【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水
作家/アウトドアライター:夏野 栄
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


登山用ザックカバーを選ぶポイント|アウトドアライターが解説

アウトドアライターの夏野 栄さんに、登山用ザックカバーを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

ザックを背負ってトレッキング
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ザックのなかには天候が急変したらすぐに取り出せるように、ザックカバーを用意しておきましょう。

サイズ・フィットから選ぶ

作家/アウトドアライター

ザックカバーの性能を最大限活かすためは、マッチしたサイズ・フィットの商品を選ぶことが先決です。メーカーごとのS、M、Lという表記と実寸は異なるため、まずはザックに該当する容量(リットル)を確認しましょう。

ザックカバーは基本的にコードやゴム紐で絞って固定しますが、サイズやフィットが大きく違う場合、風や雨が浸入します。またザックカバーの生地が大幅に余ると、風に煽(あお)られた際に大きな抵抗となり危険です。

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウルトラシルパックカバー』

XXSからLまで5サイズの展開で、10Lから95Lのザックまで対応。軽さを優先させたい人に適したザックカバーです。

>> Amazonで詳細を見る

機能面から選ぶ

作家/アウトドアライター

ザック専用設計ではないザックカバーを使う場合、チェックしたい基本機能があります。まずはザックへの取り付け箇所と収縮ドローコード。山での雨は突然です、簡易にしっかり取り付けが可能かどうかをチェックします。また、しっかりフィットさせるためにはドローコードで固定できる機能は必須です。ゴムが入っているだけというようなザックカバーは強風で飛んでいきます。

ザック背面にバックルベルトで固定できる機能もほしいところです。ドローコードでいくら固定していても、胴で固定できないと風でバタつき、歩く際の抵抗になります。そして必ずほしいのが排水穴です。降雨量が多いと、背を伝ってザックカバー下部に雨が浸入する場合があります。その際、排水穴があれば水はたまりません。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『コンバーチブルレインカバー30-40L』

ザックカバー本体に雨蓋が付いているのが大きな特徴。蓋を開ければザックを濡らすことなく荷物を取り出すことができます。

>> Amazonで詳細を見る

防水性・耐久性から選ぶ

作家/アウトドアライター

ザックカバーは完全防水ではありません。例えばレインウェアの耐水圧が20,000程度だとすると、ライトウェイト生地のザックカバーでは耐水圧は2,000程度と十分の一ほどです。簡易的にザックを雨から凌ぐものという位置づけです。

荷物の防水面は総合力で構成します。まずはザック自体の防水性能と内部のスタッフバッグなどの防水性能をふまえ、ザックカバーにどの程度の防水性能がほしいのか検討しましょう。防水性と耐久性を優先すれば必然的にザックカバー重量は増えます。防水面に自信があれば軽量なカバーを、少しでも防水性と耐久性がほしい場合には厚手で耐水圧の高いカバーを選びましょう。

登山用ザックカバーおすすめ5選|アウトドアライターが厳選

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、アウトドアライターの夏野 栄さんならではの視点で、おすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ISKA(イスカ)『パックカバー 45』

出典:Amazon

サイズ
35~45L
カラー
ブラック、インディゴ、イエロー、レッド
重量
120g
素材
ナイロン(防水コーティング加工)
耐水圧
4000mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

充分な耐久性で耐水圧4,000。しかも良コスパ

こちらのパックカバーはポピュラーな素材ハイパロン使用で比較的ロープライス。同時に軽量ナイロンなどより耐久性があり、耐水圧は4,000です。レインウェアの感覚からすると低いように感じるかもしれませんが、ライトウェイト系ザックカバーの場合半分程度の耐水圧です。

ちなみに同社の『ウルトラライト パックカバー』は耐水圧2,000。軽さを求めるならそちらも充分買いな商品です。エントリー層から耐久性や総合力を求める方におすすめのザックカバーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウルトラシルパックカバー』

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウルトラシルパックカバー』

出典:Amazon

サイズ
XXS:10~15L、XS:15~30L、S:30~50L、M:50~70L、L:70~95L
カラー
グリーン、イエロー、ブルー
重量
XXS:43g、XS:57g、S:85g、M:113g、L:130g
素材
30Dウルトラシル(シリコン加工)
耐水圧
2000mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

30Dウルトラシルで軽量

こちらはシートゥーサミットの多くの有力なライトウェイトアイテムを構成する30Dウルトラシルを使ったザックカバー。30~50リットルサイズでわずか85gという軽さです。

