登山用バックパックおすすめ5選|アウトドアライターが選ぶ

登山用バックパックおすすめ5選|アウトドアライターが選ぶ
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用バックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。場合によってはテントなどの大きなものを持って行かなければならず、必要なものをまとめられる登山用バックパックは必要不可欠です。安全かつ快適に登山するためにも、用途に合う登山用バックパックを、本記事でしっかり見ていきましょう。


登山用バックパックの選び方|アウトドアライターに取材!

アウトドアライター・夏野 栄さんに、登山で使うバックパックを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。使い勝手がいい登山用バックパックを見つけるためにも、詳しく見ていきましょう。

登山用バックパックを背負った女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

登山用バックパックは、容量や機能などいくつかの選ぶポイントがあります。

フィットから選ぶ

作家/アウトドアライター

登山用バックパックを背負った際の「疲れ」は体に合っているかどうかで大きく変わります。そのため登山用バックパックを選ぶ場合、ウエア以上にフィットに気を配る必要があります。

はじめにチェックすべきポイントは背面長のマッチング。自分の「背面長」を知る必要があります。まずは腰骨の上端を探し、次に第七頚椎(首の後ろの最も出っ張っている骨)を探します。第七頸椎を起点に、腰骨上端までの長さを背骨のアーチに沿うように計測すると「背面長」が測定できます。

対応サイズの目安は、41~46cm=S、46~51cm=M、51~56cm=Lとなります。登山用バックパック側のサイズはメーカーによっても異なるため商品詳細を確認してみてください。

グレゴリー『ズール40』

長時間背負う登山用バックパックだからこそ、背面のフィット感は重要なポイントです!

>> Amazonで詳細を見る

容量から選ぶ

作家/アウトドアライター

荷物を運ぶための登山用バックパックは、荷物容量に合わせたサイズのものを選びます。ここでは大は小を兼ねません。合致した量の荷物をパッキングすることで、その登山用バックパックのもつ本来のスペックが発揮されます。

全荷物量を事前に把握している方は、荷物量に合致する容量のサイズから選びます。またまだ荷物量がイメージできないという場合には、想定している山行日程からだいたいのマッチする容量が計算できます。

日帰りなら30L以下、1泊2日の週末山行なら35~45Lほど、3泊以上なら50L以上の登山用バックパックが該当します。

目的シーンから選ぶ

作家/アウトドアライター

登山用バックパックには容量以外に「キャラクター」の違いがあります。それぞれの個性には、利用シーンにマッチする特性が与えられています。縦走やクライミング、水辺を強く意識したタイプから軽量性に特化したタイプまで、幅広い個性の登山用バックパックが各社からリリースされています。どういうシーンやアクティビティでメインで使うのかを意識して選びましょう。

クライミングや獣道、藪漕ぎ(やぶこぎ)などで使う可能性が高いなら、耐摩耗性と耐靭性(たいじんせい)の高い生地を選びたいところ。また引っ掛け防止のため、外部にポケットやコードがあまりついていない登山用バックパックがおすすめです。

オープンなルートを歩くことがメインなら、軽量バックパックもおすすめです。

アークテリクス『アルファ AR 35 バックパック』

クライミングや獣道などの登山用として耐摩耗性・靭性にすぐれたバックパックが便利です!

>> 楽天市場で詳細を見る

機能面から選ぶ

作家/アウトドアライター

より快適な登山用バックパックを選ぶ際に、機能面のチェックも重要になります。まず背負い心地にも関連する部分では「チェストベルト」の仕様に注目してみてください。細部まで微調整が可能なものからざっくりした調整しかできないもの、おまけ程度の頼りないものまでさまざまあります。なるべくチェストベルトの微調整が可能でつくりがしっかりした登山用バックパックを選びましょう。

また外部ポケットやメッシュ装備といった部分は、行動中の使い勝手につながります。同時に、クライミングやアクティビティで使用する場合には、「なるべく外部になにもなくつるんとした」ミニマルなデザインが安全です。想定する用途から、マッチした機能を選んでみてください。

登山用バックパックのおすすめ5選|アウトドアライターが選定!

うえで紹介した登山用バックパックの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライター・夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分が登山するシーンを思い浮かべながら、使い勝手がいい登山用バックパックを探していきましょう!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

グレゴリー『ズール40』

グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』 グレゴリー『ズール40』

出典:Amazon

容量 SM/MD:38L、MD/LG:40L
重量 SM/MD:1.32kg、MD/LG:1.33kg
サイズ -
背面サイズ -
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

より快適に進化。1泊の山行に

背面のフィット感や重量バランスに定評ある『ズール』が、2019年モデルでさらに進化してより快適に。背面部からウエストベルト、ショルダーハーネス裏にいたるまでメッシュ層を配した「フリーフロートサスペンション」を採用することで、フィット感と通気性がさらに向上しています。

幅広く使える登山用バックパックですが、容量としては1泊の山行や、2人分の荷物をひとつのバックパックで運ぶデイハイクにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『チャチャパック30』

