雪山登山で活躍【軽アイゼン】おすすめ5選|登山愛好家による選び方

雪山登山で活躍【軽アイゼン】おすすめ5選|登山愛好家による選び方
フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家
山崎 友貴

四輪駆動車専門誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて、登山紀行を連載中。 悩みは増え続ける山道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。生死がかかる登山用品だけに、「購入する時は値段に迷わされない」がモットー。

アイゼンは、登山において自分の身を守るために欠かせないアイテムのひとつです。今回ご紹介する軽アイゼンは、平地や低山、凍結した路面などで活躍する4~6本の爪からなるビギナー向けのアイゼンになります。しかし、アイゼンの外見はどれも似ていて、特徴や違いがわかりにくいとお悩みの方もいるはずです。そこで、登山に精通する登山愛好家・山崎友貴さんに、軽アイゼンの選び方とおすすめ商品5つについてうかがいました。山崎さんの選び方を参考にして、自分に合った商品を見つけましょう。


軽アイゼンの選び方|登山愛好家に聞く

登山愛好家の山崎友貴さんに取材したところ、軽アイゼンを選ぶときのポイントは大きく分けて3つあるとのことでした。おすすめ商品を知る前に、選ぶときのポイントについて知っておきましょう。

アイゼン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

登山なら爪の長さは5ミリ以上が基本

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

軽アイゼンはその名の通り、比較的標高の低い標高2000m以下の登山で使用する滑り止めです。そのため、10~12本の爪を持つアイゼン、通称「クランポン」とは異なり、本格的な雪山登山には使用できないことは理解しておきましょう。

ショッピングサイトなどで軽アイゼンを探してみると、市街地で使用するゴムスパイクが出てくることがあります。このような商品は凍結した積雪路では効果が低いことがあり、登山で使用するのは危険です。

一般的に登山で使用するアイゼンは最低でも5mm以上の爪の長さを持つものが適しています。

登山道に合った軽アイゼンを選ぶこと

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

軽アイゼンには用途に合わせてさまざまなタイプがあります。たとえば、チェーンアイゼン(スパイクとも呼ばれる)や、4~6本爪で土踏まずの下にベルトで固定するタイプのアイゼンなどです。

とりあえず使いたいということであれば、比較的手軽なチェーンアイゼンを使用するとよいでしょう。チェーンアイゼンはゴムを使って靴に固定するので、手早く簡単に装着可能です。

また、爪は短いものが多いので、歩いていても違和感や疲労感が少なくて、滑りを抑える力は全方向に働きます。ただし、爪が小さいので深雪や岩の多い場所では効き目が悪いこともあるため、最低でも4~6本爪の軽アイゼンを用意したほうがよいです。事前に登山道の状況を調べたうえで、どのタイプの軽アイゼンを揃えるか考えましょう。

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』

前後計3本のベルトで靴を固定。6本爪が地面をしっかり掴んでくれる構造になっており、ロックを解除するときもボタンひとつで簡単に外せます。

>> 楽天市場で詳細を見る

軽アイゼンは使い捨てと考えておくこと

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

頻度にもよりますが、一般的に月に数回程度、軽アイゼンを履いて登山すると大抵は2~3年程度で交換する必要があります。爪の摩耗はもちろん、ナイロンやゴムベルトなどの劣化や断切などが生じる恐れがあるからです。

メーカーによっては交換や修理用の部品を販売しているところもありますが、安全性を優先するなら買い換えるのがベストでしょう。チェーンアイゼンは脱着のしやすさは優れていますが、耐久性や滑り止めなどの安全性を考えると4~6本爪のストラップやベルトで装着するタイプが優れています。

ただし、アイゼンを装着して歩くことに慣れていない人は、使用時に足に違和感や痛みを感じることがあるので、初めて購入する場合は、ソールにチェーンが巻き付けられたチェーンアイゼンがおすすめです。

軽アイゼン5選|登山愛好家のおすすめ

軽アイゼンの選び方で重要なポイント3つを理解したところで、登山愛好家の山崎友貴さんにお聞きした軽アイゼンのおすすめ商品を5つご紹介します。この中から自分に合った軽アイゼンを探してみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オクトス『NEWチェーンアイゼン』

オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 オクトス『NEWチェーンアイゼン』

出典:Amazon

素材 【本体】ステンレス、【ケース】ナイロン+ウレタンフォーム
固定方式
サイズ 【S】22cm~24.5cm 、【L】25cm~28cm ※冬用登山靴に装着した場合の目安サイズ
重量 【S】約380g(ペア)、【L】約420g(ペア)
Thumb lg bf29e8f1 e6ed 4557 918a 3ee0682f25fd

