軽アイゼンのおすすめ6選|雪山で活躍【4本爪~6本爪】モンベルなど人気商品ほかランキングも

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』
出典:Amazon
フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

アイゼンは、登山において自分の身を守るために欠かせないアイテムのひとつです。この記事で紹介する軽アイゼンは、平地や低山、凍結した路面などで活躍する4~6本の爪からなるビギナー向けのアイゼンになります。そこで、登山に精通する登山愛好家・山崎友貴さんに、軽アイゼンの選び方、おすすめ商品についてうかがいました。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


軽アイゼンとは? 氷上や凍った雪の上を歩くときに必要な登山用具

夏・冬山の雪渓や低山で使用する登山用品です。軽アイゼンは、本格的なシーンで使用するアイゼンよりも爪の本数が少なく、4本~6本爪タイプのものになり、登山靴の下に装着して使用します。簡易アイゼンやコンパクトアイゼンとも呼ばれます。

山の状況によって、ハイキング向けのチェーンスパイク(スノースパイク)4~6本爪の軽アイゼン(簡易アイゼン)、より本格的な雪山登山向けの10~12本爪のアイゼンと使い分けられています。

持ち運びやすさで選ぶなら「4本爪」タイプ

両足合わせてもわずか180gと軽量の4本爪タイプ軽アイゼン。

4本爪タイプは、平らな雪面や低山登山を歩く際に有効です。軽量コンパクトで収納しやすく、持ち運びしやすいのがメリットです。

傾斜の険しい登山に選ぶなら「6本爪」タイプ

土踏まず部分に装着する6本爪タイプ。

夏・冬山の雪渓や低山、急な斜面で効果を発揮するのが6本爪タイプです。4本爪タイプと比べるとサイズが大きめなため、携帯性では劣ります。

軽アイゼンの選び方 爪の長さ、登山道に合ったタイプか、装着方式をみる

登山愛好家の山崎友貴さんによると、軽アイゼンを選ぶときのポイントは大きく分けて3つあるとのことでした。おすすめ商品を知る前に、選ぶときのポイントについて知っておきましょう。

アイゼン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

夏・冬山の雪渓や低山で使用するのが軽アイゼン。

登山なら爪の長さは5ミリ以上が基本

フリーエディター&SUV生活研究家

軽アイゼンはその名の通り、比較的標高の低い標高2000m以下の登山で使用する滑り止めです。

そのため、10~12本の爪を持つアイゼン、通称「クランポン」とは異なり、本格的な雪山登山には使用できないことは理解しておきましょう。

ショッピングサイトなどで軽アイゼンを探してみると、市街地で使用するゴムスパイクが出てくることがあります。このような商品は凍結した積雪路では効果が低いことがあり、登山で使用するのは危険です。

一般的に登山で使用するアイゼンは、最低でも5mm以上の爪の長さを持つものが適しています。

登山道に合った軽アイゼンを選ぶ

前後計3本のベルトで靴を固定。6本爪が地面をしっかり掴んでくれる構造になっており、ロックを解除するときもボタンひとつで簡単に外せる。

フリーエディター&SUV生活研究家

軽アイゼンには用途に合わせてさまざまなタイプがあります。たとえば、チェーンアイゼン(スパイクとも呼ばれる)、4~6本爪で土踏まずの下にベルトで固定するタイプのアイゼンなどです。

とりあえず使いたいということであれば、比較的手軽なチェーンアイゼンを使用するとよいでしょう。チェーンアイゼンはゴムを使って靴に固定するので、手早く簡単に装着可能です。

また、爪は短いものが多いので、歩いていても違和感や疲労感が少なくて、滑りを抑える力は全方向に働きます。

ただし、爪が小さいので、深雪や岩の多い場所では効き目が悪いこともあり、最低でも4~6本爪の軽アイゼンを用意したほうがよいです。事前に登山道の状況を調べたうえで、どのタイプの軽アイゼンを揃えるか考えましょう。

