女性用登山バックパックおすすめ9選|山ガール必見! おしゃれで使いやすい

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』
出典:Amazon

登山をするときに必要なバックパック。男性の体型をベースにつくられているものが多いため、女性の体型にフィットするバックパックを見つけられないという方も多いのではないでしょうか。バックパックは荷物を詰めこむだけでなく、登山そのものの快適さを左右する大切な存在です。

本記事では、山岳/アウトドアライター・高橋庄太郎さんと編集部が厳選した女性の体型に合うバックパックのおすすめと選び方のポイントをご紹介。

後半には比較一覧表、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

女性用バックパックの特徴

女性用バックパックの最大の特徴は、男性よりも華奢で、全体的に丸みを帯びた体に合わせ、ショルダーハーネスやヒップハーネスが設計されていること。たとえば、ユニセックス用のショルダーハーネスは直線的なデザインですが、女性用のショルダーハーネスは胸もとを圧迫しないように曲線を描いています。

また、女性は男性よりもヒップとウエストの差が大きいので、腰骨に乗せてフィットさせるヒップハーネスは、ユニセックス用よりも角度がついています。そして、各部のハーネスの長さは短め。身長が低い方こそ女性用を選ぶメリットは大きく、体への負担も少なくて済みます。

女性用登山バックパックの選び方

それでは、女性用登山バックパックの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】用途やシーンに合った容量を選ぶ
【2】自分の体に合うものを選ぶ
【3】ポケットなどのディテールが使いやすいものを探す
【4】耐水性、通気性の高いものを選ぶ
【5】軽すぎない、ウエストベルト付きのものを選ぶ
【6】普段使いもするなら色やデザインも確認しよう


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】用途やシーンに合った容量を選ぶ

ハイキングする女性の写真
Pixabay license logo

登山は軽いハイキングから連泊をともなう本格的なものまであります。バックパックの容量は、登山シーンに合ったものを選びましょう

日帰りなら10~30Lまでのもの、1泊2日なら30~40L、2泊3日なら40~60L、3泊以上なら60L以上のものが選択肢になります。シュラフや防寒着の持ち込み、自炊の有無によって荷物の量が変わるので、適したものを選ぶのが重要です。

一般的に男性よりも筋力が低い女性は、重い荷物を運ぶと体に大きな負担がかかりがちです。この荷物の重さにはバックパック自体の重さも含まれるため、バックパック自体が軽ければ荷物の重さも減ります。

荷物を入れることだけを考えれば、少し大きめのものを選んでおいたほうが便利ですが、不要なほど大きいバックパックは荷物を重くするだけですので、必要十分な大きさを選びましょう。

【2】自分の体に合うものを選ぶ

長時間荷物を背負うには、自分の体に合うバックパックを選ぶのが重要です。背面長やフィット感の合うものを選びましょう。

▼背面長を測り、レディース用を選ぼう

登山をする女性の写真
Pixabay license logo

首の下にある出っ張った骨から、腰骨までの長さが背面長です。登山用バックパックには背面長が設定されています。自分の背面長に合うサイズのバックパックなら、隙間ができず自分の体にフィットするので長時間背負っても疲れにくいです。

購入するまえに自分の背面長を測り、ぴったりのサイズのバックパックを選びましょう。また、女性の体形に合わせて作られたレディースラインを選ぶのが重要です。

▼最重要ポイントは「体に合うこと」

フィット感を確かめるために、できれば購入前に試着してみるのがよいです。バックパックを正しい位置で背負ったときに、背中との間に隙間ができずぴったりフィットするものを選びましょう。

バックパック選びは、ウェア選びと同じです。男性用のウェアが女性の体にフィットしないのは当然ですし、女性用のウェアのなかにもさまざまなサイズがあり、背が低い人向けに作られたものは背が高い人には着られません。もしもサイズが合わないものをなんとか着られたとしても、心地よさは感じられないでしょう。

単に女性用を選べばいいというわけではなく、ハーネスのフィット感やサイズ感などの点でを考慮し、女性用のなかでも、特に自分の体に合うものを選ぶことが重要なのです。

【3】ポケットなどのディテールが使いやすいものを探す

登山中に荷物を取り出せるように、便利な工夫や機能のあるバックパックも豊富にあります。上下や側面から内部にアクセスできるもの、内部に仕切りがついている二気室構造のものなどです。