ドローコードでかんたん接続、胴の固定ベルトに排水穴と基本機能も完璧。耐水圧は2,000と薄さなりに弱め。枝の接触などの心配が少ないオープンなルートがメインの方や軽量性を優先させたい方におすすめのザックカバーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『コンバーチブルレインカバー30-40L』

出典:Amazon

サイズ
30~40L
カラー
ブラック(BC)、アズテックブルー(AB)、TNFレッド(TD)
重量
130g
素材
70Dリップストップナイロン
耐水圧
-
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

雨蓋が開閉できる

こちらのザックカバー最大の特徴は、セパレート仕様で雨蓋(あまぶた)が開閉できる機能です。

雨天行動中にどうしてもザックから荷を取り出したい状況では、通常ザックカバーを外す以外方法はありません。それがこのコンバーチブルレインカバーなら、ザックのトップリッドを開ける動作のみで内部へアクセスできます。雨を防げる場所がなくても内部を濡らさずザックから荷物を取り出せます。

しかもザックカバー外側も内側もバックルベルトでしっかり固定できる隙のなさ。サイズ展開が少ない点が惜しいところですが雨天時が快適になる優秀なザックカバーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ARC’TERYX(アークテリクス)『パック シェルター XS』

出典:Amazon

サイズ
18~30L
カラー
ブラック
重量
90g
素材
ポリエステル(ポリウレタン加工)
耐水圧
-
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

コンプレッションストラップでバタつき解消

もはや街でも知られるアークテリクスには、ひとひねりあるザックカバーがあります。

ザックカバーをザック背面に固定できるザックカバーは増えましたが、この「パック シェルター」はザックカバーの外面からコンプレッションベルトで固定することができます。ザックカバーの生地の遊びを押さえ込めるため、強風時でもバタつきません。

またアークテリクスらしい黒字にブランドロゴというデザインなので、アークテリクスファンの方は必見のザックカバーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Karrimor(カリマー)『サックマック レインカバー 30-45』

出典:Amazon

サイズ
30~45L
カラー
オレンジ、ベリー、Kブルー、Aグリーン、ブラック
重量
109g
素材
190Tナイロン(ポリウレタンコーティング)
耐水圧
-
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

高耐久190デニールナイロン使用で防水性も高い

ザックを幅広く展開するカリマーにも有力なザックカバーがあります。こちらは190デニールナイロンという耐久性の高い厚めの生地を使用。またPUコーティングも施されているため防水面も強化しています。軽さより耐久性志向の方、また森林限界以下の障害物が多いルートを歩く頻度が高い方にもおすすめです。

またカラバリが豊富な点にも注目です。ザックカバーをザックやレインウェアの色に合わせたいと思っていた方にもおすすめです。性能は充分、コーデ面から選んでもいいと思います。

「登山用ザックカバー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

ISKA(イスカ)『パックカバー 45』
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウルトラシルパックカバー』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『コンバーチブルレインカバー30-40L』
ARC’TERYX(アークテリクス)『パック シェルター XS』
Karrimor(カリマー)『サックマック レインカバー 30-45』

商品

ISKA(イスカ)『パックカバー 45』 SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウルトラシルパックカバー』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『コンバーチブルレインカバー30-40L』 ARC’TERYX(アークテリクス)『パック シェルター XS』 Karrimor(カリマー)『サックマック レインカバー 30-45』

特徴

充分な耐久性で耐水圧4,000。しかも良コスパ 30Dウルトラシルで軽量 雨蓋が開閉できる コンプレッションストラップでバタつき解消 高耐久190デニールナイロン使用で防水性も高い

価格

Amazon : ¥ 2,860
楽天市場 : ¥ 2,860
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,860
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,440
楽天市場 : ¥ 3,630
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,630
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,819
楽天市場 : ¥ 2,816
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,816
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,500
楽天市場 : ¥ 5,500
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,500
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,630
楽天市場 : ¥ 3,630
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,630
※各社通販サイトの 2019年10月21日時点 での税込価格

サイズ

35~45L XXS:10~15L、XS:15~30L、S:30~50L、M:50~70L、L:70~95L 30~40L 18~30L 30~45L

カラー

ブラック、インディゴ、イエロー、レッド グリーン、イエロー、ブルー ブラック(BC)、アズテックブルー(AB)、TNFレッド(TD) ブラック オレンジ、ベリー、Kブルー、Aグリーン、ブラック