ざまざまな登山靴にフィットする「ベルト式」

誤脱防止のベルト&バックルを装備したベルトタイプの軽アイゼン。

ほとんどの登山靴に装着することができます。ラチェット式と比べると、コンパクトで持ち運びやすいというメリットがあります。

装着が簡単な「ラチェット式」

高耐久性のある「S50C炭素鋼」を採用。コンパクトサイズで持ち運びしやすいのが特徴。

ベルト式のようにベルトを張り巡らせる必要がなく、バンドに搭載されたレバーでサイズを調節するタイプ。

軽アイゼンは使い捨てと考えておくこと 交換時期や耐久性、修理の目安

フリーエディター&SUV生活研究家

頻度にもよりますが、一般的に月に数回程度、軽アイゼンを履いて登山すると、大抵は2~3年程度で交換する必要があります。爪の摩耗はもちろん、ナイロンやゴムベルトなどの劣化や断切などが生じる恐れがあるからです。

メーカーによっては交換や修理用の部品を販売しているところもありますが、安全性を優先するなら買い換えるのがベストでしょう。

チェーンアイゼンは脱着のしやすさは優れていますが、耐久性や滑り止めなどの安全性を考えると4~6本爪のストラップやベルトで装着するタイプが優れています。

ただし、アイゼンを装着して歩くことに慣れていない人は、使用時に足に違和感や痛みを感じることがあるので、初めて購入する場合は、ソールにチェーンが巻き付けられたチェーンアイゼンがおすすめです。

軽アイゼンのおすすめ6選 耐久性と使い勝手が抜群、軽量・コンパクトタイプなど

軽アイゼンの選び方で重要なポイントを理解したところで、登山愛好家の山崎友貴さんにお聞きした軽アイゼンのおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オクトス『NEWチェーンアイゼン』

オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』

出典:Amazon

素材 【本体】ステンレス、【ケース】ナイロン+ウレタンフォーム
サイズ 【S】22cm~24.5cm 、【L】25cm~28cm ※冬用登山靴に装着した場合の目安サイズ
重量 【S】約380g(ペア)、【L】約420g(ペア)
バックルのタイプ ベルト式

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

安心感が頼りになるチェーンアイゼン

NEWチェーンアイゼンは小さめの14本の爪とチェーンによって、雪面をがっちりキャッチしてくれます。

従来品の脱落帽子ベルトはベルクロタイプだったのですが、新しくプラバックルを採用することで、より一層強固にシューズに固定できるようになりました。路面の状態によってアイゼンが抜けてしまう煩わしさを解消した商品です。

ハードタイプの専用ケースが付属しているので、使用後でも汚れや爪を気にすることなく収納できる点も便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』

出典:Amazon

素材 【本体】S50C炭素鋼、【ラチェットベルト、アンチスノープレート】プラスチック、【ヒールベルト】ナイロン
サイズ フリー(22.0cm~28.0cm)
重量 502g
バックルのタイプ ラチェット式

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

幅広いシーンで使える軽アイゼン

この商品はその名の通り、6本爪が地面をしっかり掴んでくれる構造になっているので、雪や氷のある登山道でも安心して歩けます。

3本のベルトで靴を固定し、ベルトにはラチェット式のバックルが付いているので、素早く装着できます。また、ロックを解除するときもボタンひとつの簡単操作でできる点も便利です。

アンチスノープレートという部品が本体に浮いているので、湿雪が付着するのを防いでくれます。対応サイズは22.0cm〜28.0cmで、冬の低山から夏の雪渓まで、幅広いシーンで使える軽アイゼンです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルモント『軽アイゼン7』

