PR(アフィリエイト)

登山用カラビナおすすめ10選【HMS・オフセットD・O型】種類・強度を解説

ペツル(Petzl) ジン M060 ブルー(ベント)
出典:Amazon
ペツル(Petzl) ジン M060 ブルー(ベント)
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

登山やクライミングの際に、ロープを固定できる道具「カラビナ」。いくつか持っていると非常に便利なサポートツールのひとつです。

本記事では、登山用のカラビナの選び方やおすすめ商品をご紹介。

記事の後半には、通販サイトにおける最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴
自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

カラビナの種類・形状


登山用カラビナには、いくつかの「型」があります。それぞれの形状に違った特徴があるので、購入する際には必ずどの型なのかをチェックしましょう。

HMS型:開口が大きくロープを出し入れしやすい

 

洋梨型とも呼ばれる形をしたカラビナ。基本的にはビレイで使うもので、ATCやエイト環との相性がいいのが特徴です。またゲートが広いため、ロープも引っかかりやすくなっています

オフセットD型:強度が高くカラビナの主流!

 

強度が高いことで知られるオフセットD型。見た目はアルファベットのDを変形させたような形になっています。ロープがかかった位置(力点)と、スパイン(ゲートの反対側の棒の部分)が近いため、落下したときの衝撃に強いのがメリットです。

O型(オーバル型):幅広スリングや荷物の吊り下げ用に

 

楕円の形をしたオーバル型は、スリングやプーリーなどの幅の広いツールも安定して取りつけられます。ほかの形状と比べ角がなく両側が同じ形なので、両側に支点の動きがある場合にその動きに対応しやすいのが特徴です。

登山用カラビナの選び方

それでは、登山用カラビナの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】ゲートの種類
【2】ピンロックとキーロック
【3】強度・耐久性


上記の3つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ゲートの種類をチェック


カラビナには必ず「ゲート」と呼ばれる開口部がついています。ゲートにもいくつか種類があるのでそちらもチェックしていきましょう。

▼ビレイなど外れてはいけないときは安全環つきカラビナ

 

ゲートの部分にロック機能がついているものが安全環つきカラビナです。ロックの種類もふたつあり、ゲートを閉じると自動的にロックされる「オートロック」手動でロックする「スクリューゲート」に分けられます。

「絶対にゲートが開いてはいけないシーン」ではこの安全環つきを使用しましょう。

▼ゲートを頻繁に開け閉めするならフリーカラビナ

 

比較的安全な場面で、かつ頻繁にゲートを開閉する必要性があるときは、フリーカラビナがおすすめです。

フリーカラビナには、ゲートが誤開閉しにくい「ストレートゲート」、ロープクリップがしやすい「ベントゲート」、ゲートオープン感覚が一番広い「ワイヤーゲート」の3種類があります。

【2】ピンロックとキーロックをチェック

 

カラビナとゲートの開閉部分の間のことを「ノーズ」と呼び、その形状がフラットか、もしくは切り込みがあるかも重要なポイントです。切り込みがあるものが「ピンロック」フラットなものが「キーロック」です。

ピンロックはロープなどがひっかかりやすく、キーロックは操作性にすぐれているうえに強度も高いのが特徴。操作性や扱いやすさを重視するなら、初心者にも使いやすいキーロックタイプをおすすめします。

【3】強度・耐久性をチェック

 

同じカラビナでも、登山用とそうでないものがあります。登山用のカラビナを選ぶ際は、カラビナ本体部分に「UIAA」や「CE」などの文字が記載されているか確認しましょう。

CEはEUが定めた安全基準、UIAAは国際山岳連盟が定めた安全基準を満たしているかの証明になります。誤ってアクセサリー感覚のものを登山で使用しないようにしましょう。

登山用カラビナおすすめ10選

それではさっそく、登山用カラビナのおすすめ商品をご紹介していきましょう。

Petzl(ペツル)『ジン(M060)』

フリーエディター&SUV生活研究家:山崎 友貴

フリーエディター&SUV生活研究家

Petzlの『ジン(M060)』は使いやすい形状が考慮されているだけでなく、ロープとの接触面を広く設計することで、ロープ・カラビナ両方の耐久性を高める配慮がされています。

高耐久で岩場でのクライミングにおすすめ

ロープとの接地面が広いため、摩耗を抑えられるのが特徴。カラビナとロープ両方を長持ちさせることができます。ベントゲート側はロープがかかりやすく、効率的なクリップが可能です。

クリップ、アンクリップ時に引っかかりにくいキーロックシステムを採用している点も魅力。耐久性の高さと使い勝手を求める方におすすめです。

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート/ベント
ロックの形式 キーロック
重量 45g

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート/ベント
ロックの形式 キーロック
重量 45g

DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』

DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』 DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』
出典:Amazon この商品を見るview item

安全性を考慮しつくした完璧な形状

イギリス発クライミングギアメーカー、DMMの登山用カラビナ。スーパーナイロンを使用したロッキングシステムの形状は、安全環の締め忘れを防ぐことを考慮して作られています。

