スノーブーツおすすめ9選【レディース・メンズ・キッズ】ノースフェイスなど人気ブランドも!

スノーブーツおすすめ9選【レディース・メンズ・キッズ】ノースフェイスなど人気ブランドも!

北海道や東北地方など雪がたくさん降る地方に欠かせない「スノーブーツ」。スキーやスノーボード、キャンプなどアウトドアシーンでも活躍します。本記事では、スノーブーツの選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。


目次

山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
AMOJI(アモジ)『スノーシューズ』
SOREL(ソレル) 『ブリザードXT(NM2141)』
カミック『ネーションプラス』
マムート『ブラックフィンⅡハイWP』
Caravan(キャラバン)『 スノーキャラバン(SHC_10)』
UGG(アグ)『PALOMAR SNEAKER(パロマー スニーカー)』
DoCLASSE(ドゥクラッセ)『fitfit ウインタースキップIII』
第一ゴム『シェブリー スノーブーツ(W85)』
POOKIES(プーキーズ)『スノーブーツ(PK-EB510 )』
商品名 AMOJI(アモジ)『スノーシューズ』 SOREL(ソレル) 『ブリザードXT(NM2141)』 カミック『ネーションプラス』 マムート『ブラックフィンⅡハイWP』 Caravan(キャラバン)『 スノーキャラバン(SHC_10)』 UGG(アグ)『PALOMAR SNEAKER(パロマー スニーカー)』 DoCLASSE(ドゥクラッセ)『fitfit ウインタースキップIII』 第一ゴム『シェブリー スノーブーツ(W85)』 POOKIES(プーキーズ)『スノーブーツ(PK-EB510 )』
商品情報
特徴 コスパにすぐれた一足 丈が長く、雪に対応する“長靴” 脛まで靴紐で締め、フィット感は上々 細身でも丈は長く、深い雪もOK 防水性も高く、暖かくなってきた春先にも 完全防水でどんな環境でも歩きやすい 履き心地を追求したスマートな2WAYブーツ 日本製のスパイクブーツで寒い冬でも安心 完全防水のオールシーズン対応ブーツ
サイズ 24.0〜27.0cm 25cm〜29cm 25cm〜29cm EU 36 2/3-UK4.0~EU 48 2/3-UK 13.0 22cm〜29cm 22.0~26.0cm S、M、L、XL 22.5~25.0cm 15.0~16.0cm、17.0~18.0cm、19.0~20.0cm、21.0~22.0cm、23.0~24.0cm
重量 350g(片足) 840g(片足・目安) 約820g(片足) 730g 約630g(26.0cm・片足・標準) 310g (22.0cm、片足) 約325g(M) 565g(23.0cm、片足)
素材 アッパー:撥水素材、ライニング:ダウンボア アッパー:メンブレン裏貼りテキスタイル、9mmOHインナーブーツ、フットベッド:9mm フェルト ほか アッパー:防水加工スエードレザー、ナイロン、ライニング:取外し可能シンサレート™、ボトム:防水加工フレキシブルラバー ほか ファブリック: Synthetisches Leder、PU Protection ほか ポリエステル+合成皮革アッパー、EVAミッドソール、滑り止めドット付きラバーアウトソール(C1ブロック) ほか アッパー:防水スエード、ライニング:天然ウール、インソール:フォーム、アウトソール:EVA 素材:合成繊維・合成皮革(裏素材:ボア)、本底:合成ゴム・EVA 合成ゴム 合成ゴム、ポリエステル、ソールEVA底
対応温度 - -40℃(目安) -40℃ -25℃ - -32℃
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月14日時点 での税込価格

スノーブーツのおすすめブランド! 人気メーカーを厳選!

いろいろなメーカーがスノーブーツを取り扱っています。まずは、人気ブランドを紹介します!

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

ノースフェイスは国内外問わず大人気のアウトドアブランド。中でもスノーブーツの定番モデル「「ヌプシ」は、防水性や保温性に優れており人気の商品です。日常からアクティブシーンまで多用途で活躍できるので1足あると便利に使うことができます。デザイン性にも優れているので、上から下までノースフェイスのアイテムで揃えてもおしゃれに着こなすことができます。

>> 楽天市場で詳細を見る

コロンビア

コロンビアはアメリカ発のアウトドアブランドです。高レベルの保温性を発揮する「オムニヒート」や防水性能に優れた「ウォータープルーフ」「オムニテック」などさまざまなテクノロジーを兼ね揃えた機能性の高さが魅力のアイテムが揃ってます。

>> Amazonで詳細を見る

SOREL(ソレル)

ソレルは1962年に設立されたスノーブーツの代表的ブランドです。「機能」と「ファッション」の両立を追求し、足元を支えるパートナーとして多く人に愛されています。ショートブーツからロングブーツまで多くの商品があるので、気になる方はチェックしてみてください。

>> Amazonで詳細を見る

スノーブーツおすすめ8選|レディース・メンズ 防水&軽量で滑らない!

