ウルトラライトバックパックのおすすめ11選|軽量&快適機能も満載

ウルトラライトバックパックのおすすめ11選|軽量&快適機能も満載
編集者/プロダクトコンセプター
土居 輝彦

1982年より㈱ワールドフォトプレス社の雑誌monoマガジン編集部へ。 1984年より同誌編集長。 2004年より同社編集局長。 2017年より同誌編集ディレクター。 その間、数々の雑誌を創刊。 FM cocoloへの情報提供、執筆・講演活動、大学講師、各自治体のアドバイザー、IDSデザインコンペティション審査委員長などを現在兼任中。

通常のバックパックに比べ、はるかに軽いウルトラライトバックパック。登山の装備を徹底的に軽量化する「ウルトラライト」という考え方は、アメリカで生まれました。ふだん使いでも便利なウルトラライトバックパックの選び方とあわせて、元『monoマガジン』編集長の土居輝彦さんと編集部が選んだ、おすすめ11選をご紹介します!


ウルトラライトバックパックの選び方 軽くて便利で、登山やトレッキング、旅行、日常生活でも活躍

バックパックを背負って森のなかを歩く男

Photo by Chang Duong on Unsplash

登山やトレッキングには欠かせないバックパック。軽さを追求するなら「ウルトラライトバックパック」の購入を検討してみましょう。

軽さが利点のウルトラライトバックパック。その機能性と使い勝手のよさは、登山などのアウトドアはもちろん日帰り旅行や日常生活においてもとても便利です。

メーカーやブランドによってさまざまな機能や特徴があるので、自分の使用シーンに合ったものを選びましょう。まずは選び方のポイントをいくつかご紹介していきます。

状況に合わせて容量を選ぶ 日帰りか一泊か?

アウトドアで使用する場合、ひと晩テントで過ごすか、日帰りかで荷物の量は大きく変わってきます。ウルトラライトバックパックも大きさを選ぶときは、必要な荷物を想定して適した容量のものを選びましょう

日帰りなら15リットル以下、山小屋一泊なら20~25リットル程度、荷物が多くなるテント泊でも50リットル以下のものが理想です。

素材はしっかりとチェックを 強度も大切!

ウルトラライトバックパックは徹底的に軽くなるよう設計されているので、強度の部分は気になるところ。いくら軽くてもすぐに破けてしまうと困るので、生地の厚さや耐久性もチェックしましょう。

一般的には70~100デニール程度、ハードな登山なら200デニール程度が理想といえます。とくに底面の強度は重要なので、側面の生地の倍か、それ以上の強度のあるものを選びましょう。

「背負い心地」を追求 軽さを最大限に生かす

徹底した軽量化を追求して作られているウルトラライトバックパックは、背負い心地の面ではどうしても快適さが不足しがち。長時間のハイクでも荷物の重さで疲れないよう、余分なアタッチメント機能はほぼないと思ったほうがいいでしょう。

快適さを求めるなら、最低限の機能を備えたものを選ぶのがおすすめ。その機能をいくつかご紹介します。

体のサイズに合っているとフィット感アップ

バックパックは体へのフィット感があると快適です。そのためには自分の体のサイズに合ったものを選ぶことをおすすめします。

通販で購入する場合は、サイズの照らし合わせは難しい部分があります。同じ容量のなかでもS・M・Lがありますし、女性の場合はレディースサイズがある場合も。それでも不安な場合は、ウエストベルトで調整できるものなどが便利でしょう。

背中の衝撃を吸収してくれるパッドも確認

背中の部分にパッドがついていると、衝撃を和らげてくれます。ウルトラライトバックパックは軽量化されて生地が薄いだけに、なかの荷物が直接背中に当たって不快に感じることも。

背中のパッドが厚いほど快適度が増しますが、そのぶん重量もプラスされてしまうので、ほどよい厚さのものを選ぶのがいいでしょう。

内部フレームがあると便利 バックパック自体が自立し、荷物の出し入れがしやすい

容量が40リットル以上の大きめのものになると、内部フレームまたはワイヤーフレームがついていてバックパック自体が自立し、荷物の出し入れがラクになるので便利です。

なかには、より軽い素材が内部フレームに使われている商品もあります。こちらも背中のパッド同様、重さはそのぶん重くなるので、状況に合わせて取り外しができるものがいいですね。

シンプルな構造が◎ 軽量化のあらわれ!

