登山用バックパックおすすめ10選【モンベル・グレゴリーほか】容量や目的別選び方

モンベル(mont‐bell) チャチャパック30 1123955 ブラック BK
出典:Amazon
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用バックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。場合によってはテントなどの大きなものを持って行かなければならず、必要なものをまとめられる登山用バックパックは必要不可欠です。安全かつ快適に登山するためにも、用途に合う登山用バックパックを、本記事でしっかり見ていきましょう。記事後半では比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


登山用バックパックとは? 登山時に便利な機能が充実、普段使いにも

登山がしやすい専用のリュックとして作られたのが登山用バックパックです。登山することをアシストしてくれる機能や装備が含まれているリュックになっています。仕様としてポケットなどが充実しているのも。

体にフィットするように設計されているので登山の動作にセーブがかからないようになっている。そのほかにも工夫がたくさんされています。

登山用バックパックの選び方 フィットとサイズ、容量、機能面、目的シーンなど

アウトドアライター・夏野 栄さんに、登山で使うバックパックを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。使い勝手がいい登山用バックパックを見つけるためにも、詳しく見ていきましょう。

登山用バックパックを背負った女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

登山用バックパックは、容量や機能などいくつかの選ぶポイントがあります。

フィットとサイズから選ぶ 背面長のマッチングが重要

作家/アウトドアライター

登山用バックパックを背負った際の「疲れ」は体に合っているかどうかで大きく変わります。そのため登山用バックパックを選ぶ場合、ウエア以上にフィットに気を配る必要があります。

はじめにチェックすべきポイントは背面長のマッチング。自分の「背面長」を知る必要があります。まずは腰骨の上端を探し、次に第七頚椎(首の後ろの最も出っ張っている骨)を探します。第七頸椎を起点に、腰骨上端までの長さを背骨のアーチに沿うように計測すると「背面長」が測定できます。

対応サイズの目安は、41~46cm=S、46~51cm=M、51~56cm=Lとなります。登山用バックパック側のサイズはメーカーによっても異なるため商品詳細を確認してみてください。

容量から選ぶ 30L以下、35~45L、50L以上の区分を目安に

作家/アウトドアライター

荷物を運ぶための登山用バックパックは、荷物容量に合わせたサイズのものを選びます。ここでは大は小を兼ねません。合致した量の荷物をパッキングすることで、その登山用バックパックのもつ本来のスペックが発揮されます。

全荷物量を事前に把握している方は、荷物量に合致する容量のサイズから選びます。またまだ荷物量がイメージできないという場合には、想定している山行日程からだいたいのマッチする容量が計算できます。

日帰りなら30L以下、1泊2日の週末山行なら35~45Lほど、3泊以上なら50L以上の登山用バックパックが該当します。

機能面から選ぶ チェストベルト、気室、トップリッド、ポケットなど

作家/アウトドアライター

チェストベルト、メッシュ、ミニマルデザインなど

より快適な登山用バックパックを選ぶ際に、機能面のチェックも重要になります。まず背負い心地にも関連する部分では「チェストベルト」の仕様に注目してみてください。細部まで微調整が可能なものからざっくりした調整しかできないもの、おまけ程度の頼りないものまでさまざまあります。なるべくチェストベルトの微調整が可能でつくりがしっかりした登山用バックパックを選びましょう。

また外部ポケットやメッシュ装備といった部分は、行動中の使い勝手につながります。同時に、クライミングやアクティビティで使用する場合には、「なるべく外部になにもなくつるんとした」ミニマルなデザインが安全です。想定する用途から、マッチした機能を選んでみてください。

気室の数で確認する

登山バックパックの内部は気室と言います。気室が2つに分かれている場合は2気室です。大きく1つになっているのが1気室となっています。使う道具の数によって気室の仕様を選ぶのがよいでしょう

気室の仕切りはジッパーによって封をすることで空間ができます。自分にはどれくらいの容量があるとよいか考えながら2気室がよいのか、1気室でよいのかを選んでみましょう。

トップリッドが装備されている

バックパックは装備として口の部分から雨や水分などが入らないようにトップリッドがついている製品があります。収納スペースがたくさんトップリッドの周りについていることがあります。

アウトドアでよく使う道具などはトップリッド周りのスペースにいれてなるべく口を開けない設計がされています。着脱式の製品もあるのでいろいろ確認してみましょう。

ポケットについて確認する

登山バックパックを選ぶときにはポケットの数なども見てみましょう。製品の横にポケットがついているとかんたんな軽食や水筒などを入れておけて、取り出しやすいのでよいです。

