おすすめの「クッション・座布団」に関する記事

クッション・座布団の選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。


ヨギボーのクッションおすすめ11選【一人用からビッグサイズまで】使用シーンに合わせて選ぼう

ヨギボーのクッションおすすめ11選【一人用からビッグサイズまで】使用シーンに合わせて選ぼう

自由に形を変えられ、身体にフィットするヨギボーのクッション。まるで雲のうえにいるような体験ができると話題です。しかし、商品のラインナップが豊富で、どうやって選べばいいか分からないという人も多いはず。そこで、この記事では、インテリアコーディネーターの尾崎友吏子さんに取材し、ヨギボーのクッションの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【専門家に聞く】抱き枕のおすすめ20選|人気のL字型・U字型などタイプ別

【専門家に聞く】抱き枕のおすすめ20選|人気のL字型・U字型などタイプ別

整理収納アドバイザーでインテリアに詳しいKashimaさんに取材のもと、抱き枕選びのポイントとおすすめ商品20選を紹介します。ひと口に抱き枕といっても商品によりかたち、中材、触り心地は多種多様! それぞれの特徴をよくふまえたうえで、自身の使用シーンや好みに合わせて選ぶことが大切です。商品は形状タイプ別に紹介。さらに、後半では各通販サイトの人気の商品ランキングも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


テンピュール枕おすすめ11選 | 寝心地抜群の人気商品を厳選紹介! おしゃれな枕カバーも紹介!

テンピュール枕おすすめ11選 | 寝心地抜群の人気商品を厳選紹介! おしゃれな枕カバーも紹介!

高いサポート力や好みの形をキープするなど、睡眠時間にくつろぎとやすらぎを与えてくれるテンピュール枕。いろいろなアイテムが発売されているため、自分の寝方や好みの硬さ、使うシーンに応じて選ぶのが重要です。整理収納アドバイザー・Kashimaさんと編集部で、テンピュール枕の上手な選び方とおすすめ11選を選びました。ぜひ自分にぴったりのテンピュール枕選びに役立ててください。


こたつ敷布団のおすすめ11選|厚手クッション&滑り止めつきなど【ふわふわあったか!】

こたつ敷布団のおすすめ11選|厚手クッション&滑り止めつきなど【ふわふわあったか!】

寒い冬に足元からカラダを温めてくれるこたつ。暖房器具のこたつと合わせて使いたいのが、温かい空気を逃がさないこたつ敷布団です。ふわふわでしっとりした肌触りの敷布団をこたつに合わせれば、寒い冬もあったかく乗り越えられるはず! 本記事では、整理収納アドバイザーのKashimaさんと編集部で選んだこたつ敷布団の選び方とおすすめ商品を11選紹介します。なかには、オールシーズン使えるものや収納がカンタンなものも。ぜひ参考にしてみてください!


【座布団のおすすめ16選】在宅ワークの腰痛対策にも! 体への負担を軽減!

【座布団のおすすめ16選】在宅ワークの腰痛対策にも! 体への負担を軽減!

デスクワークなど、長時間同じ姿勢で座っていると腰痛を引き起こす可能性があります。そんなとき、座布団を活用すると腰痛軽減や正しい姿勢をキープできます。本記事では、ライフスタイルアドバイザー・高橋美布さんと編集部が選び方やおすすめの座布団をご紹介します。


ビーズクッションのおすすめ25選【おうち時間に】ヨギボーや無印など人をダメにする快適クッション

ビーズクッションのおすすめ25選【おうち時間に】ヨギボーや無印など人をダメにする快適クッション

「人をダメにするソファ」と呼ばれ、人気を博しているビーズクッション。身体を預けてリラックスできるため、家にあるととても重宝されますよね。一度座ったら、その気持ちよさに立ちあがれなくなってしまうかも。ここでは、整理収納アドバイザーの小林尚子さんにお話をうかがい、ビーズクッションの選び方やおすすめ商品をご紹介いたします。


長座布団のおすすめ12選!【洗えるものも】赤ちゃん用やごろ寝にぴったり

長座布団のおすすめ12選!【洗えるものも】赤ちゃん用やごろ寝にぴったり

おうちのごろ寝やアウトドアのマット、赤ちゃんのためのお布団にもなる長座布団。便利に使える長座布団は、いろいろな用途に合うサイズのアイテムがあります。また、長座布団のなかの素材もいろいろな種類から選べます。収納性やウォッシャブルタイプなど、こだわりポイントに合ったアイテムも。この記事では、ライフスタイルアドバイザーの高橋美布さんにお話をうかがい、座布団の選び方とおすすめ12選をご紹介します。


クッションカバーおすすめ6選+4商品と選び方【インテリアをおしゃれに! 】

クッションカバーおすすめ6選+4商品と選び方【インテリアをおしゃれに! 】

クッションカバーは空間の表情を効果的かつ、かんたんに変えることができます。お部屋の大がかりな模様替えは難しくても、クッションカバーを変えるだけで、模様替えをしたかのようにお部屋の季節感や、そこに住まう私たちの気分を変えてくれます。ここでは、カラーコーディネーターである川島彩子さんへの取材をもとに、クッションカバーの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。クッションを置く部屋や用途にあうクッションカバーを選びましょう。


ビッグサイズのビーズクッションおすすめ5選と選び方【インテリアのプロが厳選】

ビッグサイズのビーズクッションおすすめ5選と選び方【インテリアのプロが厳選】

包み込まれるような感触がクセになるビッグサイズのビーズクッション。ソファ代わりとしても使え、一度座ったら立ち上がれなくなるような快適さから「人をダメにするソファ」とも呼ばれ話題となりました。各メーカーから様々な商品が登場しているため、いざ購入しようと思ってもどれを選べばいいか迷ってしまう方もいるでしょう。そこで、インテリアスタイリストの窪田 俊さんに、大きめのビーズクッションを選ぶ際のポイントと、数あるビーズクッションの中から直径50cm以上のビッグサイズに絞り、おすすめの商品を教えてもらいました。素材感や座り心地、本体やカバーが洗濯できるかなど、メンテナンスのしやすさもポイントです! ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


人気の記事


>>総合ランキングを見る