「ウルトラライト」という概念は、荷物を極限まで軽くすることでロングハイクを快適にし、楽しむことを目的とした考え方です。

そのため構造やデザインもよりシンプルに作られており、余計なポケットや収納スペースも削られているものがほとんど。自分がなにを持っていくかを見極め、必要最低限の収納ポケットがついたものを選ぶといいでしょう。

レインカバーつきだと安心 突然の雨でも慌てない

通常のバックパックには防水機能や撥水機能を備えているものが多いですが、ウルトラライトバックパックにおいては、防水・撥水加工も重さの原因になることがあるので、レインカバーを別に用意することをおすすめします

あるいは、バックパック自体に付属しているものを見つけられれば便利ですね。

必要最低限な荷物だけを収納する プロダクトコンセプターがアドバイス

編集者/プロダクトコンセプター

トレッキングやキャンプといったアウトドアはもともと、「クワイエットスポーツ/静かなスポーツ」という概念からスタートしました。イクイップメントに関する考え方も「必要最低限で最大に機能するものだけを持っていく」というもの。

つまりウルトラライトバックパックは、まさにアウトドア本来の理念どおりの道具なのです。軽量化と耐久性という相反する要素を実現させるテクノロジーやデザインに、こだわりの目を向けて検討しましょう。

ウルトラライトバックパックのおすすめ11選 グローブしたままでも開けやすい、高い収納力、悪天候にも対応など

「選び方」で取り上げた機能、選ぶポイントを交えながら、超軽量ウルトラライトバックパックのおすすめ11商品をご紹介します! ウルトラライトバックパックならではの機能がちりばめられたものが多数ありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

編集者/プロダクトコンセプター

karrimor(カリマー)『SL 35 type2』は、魅力がたくさんある製品。巾着仕様の開口部はスピード感と同時に、グローブをしたままの開口も容易にできる点に注目しましょう。

サイドポケットに収納されているレインカバーの存在もポイント。アウトドアだけではなく、街なかでも雨に濡れる心配がありません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

karrimor(カリマー)『SL 35 type2』

karrimor(カリマー)『SL35type2』 karrimor(カリマー)『SL35type2』 karrimor(カリマー)『SL35type2』

出典:楽天市場

容量 35L
重量 920g(別途レインカバー70g)
サイズ 1サイズ
レインカバー
素材 KS-N100d HT Birdseye

軽量化を保ちながらも圧倒的な収納性

こちらのバックパックの特徴は、その収納性と機能性。フロントと両サイドに伸縮性のあるメッシュポケット、内部にもポケットがついています。さらには小物入れ用のトップリッドとヒップサイドポケットまでついており、至れり尽くせりです。

極めつけはサイドに収納できる付属のレインカバー。容量は35リットルなので、山小屋泊にも対応できます。軽量度は高くかつ収納性を求めている方におすすめです。

編集者/プロダクトコンセプター

ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファ FL 45は、雨の浸入を防ぐロールトップ構造で、補強にシームテープを採用した全天候型のオールマイティな逸品』です。

45リットルという高い収納力は、一泊以上のトレッキングにも充分使えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファ FL 45』

ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファFL45』

出典:Amazon

容量 45L
重量 670g
サイズ 1サイズ
レインカバー -
素材 N400r-AC2 nylon 6 ripstop、バーリー ダブルウィーブ ほか

悪天候にも対応できる大容量のクライミングバック

45リットルの大容量にもかかわらず、本体重量わずか670gほどの軽さが魅力。独自で開発した技術により防水性と耐摩耗性にすぐれ、どんな天候のなかでもレインカバーなしで活躍してくれます。アイゼンやピッケルを装着できるのも便利な機能。