手元で扱う際にカラビナが回転するのを防ぎ、常に安全な位置で操作が可能です。まさに、安全性を追求したビレイ用カラビナと言えるでしょう。

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 -
重量 93g

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 -
重量 93g

MAMMUT(マムート)『Bionic Mythos(2210-01520)』

フリーエディター&SUV生活研究家:山崎 友貴

フリーエディター&SUV生活研究家

MAMMUTの『Bionic Mythos(2210-01520)』はATCやエイト環などビレイデバイスと組み合わせて使うのにオススメです。高価ですが、軽量かつ高強度で安心感が違います。

特大サイズで軽量! 圧倒的な引張強度

マムートからの特大サイズのHMS型カラビナ。曲げ部分の半径が大きく、どのビレイデバイスとも相性がいいのが大きな魅力です。

軽量ながら引張強度は強力。その秘密はビームテクノロジーと高精細ホットフォージング製法という製造法によるものです。クライミング・沢登りさらにはケイビングとあらゆるシーンで重宝します。

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 キーロック
重量 80g

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 キーロック
重量 80g

DMM(ディーエムエム)『ボア HMS(DM0537)』

すぐれた強度を誇るゲートシステムで安全性を確保

DMMのカラビナのなかでも、大きな開口口が特徴的です。ゲートシステムには4つのアクションが備わっており、限りなく高度なセキュリティレベルを実現しています。

確実なアンカー用カラビナとして機能し、さらに複雑なリギングにも対応可能。30kNもの強度を誇るロッキングタイプで、汎用性にすぐれたカラビナです。

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 デュロ
ロックの形式 -
重量 109g

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 デュロ
ロックの形式 -
重量 109g

climbing technology(クライミングテクノロジー)『アクシス スクリューゲート(CT-18314)』

軽量で高い強度を独自の構造で実現

クライミングテクノロジーの、大き目サイズのHMS型カラビナ。ホットフォージング製法を採用するほか、ダブルTビーム構造により軽量で高い強度を実現させています。スクリューロックスプリングつき、安全環つきで安全性対策もしっかりされています

手になじみやすく扱いやすい形状で、登山、アルパインクライミング、スポーツクライミングに向いている商品です。

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 キーロック
重量 80g

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 キーロック
重量 80g

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『グリッドロック スクリューゲート(BD10505)』

独自の形状でカラビナが回転するのを防ぐ

ブラックダイヤモンド独自のゲート形状で、ハーネスのビレイループでのカラビナの回転を防ぐデザインに仕上がっているのが特徴的。ロープとの接触面積が広く取れるので、スムーズなハンドリングが可能です。

安全性にすぐれ、ラッペル用のロッキングカラビナとしてもその威力を発揮します。ホットフォージング製造により強度もさらに向上。

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 -
重量 76g

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 スクリュー
ロックの形式 -
重量 76g

oxtos(オクトス)『mountain dax オトシンダブル(DK-053)』

oxtos(オクトス)『mountaindaxオトシンダブル(DK-053)』 oxtos(オクトス)『mountaindaxオトシンダブル(DK-053)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

リーズナブルな価格以上の期待ができるクオリティー

マウンテンダックスのカラビナは、どのシリーズもゲートの部分が色分けされているのが特徴。この商品はすべてのサイズでダブルロックゲートが赤色に統一されています。視認しやすく、スピーディーな判断を要求される場面で活躍。

クライミングやレスキューシーンにおいても優れた威力を発揮します。クオリティーの高さに加え、比較的お手頃な値段で入手できる、お得なアイテムです。

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ダブルロック
ロックの形式 -
重量 80g

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ダブルロック
ロックの形式 -
重量 80g

oxtos(オクトス)『mountain dax ディスカス ストレートゲート(DK-04616)』

操作性・正確性のよさはレスキューシーンで発揮大

よりカラビナの操作性をアップさせるためゲート背面部分のスパインにはこまかな凹凸を施し、さらに「アンチスリップゲート」を採用しています。これにより正確性も向上。開口部も20mmと大きいので、使いやすさも魅力です。

ゴールドにブルーという2色使いもファッショナブルですね。コストパフォーマンスにすぐれた、高品質なカラビナをお探しの方におすすめです。

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート
ロックの形式 キーロック
重量 44g

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート
ロックの形式 キーロック
重量 44g

Metolius(メトリウス)『Inferno II ワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』

Metolius(メトリウス)『InfernoIIワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』 Metolius(メトリウス)『InfernoIIワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽快なクリッピングを実現するこだわりのデザイン

クライミング関連用品のみにこだわって開発・製造しているアメリカのメーカー、メトリウスのアイテム。スタンダードなサイズ感のカラビナです。「く」の字型のベントゲートで、軽快なクリッピングを可能とします

