心に“読んでフムフム・ワクワクする”コンテンツを発信。
雑誌やWEBで文具ライターとしても活躍中。
「NIKKEI STYLE」にて文具の連載が新スタート

1959年生まれ。早生まれであるため、1958年に誕生した日本最初の即席麺である日清チキンラーメンの同級生という、生まれながらにして即席麺との因果を感じさせる国内きっての即席麺研究家。

大学時代の下宿生活でインスタントラーメン人生がはじまり、趣味として始めたパッケージ収集を皮切りに、即席麺愛に目覚め、1995年にはテレビ東京で放映されていた伝説の番組『TVチャンピオン』の『インスタント麺通選手権』で見事優勝。この優勝を機に、即席麺に関わる仕事が急増し現在の地位を確立する。

家電業界専門誌の編集長を経て独立、家電製品専門のフリーペーパー「カデンプラス」を発行しながら、フリーランスのライターとしても活動中。日々、家電製品と格闘している。

家電量販店業界にも精通し、家電流通のウラのウラまで知り尽くしている。趣味はフォークギーター、アニメ、登山、ゴルフ。

カレー・スパイス料理研究家。新潟県出身。

家庭科教諭免許保持。カレーは年間800食。スパイス料理及びレトルトカレーは3000食以上を研究。『カレー研究会』主宰。スパイス料理教室『Spice Life』主宰。 様々な飲食店の料理人を経て現在は下北沢『般°若』顧問。企業向けのメニュー、レシピ、商品開発等。

全国のカレーイベント出演、プロデュース、店舗、ホテルメニュー等のコンサルタントも行う。

TBS『マツコの知らない世界』、レギュラー番組『カレー放浪記』他、各種メディア、雑誌出演多数。日本最大のグルメエンタメグループ『食べあるキング』カレー担当。

自作レトルトカレー『あしたのカレー』を発売半年で5万食のヒットとなる。

自己プロデュースのカレーパンは日本カレーパン協会にて全国No.1に選ばれる。

グルメサイトRetty 連載有り。

家事代行サービス会社「ベアーズ」の取締役副社長。

キッズからシニアまで暮らしの向上を研究し、家事のスペシャリストとして各種メディアで活躍。日用品をアレンジした多彩なアイディアグッズを駆使し、効率的な家事のノウハウを紹介。

2015年には家事の知識をスクーリングやオンラインで学べる家事大学を設立するほか、様々な家事指導を務め、2016年放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)で家事監修を担当した。

著書に「いま『使える時間』×キレイにしたい『場所』で選ぶ 楽ラク掃除の基本」(学研プラス)、「No.1家事代行『ベアーズ』式 楽ラクうちごはん」(世界文化社) がある。

テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力、食事マナーの発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を国内外に伝えている。

フィールドワークを信条とし、全国の酒蔵や田んぼに300回以上足を運ぶ。

酒蔵ツアーや日本文化×日本酒のコラボイベント、様々な国籍の料理×日本酒のマリアージュイベントなどの企画・主催をはじめ、日本酒・焼酎コラム連載、全国各地での講演、セミナー講師、トークショー、ファシリテーター、イベント司会多数。モルディブ、香港など海外でも日本酒セミナー講師を務める。日本酒、梅酒のコンテスト審査員も毎年務める。
Club Gastronomic Sake主宰。日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。
日本酒蔵ツーリズム推進協議会 民間委員。

10歳の頃から神保町やまんだらけに通い詰めジャンプ作品からトキワ荘・大泉サロン作家まで読み漁っていた生粋の漫画愛好家。

少年青年少女漫画から BL・百合まであらゆるジャンルを愛する。漫画 を読むのは呼吸と同じ。

自分を育ててくれた漫画文化に少しでも恩返しすべく、日々様々な作品の布教活動を行うマンガサロン『トリガー』の店長を務めたマンガソムリエ。

大学卒業後、専門紙記者を経てカメラ雑誌など紙媒体の編集者を歴任。
15年以上、編集者として経験を積み、2017年フリーライターに転身。
現在はWeb媒体を中心に企画から取材、撮影、編集などマルチに活動中。
得意ジャンルはカメラ・写真、ガジェット全般。
著作に『「ボカロP」になる本』(工学社・ペンネーム「タック二階堂」名義)がある。

飲食業に携わって20年。カフェ経営の経験を活かし、現在は店舗経営サポート業、大手カフェスクールや展示会などでの講演活動、執筆活動を行なっている。

著書には、『ひとりではじめるこだわりカフェ塾(セルバ出版)』がある。また、カフェメニューの創作も得意で、「家庭にあるものでプロの味」がモットー。1974年生まれ/京都出身。

学生時代に栄養学を学び、製菓会社・食品会社のフードコーディネーターを経て独立する。
現在は書籍・WEB・企業などのレシピ考案やフードスタイリングを中心に活動する。
美味しい料理を作るため食材選びからこだわり、普段から居心地のよいキッチン作りや、効率よく仕事をするため機能性に優れた調理道具えらびを心がけている。

埼玉県出身。4人の子育て中のワーキングママ。
学生のころから美味しいものに目覚め、管理栄養士と料理講師の二足のわらじで、栄養相談・メニュー開発、講演会活動、フードコーディネートまで様々なジャンルで活動中。
趣味は家庭菜園と子どもが喜ぶ満足度の高い公園探し。

日本ではアパレル業を経て、雑貨のバイイング、雑貨と食品の商品企画に従事。現在はフランス在住。
和食レシピをフランス語で、フランスで学んだレシピを日本語で紹介したレシピブログ "La bonne poire -ラフランスの台所-"のブロガー。
その他、不定期料理アトリエの主催、パリを中心とした情報サイト パリエトワのライター。

日本化粧品検定1級を持つコスメコンシェルジュです。

化粧品・健康食品を扱う美容部員として勤務後、コスメコンシェルジュとして美容コラムの作成や情報サイトの監修、化粧品会社様の社内向けテキスト作成など幅広く活動しています。

大切にしているのは「消費者目線でものを考えること」。美容部員時代に培ったカウンセリング経験をもとに、読者のニーズに合うグッズを見極め、みなさんに良い情報をお届けします。

食物学専攻の学生時代から行ってきた料理研究と食関連雑誌記者としての経験を生かして、食品メーカーや飲食店などにレシピ提供やメニューアドバイスを行う。

また料理好きはもちろんそうでない人にも料理をもっと楽しんでほしいと、多くの飲食店や料理人を取材した中で知った「家庭でも使えるプロの技」や「プロが愛用する食品や器具の魅力」をライターとして紹介中。

プライベートでも食材や食まわりの品のネット買いが趣味を通りこしてもはや生き甲斐。

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。

現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。

趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

家庭用ミシン専門店としてインターネット販売の他、全国23店舗を運営する日本ミシンサービス株式会社で長年問合せ兼ソーイングアドバイザーを担当、運営するサイト内では動画でも商品の説明をしています。

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。

日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。

デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。

KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

個々の体質を根本から改善し、内側から美しくなれる食事法を普及すべく「日本体質改善協会(JPCIA)」を設立。

オンラインによる個別指導の他、パーソナルジムやエステサロンと提携し、体質改善を目的とする食事指導を行う。

また、各種メディアにて食にまつわる美容・健康情報や今日から取り入れられる簡単ダイエット・体質改善メソッドを発信している。

フードアナリスト協会主催・食の親善大使「第4回食のなでしこ」グランプリ受賞。

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。

日本橋三越の洋酒担当を経て、ワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培う。
2016年に日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を取得。
その後、家族の仕事の都合で高知県に転居し、現在は高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけている。
2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

趣味は旅行、ドライブ、料理など。

「自分と家族が死なないための防災対策」のポイントをロジックで解説するフリーの専門家。

地震対策や感染症パンデミック対策などの自然災害から、銃火器を使わないゾンビ対策まで、堅い防災をやわらかく伝える分かりやすく実践的なアドバイスに定評があり、講演・執筆・コンサルティング・メディア出演など実績多数。1982年、静岡県生まれ。

全国47都道府県はもちろん、世界20カ国以上のレストランに着物で行きグルメ誌に連載中。

食の専門家としてテレビ出演多数。年間700軒以上は食べ歩き、星付きレストランからコンビニ・デパ地下・ご当地グルメ・お取り寄せ品など、食に関して幅広い知識を持つ。

お取り寄せ大手サイト楽天ROOMのオフィシャルユーザーで、フォロワー数は62万人以上(2019年2月現在)。農林水産省で食料・農業・農村政策審議会委員もつとめ、国内外で活躍中。

ライター歴20年。メーカーの新製品発表会に参加して最新の情報を取り入れ、専門家としての知見に主婦目線を織り交ぜた記事を執筆する。

近年は特に、家事効率を高め、暮らしを快適にしてくれる家電の取り入れ方を研究中。

また美容家電にも目がなく、毎日様々な美容家電を試しては、使用感や実感を紹介する体験レポも多数行っている。

ナチュラルフード&スイーツカフェ ORIDO吉祥寺オーナー。

雑誌、広告、WEBサイトなどで、素材感、空気感のあるスタイリングと実生活に根付いた提案が人気。

講演会、料理教室、ケータリング、カフェとあらゆるシチュエーションで野菜たっぷりのおいしくて体に優しい料理を伝えるべく活動中。

関西を拠点に、フードスタイリング/テーブルコーディネート/レシピ開発/コラム執筆/イベント企画など、料理と食空間に関わる分野で幅広く活動中。

同時に、イギリス・デンマークで暮らし現地レストランの厨房で働いた経験を活かし、自宅で外国人向け料理教室を運営。

ブラジャー研究家・下着研究家・作家。

新しいジャンルを切り拓いた女性に贈られるキャリアクリエイト部門で日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2005」受賞。

消費者の立場で活動している。新聞・雑誌・講演・テレビ出演多数。著書に『ブラの本。』(サンマーク出版)『着るだけダイエット』(東邦出版)ほか多数。

また、2014年に足の怪我をしたことがきっかけで足と靴の研究を始める。フットケアの専門スクールに通い、フットケアアドバイザーとシューフィット、中敷き調整の技術を身につける。
その後、靴工房と靴専門店にて経験を積み、現在「足と靴のカウンセラー」としても活動中。

文化、飲食、メディア、ガジェット、雑貨、伝統芸能など、娯楽全般をフィールドに雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、講演などで活動する。

文具系、カバンなどの装身具、お茶、やかん、ガジェット、小説、落語などに関する著書もある。テレビ「マツコの知らない世界」ではボールペンの人、「嵐にしやがれ」ではシステム手帳の人として出演。

2004年、ミネラルウォーター専門店「アクアストア」の立ち上げと同時にイタリアにてアクアソムリエの資格を取得。2008年より、アクアソムリエを養成するミネラルウォーターの専門スクール「アクアデミア」を開校し、校長に就任するとともに、「アクアストア」のディレクターとしても活動。ミネラルウォーターの正しい知識・情報の普及のために、セミナーや講演、企業へのコンサルティング業務などを行っており、海外からもセミナーの講師として招聘されている。

国内外12000人のお酒ラヴァーを率いる一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通称:SAKE女の会)代表理事。

「SAKE女=お酒でおもてなしができる人」として日本産酒のPRと応援をする。

愛好家向けイベントやセミナーの他、飲食店や宿泊施設向け売上向上支援も。著書も多くエッセイストとしても人気。この道30年のお酒のプロ。

20代前半より古着ショップを経てファッション業界に入る。

数社の国内アパレル企業で勤務した後、ファッションスタイリストに転身。

タレントのテレビ出演時のスタイリングや広告、CMのスタイリングを数多く手掛ける。

現在は商業ファッションスタイリストと一般の方のコーディネートをするパーソナルスタイリストとを兼務している。

「捨てる」こと以上に大切なのは、ずっと使い続けられるモノを「選ぶ」こと。
維持しやすい環境を作ること”という思いのもと、一般家庭から企業までのサポートをしています。

岐阜県多治見市と愛知県東海市のコミュニティエフエムでラジオパーソナリティとしても活動。

2009年渡米。ジュリアード音楽院、マネス音楽院で研鑽を積む。

室内楽、ミュージカル伴奏、教会奏楽などを手がける傍ら、約150名、25カ国の異なるルーツを持つ国際色豊かな生徒を指導。

2018年春に拠点を東京に移し、音楽教室『epiphany piano studio(エピファニーピアノスタジオ)』をスタート。レッスンの詳細・お問い合わせはHPまで。

またライターとして、ウェブメディアを中心にファッション、トレンド、ビューティ、フェミニズムなどを働く女性に向けて執筆中。

お取り寄せのおいしさ、楽しさにはまりにはまって、お取り寄せ歴はかれこれ10年以上。

お取り寄せ数は1000以上。2008年に立ち上げたお取り寄せのレビューブログ「お取り寄せ白書」では、たくさんの写真と共に私の赤裸々なお取り寄せ生活を綴っています。

お取り寄せのすばらしさを皆さんと共有できればと思っています。

表参道のサロンにて店長/ディレクターを経て、月島・勝どきエリアにヘアサロン「sugar.c」をオープン。

サロンワークを中心に、美容サイトでのヘアガイドや、商品開発・アンバサダーなど幅広く活躍中

お取り寄せ歴は20年以上。

料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。

自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

長年AM、FM局にてスタジオ、中継、収録ミキサーを経験し,モニタースピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンに精通している。

自身の仕事用ヘッドフォンは使いやすくするためにモディファイを加えている。

学校卒業後百貨店のエレベーターガール、商社の営業職に就き、2001年3月錠前師資格取得。

町の鍵屋さんではなく、トータル防犯アドバイザーを目指し、セキュリティ企業へ就職。

法人営業部の責任者を務める中、2002年10月 防犯設備士取得。

その後は、防犯ガラスメーカーに勤め、セキュリティ事業部長、そして、防犯アドバイザーとして、防犯診断や電話での相談受付、セミナーなど、幅広く活動を行う。

2005年5月独立。京師美佳セキュア・アーキテクトを設立し、2009年11月には、一般社団法人全国住宅等防犯設備技術適正評価監視機構理事に就任し、現在も、講演、テレビ、新聞、雑誌など、多方面で防犯の啓蒙活動を展開中。

1971年生まれ。茨城県出身。日本大学卒業後、立命館大学に進学。立命館大学在学中に運動生理学などを学び、その後、米国の栄養学修士課程を経る。

現在は、女性や高齢者向けの生活習慣病予防プログラムの開発、フィットネストレーナーの育成、生涯フィットネスに関する講演や運動指導などを行う。

健康管理士一般指導員、健康運動指導士、京都造形芸術大学非常勤講師。

大相撲の貴乃花親方との共同開発プログラム「シコアサイズ」を販売。

株式会社フィットネス・ゼロ代表取締役。パーソナル・フィットネススタジオ「コア・フォレスト」運営責任者。フルマラソン歴18年。ベストタイムは2 時間45 分01 秒。

