ウルトラライトバックパックおすすめ9選|軽量でおしゃれ! 日帰り・テント泊に

OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic 32』
出典:Amazon

通常のバックパックに比べ、はるかに軽いウルトラライトバックパック。登山の装備を徹底的に軽量化する「ウルトラライト」という考え方は、アメリカで生まれました。

ふだん使いでも便利なウルトラライトバックパックの選び方とあわせて、元『monoマガジン』編集長の土居輝彦さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

編集者/プロダクトコンセプター
土居 輝彦

1982年より㈱ワールドフォトプレス社の雑誌monoマガジン編集部へ。 1984年より同誌編集長。 2004年より同社編集局長。 2017年より同誌編集ディレクター。 その間、数々の雑誌を創刊。 FM cocoloへの情報提供、執筆・講演活動、大学講師、各自治体のアドバイザー、IDSデザインコンペティション審査委員長などを現在兼任中。

「ウルトラライトバックパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
karrimor(カリマー)『SL 35 type2』
ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファ FL 45』
MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5』
Trail Bum(トレイルバム)『BUMMER』
OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』
RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)『Antelope』
karrimor(カリマー)『intrepid 40 type3』
MILLET(ミレー)『プロライター 30+10』
OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic 32』
商品名 karrimor(カリマー)『SL 35 type2』 ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファ FL 45』 MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5』 Trail Bum(トレイルバム)『BUMMER』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)『Antelope』 karrimor(カリマー)『intrepid 40 type3』 MILLET(ミレー)『プロライター 30+10』 OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic 32』
商品情報
特徴 軽量化を保ちながらも圧倒的な収納性 悪天候にも対応できる大容量のクライミングバック ビギナーにもやさしいすぐれた機能が満載 ロングハイクでも旅行でも便利な機能と快適さ 女性のために設計されたうれしい機能が満載 適材適所に合わせた素材選択、レトロな雰囲気も◎ しっかりとフィットする抜群の安定感 オールシーズン対応型テクニカルパック 激しい運動にも耐えうる安定したフィット感
容量 35L 45L 30+5L 30L S:41L、M:45L S/M:36~40L、M/L:38~42L 40L 30+10L 32L
重量 920g(別途レインカバー70g) 670g 1500g 370g(本体320g、背面パッド50g) S:800g、M:800g S/M:650g、M/L:660g 1800g 1020g 700g
サイズ 1サイズ 1サイズ M、L 1サイズ レディースサイズ(S、M) S/M、M/L 1サイズ 1サイズ 1サイズ
レインカバー - - - - - - -
素材 KS-N100d HT Birdseye N400r-AC2 nylon 6 ripstop、バーリー ダブルウィーブ ほか N/210 CORDURA OX 本体:ナイロン、メッシュ:ポリエステル ナノフライ210Dナイロン、200D UHMWPE ほか 1000デニールナイロン、スペクトラ Grid 210D、X-PAC ほか KS-N210RS silvagaurd、KS-N420 ROBIC N/NP 210D HONEY COMB、N/420D VELOCITY 210T / HTTF
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年5月19日時点 での税込価格

ウルトラライトバックパックの選び方 軽くて便利で、登山やトレッキング、旅行、日常生活でも活躍

軽さが利点のウルトラライトバックパック。その機能性と使い勝手のよさは、登山などのアウトドアはもちろん日帰り旅行や日常生活においてもとても便利です。

メーカーやブランドによってさまざまな機能や特徴があるので、自分の使用シーンに合ったものを選びましょう。まずは選び方のポイントをいくつかご紹介していきます。

状況に合わせて容量を選ぶ 日帰りか一泊か?

 

アウトドアで使用する場合、ひと晩テントで過ごすか、日帰りかで荷物の量は大きく変わってきます。ウルトラライトバックパックも大きさを選ぶときは、必要な荷物を想定して適した容量のものを選びましょう

日帰りなら15リットル以下、山小屋一泊なら20~25リットル程度、荷物が多くなるテント泊でも50リットル以下のものが理想です。

素材・耐久性をチェック 強度も大切!