ほかにも、水分補給に便利なボトルなどを入れられるサイドポケットつきのものもあります。荷物の取り出しやすさもチェックしてみましょう。

【4】耐水性、通気性の高いものを選ぶ

ハイキングする女性の写真
Pixabay license logo

女性用登山バックパックの素材で、確認しておきたいのが耐水性と通気性です。気候が変動しやすい登山環境では、急な雨にも対応できるように耐水性の高い素材のバックパックを選びましょう。素材だけでなく、上部が蓋のようになっていて内部に浸水しない構造のものもあります。

バックパックと背中の間に汗をかいたままにすると、夏は不快なだけでなく、冬や雪山は体温が下がる原因にもなります。背面がメッシュになっているなど、通気性のよい素材を選びましょう。

【5】軽すぎない、ウエストベルト付きのものを選ぶ

登山する女性の写真
Pixabay license logo

登山用バックパックは軽量のものもあります。一方で、軽量にするためにショルダーベルトの厚みやポケットをなくすなど機能性をけずってしまているものもあります。軽いだけで選ばず、機能性もチェックするようにしましょう。

また、ショルダーベルトだけでなくウエストベルトも付属しているものなら、体によりバックパックがフィットします。肩と腰に負担が分散するので、長時間背負っても疲れにくいです。

【6】普段使いもするなら色やデザインも確認しよう

バックパックを背負う女性の写真
Pixabay license logo

女性用登山バックパックは、色やデザインもおしゃれなものがそろっています。登山シーンだけでなく普段使い用のバックパックとして兼用したいときには、色やデザインにも注目して選んでみましょう。

また、あざやかな色のバックパックはファッションのアクセントになるだけでなく、登山中にも目立つため万が一の遭難時にも自分の居場所を知らせるうえで役立ちます。

有名ブランド・メーカーの特徴

女性用登山バックパックは、いろいろなメーカーから発売されています。バックパック選びに迷ったら、メーカーの特徴で選ぶのもよいでしょう。

トータルコーデしやすいザ・ノースフェイス

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)はアメリカ発のアウトドアブランドで、登山やアウトドア、ランニングなどいろいろなシーンに合った機能性の高いアイテムを展開しています。

機能性は損なわず、デザイン性も高いので普段使いに取り入れられるものも豊富にあります。ウェアなど登山ファッションをトータルコーデしたいときにも、すべてそろえられます。

ほかの登山用品も一緒に探すならモンベル

mont-bell(モンベル)は日本発のアウトドアブランドです。機能美、軽量、迅速をコンセプトとした登山やアウトドアのアイテムを展開しています。

モンベルはバックパックのほか、ハットや防寒着などのウェア、さらにタオルやボトル、アウトドアファニチャーなどのギアやツールまでそろえられます。手にしやすい価格のものも充実しているので、ほかの登山用品も一緒に購入できます。

シンプルデザインで登山仕様のものならカリマー

karrimor(カリマー)はイギリス発のアウトドアブランドです。登山アイテムも雪山登山やアスリートの使用も想定したultimateラインと、トレッキングやハイキングを想定したexplorerラインがあり、登山シーンや用途に合ったアイテムが探しやすいです。

バックパックデザインはシンプルなものも多く、メンズラインとおそろいでそろえられるものも多くあります。

上級者や買い替えにもよいミレー

フランス発祥のブランドであるMILLET(ミレー)は、世界ではじめてショルダーベルトつきのバッグを発売し、現在のバックパックのもとになりました。その後、山岳登山向けの専門的な機能を取り入れたバックパックづくりを続けています。

機能性が高く、本格仕様のバックパックがそろっています。登山上級者や、ステップアップのために買い替えを検討しているときにも選択肢に入ります。

女性用登山バックパックおすすめ9選

前述した女性用登山バックパックの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

Ex oa

LOST ARROW(ロストアロー)『OSPREY(オスプレー) テンペスト 20』

OSPREY(オスプレー)テンペスト20XS-Sアイリスブルー

出典:Amazon

サイズ 縦50×横28×奥27cm(S/Mサイズ)
容量 XS/S=18リットル、S/M=20リットル
重量 XS/S=0.71kg、S/M=0.73kg (弊社実測値)
カラー ミスティックマジェンタ、ブラック、アイリスブルー、クロロブラストグリーン
素材 メイン=70×100Dナイロンミニシャドーブリック、アクセント=420HDナイロンパッククロス、ボトム=420HDナイロンパック