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。

日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。

高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。

AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

大手住宅設備メーカー在籍時にインテリアコーディネーター資格を取得し、ショールームコーディネーターを経験。

ハウスメーカーに転職後、注文住宅の内装を100案件以上経験。2012年よりウェブを中心に内装インテリアやリフォーム、建築、不動産などウェブ記事のライティングを多数手がける。

1961年生まれ。東京都墨田区出身。

パソコン雑誌『ハッカー』編集長、『PC PLUS ONE』編集長を経て、フリーランスに。

小説『パッセンジャー』で河出書房から作家デビューし、40冊以上のパソコン、スマホ関係書籍を執筆。最近では自ら電子書籍の編集パブリッシュなども行っている。

使う側の視点で機能性に優れたキッチンツールを徹底的に吟味しセレクトするプロ。

その豊かな知識と経験談に、主婦だけでなく料理研究家やプロの料理人からの信頼も厚い。

道具の実験やお店の日常をつづったショップブログ「Aya’s Diary」が人気。

数少ない「調理道具の専門家」としてセミナー他雑誌やテレビでも引っ張りだこ。

メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。

AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。

また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。

出版社から独立後、計60近くのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。

設計事務所(株)木型屋のむすめの仕事部屋を経て、1998年に(有)エル・エル・プランニングを設立。

「ライフスタイルからインテリアをデザインする」という独自の発想と設計手法で、家具、カーテンなどのセ レクトから、造作家具やリフォームの設計まで、トータルなインテリア空間デザインを得意としている。

インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャーの資格を持つ。

お米もまともに炊けない料理オンチの状態から独学で華やか家庭料理・スイーツのプロに。
食事制限ゼロ、おいしい食事で−15kgのダイエットにも成功し、ファッション誌の読者モデルなどとしても活動中。

きれいとおいしいはつくれる”を活動テーマとし、料理教室「4step kitchen」を主宰。4stepで食卓がパッと華やぐお手軽レシピに定評がある。

料理教室を運営する傍ら、メディア出演・企業でのメニュー開発や食空間スタイリング・イベント講師・コラム執筆など幅広く活動中。

株式会社ハート・コード代表取締役。

整理収納コンサルタント、ハウスクリーニング技能士(国家資格)。

「部屋磨きは自分磨き・職場磨きはスタッフ磨きに通じる」をモットーに、2007年に独立。

家事代行・お片付けサービスの現場と豊富なセミナー講師の経験を活かして、多方面から広くお片づけや家事に悩める多くの方々を救うお手伝いをしている。

現場をよく知る家事・収納用品の説明ゲストとしてジュピターショップチャンネルに出演中、商品の企画、売り方の提案等にも携わっており、1日1億円以上の販売実績を複数回経験。

独立前は大手家電量販店での販売応援、新製品販売キャンペーン等の店頭販売支援代行業務を日本で初めて開始した会社に勤務。店頭販売をはじめ、スタッフ育成研修(製品知識・販売知識・接客方法・マナー)に関わり、販促物・ノベルティ作成の業務等も経験。

近年は、自身の2度の「生死の表裏一体」経験から身辺整理の大切さを痛感し、特にシニア向のサービスにも力を入れている。著書は『「片付けが苦手な子」が驚くほど変わる本』(青春出版)。

栄養士免許取得後、食品会社に勤務。プライベートブランド商品の開発過程に携わる。

その後、料理研究家のもとで修行後、栄養士、料理家として独立。

現在は、自身のスポーツ経験、栄養士の知識を活かし、 スポーツ専門学校でスポーツ栄養学の講師や、CM、書籍、雑誌、料理教室等を開き、多方面で活動中。

『はじめてでもカンタン!多肉植物の育て方・楽しみ方』(コスミック出版)では文を担当。『土作りで決まる!とびきりおいしい野菜の作り方』(ブティック社)『ベランダ菜園 おいしい野菜づくりのポイント70』(メイツ出版)では監修&執筆。

著書は『花とハーブのおまじない』(主婦の友社)(筆名:セレス)をはじめ、着物の植物文様を中心に執筆した『和のお守り文様366日』(PHP研究所)『開運!日本の伝統文様』(日本実業出版社)『日本の文様』(大和書房)など。

豪華客船飛鳥のクルーズ講師、園芸教室Ceresを主宰するほか、都内植木市の園芸相談員歴20年以上。また、産業安全保健エキスパート、理科支援員・コーディネーター・アドバイザーの経歴を活かし『生き物たちのひみつ』(NHK)などのキッズライターととしての顔も持つ。

映画、漫画、健康分野にも精通し各種ライティング実績があるほか、『愛犬の選び方・飼い方・健康管理(主婦の友)』では取材ライターとしての実績も! 現在に至るまでに飼育した生き物は、アリ、カイコ、カブトムシ、クワガタムシにはじまり、イヌ、ネコ、カメ、ヘビ、カメレオン、フトアゴオオトカゲ、メダカと多種多様、動物園の爬虫類館の植物管理経験も。植物はハーブを中心に、野菜、作物、多肉植物を栽培中。

現在、ハリネズミ達と生活中。『趣味の山野草』、エバーグリーンなどで連載執筆中。ハーブコーディネーター、植物文様研究家としても活動している。

DIYアドバイザーで3児の母。

埼玉県川口市にある『インテリア&カフェToiToiToi』店主。

DIYワークショップ講師、店舗や住宅のDIYプロデュース、内装リフォームなど。著書に『シェルフを作ろうはじめてのDIY』㈱パッチワーク通信社がある。

普段はランニング・かけっこなど「走り」を中心にトレーニング指導を行うトレーナー・コーチ活動を行っています。

日本スポーツ協会アスレティックトレーナーなど国内外の数多くのライセンスを保有しております。

現在も現役でトラック・フィールド競技に出場しており、選手としての自身の目線や大手スポーツ量販店での社員経験を活かして様々な商品の紹介をしていきたいと思っています。
また、スポーツ教室・健康運動教室・各種講演会などのご依頼もお請けしております。

エキゾチックアニマル専門獣医師の霍野(つるの)と言います。

えっ、エキゾチックアニマルって言葉知りませんか?ウサギやハムスター、インコやカメなどの犬猫以外のペットを指します。

1996年に日本初の専門病院である『エキゾチックペットクリニック』を開業しました。

症例数は月に400件を越しています。他にもエキゾチックアニマルのセミナーも企画し、沢山の医療や飼育の書籍を執筆しています。

ウサギのNPO団体『日本コンパニオンラビット協会』代表としても、2019年から活動をしています。エキゾチックアニマルに関することは勿論のこと、ご縁を感じた方がいましたら、いつでもお声かけてください。

和装・和婚、オリジナルウエディングパーティープロデュースを手掛ける株式会社和装美の代表をつとめ、その他広告.TV.CM等では、和装・和婚の監修やディレクションもこなす。

和装のマナーや知識の講座を学生向けに特別授業プログラムで担当。プロ向けには知識マナーも含めた和装撮影の見え方等のセミナー業も担当。

企業との和装が入るイベント運営も技術含め担当し、和装の専門家としての活動もこなす。

一般社団法人和装美やまとなでしこ協会では代表理事をつとめ、着物好きと遊んで楽しむイベントを通して着物産業の発展に貢献する事も掲げて活動。

着物を学びたい人、着物で仕事をしたい人へは和装プロデューサーとしての立場から、技術面のみならず接客、撮影スタイリストなどもカバーできる講座を開講。

和装業界の働く環境と待遇も変えていく事も協会の掲げる理念の1つとしている。趣味で着物を楽しみたい人と働きたい人が一緒に活動できる協会の着物二ストも募集中。着物二ストは登録無料です。

整理収納アドバイザー1級、色彩検定2級。

個人宅の整理収納サポート(お片付け)を中心に、整理収納に関するセミナー講師、Web記事も多数執筆中。

「暮らしを整え、人生を豊かにする」Classy Life代表。雑誌のレポーターとしても活動し、生活を楽しくする情報を発信。子どもがいても、狭いマンションでも、スッキリと美しい暮らしを目指しています。

紅茶はワインと同じように産地により香りや味が異なり、楽しむ器の形状によって風味も変化しますが、まだまだ知識の普及が進んでおらず「紅茶」とひとくくりにされてしまうことが多い飲みものです。

飲む紅茶、文化としての紅茶、皆さまが自分好みの紅茶を探すお手伝いが出来れば嬉しいです。

「片付けなくてもいい住まいの収納計画」DRAWER DESIGN坂口愛です。

日々の片付けに追われることがない住まいと暮らしのアイデアを探求し「幸せな笑顔・夢の実現」をコンセプトに独自のロジックによる「必ず片付く数の法則」「片づけなくてもいい住まいの収納計画」を提案。保有資格は整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーター・ライフスタイルプランナーを保有。 住まいづくりと経験を活かした暮らしに彩を与えるエッセンスをお伝えしています。セミナー講演、収納モデルルーム設計など、全国にて活動中。

RiE

営業職をしていた時に、通っていたスポーツクラブでヨガに出会う。
ヨガをした後の心と身体の変化に魅了され、ヨガの魅力を伝えていく仕事がしたいと思い資格を取得。
その後、ヨガ講師としてヨガインストラクター養成講座を担当、全国にインストラクターを輩出。

現在はフリーヨガインストラクターとして横浜・都内を中心に活動。
フィジカル面にアプローチしたヨガではなく、マッサージを受けているような癒しのクラスが好評。

大学病院、未熟児センター勤務後、自身の結婚、出産後地域に出て年間250~300件の赤ちゃん訪問を行いながら健診業務や母親学級などを行う。

アロマセラピストの知識を生かしながら母と子のナチュラルケアブランドAMOMAの商品開発、WELEDAのプレママセミナーなどを行う。

妊娠中~乳幼児の育児相談が得意。世田谷区立産後ケアセンターでボディーケアの責任者。

整理収納作業をはじめ、キッチンショールームでの収納コーディネート、収納セミナー講師、企業の収納コンサルタントなど幅広く活躍。

喋る仕事もしていることから、収納セミナーは分かりやすく聞きやすいと好評。また、お片づけが好きになる!「収納ラベル」もプロデュースしている。

最新機能系から駄雑貨系おもちゃ文具まで、なんでも使い倒してレビューする文房具ライター。

極端な悪筆と工作下手がコンプレックスゆえに自分を助けてくれる便利な文房具を探し求め続けており、その活動の結果得られた情報を雑誌・WEBなどの媒体で公開している。

文房具に関する著書多数。近著には『この10年でいちばん重要な文房具はこれだ決定会議』(共著 スモール出版)がある。

幼少の頃からお菓子作りが好きで、大学卒業後菓子店で修業すると同時に国内外のお菓子を食べ歩き、次第にフランスの素朴な地方菓子や伝統的なお菓子に惹かれるようになる。

現在はそんなフランス菓子の素朴な魅力を伝えるべく実習形式のお菓子教室や食のイベントを主宰する他、メディアでの情報発信を行っている。

共著書『フランスの素朴な地方菓子』(マイナビ出版)では118のフランス地方菓子の歴史や由来を紹介している。

インポートブランドのショップスタッフ時、ディスプレー、販売等を担当。

結婚退職後、子どもの頃から興味があった、「色」について専門的に学ぶ。
現在は、カラーコーディネーター、イメージコンサルタント、カラーセラピストとして、カラーコーディネーターの育成や、企業、地方自治体等が主催するファッションセミナーや研修などを精力的に行っている。

また、整理収納アドバイザー・照明コンサルタントの視点も交えた、快適で心地よい住空間をつくるインテリアカラーセミナーも好評である。

色彩心理や効果を活かし健康で快適な暮らしをデザインします。
癒しの空間や医療施設、ホテルやハイエンドなデザイン、海外最新トレンドに精通。展示会の演出・コーディネート。メディア出。講演、セミナー、スタッフトレーニング。英語対応も可能。

日本IBM研究所、世界2位広告代理店グレイ・インターナショナルでメディアプラ二ング。スワロフスキーでブランディングを実施。英国やスイスに修学しレマン湖畔の邸宅も手掛ける。

日本初の小規模多機能高齢者住宅の開発や、厚生省の助成事業で色彩やインテリアによる効果を検証に携わる。Color Design Firm代表として多義の製品やインテリアデザイン、製品のカラーデザインやコンサルティングを手掛ける。メディア出演執筆多数。

ネイルサロンを経営する傍ら講師として未来のネイリストを育てている。高校生と中学生の子供を持つママさんネイリスト。

神戸出身。アメリカなどでパーティ料理やオーガニックを学び、2002年に「菜々食CookingClass」を主宰。卒業生による教室開設やカフェ開業実績も多数。

企業向けのオリジナルレシピ開発を行う「レシピ制作専門スタジオ」では料理部門の代表として、料理動画のメニュー監修、タイアップ企画レシピ、連載レシピコンテンツ、飲食店のメニュー開発などに従事。また、大の蕎麦好きでもあり、蕎麦に関するグループも運営中。

インテリアコーディネーター・雑貨コーディネーターとして、個人邸・マンションの内・外装、マンションのスケルトン・インフィルのプラン、マンションのモデルルーム、住宅メーカーのモデルハウス、TVスタジオのスタイリスト、TVCM・カタログ製作撮影スタイリスト、商空間デザイン等のデザイン関係、キャリアアップスクール・大学での講師。

フラワー・ガーデンデザイナーとして、ウェディング、ガーデンデザインを手掛ける。

スーパーなど手に入りやすい食材で、簡単美味しい節約・時短レシピを得意とする。
誰でも簡単に作れる体にもお財布にも優しいメニューは、主婦や忙しい女性から絶大なる支持を得ている。

テレビ、雑誌でのレシピ提供、年間500食以上の食べ比べ、家電キッチンツールの検証、企業向けの料理講師など幅広く活躍中。また、混ぜるだけの味噌作り講座を主催し、体に優しい味噌の美味しさを広めている。

早稲田大学第一文学部心理学科卒。在学中のゼミテーマでヨガ・瞑想・マインドフルネスに出会う。就職後、自身の卵巣機能不全という不調をきっかけに、心と身体の両面から癒すことのできるヨガに魅了されハワイマウイ島にて全米ヨガアライアンス認定講師資格を取得。

ヨガの深い癒しと心身の変化に感動し、その素敵な時間を多くの方と共有したいと考え、”身近に・手軽に・誰でも”できる出張ヨガスタイルのLovePranaYogaを立ち上げました。