 

ウルトラライトバックパックは徹底的に軽くなるよう設計されているので、強度の部分は気になるところ。いくら軽くてもすぐに破けてしまうと困るので、生地の厚さや耐久性もチェックしましょう。

一般的には70~100デニール程度、ハードな登山なら200デニール程度が理想といえます。とくに底面の強度は重要なので、側面の生地の倍か、それ以上の強度のあるものを選びましょう。

「背負い心地」を追求 軽さを最大限に生かす

徹底した軽量化を追求して作られているウルトラライトバックパックは、背負い心地の面ではどうしても快適さが不足しがち。長時間のハイクでも荷物の重さで疲れないよう、余分なアタッチメント機能はほぼないと思ったほうがいいでしょう。

快適さを求めるなら、最低限の機能を備えたものを選ぶのがおすすめ。その機能をいくつかご紹介します。

体のサイズに合っているとフィット感アップ

 

バックパックは体へのフィット感があると快適です。そのためには自分の体のサイズに合ったものを選ぶことをおすすめします。

通販で購入する場合は、サイズの照らし合わせは難しい部分があります。同じ容量のなかでもS・M・Lがありますし、女性の場合はレディースサイズがある場合も。それでも不安な場合は、ウエストベルトで調整できるものなどが便利でしょう。

背中の衝撃を吸収してくれるパッドも確認

 

背中の部分にパッドがついていると、衝撃を和らげてくれます。ウルトラライトバックパックは軽量化されて生地が薄いだけに、なかの荷物が直接背中に当たって不快に感じることも。

背中のパッドが厚いほど快適度が増しますが、そのぶん重量もプラスされてしまうので、ほどよい厚さのものを選ぶのがいいでしょう。

内部フレームがあると便利 バックパック自体が自立し、荷物の出し入れがしやすい

 

容量が40リットル以上の大きめのものになると、内部フレームまたはワイヤーフレームがついていてバックパック自体が自立し、荷物の出し入れがラクになるので便利です。

なかには、より軽い素材が内部フレームに使われている商品もあります。こちらも背中のパッド同様、重さはそのぶん重くなるので、状況に合わせて取り外しができるものがいいですね。

シンプルな構造のものを 軽量化のあらわれ!

 

「ウルトラライト」という概念は、荷物を極限まで軽くすることでロングハイクを快適にし、楽しむことを目的とした考え方です。

そのため構造やデザインもよりシンプルに作られており、余計なポケットや収納スペースも削られているものがほとんど。自分がなにを持っていくかを見極め、必要最低限の収納ポケットがついたものを選ぶといいでしょう。

レインカバーつきだと安心 突然の雨でも慌てない

 

通常のバックパックには防水機能や撥水機能を備えているものが多いですが、ウルトラライトバックパックにおいては、防水・撥水加工も重さの原因になることがあるので、レインカバーを別に用意することをおすすめします

あるいは、バックパック自体に付属しているものを見つけられれば便利ですね。

必要最低限な荷物だけを収納する プロダクトコンセプターがアドバイス

編集者/プロダクトコンセプター

トレッキングやキャンプといったアウトドアはもともと、「クワイエットスポーツ/静かなスポーツ」という概念からスタートしました。イクイップメントに関する考え方も「必要最低限で最大に機能するものだけを持っていく」というもの。

つまりウルトラライトバックパックは、まさにアウトドア本来の理念どおりの道具なのです。軽量化と耐久性という相反する要素を実現させるテクノロジーやデザインに、こだわりの目を向けて検討しましょう。

ウルトラライトバックパックのおすすめ9選 グローブしたままでも開けやすい、高い収納力、悪天候にも対応など

「選び方」で取り上げた機能、選ぶポイントを交えながら、超軽量ウルトラライトバックパックのおすすめ商品をご紹介します! ウルトラライトバックパックならではの機能がちりばめられたものが多数ありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

karrimor(カリマー)『SL 35 type2』

[カリマー]中型トレッキングザックSL35type2Ice(アイス) [カリマー]中型トレッキングザックSL35type2Ice(アイス) [カリマー]中型トレッキングザックSL35type2Ice(アイス) [カリマー]中型トレッキングザックSL35type2Ice(アイス) [カリマー]中型トレッキングザックSL35type2Ice(アイス) [カリマー]中型トレッキングザックSL35type2Ice(アイス) [カリマー]中型トレッキングザックSL35type2Ice(アイス)

出典:Amazon

軽量化を保ちながらも圧倒的な収納性

こちらのバックパックの特徴は、その収納性と機能性。フロントと両サイドに伸縮性のあるメッシュポケット、内部にもポケットがついています。さらには小物入れ用のトップリッドとヒップサイドポケットまでついており、至れり尽くせりです。