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

小型なのに2パターンのサイズ展開

女性の体に合わせて設計されているだけではなく、ハーネスや背面の長さによってXS/S、S/Mという2つのサイズが用意されています。

このようなサイズ展開は大型や中型バックパックでは珍しくありませんが、容量20L程度の小型では数少なく、加えて背面の長さも微調整できるなど、しっかりと体に合うようにフィット感にもこだわっています。

荷室は長いファスナーで開閉できて奥のほうに入れたものもすぐに取り出せるほか、背面にはメッシュ素材を使用していて通気性がよいのも特徴です。

Ex oa

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』

出典:Amazon

サイズ M:57.5×27×22cm、L:60×27×22cm
容量 M/35L、L/36L
重量 M/1250g、L/1270g
カラー (K)ブラック、(DP)ディープパワーパープル、(NT)ニュートープグリーン
素材 210DスノーダイアHTナイロン、355DHTナイロン

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

失敗が少ないスタンダード的存在

トップリッド(雨蓋)を外して荷物を出し入れするというオーソドックスなデザイン。とてもシンプルなルックスですが、フロントの大型ポケットや荷重を背中全体に配分する背面パネルを備え、リッドのポケットの収納量も多くするなど、現代的なバックパックの特徴も色濃いモデルになっています。

『テルス 30』という名前ですが、実際の容量は35L(Mサイズ)以上。山小屋泊の登山に必要な装備が入れられ、防寒着などで荷物がかさばる寒い時期の日帰り登山にもよいでしょう。レインカバーも付属し、ハイドレーションパックにも対応しています。

Ex oa

deuter ACT Lite 35+10 SL

deuterACTLite35+10SL deuterACTLite35+10SL deuterACTLite35+10SL deuterACTLite35+10SL deuterACTLite35+10SL deuterACTLite35+10SL

出典:Amazon

サイズ 72 / 26 / 20 (高さ×幅×奥行) cm
容量 35+10L
重量 1580g
カラー indigo-navy、graphite-black、alpinegreen-forest
素材 600D PES、 100D PA HIGH TENACITY

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

大容量でも取り出しラクラクのファスナー付き

荷室の高さを変えることで、容量は最大で45Lまでの容量に対応できるのが特徴。日帰りには大きいですが、一般的な山小屋泊はもちろん、荷物をコンパクトにまとめればテント泊の荷物も入れられます。

ショルダーやヒップのハーネスは女性用の小さめサイズで、背負いやすいように取り付け位置を微調整できます。目の粗いメッシュを使った背面パッドによって、荷物の重さで大汗をかいて快適さをキープ。

荷室の内部は上下に仕切られている、いわゆる二気室構造を採用しており下部のファスナーから奥の荷物もラクに取り出せます。

Ex oa

GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』

GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』 GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』 GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』 GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』 GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』 GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』 GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』

出典:Amazon

サイズ XS/SM、SM/MD
容量 55L
重量 XS/SM:1.53kg、SM/MD:1.53kg
カラー フォレストグレー、リバーブルー
素材 本体/210Dナイロン、裏地/135D高密度エンボスポリエステル

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

念入りな微調整で抜群のフィット感に

背面にクッション性を与えるフォーム材を大胆に肉抜きし、生地にもごく薄手のものを使用するなどの工夫で、容量55Lの大型ザックにしては軽量な1.53kgを実現。

レインカバー以外に、サングラスをかけるためのループやトレッキングポールホルダーなども付き、細かいところまでさまざまな工夫が散りばめられています。

特筆すべき点は、ハーネスや背面長をとても細かく微調整できること。念入りにフィッティングすれば、幅広い体型に合わせることが可能です。

本商品に限らずグレゴリーのバックパックは多くのモデルが男女別でつくりわけられているため、女性用モデルが探しやすいのが特徴です。

Millet(ミレー)『SAAS FEE(サース フェー)30+5』

[ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M

出典:Amazon

サイズ 縦61×横27×奥行18cm、バックレングス:M48cm、L51cm
容量 30+5L
重量 1,500g
カラー BLACK-NOIR、DEEP RED、GOLD CUMIN、SAPHIR、CACTUS
素材 表地:ナイロン(210 CORDURA OX)