現在は、講師養成講座にも力を入れると同時にホットヨガスタジオプロデューサーとして多くの会員様と日々ヨガしいます。

養成講座においては、マンツーマン~少人数でじっかりお一人お一人と向き合い受講生のペースに合わせてレッスンを行います。「ヨガを深めたい方」「本格的にヨガの講師としてスタートしたい方」など、それぞれの境遇に合わせてサポート。また、ブログカスタマイズやビジネス講座で「好きなヨガを仕事としてスタート」させるためのサポートに力を入れています。

平成27年4月~祖父の診療所跡地にFUTABA BAKERYをオープン。

パンの試食により1か月に6kg太ったのを、グラノーラによってバランスの良い食事に改善、体重減少した経験と代々町医者の娘ということもあり「食で健康を届けたい」とグラノーラ製造と研究をスタート。

日本初のグラノーラ研究家として、毎日飽きずに美味しく続けられ、朝ごはんだけではなく無限の可能性を秘めたグラノーラの研究・開発・メニュー提案を行っている。

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。

その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

注文住宅、リフォーム会社のインテリアコーディネーター歴13年。現在は新築住宅のモデルルームを担当。

食空間コーディネーター向けのスクール食空間プロジェクトでは、テーブルコーディネートのみならず、上級カジュアルを日常に取り入れ、「私でも出来そう!」と続けられるおもてなしや、インテリアのテクニックを提供している。

小学校教師を経て、大手ベビー用品メーカーで商品企画担当として勤務。
手がけた商品は業界でも注目され「グッドデザイン賞金賞」を受賞。
その後ベビー用品のカタログ誌のバイヤー職など、トータル約20年ベビー業界で勤務。

メーカー・流通・メディアという立場でベビー用品を見てきたから分かる商品の本質と、自身の子育て経験を活かし、ベビーグッズ・コンシェルジュとして、ベビーグッズに関する中立で適切なアドバイスをしています。

誤った商品知識や知識不足のために生じてしまう赤ちゃんの事故を減らすとともに、不安を抱えながら孤立した環境で育児をしているママ達に対しサポートしています。

料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを作る、はじめるためのライフスタイル提案を行う。

流行や思い込みにとらわれずに、無理なく持続可能で快適な自分らしい暮らしづくりを応援。著書に『ひとり暮らしの季節ごよみ』(祥伝社)、監修本に『頑張らなくても素敵に暮らせる「夜だけ家事」で快適シンプル生活(双葉社)』『人生が整う家事の習慣(西東社)』など多数。 簡単&時短料理が学べる『料理教室つづくらす食堂』主宰。

京都大学農学部卒業、京都大学大学院農学研究科修了。

京都大学農学部昆虫学研究室で農業害虫コナガを研究、殺虫剤メーカーでゴキブリベイト剤の開発に携わった後、富山医科薬科大学大学院医学系研究科に在籍し、蚊の誘引に関する研究で医学博士号を取得。

害虫防除技術研究所を2001年に設立。害虫駆除会社にて、ゴキブリ、ネズミ、ハチ、蚊などの害虫・害獣駆除に従事し、有限会社モストップを2003年に設立。

蚊をはじめとする害虫忌避剤、蚊捕獲器の評価試験や、出版、各メディアへの情報提供を行っている。著書に「蚊の対策がわかる 蚊の教科書」「蚊のチェックポイント71」、共著に「蚊のはなし」などがある。

1997年より年間約1500件、20年間にわたって累計、30,000件にも及ぶお部屋の片づけと掃除に携わってきました。
「片付けられない」悩みに寄り添う「片付けサポート」にたくさんのご依頼をいただいています。
『勝間式汚部屋脱出プログラム』の書籍にも紹介されました。

人物撮影を得意とし、フリーのカメラマンとして「ブライダル」や「企業HP用の撮影」を中心に「選挙ポスター」「ダンス」など多彩なジャンルを撮影。女優でモデルの中別府葵や、ロアッソ熊本のスタジアムDJスガッシュをモデルにポートレート作品の制作等も行う。2017年、ラフォーレ原宿の「くまモンコレクション in LAFORET MUSEUM」内で熊本の日常を切り取った作品を展示販売した。

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院を2006年に開業。得意分野は皮膚病です。2019年4月より皮膚科と内科中心の病院を目指していきます。飼い主さまのお話をしっかり伺い、飼い主さまと協力し合いながら治療を進めていくように心がけています。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

2008年より収納スタイリストとして活動を開始。片づけられない女だった過去の経験を活かし、「片づけはストレスフリー生きる近道」をモットーに、ざっくばらんに整理収納について説く。
働く女性・妻・母の目線で行うライフスタイル提案が好評で、個人宅でのアドバイスから、メディア出演・講演など、テンポのいい分かりやすい言葉で女性の暮らしを全力サポート。
これまでに10000人以上に片づけをレクチャー。
また、これらの経験をいかし、オリジナル手帳「わたしの暮らし整理手帳」の出版・制作に携わる。
プライベートでは、ステップファミリーとなり、賃貸住宅に夫と4人の息子達と暮らす。
著書『なかなか捨てられない人ための鬼速片づけ』『ズボラさんのための片づけ大事典』など多数。

ガーデニングを中心にインテリア、旅行などの分野で活動。
「12ヶ月の寄せ植えレシピ(黒田健太郎著)」「庭と暮らせば(松田行弘著)」「カルチュラル・インテリア」「ブーケシャンペトル・ア・ラ・メゾン(斎藤由美著)」(以上グラフィック社)、「BULBOUS PLANTS(松田行弘著/パイインターナショナル)」などの書籍で撮影や取材・文などを担当。
日当たりの悪い極小ベランダでシェードガーデンづくりを楽しむベランダガーデナーでもある。
好きな植物はシダとサボテン。
撮影や執筆の傍ら、端切れの古布を使った雑貨づくり工房「イグラ・イ・コネツ(マケドニア語で針と糸の意味)」を立ち上げ、作品制作を進行中。

家具メーカー退職後、日本初となる一般家庭向け収納/インテリアコーディネートサービスをおこなうシーベックス・インテリアを開業。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどし、現在は優れた収納グッズや家具の発掘を続けている。著書に「捨てずに片づく9ステップ」(フォレスト出版)などがある。主夫として妻と二人の子供を育てながら、「収納はすべての家事の土台」という自らの考えを実践中。

1967年生。兵庫県西宮市出身。1991年に積水ハウス㈱に入社し、研究所(造園研究室)、マンション事業、本社設計部などを経験。現在は独立し、人と人、人と自然の繋がりを大切にし、毎日丁寧に暮らすことを提案する『庭暮らし研究所』を設立。奈良市で草屋根の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜をつくり、自給生活を送る。NHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」では、野菜づくり講師として8年間毎月出演。NHK出版WEBサイト「みんなの趣味の園芸」でブログ担当。著書に「現役サラリーマンの自給自足大作戦~菜園力で暮らしが変わる~」(家の光協会)が翻訳され台湾で発刊される。

「審食美眼(=食に対する審美眼)を磨き、彩りある食生活を」をモットーに、『審食美眼塾』を主宰する食のスペシャリスト。

専門は、味覚&食育。企業の商品開発、飲食店コンサル業務の傍ら、「味覚」に特化した新しい食育に取り組む。

特に、離乳期・幼児期から味覚を育てることを目的とした「子どもの味覚の育て方」講座は、毎回募集開始すぐに満席という予約のとれない講座として人気を博し、情熱と理論を携えた独自の視点での講座は、多くの父母から支持されている。

現在は、セミナー講師、保育施設給食監修をはじめ、各種メディアで活躍中。企業向けのセミナー・研修、大規模講演も大変好評である。

福岡出身。興奮すると博多弁が出てくる。お片付けとスッキリ空間とお掃除をこよなく愛する。

転勤族育ちで転勤族の妻となり多数の引っ越し経験からどんな暮らし方にもFITするシンプル収納が得意。

子供が生まれてモノが爆発的に増えてしまい、片づけられなかった経験をしてから、「片付け」を体系的に学ぶ。片付けのやり方、仕組みを作れば家は片付くという信念を持つ。

司会業の経験から「伝わる」片付けセミナーの講師や東京都内を中心としたお客様宅での整理収納サービスをしている。

日本を代表するパーソナルスタイリスト。“パーソナルスタイリング”を日本で一般化させ、カンヌ国際映画祭監督賞作品『パーソナルショッパー』PRに就任。

ファッションのスペシャリストとして、TBS『サタデープラス』日本テレビ『ズームイン!!サタデー』他NHK、テレビ東京など多くの人気TV番組に出演・番組監修を行う。

講演・トークショー・講師のオファーは常に殺到。大手企業広告のスタイリング実績として『ハリウッド化粧品』『JR東日本』他多数。小学館、学研などが運営する有名媒体や、ニッセン、マルイなどファッション系公式サイトにて、執筆家としても活躍。数多く連載を担当している。

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。

ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

あそびとおもちゃを通して、こころとからだを伸びやかに育むお手伝いをしています。

おもちゃコンサルタントとして、また、音あそびおはなしあそびのパフォーマーとして、全国各地で活動中。

ほかにも、親と子のふれあいを育むタッチ、からだ遊び・わらべうた遊び、手作りおもちゃの会など、コンテンツはさまざまですが、大事にしているのは、「たのしい」「きもちいい」「だいすき」の時間をシェアして、日々のくらしにハッピーをプラスすること。

子どもの頃から環境に関心を持ち続け、英語学校の広報を勤めるかたわらライター活動をスタートし、2008年にエコライター・エディター・翻訳家として独立。環境に関する雑誌やWebサイトでの取材(写真撮影含む)、執筆、翻訳などをおこなっている。エコ関連でも、特に得意としている分野はエコグッズやエコ家事。新聞やWebサイトでキッチン雑貨を含む、様々なエコグッズを紹介してきた。私生活では2009年生まれの娘と2012年生まれの息子の二児の母でもある。

IT・ビジネス関連のライターで、キャリアは21年目です。

デジタルガジェットからウェブサービス、コンシューマー製品からエンタープライズ製品まで幅広く手掛けている。

ネット詐欺被害を防ぐNPO法人DLISの代表理事を務め、国内3店舗・海外1店舗に展開する飲食業やウイスキー販売会社も経営しており、デジタル好きと経営者の両方の目線で製品やサービスを紹介するのが得意。

ラッピングとフラワーデザインのオフィスにてスタッフ、講師を勤めた後、『Round*R(ラウンド*アール) 』主宰。

「ルシードフラワー協会」認定講師。

「花」や「紙」を使った雑貨、アクセサリー販売、メーカーとのコラボ、ブライダル、ディスプレイ作品を中心に著書や雑誌、TVなど幅広い分野で活動。

2004年の著書では「おし花かるた」を制作し、現在「切り紙かるた」を制作中。

SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。

アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。

サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。

同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

日本の風土、知恵、歴史が生み出した日本酒の魅力や楽しみ方を、より多くの人に広めるため、訪日外国人へのプライベート日本酒体験、外国人・日本人向け日本酒にまつわるセミナーやイベントの企画を行っている。

外国人のプライベート日本酒体験では、これまでに30か国以上から300人余りをお迎えしている。

日々の生活でも、カンパイは日本酒、スキンケアは日本酒と酒粕で、そして朝晩の甘酒を欠かさない。

アウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」の店主。

雑誌などのアウトドア系メディアで活躍中。幅広いアウトドア経験と知識を持ち、元プロダクトデザイナーという経歴を生かしてコトやモノをプロデュースしている。調理人でもあるので燻製やダッチオーブン料理などにも造詣が深い。

学生時代からさまざまなタイプの学習塾で講師経験を積む。
大学卒業後、大手進学塾に入社。生徒の授業アンケートで全講師中1位に輝く。
大手予備校へ転職後、シンガポールへ赴任。その後、初の20代校長として香港に赴任。
「やる気」を引き出す指導法で生徒の成績が向上。赴任初年度にして校舎史上最高の合格実績を出す。
国内外において指導した生徒は2000人を超える。
現在は東京の大手進学塾に所属。授業を担当するほか、講師の指導研修、保護者セミナーを行う。
また、教育書や参考書の執筆、講演の仕事に携わる。

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。

1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。
1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。
1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。

月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。

また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

大学卒業後、文具好きが高じて雑貨店に就職し文房具売り場担当となる。
現在は、商品企画、売場企画、文房具の紹介、コラム執筆、企業コンサルティングなどの活動を行っている。

著書に『毎日が楽しくなる きらめき文房具』(KADOKAWA)『文具に恋して。』(洋泉社)『仕事が効率化する ビジネス文具』(ポプラ社)

1992年栃木県黒磯市にあるアニマル・ファンスィアーズ・クラブへ就職し、佐良直美先生に師事。

5年間ケンネルマネージメント及び動物の健康管理や基礎獣医学を学びながら、仔犬から成犬まで数々の犬のトレーニングを行い、同クラブにて一般飼い主の為の家庭犬しつけ教室チーフインストラクター、コンサルタント、及び通訳をつとめる。

独立後も多くのしつけ教室や出張トレーニングを通して年間300組以上の飼い主指導を行なっている。

神奈川県藤沢市にてパップスフレンズを主宰。パピークラスから個人カウンセリング、そして競技レベルまで幅広く指導する傍ら、複数の専門学校にて後進の育成に励んでいる。海外講師が来日した際には通訳を務める。また、自身も多くのワークショップやセミナーへ参加し、常に新しい情報と知識を習得しながら国内外の専門家とのネットワークを広げている。

トレーニング方法はモチベーショナルメソッドを基本とし、26年前から導入しているクリッカーを使ったシェーピングとルアー、そして認定を受けているTタッチのメソッドも取り入れ、多方面から人と犬のストレスレスでハッピーな生活のお手伝いを行なっている。

NADOI(米国愛犬しつけインストラクター協会)公認インストラクター、AADT(英国&米国ドッグトレーニング)公認トレーナー、UKRCB(英国犬行動学者協会)公認トレーナー、優良家庭犬普及協会常任、優良家庭犬認定試験公認ジャッジ、Tタッチ認定プラクティショナー。

青山学院大学卒業後、出版社で雑誌・書籍の編集に携わったのち独立。

犬の訓練をドッグトレーニングサロンで学びながら、愛玩動物飼養管理士1級、ペット栄養管理士の資格を取得。

著書に「ドッグ・セレクションベスト200」、「室内犬の気持ちがわかる本」(ともに日本文芸社)、「犬からの素敵な贈りもの」(出版社:インフォレスト) など。愛犬はオーストラリアン・ラブラドゥードル。