極めつけはサイドに収納できる付属のレインカバー。容量は35リットルなので、山小屋泊にも対応できます。軽量度は高くかつ収納性を求めている方におすすめです。

ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファ FL 45』

悪天候にも対応できる大容量のクライミングバック

45リットルの大容量にもかかわらず、本体重量わずか670gほどの軽さが魅力。独自で開発した技術により防水性と耐摩耗性にすぐれ、どんな天候のなかでもレインカバーなしで活躍してくれます。アイゼンやピッケルを装着できるのも便利な機能。

一泊以上のトレッキングやアイスクライミングにも対応できる大容量。悪天候対応型を探している方におすすめの商品です。

MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5』

[ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M [ミレー]リュックサースフェー30+5(SAASFEE)SAPHIR-M

出典:Amazon

ビギナーにもやさしいすぐれた機能が満載

背面には、背中のムレを防ぐ耐久性にすぐれた独自のナイロン素材を使用しており、汗をかいても快適に行動が可能。ショルダーとヒップ部分に搭載された抜群のクッション性素材が、その快適さをさらにアップします。

サイドについたストレッチ素材のメッシュポケットには水筒などを入れやすく、立ったままでも出し入れがしやすい構造になっています。オールラウンドで使用できる多用途性から、アウトドア初心者にもおすすめのバックパックです。

Trail Bum(トレイルバム)『BUMMER』

TRAILBUMトレイルバムリュックBummerバマーウルトラライトハイキングバックパック TRAILBUMトレイルバムリュックBummerバマーウルトラライトハイキングバックパック TRAILBUMトレイルバムリュックBummerバマーウルトラライトハイキングバックパック

出典:楽天市場

ロングハイクでも旅行でも便利な機能と快適さ

アウトドアから日帰り旅行まで幅広く使えるアイテム。生地は薄手ながら丈夫で、強度も充分です。

チェストハーネスは取り外せるようになっており、ハイク時には装着、それ以外の使用時には外して使い分けができます。ショルダー部分にはしっかりとクッションが入っており背負い心地もグッド。フロントと両サイドにメッシュポケットがついているので、ものを出し入れしやすく便利でしょう。

OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』

OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー OSPREYオスプレールミナ45Sシアンシルバー

出典:Amazon

女性のために設計されたうれしい機能が満載

女性のために作られたオスプレーのバックパック。既存の男性用のものをレディース用にカスタムしたモデルです。ショルダー、ヒップベルトも女性向けに再設計されています。メインの生地は軽量で丈夫なナノフライファブリックを採用。

大きなポケットがフロントとサイドについていて、サイドポケットは背負いながら水筒やペットボトルを取り出せて便利ですよ。

RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)『Antelope』

適材適所に合わせた素材選択、レトロな雰囲気も◎

メインの1000デニールナイロンを筆頭に、パーツに合わせて素材をセレクト。フロントパネルやハーネス部分には耐摩擦性にすぐれた素材を、ボトムとロールトップ部分には防水性のある軽量で強靭な素材を採用しています。

軽量化重視をベースに、必要なパーツはしっかり残されているのも魅力。80年代の雰囲気のあるバックパックなので、レトロなデザインがお好みの方はぜひチェックしてみてください。

karrimor(カリマー)『intrepid 40 type3』

(カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ (カリマー)Karrimorザックパック登山用リュック3834203.テラ

出典:Amazon

しっかりとフィットする抜群の安定感

ベンチレーション効果により背面の快適さを実現。ヒップベルトには特殊なプレートを内蔵させ、安定したフィット感を与えるバックパックです。これらの内蔵パーツが本体の重量を効率よく腰部分に伝達するため、安定感を高めています。

重量がうまく分散される機能を持つため、どんな体型にもフィットしやすく、大容量ながら快適な背負い心地を追求した商品です。

MILLET(ミレー)『プロライター 30+10』

[ミレー]リュックプロライター30+10LD(PROLIGHTER)BLUEDEPTHS [ミレー]リュックプロライター30+10LD(PROLIGHTER)BLUEDEPTHS [ミレー]リュックプロライター30+10LD(PROLIGHTER)BLUEDEPTHS [ミレー]リュックプロライター30+10LD(PROLIGHTER)BLUEDEPTHS [ミレー]リュックプロライター30+10LD(PROLIGHTER)BLUEDEPTHS [ミレー]リュックプロライター30+10LD(PROLIGHTER)BLUEDEPTHS

