登山ゲイターおすすめ11選│素材・タイプ・サイズで選ぶ!付け方も解説

登山ゲイターおすすめ11選│素材・タイプ・サイズで選ぶ!付け方も解説

雪山登山からトレラン、ハイキングまで、愛用者の多い登山ゲイター。雨や小石などから足元を守って快適なアクティビティをサポートしてくれます。この記事では、登山ゲイターの選び方とおすすめ商品11選をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

登山ゲイターとは すき間をふさぐカバー

雪山を登山している複数の人
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

本格的な雪山登山からハイキングやトレッキングまで、活用の幅が広い登山ゲーター。山へ行くときは用意しておきたいですね。

登山ゲイターはスパッツとも呼ばれ、登山の際に靴を覆い、すき間をふさぐカバーのことです。ゲイターは雪山登山では必須のアイテム。靴のなかに雪や風が入るのを防ぎ、水濡れによる体温低下から守ってくれます

また、夏の登山やトレイルランニングも、ゲイターがあると快適です。ゲイターで足首を覆うことで雨露で靴が濡れるのを防ぎ、小枝や小石が靴のなかに入るストレスを軽減してくれます。ゲイターを装着しておけば、泥ハネでズボンの裾が汚れる心配もありませんし、オーバーパンツをアイゼンでひっかけてしまって破いてしまうのを防いでくれます。

登山やハイキング、トレイルランニングにと、オールシーズン活躍してくれる登山ゲイター。自分に合ったものを選んでアウトドアを快適に楽しみましょう!

登山ゲイターの選び方 素材・長さ・フィット感など

登山ゲイターのおすすめ商品を紹介する前に、ゲイターの選び方について見ていきましょう。着目するポイントがわかれば、気になるアイテムを比較する際も選びやすくなりますよ。自分に合った登山ゲイターを選ぶ参考にしてくださいね!

素材から選ぶ

登山ゲイターを選ぶ際、生地にはどんな素材が使われているかが重要なポイントになります。素材によって特性があるため、使用シーンに適した素材が使われたものを選びましょう。用途別にどんな素材のアイテムを選べばいいかのか見ていきます。

雨や雪を防ぐ

雪山登山での使用や、雨対策として履くなら防水透湿性が高い素材で作られた商品がおすすめです。水濡れを防ぎつつ蒸発した汗による湿気を逃がしてくれるので、蒸れずに快適に使用できます。防水透湿性の高い素材としては、ゴアテックス素材がメジャーです。ほかにも、eVent(イーベント)といった新しい素材も、毎回の洗濯が必要ながらゴアテックス以上の防水透湿性を持つとされていて注目です。

また、積雪期はアイゼンの爪がひっかかりゲイターが破れてしまうことも。耐久性の高いコーデュラナイロンや、引き裂きに強い厚手のリップストップナイロンなどで下部がしっかり補強がされたものを選ぶと安心です。

夏山やランニング

夏山やランニングで使うなら、激しい運動をしても蒸れにくく、軽くて動きやすい素材が適しています。おすすめなのはソフトシェル素材。通気性と伸縮性にすぐれ、軽くフィット感がいいのが特徴です。防水性は低いため本格的な雨には耐えられませんが、雨のなか使用することを前提とした使い方でなければ快適に使うことができるでしょう。

ソフトシェルは薄くかさばらず、持ち運びがしやすいのもメリット。しかし耐久性は高くないため使用シーンによっては破れてしまうこともあるので注意しましょう。

長さから選ぶ

登山ゲイターの長さには、大きく分けてロングタイプとショートタイプの2種類があります。ロングタイプは膝下あたりまでをカバーし、深い雪のなかや険しいコースでも足元をしっかり守れるよう作られています。昨今の日本の登山道は、台風で荒れてガレ石や土が靴に入ることが多いので、登山用ならロングタイプでしっかり膝下まで保護するものがおすすめです。

ショートタイプは足首の上20cmくらいを覆うタイプ。おもに小石などの異物や雨が靴に入るのを防ぐ目的で使用されます。ロングタイプに比べて保護する範囲が狭くなりますが、通気性のよさや動きやすさ、携帯のしやすさが魅力です。トレランやハイキングでの使用に向いています。