ウエスト部分にポケットがくる製品もあります。入れているものの確認がしやすいので貴重品や地図などといった身の近くに置いておきたいものをいれておくとよいでしょう。

目的シーンから選ぶ 縦走やクライミング、水辺でも使うかなど

作家/アウトドアライター

登山用バックパックには容量以外に「キャラクター」の違いがあります。それぞれの個性には、利用シーンにマッチする特性が与えられています。縦走やクライミング、水辺を強く意識したタイプから軽量性に特化したタイプまで、幅広い個性の登山用バックパックが各社からリリースされています。どういうシーンやアクティビティでメインで使うのかを意識して選びましょう。

クライミングや獣道、藪漕ぎ(やぶこぎ)などで使う可能性が高いなら、耐摩耗性と耐靭性(たいじんせい)の高い生地を選びたいところ。また引っ掛け防止のため、外部にポケットやコードがあまりついていない登山用バックパックがおすすめです。

オープンなルートを歩くことがメインなら、軽量バックパックもおすすめです。

登山用バックパックのおすすめ10選 モンベル、グレゴリーほか、人気のアウトドアブランドも

うえで紹介した登山用バックパックの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライター・夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品、編集部で選んだ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

グレゴリー『ズール40』

グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』

出典:Amazon

容量 SM/MD:38L、MD/LG:40L
重量 SM/MD:1.32kg、MD/LG:1.33kg
サイズ -
背面サイズ -

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

より快適に進化。1泊の山行に

背面のフィット感や重量バランスに定評ある『ズール』が、2019年モデルでさらに進化してより快適に。背面部からウエストベルト、ショルダーハーネス裏にいたるまでメッシュ層を配した「フリーフロートサスペンション」を採用することで、フィット感と通気性がさらに向上しています。

幅広く使える登山用バックパックですが、容量としては1泊の山行や、2人分の荷物をひとつのバックパックで運ぶデイハイクにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『チャチャパック30』

モンベル(mont‐bell)チャチャパック301123955ブラックBK

出典:Amazon

容量 30L
重量 1.18kg
サイズ 幅29×奥行き21×高さ65cm
背面サイズ 53cm

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

モンベルの代表的な汎用性の高い登山用バックパック

国内の山に登れば必ずすれ違うモンベルの登山用バックパック。なかでもこの『チャチャパック』は、代表的ともいえるコンフォートな登山用バックパックのひとつです。30Lという汎用性の高い容量で重量は1.18kgの良バランス。

フロント下部が大きく開きクイックに内部へアクセスできるU字型ジッパーや、ウエストベルトのポケットなど使い勝手も良好。旅行用としても便利です。幅広い用途に使いたい方、また登山初心者にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ミレー『サースフェー 40+5』

ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』

出典:Amazon

容量 40+5L
重量 1.57kg
サイズ 幅29×奥行き20×高さ62cm
背面サイズ 48cm(Mサイズ)

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

使い勝手向上、トップクラスの背負い心地

ミレーの定番登山用バックパックにして、人気モデル。バージョンアップを重ね、より快適にブラッシュアップされています。通気性や弾性にこだわった背面クッションと背面長に合わせたサイズラインナップで快適。メーカーのコピーである「ファーストクラスの背負い心地」は、さすがです。

また2カ所の開口部からアクセス可能なメッシュポケットや、行動時の出し入れにも便利なジッパーポケットなど、外部収納が扱いやすく使い勝手も抜群でおすすめ。2019年モデルでは、コンプレッションベルトによりサイドにテントマットも取りつけ可能になっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『アルチプラノパック20』

モンベル『アルチプラノパック20』

容量 20L
重量 0.76kg
サイズ 幅26×奥行き16×高さ53cm
背面サイズ 51cm

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

高い防水性の軽量ザック

モンベルの2019年モデルの高機能軽量バックパックです。容量20Lでは760gという軽さで、日帰りのトレッキングやスピードハイクに最適です。耐久性の高いバリスティックナイロンを使用し、さらに防水性の高い専用インナーを内蔵しているため水辺にも強く、ドライバッグに近い感覚で扱えます。

