登山用カラビナおすすめ11選|用途に応じた種類や形状ごとの特徴も解説

登山用カラビナおすすめ11選|用途に応じた種類や形状ごとの特徴も解説


登山やクライミングの際に、ロープを固定できる道具「カラビナ」。いくつか持っていると非常に便利なサポートツールのひとつです。そこで、登山用カラビナを選ぶ際のポイントを、機能やデザインも含めて解説。

本記事では、登山用のカラビナの選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。


目次

フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

カラビナの種類・形状


登山用カラビナには、いくつかの「型」があります。それぞれの形状に違った特徴があるので、購入する際には必ずどの型なのかをチェックしましょう。

HMS型:開口が大きくロープを出し入れしやすい

洋梨型とも呼ばれる形をしたカラビナ。基本的にはビレイで使うもので、ATCやエイト環との相性がいいのが特徴です。またゲートが広いため、ロープも引っかかりやすくなっています

オフセットD型:強度が高くカラビナの主流!

強度が高いことで知られるオフセットD型。見た目はアルファベットのDを変形させたような形になっています。ロープがかかった位置(力点)と、スパイン(ゲートの反対側の棒の部分)が近いため、落下したときの衝撃に強いのがメリットです。

O型(オーバル型):幅広スリングや荷物の吊り下げ用に

楕円の形をしたオーバル型は、スリングやプーリーなどの幅の広いツールも安定して取りつけられます。ほかの形状と比べ角がなく両側が同じ形なので、両側に支点の動きがある場合にその動きに対応しやすいのが特徴です。

登山用カラビナの選び方


それでは、登山用カラビナの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】ゲートの種類
【2】ピンロックとキーロック
【3】強度・耐久性


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ゲートの種類をチェック


カラビナには必ず「ゲート」と呼ばれる開口部がついています。ゲートにもいくつか種類があるのでそちらもチェックしていきましょう。

▼ビレイなど外れてはいけないときは安全環つきカラビナ

ゲートの部分にロック機能がついているものが安全環つきカラビナです。ロックの種類もふたつあり、ゲートを閉じると自動的にロックされる「オートロック」手動でロックする「スクリューゲート」に分けられます。

「絶対にゲートが開いてはいけないシーン」ではこの安全環つきを使用しましょう。

▼ゲートを頻繁に開け閉めするならフリーカラビナ

比較的安全な場面で、かつ頻繁にゲートを開閉する必要性があるときは、フリーカラビナがおすすめです。

フリーカラビナには、ゲートが誤開閉しにくい「ストレートゲート」、ロープクリップがしやすい「ベントゲート」、ゲートオープン感覚が一番広い「ワイヤーゲート」の3種類があります。

【2】ピンロックとキーロックをチェック

カラビナとゲートの開閉部分の間のことを「ノーズ」と呼び、その形状がフラットか、もしくは切り込みがあるかも重要なポイントです。切り込みがあるものが「ピンロック」フラットなものが「キーロック」です。

ピンロックはロープなどがひっかかりやすく、キーロックは操作性にすぐれているうえに強度も高いのが特徴。操作性や扱いやすさを重視するなら、初心者にも使いやすいキーロックタイプをおすすめします。

【3】強度・耐久性をチェック

同じカラビナでも、登山用とそうでないものがあります。登山用のカラビナを選ぶ際は、カラビナ本体部分に「UIAA」や「CE」などの文字が記載されているか確認しましょう。

CEはEUが定めた安全基準、UIAAは国際山岳連盟が定めた安全基準を満たしているかの証明になります。誤ってアクセサリー感覚のものを登山で使用しないようにしましょう。

エキスパートのアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

登山専用のものを数タイプ常備すると安心

カラビナは、どんな用途かによって選び方が変わります。フック代わりに使うのであればアクセサリータイプでも構いませんが、クライミング用途であれば専用のものを使う必要があり、同時に耐荷重を調べてから買う必要があります。

また、1種類だけなく、数タイプを用意しておく必要も。とくに安全が重要視されるシーンでは、安全環(ロック)つきカラビナが必要です。最初に買うなら、フリーカラビナの方が使いやすいでしょう。