開閉タイプから選ぶ

開閉部の位置や開閉方法などは着脱のしやすさに影響してきます。商品によって開閉部のタイプはさまざま。素材や丈の長さに比べて見落としがちですが、登山ゲイターを選ぶときは開閉のしやすさもしっかりと確認しておきましょう。

開閉位置

ゲイターの開閉位置は前面にあるタイプのほうが、操作がしやすく着脱がかんたんです。なかには後ろ側にジッパーがついた古いモデルもありますが、かがむ動作が多くなったり視認しづらくなったりするので着脱しにくいと感じることも。ゲイターを選ぶときは開閉部の位置を確認しましょう。着脱がラクなものを選ぶと使い勝手が向上しますよ。

開閉方法

ゲイターの開閉方法には、面ファスナー式とジッパー式があります。面ファスナー式はさっと開閉できる手軽さが魅力。冬場に手袋をつけたままでもラクに開閉できます。

ジッパー式は手軽さは劣りますが、雨による浸水を防いでくれるのがメリット。なかにはジッパーと面ファスナーの両方で留めるタイプもあります。それぞれのメリット、デメリットを考慮したうえで自分にとって使いやすいタイプを選びましょう。

フィット感を確認する

雨や雪、小石などの侵入を防ぐ目的で使われるゲイターはフィット感が重要です。きちんとフィットするものでないと、ゲイターを装着する意味がなくなってしまいます。フィット感を確認する際の3つのポイントについて見ていきましょう。

サイズを確認してフィッティングする

登山ゲイターは、L・M・Sといったサイズを展開しているものがほとんどです。サイズが合わないと窮屈で上まで締められなかったり、ブカブカで動きづらいということも。サイズを確認して自分にぴったり合ったものを選ぶ必要があります。

ゲイターを選ぶときは、実店舗でフィッティングしてみるのがベストです。ブランドごとのサイズ感の違いもあるので、数字を見ただけではわかりづらい場合もありますよね。ゲイターに合わせる登山靴を持参して、実際に試してみるのがおすすめです。

ゲイター上部のフィット感をチェック

ゲイターを選ぶときは、ゲイター上部のフィット感も確認しましょう。ゲイターの上部がしっかりフィットしないと、ずり落ちてきて雨や小石などが侵入しやすくなってしまいます。ゴムが入っているだけだと伸びて次第に緩んできてしまうことも。長さを調節しやすいテープストラップや、伸縮性のドローコードなどでゲイター上部をしっかりフィットさせられるものを選びましょう。

レースフックをチェック

レースフックはゲイターと靴を固定するためのパーツで、ほとんどのゲイターについています。ゲイターを装着したあとにレースフックを靴ひもの前方にひっかけることで、ゲイターのずり上がりと、雨水が靴ひも付近から入り込むことを防いでくれます

通販などでは確認しづらいポイントですが、レースフックの位置も重要です。レースフックの位置が合わないと、甲がむき出しになってしまったり、たるんできちんとフィットしないこともあります。フィッティングが可能な場合はレースフックもあわせてチェックしましょう。

登山には耐久性にすぐれたものを! 登山愛好家からのアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

ゲイターは、用途で選択肢が変わってきます。雨や泥用は短くて軽量なものがいいですが、逆に雪山用はアイゼンを使用することが前提なので、長くて耐久性・堅牢性にすぐれたものを購入した方がいいでしょう。

ちなみにジッパーや面ファスナーなどの留め具の位置にはフロントタイプとサイドタイプがありますが、脱着がしやすいのはフロント。素材についてはゴアテックスや新素材のものがありますが、蒸れにくい反面、毎回の洗濯が必要なことも留意しましょう。

ロング丈の登山ゲイターおすすめ4選 ダブルオープンジッパーも

膝下までしっかりカバーする「ロング丈の登山ゲイター」のなかから、おすすめしたい4品を厳選しました。デザインだけでなく機能面にも着目して、自分に合った商品を見つけてみてくださいね。

OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'S VERGLAS GAITERS(#243119)』

OUTDOORRESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'SVERGLASGAITERS(#243119)』

