PR(アフィリエイト)

『デオエースEX(プラス)』の口コミや評判を検証レビュー|ロールオンタイプは本当に効かない?実際に使って試してみました!

『デオエースEX(プラス)』の口コミや評判を検証レビュー|ロールオンタイプは本当に効かない?実際に使って試してみました!
『デオエースEX(プラス)』の口コミや評判を検証レビュー|ロールオンタイプは本当に効かない?実際に使って試してみました!

◆本記事はプロモーションが含まれています。

季節問わず気になるのが汗や汗によるニオイ悩み。発汗量の多い夏だけでなく、厚手の洋服を着込む冬の季節も、蒸れて汗のニオイが気になりますよね。

このような汗や汗のニオイ対策としておすすめしたいのが、ポーランド発の制汗剤『デオエースEX(プラス)』です。ロールオンタイプで使いやすく、アルコールフリー処方なので敏感肌の方も使いやすいと話題になっています。

今回は、こちらの『デオエースEX(プラス)』の魅力に迫りつつ、実際にデオエースを使った感想や使用感をレビューします。併せて、口コミや評判も含めて紹介していくので、『デオエースEX(プラス)』の商品購入を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね!


この記事を担当するエキスパート

美容ライター
中村 沙織
慶應義塾大学文学部卒業。2019年より、さまざまな美容メディアで美容ライターとしてコラムや美容記事を執筆・連載しています。また、日本化粧品検定1級を保持する美容の専門家として、美容記事の監修にも携わっています。さらに、自身で美容サイトを運営し、自身の経験をもとにした「丁寧で優しいスキンケア・ボディケア」について発信しています。

ハピコス編集部

中村 亜紀子

女性誌・生活情報誌のコスメ担当編集の経験をもつ40代編集者。40代~50代のミドル世代でますます深くなる、肌やヘアケアの悩みをリアルに実感中です。化粧品の企画・製造に携わった経験があり、その知識を活かして役立つ記事をお届けします。

デオエース(Deo-Ace)ってどんな商品?

デオエース パッケージロゴ部分の画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース パッケージロゴ部分の画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース(Deo-Ace)は、ポーランド発の制汗剤ブランド。
使用できる部位や使用シーンによって異なる4種類のアイテムがあります。
どのアイテムも汗や汗のニオイ対策におすすめで、厳選されたこだわりの成分も多く配合されています。

日本人にも使いやすいものばかりですので、汗や汗のニオイ悩みを抱えている方はぜひ一度手に取ってみてください。

現在販売しているタイプは4種類

デオエース(Deo-Ace)には、4種類のアイテムがあります。使用できる部位や使用シーンによって使い分けてみるのもおすすめです。
それでは簡単に各アイテムについて解説していきます。

デオエース EX(プラス)

デオエース EX(プラス)は、敏感肌の方でも使いやすいよう開発されたアルコールフリーでロールオンタイプの制汗剤です。 脇だけでなく手足や胸元、背中など汗のニオイが気になる部位のケアが簡単にできます。不快なニオイの元からケアができ、1日中サラサラ素肌に。

デオエースソープ EX(プラス)

デオエースソープ EX(プラス)は、固形石鹸タイプとなります。お肌の乾燥を防ぐ保湿成分としてチャ葉エキスやアロエベラ葉エキス、アルガンオイルを配合。チャ葉エキスは、ニオイケアとしてもうれしい成分です。

特に耳裏や首回りは、ニオイが気になる部位であるものの、ついつい洗い忘れがち。全身を丁寧に洗っていきましょう。

デオエースソープ EX(プラス)フェイスカバー

デオエースソープ EX(プラス)フェイスカバーは、SPF50+のUVカット効果を持ち合わせた顔用の下地クリーム
で、ファンデーションの前に使用します。

皮脂によるお肌のベタつきや、汗や皮脂由来の顔のニオイケアとしてもおすすめ。
ヒアルロン酸やセラミドといった健やかなお肌へ導く保湿成分も含まれています。

デオエース薬用デオドラントAクリーム

デオエース薬用デオドラントAクリームは、医薬部外品の制汗クリームです。

制汗と殺菌に優れ、アーティチョークエキスやシコンエキスといった植物由来の保湿成分もたっぷり配合。
顔やデリケートゾーン含む全身に使用することができ、スキンケアをしながら制汗もできる汎用性の高いクリームです。

人気の『デオエース EX(プラス)』をレビュー!

