【産後ママ必見】体型戻しにおすすめのグッズリスト|産後ダイエットはいつから始める?

【産後ママ必見】体型戻しにおすすめのグッズリスト|産後ダイエットはいつから始める?

産後、戻らない体重やたるんだおなかが気になるママは多いもの。妊娠前の体型に戻していきたいですよね。この記事では、産後ママの体型戻しにおすすめのグッズを紹介! ガードルや骨盤ベルトなど着用するだけの補正下着を中心に厳選しました。気になる産後ダイエットの方法なども合わせて紹介します。


編集部
桑野 美帆子

おすすめナビでは、主に『ベビーキッズ』『美容健康』を担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する20代編集部員。いかに安く、お得に買えるかがモットーで、セール情報や特集も見逃さない!!なかでも某大手ECサイトを愛用し、買い物だけで年間10万以上のポイントを稼ぐ。コスメやお取り寄せスイーツを買い漁るのが大好き。プライベートはほぼ愛犬のポメラニアンに注いでいる。

産後の体型ケアはいつから始めるのがベスト? 医師に相談してスタート!

答えは、産褥期後、医師に相談してスタートするのがベスト!

実はおなかはすぐに元通りになるわけではありません。大きくなった子宮が元のサイズに戻るまでに約6週間かかり、皮下脂肪も付いたままの状態であるためです。このほか骨盤まわりなど、出産の際にダメージを受けた靭帯や筋肉の回復にも半年ほどの時間がかかります。

増えた体重やたるんだおなかに耐えられず、産後すぐにでもダイエットをはじめたいママさんも多いと思いますが、少なくとも身体の回復期間にあたる産褥期(産後6~8週間)は激しい運動も食事制限もNG。焦りや無理は禁物です。ダイエットを開始するベストな時期は人により異なりますが、産後3カ月目くらいがひとつの目安。開始時期は医師に確認のもと、1年など時間をかけてゆっくり元に戻していきましょう。

ダイエットをする女性
ペイレスイメージズのロゴ

【必要なもの】産後体型ケアにおすすめのグッズリスト 補正下着を上手に活用して!

産後の体型戻しに効果的な方法は、食事制限やヨガ、運動などさまざまありますが、「産後リフォームインナー」など産後の体型補正に役立つ補正下着を活用する手も。ここでは産後の体型ケアにおすすめのグッズを紹介します!

産後用ガードル

 

産後用ガードルは、おなか、ウエスト、ヒップ、太ももの引き締め、さらに骨盤もサポートしてくれるアイテム。産後ママの体型戻しの心強い味方です!

基本的には産褥期(産後6~8週間)を超えて使用しますが、使用時期は医師に相談しましょう。産後すぐは骨盤ベルトや産後ショーツで過ごし、途中から切り替えるのがおすすめです。

ソフト、ミディアム、ハードなど引き締める強さの異なるアイテムが用意されているので、体型や履き心地の好みに合わせて選ぶといいでしょう。

Amazon:産後用ガードルランキングを見る

骨盤ベルト

 

骨盤ベルトは、出産で負担がかかりがちな腰や骨盤を支えてくれるアイテム。腰痛予防として、妊娠中から着用しているママさんもいますよね。産後に着用することで、骨盤の戻りもサポートしてくれます。

産後すぐや産褥期から使えるアイテムもあるので、医師に確認のもと、メーカーの推奨期間を確認して使用しましょう。なお、産前から使っている骨盤ベルトを継続して使いたい場合は、産後使用が可能なアイテムかどうか、必ず確認しましょう。

Amazon:骨盤ベルトランキングを見る

ウエストニッパー

 

ウエストニッパーは、その名の通りウエストに巻き付けて使用するアイテム。おなかや骨盤回りを固定することで、出産で緩んだ骨盤を安定させてくれます。装着が簡単なのもメリット。

こちらも産後すぐに使えるアイテムがあるので、チェックしてみてください。

Amazon:ウエストニッパーランキングを見る

産後用ショーツ

 

産後用ショーツは、産後の体型に合わせて設計されたショーツのこと。マタニティショーツと同様に、産後のおなかをスッポリ包みつつ、快適な締め付けでウエストやボディラインを整えてくれます。

おなかと同時にバストのシルエットも整えたい人は、産後ブラと産後用ショーツをセットで揃えることもできますよ。

楽天市場:産後用ショーツランキングを見る

産後体型ケア・体型戻しの方法を紹介!

産後の体型ケアは補正下着を活用すると同時に、ダイエットや運動、産後ヨガなども行なうとさらに効果的です。ここではさまざまな体型戻しのアイディアを紹介します!