23歳のとき、当時世界に250人ほどしかいない「酒匠(さかしょう)」というテイスティングの資格を取得。

日本酒専門webメディア立ち上げに参画した後、DeNAに入社。その後、創業メンバーとしてスタートアップにジョイン。

現在は、カナダにて酒造りとセールスを行っている。日本酒のプロとして、これまでの経験を生かして日本酒の魅力を世界に伝えている。

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。
アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。
その後、数々のレコーディングに携わる。
2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。
以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

パソコンやインターネットサービスを初心者向けに解説する書籍や記事を執筆。他にもサイエンス一般について雑誌やニュースサイトで執筆。

著書に『おもしろ遺伝子の氏名と使命』(オーム社)、『遺伝子「超」入門』(パンダ・パブリッシング)、編集協力に『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科学を学ぶ』(朝日新聞出版)、『ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか』(高橋祥子著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。また、腸内細菌検査サービス「マイキンソー」のオウンドメディア「Mykinsoラボ」の編集長も務める。

日本映画学校(現日本映画大学)卒。在学中に脚本家の桂千穂氏、高山由紀子氏に師事してシナリオを学ぶ。

日本シナリオ作家協会会員。2015年に劇場公開された『かぐらめ』(武田梨奈、大杉漣、筒井真理子ほか)は、第39回モントリオール世界映画祭、第24回セントルイス国際映画祭に公式ノミネート。また、各地のシナリオ教室で講師を務め、精力的に脚本の技術と魅力を伝えている。

暮らし、ライフスタイルを主なテーマとするコラムニスト。

日々の暮らしから生まれるコラム、忙しくてもゆるりと楽しく暮らすためのアイデア、時短レシピ、生き方のアドバイスは男女問わず幅広い世代から支持を集めている。

新聞社のトレンド分析委員として、新商品や話題の家電、生活用品などのヒット予測、使用分析にも強い。「願い事手帖の作り方」「スープジャーレシピ」など著書多数。

フランスの星付きレストラン、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に。
科学的に料理を考えて、狙った通りの料理を作るレシピ作りの達人。
低温調理など調理理論と最新機器やキッチングッズに精通。
2010年より毎月30品~50品の食品や調味料を実食検証し、キッチングッズなども頻繁に検証する。
フレンチ・イタリアン・アメリカ料理・唐揚げ・肉のスペシャリスト。

ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」チーズ&ワイン講師。

英仏語講師歴20年以上。語学留学以来フランスのチーズとワインの魅力の虜となり以降ワインとチーズの資格を取得し ワイン&チーズ講師としても活動を続けています。近年は国内の生産者の動向にも注目し応援しています。

文房具トークユニット「ブング・ジャム」のメンバー。
文房具ユーザーとして数多くの文房具に触れ、その便利さを世に伝えたいと切望する。
筆記具と紙、その周辺の文房具を中心としたパーソナル文具全般に興味がある。
コレクターではないので所有点数は多くないが、文房具は買ったら必ず試す。

3人の男の子を育てながら、建設コンサルタントで働くワーキングマザー。

暮らしをダウンサイジングする生き方や、心地よいシンプルな暮らしを綴ったブログ「cozy-nest 小さく整う暮らし」で多くの読者の支持を得ている。

主婦雑誌で度々取材を受け、講演活動も行う。
初著書に『3人子持ち働く母のモノを減らして家事や家計をラクにする方法』(KADOKAWA)が大人気。

「食事は手作りが基本」「家はいつもスッキリ整えたい」というこだわりは叶えながら、平日朝の家事は1時間、夜も1時間という合理的に行う家事の手法を著書『3人子持ち働く母の「追われない家事」』(KADOKAWA)にて具体的に紹介。

株式会社ティアラジャパン代表。高級輸入住宅・輸入キッチンに精通。

オーダーキッチン設計・商品開発・PRに従事。手がけた高級住宅物件は全国3,000件以上、業界歴30余年の豊富な経験と専門性の高い知識に基づいたご提案に定評あり。高級マンションや高級注文住宅のリフォームアドバイザーとして活躍中。

モダンクラシックなインテリアコーディネートや、世界にひとつのオーダーキッチンのデザイン設計から、施工会社・ハウスメーカー選びのお手伝いまで、「ビューティーインテリア」で、高級リフォームプロジェクトを成功へと導いております。

暮らしにまつわるあらゆるサービスを行う「クラシング」代表。

整理収納コンサルタント、ルームコーディネーター、片づけ遊び指導士として全国で活動中。

活動内容にはセミナー講師、プロモーション動画やTV出演、物件スタイリング、フォトスタイリング、ワークショップ講師、イベント企画、コラム執筆、インフルエンサー、雑貨店経営などがある。

2012年から始めたインテリアブログからメディア露出が増え2015年より現在の活動へ。「NHKあさイチ」「はなまるマーケット」などにTV出演、地元局の番組レギュラーも務めた経験あり。

リメイク本、収納本などの書籍3冊を出版。第2弾書籍は発行3万部を超え、インテリア誌、情報誌へは100冊を超える掲載実績がある。SNS総フォロワーは13万人を超えている。

2人の子供はすでに独立しており、現在夫と2人暮らし。来春小学生になる孫を含め4人の孫がいる。

学生時代の一人暮らしをきっかけに、SNSで朝ごはんの投稿を始めました。

鍼灸師として働きながら、健やかに丁寧に生きる豊かな暮らしと、健康づくりについて考えています。

影響を受けたのは、街の開業医に嫁ぎ「健康とは」と考え続けた祖母の健やかな暮らしの知恵。

衣食住に必要なすべてのものに歴史や風土の影響があり、物の本質を見抜けるようになりなさいという教えを大切にしています。

平成26年「日本の暮らし」をテーマに三星舎を立ち上げ、健やかな生活に欠かせない商品作りを始めました。

美味しくて身体に良い食べ物、調理道具、器など「家庭料理」にまつわる歴史や文化に興味を持っています。

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。

ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。

最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。

また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

IT関連の書籍、雑誌、Webコンテンツ等の編集・執筆に携わる。

著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter 安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)、 『今すぐ使えるかんたんFC2ブログ 超入門』(技術評論社)など。

徳島県の家具メーカーにて木製家具の製造に携わり、機械加工、仕上げ、組み立て、塗装など木工全般と家具製造ノウハウを培いました。

その後東京では業界新業態の体験型DIYショップで店長として勤務。店頭ではお客様の相談に乗りつつ、一人一人にぴったりのDIY用品を提案してきました。

同時にDIYレッスンの企画と講師を行い、日本のDIY文化発展のために努めてきました。

現在は大学のデザイン学部の助手として大学内工房に在中し、
学生に対しデザインやモノづくりの手法などを主に教えています。

エンターティナーを目指して福岡から上京。紆余曲折ありエンターテイメントの舞台を実演販売の売り場に移行。

お掃除用品を取り扱った事をキッカケに、現在は「お掃除プリンス」として、お掃除雑学/お掃除テクニック/発明お掃除等を武器に独自のスタイルで活動。

「三度の飯より掃除好き貴方のハートをハウスクリーニング」から始まる自己紹介がある。著書に「お掃除プリンス石ちゃんの簡単お掃除テク300」がある。

中小企業庁 ミラサポ専門家派遣 登録専門家。

ITサポートエンジニアとして2002年に創業しこれまでに数多くのサポート実績があります。

オーダーPCの製作をはじめ、コンピューター端末・周辺機器などのハードウェア、IT環境保守が専門です。

個人、事業所問わず提案型技術アドバイザーとしてIT環境のリプレース、リペアを数多く成功させています。

メディアへの記事監修協力、IT記事寄稿なども行っています。

自転車専門誌やウェブサイトなどで活動する自転車専門のライター。

ロードバイクやサイクルパーツ、サイクルアパレル、自転車用デジタルデバイスなどのインプレッション記事、トレーニング系の記事、ロングライドの実走レポートなどを得意とする。

執筆活動の傍ら、Jエリートツアーの選手としてロードレースやタイムトライアル、ヒルクライムなど幅広いレースに参戦。

自転車版の耐久レース・エンデューロも好きでよく出場している。

結婚後かねてから大好きだったお菓子・パンの研究をスタート。

専門書を片手にお菓子を作り続け、パティシエの講習会にも参加し、独自のレシピを開発。1998年よりお菓子・パン・料理教室を主宰。

スィーツファンを集めて都内の有名パティスリー巡りやフランスへのスィーツツアーを定期的に開催する一方で、毎年フランスで研修を重ね、リッツエスコフィエやベルエコンセイユで本格的に学ぶ。

現地のパティシエやマダムからの取材をもとにプロのテクニックと家庭菓子への造詣を深める。著書多数。

2008年設立の中小企業専門のITコンサルタントです。

「ITで損する企業様を無くす」ことを目標に、企業様にノウハウが残るコンサルティングを行っており、本年で設立10年目を迎えました。

ハード、ソフト、ネットワーク、携帯電話、ウェブサイト構築・運営支援等々、ITに関わる様々なご要望にワンストップで対応させていただきます。

OLとしてなんら変わりない毎日を送っていたが、自分を見つめ直すきっかけがあり、自分探しをようとOLを辞め、数日後から兼ねてから興味のあったラッピングの勉強をし講師となる。

ラッピングに留まらずラッピング*ギフトコンサルタント、カラーアドバイザー、POP講師、フラワーデザイナーとして活躍。

TV・雑誌・新聞等で活躍する他、企業の商品などのプロデュース、百貨店・商業施設などのイベント運営 ショップアドバイザー等、そのフィールドは多岐に渡る。

ラッピングの技術以外にも人の心を自然と引き込む人柄から、九州では「ラッピングの魔術師」とメディアに紹介されラッピングやギフトに関する技術者の先駆け的存在となり、瞬く間に全国誌での単独インタビューにも掲載され、様々なアイディアやトーク力でセミナーでも人気の講師となり全国で活躍中。

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。

S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIプロジェクトでのレコーディング、ライブなどから、JAFのキャンペーン曲製作等、その活動の幅は多岐に渡る。

有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会委員。

祖母の影響で幼少より香水に魅了され、香りが心に届ける嗅覚感性の豊かさや日本人が実践しやすい使い方を提案し続けている。

フレグランスブランドや関連企業へ勤務ののち独立し、販売を伴わないサロンワークのオリジナルとして新製品や人気製品にとどまらず、纏う人のキャラクターやメッセージ性に寄り添う香水スタイリングを開始してフレグランスカウンセリングブーム先駆けとなる。

香水に対する情熱と親しみやすい内容が好評を得て、数々のメディア、百貨店や有名ブランドのイベントなども多数出演。

日本フレグランス協会(JFA)講師、日本調香技術普及協会(JSPT)事務局/理事。

漫画家でDJ。DJ漫画家。

DJとしてはオールヴァイナルのオールミックスDJとして様々なDJパーティーやイベントに出演。

漫画家&漫画編集者DJパーティー『DJ道』(渋谷オルガンバーにて不定期開催)、HR/HM DJパーティー『GRINDER』(渋谷Dimensionにて不定期開催)を主宰。

漫画家としては初心者からはじめるDJ漫画『DJ道』単行本が秋田書店チャンピオンREDコミックスで発売中。

リクルートのグルメwebサイト『メシ通』にてグルメDJ漫画『DJメシ』連載中。

1982年より㈱ワールドフォトプレス社の雑誌monoマガジン編集部へ。
1984年より同誌編集長。
2004年より同社編集局長。
2017年より同誌編集ディレクター。
その間、数々の雑誌を創刊。

FM cocoloへの情報提供、執筆・講演活動、大学講師、各自治体のアドバイザー、IDSデザインコンペティション審査委員長などを現在兼任中。

私が、こんなにもフルーツのとりこになったきっかけは、大田市場で仕入れたフルーツが本当に美味しく感動したことです。
こんなに美味しく感動するフルーツをもっといろいろな人に食べてもらいたい、伝えたいと思い、フルーツの勉強をしフルーツアドバイザーの資格をとりました。お客様へ美味しいフルーツを伝えるためにフルーツの知識を勉強していく中、フルーツはほかの食材にないすばらしい効能や、フルーツ自体のすばらしさを知りました。
フルーツを毎日食べるだけで、健康で元気に日々を暮らせていると実感しています。

■日本最大の青果市場「大田市場」勤務
■フルーツ定期宅配”果物の達人”バイヤー
■一般社団法人FRUIT LOVERS LIFE代表
■フルーツイベント主催「桃まつり」「苺まつり」「マンゴーまつり」「ぶどう・ワインまつり」

英語学習開始時、「副詞」と「形容詞」の区別がつかないレベルだったが日々勉強を続け、数ヶ月でTOEIC900点を突破。

その後、英検1級に合格。現在は私立高校英語教師。

コロラド大学大学院で日本語教育学を学び、2009年から外務省専門調査員としてシアトル日本国総領事館勤務。

趣味で立ち上げたコーヒーのトリビアをイラストで紹介する『I Love Coffee』が月間訪問者数60万人のサイトに成長しアメリカで書籍化される。
中国語、韓国語、ロシア語に翻訳出版されている。

日本語著書に『シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書』。
宝島社リンネルwebやTABI LABOでコーヒーコラム連載中。

日本では数少ないトレーナーとトリマーの二足の草鞋を履き、高齢犬のトリミングなどを積極的に行う。
また出張という飼い主さんとの近い関係性から病気予防や異変の早期発見、飼い主さんの悩み等、多方面から総合的なサポートし現在までに2万頭以上の犬と関わる。
「南極物語」「ハチ公物語」等日本の殆どの犬を題材とした映画のドッグトレーナー(宮 忠臣)を叔父に持ち幼い頃から犬と共に育つ。
元警視庁女性警察官。日本動物専門学校、専門学校日本動物21で専任講師を経て出張トリミンクグ&トレーニング「犬のMIRAI」(現Treasure)を起業。
保護支援活動やセミナー、ライター活動も精力的に行なっている。

ココロとカラダが元気になる食と生活のサロンを運営。

毎日作って毎日食べられるお料理、素材の味を大切にしたお料理、子どもと楽しめるお料理など、無理なく続けられるヘルシーでシンプルな食生活を提案している。

サロンにての料理教室の他、レシピ提案、開発、執筆、食・料理講習会講師など食に関わる仕事全体に携わっている。

また、生活を豊かにする生活雑貨・日用品など食と生活に関わる事項において幅広く活動している。

料理研究家・フードコーディネーター。井上食生活デザイン主催。

フランス料理学校への留学、料理研究家のアシスタントを務めたのち独立。ヨーロッパでの生活経験を活かし、各国の料理と食文化、家庭で楽しめる料理を伝えている。

料理指導を中心に雑誌、広告、企業へのレシピ提案、動画の料理製作など“食”に関する多様な分野で活動中。

一児の母、アスリートフードマイスターとしても食育にも取り組んでいる。

食品メーカーでの商品開発を経て、フードコーディネーター、栄養士として、料理教室の企画・運営、スタイリング・撮影、栄養カウンセリング、メニュー開発、商品開発、コラム執筆など、食にかかわる業務を手がける。