出典:Amazon

長さタイプ ロング
開閉タイプ -
高さ -

定番ゲイターの軽量モデル

同ブランドの定番アイテム、クロコゲイターの軽量モデル。耐久性・防水透湿性に加え、柔軟さと軽量さが特徴のパーテックス・シールド素材をアッパーに採用することで、クロコゲイターと同様の性質を持ちながらとても軽い作りになっています。重いゲイターは疲れやすく持ち運びもたいへんと感じている方にはおすすめのアイテム。寒いときはブーツやオーバーズボンで保温すれば、薄手のこちらのゲイターでも対応できます。

ブーツとゲイターを固定するレースフックは強固な作りになっています。フックが曲がってフィット感を損ねる心配もなく長く使用できそうです。

ISUKA(イスカ)『ゴアテックス ライトスパッツ フロントジッパ-(2463)』

ISUKA(イスカ)『ゴアテックスライトスパッツフロントジッパ-(2463)』 ISUKA(イスカ)『ゴアテックスライトスパッツフロントジッパ-(2463)』 ISUKA(イスカ)『ゴアテックスライトスパッツフロントジッパ-(2463)』 ISUKA(イスカ)『ゴアテックスライトスパッツフロントジッパ-(2463)』 ISUKA(イスカ)『ゴアテックスライトスパッツフロントジッパ-(2463)』

出典:Amazon

長さタイプ ロング
開閉タイプ ジッパー、面ファスナー
高さ 40cm

ダブルオープンジッパーが便利!

ダブルオープン仕様のジッパーが特徴のアイテム。操作しやすいよう前面に配置されたジッパーは、上下どちらからでも開閉できます。下からも開けられるため、靴ひもがほどけてしまったときも下側だけ少し開ければ結びなおしができて便利です。

開閉部分はジッパーで閉めたあと、面ファスナー式の幅広フラップでカバー。ジッパー式と面ファスナー式の併用で開閉の手間はかかりますが、開閉部から雨や雪が侵入するのをしっかり防いでくれますよ。

oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』

oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』 oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』 oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』 oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』 oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』

出典:Amazon

長さタイプ ロング
開閉タイプ ジッパー、面ファスナー
高さ S:38cm、L:42cm

自社一貫体制で実現する高品質&低価格

「高価なゲイターはちょっと……」という方におすすめの高機能かつ手ごろな価格が魅力のアイテムです。企画から製造、販売までを自社で一貫して行うことで、高い品質を保ちつつ価格を抑えてくれているのがうれしいですね。そのうえ作りもしっかりしており、上半分は3層の防水透湿素材で蒸れを防ぎ、下半分は高密度ナイロンと防水透湿素材生地の2重構造にすることでアイゼンで引き裂いてしまうことがないよう補強しています。

裾を締めるベルトも後ろから前に留めることができるため、かがまずにラクに着脱できますよ。

HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPER ARMADILLO NANO GAITER』

HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPERARMADILLONANOGAITER』 HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPERARMADILLONANOGAITER』 HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPERARMADILLONANOGAITER』 HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPERARMADILLONANOGAITER』 HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPERARMADILLONANOGAITER』 HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPERARMADILLONANOGAITER』 HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPERARMADILLONANOGAITER』

出典:Amazon

長さタイプ ロング
開閉タイプ ジッパー
高さ -

アイゼンのダメージに負けないタフなゲイター

ヒルサウンドはアイゼンからダメージを受けないゲイターを世界ではじめて発表し、権威あるバックパッカーマガジンの2012年ギアガイドに高く評価され注目を集めた新しいメーカーです。そんなブランドの高強度なアイテムなら、雪山や厳しいコースで使用するのにもぴったり。引き裂きに強く、アイゼン運びが苦手でゲイターにひっかけてしまいがちな方でも長く使用できます。

ゲイター上部はバックルつきのストラップベルトでフィット感を調整可能。ぴったりフィットさせて雪や雨、異物の侵入を防いで悪路も快適に乗り切れます。

ショート丈の登山ゲイターおすすめ4選 夏でも快適に履ける

「ショート丈の登山ゲイター」のおすすめ4選をご紹介します。トレランやハイキングも、ゲイターで靴と足の隙間を覆えば小石などが入るのを防いでストレスフリーで楽しめます。 自分に合いそうな商品を見つけてぜひ活用してみてくださいね。