登山用カラビナおすすめ11選


それではさっそく、登山用カラビナのおすすめ商品をご紹介していきましょう。

MAMMUT(マムート)『Bionic Mythos(2210-01520)』

MAMMUT(マムート)カラビナツイストロックBIONICMYTHOSバイオニックミソスバソールト【日本正規品】221001520B MAMMUT(マムート)カラビナツイストロックBIONICMYTHOSバイオニックミソスバソールト【日本正規品】221001520B MAMMUT(マムート)カラビナツイストロックBIONICMYTHOSバイオニックミソスバソールト【日本正規品】221001520B MAMMUT(マムート)カラビナツイストロックBIONICMYTHOSバイオニックミソスバソールト【日本正規品】221001520B

出典:Amazon

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 キーロック
重量 80g

特大サイズで軽量! 圧倒的な引張強度

マムートからの特大サイズのHMS型カラビナ。曲げ部分の半径が大きく、どのビレイデバイスとも相性がいいのが大きな魅力です。

軽量ながら引張強度は強力。その秘密はビームテクノロジーと高精細ホットフォージング製法という製造法によるものです。クライミング・沢登りさらにはケイビングとあらゆるシーンで重宝します。

Petzl(ペツル)『ジン(M060)』

ペツル(Petzl)ジンM060ブルー(ベント)[並行輸入品]

出典:Amazon

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート/ベント
ロックの形式 キーロック
重量 45g

高耐久で岩場でのクライミングにおすすめ

ロープとの接地面が広いため、摩耗を抑えられるのが特徴。カラビナとロープ両方を長持ちさせることができます。ベントゲート側はロープがかかりやすく、効率的なクリップが可能です。

クリップ、アンクリップ時に引っかかりにくいキーロックシステムを採用している点も魅力。耐久性の高さと使い勝手を求める方におすすめです。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『GRIDLOCKマグネトロンカラビナ』

ブラックダイヤモンドマグネトロングリッドロック(78g)【メール便対応】【☆】【CP】 ブラックダイヤモンドマグネトロングリッドロック(78g)【メール便対応】【☆】【CP】

出典:楽天市場

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 ストレート
ロックの形式 -
重量 78g

革新的マグネットテクノロジーで誤操作を防ぐ

ゲート両サイドに設置されたふたつのマグネットアームでゲートのロックがスムーズにできる、画期的な登山用カラビナです。この装備はマグネトロンと呼ばれ、誤操作を防ぐ意味でも大変すぐれています。

高強度で大き目のカラビナを求めている方におすすめ。ただ、マグネットアームとノーズ部分が凍結したり、間に泥などがたまったりするとロックが解除できなくなります。冬期のアルパインクライミングや泥や土の多い場所等での使用には適しませんので注意しましょう。

MAMMUT(マムート)『Wall Micro Oval(2040-01271)』

MAMMUT(マムート)『WallMicroOval(2040-01271)』

出典:Amazon

カラビナ形状 オーバル型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 -
重量 57g

超軽量! 高山や大型ウォールの登山時に

スイス発祥のマムートは、世界初の登山用ロープメーカー。こちらのアイテムは、スクリューゲート式の安全環つきカラビナです。なんといってもその軽量さが特徴といえるでしょう。

ビッグウォールやアルパインクライミングにおいて、ビレイステーションの設置やクライミングハーネスでのギアの運搬に便利なのがオーバル型のメリットです。

DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』

DMMビレイマスターBELAYMASTER93gDM0336

出典:Amazon

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 -
重量 93g

安全性を考慮しつくした完璧な形状

イギリス発クライミングギアメーカー、DMMの登山用カラビナ。スーパーナイロンを使用したロッキングシステムの形状は、安全環の締め忘れを防ぐことを考慮して作られています。

手元で扱う際にカラビナが回転するのを防ぎ、常に安全な位置で操作が可能です。まさに、安全性を追求したビレイ用カラビナと言えるでしょう。

DMM(ディーエムエム)『ボア HMS(DM0537)』

【メール便】DMM(ディーエムエム)カラビナボアHMSデュロロック【DM0537】

出典:楽天市場

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 デュロ
ロックの形式 -
重量 109g

すぐれた強度を誇るゲートシステムで安全性を確保

DMMのカラビナのなかでも、大きな開口口が特徴的です。ゲートシステムには4つのアクションが備わっており、限りなく高度なセキュリティレベルを実現しています。

確実なアンカー用カラビナとして機能し、さらに複雑なリギングにも対応可能。30kNもの強度を誇るロッキングタイプで、汎用性にすぐれたカラビナです。

climbing technology(クライミングテクノロジー)『アクシス スクリューゲート(CT-18314)』

CT-climbingtechnology(クライミング・テクノロジー)アクシススクリューロックCT-18314

出典:Amazon

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 キーロック
重量 80g

軽量で高い強度を独自の構造で実現

クライミングテクノロジーの、大き目サイズのHMS型カラビナ。ホットフォージング製法を採用するほか、ダブルTビーム構造により軽量で高い強度を実現させています。スクリューロックスプリングつき、安全環つきで安全性対策もしっかりされています