栄養バランスがよく、手軽に作れる家庭料理に定評がある。

別冊宝島「ザ・マンガ家」シリーズを企画・編集した後、『このマンガがすごい!』年度版の創刊メンバーに。

以降、漫画家インタビュー、漫画評論、漫画原作映画の劇場用プログラムなどを手掛けるほか、2019年には自身も漫画家デビュー。

80年代の音楽体験を描く『音楽とおじさん』を夕刊フジzakzakにて連載中。

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。

アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。

フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

ソフトウェア開発会社にてシステムエンジニア業務に従事、のちフリーランスライターに。

スマホ、パソコン、SNS、Webサービスなど、身近なITに関する記事を執筆。

初心者がつまずきやすいポイントをやさしく解説することに定評があり、入門書の著作は20冊を越える。

DTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオを中心に執筆するライター。

自身のブログサイトDTMステーションを運営するほか、インプレスのAV WatchでもDigital Audio Laboratoryを2001年より連載中。

「Cubase徹底操作ガイド」(リットーミュージック)、「ボーカロイド技術論」(ヤマハミュージックメディア)などの著書も多数ある。

趣味は太陽光発電、2004年より自宅の電気を太陽光発電で賄うほか、現在3つの発電所を運用する発電所長でもある。

眠りとお風呂の専門家・睡眠改善インストラクター・パーソナルボディトレーナー。

「美は自律神経を整えることから」を掲げ、生活習慣改善サロンFluraを開業。最新のデータ、研究をもとに、睡眠や入浴、運動など日々のルーティンを見直すことで美人をつくる『うっとり美容』を指導。

生活に合った無理のない実践的な指導が人気を呼び、のべにして約1700名もの女性の悩みを解決し、サロンは予約1年半待ち。

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。

1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。

さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。

写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

東京都生まれ。6歳でエルヴィス・プレスリーを聴き音楽ファンになる。

1960年代中期は渋谷、赤坂、六本木などの音楽スポットを遊び歩いて過ごす。

1970年代から文筆活動に入り、平凡パンチ、週刊プレイボーイ、ミュジックライフ、FMレコパル、週刊FMなど数多くの雑誌に執筆。また、FMラジオの制作フや音楽プロデューサーとしても活動を開始した。

1980年代からはラジオDJとしてもFM東京、ラジオ日本、NHK-FM,JFN、dateFM,FM COCOLOで番組を持つ。現在はbayFM「ライフスタイル・レシピ」のDJ。1990年代からオーディオ評論家としてもステレオサウンド、プロサウンド、月刊ステレオに執筆。

1986年、韓国生まれ。韓国アニメーション高校を卒業した後、2004年渡日。

京都精華大学・大学院でストーリーマンガを専攻し、2014年同大学院で芸術学博士号取得。現在、京都国際マンガ研究センター研究員。

物心ついた頃から作文や絵を描くことに興味があり、二つのことが同時に出来るマンガ家を目指すことになった。その後、マンガ研究にも目を向け、描き手、そして外国人としての視点を生かしつつマンガの視覚表現について研究している。専門は女性向けマンガ。

フランスとカナダ滞在経験から、海外におけるマンガの影響力を改めて実感し、現在は国際的な面でもマンガ研究を進めている。

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。

実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。

飲んだ日本のビールは4000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。ここでは日本に限らず、美味しいビールを紹介していきます。

1962年金沢市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。

愛犬ブラッキー(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)が5才のときに尿路結石症を患ったことがきっかけでペット・ケア・アドバイザー(愛玩動物飼養管理士)1級資格を取得(2000年)。

コラムやラジオでのペット・ケア・アドバイスのほか、駒澤大学総合教育研究部日本文化部門で「非言語コミュニケーション」の非常勤講師(授業終了)を務め、小型犬向けの犬のしつけ教室では11年間で約1,000匹の犬のしつけに携わる。

先代犬ブラッキーが12才のとき変形性脊椎症にかかり下半身不随状態に。
その後、2年半の完全介護生活を送り犬の介護の厳しさを経験(2007年 永眠)。

2010年よりトイ・プードルの小夏と暮らす。

2014年、ドッグライフカウンセラーの資格を取得。
犬のしつけは犬を自分に服従させたり制御して調教するのではなく、犬の意識を育てて考えるチカラを身につけさせることが大切と痛感。

座右の銘は「意識が変われば 景色が変わる」

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。

予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。

幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。

四輪駆動車専門誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて、登山紀行を連載中。

悩みは増え続ける山道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。生死がかかる登山用品だけに、「購入する時は値段に迷わされない」がモットー。

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。

学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。

個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。

現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

木質プレハブ系大手住宅メーカー営業職出身。

主に住まい・暮らしまわりの記事を専門に執筆して約20年。企画、広告等多様な業務に携わる。

TBS系『マツコの知らない世界』に1000種類の掃除グッズを試した主婦として出演。

プライベートでは三女の母。

学生時代より教育・保育の現場でアルバイト・ボランティア経験を積み、大学卒業後は大手化粧品会社にて総合職勤務するも長男の出産を機に退職。

その後ブログ執筆歴15年とこれまでの知識を活かし、ライターとしてWebを中心に毎月5つ以上のメディアでレギュラーとして主婦・ママ向け記事、美容・ファッション記事、保育企業でのコラムを執筆する。

女性や子どもが「知っていたらもう少しだけ幸せになれるような+αの情報」を伝えるべく、日々情報発信中。

2018年 株式会社RingBerryを設立。チャイルドボディセラピスト1級・第一種幼稚園教諭免許を取得している。

有名サロン『HAIR DIMENSION』でカリスマ美容師として活躍する傍ら、タレントやモデルのヘアメイクとして10年活動。

その後、ヘアメイク事務所『ROI hair & make』に移籍しヘアメイクアップアーティストとして7年間活動。

2017年に独立。

数多くの女性誌やCM、広告など多方面で活躍する人気ヘアメイクアップアーティスト。さまざまなタイプの「可愛い」や「綺麗」を引き出す幅広いテクニックで、女優やモデルから圧倒的な支持を得ている。

元小学校家庭科教諭のよしママです。

子どものハウスダストアレルギーをきっかけに掃除にはまりました。根っからのケチで追求しだすととまらない性格を生かして^^掃除、洗濯、節約ネタをブログで発信しています。よろしくお願いします。

アスレティックトレーナー、ストレングス&コンディショニングトレーナーとして活躍。

アスリートのケガの復帰から、競技力向上まで、様々な知識と経験を駆使して、市民ランナーの指導を専門に行うJapanマラソンクラブを設立。

NHKBS「ラン×スマ」などで指導。著書「楽して走ろうフルマラソン」など多数執筆。(有)スポーツネットワークサービス代表

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。

アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。

アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。

『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

元 家電 Watch編集長、現BuzzFeedJapanでエディターをしています。
10年以上前から様々な家電に触れて、色々な記事を書いてきました。

新しいものが大好きで、自宅では常に最新の家電を使っています。2歳の息子がいる働く母でもあるので、使うことで時間を産む「時産家電」に特に注目しています。楽はしたいけど、食事や掃除はちゃんとしたい、そんな欲張りなニーズに応えてくれる家電を探求していきたいです。

大学卒業後、地元放送局にてリポーター・ディレクターとしてテレビ・ラジオの制作に携わる。

結婚を機に司書となり、公共図書館、大学図書館に勤務し経験を積む。

2016年、独立行政法人国立青少年教育振興機構 第2期絵本専門士に認定(福岡市初)。

2017年、NPOふくおかこどものこころサポート研究所参画、つくるみるかたるカンパニーepon参加。

現在は主に九州エリアを中心に、人と絵本をつなぐフリーランスの「えほんディレクター」として、各種絵本講座・文章執筆・メディア出演などの活動をしている。

熊本県出身、福岡県在住。1978年生まれ。7歳男児、4歳女児の2児の母。

高校の国語科教員、公共図書館や学校図書館等の司書を経て、現在フリーランス。

絵本専門士・ライターとして、執筆を中心に、絵本や図鑑・日本の伝統行事の紹介、絵本講座、作文・自由研究・季節の手紙のワークショップなどを行う。

メインテーマは、「ことば」「学び」「暮らし」。食欲・物欲系の記事の執筆も多数。

ハウスメーカーでリフォーム業務に携わった後、家具屋でコントラクト事業部を立ち上げる。店舗や住宅の家具を中心としたインテリア用品の卸から住宅店舗のリノベーション、シェアハウスやモデルルームのインテリアコーディネート、スタイリングまで幅広く業務を行う。

家具屋を退職後、インテリアスタイリスト として独立。
広告・カタログ、雑誌のインテリアスタイリングを中心に活動をしている。モデルルームなどのインテリアコーディネートやデコレーションなど空間演出も手がける。

​近年はインテリアに関するコラムなどの執筆、セミナー講師などの活動も行っている。インテリアスタイリング協会講師

大阪市出身、ライフワークが文具と旅行。

スイスアルプス4000m級をモレスキンと旅するなど、国内外を巡り旅の相棒として文房具が必要不可欠なツールと知り、両者の親和性を説く道を探求する毎日。

出版業界で20年勤務ののち、現在は文具や旅行などをテーマに雑誌・書籍・WEB等で執筆。

雑貨アーティスト、暮らしのリネン研究家、コピーライター、そして時にカメラマンやスタイリスト、エッセイストとして、広告や雑誌、テレビやWebなど様々なメディアのニーズに応える、クリエイター。

『アトリエ ペルメル』主宰。世界のリネンを巡る旅をライフワークに、リネンの歴史や現在のリネン産業についても造詣を深める。NHK『美の壷』テーマ「麻」に出演。

また、ワイヤーワークや木工、ソーイングなど様々な素材の作品をメディアやワークショップを通して発表している。

ベストセラー『7つの習慣』や人気漫画『キングダム』のボードゲームを開発。

世界のボードゲームのプロフェッショナルとして『マツコの知らない世界』をはじめとした様々なメディアで、ボードゲームをあまり知らない人にも楽しんでもらえる情報を提供。

最近では、好きだったボードゲームを仕事にした経験を活かし、「好きなことで生きていく」ことについての講演を企業や学校向けに行っている。

日本映画学校(現:日本映画大学)出身。神奈川県のミニシアター「アミューあつぎ映画.comシネマ」の元支配人。

映画.com、ハフポスト、リアルサウンド映画部、シネマズPLUS、FILMAGA、アニメ!アニメ!など、ウェブの様々なところで映画について書いています。

好きな映画監督はケン・ローチとアッバス・キアロスタミ。

大学生時代にコーヒーの面白さに目覚め、趣味が高じてブログを開設。

スペシャルティコーヒーの美味しさと面白さ、携わる人たちの情熱に感化され、2011年よりコーヒー業界入り。

2012年に雑誌:BRUTUSに掲載。2015年5月より猿田彦珈琲(株)入社、同6月、監修の「珈琲語辞典(誠文堂新光社)」刊行。自社のコーヒーの焙煎、社内のインテリジェンストレーニングに携わる。

文房具好きが集まる朝活コミュニティ:文房具朝食会@名古屋を主催するライター&ブロガー。

毎日朝6時にアップし続けるブログ『本と文房具とスグレモノ』は2009年開設。最新情報と素敵な文房具に特化して情報発信中。

『文房具屋さん大賞』で特別コメンテーターを務める日本でも有数の文房具通として知られている。

東海地区を中心に文房具をベースにした活動を精力的に展開。
愛知県岡崎市に在住。

1980年、和歌山県生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了、博士(学術)。
現在、京都精華大学国際マンガ研究センター研究員。

「文化生産の社会学」の視点から、社会関係としてのマンガ生産やマンガ家に対するまなざしの変遷に関心を持つ。

主な論文に「「マンガ」を描くことと「マンガ家」――職業としての「マンガ家」像をめぐって」(茨木正治編『マンガジャンル・スタディーズ』所収、臨川書店、2013年)、「マンガ生産の文化――社会的関係としてのマンガ生産が孕む「過剰さ」の意味」(大野道邦・小川伸彦編『文化の社会学――記憶・メディア・身体』所収、文理閣、2009年)など。その他、雑誌や新聞等でマンガに関するコラム・評論も執筆。

京都国際マンガミュージアム及び京都精華大学国際マンガ研究センターで研究員をしています。

研究内容はマンガ・アニメ・ゲーム作品、派生した文化が何故面白いのか?
をテーマに「人を感情移入させる表現・テクニック・システム」についてです。

実際にアニメ制作を行ったり、キャラクター商品の開発と販売、フィギュアの制作などもしていて、最近はコスプレもはじめました。

東京農業大学卒業後、デリ・レストランの商品開発を経て、保育園栄養士として乳幼児の食事作りや食育活動、地域の子育て支援事業に携わる。

2009年に独立し、小さなお子様から大人まで楽しめる季節の野菜料理とお菓子の教室「おいしい楽しい食時間」を開催。

自治体等の栄養講習会、離乳食教室、食育講座の講師のほか、雑誌・書籍・広告等のレシピ提供やスタイリングなど幅広く担当。著書多数。

住宅メーカー、インテリアショップ等の勤務経験を活かし、雑誌・テレビのDIY企画の監修や店舗内装デザイン、展示会のディスプレイ、WEBサイトのライターなど行っている。

DIYユニットTANOKのメンバーとしてイベントの企画・運営も担当。

インテリアとDIYのチカラで、住まいを心地よく、暮らしを楽しくするアドバイスをモットーにしている。

2018年NHK総合テレビ「あさイチ」「ごごナマ」出演。
著書に「初めてでも自分でできる 住まいの修繕とメンテナンス(成美堂出版」など。

ビールやパン、ワインなどの魅力にはまり、国内外のオイシイもの探しに足をのばし、胃袋を広げる毎日です。

日本パンコーディネーター協会認定パンコーディネーター、日本ビアジャーナリスト協会所属ビアジャーナリストとして日本ビアジャーナリスト協会HP、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)、世界22カ国158本のビールを紹介するe-MOOK『ビールがわかる本』(宝島社)、ビアエンタテインメントムック誌『ビアびより』(KADOKAWA)他執筆。

『ビール王国』では、ビールと料理のペアリングやビール列車などの記事を担当。日本パンコーディネーター協会主催世田谷パン大学でパンとビールのペアリング体験講座も実施。