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

安心感が頼りになるチェーンアイゼン

NEWチェーンアイゼンは小さめの14本の爪とチェーンによって、雪面をがっちりキャッチしてくれます。

従来品の脱落帽子ベルトはベルクロタイプだったのですが、新しくプラバックルを採用することで、より一層強固にシューズに固定できるようになりました。路面の状態によってアイゼンが抜けてしまう煩わしさを解消した商品です。

ハードタイプの専用ケースが付属しているので、使用後でも汚れや爪を気にすることなく収納できる点も便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『チェーンスパイク』

モンベル『チェーンスパイク』

素材 【チェーン】ステンレス鋼、【バンド】エラストマー
固定方式
サイズ 【S】20.5cm〜23.5cm、【M】23.0cm〜26.0cm、【L】25.5cm〜28.5cm
重量 【S】280g、【M】325g、【L】360g、【XL】405g ※ペア
Thumb lg bf29e8f1 e6ed 4557 918a 3ee0682f25fd

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

耐久性と使い勝手の両方に優れている軽アイゼン

装着用ゴムの耐久性が高く、爪は錆びにくいステンレス鋼を採用しているので、数ある軽アイゼンの中でも長期間使用できると評判です。

サイズ設定はS・M・L・XLの4種類あり、カラーはオレンジとライトグレーの2色が用意されているので、多様なニーズに応えられる商品となっています。

靴の上からまるで靴下を履くかのように装着できるので、初心者でも扱いやすい軽アイゼンです。商品にはスタッフバックが付属しているので、汚れていてもザックに入れて収納できる点も魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』

オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』

出典:Amazon

素材 【本体】S50C炭素鋼、【ラチェットベルト、アンチスノープレート】プラスチック、【ヒールベルト】ナイロン
固定方式
サイズ フリー(22.0cm~28.0cm)
重量 502g
Thumb lg bf29e8f1 e6ed 4557 918a 3ee0682f25fd

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

幅広いシーンで使える軽アイゼン

この商品はその名の通り、6本爪が地面をしっかり掴んでくれる構造になっているので、雪や氷のある登山道でも安心して歩けます。

3本のベルトで靴を固定し、ベルトにはラチェット式のバックルが付いているので、素早く装着できます。また、ロックを解除するときもボタンひとつの簡単操作でできる点も便利です。

アンチスノープレートという部品が本体に浮いているので、湿雪が付着するのを防いでくれます。対応サイズは22.0cm〜28.0cmで、冬の低山から夏の雪渓まで、幅広いシーンで使える軽アイゼンです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルモント『軽アイゼン7』

ベルモント『軽アイゼン7』 ベルモント『軽アイゼン7』 ベルモント『軽アイゼン7』

出典:Amazon

素材 【本体】SK50C、【バンド】PP製、【ケース】ナイロン、【スノーガード】PP、アルミ
固定方式
サイズ
重量 ーー
Thumb lg bf29e8f1 e6ed 4557 918a 3ee0682f25fd

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

軽量・コンパクトでザックに入れても負担にならない

靴の土踏まず部分に装着するタイプの軽アイゼンで、軽量・コンパクトなので常にザックに入れておいても負担を感じることはないでしょう。

爪は6本で主に圧雪や湿雪、無積雪期の土のバリエーションルートなどで安定感を発揮します。

ただし、靴の前後に爪がない構造になっているので、滑り止め効果はそれほど高くありません。基本的には簡易的な滑り止めだと考えておきましょう。また、土踏まずが浅い人は長距離使用すると疲労感や痛みを感じやすいので、注意が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マウンテンダックス『4本爪アイゼン』

マウンテンダックス『4本爪アイゼン』

出典:Amazon

素材 炭素鋼板(S60C)
固定方式
サイズ
重量 90g(片足)収納ケース付、スノープレート付(ポリエチレン)
Thumb lg bf29e8f1 e6ed 4557 918a 3ee0682f25fd

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

ほとんど重さを感じない軽量さが魅力

片足90g、両足合わせてもわずか180gしか重量のない軽アイゼンです。装着はフロントベルトを締めるだけとなっているので、簡単に手早く付けられることも特徴です。

4本爪のうち、後ろ2本は長く設計されているので、どのような地形であってもすべての爪が設置する仕組みとなっています。また、本体にはスノープレートが付いているので、湿雪が付着して歩きにくくなることを防止してくれます。