ノーズ形状は、岩に当たってもゲートが開きにくいよう考慮。シンプルなデザインですが、もちろんCE・UIAA適合の品質です。

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート
ロックの形式 キーロック
重量 36g

カラビナ形状 オフセットD型
ゲートの種類 ストレート
ロックの形式 キーロック
重量 36g

roc'teryx(ロックテリクス)『HMSデコスクリュー RD(AMG13111N)』

お求めやすい価格でビギナーにもおすすめ

ドイツの登山用品メーカー「ロックテリクス」のカラビナです。ゲートが広く、ロープをひっかけやすいHMS型。ノーズがフラットなキーロックで、操作性と強度にすぐれており、ビギナーの方も使いやすい仕様になっています。

直径0.8mmと、標準より0.1mmほど細目のスプリングを採用しているため、パンプした腕でも楽に操作できます。比較的リーズナブルなお値段な点にも注目です。

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 -
ロックの形式 キーロック
重量 75g

カラビナ形状 HMS型
ゲートの種類 -
ロックの形式 キーロック
重量 75g

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Petzl(ペツル)『ジン(M060)』
DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』
MAMMUT(マムート)『Bionic Mythos(2210-01520)』
DMM(ディーエムエム)『ボア HMS(DM0537)』
climbing technology(クライミングテクノロジー)『アクシス スクリューゲート(CT-18314)』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『グリッドロック スクリューゲート(BD10505)』
oxtos(オクトス)『mountain dax オトシンダブル(DK-053)』
oxtos(オクトス)『mountain dax ディスカス ストレートゲート(DK-04616)』
Metolius(メトリウス)『Inferno II ワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』
roc'teryx(ロックテリクス)『HMSデコスクリュー RD(AMG13111N)』
商品名 Petzl(ペツル)『ジン(M060)』 DMM(ディーエムエム)『ビレイマスター(DM0336)』 MAMMUT(マムート)『Bionic Mythos(2210-01520)』 DMM(ディーエムエム)『ボア HMS(DM0537)』 climbing technology(クライミングテクノロジー)『アクシス スクリューゲート(CT-18314)』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『グリッドロック スクリューゲート(BD10505)』 oxtos(オクトス)『mountain dax オトシンダブル(DK-053)』 oxtos(オクトス)『mountain dax ディスカス ストレートゲート(DK-04616)』 Metolius(メトリウス)『Inferno II ワイヤーゲートカラビナ(ME10051)』 roc'teryx(ロックテリクス)『HMSデコスクリュー RD(AMG13111N)』
商品情報
特徴 高耐久で岩場でのクライミングにおすすめ 安全性を考慮しつくした完璧な形状 特大サイズで軽量! 圧倒的な引張強度 すぐれた強度を誇るゲートシステムで安全性を確保 軽量で高い強度を独自の構造で実現 独自の形状でカラビナが回転するのを防ぐ リーズナブルな価格以上の期待ができるクオリティー 操作性・正確性のよさはレスキューシーンで発揮大 軽快なクリッピングを実現するこだわりのデザイン お求めやすい価格でビギナーにもおすすめ
カラビナ形状 オフセットD型 HMS型 HMS型 HMS型 HMS型 HMS型 オフセットD型 オフセットD型 オフセットD型 HMS型
ゲートの種類 ストレート/ベント スクリュー スクリュー デュロ スクリュー スクリュー ダブルロック ストレート ストレート -
ロックの形式 キーロック - キーロック - キーロック - - キーロック キーロック キーロック
重量 45g 93g 80g 109g 80g 76g 80g 44g 36g 75g
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年5月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年4月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山カラビナの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での登山カラビナの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山カラビナランキング
楽天市場:登山カラビナランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

カラビナに関するQ&A よくある質問

question icon寿命は?

answer icon

約10年が目安とされています。カラビナは時に命を預ける道具ですので、耐久性が落ちて劣化したものは使用しないようにしましょう。

question iconカラビナは重さ何キロまで耐えられるの?

answer icon

およそ2.4トン(24キロニュートン)です。それには理由があり、1tがおよそ10kN(1kgf=9.8N)で、人間が落下して約6kN(600kg)以上で負傷し、約12kN(1.2t)で死に至ります。12kNの倍の~24kNとなっているのは、トップロープやリードクライミングで墜落した場合、ロープが約180°折り返している分、一番上のトップロープ支点やクイックドローにかかる力が人間が受けている衝撃荷重の約2倍の力になる(多少の摩擦損失あり)ためです。

登山用カラビナと一緒に使いたいアイテム ロープ、パラコード、スノーシュー

登山愛好家からのアドバイス 登山専用のものを数タイプ常備すると安心

フリーエディター&SUV生活研究家:山崎 友貴

フリーエディター&SUV生活研究家

カラビナは、どんな用途かによって選び方が変わります。フック代わりに使うのであればアクセサリータイプでも構いませんが、クライミング用途であれば専用のものを使う必要があり、同時に耐荷重を調べてから買う必要があります。

また、1種類だけなく、数タイプを用意しておく必要も。とくに安全が重要視されるシーンでは、安全環(ロック)つきカラビナが必要です。最初に買うなら、フリーカラビナの方が使いやすいでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button