雪山用登山靴おすすめ8選|アイゼン対応からサイズなどの選び方も解説

雪山用登山靴おすすめ8選|アイゼン対応からサイズなどの選び方も解説

雪山の登山では、登山靴の機能が重要です。選び方を間違えると、凍傷になってしまったり、きちんとアイゼンを取りつけられなかったりと危険を伴うこともあります。安全に雪山登山を楽しむためには、自分に合った適切な登山靴を見つける必要があります。

この記事では雪山シーンや登山スタイルに適した靴を選ぶポイントとおすすめ登山靴をご紹介。さらに通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

雪山用登山靴の選び方 失敗しない!

それでは、雪山用登山靴の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。ポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができるので解説していきます!

【1】自分が行きたい山域と季節を明確に
【2】保温性やゲイター機能をチェック
【3】アイゼンの装着をチェック!
【4】自分の足に合うものを選ぶ
【5】アッパーの素材の特性をつかむ
【6】 ハードな登山には「アルパインシューズ」を


【1】自分が行きたい山域と季節を明確に

 

ひと口に雪山といっても、暖かな太平洋側の低山のように積雪が数cmしかなく、ローカットのシューズでも歩けるような場所もあれば、日本海側の高山のように数mも積もっていて、足を踏み出すと登山靴ごと腰まで埋もれてしまうような場所もあります。

また、初冬や春以降の残雪期は雪山にしては、気温がそれほど寒くはないものの、厳冬期は非常に気温が下がり、同じ山でも標高が上がるに従って気温が低くなり、ときにはマイナス20度になることも。

なので、まずは「自分が行きたい山域」と、登る「季節」を明確にしましょう。目標とする山の積雪量と気温が、雪山用の靴を選ぶときにはとても重要なのです。

【2】保温性やゲイター機能をチェック

 

積雪と低温に対応すべく、雪山用の靴には一般的な無雪期用登山靴よりも必要とされる機能が増えますが、最も重要な機能は「保温性」です。

アッパー(足の甲を覆う部分)の裏側やインソール(フットベット)に保温材が使われていないと指先から足が冷えはじめ、ひどい場合は凍傷になってしまいます。保温材の量や質はさまざまなので、目的の山の気温に適したレベルのものを用意しましょう。

そして、雪の侵入を防ぐ構造も重要です。登山靴上部から雪が入り込みにくいように、別途ゲイター(スパッツ)を組み合わせるのが一般的ですが、なかには簡易的なゲイターが一体化して付属している登山靴もあり、そのようなタイプを選べば、登山靴のみでも雪の侵入はおおむね避けられます。

【3】アイゼンの装着をチェック!

 

春から秋の無雪期は登山靴だけで山を歩くことができます。しかし、積雪期は雪がやわらかくて足元が沈む場合、雪中での浮力を出すワカンやスノーシューを併せ、雪面がかたく凍りついていたり、ソールがグリップしなかったりするときは鋭い爪がついたアイゼン(クランポン)が欠かせません。

どんな登山靴にも固定できるストラップ式から、コバといわれる溝状の部分が登山靴にあればかんたんに取りつけられるワンタッチ式やセミワンタッチ式まで多様にそろっています。コバの有無を含め、登山靴とアイゼンの相性もとても重要です。

【4】自分の足に合うものを選ぶ

雪山用登山
ペイレスイメージズのロゴ

自分にあった靴選びで思い通りの雪山登山を。

登山靴選びでもっとも重要なのは、自分の足の形が、その登山靴に合うかどうかです。雪山用の靴は、はじめに機能の面からタイプや形状を選んでいきますが、いくら保温性が高く、雪中で行動しやすい構造の登山靴でも、使用する人の足に合わなければ意味がありません。

雪山用に必要じゅうぶんな機能性をもつという前提をふまえ、最終決定を下す最重要ポイントは「自分の足に違和感なくフィットすること」です。

【5】アッパーの素材の特性をつかむ

 

現代の雪山用登山靴には防水透湿性が当たり前で、どれも「ゴアテックス」を代表格とする防水透湿性メンブレンが内側に使われています。

しかし、その上に張られているアッパーは化繊と合皮のコンビネーションタイプが主流です。一般的に、摩耗(まもう)しにくく傷みにくいのは合皮ですが、化繊よりも重くなります。