ベルモント『軽アイゼン7』 ベルモント『軽アイゼン7』 ベルモント『軽アイゼン7』

出典:Amazon

素材 【本体】SK50C、【バンド】PP製、【ケース】ナイロン、【スノーガード】PP、アルミ
サイズ -
重量 -
バックルのタイプ ベルト式

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

軽量・コンパクトでザックに入れても負担にならない

靴の土踏まず部分に装着するタイプの軽アイゼンで、軽量・コンパクトなので常にザックに入れておいても負担を感じることはないでしょう。

爪は6本で主に圧雪や湿雪、無積雪期の土のバリエーションルートなどで安定感を発揮します。

ただし、靴の前後に爪がない構造になっているので、滑り止め効果はそれほど高くありません。基本的には簡易的な滑り止めだと考えておきましょう。また、土踏まずが浅い人は長距離使用すると疲労感や痛みを感じやすいので、注意が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マウンテンダックス『4本爪アイゼン』

マウンテンダックス『4本爪アイゼン』

出典:Amazon

素材 炭素鋼板(S60C)
サイズ -
重量 90g(片足)収納ケース付、スノープレート付(ポリエチレン)
バックルのタイプ ベルト式

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

ほとんど重さを感じない軽量さが魅力

片足90g、両足合わせてもわずか180gしか重量のない軽アイゼンです。装着はフロントベルトを締めるだけとなっているので、簡単に手早く付けられることも特徴です。

4本爪のうち、後ろ2本は長く設計されているので、どのような地形であってもすべての爪が設置する仕組みとなっています。また、本体にはスノープレートが付いているので、湿雪が付着して歩きにくくなることを防止してくれます。

ただし、4本爪しかないので、全道で積雪があるような山ではなく、どちらかというと積雪や凍結が限定的な登山道で使用することを想定しています。収納ケースに入れて持ち運びすれば、登山の幅が広がることでしょう。

エバニュー『巾調節式6本爪アイゼン(EBY015)』

エバニュー(EVERNEW)巾調節式6本爪アイゼンSオレンジEBY015

出典:Amazon

素材 炭素鋼
サイズ S(22.0~24.5cm)、L(25~28cm)
重量 【S】570g、【L】590g
バックルのタイプ ラチェット式

グローブを装着したままでも簡単に着脱ができるバックルが特長。スノープレートの幅が広いタイプで、本体との隙間を減らし、雪が団子状に付着するのを防いでくれます。

専用の収納袋に入れることで、リュックのなかでもかさばらず持ち運ぶことができる夏の雪渓・冬の低山歩行用アイゼンです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『チェーンスパイク』

モンベル『チェーンスパイク』

素材 【チェーン】ステンレス鋼、【バンド】エラストマー
サイズ
重量 【S】20.5cm〜23.5cm、【M】23.0cm〜26.0cm、【L】25.5cm〜28.5cm
バックルのタイプ 【S】280g、【M】325g、【L】360g、【XL】405g ※ペア

Thumb lg eab96f65 413f 4373 9c9f 8da92d074767

フリーエディター&SUV生活研究家

耐久性と使い勝手の両方に優れている軽アイゼン

装着用ゴムの耐久性が高く、爪は錆びにくいステンレス鋼を採用しているので、数ある軽アイゼンの中でも長期間使用できると評判です。

サイズ設定はS・M・L・XLの4種類あり、カラーはオレンジとライトグレーの2色が用意されているので、多様なニーズに応えられる商品となっています。

靴の上からまるで靴下を履くかのように装着できるので、初心者でも扱いやすい軽アイゼンです。商品にはスタッフバックが付属しているので、汚れていてもザックに入れて収納できる点も魅力です。