ハイキングでオールラウンドに活躍してくれる

ハイキングから本格的な縦走まで、オールラウンドに活躍してくれるバックパックです。表面には耐久性が高いコーデュラナイロンを採用し、独自の背面システムで背中の蒸れを防ぎます。負担がかかりがちなヒップと肩部分はクッション性の高い素材を使用しているので、長時間背負っていても快適です。

大型のヒップベルトには、大きな画面のスマホも入れられるポケットが付いています。背負ったまま飲み物を出し入れできるメッシュポケットや、たくさんのジッパーポケットも便利です。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)『ホットショット クラシック NM72006』

(ザノースフェイス)THENORTHFACENM72006ホットショットクラシックリュックデイバッグユニセックスK (ザノースフェイス)THENORTHFACENM72006ホットショットクラシックリュックデイバッグユニセックスK (ザノースフェイス)THENORTHFACENM72006ホットショットクラシックリュックデイバッグユニセックスK (ザノースフェイス)THENORTHFACENM72006ホットショットクラシックリュックデイバッグユニセックスK (ザノースフェイス)THENORTHFACENM72006ホットショットクラシックリュックデイバッグユニセックスK (ザノースフェイス)THENORTHFACENM72006ホットショットクラシックリュックデイバッグユニセックスK

出典:Amazon

サイズ 縦51×横33×奥行20cm
容量 26L
重量 1135g
カラー BR、DC、K、NG、RL、UN、ZG
素材 420Dナイロン(K)、300Dポリエステルヘザー(ZG、UN)、210Dリップストップナイロン(BR、RL)など

タウンユースでもおしゃれに映えるバッグパック

ノースフェイスの定番デザインはそのままに、機能面と素材強度とを重視した多機能バックパックです。カラーバリエーションが豊富で、アウトドアだけでなくタウンユースでもおしゃれに使えます。「スパインチャンネル構造」は背骨にかかる負担を軽くしてくれ、通気性の高い立体構造を採用しているのが特徴

収納式のウエストベルトと、背中に沿うようにカーブが付いているショルダーハーネスにより、長い時間でも楽に背負っていられます。

SALOMON(サロモン)『TRAIL(トレイル)20』

[サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L [サロモン]バックパック・リュックサックTrailOriginal(トレイル20オリジナル)Black20L

出典:Amazon

サイズ 縦45×横23×奥行17cm
容量 20L
重量 380g
カラー ブラック、ブライトレッド
素材 ナイロン

軽量でフィット感抜群、トレイルとラン両方で使える

ショルダーハーネスと背面パネルとが一体化しており、400gほどの軽量さから日帰りハイキングやランニングに使えるバックパックです。身体へのフィット感が抜群で、肩の広い範囲に荷重を分散できます

細身なので肩甲骨の動きが妨げられず、腕を振るような場面でもストレスがありません。表面はメッシュ加工されており、通気性も抜群。シンプルなデザインは使い勝手がよく、型崩れもしないので、タウンでもおしゃれに映えます。

HAWK GEAR(ホークギア)『バックパック r016』

[HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(迷彩B)

出典:Amazon

サイズ 縦70×横30×奥行10cm
容量 80L
重量 約2,300g
カラー イエロー、オレンジ、カモフラージュ、コバルトブルー、コヨーテ、ジェットブラック、ダークグレー、パープル、ピンクほか
素材 防水軍用キルト3重編み仕様

80Lの大容量、ソロキャンプや本格的な登山向け

大容量の80Lのバッグパックです。登山道具と寝袋、ストックや三脚などを丸ごと携行できるサイズなので、ソロキャンプや本格的な登山にも使えます。アウトベルトを使えば、テントなどを外へ付けられさらに容量アップが可能

側面には多くの調整ベルトが付いているので、小柄な女性でも自分に合わせて背負い心地を調節できます。人間工学に基づいた「ドラゴンボーンテクノロジー」で、フィット感を高める工夫がされています。下部に袋状の絞りがあり、2気室のようにすることもできます。

GREGORY(グレゴリー)『FINE DAY(ファインデイ)』

[グレゴリー]バックパックリュック公式ファインデイ現行モデルBLACKBALLISTIC [グレゴリー]バックパックリュック公式ファインデイ現行モデルBLACKBALLISTIC [グレゴリー]バックパックリュック公式ファインデイ現行モデルBLACKBALLISTIC [グレゴリー]バックパックリュック公式ファインデイ現行モデルBLACKBALLISTIC