産後ヨガ

ヨガをする女性たち
ペイレスイメージズのロゴ

産後の運動といえば、まず「産後ヨガ」を思い浮かべる人も多いのでは? 産後の体型戻しや体力戻しに効果的だといわれています。ヨガは深い深呼吸をしながら身体を動かすので、運動不足解消だけでなく、ストレス解消やリラックス効果もあり、産後身体も心も疲れてしまったママにもおすすめ。

産後ヨガは心身の調子を整えるポーズが中心になっているのも特徴。無理なくできるので、初心者ママでも安心です。自宅で動画を見ながら取り組むほか、オンラインレッスンを受ける、産後ヨガ教室に通うという手も。教室に通えばママ友も作りやすいです。

ヨガでなくても、産後ママ向けの「腹横筋エクササイズ」や「ウォーキング」などの有酸素運動もおすすめ。負荷が少なく続けやすい運動を毎日継続しましょう。

栄養バランス

野菜
ペイレスイメージズのロゴ

出産をおえると、それまで子宮から圧迫されていた胃がラクになるため、ついつい食べ過ぎてしまうママも多いようです。ダイエットの基本として、まずは食べ過ぎに注意してください。ジャンクフードやスナック菓子など間食も極力控えましょう。

一方で、ダイエットの結果を焦ると、極端に食べる量を減らす、もしくは低カロリーなものだけ食べるという手段をとりがち。ですが、極端な食事制限は母乳の成分に影響する場合があります。厚生労働省は、授乳中は摂取エネルギーを1日あたり350kcal増やすことを推奨しています。

授乳中のママは、赤ちゃんの栄養のためにも、必要量のカロリーを摂ること、さらに栄養バランスの整った食事を心がけることが大切です。

骨盤矯正

マッサージを受ける女性
ペイレスイメージズのロゴ

下半身の体型がなかなか戻らない要因のひとつに、骨盤のゆがみがあります。これは骨盤がゆがむことで内臓が圧迫されたり、下垂状態になったりしていることが要因といわれています。そのほか出産による骨盤のズレやゆがみは、腰痛や肩こりなど体調にさまざまな不調を引き起こす要因にも。

そのため「体型が戻りにくい」「腰痛がひどい」などの悩みを抱えるママや、骨盤の不安定さを感じるママは、接骨院・整骨院などで「産後骨盤矯正」の施術を受けるのもおすすめ。産後開いてゆがんでしまった骨盤を整え、徐々に閉じるように調整してくれます。

先輩ママの体験談・口コミを紹介! 産後の体型ケアはどうしてた?

先輩ママは、産後の体型ケアにどんな対策をしていたのでしょうか? ここでは先輩ママたちの体験談を紹介します!

産後体型ケアグッズを【使っていた派】の口コミ

出産直後1週間くらいは「骨盤ベルト」「ウエストニッパー」を、産後1~3カ月は「ガードル」を活用していました。

骨盤ベルトは、産院からお産のあとに必要になるから入院までに用意するようにいわれ、産前&産後使えるタイプを購入。しっかりと締め付け感のあるタイプだったので、安定感があって快適でした。ただ座ってるときにつけると苦しいので、立ってるとき、歩くとき、横になるときに着用していました。また、合わせて産後の大きなおなかが気になったのでウエストニッパーも購入。ただ、夏に使用していたので暑かったです。外出時は耐えられないので外していました。

その後、下半身についたお肉がなかなか落ちなかったのでガードルを購入。毎日着用して生活していました。履くだけで痩せるということはありませんが、太ももやお尻にほどよい締め付け感や圧がかかるのが心地よかったです! また、猫背になるとガードルが食い込んでくるので、姿勢を良くしようという意識が習慣になりました。(Nさん/2歳男の子)

3児のママです。一人目はとくに何もせず体型が戻ったのですが、あとから骨盤矯正しておけばよかったと後悔。

二人目のときは、産後直後に腰が痛すぎて歩けなくなり整体へ。そのあと少しだけ骨盤ベルトを使用しました。徐々に体重が戻り、おなかのお肉は落ちてないけど多少ウエストも戻ったかも。

三人目も腰が痛すぎて、整体と骨盤矯正に3回くらい通いました。その後コルセットを使用したのですが、これがとてもよかった! 助骨が締まるし、トイレのときもつけたままだから、そんなに苦じゃない! でも産後10カ月ですがまだおなかのお肉が落ちないので、そろそろ運動もしなきゃダメだな~と思っています。(Mさん/4歳男の子、3歳女の子、0歳男の子)

産後体型ケアグッズを【使わなかった派】の口コミ

わたしの場合は食事で産後ダイエットに成功しました! 一人目のときはスムージー二人目のときは具沢山の野菜スープで体重を減らしました。スープは鍋1杯分たっぷり作って、それを3食かけて食べるように。野菜のほかに、ベーコンやウインナーなども入れていました。

一応骨盤ベルトも購入したのですが、着脱が面倒で使わずに終わってしまいました……。(Sさん/4歳女の子、0歳男の子)

産後ダイエットとして、食事制限をしていました。さらにジムや産後ヨガにも毎週通い、運動もしていました。一人目のときは合わせて骨盤ベルトも使用していましたが、二人目では使用していません。(Nさん/3歳女の子、1歳女の子)

産後の身体の変化の悩みに関するおすすめ記事

産後は体型の戻りや体重の悩みだけでなく、抜け毛や尿漏れ、肌のシミなどで悩むママも多いようです。あわせてこの記事もチェックしてみてください!