「軽アイゼン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
オクトス『NEWチェーンアイゼン』
オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』
ベルモント『軽アイゼン7』
マウンテンダックス『4本爪アイゼン』
エバニュー『巾調節式6本爪アイゼン(EBY015)』
モンベル『チェーンスパイク』
商品名 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 ベルモント『軽アイゼン7』 マウンテンダックス『4本爪アイゼン』 エバニュー『巾調節式6本爪アイゼン(EBY015)』 モンベル『チェーンスパイク』
商品情報
特徴 安心感が頼りになるチェーンアイゼン 幅広いシーンで使える軽アイゼン 軽量・コンパクトでザックに入れても負担にならない ほとんど重さを感じない軽量さが魅力 耐久性と使い勝手の両方に優れている軽アイゼン
素材 【本体】ステンレス、【ケース】ナイロン+ウレタンフォーム 【本体】S50C炭素鋼、【ラチェットベルト、アンチスノープレート】プラスチック、【ヒールベルト】ナイロン 【本体】SK50C、【バンド】PP製、【ケース】ナイロン、【スノーガード】PP、アルミ 炭素鋼板(S60C) 炭素鋼 【チェーン】ステンレス鋼、【バンド】エラストマー
サイズ 【S】22cm~24.5cm 、【L】25cm~28cm ※冬用登山靴に装着した場合の目安サイズ フリー(22.0cm~28.0cm) - - S(22.0~24.5cm)、L(25~28cm)
重量 【S】約380g(ペア)、【L】約420g(ペア) 502g - 90g(片足)収納ケース付、スノープレート付(ポリエチレン) 【S】570g、【L】590g 【S】20.5cm〜23.5cm、【M】23.0cm〜26.0cm、【L】25.5cm〜28.5cm
バックルのタイプ ベルト式 ラチェット式 ベルト式 ベルト式 ラチェット式 【S】280g、【M】325g、【L】360g、【XL】405g ※ペア
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 軽アイゼンの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの軽アイゼンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:軽アイゼンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの雪山登山用アイテムの記事はこちら 【関連記事】

使用後は防腐剤を塗ってメンテナンスを 登山愛好家からアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

アイゼンは雪山登山の必需品! 安全のため常に携行

仮に低山であったとしても、冬山での滑落は生死にかかわることがあります。冬の登山では雪が降っていない地域だとしても、常にアイゼンを携行することが大切です。

一見すると氷がないような登山道でも、清水が凍結してアイスリンクのような状態になっている場合があります。

また、冬山においてアイゼンは命を守る道具になるので、使用後はこまめにメンテナンスをしましょう。メンテナンスは、泥や葉などの汚れを洗い落とし、次に爪やゴムの部分にシリコンオイルなどの防腐剤を塗ることが基本です。

パーツが破損している場合は別途修理・交換を行いましょう。アイゼンはメンテナンスをすることでじゅうぶんな性能を発揮し、長持ちさせられます。

命を守るためにもしっかりと商品を選んで使用後は忘れずにメンテナンスしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/19 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


クライミングロープのおすすめ15選|アウトドアライターが選び方も解説

クライミングロープのおすすめ15選|アウトドアライターが選び方も解説

クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだクライミングロープのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、売れ筋や口コミなどあわせて参考にしてみてください。


ピッケルおすすめ5選【冬山の登山で活躍! 長さや種類による使い方も】

ピッケルおすすめ5選【冬山の登山で活躍! 長さや種類による使い方も】

登山愛好家カメラマンの山崎友貴さんにお話をうかがい、ピッケルの選び方、雪が積もった冬の山や夏の山で使えるおすすめ商品を紹介します。歩きやすさや命にかかわるため、ピッケルは必ず持っておきたいアイテム。自分に合うピッケルを選んで快適に安全な登山をしたいですね。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


クリップファイルおすすめ15選【A4・A5・B5】ビジネス向けの革製タイプや使いやすいマグネット式も!

クリップファイルおすすめ15選【A4・A5・B5】ビジネス向けの革製タイプや使いやすいマグネット式も!

クリップファイルは書類をとじるだけではなく、ペンやメモなどもはさんで持ち運べるすぐれもの。クリップボードと違い表紙がついているので、なかの用紙が外部にみえてしまうのを防ぎます。ビジネスシーンはもちろん、学校の授業などでも活躍します。この記事ではクリップファイルの選び方と、おすすめ商品を厳選して紹介します。記事後半では比較一覧表、amazonの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ハンギングチェアおすすめ人気10選|室内や屋外に!折りたたみ可能な商品も