一泊以上のトレッキングやアイスクライミングにも対応できる大容量。悪天候対応型を探している方におすすめの商品です。

編集者/プロダクトコンセプター

MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5』は、個人的に使っていますが、最大の特徴は重量をうまく分散する構造だと思っています。

かなり重い荷物を入れて歩き回る海外取材でも、ほかと比べて疲れ方が全然違います。型崩れしにくいデザインというので選ぶのであれば、ミレーのこのモデルはおすすめです

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5』

MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5』

出典:Amazon

容量 30+5L
重量 1500g
サイズ M、L
レインカバー
素材 N/210 CORDURA OX

ビギナーにもやさしいすぐれた機能が満載

背面には、背中のムレを防ぐ耐久性にすぐれた独自のナイロン素材を使用しており、汗をかいても快適に行動が可能。ショルダーとヒップ部分に搭載された抜群のクッション性素材が、その快適さをさらにアップします。

サイドについたストレッチ素材のメッシュポケットには水筒などを入れやすく、立ったままでも出し入れがしやすい構造になっています。オールラウンドで使用できる多用途性から、アウトドア初心者にもおすすめのバックパックです。

Trail Bum(トレイルバム)『BUMMER』

TrailBum(トレイルバム)『BUMMER』 TrailBum(トレイルバム)『BUMMER』 TrailBum(トレイルバム)『BUMMER』

出典:楽天市場

容量 30L
重量 370g(本体320g、背面パッド50g)
サイズ 1サイズ
レインカバー -
素材 本体:ナイロン、メッシュ:ポリエステル

ロングハイクでも旅行でも便利な機能と快適さ

アウトドアから日帰り旅行まで幅広く使えるアイテム。生地は薄手ながら丈夫で、強度も充分です。

チェストハーネスは取り外せるようになっており、ハイク時には装着、それ以外の使用時には外して使い分けができます。ショルダー部分にはしっかりとクッションが入っており背負い心地もグッド。フロントと両サイドにメッシュポケットがついているので、ものを出し入れしやすく便利でしょう。

OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』

OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』

出典:Amazon

容量 S:41L、M:45L
重量 S:800g、M:800g
サイズ レディースサイズ(S、M)
レインカバー -
素材 ナノフライ210Dナイロン、200D UHMWPE ほか

女性のために設計されたうれしい機能が満載

女性のために作られたオスプレーのバックパック。既存の男性用のものをレディース用にカスタムしたモデルです。ショルダー、ヒップベルトも女性向けに再設計されています。メインの生地は軽量で丈夫なナノフライファブリックを採用。

大きなポケットがフロントとサイドについていて、サイドポケットは背負いながら水筒やペットボトルを取り出せて便利ですよ。

RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)『Antelope』

RawLowMountainWorks(ロウロウマウンテンワークス)『Antelope』

出典:Amazon

容量 S/M:36~40L、M/L:38~42L
重量 S/M:650g、M/L:660g
サイズ S/M、M/L
レインカバー -
素材 1000デニールナイロン、スペクトラ Grid 210D、X-PAC ほか

適材適所に合わせた素材選択、レトロな雰囲気も◎

メインの1000デニールナイロンを筆頭に、パーツに合わせて素材をセレクト。フロントパネルやハーネス部分には耐摩擦性にすぐれた素材を、ボトムとロールトップ部分には防水性のある軽量で強靭な素材を採用しています。

軽量化重視をベースに、必要なパーツはしっかり残されているのも魅力。80年代の雰囲気のあるバックパックなので、レトロなデザインがお好みの方はぜひチェックしてみてください。

karrimor(カリマー)『intrepid 40 type3』

karrimor(カリマー)『intrepid40type3』

出典:Amazon

容量 40L
重量 1800g
サイズ 1サイズ
レインカバー -
素材 KS-N210RS silvagaurd、KS-N420

しっかりとフィットする抜群の安定感

ベンチレーション効果により背面の快適さを実現。ヒップベルトには特殊なプレートを内蔵させ、安定したフィット感を与えるバックパックです。これらの内蔵パーツが本体の重量を効率よく腰部分に伝達するため、安定感を高めています。