ただし、4本爪しかないので、全道で積雪があるような山ではなく、どちらかというと積雪や凍結が限定的な登山道で使用することを想定しています。収納ケースに入れて持ち運びすれば、登山の幅が広がることでしょう。

「軽アイゼン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
オクトス『NEWチェーンアイゼン』
モンベル『チェーンスパイク』
オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』
ベルモント『軽アイゼン7』
マウンテンダックス『4本爪アイゼン』
商品名 オクトス『NEWチェーンアイゼン』 モンベル『チェーンスパイク』 オクトス『6本爪ラチェット式アイゼン』 ベルモント『軽アイゼン7』 マウンテンダックス『4本爪アイゼン』
商品情報
特徴 安心感が頼りになるチェーンアイゼン 耐久性と使い勝手の両方に優れている軽アイゼン 幅広いシーンで使える軽アイゼン 軽量・コンパクトでザックに入れても負担にならない ほとんど重さを感じない軽量さが魅力
素材 【本体】ステンレス、【ケース】ナイロン+ウレタンフォーム 【チェーン】ステンレス鋼、【バンド】エラストマー 【本体】S50C炭素鋼、【ラチェットベルト、アンチスノープレート】プラスチック、【ヒールベルト】ナイロン 【本体】SK50C、【バンド】PP製、【ケース】ナイロン、【スノーガード】PP、アルミ 炭素鋼板(S60C)
固定方式
サイズ 【S】22cm~24.5cm 、【L】25cm~28cm ※冬用登山靴に装着した場合の目安サイズ 【S】20.5cm〜23.5cm、【M】23.0cm〜26.0cm、【L】25.5cm〜28.5cm フリー(22.0cm~28.0cm)
重量 【S】約380g(ペア)、【L】約420g(ペア) 【S】280g、【M】325g、【L】360g、【XL】405g ※ペア 502g ーー 90g(片足)収納ケース付、スノープレート付(ポリエチレン)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

アイゼンは雪山登山の必需品! 安全のため常に携行しましょう

フリーエディター、カメラマン、四駆&SUV生活研究家

仮に低山であったとしても、冬山での滑落は生死にかかわることがあります。冬の登山では雪が降っていない地域だとしても、常にアイゼンを携行することが大切です。一見すると氷がないような登山道でも、清水が凍結してアイスリンクのような状態になっている場合があります。

また、冬山においてアイゼンは命を守る道具になるので、使用後はこまめにメンテナンスをしましょう。メンテナンスは、泥や葉などの汚れを洗い落とし、次に爪やゴムの部分にシリコンオイルなどの防腐剤を塗ることが基本です。

パーツが破損している場合は別途修理・交換を行いましょう。アイゼンはメンテナンスをすることでじゅうぶんな性能を発揮し、長持ちさせられます。命を守るためにもしっかりと商品を選んで使用後は忘れずにメンテナンスしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】オペラグラス(双眼鏡)おすすめ17選|宝塚などの観劇やコンサート用も紹介

【2020年版】オペラグラス(双眼鏡)おすすめ17選|宝塚などの観劇やコンサート用も紹介

フリーライターで小物王の納富廉邦さんへの取材をもとに、2020年版オペラグラス(双眼鏡)おすすめ17選をご紹介します。東京ドームや武道館といった広い会場や宝塚といった劇場にも役立つオペラグラスをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


アウトドア高機能グローブのおすすめ13選|タイプ・機能・素材で選ぶ

アウトドア高機能グローブのおすすめ13選|タイプ・機能・素材で選ぶ

キャンプや登山、ウィンタースポーツなどの野外活動で大切な手を守ってくれるのが、アウトドア用高機能グローブ。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介していきます。また、アウトドア高機能グローブの機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ランニングタイツの選び方とおすすめ7選【マラソン完走請負人に取材】

ランニングタイツの選び方とおすすめ7選【マラソン完走請負人に取材】

ランニングにチャレンジするときに付きまとうのが、膝などの脚のトラブル。ランニング専用のスポーツタイツには、股関節や膝関節などをサポートするタイプや、コンプレッションタイツという段階的に着圧をかけるタイプがあります。ランニングタイツは膝などのケガのリスクを軽減してくれるので、ランニングシューズと同じように重要なアイテムともいえます。そこで、マラソン完走請負人の牧野 仁さんへの取材をもとに、プロ目線によるランニングタイツの選び方とおすすめ商品をご紹介します。2020年5月、商品情報を更新しています。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る