体型戻しは無理せず焦らず「継続」が大切!

産後すぐは、なかなか戻らない体重やたるんだままのおなかが気になりますよね。できるだけ早く妊娠前の体型に戻したいけれど、育児に追われてなかなか運動ができない……といったママさんも多いはず。ですが、焦らず無理せず、毎日少しずつでも継続していくことが大切です。

運動や食事制限にプラスして、ぜひこの記事で紹介した産後リフォームインナーなどの補正下着も上手に活用してみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

おすすめナビでは、主に『ベビーキッズ』『美容健康』を担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する20代編集部員。いかに安く、お得に買えるかがモットーで、セール情報や特集も見逃さない!!なかでも某大手ECサイトを愛用し、買い物だけで年間10万以上のポイントを稼ぐ。コスメやお取り寄せスイーツを買い漁るのが大好き。プライベートはほぼ愛犬のポメラニアンに注いでいる。

関連する記事


ニップルシールドおすすめ5選【メデラ・ピジョン・カネソン】助産師のランキングも!

ニップルシールドおすすめ5選【メデラ・ピジョン・カネソン】助産師のランキングも!

ニップルシールドの選び方とおすすめの商品をご紹介します。ニップルシールドは乳頭保護器とも呼ばれ、授乳時の乳首の痛みや赤ちゃんが上手に吸えないなどのトラブルをサポートしてくれる便利なアイテムです。この記事では妊娠・出産・育児相談の専門家である助産師ナキさんへの取材をもとに、「ピジョン」「カネソン」「メデラ」の各メーカーから、おすすめニップルシールドを厳選しました。記事後半では助産師ナキさんによる、商品のランキングも発表します。ぜひ参考にして、赤ちゃんとママに合ったニップルシールドを見つけてくださいね。

tag icon 母乳・ミルクグッズ , ベビー用品 , 産後ママグッズ

母子手帳ケースおすすめ21選|人気のジェラピケや無印も!【おしゃれで使いやすい】

母子手帳ケースおすすめ21選|人気のジェラピケや無印も!【おしゃれで使いやすい】

母子手帳(母子健康手帳)の保管や持ち運びに便利な母子手帳ケース。おしゃれでかわいいデザインや、有名ブランドのケースがたくさんあるのでお気に入りを見つけましょう!この記事では、ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子さんにお話をうかがい、母子手帳ケースの選び方とおすすめ商品を紹介します。Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 産後ママグッズ , マタニティグッズ

【産後用】円座クッションのおすすめ10選|産前に準備を!使用メリットや代用品も

【産後用】円座クッションのおすすめ10選|産前に準備を!使用メリットや代用品も

産前産後のママがお世話になることが多い円座クッションは、中央に穴が開いたドーナツのような形になっているのが特徴です。円座クッションがおすすめなのは、産前産後の痔などにより、デリケートゾーンに痛みがある人。そこでこの記事では、円座クッションのメリットやおすすめ商品についてご紹介します。選び方についても解説するので、あなたに合った商品を選んでください。また、記事後半では、円座クッションの代用品も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon 母乳・ミルクグッズ , ベビー用品 , 出産準備

産後ママにおすすめの手首サポーター5選|抱っこや授乳時がつらい!を軽減

産後ママにおすすめの手首サポーター5選|抱っこや授乳時がつらい!を軽減

産後、赤ちゃんのお世話で手首が痛くなってしまった経験がある方も多いでしょう。我慢し続けると腱鞘炎になってしまうこともあります。これから赤ちゃんのお世話をたくさんしたいのに、手首が痛くてなにもできなくなってしまったらたいへんですよね。この記事では、育児中の手首の負担を軽減するためのサポーターのおすめ商品を紹介します。先輩ママの産後の工夫や、腱鞘炎になってしまったときの対処法も解説していくので、手首に痛みを感じている方やこれから出産をひかえている方はぜひ参考にしてください。

tag icon サポーター , 健康グッズ , ベビー用品

【2022年】ママコートおすすめ12選|おんぶ対応や5,000円以下のプチプラも!

【2022年】ママコートおすすめ12選|おんぶ対応や5,000円以下のプチプラも!

ママコートとは、抱っこ紐をしたまま赤ちゃんごとすっぽり覆えることができるママのコートのこと。赤ちゃん部分のダッカ―を取り外せば、普通のコートとしても使える隠れたすぐれものです。この記事では、そんなママコートの選び方とおしゃれ商品をご紹介! ママたちに人気のノースフェイスやスウィートマミーといったブランドから、プチプラで買える高コスパ商品まで幅広く紹介します。

tag icon レディースコート , レディースジャケット・アウター , レディースファッション

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。