ISUKA(イスカ)『ウェザ-テック ショ-トスパッツ(2472)』

ISUKA(イスカ)『ウェザ-テックショ-トスパッツ(2472)』

出典:楽天市場

長さタイプ ショート
開閉タイプ ジッパー
高さ 22cm

少し長めの丈で足元をしっかりガード

高さ22cmの少し長めの丈のショートゲイターです。夏の雪渓や足場の悪いガレ場で使うのにもぴったり。ショートタイプでもしっかり足元を守ってくれます。

使用されている素材はウェザーテック。イスカの寝袋カバーにも採用されている素材で、防水・透湿性にすぐれ、風の侵入や結露も防いでくれます。雨や風の日にも心強いゲイターです。

OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『THRU GAITERS(#269288)』

OUTDOORRESEARCH(アウトドアリサーチ)『THRUGAITERS(#269288)』

出典:Amazon

長さタイプ ショート
開閉タイプ -
高さ -

暑い夏の足元を快適にしてくれるゲイタ―

足元を守ってくれるゲイターは便利でも、蒸し暑い時期は着用をためらうときも。このゲイターは前面のリップストップ素材が適度に熱を調節してくれて、暑い日も寒い日も快適に装着できます。さらに、UPF50+サンプロテクションが強い日差しから肌を守ってくれるので、足元の日焼け対策にも効果的です。

開閉部がなく装着がかんたんなシンプルなデザインですが、耐久性にすぐれたハイパロン素材のストラップがゲイターと足をしっかりと固定してくれます。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ハイベントショートゲイター(ユニセックス)(NN21700)』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ハイベントショートゲイター(ユニセックス)(NN21700)』

出典:Amazon

長さタイプ ショート
開閉タイプ 面ファスナー
高さ S:17cm、M:18cm、L:18cm

防水透湿素材のハイベントが気になる蒸れを軽減

防水透湿素材の「ハイベント」を使用して作られたショートゲイターです。ゲイターの目的である雨や泥ハネによる足元の汚れを防いでくれるだけでなく、汗が蒸発してこもった湿気を効果的に逃がして気になる蒸れを防いでくれます。

サイズはS、M、Lのスリーサイズを展開。伸縮性のドローコードで上部のフィット感も調整できます。ジャストフィットで快適に使用できるアイテムです。

finetrack(ファイントラック)『ラピッドトレイルゲイター(FMU0803)』

finetrack(ファイントラック)『ラピッドトレイルゲイター(FMU0803)』

出典:Amazon

長さタイプ ショート
開閉タイプ -
高さ -

ストラップレスでフラットシューズにも装着できる

靴底に通すストラップつきのゲイターは、フラットなシューズだとあたってしまって装着できない場合も。そんなときには、どんな靴にも合わせやすいストラップレスデザインが魅力のアイテムもチェックしておきましょう。

ストレッチ性のある生地とかかとに内蔵されたU字型のフレームがゲイターと足をしっかりホールド。足裏にストラップを通さなくてもズレあがることなく着用できます。素材は超高密度の撥水ストレッチニット素材。水濡れや汚れを気にせず快適に使用できます。

1年中使えるオールマイティな登山ゲイターおすすめ3選 軽量コンパクトで持ち運びにも

夏も冬も登山ゲイターを活用したいという方のために、年間を通して使える「オールマイティな登山ゲイター」のおすすめ3選をご紹介します。

mont-bell(モンベル)『GORE-TEX ライトスパッツ ロング(#1129429)』

mont-bell(モンベル)『GORE-TEXライトスパッツロング(#1129429)』 mont-bell(モンベル)『GORE-TEXライトスパッツロング(#1129429)』

出典:楽天市場

長さタイプ ロング
開閉タイプ ジッパー
高さ -

軽量コンパクトで持ち運びがしやすい

約144gの軽さが魅力のアイテムです。軽く疲れにくいだけでなく、持ち運びがしやすいのもポイント。付属の収納バッグにコンパクトおさまり、軽々持ち運ぶことができて便利です。軽量ながら冬場も使えるオールマイティなゲイターで、素材は3層構造のゴアテックス。夏は湿気を逃がして蒸れにくく、雪山でも水濡れからしっかり足元を守ってくれます。

コスモスやサンセットオレンジなど、5色の豊富なカラー展開も魅力。ゲイターをオシャレのポイントにしたい方にもおすすめです!

OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'S CROCODILE GAITERS(#243118)』

OUTDOORRESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'SCROCODILEGAITERS(#243118)』

出典:Amazon

長さタイプ ロング
開閉タイプ 面ファスナー
高さ -

確かな品質、登山ゲイターのロングセラー

ロングタイプの定番といえばこのORの登山ゲイター。脚にフィットするすっきりとしたデザインと、防水・耐久性すぐれた高い品質が魅力のロングセラーのアイテムです。ゲイターの下部は1,000デニールのコーデュラナイロンでしっかりと補強し、アイゼンを使用する冬でも安心して使える作りになっています。長く愛される確かな品質で、どれを選んだらいいかわからないという初心者にもおすすめです。

夏場はハーフパンツと合わせたキーウィスタイルもおすすめ! 高温多湿の夏も防水透湿性の高いゴアテックスを使ったこのゲイターなら蒸れずに快適です。ほどよく保温しながら、草木や雨露から足元を守ってくれますよ。

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』

SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』

出典:Amazon

長さタイプ ロング
開閉タイプ 面ファスナー
高さ S:38cm、M:39.5cm、L:42cm、XL:43cm

すぐれた透湿性をもつeVent素材

高い透湿性を持つeVentファブリックを採用したゲイターです。抜群の通気性で冬だけでなく夏も兼用できる一足。比較的軽量なので歩きやすく、トレッキングから登山、クロスカントリースキーまでオールシーズン幅広く使用できます。

面ファスナー式のフロント開閉で着脱もスムーズ。寒い冬でも手袋を外さずかんたんに開閉できます。

「登山ゲイター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'S VERGLAS GAITERS(#243119)』
ISUKA(イスカ)『ゴアテックス ライトスパッツ フロントジッパ-(2463)』
oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』
HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPER ARMADILLO NANO GAITER』
ISUKA(イスカ)『ウェザ-テック ショ-トスパッツ(2472)』
OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『THRU GAITERS(#269288)』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ハイベントショートゲイター(ユニセックス)(NN21700)』
finetrack(ファイントラック)『ラピッドトレイルゲイター(FMU0803)』
mont-bell(モンベル)『GORE-TEX ライトスパッツ ロング(#1129429)』
OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'S CROCODILE GAITERS(#243118)』
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』
商品名 OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'S VERGLAS GAITERS(#243119)』 ISUKA(イスカ)『ゴアテックス ライトスパッツ フロントジッパ-(2463)』 oxtos(オクトス)『ロングスパッツ』 HILLSOUND(ヒルサウンド)『SUPER ARMADILLO NANO GAITER』 ISUKA(イスカ)『ウェザ-テック ショ-トスパッツ(2472)』 OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『THRU GAITERS(#269288)』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ハイベントショートゲイター(ユニセックス)(NN21700)』 finetrack(ファイントラック)『ラピッドトレイルゲイター(FMU0803)』 mont-bell(モンベル)『GORE-TEX ライトスパッツ ロング(#1129429)』 OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)『MEN'S CROCODILE GAITERS(#243118)』 SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『アルパイン(ST82602001)』
商品情報
特徴 定番ゲイターの軽量モデル ダブルオープンジッパーが便利! 自社一貫体制で実現する高品質&低価格 アイゼンのダメージに負けないタフなゲイター 少し長めの丈で足元をしっかりガード 暑い夏の足元を快適にしてくれるゲイタ― 防水透湿素材のハイベントが気になる蒸れを軽減 ストラップレスでフラットシューズにも装着できる 軽量コンパクトで持ち運びがしやすい 確かな品質、登山ゲイターのロングセラー すぐれた透湿性をもつeVent素材
長さタイプ ロング ロング ロング ロング ショート ショート ショート ショート ロング ロング ロング
開閉タイプ - ジッパー、面ファスナー ジッパー、面ファスナー ジッパー ジッパー - 面ファスナー - ジッパー 面ファスナー 面ファスナー
高さ - 40cm S:38cm、L:42cm - 22cm - S:17cm、M:18cm、L:18cm - - - S:38cm、M:39.5cm、L:42cm、XL:43cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山ゲイターの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでの登山ゲイターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山用ゲイター・スパッツランキング
Yahoo!ショッピング:登山ゲイターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

