おすすめの「タオル」に関する記事

タオルの選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。


【おすすめバスローブ9選】ライフアレンジニスト厳選のアイテムと選び方をご紹介!

【おすすめバスローブ9選】ライフアレンジニスト厳選のアイテムと選び方をご紹介!

お風呂上がりのリラックスタイムに欠かせないバスローブ。体についた水分をタオルでふきとる必要なく、そのままサッと着られて便利ですよね。自分に合うものを見つけたいけれど、たくさんの種類があってどれがいいのか迷ってしまいます。本記事では、ライフアレンジニストの有賀照枝さんに、最適な一着を購入するための選び方とバスローブおすすめ9選をうかがいました。吸水性や速乾性、肌触りなど細かくチェックして、お気に入りのバスローブを見つけてください。


【背中も洗いやすい】あかすりタオルのおすすめ5選|家事ライターが選び方も伝授!

【背中も洗いやすい】あかすりタオルのおすすめ5選|家事ライターが選び方も伝授!

本記事では、家事ライターの楠本知子さんへの取材をもとに、あかすりタオルの選び方とおすすめ商品を紹介します。あなたは、お風呂で体を洗うとき何を使っていますか? タオルやボディブラシ、スポンジ、あるいは素手で洗うという人もいるかもしれませんね。でも、体のあかや角質をすっきり落としたいなら、昔ながらのあかすりタオルが重宝(ちょうほう)します。あかすりタオルといっても、素材や形などさまざまな商品がありますので、ぜひこの記事を参考に、自分に合った商品をみつけてみてください。


整理収納アドバイザーおすすめの大判バスタオル9選|好きな肌触りを探して

整理収納アドバイザーおすすめの大判バスタオル9選|好きな肌触りを探して

この記事では、整理収納アドバイザー・鈴木久美子さんに、大判バスタオルの選び方や、おすすめの商品を紹介してもらいました。一般的なバスタオルのサイズといえば、60×120cmくらいのサイズですが、それより大きめのサイズを大判バスタオルと呼びます。大判バスタオルは、毎日のお風呂あがりだけでなく、レジャーやプールで使ったり、子どものお昼寝の際の布団にしたりと用途はさまざまです。素材や厚みなど、どんな点に注目して大判バスタオルを選べばいいのか、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


ヘアドライタオルのおすすめ9選! ライフアレンジニストが選ぶ

ヘアドライタオルのおすすめ9選! ライフアレンジニストが選ぶ

ライフアレンジニストの有賀照枝さんへの取材をもとに、ヘアドライタオルを選ぶときのポイントとおすすめ9商品を紹介します。濡れた髪を乾かす、吸水性にすぐれたヘアドライタオル。なかにはターバンやキャップの形状になっている商品も。髪の長さや量などを考えて使い勝手のいいものを選びましょう。種類が多くてどれを選べばいいのか迷ってしまうという人は、ぜひこの記事を参考に商品を選んでみてくださいね。


コンパクトサイズのバスタオルのおすすめ5選!整理収納アドバイザーが解説

コンパクトサイズのバスタオルのおすすめ5選!整理収納アドバイザーが解説

コンパクトバスタオルは、ミニバスタオルやビッグフェイスタオルとも呼ばれます。一般的なバスタオルサイズは60cm×120cmくらいですが、コンパクトサイズのバスタオルは一回り小さく40cm×100cmくらいの大きさです。省スペースで収納することができ、毎日の洗濯物のカサを減らす事ができるのが大きなメリット。本記事では、整理収納アドバイザーの鈴木久美子さんへの取材をもとに、コンパクトサイズのバスタオルのおすすめ商品と、選び方をご紹介します。一度コンパクトサイズのバスタオルにハマると、もとの大きさには戻れなくなるかもしれませんよ。


スイムタオルの選び方とおすすめ5選|マラソン完走請負人が選ぶ

スイムタオルの選び方とおすすめ5選|マラソン完走請負人が選ぶ

一般的なタオルに比べて吸湿性が高く、濡れた体を効率よくふき取ってくれる「スイムタオル(セームタオル)」。スイミングやトライアスロンなどで、泳ぐ機会のある人にとってあると便利なアイテムのひとつです。ジョギングや屋外でのレクリエーションなどで使用することもできますよ。本記事では、スポーツネットワークサービス代表でマラソン完走請負人の牧野 仁さんへの取材をもとに、スイムタオルの選び方とおすすめ商品を紹介します。


