スノーシューおすすめ3選|MSR、キャプテンスタッグほか厳選! 軽量・格安モデルも

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スノーシュー リフター付 スノーシュー 29inc キャリーバッグ付 UX-893
出典:Amazon

新雪の上でも足が埋まらず、快適に歩くためのアイテム「スノーシュー」。バックカントリーや本格的な登山に最適です。モンベルやMSR、アトラスといったメーカーをはじめ、平地・傾斜用やヒールリフター機能つきなどさまざまなモデルが販売されています。

本記事では、アウトドアライター・夏野 栄さんと編集部が厳選したスノーシューのおすすめ商品と選び方をご紹介。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

「アウトドア・キャンプ」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。学生の頃から国内海外問わず一人旅に夢中。旅・アウトドア関連グッツに精通している。趣味は筋トレや格闘技。まずは見た目からとモットーにスポーツ用具やウエア選びにも余念がない。

◆本記事の公開は、2019年09月27日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

スノーシューとは?

スノーシュー
Pixabayのロゴ

スノーシューとは、登山やスキー・スノーボードなどで、雪道を歩く際に使用するためのアイテム。スノーブーツなどに取り付けることで使用します。

通常、積もった雪道を歩く際、人の重さで雪が沈み、とても歩きにくいです。しかし、スノーシューを取り付けて歩くことで、雪の上の設置面が広くなり、重さが分散するため、雪の中に沈むことなく歩くことができます。

登山やスキー・スノーボードなどで雪山・雪道を歩く際におすすめのアイテムです。

スノーシューの選び方

 


それでは、スノーシューの基本的な選び方を見ていきましょう。選び方のポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

目的に合わせてタイプで選ぶ


スノーシューには大きく分けてふたつのフィールドを想定したタイプがあります。平坦なフィールドを歩くことを想定したタイプと、登りや傾斜地を想定したタイプです。

まずはどのようなフィールドでスノーシューをはくのかという点を事前に明確にし、マッチするタイプのスノーシューを選びましょう。

平坦地用タイプ|浮力が高く新雪でも歩きやすい

 

ATLASBX ランデブー30 1831902

平坦地用タイプは、平坦な雪道のフィールドを想定し浮力が高く、深い新雪でも効果を発揮してくれます。比較的底面がシンプルなつくりになっており、着脱がかんたんなものが多くそろっています。

価格も安いものが多いため、はじめて購入するという方はこちらがおすすめです。

登山用タイプ|グリップ力にすぐれ傾斜が多い本格的な雪山登山に

 

MSR(エムエスアール) LIGHTNING ASCENT ライトニングアッセント

一方、登山用タイプは浮力が小さい分グリップ力があり、こまかい動きに向いています。底面に「クランポン」と呼ばれる刃がたくさんついており、雪をしっかりとグリップしてくれます。

雪質や荷物を考慮して「サイズ」を選ぶ

スノーシューを履いて登山
Pixabayのロゴ

スノーシューは雪道に設置する面積が大きいほど浮力が大きくなります。そのため自重だけでなく、持ち運ぶ荷物や装備の重さも考慮したサイズを選ぶとよいでしょう。スノーシューには、適合荷重がありますので、購入前はチェックしておくと安心でしょう。

しかし、大きいサイズなら快適かという訳ではありません。サイズに比例してスノーシュー自体も重くなってしまうのでバランスを考慮して選ぶとよいでしょう。

作家/アウトドアライター

新雪を長時間歩くなら大きいサイズがおすすめ

新雪は想像以上にやわらかく歩きづらいものです。そのため長時間新雪の上を歩くような場合には、なるべく浮力がある大きめサイズのモデルがおすすめです。

フレームの「素材」で選ぶ

スノーシューのフレームの素材はアルミとプラスチックが主流です。それぞれの特徴をこちらでは解説していきます。

柔らかな雪質でも歩きやすい「アルミフレーム」

スノーシュー

Photo by Leslie Cross on Unsplash

程よい強度があり、耐久性にも優れたアルミフレームのスノーシューは、軽量で柔らかい新雪でも歩きやすいのが特徴。スノーボードやスキーなどをする際はボード板やスキー板を担がなくてはいけないので、軽量なアルミ製が持ち運びしやすく便利ですよ。

滑りにくく斜面でも使用しやすい「プラスチックフレーム」

プラスチックフレームは滑りにくいのが特徴で、斜面の多い雪山でも活躍してくれる素材です。雪質が異なる山が連なるヨーロッパで発展したフレームであると言われており、ヨーロッパの雪山に似ている日本の雪山でも活躍することでしょう。