手になじみやすく扱いやすい形状で、登山、アルパインクライミング、スポーツクライミングに向いている商品です。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『グリッドロック スクリューゲート(BD10505)』

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)グリッドロックスクリューゲートBD10505ダークグレー/レッド

出典:Amazon

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 -
重量 76g

独自の形状でカラビナが回転するのを防ぐ

ブラックダイヤモンド独自のゲート形状で、ハーネスのビレイループでのカラビナの回転を防ぐデザインに仕上がっているのが特徴的。ロープとの接触面積が広く取れるので、スムーズなハンドリングが可能です。

安全性にすぐれ、ラッペル用のロッキングカラビナとしてもその威力を発揮します。ホットフォージング製造により強度もさらに向上。

oxtos(オクトス)『mountain dax オトシンダブル(DK-053)』

mountaindax(マウンテンダックス)オトシンダブルDK-053 mountaindax(マウンテンダックス)オトシンダブルDK-053

出典:楽天市場

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ダブルロック
ロックの形式 -
重量 80g

リーズナブルな価格以上の期待ができるクオリティー

マウンテンダックスのカラビナは、どのシリーズもゲートの部分が色分けされているのが特徴。この商品はすべてのサイズでダブルロックゲートが赤色に統一されています。視認しやすく、スピーディーな判断を要求される場面で活躍。

クライミングやレスキューシーンにおいても優れた威力を発揮します。クオリティーの高さに加え、比較的お手頃な値段で入手できる、お得なアイテムです。

oxtos(オクトス)『mountain dax ディスカス ストレートゲート(DK-04616)』

mountaindax(マウンテンダックス)ディスカスストレートゲートDK-04616

出典:Amazon

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート
ロックの形式 キーロック
重量 44g

操作性・正確性のよさはレスキューシーンで発揮大

よりカラビナの操作性をアップさせるためゲート背面部分のスパインにはこまかな凹凸を施し、さらに「アンチスリップゲート」を採用しています。これにより正確性も向上。開口部も20mmと大きいので、使いやすさも魅力です。

ゴールドにブルーという2色使いもファッショナブルですね。コストパフォーマンスにすぐれた、高品質なカラビナをお探しの方におすすめです。

Metolius(メトリウス)『Inferno II ワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』

Metolius(メトリウス)『InfernoIIワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』

出典:Amazon

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート
ロックの形式 キーロック
重量 36g

軽快なクリッピングを実現するこだわりのデザイン

クライミング関連用品のみにこだわって開発・製造しているアメリカのメーカー、メトリウスのアイテム。スタンダードなサイズ感のカラビナです。「く」の字型のベントゲートで、軽快なクリッピングを可能とします