チェストやウェストベルトの収納が使え、ポーチでの拡張も簡単なため、私自身は渓流釣りのフィッシングベスト代わりにも使ってます。軽量かつ雨にも強いため、バイクツーリングにもおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アークテリクス『アルファ AR 35 バックパック』

アークテリクス『アルファAR35バックパック』

出典:Amazon

容量 35L
重量 1.17kg
サイズ 幅45.7×奥行き12.7×高さ61cm
背面サイズ 46.5~51.5cm

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

クライミングや沢登りにもぴったりな高い耐久性

デザイン性にすぐれ、タウンユースとしても人気のアークテリクスの登山用バックパック。なかでもクライミングなどに特化し、関連機能を優先させているのが「アルファシリーズ」です。

AR35は耐摩耗性、そして靭性にもすぐれた独自素材を採用しているため、高山での登山はもちろん、クライミングや、沢登りのようなアクティビティをする方におすすめです。

また、フロントに装備されたドローコードは脱着可能。さらにトップリッドも外せるため、より先鋭的なミニマルザックとして使用することもできます。

ホーミー『登山リュック50』

HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日 HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日 HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日 HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日 HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日 HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日 HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日 HOMIEEリュック登山50Lアウトドアバッグバックパックザック大容量防水ハイドレーションレインカバー付き多機能超軽量収納性抜群登山用リュックサックハイキングアウトドア防災キャンプ旅行花見遠足父の日

出典:Amazon

容量 50L
重量 0.95kg
サイズ 幅36×奥行22×高さ64cm
背面サイズ 46~51cm(Mサイズ)

オートフィット機能で自分の体型に合わせられる

上質なナイロンで作られた丈夫なバックパック。大容量なので旅行なら2~3泊分の荷物を入れられます。オートフィット機能により、ショルダーハーネスとウエストベルトが身に付ける人の体型に合わせ自動で角度調節されるので、体への負担を少なくしてくれるのが魅力。特にショルダーストラップはクッション性の高い素材で作られ、長時間背負っても快適です。

ウエストポケットがスマホを取り出しやすい場所に付いているほか、緊急用ホイッスルや反射テープが設置されているなど、細かく気配りのきいた機能が満載のバックパックです。

ワールドスポーツオンライン『ホークギア80』

[HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺)) [HAWKGEAR(ホークギア)]バックパック80L大容量防水アウトドア防災災害登山旅行(コバルトブルー(紺))

出典:Amazon

容量 80L
重量 約2.3kg
サイズ 幅48×奥行40×高さ80cm
背面サイズ -

独自の背面システムで大型でも快適!

人間工学に基づき設計されている独自のデザインで、80Lという大容量でも快適に背負えるバックパックです。防水、防塵なので、本格的な登山やアウトドアでの使用のほか、自然災害に備えた防災リュックとしても役立ちます。サイドポケットなども充実していて、特に取り出し口は上下に2ヶ所あるので、必要なものを下部に収納するなど、使用頻度や目的に応じて効率的に荷物をまとめることが可能です。

丈夫に作られたバックパックですが、万が一の場合の備えもしっかりしていて、パーツの破損などのサポートができているのも安心です。

ゾメーク『折りたたみリュック35』

ZOMAKE折りたたみリュック軽量防水コンパクトアウトドア旅行便利グッズバックパック35L ZOMAKE折りたたみリュック軽量防水コンパクトアウトドア旅行便利グッズバックパック35L ZOMAKE折りたたみリュック軽量防水コンパクトアウトドア旅行便利グッズバックパック35L ZOMAKE折りたたみリュック軽量防水コンパクトアウトドア旅行便利グッズバックパック35L ZOMAKE折りたたみリュック軽量防水コンパクトアウトドア旅行便利グッズバックパック35L ZOMAKE折りたたみリュック軽量防水コンパクトアウトドア旅行便利グッズバックパック35L ZOMAKE折りたたみリュック軽量防水コンパクトアウトドア旅行便利グッズバックパック35L

出典:Amazon

容量 35L
重量 0.36kg
サイズ 幅29×奥行21×高さ45cm
背面サイズ -

カラー展開が豊富!超軽量なバックパック

軽くて丈夫、更にカラーバリエーションが11種類と選ぶのも楽しみなバックパックです。容量は35Lで日帰り旅行やハイキング、子どもを連れて買い物に行くときにナップサックとして使用するのもおすすめ。