最近では、アルミとプラスチックの両方の特徴を併せ持った素材もあるので、あわせてチェックしてみることをおすすめします。

機能面もチェックして選ぶ

スノーシューの機能も購入する前にチェックしておきましょう。どのような機能が充実した方がいいのか事前に考えておくと選ぶ際に活躍しますよ。

ヒールリフター機能をチェック

 

「ヒールリフター」とは踵(かかと)をスノーシューから上げてくれる機能です。スノーシューをはいた場合、踵を浮かせるように登ります。その際、ヒールリフターがつま先に体重をかけやすくし、ふくらはぎへの負担を減らし歩きやすくしてくれます。

バインディングをチェック

 

男性、女性、若者向けの22インチスノーシュー、調整可能なラチェットバインディング付き軽量アルミ合金スノーシューズ+キャリートートバッグ

バインディングとは、スノーシューとブーツを固定するパーツです。ベルト式やラチェット式、ダイヤル式などがあります。雪山では寒さで手がかじかんでしまうということはよくあることですので、着脱のしやすさも考慮するとよいでしょう。

バインディングの仕様もモデルや価格によって異なるため、目的に合わせてチェックしたいポイントです。脱ぎはきが多いバックカントリーやエントリー層は脱ぎはきがらくなラチェット式がおすすめです。

作家/アウトドアライター

雪山を快適に楽しむために

スノーシューの場合、機能と価格はほぼそのまま比例します。せっかくの楽しいスノーハイクや登山の時間を台無しにしないためにも、多少高くても機能が充実したものを選ぶとよいでしょう。できればヒールリフター機能のモデルは最低限おさえておきたいところです。

スノーシューで人気のメーカー・ブランドをチェック

ここからは、スノーシューで人気のメーカーやブランドをピックアップして紹介していきます。それぞれ特徴や機能に違いがありますので、使用用途に合わせて選んでみましょう。

MSR

 

アウトドア製品を多く取り扱い、販売しているMSRは日本でも人気の高いブランドです。MSRのスノーシューはグリップ力が高いため様々な雪質に対応することができます。国内でさまざまな地形の雪山に登りたい方にはおすすめですよ。

ATLAS

 

国内外で人気の高いアウトドアメーカーの「モンベル」で取り扱いのあるATLASは日常生活でも使えるような機能を併せ持っています。女性が扱いやすいような軽量性、柔軟性を加えたラインナップも豊富でメンズ・レディースで履ける商品が多いのが特徴です。

CAPTAIN STAG

 

キャプテンスタッグは40年の歴史があるパール金属の創業者が、アウトドア部門として創設したのが始まり。アウトドアを多数発信するブランドならではの機能が充実したスノーシューを数多く販売しています。柔軟性・耐久性がある素材を使用していて、平坦なフィールドで遊ぶのにピッタリな製品も多いのが特徴。販売価格がリーズナブルな物が多いのでエントリー層にもおすすめです。

スノーシューおすすめ3選


上記で紹介してきた選び方のポイントをふまえて、おすすめのスノーシューを紹介します。ぜひ参考にしてください。

MSR(エムエスアール)『LIGHTNING ASCENT』

MSRエムエスアールライトニングアッセント25インチコバルトブルー MSRエムエスアールライトニングアッセント25インチコバルトブルー MSRエムエスアールライトニングアッセント25インチコバルトブルー
出典:Amazon この商品を見るview item
どんな地形にも対応可能なスノーシュー

急斜面や丘陵、標高の高い雪山までどんな地形にも対応可能なスノーシュー。360°取り囲むトラクションフレームと2本のクロスメンバーを搭載し、グリップ力に優れ、雪面をしっかりとらえます。

3ベルト方式より装着の時間を短縮、靴の固定もカンタンです。

TUBBS(タブス)『FLEX VRT』

TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24) TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24) TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24) TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24) TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24) TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24) TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24) TUBBSタブスFLEXVRT24MEN'SスノーシューX180101901240(24)
出典:Amazon この商品を見るview item
足との一体感を生み出すバインディングシステム

ダイヤルを回すことで、手軽にバインディングを締められるBoaクロージャーシステムを搭載。ブーツの締めつけが均一になるよう設計されているため、足との一体感を実現しているのがポイントです。足とスノーシューに一体感があれば、疲労感も軽減できるのではないでしょうか。

