軽アイゼンおすすめ7選|【4本爪~6本爪】モンベル・エバニューなど厳選

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』
出典:Amazon

平地や低山・夏の雪渓歩行で活躍する軽アイゼン。アイゼンは、登山において自分の身を守るために欠かせないアイテムのひとつです。

ここでは、チェーンスパイクや4~6本の爪からなるビギナー向けなど、登山に精通する登山愛好家・山崎友貴さんと編集部が厳選した軽アイゼンのおすすめと選び方を紹介します。後半に軽アイゼンの付け方、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

「軽アイゼン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
EVERNEW(エバニュー)『4本爪アイゼン EBY012』
IWATANI-PRIMUS(イワタニプリムス) 『i-Trek IT-HG120』
IWATANI-PRIMUS(イワタニプリムス) 『i-Trek  IT-HG121』
オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』
ベルモント『軽アイゼン7』
マウンテンダックス『4本爪アイゼン』
EVERNEW(エバニュー)『巾調節式6本爪アイゼン(EBY015)』
商品名 EVERNEW(エバニュー)『4本爪アイゼン EBY012』 IWATANI-PRIMUS(イワタニプリムス) 『i-Trek IT-HG120』 IWATANI-PRIMUS(イワタニプリムス) 『i-Trek IT-HG121』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 ベルモント『軽アイゼン7』 マウンテンダックス『4本爪アイゼン』 EVERNEW(エバニュー)『巾調節式6本爪アイゼン(EBY015)』
商品情報
特徴 かんたんに装着ができる使いやすいアイゼン 軽いのに頑丈でサクサクと歩ける シンプルな作りが取り回ししやすい製品 幅広いシーンで使える軽アイゼン 軽量・コンパクトでザックに入れても負担にならない ほとんど重さを感じない軽量さが魅力
素材 炭素鋼 炭素鋼 ステンレス 【本体】S50C炭素鋼、【ラチェットベルト、アンチスノープレート】プラスチック、【ヒールベルト】ナイロン 【本体】SK50C、【バンド】PP製、【ケース】ナイロン、【スノーガード】PP、アルミ 炭素鋼板(S60C) 炭素鋼
サイズ フリーサイズ - 85g フリー(22.0cm~28.0cm) - - S(22.0~24.5cm)、L(25~28cm)
重量 250g 225g - 502g - 90g(片足)収納ケース付、スノープレート付(ポリエチレン) 【S】570g、【L】590g
バックルのタイプ ゴムバンド式 ベルト式 ベルト式 ラチェット式 ベルト式 ベルト式 ラチェット式
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月26日時点 での税込価格

軽アイゼンとは? 4本・6本爪の違いと使い分け

アイゼン
Pixabayのロゴ

夏・冬山の雪渓や低山で使用するのが軽アイゼン。

夏・冬山の雪渓や低山で使用する登山用品です。軽アイゼンは、本格的なシーンで使用するアイゼンよりも爪の本数が少なく、4本~6本爪タイプのものになり、登山靴の下に装着して使用します。簡易アイゼンやコンパクトアイゼンとも呼ばれます。

山の状況によって、ハイキング向けのチェーンスパイク(スノースパイク)4~6本爪の軽アイゼン(簡易アイゼン)、より本格的な雪山登山向けの10~12本爪のアイゼンと使い分けられています。

軽アイゼンとチェーンスパイクとの違い

 

チェーンスパイクとは、用途はアイゼンと同様ですが、爪が小さくまた登山靴の底に装着する金属がなくチェーンで構成されています。爪が小さい分、深い雪では滑り止めとしての効果が発揮されないため簡易的なアイゼンとして活用されています。アイゼンと比較してチェーンスパイクの方が軽量でコンパクトに収納できるメリットがあります。