ポケットがたくさんあり、タブレットやスマホの収納はもちろん、本やファイルなどさまざまな大きさの物がまとめられるので、ビジネスマンの通勤バッグとしても使えます。ショルダーストラップは通気性のよいメッシュ素材が使用されているなど、快適さと耐久性に優れています。

マウンテントップ『アウトドアバックパック40』

マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L) マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L) マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L) マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L) マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L) マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L) マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L) マウンテントップ(Mountaintop)アウトドアバックパック登山リュック40L大容量リュックサック登山用バッグハイキングバッグ防水レインカバー付き(オレンジ40L)

出典:Amazon

容量 40L
重量 0.93kg
サイズ 幅35×奥行16×高さ51cm
背面サイズ -

15色から選べる高性能バックパック

撥水加工を施し、軽量化された600Dポリエステルを使用。強度があるだけでなく手入れも簡単なバックパックです。スマホや充電器などの小物から傘や水筒まで、さまざまなものが収納できるポケットがたくさん付いていて、メイン部分を開ける手間が省けるのが嬉しいですね。

トップやサイドには、寝袋やハイキングポールなどを固定し持ち歩ける調節可能なストラップが付いていて便利です。背面裏部分がメッシュ生地になっているので、汗や蒸れを減らし快適に使用することが可能。カラーは全15色で、好みやスタイルに合わせて選べるのも楽しみの一つです。

ノードカム『バックパック50+10』

NORDKAMMバックパック50L+10L大容量軽量1.7kg防水レインカバーザック長期旅行登山防災アウトドア【日本語説明書・正規1年間保証付】(日本正規版)60リットル NORDKAMMバックパック50L+10L大容量軽量1.7kg防水レインカバーザック長期旅行登山防災アウトドア【日本語説明書・正規1年間保証付】(日本正規版)60リットル NORDKAMMバックパック50L+10L大容量軽量1.7kg防水レインカバーザック長期旅行登山防災アウトドア【日本語説明書・正規1年間保証付】(日本正規版)60リットル NORDKAMMバックパック50L+10L大容量軽量1.7kg防水レインカバーザック長期旅行登山防災アウトドア【日本語説明書・正規1年間保証付】(日本正規版)60リットル NORDKAMMバックパック50L+10L大容量軽量1.7kg防水レインカバーザック長期旅行登山防災アウトドア【日本語説明書・正規1年間保証付】(日本正規版)60リットル NORDKAMMバックパック50L+10L大容量軽量1.7kg防水レインカバーザック長期旅行登山防災アウトドア【日本語説明書・正規1年間保証付】(日本正規版)60リットル NORDKAMMバックパック50L+10L大容量軽量1.7kg防水レインカバーザック長期旅行登山防災アウトドア【日本語説明書・正規1年間保証付】(日本正規版)60リットル

出典:Amazon

容量 50+10L
重量 1.7kg
サイズ 幅35×奥行27×高さ70cm
背面サイズ -

ドイツでも人気のバックパック!

ドイツの商品比較ポータルVergieichで「バックパッキングカテゴリ」を受賞した人気商品。男女問わず、体格に合わせてポジションを自在に調節できます。通気性のある構造で、季節を問わず快適に長時間背負うことが可能。

信頼性の高いYKKプレミアムジッパーや丈夫なバックルなど、パーツ一つ一つが高品質なのも嬉しいですが、何より使いやすさが魅力。フロント部分がボストンバッグのように大きく開くので、パッキングが楽々で、取り出しにも手間がかかりません。海外製品ですが、万が一のときのサポートが日本人なのも安心です。