今回は、最もポピュラーな『デオエース EX(プラス)』について詳しく見ていきます。

『デオエース EX(プラス)』の特徴は?

まずは『デオエース EX(プラス)』の特徴について解説します。大きく下記のポイントがあります。

▼特徴1|ロールオンタイプで塗りやすい
▼特徴2|ブランド独自成分処方!気になる汗のニオイをケア
▼特徴3|敏感肌でも使いやすい優しい処方

それぞれ見ていきましょう。

▼特徴1|ロールオンタイプで塗りやすい

女性がデオドラントを塗っている様子
ペイレスイメージズのロゴ
女性がデオドラントを塗っている様子
ペイレスイメージズのロゴ

まず注目していただきたいのがロールの大きさ。一般的なロールオンタイプと比べて大きめのロールとなっているため、ひと塗りで広範囲をケアできます。また、塗りにくい背中なども大きめロールで簡単にケアができますよ。

▼特徴2|ブランド独自成分処方!気になる汗のニオイをケア

デオエースの3つの有効成分
デオエースの3つの有効成分

アラントイン・パンテノール・クロルヒドロキシアルミニウムを独自バランスで処方しています。保湿成分配合で、お肌をみずみずしく潤しながら、気になる汗のニオイを目立たなくします。

▼特徴3|敏感肌でも使いやすい優しい処方

敏感肌の女性がデオドラントを使用
ペイレスイメージズのロゴ
敏感肌の女性がデオドラントを使用
ペイレスイメージズのロゴ

敏感肌の方にとってアルコールは刺激となりうる成分。『デオエース EX(プラス)』はアルコールフリー処方(ノンアルコール処方)となっているため、敏感肌の方も納得して使用することができますね。

『デオエース EX(プラス)をもっと知りたい方はこちら!

実際に使ってみます!

デオエース EX(プラス) パッケージから取り出している画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース EX(プラス) パッケージから取り出している画像

Photo by マイナビおすすめナビ

それでは、『デオエース EX(プラス)』を実際に使用してみます。

本体サイズは手で持ちやすい大きさ

デオエース EX(プラス) 本体を持っている画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース EX(プラス) 本体を持っている画像

Photo by マイナビおすすめナビ

手にしっかりとフィットする大きさです。
少し大きめですが持ち運びもできそう!外出先でも使えますね。

ロール部分が大きく確かに塗りやすい

デオエース EX(プラス) ロール部分のアップ画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース EX(プラス) ロール部分のアップ画像

Photo by マイナビおすすめナビ

『デオエース EX(プラス)』の特徴とも言える大きめのロール。広範囲にもひと塗りでしっかりと液が密着します。

使い始めはロールが上手く回りづらいですが、1回使うと以降はとても塗りやすくなりますよ。

デオエース自体に臭いや色はなし

デオエース EX(プラス) 手の甲などに塗ってみる画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース EX(プラス) 手の甲などに塗ってみる画像

Photo by マイナビおすすめナビ

『デオエース EX(プラス)』自体は無色無臭です。合成香料も配合されておらず、制汗剤特有のニオイもありませんでした。使うシーンを選ばないのがうれしいポイントですね。

デオエース EX(プラス) 臭いを嗅いでいる画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース EX(プラス) 臭いを嗅いでいる画像

Photo by マイナビおすすめナビ

実際に塗ってみると……。

デオエース EX(プラス) 実際に塗っている画像

Photo by マイナビおすすめナビ

デオエース EX(プラス) 実際に塗っている画像

Photo by マイナビおすすめナビ

使い方はとても簡単!汗のニオイが気になる部位にサッと塗るだけ!

ベタついた感じはなく、塗った部位も30秒ほどでサラサラになりました!
さっぱりした使用感で汗を感じず爽やか。 お肌がアルコールに弱い体質なのですが、こちらはアルコールフリー処方なのでかゆみもなく使いやすいアイテムでした。

デオエースを使用してみた感想

美容ライター:中村 沙織

美容ライター

蓋を外し、汗が気になる部位にロールを転がしあてるだけの簡単ケアが叶う優れモノ!