登る山に合わせて、軽アイゼンとチェーンスパイクどちらかを選ぶことが重要です。チェーンスパイクを選ぶシーンとしては、冬山であれば勾配がきつくなく、よって約1000m以下の低山での使用が一般的。流釣りを楽しむ人が渓に降りるときや、雪渓を歩くときにも使用できます。

軽アイゼンの選び方 爪の長さ・装着方法・装着方式

ここからは、登山愛好家の山崎友貴さんにお話をうかがい、軽アイゼンの選び方についてご紹介していきます。おすすめ商品を知る前に、選ぶときのポイントについて知っておきましょう。

【1】軽アイゼンの種類で選ぶ 4本爪と6本爪

まずは、4本爪・6本爪の軽アイゼンの種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

「4本爪」タイプ 持ち運びやすい

 

両足合わせてもわずか180gと軽量の4本爪タイプ軽アイゼン。

4本爪タイプは、平らな雪面や低山登山を歩く際に有効です。軽量コンパクトで収納しやすく、持ち運びしやすいのがメリットです。

「6本爪」タイプ 傾斜の険しい登山に

 

土踏まず部分に装着する6本爪タイプ。

夏・冬山の雪渓や低山、急な斜面で効果を発揮するのが6本爪タイプです。4本爪タイプと比べるとサイズが大きめなため、携帯性では劣ります。

【2】登山なら爪の長さは5mm以上が基本

軽アイゼンはその名の通り、比較的標高の低い標高2000m以下の登山で使用する滑り止めです。

そのため、10~12本の爪を持つアイゼン、通称「クランポン」とは異なり、本格的な雪山登山には使用できないことは理解しておきましょう。

ショッピングサイトなどで軽アイゼンを探してみると、市街地で使用するゴムスパイクが出てくることがあります。このような商品は凍結した積雪路では効果が低いことがあり、登山で使用するのは危険です。

一般的に登山で使用するアイゼンは、最低でも5mm以上の爪の長さを持つものが適しています。

【3】対応サイズを確認 フリーサイズ? 幅調整機能は?

 

前後計3本のベルトで靴を固定。6本爪が地面をしっかり掴んでくれる構造になっており、ロックを解除するときもボタンひとつで簡単に外せる。

6本爪の軽アイゼンには基本的に幅調整機能が付いていますが、フリーサイズか対応サイズが設定されているかを確認しましょう。サイズが合わないものを選んでしまうと、歩行中に足に余計な負担がかかってしまいます。

【4】装着方法 取り付け方の特徴

ここでは、ベルト式・ラチェット式など取り付け方の特徴についてご紹介します。

ざまざまな登山靴にフィットする「ベルト式」

 

誤脱防止のベルト&バックルを装備したベルトタイプの軽アイゼン。

ほとんどの登山靴に装着することができます。ラチェット式と比べると、コンパクトで持ち運びやすいというメリットがあります。

装着が簡単な「ラチェット式」

 

高耐久性のある「S50C炭素鋼」を採用。コンパクトサイズで持ち運びしやすいのが特徴。

ベルト式のようにベルトを張り巡らせる必要がなく、バンドに搭載されたレバーでサイズを調節するタイプ。

軽アイゼンのおすすめ7選 耐久性と使い勝手が抜群、軽量・コンパクトタイプなど

軽アイゼンの選び方で重要なポイントを理解したところで、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が厳選した軽アイゼンのおすすめ商品をご紹介します。

EVERNEW(エバニュー)『4本爪アイゼン EBY012』

エバニュー(EVERNEW)4本爪アイゼンEBY012 エバニュー(EVERNEW)4本爪アイゼンEBY012 エバニュー(EVERNEW)4本爪アイゼンEBY012 エバニュー(EVERNEW)4本爪アイゼンEBY012 エバニュー(EVERNEW)4本爪アイゼンEBY012

出典:Amazon

かんたんに装着ができる使いやすいアイゼン

EVERNEW(エバニュー)『4本爪アイゼン EBY012』はゴムバンド付きアイゼンです。夏の雪渓をトレッキングする場合などに使いやすい仕様になっています。ゴムバンドで装着できるラチェット式で登山靴からローカットシューズ問わず使えるでしょう。