一方、化繊は軽量なものの、使用していると次第に毛羽立ってきて、ひどいときには穴が空きます。

長く使うなら合皮の面積が広いもの、体力を補える軽量なものなら化繊の面積が広いものを選ぶといった考え方をしてもいいでしょう。

【6】 ハードな登山には「アルパインシューズ」を

 

アルパインシューズとは、岩場などが多い難易度の高い登山道でも安定して歩けるように作られたシューズです。ほとんどがハイカットの作りになっているので、足首をしっかりとホールドすることができます。

保温性や防水性にも優れているので、ハードな雪山にはアルパインシューズがおすすめです。

安全のために目立つカラーを選ぶことも重要 エキスパートのアドバイス

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

厳冬期の北アルプスや富士山のように、過酷な雪山に挑む人は非常に少数で、雪山では無理をせず、自分ができる範囲で楽しめればじゅうぶんという方は多いようです。

雪山用の靴を選ぶ際に必要なのは、その「自分ができる範囲」もしくは「自分が楽しみたい範囲」を見定めることです。

高山向けのハイスペックなモデルは、低山ではむしろ使いにくく、価格が上がるだけです。セレクト時の意外な視点として挙げられるのは「色」。

雪面で視認性がよいのは原色系の靴で、真っ白で段差すらわかりにくい雪中でも安全性が高まります

派手な色がどうしても苦手な人以外は、登山靴全体または一部だけでも目立つ色が使われているものを選ぶといいでしょう。

雪山用登山靴おすすめ8選 定番ブランドをご紹介!


上記で紹介した雪山用の登山靴の選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

La Sportiva(スポルティバ)『NEPAL EVO GTX』

[スポルティバ]ネパールキューブGTX21Kイエロー41[並行輸入品] [スポルティバ]ネパールキューブGTX21Kイエロー41[並行輸入品] [スポルティバ]ネパールキューブGTX21Kイエロー41[並行輸入品] [スポルティバ]ネパールキューブGTX21Kイエロー41[並行輸入品] [スポルティバ]ネパールキューブGTX21Kイエロー41[並行輸入品] [スポルティバ]ネパールキューブGTX21Kイエロー41[並行輸入品] [スポルティバ]ネパールキューブGTX21Kイエロー41[並行輸入品]
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

保温性と機動力に優れる上級モデル

登山靴の世界では絶大な人気を誇るスポルティバには「ネパール」という雪山用の定番シリーズがありますが、こちらはそのなかでももっとも進化したタイプ。

ゴアテックスインシュレーテッドアッパーと高機能のアッパーを使い、スリムな見た目でも非常に暖かで、足首部分のフィット感もすばらしく、内部の暖気を閉じ込めて保温力をさらに増しています。

また、登山靴自体の軽量化を計るために小さな金属パーツにまで軽量タイプを使用し、衝撃を最大限に吸収するソールを採用するなど、徹底して最良の素材を使用。

一番気象条件が過酷な厳冬期でも安全性を増してくれます。

エキスパートのおすすめ

BOREAL(ボリエール)『アルワ(BO21663001050)』

BOREAL(ボリエール)アルワ/#9BO21663クライミングシューズシューズ靴ブーツアウトドアクライミングシューズ BOREAL(ボリエール)アルワ/#9BO21663クライミングシューズシューズ靴ブーツアウトドアクライミングシューズ BOREAL(ボリエール)アルワ/#9BO21663クライミングシューズシューズ靴ブーツアウトドアクライミングシューズ
出典:楽天市場 この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

ルックスも現代的な軽量タイプ

登山靴の内側にシンサレートという保温材を使ったモデル。保温材の量はそれほど多くはなく、厳冬期の高山には向いていませんが、アッパーの補強には特殊な薄手の樹脂を使い、靴紐にもできるだけ細いものを使うなどの工夫で、片足650gと雪山用としては非常に軽量にできています。

足首には面ファスナーで留めるストレッチ性の簡易的なゲイター部分が付属。これで足と登山靴上部の隙間をなくして雪の侵入を防ぎつつ、登山靴内部の暖気を外に逃さない作りで、軽量なわりには保温性が高くなっています。