東京渋谷の水草・観賞魚販売を中心とした店舗「sensuous」代表。

水草職人として、観賞魚業界を牽引するパイオニア的存在の一人。
独立後の2001年より水草を用いた作品を専門誌やインテリア誌に数多く発表しており、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に登場した海女カフェ水槽を始め多くのテレビ番組セットや企画展、各イベントなどでアクアリウム作品を手掛けている。

2016年6~7月にはEテレ「アクアリウムとテラリウム」の講師での出演、
2017年・18年では水草と観賞魚の企画展「グリーンアクアリウム展」でのディレクションを担当する。

都内専門学校(アクアリスト専攻)講師。観賞魚飼育管理士アドバンス・愛玩動物飼養管理士2級・ビオトープ計画管理士2級・ビオトープ施工管理士2級。著書「水草水槽のススメ」

香りの都、フランス・パリが本拠地にあるパフュマリースクール「アトリエ・アローム&パルファン・パリ」の認定講師、兼パルファンスタイリスト。

調香技術、香りのスタイリング技術や文化を習得、パーソナリティ診断を行った上で似合う香水を探し出すという、本来お持ちの美しさを引き出す香水選びを提案しています。

立教大学卒業経済学部後、メーカー系商社に営業として勤務。
のちに退職し、各料理家やスタイリストのアシスタントを経て独立。

フリーランスのフードスタイリストとしてレシピ考案やフードスタイリングをTV番組、CM、グラフィック、映画、雑誌、書籍など、フードスタイリストとしては珍しく動画からスチールまで幅広く手掛ける。

DIYアドバイザーを取得後、NHK「住まい自分流」の番組講師出演。
JAPAN DIY HOMECENTER SHOW:10回、日本ホビーショー:2回、イベントDIY講師:公民館・ホームセンター・小学校・生涯学習などで、DIY講師を行いDIY普及に貢献しています。

また、「快適住まい」をモットーに高齢者やお子様にやさしい住まいを提案しています。
最近特に注目の女性も取り組みやすいDIYも提案しています。
地域の防災アドバイザーをしています。

15歳よりモデルを始め、主に海外で活動、引退後転身。帰国後は、来日する海外芸能人のヘアメイクなどを担当。

モデル経験を活かし政治家、起業家、芸能人、ミスコン出場者(ファイナリスト・日本代表輩出)、企業、大学、地方自治体に、ヘアメイクやファッション、姿勢、ボディメイクなど「見た目に関する全ての教育とプロデュース」を手がける。

米国大学を卒業後国内外のTV番組ディレクターとして活動。

通訳翻訳者として活動する傍ら英語本を使った3ステップレッスンを考案提唱し英語教材の開発や提供。

企業などでのワークショップを行うと共に、教室・通信どちらでも学べる英語教室を主宰。

社会人の学び直しや日本在住・両親ともに日本人・日本の学校に通う普通の子供でも小学生の内に英検2級や中学生で準一級を目指す。

米国小学校でも副教材として使われている教材を採用。

フォニックス・ゲームなど超初心者向けから、英検準一級レベルまで、レベル別に対応した内容。

進度自由、出来る子はどんどん進み、ゆっくり学びたい子はじっくり自分のペースで学びながら、読み・書き・聞く・話すの四技能を効率よく伸ばせる指導を行っている。

2001年に犬のしつけ方教室などを行っている施設に弟子入り。

攻撃性の高い犬のトレーニングを得意とする。犬の胃袋掴んだら間違いなく犬に好かれる!と気が付き犬の食事に興味を持つ。仕事をしながら短大に通い栄養士を取得。

2005年、短大在籍中に福岡ECO動物海洋専門学校から依頼があり講師として「動物栄養学」などの授業を受け持つ。

同専門学校でドッグカフェゼミも担当し犬と人が同じ料理を食べられる!をコンセプトのペアレシピを実習形式で教える。

2015年より福岡市主催の「ドッグフードセミナー」を開催。福岡市民対象のセミナーにも関わらず市外からの参加者も来るなど好評を博す。

他にもカルチャースクールなどでの講師も行う。

個人向け手作り食のカウンセリング、ドッグフード開発、個人宅への手作り食の配膳。提供数はこれまで延べ1万食を突破。

基本的な食事からアレルギー改善食、犬と季節を味わう行事食の提案、老犬や病後の回復食などのアドバイスも行っている。

犬の心理学と栄養学を融合させた日本初の犬の心理栄養学®の生みの親で、現在は犬の心理栄養士の育成を推奨しています。

女性向けのアプローチを得意する女性中心のクリエイティブ会社「toomo(トーモ)」代表。ガジェット周辺が得意。

関連(親?)メーカー「cheero(チーロ)」で企画・プロモーションを手がけ、2012年にリリースした「ダンボーバッテリー」は、シリーズ累計350万台以上を売り上げるベストセラーに。

2016年、自社スマホケースブランド「RAKUNI(ラクニ)」を立ち上げヒットさせた。

その人気デザインは、多くのメディアで話題に。

自らも「flick!」「日経クロステック」などに連載を持ち、「FNNプライムニュース α」の海外テックイベントのレポーターを務めるなど、業界のオピニオン・リーダーとして著名。

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。
ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。

今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。
キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。
DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。

Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。

得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。

特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。

また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

1997年よりパリに渡り、翌年にパリを拠点とするパフューマリースクール 『アトリエ・アローム&パルファン・パリ』を設立。現在パリを活動拠点とし、香りに魅せられた同志たちと共に、パリと東京で、調香レッスンを開催中。ミッションは、香りの魅力を伝えること。

カルチャー誌や家電誌、モノ系雑誌にてライター・リサーチャーとして活躍。
大ヒットとなった家電のプロモーションや、ガジェット探しなど、仕事内容は多岐にわたる。
一般的な家電から、ちょっとマニアックなものまで「イイモノはとにかく買って試す!」がモットー。
現在子育て中で、キッズガジェットや知育玩具、花火などレジャーグッズは子どもと一緒に愉しんでレビューしています。

ブルータス、テッカブル、インプレス、ゲットナビ、モノマガジンなどで編集を行うモノ系ライター。

ファッションや家電のスペックだけでなく、ストーリーやブランド性まで加味して良い品を探すのが好き。

週6日の秋葉原・銀座ウォッチや、海外製品の調査まで、とにかく人よりいい品を探すのが大好き。(今まで購入した家電で家が1軒建つとか建たないとか。)

住宅メーカー、ゼネコン設計部、設計事務所等で約300棟の新築設計実績と女性としては希少な現場監督経験を生かしリフォーム物件も約70棟手がける。

住宅や暮らし方、環境整備をテーマに、これまで一般企業研修・公的機関・学校等にて講師としてこれまで述べ5000人以上を指導。

整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト資格認定講師として600名余の資格者認定。二級建築士やインテリアコーディネーターの受験指導も行っている。

趣味は手抜き。手抜きするための努力は惜しまない。
3人の子の母。A型・獅子座

心理学書籍出版の編集、地域づくり団体の企画広報、防災コンサル会社の主任コンサルタントを経て独立。

現在はフリーの防災ファシリテーターとして活動中。

防災を中心とした組織マネジメントについて、ファシリテーションを活用した研修・訓練などの人材育成や、実効性の高いマニュアル作成、教材開発など、組織対応力の総合的な強化を図る企画やプロジェクトを数多くこなしてきている。

年間300件以上のインタビューと執筆をこなすフリーインタビュアー。

最近では親子向けボードゲームの卸売会社の小間使いとして、鷹揚な社長のもとでボードゲームの裾野を拡げるために日々奮闘中。

普段はTHE-ALFEEと乃木坂46や日向坂46、ヤクルトスワローズをこよなく愛するのほほん系お気楽個人事業主。

コミュニティFMで担当中のインタビュー番組を二人芝居風にアレンジしたインタビュー本「めずらしごと」がAmazonにて好評販売中。

神奈川県、埼玉県の公立小学校に22年勤めた後、短大、大学での教員養成、保育者養成に移り、現在に至る。

現在は、大学での講義を中心に、保護者向けに子育て・教育、教員向けに授業方法・学級経営などのテーマで執筆、講演などに幅広く活躍中。

大手アパレルメーカーを退職後、パーソナルカラーコンサルタント、スタイリストとして独立。

お客様に合わせたバランスの取り方やファッションを楽しむコツを分かりやすくアドバイス。パーソナルカラー診断も会社員時代から仕事の中で関わっており実績と定評がある。

また、ファイナンシャルプランナーとしても活動しており、個人FP相談や投資初心者の女性に向けた「はじめての投資セミナー」を開催中。お金とファッションに興味のある女性に支持されている。

美容ライター、エイジング美容研究家と活動する42歳。
中3と小6の2人の子どもを持つ母でもある。

美容ライターとしてウェブ、雑誌にてコラムの執筆や記事監修を行う傍ら、コスメブランドなどの広告も手掛ける。

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャル・広告などに出演。

いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて美容全般に関わる情報を豊富な自己体験を元に発信中。

企業で働く傍ら、Webメディアでも活動している管理栄養士。

フードスペシャリストや薬膳コーディネーター、発酵食スペシャリストなど様々な資格を保有し、レシピ考案やコラム執筆、栄養アドバイスなどを行っています。

調理が得意で、レシピ考案・調理・スタイリング・撮影まで全てひとりで担当し、現在時短レシピや減塩レシピを連載中。

歯科医師免許取得後、横浜・京都の歯科医院にて10年ほど歯科医として勤務。現在は歯科分野を中心とした医療系Webライターとして活動中。

一般向けの情報記事や歯科医師の仕事・転職に関する記事などを執筆。
また歯科医院ホームページのコンテンツ内における文章作成や院内にて配布するニュースレターの作成も手掛ける。プライベートでは一児の母。

海釣りから川釣りまで魚種を問わず、関東地方のフィールドを釣り歩くフィッシングライター。

バスフィッシングのローカル大会に出場する現役トーナメンターである傍ら、様々な釣りメディアでの掲載記事多数。

本業の食品小売店副店長職を兼任しながら、取材を通した多ジャンルの体験記事・アイテム紹介など1次情報を発信中。

代表・畑耕平(ナレーター)ナレーションや楽曲、イラストなど幅広いクリエイターを抱え、様々な作品を手掛けている。]

テレビCM、ラジオ番組、カラオケ音源など実績は数千以上。声優を起用したボイスドラマ制作も多数実績あり。

ナレーターやギター、ボーカル講師も多数在籍。旅行会社HISのCMやBMWディーラーのCMなど、大手企業の案件も多数。

元NHK松山放送局キャスター。

現在は、アナウンサーとして司会やナレーションの他、コラムや記事のライティング、音声や映像コンテンツの製作や編集などを行っている。また、絵本セラピスト協会認定絵本セラピストとしても活動中。

得意ジャンルは特撮、アニメ、テレビドラマ、雑学系など、昭和から令和まで時代を問わず幅広く執筆。

雑誌「昭和40年男」、ねとらぼ、各種書評サイトなどの媒体で活動中。1966年生まれ。

さいたま市出身。通信社で経済記者などを経てフリー。ウルトラ検定2級。

1995年よりゴルフギアのクラフトマンとしての活動を開始。

クラブデザイナー、ツアープロコーチのもとでギアとスイングの相関性、その変化も学びながら「あなただけの14本」のための修理、調整、カスタムフィッチングに日々奔走している。

さらに、ファルコンまつばら氏主宰のJCMO(日本クラブMOIマッチング機構)において「3番アイアンがPWのように打ちやすくなる」クラブの振り心地を数値化して整える、クラブMOIマッチング専門店「ゴルフ工房ギアサポート」を営んでいる。

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。

その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。

また、輸入車専門の自動車メディア・カレントライフの編集長を務める。現在の愛車は、2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランと1970年式の古いドイツ車。妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

デジタル系トレンド情報誌の編集者を経て、フリーランスの編集ライターへ。

テレビやデジタルカメラ、スマートフォン、ドローンなどのデジタル製品を中心に執筆。
生活家電専門サイト『家電 Watch』の、編集記者でもある。

VANTANデザイン研究所卒業後、カメラアシスタントを経て独立。

都内にスタジオも構える。撮影分野は、主に芸能人や音楽アーティストをはじめとした著名人。また、ファッションブランドや、広告デザインなどの撮影も行っている。

定期的に撮影している媒体は、ライブドアニュースやBRUTUS、filmagaなどの専門媒体など。

慶應義塾大学SFC卒業。GQ、Safari、Penなどでファッションを紹介するフリーの編集者。

美しく、意匠が伝わるファッションを好み、国内外の新作情報を伝える。読者目線でファッションを選ぶ楽しさや、数多あるアイテムの中からドンズバ!な1着をお伝えしていきたい。

1995年に初めてMacを購入して以来、アップル製品に魅せられ続けているフリーライター兼フォトグラファー。現在は月6本以上のライブをこなすシンガーソングライターとしても活動している。

1996年よりMac用新着ソフト情報サイト「新しもの好きのダウンロード」を主宰。
1997年よりMac関連雑誌に毎月20本以上はMacやiOSアプリの紹介記事を執筆。

決して「アップル信者」というわけではなく、魅力的ではない製品を認めたり、他人に勧めたりしないという冷静沈着な面もある。

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。

キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

最新技術搭載のカッコいいグッズを見つけるとつい買ってしまう、IT系編集者。そんな性格ゆえに、いわゆる「人柱」経験多数。

そうした経験を生かして、スマホ、電子ガジェット、デジタル家電を中心にいいモノをおすすめしてまいります。

興味の対象はMacからVR、オーディオまでと幅広く、中でもスマホの端末はかれこれ500台以上をレビューなどで触ってきた編集者。

評価のポイントは、使いやすさやスペックだけでなく、作り手の思いが感じられるデバイスであること。

株式会社ハート・コード所属マネージャー
整理収納アドバイザー、クリンネスト2級認定講師

片付けが苦手で主婦として劣等感を感じる日々が続いていたが、整理収納アドバイザーの資格取得がきっかけで2014年から株式会社ハート・コード入社。家事代行、整理収納のプロとして実績を重ねる。

のべ800件以上のお宅にて掃除や片付けの現場を経験。現在も掃除やお片付けでお困りのお宅にて現場作業を行い、各家庭にあった効率良いお掃除方法や収納用品の提案も行っている。また同社マネージャーとしてお客様対応、スタッフ育成業務に携わる。大手住宅メーカー等で講師としても活躍中。

クリンネスト2級認定講座では自身の体験や現場経験を生かしお掃除の基本となる考え方の他、忙しい現代女性のお悩み解決のために仕事や育児と家事の両立を実現するお掃除方法をお伝えしている。