容量 30L
重量 1.18kg
サイズ 幅29×奥行き21×高さ65cm
背面サイズ 53cm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

モンベルの代表的な汎用性の高い登山用バックパック

国内の山に登れば必ずすれ違うモンベルの登山用バックパック。なかでもこの『チャチャパック』は、代表的ともいえるコンフォートな登山用バックパックのひとつです。30Lという汎用性の高い容量で重量は1.18kgの良バランス。

フロント下部が大きく開きクイックに内部へアクセスできるU字型ジッパーや、ウエストベルトのポケットなど使い勝手も良好。旅行用としても便利です。幅広い用途に使いたい方、また登山初心者にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ミレー『サースフェー 40+5』

ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』 ミレー『サースフェー40+5』

出典:Amazon

容量 40+5L
重量 1.57kg
サイズ 幅29×奥行き20×高さ62cm
背面サイズ 48cm(Mサイズ)
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

使い勝手向上、トップクラスの背負い心地

ミレーの定番登山用バックパックにして、人気モデル。バージョンアップを重ね、より快適にブラッシュアップされています。通気性や弾性にこだわった背面クッションと背面長に合わせたサイズラインナップで快適。メーカーのコピーである「ファーストクラスの背負い心地」は、さすがです。

また2カ所の開口部からアクセス可能なメッシュポケットや、行動時の出し入れにも便利なジッパーポケットなど、外部収納が扱いやすく使い勝手も抜群でおすすめ。2019年モデルでは、コンプレッションベルトによりサイドにテントマットも取りつけ可能になっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『アルチプラノパック20』

容量 20L
重量 0.76kg
サイズ 幅26×奥行き16×高さ53cm
背面サイズ 51cm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

高い防水性の軽量ザック

モンベルの2019年モデルの高機能軽量バックパックです。容量20Lでは760gという軽さで、日帰りのトレッキングやスピードハイクに最適です。耐久性の高いバリスティックナイロンを使用し、さらに防水性の高い専用インナーを内蔵しているため水辺にも強く、ドライバッグに近い感覚で扱えます。

チェストやウェストベルトの収納が使え、ポーチでの拡張も簡単なため、私自身は渓流釣りのフィッシングベスト代わりにも使ってます。軽量かつ雨にも強いため、バイクツーリングにもおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アークテリクス『アルファ AR 35 バックパック』

アークテリクス『アルファAR35バックパック』

出典:Amazon

容量 35L
重量 1.17kg
サイズ 幅45.7×奥行き12.7×高さ61cm
背面サイズ 46.5~51.5cm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

クライミングや沢登りにもぴったりな高い耐久性

デザイン性にすぐれ、タウンユースとしても人気のアークテリクスの登山用バックパック。なかでもクライミングなどに特化し、関連機能を優先させているのが「アルファシリーズ」です。

AR35は耐摩耗性、そして靭性にもすぐれた独自素材を採用しているため、高山での登山はもちろん、クライミングや、沢登りのようなアクティビティをする方におすすめです。

また、フロントに装備されたドローコードは脱着可能。さらにトップリッドも外せるため、より先鋭的なミニマルザックとして使用することもできます。

「登山用バックパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
グレゴリー『ズール40』
モンベル『チャチャパック30』
ミレー『サースフェー 40+5』
モンベル『アルチプラノパック20』
アークテリクス『アルファ AR 35 バックパック』
商品名 グレゴリー『ズール40』 モンベル『チャチャパック30』 ミレー『サースフェー 40+5』 モンベル『アルチプラノパック20』 アークテリクス『アルファ AR 35 バックパック』
商品情報
特徴 より快適に進化。1泊の山行に モンベルの代表的な汎用性の高い登山用バックパック 使い勝手向上、トップクラスの背負い心地 高い防水性の軽量ザック クライミングや沢登りにもぴったりな高い耐久性
容量 SM/MD:38L、MD/LG:40L 30L 40+5L 20L 35L
重量 SM/MD:1.32kg、MD/LG:1.33kg 1.18kg 1.57kg 0.76kg 1.17kg
サイズ - 幅29×奥行き21×高さ65cm 幅29×奥行き20×高さ62cm 幅26×奥行き16×高さ53cm 幅45.7×奥行き12.7×高さ61cm
背面サイズ - 53cm 48cm(Mサイズ) 51cm 46.5~51.5cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月14日時点 での税込価格

通販サイトの登山用バックパックランキングを参考にする

Amazon、楽天市場での登山用バックパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山リュック・ザックランキング
楽天市場:バックパック・リュックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フィット感の次に大切なのは容量と機能|アウトドアライターからのアドバイス

作家/アウトドアライター

登山用バックパック選びの際には、ウエア以上にフィットを重視して選んでください。フィットは「背面長」が基本になりますが、ショルダーハーネスやヒップベルトもフィットするかどうかチェックしていただきたいポイントです。

登山用バックパックを背負った際に、肩まわりから背面に隙間や違和感はないか? またヒップベルトを緩(ゆる)すぎずきつすぎず締められるか? ベルト位置に違和感はないか? まずは体に合うかどうか、徹底的にチェックしてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:mtakepanda、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/16 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


トレッキング用リュックおすすめ5選|シーンに合わせてサイズ選びを

トレッキング用リュックおすすめ5選|シーンに合わせてサイズ選びを

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


ビッケルおすすめ5選|夏山にも使える初心者向けのものもご紹介!