つま先とかかとにコバがあり、ワンタッチアイゼンに対応しています。脚力に不安がある人は、選択肢のひとつに入れてもいいでしょう。

エキスパートのおすすめ

MAMMUT(マムート)『ノードワンド ライト ミッドGTX Men』

[マムート]NordwandLightMidGTXBootメンズハイキングシューズ[並行輸入品] [マムート]NordwandLightMidGTXBootメンズハイキングシューズ[並行輸入品]
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

まるでソックス!? 伸縮性のアッパー

保温性が高いショーラー素材をアッパーに使い、しかもソックスのように足全体を覆う袋状の構造にして、その上から靴紐で締めてフィットさせるというユニークなタイプの登山靴。

とくに足首の部分には高い伸縮性を持たせており、雪山用のゲイターを買って組み合わせなくても雪の侵入を防ぎます。

片足の重量が645gというかなりの軽量タイプで、その分だけ雪山用としては華奢(きゃしゃ)ですが、つま先とかかとにはコバが付けられており、ワンタッチアイゼンもしっかりと取りつけられます。

甲高幅広の形状の人が多いといわれる日本人の足にも合いやすい、幅広の足型が使われているのもポイントです。

エキスパートのおすすめ

SCARPA(スカルパ)『リベレ TECH 2.0 OD』

SCARPA(スカルパ)リベレTECHODEU42(26.7cm)ブラック:オレンジ SCARPA(スカルパ)リベレTECHODEU42(26.7cm)ブラック:オレンジ SCARPA(スカルパ)リベレTECHODEU42(26.7cm)ブラック:オレンジ SCARPA(スカルパ)リベレTECHODEU42(26.7cm)ブラック:オレンジ SCARPA(スカルパ)リベレTECHODEU42(26.7cm)ブラック:オレンジ
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

甲の靴紐の部分を隠す工夫

近年増えてきている、ソックス風の簡易ゲイターをプラスしたタイプです。しかもこの登山靴は、雪が固着しやすい甲の靴紐部分を面ファスナー使いのメッシュカバーで覆う工夫に加え、さらに雪山で使いやすくしています。

そして、重要なのは簡易ゲイターのために見た目はハイカットになっているものの、実際はローカット程度のアッパーしかもっていないこと。そのために体重がかかったときの安定感はそれなりですが、重量は片足600gに抑えられ、とても軽快に歩けます。

低山が中心で、ハードな雪山には行かないという人に向いています。保温材には暖かさで定評があるプリマロフト。かかとにコバがあり、セミワンタッチアイゼンが取り付けられます。

エキスパートのおすすめ

LOWA(ローバー)『マウンテンエクスパート GT EVO(L210029)』

LOWA(ローバー)MT.EXPERTGTEVOWsUK:4.0ベリー×ブラック LOWA(ローバー)MT.EXPERTGTEVOWsUK:4.0ベリー×ブラック LOWA(ローバー)MT.EXPERTGTEVOWsUK:4.0ベリー×ブラック LOWA(ローバー)MT.EXPERTGTEVOWsUK:4.0ベリー×ブラック LOWA(ローバー)MT.EXPERTGTEVOWsUK:4.0ベリー×ブラック LOWA(ローバー)MT.EXPERTGTEVOWsUK:4.0ベリー×ブラック
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

タンがずれないおもしろい工夫

タン(ベロ)の中央に金属製の突起があり、靴紐をそこにかけてから締めていくという「Xレーシングシステム」を採用。

雪山用の大ぶりな靴はいったん靴紐を締めると微調整するのが大変ですが、この登山靴ならばタンの位置を修正する手間が少なくなります。

内部にはプリマロフトの中綿が入り、保温性はじゅうぶん。さらにゴアテックスのライニングで防水性を向上させています。

アッパーは強靭なスエードでかたさがあるため、地形が緩やかな低山では少し使いにくいものの、標高2,000m級の凍(い)てついた雪山ではしっかりと体を支えてくれて大活躍するはずです。ワンタッチアイゼンに対応しています。