重量がうまく分散される機能を持つため、どんな体型にもフィットしやすく、大容量ながら快適な背負い心地を追求した商品です。

GRANITE GEAR(グラナイトギア)『HOGBACK』

GRANITEGEAR(グラナイトギア)『HOGBACK』

出典:Amazon

容量 33L
重量 860g
サイズ 1サイズ
レインカバー -
素材 210Dナイロン、100Dコーデュラナイロンリップストップ

ほどよい収納機能とすっきりデザイン

フロントには大きなコンプレッションパネルがついており、衣類やヘルメットなどをはさむことができます。内側に小さな装備品を収納できるようになっているのも便利ですね。

チェストベルトとウエストベルトは取り外し可能。背面は軽量シートが内蔵されて見た目もすっきりしているので、シンプルなデザインを探している方にはおすすめです。

MILLET(ミレー)『プロライター 30+10』

MILLET(ミレー)『プロライター30+10』 MILLET(ミレー)『プロライター30+10』 MILLET(ミレー)『プロライター30+10』 MILLET(ミレー)『プロライター30+10』 MILLET(ミレー)『プロライター30+10』

出典:Amazon

容量 30+10L
重量 1020g
サイズ 1サイズ
レインカバー -
素材 ROBIC N/NP 210D HONEY COMB、N/420D VELOCITY

オールシーズン対応型テクニカルパック

軽量性と強靱性をミックスさせたミレー独自の生地を採用したバックパック。引き裂きにも強く、通気性にも考慮したシステムを背面に搭載しています。

取り外し可能なギアホルダーつきウエストベルト、フロントにはアイスアックスホルダーやギアホルダーが付属されているなど、アタッチメントも満載。厳しい環境下にも耐えうる装備が施された、オールシーズン対応のテクニカルバックパックです。

OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic 32』

OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic32』

出典:Amazon

容量 32L
重量 700g
サイズ 1サイズ
レインカバー -
素材 210T / HTTF

激しい運動にも耐えうる安定したフィット感

アドベンチャーレース用とうたわれるこのバックパックは、走ることを前提として作られているため、どんなに動いても安定したフィット感が持続。

その秘密はショルダーハーネスとバックパディングシステムにあり、重いものを入れても体にフィットして重さを感じにくくなっています

容量は32リットルで重さは700グラムなので、激しい運動を長時間したい方は必携のバックパックです。

Marmot(マーモット)『Eiger 42 Pack』

Marmot(マーモット)『Eiger42Pack』 Marmot(マーモット)『Eiger42Pack』 Marmot(マーモット)『Eiger42Pack』

出典:楽天市場

容量 42L
重量 1460g
サイズ 1サイズ
レインカバー -
素材 200d 100% Nylon Spectra Ripstop、420d HT 100% Nylon Oxford ほか

充実した機能で安定したパフォーマンス

クッション性にすぐれたアルミバーを内蔵した背面はフィット感を存分に表現しており、縦走やクライミング時においても崩れることはないでしょう。さらに取り外しができるウエストベルトは安定した腰まわりをサポートしてくれます。