さらに「FLEX TAIL」と呼ばれるかかと部分の設計が、関節への衝撃を緩和します。険しい雪道の歩行にも重宝しそうです。

Compal(コンパル)『アルミ製スノーシュー(L-58)』

深い雪でも沈みにくく歩きやすいスノーシュー

コンパルのスノーシューは、着脱が簡単なラチェット式で軽量のアルミフレーム、ロングデザインで反り上がり仕様のため、雪の上を歩きやすくなっています。

値段もお手頃ですが品質が良く、アルミ部分のゴールドがかっこいいスノーシューです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
MSR(エムエスアール)『LIGHTNING ASCENT』
TUBBS(タブス)『FLEX VRT』
Compal(コンパル)『アルミ製スノーシュー(L-58)』
商品名 MSR(エムエスアール)『LIGHTNING ASCENT』 TUBBS(タブス)『FLEX VRT』 Compal(コンパル)『アルミ製スノーシュー(L-58)』
商品情報
特徴 どんな地形にも対応可能なスノーシュー 足との一体感を生み出すバインディングシステム 深い雪でも沈みにくく歩きやすいスノーシュー
用途 雪上歩行、登山 バックカントリー 雪上歩行
サイズ 22inc/25inc 22、24 21cm×58cm
重量 22inc:1.84kg、25inc:1.91kg 22:1.81 kg、24:2.04 kg 1.78kg
フレーム アルミニウム Flex Deck アルミニウム
バインディング ベルト式 Dynamic Fit BOA -
クランポン - Viper2.0 -
ヒールリフト -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スノーシューの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスノーシューの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スノーシューランキング
楽天市場:スノーシューランキング
Yahoo!ショッピング:スノーシューランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スノーシューの歩き方 スノーハイクを楽しもう!

雪山を登る人

Photo by Pablo Guerrero on Unsplash

■スノーシューの基本的な歩き方■
スノーシューは基本的には普通にあるくのと同じように歩きます。ただし、フレームの幅の分広くなるので左右のスノーシューが接触しないように足を並行に開くのを意識して歩く用にしましょう。八の字や逆八の字になるとスノーシューの前後が接触しやすく、転倒しやすくなってしまうので気を付けましょう。

■スノーシューでの斜面の歩き方■
緩い斜面であれば、スノーシューの足裏についている「クランポン」によってグリップしてくれるのでそのまま歩いて登ることができます。急斜面の場合はつま先で雪面を蹴りこみながら登ります。急斜面歩くようなスノーハイクを計画している場合はヒールリフト付きのものを選ぶようにしてみましょう。

スノーシューに関するQ&A よくある質問

question iconスノーシューとワカンの違いは?

answer icon

ワカンは猟師などが使う日本伝統の道具であるのに対し、スノーシューは西洋で誕生した道具です。また、スノーシューはワカンの倍以上のサイズがあります。

question iconスノーシューは歩きやすい?

answer icon

スノーシューは深雪でもサクサク歩くことができるうえ、勾配でも滑ることなく上ることができます。

question iconスノーシューはどうやって遊ぶの?

answer icon

スノーシューを履かなければ雪にはまってしまうような場所でもスノーシューがあれば雪の上を歩き回ることができます。また、スノーハイクで冬の自然を満喫することができますよ。

スノーシューのほかスノーブーツや登山靴もチェック 関連記事

用途で選ぼう エキスパートからのアドバイス

作家/アウトドアライター

スノーシューはワカンとアイゼンのよいところをミックスさせたような道具です。多くのラインアップのなかで、大きくふたつ(平坦な雪原を歩きやすい浮力の大きなワカンよりのタイプと、アイゼンよりの登りや傾斜地を意識したタイプ)に分けることができます。

まずは、どんなフィールドで使うのか、どんな目的で使うことが多いのかを設定してからスノーシューを選びましょう。

そして、なるべくほしい機能がヒールリフター。頻繁に踵を上げるスノーシューではこの機能があるかないかで疲労が違います。また、さまざまな種類のバインディングがありますが、脱ぎはきが多いバックカントリーやエントリー層は脱ぎはきがらくなラチェット式がおすすめ。

ベルトタイプのメリットは故障の心配が少なく、万一壊れた場合にも予備ベルトを携帯すればかんたんに補修できる点です。

サイズ・ヒールリフター・バインディングをチェック まとめ


本記事では、スノーシューの選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、種類ごとの特徴を抑えた上で、記事冒頭でお伝えしたポイントを抑えておきましょう。

登山やスキー・スノーボードなどで、雪道を歩く際に便利なアイテム。機能面だけでなく、デザインなどもチェックすることで、雪道を歩くことがとても楽しくなりますよ。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部