エキスパートのおすすめ

zamberlan(ザンバラン)『マウンテンプロ EVO GT RR M's(1120128)』

[ザンバラン]マウンテンプロEVOGTRRM's1120128グラファイト/オレンジ(131)EUR43(26.7cm) [ザンバラン]マウンテンプロEVOGTRRM's1120128グラファイト/オレンジ(131)EUR43(26.7cm) [ザンバラン]マウンテンプロEVOGTRRM's1120128グラファイト/オレンジ(131)EUR43(26.7cm) [ザンバラン]マウンテンプロEVOGTRRM's1120128グラファイト/オレンジ(131)EUR43(26.7cm) [ザンバラン]マウンテンプロEVOGTRRM's1120128グラファイト/オレンジ(131)EUR43(26.7cm) [ザンバラン]マウンテンプロEVOGTRRM's1120128グラファイト/オレンジ(131)EUR43(26.7cm) [ザンバラン]マウンテンプロEVOGTRRM's1120128グラファイト/オレンジ(131)EUR43(26.7cm)
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

雪が入りにくい、丈が長めのアッパー

一般的な雪山用の靴よりもアッパーが長く、さらに登山靴の開口部の隙間を減らすための伸縮性素材を最上部にプラスされ、とても雪が入りにくい構造になっています。

また、写真では少々わかりにくいですが、タンの部分はパーツが2層に分かれて面ファスナーで微調整できるようになっており、足入れ後のフィット感は上々です。

アッパーの上部には前後にループがあり、ここに指をかければ、登山靴を脱ぐときに力を使わずにすみ便利でしょう。ワンタッチアイゼンが取り付けられ、保温材にはゴアテックスインシュレーテッドが使われています。

zamberlan(ザンバラン)『アイガー LITE GT RR BOA』

3,000m級の冬山登山でも対応できる

冬山のなかでもより厳しい環境である、3,000m級の登山へ対応するスペックを追求した一足。

ダイヤルでフィット感を調整できる「BOAシステム」を採用しているので、登山用グローブをしたままでも脱ぎ履きできます。登山中でも気軽にフィッティングを調節できるのが魅力。

丈夫かつ内部が快適なのもうれしいところです。「ゴアテックス・インシュレーテッドコンフォート」という素材を採用することで、湿気をうまく外部に排出でき、蒸れを軽減します。

LOWA(ローバー)『アルパイン SL GT(L210082)』

岩場に強いプロテクターを装備した軽量な一足

足首からつま先にかけての独特なデザインのPUプロテクターを装備することで、片足550g(UKサイズ8換算)という軽量化を実現。軽やかな歩行感を追求しています。

特別設計されたかかと部分には、専用のアブソーバーを内蔵。アウトソールを薄めに設計していることにより、足裏感覚を高めているのも魅力です。岩場など不安定な場所で強みを発揮するでしょう。

雪山用登山靴の関連アイテムを紹介 【番外編】靴と合わせて使いたい

雪山用登山靴と一緒にそろえると重宝する、クランポンやソックスを紹介します。

CAMP CASSIN(カンプ カシン)『フロスト』

装着かんたんな外づけクランボン

一般的な登山靴であれば、ほぼ対応している商品。装着もかんたんなラチェットベルト構造なので、初心者でもすぐに使用できるでしょう。

冬の低山から夏の雪渓まで、幅広い登山に対応するのもうれしいポイント。あらゆる場所でしっかりとグリップするように作られており、6本の爪が地面に食い込んで安定性を確保してくれます。

YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』

YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』 YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』 YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』 YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』 YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』 YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』 YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』
出典:Amazon この商品を見るview item

靴擦れや水ぶくれのリスクを低減する一足

登山靴と靴下の相性が悪いと、靴ずれや蒸れからくる水ぶくれなどのコンディション悪化が心配。このソックスは摩擦を抑える素材が使用されており、良好なコンディションを維持することができるでしょう。

通気性も良好なので、長時間着用していても蒸れにくいです。やわらかな生地感で快適に履けるのもうれしいところです。

DANISH ENDURANCE(ダニッシュ エンデュランス)『MERINO WOOL HIKING SOCKS』

DANISHENDURANCE(ダニッシュエンデュランス)『MERINOWOOLHIKINGSOCKS』 DANISHENDURANCE(ダニッシュエンデュランス)『MERINOWOOLHIKINGSOCKS』 DANISHENDURANCE(ダニッシュエンデュランス)『MERINOWOOLHIKINGSOCKS』 DANISHENDURANCE(ダニッシュエンデュランス)『MERINOWOOLHIKINGSOCKS』 DANISHENDURANCE(ダニッシュエンデュランス)『MERINOWOOLHIKINGSOCKS』 DANISHENDURANCE(ダニッシュエンデュランス)『MERINOWOOLHIKINGSOCKS』
出典:Amazon この商品を見るview item