「登山用バックパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
グレゴリー『ズール40』
モンベル『チャチャパック30』
ミレー『サースフェー 40+5』
モンベル『アルチプラノパック20』
アークテリクス『アルファ AR 35 バックパック』
ホーミー『登山リュック50』
ワールドスポーツオンライン『ホークギア80』
ゾメーク『折りたたみリュック35』
マウンテントップ『アウトドアバックパック40』
ノードカム『バックパック50+10』
商品名 グレゴリー『ズール40』 モンベル『チャチャパック30』 ミレー『サースフェー 40+5』 モンベル『アルチプラノパック20』 アークテリクス『アルファ AR 35 バックパック』 ホーミー『登山リュック50』 ワールドスポーツオンライン『ホークギア80』 ゾメーク『折りたたみリュック35』 マウンテントップ『アウトドアバックパック40』 ノードカム『バックパック50+10』
商品情報
特徴 より快適に進化。1泊の山行に モンベルの代表的な汎用性の高い登山用バックパック 使い勝手向上、トップクラスの背負い心地 高い防水性の軽量ザック クライミングや沢登りにもぴったりな高い耐久性 オートフィット機能で自分の体型に合わせられる 独自の背面システムで大型でも快適! カラー展開が豊富!超軽量なバックパック 15色から選べる高性能バックパック ドイツでも人気のバックパック!
容量 SM/MD:38L、MD/LG:40L 30L 40+5L 20L 35L 50L 80L 35L 40L 50+10L
重量 SM/MD:1.32kg、MD/LG:1.33kg 1.18kg 1.57kg 0.76kg 1.17kg 0.95kg 約2.3kg 0.36kg 0.93kg 1.7kg
サイズ - 幅29×奥行き21×高さ65cm 幅29×奥行き20×高さ62cm 幅26×奥行き16×高さ53cm 幅45.7×奥行き12.7×高さ61cm 幅36×奥行22×高さ64cm 幅48×奥行40×高さ80cm 幅29×奥行21×高さ45cm 幅35×奥行16×高さ51cm 幅35×奥行27×高さ70cm
背面サイズ - 53cm 48cm(Mサイズ) 51cm 46.5~51.5cm 46~51cm(Mサイズ) - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山用バックパックの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での登山用バックパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山用バックパックランキング
楽天市場:登山用バックパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フィット感の次に大切なのは容量と機能! アウトドアライターからのアドバイス

作家/アウトドアライター

登山用バックパック選びの際には、ウエア以上にフィットを重視して選んでください。フィットは「背面長」が基本になりますが、ショルダーハーネスやヒップベルトもフィットするかどうかチェックしていただきたいポイントです。

登山用バックパックを背負った際に、肩まわりから背面に隙間や違和感はないか? またヒップベルトを緩(ゆる)すぎずきつすぎず締められるか? ベルト位置に違和感はないか? まずは体に合うかどうか、徹底的にチェックしてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:mtakepanda、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/16 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


登山用ベビーキャリアおすすめ7選【軽量、機能性抜群、街中でもラクに使える】人気ランキングも

登山用ベビーキャリアおすすめ7選【軽量、機能性抜群、街中でもラクに使える】人気ランキングも

アウトドアライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山用ベビーキャリアの選び方やおすすめ商品を紹介します。子どもと一緒に登山するのは難しいと思っていませんか? ベビーキャリアを使えばその夢も叶えられるかもしれません。ベビーキャリア、チャイルドキャリア、キッズキャリアなど、いくつかの名称がありますが、抱っこひもやおんぶひもなどとは違い、登山向けなので長時間背負っても疲れにくく、大人も快適に使えます。小さな子どもと一緒に登山を楽しめる登山用ベビーキャリア選びの参考にしてみてくださいね! 記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【通学や遠足に】小学生用リュックのおすすめ4選! ママライターに聞く

【通学や遠足に】小学生用リュックのおすすめ4選! ママライターに聞く

ママライターとして活躍する榮 樹実さんに聞いた、小学生用の通学リュックの選び方とおすすめ商品をご紹介。小学生の通学カバンといえばランドセルが一般的ですが、体が大きくなったり本人の好みが変わったりして、小学生の途中でランドセルからリュックへ買い替えることもあるでしょう。近年では、ランドセルのように使える小学生用の通学リュックも販売されています。通学以外に遠足や習い事、旅行の用途で使えるリュックを探している人も、ぜひ参考にしてください。


アタックザックおすすめ10選|軽量・耐久性・収納力のあるものを厳選

アタックザックおすすめ10選|軽量・耐久性・収納力のあるものを厳選

登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選したアタックザックのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


スキー・スノーボード用バックパックおすすめランキング11選|防水機能付きも

スキー・スノーボード用バックパックおすすめランキング11選|防水機能付きも

スキーやスノーボードをするときに、スマホや貴重品などでポケットがパンパンになってしまった経験はないですか? 最近では動画や写真で景色や自分の滑っているところを撮影するという人も多く、なにかと荷物も増えてしまいがちですよね。そんな時に便利なのがバックパック! この記事では、スキー・スノーボード用のバックパックの選び方と、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が厳選したおすすめ商品と選び方をランキングとともにご紹介します。


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る