家電製品を中心にメーカーの製品発表会の取材や開発者インタビューなどを精力的に行い、各種媒体で記事を執筆。

子育て中の母として、自身も仕事と家庭生活 の両立に励む日々。最新家電の活用は、もはや趣味と実益を兼ねたライフワークに。

テクノロジーの恩恵で生み出された時間とお金は、積極的に趣味に投資することでリフレッシュして、明日への活力につなげるのがモットー。

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。

外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。

早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。

2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

日本清掃収納協会の清掃マイスター1級認定講師・片づけ収納マイスター1級認定講師。

WET特殊環境浄化媒技能士・生前整理アドバイザー・調理師免許 3000件以上の豊富な現場経験を活かし掃除コンサルト「そうじの女王」として各メディアに多数出演。

心が安らぐ片づけ術、身近な物を使った人と地球に優しい掃除術が評価され大手メーカー新商品の監修も務める。

2010年に、小さい頃から大好きだったお香の香りを身近に感じていたくてお香の世界へ入門する。
はじめてつくった手作りのお香の「雅で幽玄な香り」に魅せられ、その香りをたくさんの人に伝えたい!という思いがつのる。
お香の調合の専門家を養成している薫物屋香楽香司コースを経たのち「世界で一つ、自分だけの“お香”手作り講座」をスタート。
2016年には教授資格も取得し、現在は香司育成にも力を入れている。

また、幼少から大好きだった場所「お寺」での、「ヨガ×お香イベント」の開催をきっかけに、これまでに数々のお寺でのイベントも手掛け、幅広く活躍。
2014年7月には、お寺好きが高じ、名古屋市中村区にある願隆寺の坊守(ぼうもり)となり、2015年6月には、浄土真宗高田派の僧籍を取得する。2011年から「お香の作り方講座」を開催。2000人以上に教えている。

心地良い暮らしの土台となる整理収納の大切さを整理収納アドバイザー2級認定講座や自宅収納見学セミナーなどで伝えながら、住宅照明プランナーとしても15年、住まいのあかりからも快適な空間づくりをご提案しています。

誰もが心地良く暮らせる「笑顔あふれる住まいづくり」をコンセプトに
整理収納とインテリアからトータル的に心地良い住まい方を色々なカタチでお伝えしています。

また、ネコも人も心地良くなれる家を建てた自身の経験から家族やペットにも優しい気持ちになれる「思いやり収納」やインテリアとしても楽しめる照明術、ネコも楽しめる住まいづくりについてなど、インスタグラムでも日々情報を発信中♪

単行本「スッキリ心地よく暮す プロ5人のおウチ収納テク」をはじめ雑誌掲載多数、その他執筆、TV東京「なないろ日和!」出演など多方面で活動中。

長女出産後、「何でも一番になれる子に育てたい」と思い、情報収集する日々。
そんな時、「食べものはカラダだけじゃなくココロも作る」という言葉に衝撃を受け、まず身近な調味料から見直しをスタート。

自分が納得した調味料で子育てができていることに自信と余裕が生まれ、チカラを抜いて生活できるようになる。
その経験から、より自分らしく子育てできるママを増やしたい!と、調味料に特化して活動を開始。

現在は専門家として全国の調味料メーカー(145件)を訪ね見てきた経験をもとに、調味料の魅力を伝えている。

山梨県出身、愛知県在住。3女の母。

服飾の学校にてデザインと縫製を中心に、カラーや繊維など多岐に渡りファッションについて学ぶ。
アパレル業に10年従事し、5万人以上のスタイリングの経験を経て、2015年にパーソナルスタイリストとして独立。これまでの主な仕事に、産経新聞、朝時間.jp、主婦の友社での連載などがある。

著書「迷わないおしゃれ」WAVE出版や、累計300本を超えるコラムなど執筆業の他に店頭トークイベント・出版社でのセミナー・学校での講演なども行う。

ファッションのサービスではあるが「ファッションを通して新しい自分に出会うことで目標が見つけられた!」「何かにチャレンジしてみたいと思った!」などの感想が並ぶのが特徴。

ここ最近は女性性を高めるというところからアプローチしており、その結果
クライアントから「モテるようになった!」という声が多数寄せられている。

1973年、熊本県生まれ。
1995年リーガルコーポレーションに入社。企画部で靴の基礎を学ぶ。
1999年イタリアに渡ると、靴作りのマエストロ、カロジェロ・マンニーナ氏に弟子入りし、靴の原点を学ぶ。

帰国後、東京・練馬の江古田にて日本での靴作りをスタート。
2005年東京・銀座に「てつじ屋」をオープン。

人々の足と健康のために靴を科学し、身体にとって良い履物とは何かを追求し、今も木型を削り続ける。

「無理せず楽しくラクな暮らし」「シンプルで美しく使いやすい収納」をコンセプトに、暮らしに関する情報を日々発信しています。

整理収納・掃除・時短家事・防災備蓄・生前整理に関するセミナーを多数開催。

整理収納や個人宅収納サービスやwebメディアの記事執筆、本や雑誌の監修・撮影、モデルルームの収納提案や収納コーディネート、間取り提案まで幅広く活動中です。

高校生と中学生の男子2人のママ。

東京都板橋区の地酒専門店 若松屋酒店の三代目。

1982年、板橋区高島平生まれ。
2016年に約12年務めた会社を退職し、酒屋修行のため1年間全国の酒蔵を訪問。
2017年、実家である板橋区高島平の若松屋酒店に入社。

店頭での業務に加え、日本酒、焼酎の魅力を1人でも多くの方に知って欲しいとの想いで、ライター活動も行う。

唎酒師、焼酎唎酒師、酒匠、日本酒学講師、SAKE DIPLOMA。

広告・店舗装飾・アパレルブランドとのコラボなど幅広い分野で活動。
クライアントワークを中心に、手がけるすべてのイラストに独自のストーリーや背景を持たせた作品を制作している。
色鉛筆のみで緻密に塗り重ねた繊細なグラデーションと少し陰のある独特な世界観が特徴。
絵本作家としてスターバックスコーヒー「Drip Circus(ドリップサーカス)」、AR絵本「プリンセス・プーパックとナオ」を出版。

整理収納アドバイザー、クリンネスト、最強ムジラーとして、TV出演、ラジオ出演、執筆、企業商品開発、WEBライター、ESSE プラチナレポーターとして活動。
著書『とことん使える!無印良品』(講談社)
出演TV「スッキリ!」「コゴスマ」「ヒルナンデス」「ビビット」「ほんわかテレビ」

料理教室講師のほか、企業からの依頼でレシピ開発を多数行っている野菜ソムリエ。「作って楽しい、食べておいしい!」をモットーに、ちょっとしたコツでおいしく楽しく、そして体にもいい料理を得意とする。

料理研究家のアシスタントを経て、2013年にジュニア野菜ソムリエ(現 野菜ソムリエ)、2015年に野菜ソムリエ(現 野菜ソムリエプロ)の資格を取得。2017年日本野菜ソムリエ協会主催「サラダレシピコンテスト」優秀賞受賞。

大手料理教室にて6年間勤務。和洋中様々な料理人や料理家の助手を経て培った、豊富な経験や知識を強みに料理講師・フードコーディネーター として活動中。

少人数制レッスンから企業様向け大規模講座やキッズレッスン、大手百貨店様にてワークショップを手がけるなど幅広く活躍中です。誰でも手軽に美味しく見た目よく、時代に合わせた〝作り手目線のレシピ開発″が得意。笑顔いっぱいの幸せな食卓へ。

お料理教室『やまちゃんの幸せごはん』主催。

京都府舞鶴市生まれ。日本体育大学卒。SIA(日本プロスキー教師協会)教育部技術委員スノーボードデモコーチ。力学に基づいたスノーボード理論を2006年に構築。

著書に「もっとカッコ良く滑るスノーボード」(メイツ出版)、「はじめてでも絶対うまくなるスノーボード」(主婦の友社)、自費出版によるe-book「もっと優雅にカッコ良く滑るスノーボード」(Kindle)などがある。

人の骨格やバランスに応じたレッスン・バインディングのセッティング診断に定評あり。スノーシーズンは主に、神立高原スキー場(新潟県)で自身のレッスンプログラム「超塾」を開催。夏場は地元舞鶴市にてスクーバダイビングとSUPのガイドをしている。

不動産会社、設計事務所勤務を経て結婚を機に茨城に移住。
一級建築士・宅地建物取引主任者・整理収納アドバイザー1級
『暮らす』を『楽しむ』をモットーに自宅をDIYや収納術などで育てる「おうち育」を提案。暮らしを楽しむコツやアイディア収納術などをブログで綴る。小学生+幼稚園児の三姉妹と、DIYの腕が確かなまーくんとの5人暮らし。
「ヒルナンデス」「マツコの知らない世界」テレビ出演、インテリア雑誌掲載多数。
著書「なつめさんちの新しいのになつかしいアンティークな部屋づくり」(KADOKAWA刊)

2004年渋谷・神泉に「立喰酒場buchi」を開店。今までに無い立ち飲みスタイルを確立して話題に。

2006年宮益坂裏でフレンチ「bongout noh」を開店。この頃から日本ワインをとりいれ、2007年目黒に「キッチセロ」を開店し本格的に日本ワインを提供。

2018年6月に浅草に「la maison du 一升vin」を開店し、一升瓶の日本ワインの美味しさを伝えるべく奮闘中。

ここ15年は特に日本のワインや日本の食材に力を入れています。

東京・神奈川を中心に全国で活動する「松岡淳建築設計事務所」代表。住宅の設計はもちろん、マンションや店舗・造作家具に至るまで、新築やリフォームに関わらず暮らしにまつわるすべてのものを業務対象としている。

一般的な「工学としての建築」ではなく「環境学としての建築」を学び、人と自然が共に寄り添って永く暮らせる空間づくりを目指している。流行に左右されることなく用途や機能をよく考慮したうえで、求められていること、期待されていることの一歩先・二歩先の提案をすることを常に心がけている。

かつては獣医を目指すほどの動物好きで、特に物心ついたときからの愛犬家。趣味は映画鑑賞、読書、スキューバダイビング等。

幼少期より自宅のあったアメリカ/LAを中心とし、様々な国の文化/世界観や空間装飾に触れながら感性を養った。
​国際線客室乗務員の勤務を経て、フレッシュフラワーアレンジメントの世界へ。
世界的に有名なロンドンの生花店、NYでの生け込みやウェディング装飾等でのフローリスト経験を積む。

現在は東京をベースに、お花単体だけではなくテーブル上のトータルでのプレゼンテーションとし、生花・食器・紅茶を併せての
フラワーアレンジメントレッスンを開催。企業でのレッスンや商品スタイリングを手掛け、定期的に海外での花仕事を通し自身のスキルアップに努めている。
またパラレルキャリアとして、お花仕事とオフィスワークの2つの世界で活動中である。

片付けで人生を変えたい人を応援するブログ「転勤族のシンプルライフ」を連載中。
インスタのフォロワーは6万人超。シンプルミニマムな暮らし方が多数の書籍に掲載される。
個人向け整理収納サービスの他、整理収納講座の講師を務める。
また多くの企業にてコラムを執筆。
掲載したアイデアがTVCMに使われるなど、多方面で活躍中。

小学4年生からバスケットボールを始め、中学生では全国大会に出場し主力として活躍。
高校3年生時、日本代表に選出。
高校卒業後、シャンソン化粧品に入社し、2006年ドーハアジア大会の日本代表に選出。

2015年に現役引退、現在はバスケットボール中継の解説者やリポーター、バスケットボールの競技広報活動を行っている。

フードコーディネーターと管理栄養士が立ち上げた料理研究家による会社、合同会社HITOOMOIのフードコーディネーターです。 大切な人のために手作りの料理を振る舞うシーンを作ることで、 生きててよかったと思える社会の実現を目指しています。

主にレシピの開発、記事執筆、栄養計算、商品開発、食・健康に関するコンサルティングを行っています。SNSで手作り料理を発信中。

『風景をデザインする庭』をテーマに、ガーデンデザイナーとして活動中。本業は街づくりコンサルタント、一級建築士。

奈良市内の住宅地にある自宅ガーデンで、現在約150種類のバラと、紫陽花、クレマチス、クリスマスローズ、芍薬等の植物を育てている。

僕が自身の庭を創る過程で気づいたこと。
それは、植物の持つデザイン性と無限の可能。
そして、都市部の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫で、『風景をデザインできる』ということ。

個々の庭を変えることで、街の風景も変えられるはず…。
『庭を変え、街の風景を変えること』が僕の人生の目標、ライフワーク。

自宅ガーデンで、2016年全国ガーデニングコンテスト・ゴールドメダル受賞。
京都市右京区京北町にデザインしたバラ園は、2016年度、環境省主催の「みどり香るまちづくり企画」コンテスト入賞。

現在、地元・奈良の世界遺産、唐招提寺の境内に、改組・鑑真和上ゆかりの薬草園を復興するプロジェクトに、ガーデンデザイナーとして参画中。
また、大手通信販売のディノス・セシール社が運営するガーデニングサイト『dinos ガーデンスタイリング』において、ブログ記事を連載中。

2003年に鮨屋を北海道函館市で開業しました。
開業と同時に日本酒の勉強を始め、2008年に唎酒師の資格を取得。
3年後に上位資格の酒匠、日本酒学講師を取得。全国の酒蔵も巡る。

現在では新聞社で日本酒講師を務め日本酒の啓もう活動をしています。
他にも、趣味が高じてお菓子教室も開いています。飲む事、食べることが趣味の一つです。

OLだった20代前半にワインの魅力に惹かれ、飲食業の道へ。
イタリアンレストランなど、数軒のレストランを経て、1989年、JSA認定ソムリエとなる。

日本のワイナリーのコンサルティング会社にてプロモーション施策やマーケティング業務を行い、その後フリーに。飲食店のメニュー作成やコンサルティングを行う。

現在、フリーのフードコーディネーター、編集・ライターとして活躍中。

1989年にパソコン誌、ゲーム誌のライターとしてデビュー。
90年代初頭に株式会社三才ブックスに入社。編集職に就き、パソコン雑誌などを手がける。
退職の後にフリーライター/カメラマンとして活動。
現在のカバーエリアはIT、IoT、デジカメ、オーディオ機器、モビリティ、クラウドファンディングなど。