足のコンディションを良好に保ってくれるソックス

長時間着用していると必ず生じるのは、靴のなかの蒸れや湿気。それを解消してくれる通気性と保温性がしっかりと確保されている商品です。蒸れないだけでなく、暖かさも実感できるでしょう。

水ぶくれなどの足のトラブルは、登山ではとくにつらいもの。靴のなかのコンディションを良好に保つことで、足のトラブルも軽減できるのではないでしょうか。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
La Sportiva(スポルティバ)『NEPAL EVO GTX』
BOREAL(ボリエール)『アルワ(BO21663001050)』
MAMMUT(マムート)『ノードワンド ライト ミッドGTX Men』
SCARPA(スカルパ)『リベレ TECH 2.0 OD』
LOWA(ローバー)『マウンテンエクスパート GT EVO(L210029)』
zamberlan(ザンバラン)『マウンテンプロ EVO GT RR M's(1120128)』
zamberlan(ザンバラン)『アイガー LITE GT RR BOA』
LOWA(ローバー)『アルパイン SL GT(L210082)』
CAMP CASSIN(カンプ カシン)『フロスト』
YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』
DANISH ENDURANCE(ダニッシュ エンデュランス)『MERINO WOOL HIKING SOCKS』
商品名 La Sportiva(スポルティバ)『NEPAL EVO GTX』 BOREAL(ボリエール)『アルワ(BO21663001050)』 MAMMUT(マムート)『ノードワンド ライト ミッドGTX Men』 SCARPA(スカルパ)『リベレ TECH 2.0 OD』 LOWA(ローバー)『マウンテンエクスパート GT EVO(L210029)』 zamberlan(ザンバラン)『マウンテンプロ EVO GT RR M's(1120128)』 zamberlan(ザンバラン)『アイガー LITE GT RR BOA』 LOWA(ローバー)『アルパイン SL GT(L210082)』 CAMP CASSIN(カンプ カシン)『フロスト』 YUEDGE(ユーエッジ)『メンズソックス』 DANISH ENDURANCE(ダニッシュ エンデュランス)『MERINO WOOL HIKING SOCKS』
商品情報
特徴 保温性と機動力に優れる上級モデル ルックスも現代的な軽量タイプ まるでソックス!? 伸縮性のアッパー 甲の靴紐の部分を隠す工夫 タンがずれないおもしろい工夫 雪が入りにくい、丈が長めのアッパー 3,000m級の冬山登山でも対応できる 岩場に強いプロテクターを装備した軽量な一足 装着かんたんな外づけクランボン 靴擦れや水ぶくれのリスクを低減する一足 足のコンディションを良好に保ってくれるソックス
サイズ EU38~48(約24.3~30.3cm) UK5.0~13.0(約23.0~31.0cm) UK7.0~10.5(約25.5~29.0cm) EURO39.0~46.0(約24.5~約30.5cm) UK6.0~11.0(約25.3~29.4cm) EU40~48(約25.0~29.0cm) EUR40~48(約25.0~29.0cm) UK6~11(24.8~29.0cm) 適合ブーツサイズ:36~47(EUR)、対応シューズ:オールラウンド 25.0〜29.0cm 22.0〜30.5cm
重量 約890g(片足) UK7.0:約830g(片足) UK8.5:約645g(片足) EURO42.0:約600g(片足) UK8.0:約880g(片足) EU42:約945g(片足) 約890g(EUR42片足標準) 550g(サイズUK8片足) 約555g(ペア) - -
素材 アッパー:ペルワンガー防水レザー3mm、ライニング:ゴアテックス・インシュレーテッドコンフォート、ソール:ビブラム Putekメッシュ/PVC、シングルレイヤー・シンサレート/ドライライン、ビブラム・ニュームラツ ショーラーWB-400、ゴアテックスパフォーマンスコンフォートフットウェア、アルパインライト3970 ほか アッパー:KCN-TECH ほか、ライニング:ストレッチファブリック ほか、ソール:ビブラム・ペンタックスプレシジョン3 アッパー:スウェードレザー、ライニング:ゴアテックスパフォーマンスコンフォート+プリマロフト、ソール:ビブラムドラン アッパー:ペルワンガーレザー、ライニング:ゴアテックス・インシュレーテッドコンフォート、ソール:ビブラムぺニア アッパー :テック・エラスティックコーデュラ®ナイロン、マイクロファイバー ライニング:ゴアテックス・インシュレーテッドコンフォ アッパー:ナイロンファブリック、ラバー ソール:ビブラムAlpTrac SL ニッケルクロームモリブデン鋼 綿、ナイロン ほか メリノウール、アクリル ほか
コバの有無 有(前後) 有(前後) 有(前後) 有(後のみ) 有(前後) 有(前後) 有(前後) 有(後のみ) - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山靴の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山靴の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山靴・トレッキングシューズランキング
楽天市場:アウトドア 靴・ブーツランキング
Yahoo!ショッピング:アウトドア 登山靴、トレッキングシューズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの雪山登山で役立つアイテムの記事はこちら 【関連記事】