出典:Amazon

サイズ 縦43×横34×奥行13cm
容量 16L
重量 505g
カラー BLACK BALLISTIC、FUCHSIA、GARDEN TAPESTRY、HICKORY STRIPESほか
素材 ナイロン

グレゴリーの定番デイバッグを小さくシンプルに

グレゴリーの定番デイバッグのDNAはそのままに、少し小ぶりなサイズにしたモデルです。無骨さが薄れ、小柄な女性の方にも使いやすいサイズになっています。ショルダーストラップにはグレゴリーの特徴のEVAを使用し、ホールド感は抜群

トレッキングポールやアイスアックスが装着できるストラップ付きで、ハイキングでも十分に使えます。カラーバリエーションはネオンカラー使いや花柄、ストライプなどもあり多種多様。斜めに付いたフロントポケットも、おしゃれな見た目に一役買っています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
LOST ARROW(ロストアロー)『OSPREY(オスプレー) テンペスト 20』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』
deuter ACT Lite 35+10 SL
GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』
Millet(ミレー)『SAAS FEE(サース フェー)30+5』
THE NORTH FACE(ノースフェイス)『ホットショット クラシック NM72006』
SALOMON(サロモン)『TRAIL(トレイル)20』
HAWK GEAR(ホークギア)『バックパック r016』
GREGORY(グレゴリー)『FINE DAY(ファインデイ)』
商品名 LOST ARROW(ロストアロー)『OSPREY(オスプレー) テンペスト 20』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Tellus(テルス)30』 deuter ACT Lite 35+10 SL GREGORY(グレゴリー)『MAVEN(メイブン)55』 Millet(ミレー)『SAAS FEE(サース フェー)30+5』 THE NORTH FACE(ノースフェイス)『ホットショット クラシック NM72006』 SALOMON(サロモン)『TRAIL(トレイル)20』 HAWK GEAR(ホークギア)『バックパック r016』 GREGORY(グレゴリー)『FINE DAY(ファインデイ)』
商品情報
特徴 小型なのに2パターンのサイズ展開 失敗が少ないスタンダード的存在 大容量でも取り出しラクラクのファスナー付き 念入りな微調整で抜群のフィット感に ハイキングでオールラウンドに活躍してくれる タウンユースでもおしゃれに映えるバッグパック 軽量でフィット感抜群、トレイルとラン両方で使える 80Lの大容量、ソロキャンプや本格的な登山向け グレゴリーの定番デイバッグを小さくシンプルに
サイズ 縦50×横28×奥27cm(S/Mサイズ) M:57.5×27×22cm、L:60×27×22cm 72 / 26 / 20 (高さ×幅×奥行) cm XS/SM、SM/MD 縦61×横27×奥行18cm、バックレングス:M48cm、L51cm 縦51×横33×奥行20cm 縦45×横23×奥行17cm 縦70×横30×奥行10cm 縦43×横34×奥行13cm
容量 XS/S=18リットル、S/M=20リットル M/35L、L/36L 35+10L 55L 30+5L 26L 20L 80L 16L
重量 XS/S=0.71kg、S/M=0.73kg (弊社実測値) M/1250g、L/1270g 1580g XS/SM:1.53kg、SM/MD:1.53kg 1,500g 1135g 380g 約2,300g 505g
カラー ミスティックマジェンタ、ブラック、アイリスブルー、クロロブラストグリーン (K)ブラック、(DP)ディープパワーパープル、(NT)ニュートープグリーン indigo-navy、graphite-black、alpinegreen-forest フォレストグレー、リバーブルー BLACK-NOIR、DEEP RED、GOLD CUMIN、SAPHIR、CACTUS BR、DC、K、NG、RL、UN、ZG ブラック、ブライトレッド イエロー、オレンジ、カモフラージュ、コバルトブルー、コヨーテ、ジェットブラック、ダークグレー、パープル、ピンクほか BLACK BALLISTIC、FUCHSIA、GARDEN TAPESTRY、HICKORY STRIPESほか
素材 メイン=70×100Dナイロンミニシャドーブリック、アクセント=420HDナイロンパッククロス、ボトム=420HDナイロンパック 210DスノーダイアHTナイロン、355DHTナイロン 600D PES、 100D PA HIGH TENACITY 本体/210Dナイロン、裏地/135D高密度エンボスポリエステル 表地:ナイロン(210 CORDURA OX) 420Dナイロン(K)、300Dポリエステルヘザー(ZG、UN)、210Dリップストップナイロン(BR、RL)など ナイロン 防水軍用キルト3重編み仕様 ナイロン
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月24日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 女性向け登山用バックパックの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの女性向け登山用バックパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:女性向け登山用バックパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

女性用登山バックパックに関するQ&A よくある質問

Faq qx2季節にあわせて選ぶコツは?