オールシーズンで使用したい方におすすめ。スキーキャリー用ループもついているので、雪山や積雪場面でも使用できますよ。

「ウルトラライトバックパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
karrimor(カリマー)『SL 35 type2』
ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファ FL 45』
MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5』
Trail Bum(トレイルバム)『BUMMER』
OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』
RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)『Antelope』
karrimor(カリマー)『intrepid 40 type3』
GRANITE GEAR(グラナイトギア)『HOGBACK』
MILLET(ミレー)『プロライター 30+10』
OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic 32』
Marmot(マーモット)『Eiger 42 Pack』
商品名 karrimor(カリマー)『SL 35 type2』 ARC'TERYX(アークテリクス)『アルファ FL 45』 MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5』 Trail Bum(トレイルバム)『BUMMER』 OSPREY(オスプレー)『ルミナ45』 RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)『Antelope』 karrimor(カリマー)『intrepid 40 type3』 GRANITE GEAR(グラナイトギア)『HOGBACK』 MILLET(ミレー)『プロライター 30+10』 OMM(オリジナルマウンテンマラソン)『Classic 32』 Marmot(マーモット)『Eiger 42 Pack』
商品情報
特徴 軽量化を保ちながらも圧倒的な収納性 悪天候にも対応できる大容量のクライミングバック ビギナーにもやさしいすぐれた機能が満載 ロングハイクでも旅行でも便利な機能と快適さ 女性のために設計されたうれしい機能が満載 適材適所に合わせた素材選択、レトロな雰囲気も◎ しっかりとフィットする抜群の安定感 ほどよい収納機能とすっきりデザイン オールシーズン対応型テクニカルパック 激しい運動にも耐えうる安定したフィット感 充実した機能で安定したパフォーマンス
容量 35L 45L 30+5L 30L S:41L、M:45L S/M:36~40L、M/L:38~42L 40L 33L 30+10L 32L 42L
重量 920g(別途レインカバー70g) 670g 1500g 370g(本体320g、背面パッド50g) S:800g、M:800g S/M:650g、M/L:660g 1800g 860g 1020g 700g 1460g
サイズ 1サイズ 1サイズ M、L 1サイズ レディースサイズ(S、M) S/M、M/L 1サイズ 1サイズ 1サイズ 1サイズ 1サイズ
レインカバー - - - - - - - - -
素材 KS-N100d HT Birdseye N400r-AC2 nylon 6 ripstop、バーリー ダブルウィーブ ほか N/210 CORDURA OX 本体:ナイロン、メッシュ:ポリエステル ナノフライ210Dナイロン、200D UHMWPE ほか 1000デニールナイロン、スペクトラ Grid 210D、X-PAC ほか KS-N210RS silvagaurd、KS-N420 210Dナイロン、100Dコーデュラナイロンリップストップ ROBIC N/NP 210D HONEY COMB、N/420D VELOCITY 210T / HTTF 200d 100% Nylon Spectra Ripstop、420d HT 100% Nylon Oxford ほか
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ウルトラライトバックパックの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのウルトラライトバックパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リュック・バックパックランキング
楽天市場:バックパック・リュックランキング
Yahoo!ショッピング:リュックサック、デイパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのアウトドア関連記事をご紹介!

山登りやロッククライミングに欠かせないアイテムのひとつであるクライミンググローブ。クライマーの身の安全を守る大事な役割を担っています。そこで、登山愛好家でカメラマンの山崎友貴さんと編集部が選ぶクライミングローブのおすすめ11選をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にして...

登山やクライミングの際に、ロープを固定できる道具であるカラビナ。いくつか持っていると非常に便利なサポートツールのひとつです。そこで、登山用カラビナを選ぶ際のポイントを、機能やデザインも含めて解説。登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。

アウトドアガスストーブは、野外においてガス缶を使用して暖をとる、調理をするなどができる便利なアイテム。本記事では、ヒータータイプとバーナータイプに分けて、アウトドアライターのSAMさんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事では、monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選ぶおすすめの防水バッグ20選を紹介! リュックサックやトートバッグ、ドライバッグなどさまざまなバッグをピックアップしています。釣りやキャンプ、ツーリングといったアウトドアシーンにはもちろん、ふだん使いにもぴったりなおしゃれなデザイン、ビジ...

キャンプライターの中山一弘さんに、アウトドア用の財布についてうかがいました。アウトドアでは少しでも荷物を減らして、身軽になりたいシーンが多くあります。ふだん使っている財布をそのまま持って出かけたら思いのほかかさばって、文字どおり「重荷」になってしまった、なんていう経験はありませんか。アウトドア...

使用するシチュエーションで容量や素材、強度を決める

ウルトラライトバックパックのおすすめ11選をご紹介しました。使用するシチュエーションに合った容量や素材の強度などをチェックしながら、あなたがほしいウルトラライトバックパックを見つけてくださいね!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


男性向け登山用ザックおすすめ15選【容量別に紹介】人気アウトドアブランドから厳選!

男性向け登山用ザックおすすめ15選【容量別に紹介】人気アウトドアブランドから厳選!