ハンギングチェアおすすめ人気10選|室内や屋外に!折りたたみ可能な商品も

自然のなかやリゾート地でハンモックにゆられてリラックスしたい、そんな夢をお持ちの方もおられるでしょう。ハンギングチェアを使えば、自宅の庭でもその夢が叶います。この記事では建築家/造園建築家(ランドスケープアーキテクト)・松岡 淳さんへの取材をもとに、ハンギングチェア選びのポイントやおすすめ商品をご紹介します。大型の家具になるので、簡単に買い替えができません。買ってみてから失敗したと後悔しないように選び方のポイントをしっかり頭にいれてください。また安全に使っていくために設置時の注意点も教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクを設置、売れ筋や口コミなども確認していただけます。


カウンターチェアのおすすめ人気17選|おしゃれで座り心地のよいものを紹介

カウンターチェアのおすすめ人気17選|おしゃれで座り心地のよいものを紹介

実用性だけではなく、インテリアとしても楽しめるのがカウンターチェアの魅力です。ゆったりとリラックスできる空間にも合いますね。カウンターチェアは、背もたれ付きや背もたれなし、アイアンから木製のものまで本当に種類が豊富です。なので用途に応じて機能的に使えるものを選びましょう。せっかく買うのならおしゃれなチェアがいいですね。。この記事では、整理収納コンサルタントでルームコーディネーターの瀧本真奈美さんへの取材をもとに、カウンターチェアの選び方や、おしゃれなデザインを基本として、機能面からも幅広くおすすめの商品を紹介していきます。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなども確認してみましょう。


新着記事


発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

アナログでイラストを描くとき、画材としても活躍するカラーマーカー。そのなかでも『コピック』は、幅広い分野で多くのプロや漫画家に愛用されているアルコールマーカーです。自分も使ってみたい! という方や、具体的にどういうマーカーなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は『コピック』について、実際に使い方や書き味をチェックしてみました! 気になる方はぜひ参考にしてみてください。


がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

毎日使うトイレは、きれいにしておきたいもの。来客など家族以外の方も使うことがありますので、見た目や匂いなど気になるものです。「サンポール」という商品名は、ご存知の方も多いのではないかと思います。この「サンポール」の洗浄力を検証するため、実際に使用してみました。トイレ洗浄剤の商品選びに迷っている方、『サンポール』の購入を検討されている方、この記事をトイレ洗浄剤選びの参考にしてみてください。


アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

年齢とともにお肌の悩みが増えていき、鏡を見るのがちょっと憂うつになることはありませんか? そんなお肌の悩みには、年齢に応じたケアができる化粧品がおすすめです。美容成分を使うだけでなく、余計な添加物を使わないスキンケアでやさしくお肌を整えられたらいいですよね。今回は、肌の元気のなさが気になっていた筆者が『アテニア ドレスリフト』のトライアルセットを使用してみました。さまざまな独自原料や独自成分を使用し、添加物もできるだけ省いている『アテニア ドレスリフト』の使い心地をお伝えします。


化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』は、メイクを長時間キープしたい方にぴったりの化粧下地。皮脂によるテカリ・くずれが気になりにくく、ファンデーションも取れにくいのが特徴です。この記事では、『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』を実際に試して、使用感をたっぷりレビューしていきます。ぜひ記事を読んで、あなたのお悩み軽減に役立つ化粧下地かどうかチェックしてみてくださいね!


アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

大人ニキビや毛穴の目立ち、インナードライが気になり出したら、お肌にたっぷりうるおいを与えるスキンケアをしたくなります。季節に関係なく、肌あれしやすくなった大人の女性にピッタリのスキンケアアイテムはないのでしょうか? そんな肌をうるおいで満たし、大人の悩みに寄り添ってくれるのは、『アクアレーベル』。忙しい日々でも自分らしくきれいになりたい人のスキンケアです。有名ブランドの定番商品なので、口コミも多いようですが、実際使い心地やコスパはどうなのでしょうか? 今回は、毛穴開きが気になる筆者が、赤いスキンケアシリーズのトライアルセット『バランスアップセット』を使用してみました。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る