ノーズ形状は、岩に当たってもゲートが開きにくいよう考慮。シンプルなデザインですが、もちろんCE・UIAA適合の品質です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
MAMMUT(マムート)『Bionic Mythos(2210-01520)』
Petzl(ペツル)『ジン(M060)』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『GRIDLOCKマグネトロンカラビナ』
MAMMUT(マムート)『Wall Micro Oval(2040-01271)』
DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』
DMM(ディーエムエム)『ボア HMS(DM0537)』
climbing technology(クライミングテクノロジー)『アクシス スクリューゲート(CT-18314)』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『グリッドロック スクリューゲート(BD10505)』
oxtos(オクトス)『mountain dax オトシンダブル(DK-053)』
oxtos(オクトス)『mountain dax ディスカス ストレートゲート(DK-04616)』
Metolius(メトリウス)『Inferno II ワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』
商品名 MAMMUT(マムート)『Bionic Mythos(2210-01520)』 Petzl(ペツル)『ジン(M060)』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『GRIDLOCKマグネトロンカラビナ』 MAMMUT(マムート)『Wall Micro Oval(2040-01271)』 DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』 DMM(ディーエムエム)『ボア HMS(DM0537)』 climbing technology(クライミングテクノロジー)『アクシス スクリューゲート(CT-18314)』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『グリッドロック スクリューゲート(BD10505)』 oxtos(オクトス)『mountain dax オトシンダブル(DK-053)』 oxtos(オクトス)『mountain dax ディスカス ストレートゲート(DK-04616)』 Metolius(メトリウス)『Inferno II ワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』
商品情報
特徴 特大サイズで軽量! 圧倒的な引張強度 高耐久で岩場でのクライミングにおすすめ 革新的マグネットテクノロジーで誤操作を防ぐ 超軽量! 高山や大型ウォールの登山時に 安全性を考慮しつくした完璧な形状 すぐれた強度を誇るゲートシステムで安全性を確保 軽量で高い強度を独自の構造で実現 独自の形状でカラビナが回転するのを防ぐ リーズナブルな価格以上の期待ができるクオリティー 操作性・正確性のよさはレスキューシーンで発揮大 軽快なクリッピングを実現するこだわりのデザイン
カラビナ形状 HMS型 オフセットD型 HMS型 オーバル型 HMS型 HMS型 HMS型 HMS型 オフセットD型 オフセットD型 オフセットD型
ゲートの種類 スクリュー ストレート/ベント ストレート スクリュー スクリュー デュロ スクリュー スクリュー ダブルロック ストレート ストレート
ロックの形式 キーロック キーロック - - - - キーロック - - キーロック キーロック
重量 80g 45g 78g 57g 93g 109g 80g 76g 80g 44g 36g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山カラビナの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山カラビナの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山カラビナランキング
楽天市場:登山カラビナランキング
Yahoo!ショッピング:登山カラビナランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


登山用カラビナのおすすめ商品をご紹介しました。

形状や操作性など、商品によって特徴はさまざまです。使い勝手だけでなく安全性も考慮して、あなたがほしい登山用カラビナを選んでくださいね。

【関連記事】登山に関連するほかの記事はこちら

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/05/20 コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


テントシューズおすすめ11選|冬のキャンプでも暖かい! ノースフェイス、ナンガも

テントシューズおすすめ11選|冬のキャンプでも暖かい! ノースフェイス、ナンガも

気温が低くなりがちな山や高原のキャンプで、足元をしっかり保温してくれるテントシューズ。本記事では、本記事では、ナンガやコールマンなど冬キャンプでも暖かいテントシューズのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


MSRのテントおすすめ12選|1人用~4人用まで! 『エリクサー4』『ハバハバNX』も

MSRのテントおすすめ12選|1人用~4人用まで! 『エリクサー4』『ハバハバNX』も

美しいデザインのテントやタープで有名な、アメリカのシアトル発祥のメーカーがMSR。世界中で多くのファンを集めるMSRのテントは、過酷な環境はもちろんですが、一般のバックパッカーなどにも最適です。本記事では、MSRテントについて、メーカーの魅力や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。おしゃれなモデルや使いやすいも大宇rを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


沢登り用靴おすすめ11選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢登り用靴おすすめ11選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢を進み、滝の水を浴びながら岩に挑む沢登り。爽快な冒険気分を味わえる一方で危険を伴うため、足を支える「沢登り靴」選びは重要です。ただ、沢靴と沢足袋(たび)のどちらがいいのか、ソールはフェルトかラバーかなど、選択肢が多くて迷ってしまいます。 そこで、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が、沢登り用靴の選び方とおすすめ11選をご紹介します。ぴったりの一足を選んで沢での冒険を楽しみましょう!


双眼鏡おすすめ23選|コンサートや天体観測・釣りなどで活躍

双眼鏡おすすめ23選|コンサートや天体観測・釣りなどで活躍

ガジェット関連に精通するIT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、定番の人気メーカーから最新モデルまで、双眼鏡おすすめ商品をご紹介します。ドームなどのコンサートで見やすいおすすめ双眼鏡をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


トレッキングシューズおすすめ19選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

トレッキングシューズおすすめ19選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

登山やアウトドアキャンプで使うトレッキングシューズ。足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテムです。ここでは、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんと編集部が厳選したおすすめのトレッキングシューズと選び方のポイントを紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。