登山ゲイターの付け方

険しい雪山などの登山には必須なアイテムとなる登山ゲイターですが、聞き馴染みがない人も多く必要なのか?と考えている人もいるかもしれません。ここでは、そんな登山ゲイターの付け方をご紹介して改めて必要性を再確認していただきたいと思います

製品によって多少の違いはありますが、付け方は簡単です。まずは左右を確認して、マジックテープを全て取り外してチャックをします。ゴムをくるぶし付近に接続して、最後に金具を靴紐にかけるだけで装着完了です。

【関連記事】その他の登山関連アイテムも要チェック

ポイントのおさらい

登山ゲイターのおすすめ11商品をご紹介しました。登山ゲイターを選ぶときは使用シーンに合った素材や長さのものを選びましょう。開閉タイプにも種類があります。フィット感も重要になるので確認しましょう。

あなたがほしい登山ゲイターを選んでみてください!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/21 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア用財布おすすめ商品10選|軽量・防水・コンパクトな商品を厳選

アウトドア用財布おすすめ商品10選|軽量・防水・コンパクトな商品を厳選

アウトドアでは少しでも荷物を減らして、身軽になりたい状況が多々あります。アウトドアでは、財布も水に濡れたり、汚れたりすることが考えられるので、日常使いのものとは異なる専用の財布を用意しておけば安心。ここでは、キャンプライターの中山さんと編集部が厳選したアウトドア用の財布の選び方とおすすめの商品をご紹介します。後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて財布を選ぶときの参考にしてみてください。


軽アイゼンおすすめ8選|【4本爪~6本爪】モンベル・エバニューなど厳選

軽アイゼンおすすめ8選|【4本爪~6本爪】モンベル・エバニューなど厳選

平地や低山・夏の雪渓歩行で活躍する軽アイゼン。アイゼンは、登山において自分の身を守るために欠かせないアイテムのひとつです。ここでは、チェーンスパイクや4~6本の爪からなるビギナー向けなど、登山に精通する登山愛好家・山崎友貴さんと編集部が厳選した軽アイゼンのおすすめと選び方を紹介します。後半に軽アイゼンの付け方、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


サイクリングバックおすすめ7選【通勤・通学にも】防水・通気性の高いタイプも!

サイクリングバックおすすめ7選【通勤・通学にも】防水・通気性の高いタイプも!

自転車移動や自転車通勤、ロードバイクを楽しむ人にとって欠かせないのがサイクリングバッグです。マウンテンバイクやロードバイクといった自転車はかごがなく、荷物の持ち運びには向いていません。そういった自転車に乗るときはサイクリングバッグが重宝します。現在では通気性にすぐれたものや軽量なもののほか、容量の多いものなどさまざまです。今回は[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、選び方のポイントやおすすめアイテムをご紹介します。Amazonなどの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


トレッキング用デイパックおすすめ20選|容量・フィット感・防水性能で選ぶ!

トレッキング用デイパックおすすめ20選|容量・フィット感・防水性能で選ぶ!

トレッキング用デイパックとは、1日分の装備を入れるための小型の登山リュックのこと。この記事では、トレッキング用デイパックの選び方とおすすめ商品を、アウトドアライターの高橋庄太郎さんにうかがいました。サイズやフィット感、各部のディテール、防水性など、どのようなポイントに注意しながら選べばよいかを解説。さらに、選び方のポイントにそって、グレゴリーやモンベル、オスプレーといった人気ブランドのおすすめのデイパックも紹介しています。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【タイプ別】キャプテンスタッグのアウトドアチェアおすすめ10選|コスパ良しの人気チェアも

【タイプ別】キャプテンスタッグのアウトドアチェアおすすめ10選|コスパ良しの人気チェアも

デザイン性、種類の豊富さ、コスパに優れたキャプテンスタッグ。実は、アウトドアチェアの中にも、ラウンジチェアやロースタイルチェアなど、様々な種類があり、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。本記事では、キャプテンスタッグのアウトドアチェアの種類ごとの特徴やおすすめ商品、選び方をご紹介。アウトドアチェアの使いやすい商品のポイントも紹介しています。本記事を読めば、どの商品がアウトドアで使いやすいのかなどが把握できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。