出典:Amazon

オールシーズン対応型テクニカルパック

軽量性と強靱性をミックスさせたミレー独自の生地を採用したバックパック。引き裂きにも強く、通気性にも考慮したシステムを背面に搭載しています。

取り外し可能なギアホルダーつきウエストベルト、フロントにはアイスアックスホルダーやギアホルダーが付属されているなど、アタッチメントも満載。厳しい環境下にも耐えうる装備が施された、オールシーズン対応のテクニカルバックパックです。

OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic 32』

[OMM(オリジナルマウンテンマラソン)]Classic32GreyOF041G1000 [OMM(オリジナルマウンテンマラソン)]Classic32GreyOF041G1000 [OMM(オリジナルマウンテンマラソン)]Classic32GreyOF041G1000 [OMM(オリジナルマウンテンマラソン)]Classic32GreyOF041G1000

出典:Amazon

激しい運動にも耐えうる安定したフィット感

アドベンチャーレース用とうたわれるこのバックパックは、走ることを前提として作られているため、どんなに動いても安定したフィット感が持続。

その秘密はショルダーハーネスとバックパディングシステムにあり、重いものを入れても体にフィットして重さを感じにくくなっています

容量は32リットルで重さは700グラムなので、激しい運動を長時間したい方は必携のバックパックです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ウルトラライトバックパックの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのウルトラライトバックパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リュック・バックパックランキング
楽天市場:バックパック・リュックランキング
Yahoo!ショッピング:リュックサック、デイパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

使用するシチュエーションで容量や素材、強度を決める

ウルトラライトバックパックのおすすめ商品をご紹介しました。使用するシチュエーションに合った容量や素材の強度などをチェックしながら、あなたがほしいウルトラライトバックパックを見つけてくださいね!

そのほかのアウトドア関連記事をご紹介!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


コンプレッションバッグおすすめ11選【寝袋や衣類など荷物を圧縮】防水タイプも

コンプレッションバッグおすすめ11選【寝袋や衣類など荷物を圧縮】防水タイプも

キャンプやアウトドアをするとき、どうしても荷物がかさばってしまいがちです。しかし、圧縮できるコンプレッションバッグがあれば、衣服やシュラフといったかさばりやすいものをコンパクトにまとめることができます。この記事では、コンプレッションバッグのおすすめ商品や、通販サイトにおける最新人気ランキングなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

tag icon リュック・ザック(登山・トレッキング用) , 寝袋・シュラフ , 登山・トレッキング

折りたたみリュックおすすめ13選|軽量・大容量・防水タイプを紹介!収納袋付きも

折りたたみリュックおすすめ13選|軽量・大容量・防水タイプを紹介!収納袋付きも

旅行やハイキングなど、移動先で小回りのきくリュックがあると便利な折りたたみリュック。容量は10Lから45Lまで幅広く展開されており、パタゴニアやノースフェイスなどさまざまなメーカーから販売されています。この記事では、折りたたみリュックのおすすめと選び方についてご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon レディースリュック・バックパック , リュック・ザック(登山・トレッキング用) , メンズリュック・バックパック

トレッキング用デイパックおすすめ8選|容量・フィット感・防水性能で選ぶ!

トレッキング用デイパックおすすめ8選|容量・フィット感・防水性能で選ぶ!

トレッキング用デイパックとは、1日分の装備を入れるための小型の登山リュックのこと。この記事では、トレッキング用デイパックの選び方とおすすめ商品を、アウトドアライターの高橋庄太郎さんにうかがいました。サイズやフィット感、各部のディテール、防水性など、どのようなポイントに注意しながら選べばよいかを解説。さらに、選び方のポイントにそって、グレゴリーやモンベル、オスプレーといった人気ブランドのおすすめのデイパックも紹介しています。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon リュック・ザック(登山・トレッキング用) , 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

登山用バックパックおすすめ10選【モンベル・グレゴリーほか】容量や目的別選び方

登山用バックパックおすすめ10選【モンベル・グレゴリーほか】容量や目的別選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用バックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。場合によってはテントなどの大きなものを持って行かなければならず、必要なものをまとめられる登山用バックパックは必要不可欠です。安全かつ快適に登山するためにも、用途に合う登山用バックパックを、本記事でしっかり見ていきましょう。記事後半では比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon リュック・ザック(登山・トレッキング用) , 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

アタックザックおすすめ10選|軽量・耐久性・収納力のあるものを厳選

アタックザックおすすめ10選|軽量・耐久性・収納力のあるものを厳選

登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選したアタックザックのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。

tag icon レディースリュック・バックパック , 靴(登山・トレッキング用) , リュック・ザック(登山・トレッキング用)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。