1971年生まれ。元Kotaku Japan編集長。

月間40万人以上に読まれる英語学習メディア「トイグル」を運営。
イギリスのウォリック大学大学院で英語教授法を学びました。

現在は社会人学習者を中心に、マンツーマンとセミナーで英語の指導をしています。英語勉強法や英文法の知識をわかりやすく説明します。

旅ものの雑誌や書籍、WEBサイトを中心に幅広い媒体に寄稿するフリーランスライター。特に通うこと20年越えの台湾については、日々進化するおいしいグルメや文化を研究し、情報を発信している。

その他、ホテルスイーツブッフェ、アフタヌーンティー、ホテル女子会、ご当地お土産など、女子が旅先でパワーアップするものを見つけて、WEBで発信中。

旅行業界の動向とカラクリがよ~くわかる本、ホテル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本(秀和システム)、道の駅旅案内(ゼンリン)など、関わった著書多数。

都内の自宅サロンで「料理教室ククアターブル!」を主催。旬の食材を大切に、手軽に作れる家庭料理を紹介しています。

生徒さんが自宅へ帰ってからの再現性が高いのが特徴です。調理をしながら、便利なキッチングッズも多数紹介。主婦目線の、使い勝手が良い、時短につながるキッチングッズやおしゃれでモチベーションが上がるキッチングッズなどを使いながら、楽しく、負担なく、効率よく調理ができるコツを伝えています。

ご家庭でも外で食べるような美味しいご馳走が手軽に作れること、それが健康にもお財布にも優しいことで、家庭での台所の自由度を増してもらえればと願います。

メディアでは、読売新聞(栃木版)、世界文化社「家庭画報Home」、「わかさ」、「スキンケア大学」などにレシピ掲載、日本テレビ「ヒルナンデス!」出演。

株式会社チャイチワークス代表取締役、日本茶インストラクター、オールアバウト日本茶オフィシャルガイド、自由大学「日本茶コトはじめ」教授。

会社員として日本茶の商品企画を8年間経験した後に独立。
雑誌取材やコラム掲載多数。キリン生茶キャンペーン「茶の本」監修。
実践型と評判の日本茶ワークショップの受講生は延べ1000人超。

はたらく女性の心と美を養うをテーマにセレクトした日本茶と可愛い急須のWEBストア「ちゃいちわーくす」を運営、東京自由が丘にて日本茶のワークショップを定期開催しています。

幼い頃からお菓子作りに興味を持ち、好きな事を追い続け管理栄養士、フードコーディネーター認定を取得。
その後、レシピ数3万件を超えるレシピサイトの制作会社に就職。
レシピ提案、スタイリング、料理撮影など、食にまつわる様々な経験を通して多くの事を学び、提案したレシピ多数。

現在は自宅キッチンにて、「家族、子供たち、大切な人が笑顔になる家庭料理をレッスン!」をコンセプトに、料理教室 あきさんち を主宰。
食材や調味料の新しい組み合わせや調理方法を考えながら、パパッと手軽に作れる料理、栄養バランスを考慮した料理が得意。

ゲームキャスター・MC・NA・コミュニケーションコンサルタント。
東京タワーDJ・ディズニーチャンネルのお兄さん・MCを経て、2015年TokyoGameShowから各ブースのMC・実況を担当。
代表的な競技シーン実況はカードゲーム「Gwent世界大会」、FPSゲームは「OverWatch W杯」。
配信放送では「Hearth Stone」またサッカー元日本代表前園真聖さんをゲストに迎えて「NBA2K19」のバラエティ配信MC等幅広く活動。
「ゲームで皆が楽しい」をコンセプトに、笑顔の役に立ちたいとゲーミングステージに立っている。
 
ゲーム以外では「承認力」をテーマに上司と部下のコミュニケーションコンサルティングを企業講義。
大手電機会社より受託、製品のプロモーションディレクター(販売士)。
他にもVP・企業展示会ナレーター、ステージMCと稼働中!
 
今回のエキスパート取材案件も二つ返事で受託、今後も時間の許す限り楽しく自分と仕事を広げていく予定。
趣味は「バスケットボール・読書・ゲーム・断捨離・QOL向上の模索・美味しいお店探し」
モットーは「面白そうな事は全てやる」

薬科大学卒業後、薬剤師として大塚製薬㈱新薬開発部に勤務。
結婚退職後、学生の頃より興味のあった調香を名古屋のフレグランススクールにて学ぶ。さらに香水はモード・ファッションと密接な関係にあることを踏まえカラーコーディネートの資格を有す。
薬は治療に用いるが、香りは予防医学的に役立つことに注目し香水の持つ奥深い魅力や使い方などを解説することで、香水を通して自分磨きをパワーアップできるような知識提供を目指す。

北関東在住の1児のパパ。フリーランスのライターとして、ゲームのシナリオや小説の執筆、記事作成を中心に活動しています。
趣味は作曲と爬虫類飼育。いいにおいのする文章を書こうと日々苦心しています。

執筆実績に電子書籍『いちばんやさしいテキサスホールデムポーカー入門』(株式会社NOTE-X出版)『ペットとしてのエキゾチックアニマル入門』『ノワール小説入門』『東映実録映画入門』(Webメディア「Webon(ウェボン)」)など。

ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル、野菜ソムリエPro.など食に関する資格を多数取得。
自宅料理教室・日本野菜ソムリエ協会主催野菜教室・JAイベントなどで講師、企業様のレシピ開発、ワイン&フードライターとして活動中。食生活ジャーナリストの会 会員。
日本ソムリエ協会主催「J.S.A.ワイン検定」ではご家庭でワインを楽しむための基礎的な知識を伝えている。

【保有資格】
・日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート/J.S.A.ワイン検定ブロンズ・シルバークラス講師
・日本ソムリエ協会認定SAKE DIPLOMA
・シャンパーニュ委員会(C.I.V.C.)認定プレスティージュクラス ディプロマ
・チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル/C.P.A.チーズ検定講師
・日本野菜ソムリエ協会認定
 野菜ソムリエPro./ベジフルカッティングスペシャリスト/ベジフルビューティーセルフアドバイザー/冷凍生活アドバイザー
・エコ・クッキング推進委員会認定エコ・クッキングナビゲーター
・アンチエイジング学会認定アンチエイジングプランナー
・草月流師範 草月指導者連盟会員
・日本チーズアートフロマジェ協会チーズプラトー検定2級
・食品衛生責任者

広告スタジオでコマーシャルフォトを学び、フリーランスとして独立。
現在は、料理の撮影を中心に活動しています。「ハワイ・ライフスタイル・フォト・アワード2015」グランプリ受賞。"写真好きな人もっと増えてしまえ!"をモットーにセミナー講師としても活動中。

【撮影実績】
Samantha Thavasa SWEETS・宅麺・株式会社ニッセーデリカ・中華そば四つ葉・株式会社青梅インターフローラ・パイホリックなど200店舗以上

北海道生まれ東北育ち、釣り歴50年、ライター歴32年の職業釣師。
既存の釣りに飽き足らず、常に最先端の釣りを模索し続けることを生きがいにする。
東北を拠点にフレッシュウォーターからソルトウォーター、餌釣りからルアーフィッシングまで幅広いジャンルをこなし、釣り雑誌や新聞を中心に書籍、MOOK本など多数を執筆。
近年はカヤックフィッシングチームの代表として、釣り以外のイベント等にも積極的に参加し、地域活性化に努める。

思考の整理収納塾代表。
2010年にライフオーガナイザー、整理収納アドバイザーの資格を取得し活動を始める。
大人になっても片づけが出来ないのは、学校で習っていないからだという声を聞き、学生のうちに身に着けておきたい暮らしの整理術を伝えたいと、全国でも珍しい高校での片づけの授業に取り組んでいる。
2016年、片づけのプロの全国大会「片づけ大賞」にて審査員特別賞を受賞。
現在は、研修、講演などの講師活動に加え、WEBサイトのライターとしても活動している。趣味は模様替え。

英国ITEC認定アロマセラピスト、(公社)日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト、同インストラクター、AllAboutアロマテラピーガイド、AEAJ総合資格認定校ル・クールを1999年から主宰。

伝統的アロマテラピーを軸に、香りのメンタル効用やボディートリートメントによる、おとな女性の健康なライフスタイルのためのレッスン、トリートメントを提供。
独自考案メンタルハーブティーでは西洋ハーブと東洋スピリットをミックスさせている。

(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートでもあり、智美流「アロマなワイン会」など心と身体にいいお酒&フードにも趣味以上にのめりこみ中。

近著『1週間で合格! U-CANのアロマテラピー検定1級・2級 速習テキスト&問題集 第2版』

有限会社アール・アイ取締役社長

幼少期より音楽に慣れ親しみ、3歳からピアノ、16年間トランペットを専攻。
幕張総合高等学校ではオーケストラ部に所属し、全国学校合奏コンクールにて3年連続全国大会1位の成績に貢献。
音楽大学へ進学すると同時にヨガに出会い、2015年には編入学を経て音楽療法を学び、音楽療法士の資格を取得。
2017年には日本音楽療法学会理事長の故・日野原重明先生へ、生前最後の音楽療法を行なった。
2018年にはインド政府公認のヨガインストラクターに認定され、インドにてヨガをさらに学び、雑誌やスタイルブックなどの監修も行う。
また、ヨガレッスンだけではなく、クリスタルボウル、カリンバ、gudadrumなどの即興演奏も好評。

現在は演奏家、音楽に携わる人へヨガを伝えるため、音楽療法の要素を取り入れたヨガを一般の吹奏楽団を始め、学校の吹奏楽部、合唱部、プロ、アマチュアの演奏家へ出張ヨガを行うなど幅広く活躍している。

/
整理収納アドバイザー1級
ハウスキーピング協会認定講師
福祉住環境コーディネーター2級
収納工房CozyStyle神戸 代表。

国際線客室乗務員や2児の子育て経験を経て、目の回るような忙しさを克服するには、環境の改善がいちばんと悟る。
「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」をモットーに、工夫とアイデアで暮らしやすさを追求。その過程で、捨てるだけでなく活かすことも視野に入れた片づけ方を発案し、現在は「活かす片づけコンサルタント」として関西を中心に活動中。

また、親の介護経験を経て、捨てさせるばかりの終活に疑問を感じ、ご高齢者やそのご家族に向けて、これからを生きるための片づけ「生き活プロジェクト」を提案している。

掲載メディアは「サンキュ」「ハルメク」「神戸新聞」「読売新聞」など。

東京 九段下で料理店を営む両親のもとで育つ。
美術大学卒業後、販売業を経て料理の道へ。カフェの立ち上げや家業の手伝いを経て独立。
ケータリングユニット「すみや」としての活動をスタート。
雑誌やWEBへのレシピ提供、広告の分野でも活躍中。著書多数。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。
スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが、最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており、文章を書くのも、プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

京都で料理研究家に師事した後、欧米に武者修行に赴き、各地の個性的な家庭料理の取材・研究を経て、郷里の長崎で料理教室を開催。
その後、活動拠点を横浜に移し、料理教室のほか、料理イベント、セミナーなどを手がける傍ら、「キッチンキーピング」をはじめとした、日常生活における食のあり方を提唱。
また、イタリアで創設され、世界的規模で展開されているスローフード運動と出会い「食卓の向こう側」である農業や林業、漁業や食文化の地域性・多様性を守ることの大切さを実感し、(日本における食や農の事情)を伝えつつ、食材の力を引き出す料理法に基づく独自の料理教室を主宰。
生産と消費のつなぎてとして、社会的貢献を果たすための様々な活動に従事するほか、研究テーマとして、伝統野菜や失われつつある日本の母の手技の持続可能な取り組みに力を注いでいる。

著書にキッチンライフの基本とコツ(新星出版社)、オリーブオイルできれいになる(実業之日本社)、オリーブオイルで健康パスタ(東京地図出版)など多数。
NPO法人長崎の食文化を推進する会理事。

1974年、愛知県生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。
2006年より現職。専門は民俗学・マンガ研究。
マンガ研究としては、国内外のマンガ関連文化施設やマンガ展の調査や、日本で独自の発展を遂げている「学習マンガ」の研究を行っている。

共著に、『「はだしのゲン」がいた風景 マンガ・戦争・記憶』(梓出版社、2006年)、『マンガミュージアムへ行こう』(岩波書店、2014年)など。

大学卒業後、飲食業のマネージャー職を7年経験後、2003年より、おもちゃ、絵本、輸入雑貨を扱う店を神戸でオープン。
2005年から、結婚に伴う埼玉移住を機会に、ペーパークイリングの材料の輸入販売とクラフト教室の運営にしぼる。
Maggieの愛称で、国内外に多数のファンを持つ。
海外コンテスト受賞歴多数およびペーパークラフトキットプロデュース多数。

【著書】
「花と色を楽しむペーパークイリング」ブティック社
「クイリングのかわいいスイーツ」日本ヴォーグ社
「お花いっぱいのペーパークイリング」ブティック社

おもちゃコンサルタント、絵本講師、アクティビティインストラクターの資格を併せ持つ。

専門は音響アンプの電子回路設計。筐体設計。真空管回路設計。
2005年2月に音響機器を開発・製造・販売する会社を設立。国内はもとより、欧州を中心に37ケ国に輸出。
2007年プロオーディオ事業、2013年ログハウス事業、2015年コンサート企画運営事業、2018年時計輸入事業を開始。

2008年よりFM岐阜『ムジカスタイル』(毎週木曜18:30~)ナビゲーター。
ローカル鉄道養老鉄道支援組織『乗って残そう揖斐養老線実行委員会』会長。

幼少期から動物と関わる仕事がしたいと夢みて、高校・大学と動植物について学ぶ。
大学2年生のときに保護犬を迎え、犬の行動学やアニマルセラピーなどを勉強。
OPDES公認ドッグトレーナー資格、動物介在教育アドバイザー認定資格を取得。
現在は、自身の経験から保護犬についての相談や家庭犬のしつけ・トレーニングをしている。

前田 有一(まえだ ゆういち)
東京都 浅草出身、亀有育ち。
宅建主任者、健康運動実践指導者、消費者問題ライターを経て映画批評家に。

テレビ、ラジオ、週刊誌、新聞などマスメディアや9000万ヒットWEB『前田有一の超映画批評』にて独自の「批評エンタテイメント」を展開中。
また国際映画祭実行委員、講演活動、トークライブ、こども映画会等のイベント出演など、映画ファンを広げる活動も続ける。

著書「それが映画をダメにする」(玄光社)

20代はいくつかの編集部を経て中古車雑誌の編集部に。28歳でフリーランスのエディター/ライターとしての活動を開始し、中古車雑誌、音楽雑誌など複数媒体をかけ持つように。現在は自動車媒体、モノ媒体などでの執筆のほか、自動車メーカー広報誌などの制作を行っています。
著名人から一般の人までインタビューも得意としています。