製品には収納袋も付いているので、使用したあとに入れてしまえば、保管する場所を汚すことはありません。

IWATANI-PRIMUS(イワタニプリムス) 『i-Trek IT-HG120』

軽いのに頑丈でサクサクと歩ける

『i-TrekIT-HG120』はアウトドア用製品を多く取り扱うイワタニプリムスが販売しています。どんなトレッキングシューズでも装備しやすい様にワイヤーとチェーンで幅調整をしなくても取り付けられます。

2㎜厚の炭素鋼のアイゼンは軽く、焼き入れ加工をすることで強度があります。そのため、耐摩耗性が上がっており、あわせて耐寒性もよく、長く使える製品です。

IWATANI-PRIMUS(イワタニプリムス) 『i-Trek IT-HG121』

シンプルな作りが取り回ししやすい製品

ひとつが85gと軽量であるのがイワタニプリムスのi-TrekIT-HG121です。ベルトとアイゼンというシンプルな構造で、かんたんにシューズに取り付けできるのが特徴になっています。ステンレスを使っているので、簡易的なアイゼンでありながら強靭です。

はじめてアイゼンをつける人でもわかりやすい様にスノープレートへ左右のマークが入っています。使う人のことを考えた工夫が随所に見えます。

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』

oxtos(オクトス)6本爪ラチェット式アイゼンOX-040 oxtos(オクトス)6本爪ラチェット式アイゼンOX-040 oxtos(オクトス)6本爪ラチェット式アイゼンOX-040 oxtos(オクトス)6本爪ラチェット式アイゼンOX-040 oxtos(オクトス)6本爪ラチェット式アイゼンOX-040 oxtos(オクトス)6本爪ラチェット式アイゼンOX-040 oxtos(オクトス)6本爪ラチェット式アイゼンOX-040

出典:Amazon

フリーエディター&SUV生活研究家

幅広いシーンで使える軽アイゼン

この商品はその名の通り、6本爪が地面をしっかり掴んでくれる構造になっているので、雪や氷のある登山道でも安心して歩けます。

3本のベルトで靴を固定し、ベルトにはラチェット式のバックルが付いているので、素早く装着できます。また、ロックを解除するときもボタンひとつの簡単操作でできる点も便利です。

アンチスノープレートという部品が本体に浮いているので、湿雪が付着するのを防いでくれます。対応サイズは22.0cm〜28.0cmで、冬の低山から夏の雪渓まで、幅広いシーンで使える軽アイゼンです。

ベルモント『軽アイゼン7』

ベルモント(Belmont)軽アイゼン7スノーガード付セットBS-011 ベルモント(Belmont)軽アイゼン7スノーガード付セットBS-011 ベルモント(Belmont)軽アイゼン7スノーガード付セットBS-011

出典:Amazon

フリーエディター&SUV生活研究家

軽量・コンパクトでザックに入れても負担にならない

靴の土踏まず部分に装着するタイプの軽アイゼンで、軽量・コンパクトなので常にザックに入れておいても負担を感じることはないでしょう。

爪は6本で主に圧雪や湿雪、無積雪期の土のバリエーションルートなどで安定感を発揮します。

ただし、靴の前後に爪がない構造になっているので、滑り止め効果はそれほど高くありません。基本的には簡易的な滑り止めだと考えておきましょう。また、土踏まずが浅い人は長距離使用すると疲労感や痛みを感じやすいので、注意が必要です。

マウンテンダックス『4本爪アイゼン』

フリーエディター&SUV生活研究家

ほとんど重さを感じない軽量さが魅力

片足90g、両足合わせてもわずか180gしか重量のない軽アイゼンです。装着はフロントベルトを締めるだけとなっているので、簡単に手早く付けられることも特徴です。

4本爪のうち、後ろ2本は長く設計されているので、どのような地形であってもすべての爪が設置する仕組みとなっています。また、本体にはスノープレートが付いているので、湿雪が付着して歩きにくくなることを防止してくれます。