スプレータイプの制汗剤は、気になる部位にしっかりとスプレーできず何度もシューッと塗布し直すことが多い筆者。しかし『デオエース EX(プラス)』は気になる部位に直接しっかりと塗布できるため、とても使いやすく感じました。

また、ベタつかずサラッと爽やかなお肌がキープできましたよ。

今回レビューした『デオエース EX(プラス)』はこちら

B&S labo Factory『デオエース EX(プラス)』

B&SlaboFactory『デオエースEX(プラス)』 B&SlaboFactory『デオエースEX(プラス)』 B&SlaboFactory『デオエースEX(プラス)』 B&SlaboFactory『デオエースEX(プラス)』 B&SlaboFactory『デオエースEX(プラス)』
出典:Amazon この商品を見るview item
内容量 40ml
成分 クロルヒドロキシアルミニウム、ステアレス-2、オクチルドデカノール、ステアレス-21、DPG、ミリスチン酸イソプロピル など
原産国 ポーランド

内容量 40ml
成分 クロルヒドロキシアルミニウム、ステアレス-2、オクチルドデカノール、ステアレス-21、DPG、ミリスチン酸イソプロピル など
原産国 ポーランド

デオエースの口コミ・評判は?

ここからは、『デオエース EX(プラス)』の口コミや評判についてチェックしていきます。

良い口コミ・評判

・コロコロ転がすだけで簡単に汗のニオイケアができます!

・何度もリピートしている夏の鉄板アイテム。

・汗や汗のニオイ、服の汗ジミが気にならず素晴らしい商品です!

ロールオンタイプが大変使いやすく、気になる夏の悩みも簡単にケアできたという声が多数ありました。

悪い口コミ・評判

・わりと大きいので持ち運びには向かないかも・・・?

・乾かすのに時間がかかった。

使う人によっては、サイズ感がやや大きいと感じることも。その場合は持ち運び用としては使わず、自宅用として使うのが良いですね。
また、乾かすのに時間がかかったという声も。筆者は脇と肘の内側にひと塗りしましたが、30秒ほどでサラサラになりました。
ひと塗り以上使用し、お肌に付着した液体量が多い場合は、乾燥するまでにある程度の時間を要することになります。

購入前によくあるFAQもチェックしよう

ここからは、『デオエース EX(プラス)』に関するFAQついて答えていきます。

question iconデオエースはどこで購入できますか?

answer icon

薬局では取り扱いがありませんが、公式サイトの他、Amazonや楽天、Yahooショッピングなどの通販サイトで購入できます。

question iconワキガにも効果はありますか?

answer icon

ワキガの方も使用できます。しかし、ワキガに悩んでいる方は、医薬部外品の『デオエース薬用デオドラントAクリーム』がおすすめ。制汗と殺菌に優れ、ワキガや多汗などの悩みにも効果が期待できます。

question iconお得に買えるキャンペーンなどはある?

answer icon

公式購入サイトでは、定価税込7,800円の『デオエース EX(プラス)』を5,200円オフの税込2,600円で購入できる特別キャンペーンをおこなっています。

question icon1年中使えますか?

answer icon

『デオエース EX(プラス)』は1年中使うことができます。汗や汗のニオイ悩みは特に汗をかきやすい夏のみならず季節問わず気になりますよね。ぜひ1年を通して『デオエース EX(プラス)』で汗のニオイケアをしてみてくださいね。

『デオエース EX(プラス)』はこんな人におすすめ!

美容ライター:中村 沙織

美容ライター

『デオエース EX(プラス)』は、使いやすいロールオンタイプでアルコールフリー処方の制汗剤。アルコールでお肌が荒れてしまう方も使いやすいアイテムなのが何よりうれしいポイント。そして、ひと塗りで広範囲に塗布できる大きめなロールを採用しているため、ものの数秒でケアが完了!忙しい朝や時間のない夜、外出先などでパパッと時短で汗のニオイケアをしたい方におすすめです。

その他の関連記事 【関連記事】

制汗剤レビュー記事

制汗剤関連記事はこちら

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がハピコス powered by マイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:ハピコス編集部

page top button