ベビーバスローブのおすすめ6選【助産師が選ぶ】ポンチョやガウンタイプなど

ベビーバスローブのおすすめ6選【助産師が選ぶ】ポンチョやガウンタイプなど

お風呂あがりの赤ちゃんの汗や身体についた水分を吸収し、湯冷めしないために羽織らせるベビーバスローブ。海やプールでは紫外線から守り、体が冷え切らないよう羽織ものとしての使い道もあります。また、名前入りにしたベビーバスローブは出産祝いのプレゼントとしても人気で、忙しいママや、初めて育児をするママやパパにも喜ばれるアイテムのひとつです。しかし「赤ちゃんのデリケートな肌にやさしい素材を」「なるべく長く使えるものがいい」など悩むポイントがたくさんあり、どれを選べばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。そこで、助産師の浅井貴子さんにベビーバスローブの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。


【使い勝手とコスパ重視!】ペーパータオルのおすすめ商品5選|住生活ジャーナリストが選ぶ

【使い勝手とコスパ重視!】ペーパータオルのおすすめ商品5選|住生活ジャーナリストが選ぶ

住生活ジャーナリストの藤原千秋さんに聞いた、ペーパータオルの選び方とおすすめ商品を紹介します! 台所や洗面所の掃除に使ったり、手拭きにしたりと、さまざまな用途で便利に使えるペーパータオル。紙でできているとはいえ、布のタオルと同じように使えるアイテムです。一見どれも同じように見えるペーパータオルですが、メーカーごとに個性があり使い心地もさまざま。毎日使うものだからこそ、賢くいい商品を選びましょう。通販サイトのランキングや、コスパのいいペーパータオルも紹介しますので、ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【フェイスタオルおすすめ6選】 ルームコーディネーターが選び方も解説! |ギフト向けの商品なども紹介

【フェイスタオルおすすめ6選】 ルームコーディネーターが選び方も解説! |ギフト向けの商品なども紹介

洗面所はもちろん、キッチンなどでも活躍することが多いフェイスタオル。さまざまな肌触りや使用感のものがあり、毎日使うものだからこそ、こだわりたいという人も多いのではないでしょうか。この記事では、整理収納コンサルタントでルームコーディネーターの瀧本真奈美さんへの取材をもとに、おすすめのフェイスタオルと選び方のポイントを紹介していきます。デザイン以外にも素材や厚みなどのポイントがありますので、ぜひ参考にしてみましょう。かわいいタオルやまとめ買いできるタオルなども紹介しますので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。


染めが素晴らしい手ぬぐい5選|目利きライターおすすめ

染めが素晴らしい手ぬぐい5選|目利きライターおすすめ

美しい柄と色の染めが魅力的な手ぬぐい。手ぬぐいはデザインのバリエーションも豊富で、さまざまな用途に使えますが、選ぶ際にはどのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか?この記事では目利きライターの納富廉邦さんに取材をし、手ぬぐいの選び方と、伝統の柄だけにこだわらないオリジナルデザインも含むおすすめ手ぬぐいを紹介しています。ぜひ参考にしてください。


ボディタオルのおすすめ10選|ライフアレンジニストが厳選&選び方解説!

ボディタオルのおすすめ10選|ライフアレンジニストが厳選&選び方解説!

体を洗うのに欠かせないボディタオル。体に直接触れるものだからちゃんと選びたいですよね。でも、ちゃんと選ぼうと思っても、素材やかたさなど種類もさまざま。泡立ちや洗い心地の好みも気になるところ。なかなかどう選べばいいのか悩んでしまいます。この記事ではライフアレンジニストの有賀照枝さんへの取材をもとに、ボディタオルの選び方とおすすめ商品を紹介します。自分に合ったボディタオルを見つけてバスタイムを充実させましょう!


【バスタオルのおすすめ9選】今治タオルやふわふわ素材も! ライフアレンジニストが厳選

【バスタオルのおすすめ9選】今治タオルやふわふわ素材も! ライフアレンジニストが厳選

入浴後、毎日使うバスタオル。「拭ければなんでもいい」「安ければなんでもいい」と適当に選んでしまってはいませんか? バスタオルは、綿や麻、マイクロファイバーなどの素材によって肌ざわりがずいぶんと異なります。抗菌、消臭、防臭、速乾などさまざまな機能をもった商品があるので、デザインだけでなく、ご自身の使うシーンや用途にあわせて選びましょう。この記事では、ライフアレンジニストの有賀照枝さんへの取材をもとに、バスタオルの選び方とおすすめの商品を紹介します。後半では個性派素材別バスタオルの紹介や通販サイトのランキング、バスタオルのお手入れ方法についても触れていますので、そちらもぜひご覧ください。