重量

120g XXS:43g、XS:57g、S:85g、M:113g、L:130g 130g 90g 109g

素材

ナイロン(防水コーティング加工) 30Dウルトラシル(シリコン加工) 70Dリップストップナイロン ポリエステル(ポリウレタン加工) 190Tナイロン(ポリウレタンコーティング)

耐水圧

4000mm 2000mm - - -

商品情報

通販サイトのランキングを参考にする 登山 ザックカバーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山 ザックカバーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アウトドアバッグ用レインカバーランキング
楽天市場:ザックカバー・レインカバーランキング
Yahoo!ショッピング:リュック レインカバーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

登山に必要な水やレインウェアなど多くの荷物を入れるザック。しっかりと設計された高機能なザックは山歩きの快適さをサポートしてくれる登山の重要アイテムです。本記事では、ザックを選ぶ際に注意したいポイントや、山好きの心をつかむおすすめの商品について解説しています。

登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。この記事では、安全かつ快適に登山するための登山用バックパックを紹介しています。

バックパックは荷物を詰めこむだけでなく、登山そのものの快適さを左右する大切な存在です。そこで、山岳アウトドアライターの高橋庄太郎さんに、女性の体型に合うバックパックの選び方のポイントを教えていただきました。

ザックにフィットし、しっかり固定できるカバーを|アウトドアライターからのアドバイス

作家/アウトドアライター

ザックカバーは非常用のサブアイテムに近い道具ですが、同時に必須でもあります。基本的に耐水圧が低いとはいえあるとないでは大違い、必ずザックにフィットするサイズのザックカバーを用意しておいてください。

安全確実に使用するうえで重要なポイントはしっかり固定できるかどうか。ゴムが縁に入っただけの簡易なカバーの場合、強風がひと吹きすれば飛んでいきます。また胴部分を固定するベルトがないと、風が吹いた際にカバーがバタつき歩行の妨げとなります。

少なくとも長時間歩いたり登山で使う場合にはドローコードと固定ベルト、そして排水穴があるタイプを選びましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【かわいいクーラーボックス】おすすめ6選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

【かわいいクーラーボックス】おすすめ6選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

山岳写真家が選ぶかわいいクーラーボックスの選び6選をご紹介します。キャンプなどで飲み物や食材を保冷してくれるクーラーボックス。実用的で質素なデザインのものが多いですが、インテリアとしてキャンプサイトに違和感なく溶け込むようなものを選びたいですよね。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、かわいいデザインのクーラーボックスについて教えてもらいました。いままで見た目が気になって選べなかった方もぜひ参考にしてみてください。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。


【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、おすすめ軽量タープ9選について教えてもらいました。アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事では薄い素材で作られた持ち運びや設営がしやすい軽量タープに注目し、大森弘恵さんに、軽量タープを選ぶポイントについて解説してもらいます。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。タープの購入を検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。


クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表的なメーカーをはじめとして、クーラーボックスを購入するときに見るべきポイントを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!

安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、数あるテントの中でも安いけれど使える商品を教えてもらいました。家族でキャンプをしてみたいけど、高価なテントはハードルが高いし、テントを何回使うかもわからないし……。そんな悩みをお持ちの方は、まずは手ごろな価格のテントを試してみてはいかがでしょうか。3万円以下のドームテントや5万円以下の大型2ルームテント、さらにはポリコットンを素材に使ってコストを抑えたテントなど、比較的購入しやすい価格のテントを選ぶポイントとおすすめをご紹介します。記事の後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。キャンプの楽しさを知ってみたい! という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


軽量な焚き火台のおすすめ9選【アウトドアライターが教える】調理もできる!

軽量な焚き火台のおすすめ9選【アウトドアライターが教える】調理もできる!

アウトドアライターの大森弘恵さんに取材し、軽量焚き火台の選び方とおすすめ商品を聞きました。キャンプで暖をとったり料理をしたりするときに必要な焚き火台。薪をくべたり調理用にダッチオーブンを載せたりするのでしっかりしたものが安心だけど、重かったり組み立てが大変だと使うのが億劫(おっくう)に……。そこでこの記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんが、軽くて使いやすい焚き火台の選び方のポイントやおすすめ商品を紹介してくれているので、ぜひ参考にして快適なキャンプ生活を楽しんでください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る