ビッケルおすすめ5選|夏山にも使える初心者向けのものもご紹介!

登山愛好家カメラマンが選ぶピッケル5選をご紹介します。雪が積もった冬の山を登るなら、ピッケルは必ず持っておきたいアイテムです。しかし、体格や登山レベルなどによって適したピッケルが異なり、迷う人も多いでしょう。そこで、登山愛好家カメラマン・山崎友貴さんにお話をうかがい、ピッケルの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。自分に合うピッケルを選んで快適な冬登山をしましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


登山向けベビーキャリア7選|専門家と編集部が厳選【軽量、機能性抜群、街中でも使える】

登山向けベビーキャリア7選|専門家と編集部が厳選【軽量、機能性抜群、街中でも使える】

アウトドアライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山向けベビーキャリアの選び方やおすすめ商品を紹介します。子どもと一緒に登山するのは難しいと思っていませんか? ベビーキャリアを使えばその夢も叶えられるかもしれません。ベビーキャリア、チャイルドキャリア、キッズキャリアなど、いくつかの名称がありますが、抱っこひもやおんぶひもなどとは違い、登山向けなので長時間背負っても疲れにくく、子どもはもちろん、大人も快適に使えます。小さな子どもと一緒に登山を楽しめる登山向けベビーキャリア選びの参考にしてみてくださいね!


防水バッグおすすめ20選! アウトドアや日常で役立つ|選び方も解説

防水バッグおすすめ20選! アウトドアや日常で役立つ|選び方も解説

この記事では、monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選ぶおすすめの防水バッグ20選を紹介! リュックサックやトートバッグ、ドライバッグなどさまざまなバッグをピックアップしています。釣りやキャンプ、ツーリングといったアウトドアシーンにはもちろん、ふだん使いにもぴったりなおしゃれなデザイン、ビジネスシーンにも使いやすいシンプルなデザインのほか、収納力や機能性にすぐれた商品が多数です! ぜひチェックしてみてくださいね。後半では、各通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しています。


新着記事


竹馬のおすすめ10選【竹製・スチール製】子どもから大人まで楽しめる!

竹馬のおすすめ10選【竹製・スチール製】子どもから大人まで楽しめる!

幼稚園や小学校の遊具としてなじみのある竹馬。実は平衡感覚や体幹が鍛えられるものとして、今でも子どもから大人まで愛されている遊具であることを知っていますか。この記事では、保育士ライターのすぎ けいこさんにお話をうかがい、竹馬の選び方とおすすめ商品を10選ご紹介します!


彫刻刀のおすすめ12選【木彫りに便利】使いやすいセット商品も!

彫刻刀のおすすめ12選【木彫りに便利】使いやすいセット商品も!

彫刻刀はたくさんの商品があり、刃や柄もいろいろな種類やサイズがあります。この記事では、インテリアライターのPapp Hidekoさんに取材をし、彫刻刀の選び方とおすすめの12選を紹介します。子どもが授業で使う彫刻刀や、趣味で版画を彫るときの彫刻刀選びにぜひ参考にしてください。


ベビーラッシュガードおすすめ12選!【男の子・女の子向けの人気商品を紹介!】

ベビーラッシュガードおすすめ12選!【男の子・女の子向けの人気商品を紹介!】

夏の時期、家族でプールや海水浴を楽しみたいですね。とくに赤ちゃんの肌はデリケートなので、ベビーラッシュガードは必需品。この記事では、看護師兼ライターのゆみ かおるさんと編集部おすすめの商品や選び方を紹介します。


クレヨンのおすすめ12選【子どもから大人まで】幼児期に安心して使えるものも!

クレヨンのおすすめ12選【子どもから大人まで】幼児期に安心して使えるものも!

小さな子どもがはじめて絵を描くときには、クレヨンがよく使われます。クレヨンは種類がさまざまで、どれを使えばよいかがわからず迷ってしまう人も多いでしょう。そんな人たちのために、インテリアライターのPapp Hidekoさんに取材し、クレヨンの選び方とおすすめ商品12選をご紹介します。


子ども用サングラスおすすめ12選【夏の必需品】UVカット率などチェックポイントも解説!

子ども用サングラスおすすめ12選【夏の必需品】UVカット率などチェックポイントも解説!

日射しの強い夏場や屋外で活動するとき、日焼け止めで肌を守るだけでなく、子どもの目を紫外線から守るための子ども用サングラスも多く発売されています。選ぶ際には、UVカット率など、気にすべきポイントがたくさんありますよ。この記事では、保育士の河井恵美さんにお話をうかがい、子ども用サングラスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る