登山愛好家のフリーエディター・山崎友貴さんに取材し、男性向け登山ザックの選び方とおすすめの11選をご紹介します。登山に必要な水やレインウェアなど多くの荷物を入れるザック。しっかりと設計された高機能なザックは山歩きの快適さをサポートしてくれる登山の重要アイテムです。記事の最後には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ミステリーランチのリュックおすすめ21選&ランキング【キャンプや登山だけじゃない!】

ミステリーランチのリュックおすすめ21選&ランキング【キャンプや登山だけじゃない!】

ミステリーランチのリュックは、過酷な状況にも耐えられるバッグとして、米軍や登山家をはじめ、今ではタウンユースやビジネスシーンなどでも多くの人を魅了しています。この記事では、元monoマガジン編集長の土居輝彦さんにお話をうかがい、ミステリーランチのリュックの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。記事後半には、楽天市場など大手通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


【プロ厳選ランキング】ニクソンリュックおすすめ10選|高い機能性とデザイン性に優れたもの!防水・大容量

【プロ厳選ランキング】ニクソンリュックおすすめ10選|高い機能性とデザイン性に優れたもの!防水・大容量

機能性の高さが魅力のニクソンリュック。耐水性に優れているモデルや収納性の高いモデルなど豊富な種類があり、さまざまなシーンにマッチします。この記事では、ニクソンリュックの選び方と、[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介していきます。。


サイクリング用バックのおすすめ10選【シマノ・ドイターなど】防水タイプも!

サイクリング用バックのおすすめ10選【シマノ・ドイターなど】防水タイプも!

自転車移動やロードバイクを楽しむ人にとって欠かせないのがサイクリングバッグです。マウンテンバイクやロードバイクといった自転車はかごがなく荷物の持ち運びには向いていません。そういった自転車に乗るときはサイクリングバッグが重宝します。現在では通気性にすぐれたものや軽量なもののほか、容量の多いものなどさまざまです。今回は[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、選び方のポイントやおすすめアイテムをご紹介します。


コールマンのリュックおすすめ13選|おしゃれで機能性も充分!

コールマンのリュックおすすめ13選|おしゃれで機能性も充分!

通勤や通学のほか旅行などさまざまなシーンで活躍してくれるのがリュックです。なかでもコールマンのリュックは機能性が高く扱いやすいことから注目を集めています。この記事では、選び方のポイントを解説するとともに、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだコールマンのリュックのおすすめ13商品をご紹介します。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

【プロ厳選ランキング】小型スマホおすすめ11選|高性能なものやおサイフケータイ対応のものも

ITライターである酒井麻里子さんへの取材をもとに、小型スマホのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ほどよい大きさで手におさまりやすい小型スマホ。大型化が進むスマホですが、扱いづらさを感じることもあり、小さいサイズを求めている方も多いのではないでしょうか? どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車ハンドルカバーおすすめ15選|シンプルからかわいい・デザイン性が高いものまで!

車の内装グッズのなかでも、手軽に車内の雰囲気を変えられる「ハンドルカバー」。しかし、デザインや素材、サイズなどが幅広く、どれを選べばいいのか悩みますよね。この記事では、車ハンドルカバーの選び方のポイントを解説していきます。また、自動車ライターの塚田勝弘さんと編集部が、タイプ別に選んだ魅力的な商品15点もご紹介します。すてきなハンドルカバーを選んで、愛車でのドライブを楽しみましょう。


【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

【2020年最新版】iPhone対応スピーカーおすすめランキング16選| Bluetooth対応&安定の有線タイプの商品を紹介!

iPhoneに収録してある音楽を、本格的なイヤホンで楽しみたい人もいるのではないでしょうか。持ち運びのしやすいポータブルスピーカーなら、車内や旅行先でも音楽を楽しめますし、大きめで音質にこだわったスピーカーならば家でのリラックスタイムに重宝します。ここでは、ITライターの傍島康雄さんへの取材をもとに、iPhoneに対応しているスピーカーの選び方とおすすめの商品を全部で16商品ご紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る