雪山用登山靴で「寒さ」から足を守ろう! 凍傷に注意!

雪山用登山靴の選び方とおすすめ商品を紹介しました。

まずは、目的の山の積雪量と気温を確認しましょう。山の環境に合わせて最適なモデルを選ぶことが重要です。防寒性能はもちろん、フィット感や重量などにもこだわりましょう。また、試着する際は、できるだけ登山時に履く厚手の靴下を持参することをおすすめします。

凍傷にならないように寒さから足を守ってくれる、自分にぴったりのアイテムを見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スノーシューおすすめ8選|MSR、キャプテンスタッグほか厳選! 軽量・格安モデルも

スノーシューおすすめ8選|MSR、キャプテンスタッグほか厳選! 軽量・格安モデルも

新雪の上でも足が埋まらず、快適に歩くためのアイテム「スノーシュー」。バックカントリーや本格的な登山に最適です。モンベルやMSR、アトラスといったメーカーをはじめ、平地・傾斜用やヒールリフター機能つきなどさまざまなモデルが販売されています。本記事では、アウトドアライター・夏野 栄さんと編集部が厳選したスノーシューのおすすめ商品と選び方をご紹介。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

雪山登山ハードシェルジャケットおすすめ8選|素材・機能・透湿性で選ぶ!

雪山登山ハードシェルジャケットおすすめ8選|素材・機能・透湿性で選ぶ!

雪山には欠かせないハードシェルジャケット。耐寒性や防水性、透湿性をはじめ、さまざまな機能に特徴をもたせた製品が販売されています。そこで、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの雪山登山ハードシェルジャケットを紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon 登山・トレッキング , メンズジャケット・アウター , メンズファッション

スノーブーツおすすめ9選【レディース・メンズ・キッズ】ノースフェイスなど人気ブランドも!

スノーブーツおすすめ9選【レディース・メンズ・キッズ】ノースフェイスなど人気ブランドも!

北海道や東北地方など雪がたくさん降る地方に欠かせない「スノーブーツ」。スキーやスノーボード、キャンプなどアウトドアシーンでも活躍します。本記事では、スノーブーツの選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ5選|ローカット・ミドルカット

【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ5選|ローカット・ミドルカット

山歩き専用の靴であるトレッキングシューズ。山を歩くことに特化しているため、1足持っているとトレッキングを快適に楽しむことができます。しかし、さまざまな機能をもつ商品があるため、どんなものを購入したらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに聞いた、ローカットトレッキングシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

沢登り用靴おすすめ7選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢登り用靴おすすめ7選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢を進み、滝の水を浴びながら岩に挑む沢登り。爽快な冒険気分を味わえる一方で危険を伴うため、足を支える「沢登り靴」選びは重要です。ただ、沢靴と沢足袋(たび)のどちらがいいのか、ソールはフェルトかラバーかなど、選択肢が多くて迷ってしまいます。本記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が、沢登り用靴の選び方とおすすめ11選をご紹介します。ぴったりの一足を選んで沢での冒険を楽しみましょう!

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , レディース靴 , メンズ靴

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。