ただし、4本爪しかないので、全道で積雪があるような山ではなく、どちらかというと積雪や凍結が限定的な登山道で使用することを想定しています。収納ケースに入れて持ち運びすれば、登山の幅が広がることでしょう。

EVERNEW(エバニュー)『巾調節式6本爪アイゼン(EBY015)』

グローブを装着したままでも簡単に着脱ができるバックルが特長。スノープレートの幅が広いタイプで、本体との隙間を減らし、雪が団子状に付着するのを防いでくれます。

専用の収納袋に入れることで、リュックのなかでもかさばらず持ち運ぶことができる夏の雪渓・冬の低山歩行用アイゼンです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 軽アイゼンの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの軽アイゼンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:軽アイゼンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

軽アイゼンでどのくらいの山に登れるのか?

雪山

Photo by Martin Adams on Unsplash

軽アイゼン装備ではいってはいけない山というのは、滑落する恐れのある山です。多くは森林限界を超えるような樹林帯の無い稜線のある山ということになります。前爪があるアイゼンがないと斜面にも対応できなくなりますので、登ってはいけないので注意しましょう。

前爪がない軽アイゼンでは蹴りこむことができないので、当然急斜面でも氷の斜面は歩くことが不可能です。

反対に軽アイゼン装備で歩けるのは、積雪の少な目の山。1000mクラスの山であればほぼ問題はないでしょうし、2000mクラスでもゆるやかで雪崩のリスクも少ない北八ヶ岳などのルートを選べば十分に楽しむことができます。

軽アイゼンでの歩き方

雪山を歩く人

Photo by Long Lin on Unsplash

軽アイゼンで歩くためにはいくつかポイントをおさえておく必要があります。それではみていきましょう!

■登り
・フラットフィッティング
・がに股
・歩幅を広く
・小刻みにリズムよく

斜度がきつくなると足首が曲がらなくなって、フラットフィッティングができなくなりますので、その場合はジグザグ歩くように。傾斜を抑えながら登ること意識しましょう。

■下降
・フラットフィッティング
・がに股
・腰をひかない

雪になれていないと、下降する際に腰が引けてしまいがちに。腰が引けるとアイゼンの爪が雪山にグリップしなくなってしまいます。また雪が柔らかくて埋まってしまう場合は、かかとを下に落とす「キックステップ」で降りるようにしましょう。

軽アイゼンに関するQ&A よくある質問

軽アイゼンの付け方を教えてください。

1)六角レンチでソールにあるボルトを全部ゆるめ、横幅を調整します。2)ヒールとアイゼンの突起を合わせて幅を合わせます。3)固定しながらボルトを締めます。4)バンドをバックルに通し、レバーロックを上げてきつくしながら調節します。

積雪20cm程度のトレッキングだと何本爪がおすすめですか?

6本爪がおすすめです。アイゼンは積雪や登山道の傾斜角度で選択肢が変わってきます。一方で、4本爪はぬかるんだ道などに使う非常用の用途を想定されています。

軽アイゼンの寿命はどのくらいですか?

頻度にもよりますが、一般的に月に数回程度、軽アイゼンを履いて登山すると、大抵は2~3年程度で交換する必要があります。爪の摩耗はもちろん、ナイロンやゴムベルトなどの劣化や断切などが生じる恐れがあるからです。メーカーによっては交換や修理用の部品を販売しているところもありますが、安全性を優先するなら買い換えるのがベストでしょう。