Faq ax2

夏場はムレ防止のため通気性のよい背面メッシュタイプがよいでしょう。ただし、冬場の雪が降るなかで使うと、そこに雪が積もってしまいます。その点も考慮のうえ選びましょう。

Faq qx2最近のトレンドは?

Faq ax2

グレゴリーやオスプレーが売れ筋です。登山愛好家の間では、ミレーやカリマーがとくに人気です。カリマーやコロンビアは若者の間でも定番の人気ブランドで、普段使いも多く見られます。また、最近ではアークテリクスも軽量かつシンプルなデザインで人気です。

【関連記事】そのほかの登山用バックパック関連の記事はこちら

ハーネス類のフィット感がポイント 山岳/アウトドアライターからのアドバイス

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

バックパックにおけるユニセックスと女性の違いは、基本的にはハーネス類の違いです。ハーネス類は体に直接触れ、荷物を固定するものだけに、自分の体に過不足なくフィットするものを選ぶことが、なによりも優先されます。

また、世界的に見ても雨が多い日本の気候では、バックパックに合わせて使うレインカバーも重要です。あらかじめ付属しているモデルも増えていますが、省かれているモデルもまだまだあります。セレクトするときにはレインカバーの有無をしっかりと確認し、必要があれば買い足してから登山に向かうといいでしょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


コールマンタープおすすめ14選|日除・雨除けに! UVカット・遮光性の高い商品も

コールマンタープおすすめ14選|日除・雨除けに! UVカット・遮光性の高い商品も

キャンプのとき、日陰を作ったり、夜露を防いで快適な食事やくつろぎのリビングスペースを構築したりするのに欠かせないアイテムがタープです。なかでもコールマンのタープやテントは、いろいろなキャンプ場でよく見かけるほど普及しています。この記事では、コールマンタープの選び方のコツとおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , テント・タープ , タープ

【2021年版】クーラーボックスおすすめ30選|キャンプやアウトドア、釣りに便利な高保冷タイプまで

【2021年版】クーラーボックスおすすめ30選|キャンプやアウトドア、釣りに便利な高保冷タイプまで

作家でアウトドアライターの夏野栄さんへの取材をもとに、2021年版クーラーボックスをご紹介します。アウトドア・キャンプや登山や魚釣りにも役立つクーラーボックス。折りたたみタイプの便利な商品などを厳選して紹介します。ぜひ参考にしてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , クーラーボックス

キャンプ用テントおすすめ16選|ワンタッチテントやコールマンなども紹介

キャンプ用テントおすすめ16選|ワンタッチテントやコールマンなども紹介

キャンプなど、アウトドア好きなら持っておきたいテント。最も一般的なドーム型、設営が簡単なワンポール型、リビングと寝室が一体化した2ルーム型など、その種類はさまざまです。この記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用テントの選び方とおすすめ商品を紹介します!記事後半には通販サイトの人気ランキングもありますので参考にしてみてくださいね。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , テント

バーベキュー用の炭おすすめ14選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキュー用の炭おすすめ14選|臭いや煙のでない成形炭も紹介

バーベキューやキャンプで便利な燃料といえば炭ですが、種類も使い方もさまざまなタイプのものが販売されています。調理時や後片付けがしやすい、臭いや煙の出ないオガ炭も紹介します。さらamazonやヤフーの人気売れ筋ランキングや比較一覧表もありますのでぜひチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , キャンプ用調理器具 , キャンプファイヤー

ポータブル電源おすすめ12選|大容量・パススルー充電対応モデルも

ポータブル電源おすすめ12選|大容量・パススルー充電対応モデルも

アウトドアだけでなく、災害などの緊急時にも役立つポータブル電源。ここでは、フリーライター&エディター堀井塚 高さんと編集部が厳選したポータブル電源のおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag アウトドア・キャンプ , 防災グッズ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。