そのほかの雪山登山用アイテムの記事はこちら 【関連記事】

使用後は防腐剤を塗ってメンテナンスを 登山愛好家からアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

アイゼンは雪山登山の必需品! 安全のため常に携行

仮に低山であったとしても、冬山での滑落は生死にかかわることがあります。冬の登山では雪が降っていない地域だとしても、常にアイゼンを携行することが大切です。

一見すると氷がないような登山道でも、清水が凍結してアイスリンクのような状態になっている場合があります。

また、冬山においてアイゼンは命を守る道具になるので、使用後はこまめにメンテナンスをしましょう。メンテナンスは、泥や葉などの汚れを洗い落とし、次に爪やゴムの部分にシリコンオイルなどの防腐剤を塗ることが基本です。

パーツが破損している場合は別途修理・交換を行いましょう。アイゼンはメンテナンスをすることでじゅうぶんな性能を発揮し、長持ちさせられます。

命を守るためにもしっかりと商品を選んで使用後は忘れずにメンテナンスしましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


登山用帽子おすすめ10選【おしゃれで高機能】通気性抜群・シェード付きも

登山用帽子おすすめ10選【おしゃれで高機能】通気性抜群・シェード付きも

男性女性問わず、トレッキングやハイキングなどのアウトドアが人気です。登山用帽子は登山中の厳しい自然環境における日差しや落下物から身を守ってくれる、とても大切なアイテム。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんとにお話をうかがい、登山用帽子のおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon レディース帽子・キャップ , メンズ帽子・キャップ , レディースファッション雑貨・小物

雪山登山ハードシェルパンツおすすめ8選|スノボやスケートにも! マムート・モンベル他

雪山登山ハードシェルパンツおすすめ8選|スノボやスケートにも! マムート・モンベル他

雪山の装備で大切なハードシェルパンツ。そして、雪山登山のウェアに防水性は外せません。ゴアテックスやネオシェルなど、どの素材がいいのでしょう。この記事では、自分に合うハードシェルパンツの選び方と、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。

tag icon 登山・トレッキング携行品 , 登山・トレッキング , レディースボトムス

携帯浄水器おすすめ13選|登山やキャンプほか防災時にも活躍・人気ランキングも

携帯浄水器おすすめ13選|登山やキャンプほか防災時にも活躍・人気ランキングも

アウトドアや災害用の備品として、ひとつ持っておくと便利なのが携帯浄水器です。携帯浄水器は、ボトル一体型や自重落下浄水タイプなど、さまざまな種類があって特徴も異なるため、しっかりとチェックしておきたいもの。本記事では、携帯浄水器の選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひ、ご自身に合った携帯浄水器を探す参考にしてみてくださいね。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ , 防災グッズ

登山用カトラリーおすすめ13選|持ち運びに便利な折りたたみ式や一体型も

登山用カトラリーおすすめ13選|持ち運びに便利な折りたたみ式や一体型も

登山やキャンプ、アウトドアでの食事に欠かせないスプーンやフォークなどの「カトラリー」。モンベルやスノーピークといった人気有名ブランドから、折りたたみや一体型、計量モデルなど収納や持ち運びに工夫がほどかされたたさまざまなものが販売されています。本記事では、登山用カトラリーの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon 皿・プレート , キャンプ用皿・コップ・カトラリー , 登山・トレッキング

アウトドア用高機能ハットおすすめ7選|登山やキャンプ、タウンユースにも

アウトドア用高機能ハットおすすめ7選|登山やキャンプ、タウンユースにも

屋外活動に欠かせないアウトドアハット(サファリハット)。日光から頭部を守って熱射病などの予防とするだけでなく、速乾機能で頭部を冷却、撥水加工で雨よけ、UVカットなど、高機能なものがいろいろあります。素材による違い、あごひもの有無など、どういう観点で選べばよいのか迷うのではないでしょうか。本記事では、山岳写真家の荒井裕介さんに取材して、アウトドア用高機能ハット・帽子の選び方とおすすめの商品について教えてもらいました。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon メンズ帽子・キャップ , レディースファッション雑貨・小物 , メンズファッション雑貨・小物

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。