それでは、山岳アウトドアプロデューサーの高橋庄太郎さんと編集部で厳選したスノーブーツのおすすめ商品を紹介します!

AMOJI(アモジ)『スノーシューズ』

[アモジ]メンズスノーシューズレディーススノーブーツブーツショートブーツ冬用スニーカー秋撥水防寒冬あったかボアモコモコファー暖かいめんずすのーぶーつれでぃーすYF802黒ブラック/ブラック28.0cm [アモジ]メンズスノーシューズレディーススノーブーツブーツショートブーツ冬用スニーカー秋撥水防寒冬あったかボアモコモコファー暖かいめんずすのーぶーつれでぃーすYF802黒ブラック/ブラック28.0cm [アモジ]メンズスノーシューズレディーススノーブーツブーツショートブーツ冬用スニーカー秋撥水防寒冬あったかボアモコモコファー暖かいめんずすのーぶーつれでぃーすYF802黒ブラック/ブラック28.0cm [アモジ]メンズスノーシューズレディーススノーブーツブーツショートブーツ冬用スニーカー秋撥水防寒冬あったかボアモコモコファー暖かいめんずすのーぶーつれでぃーすYF802黒ブラック/ブラック28.0cm [アモジ]メンズスノーシューズレディーススノーブーツブーツショートブーツ冬用スニーカー秋撥水防寒冬あったかボアモコモコファー暖かいめんずすのーぶーつれでぃーすYF802黒ブラック/ブラック28.0cm [アモジ]メンズスノーシューズレディーススノーブーツブーツショートブーツ冬用スニーカー秋撥水防寒冬あったかボアモコモコファー暖かいめんずすのーぶーつれでぃーすYF802黒ブラック/ブラック28.0cm [アモジ]メンズスノーシューズレディーススノーブーツブーツショートブーツ冬用スニーカー秋撥水防寒冬あったかボアモコモコファー暖かいめんずすのーぶーつれでぃーすYF802黒ブラック/ブラック28.0cm

出典:Amazon

コスパにすぐれた一足

豪雪地帯ではないけれど毎年1回は雪が降る……、という方にうれしい、コスパにすぐれた一足。めったに降らない雪でも、急に降り出したときにスノーブーツがあると安心ですよね。

比較的リーズナブルですが、アッパーは強力撥水素材を使用。ライニングにはダウンボアを使用しているので軽さとあたたかさを両立させています。アウトソールも滑りづらく、雪道を安心して歩くことができます。とりあえずスノーブーツがほしい! という方は試してみる価値ありの一足です。

SOREL(ソレル) 『ブリザードXT(NM2141)』

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

丈が長く、雪に対応する“長靴”

リサイクルフェルトを使ったインナーブーツを、水濡れに強いアウターブーツに重ねて使う2重構造です。内部が湿ったときはインナーを外して乾かせるので、連日快適に使うことができます。

ソールの素材は、弾力性が高くて滑りにくいラバータイプ。同じ素材が足裏だけではなく足全体を覆っていて、保温性と防水性を向上するのに貢献しています。

ブーツの開口部はかなり広く、分厚い生地のパンツの裾も入るのがポイント。深い雪のなかでも長靴感覚で使える一品です。

カミック『ネーションプラス』

カミック【KAMIK】ネーションプラス【NATIONPLUS】ウィンターブーツ・防寒雪用ブーツ カミック【KAMIK】ネーションプラス【NATIONPLUS】ウィンターブーツ・防寒雪用ブーツ

出典:楽天市場

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

脛まで靴紐で締め、フィット感は上々

アッパーのスウェード、ソール上のラバー部分は防水加工が施されているので、溶け出した雪の中でも快適なスノーブーツです。地面から30cm近い高さのアッパーは、上部まで靴紐で締めつけることができます。

ブーツ内で足がぶれることがないので、滑りやすい雪面でも歩行が安定します。また、ブーツ内部には「シンサレート」という化繊を使った保温材で作られたインナーがあり、取り外しも可能。ブラウンとブラックというシックなカラーリングも魅力的です。

マムート『ブラックフィンⅡハイWP』

Raichle/MammutBlackfinIIHighWPMenblack/silverEU402/3-UK7,0 Raichle/MammutBlackfinIIHighWPMenblack/silverEU402/3-UK7,0 Raichle/MammutBlackfinIIHighWPMenblack/silverEU402/3-UK7,0 Raichle/MammutBlackfinIIHighWPMenblack/silverEU402/3-UK7,0 Raichle/MammutBlackfinIIHighWPMenblack/silverEU402/3-UK7,0 Raichle/MammutBlackfinIIHighWPMenblack/silverEU402/3-UK7,0 Raichle/MammutBlackfinIIHighWPMenblack/silverEU402/3-UK7,0

出典:Amazon

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

細身でも丈は長く、深い雪もOK

保温材をたっぷりと使ったスノーブーツには、ルックスにボリューム感があるタイプが多いのですが、これは一般のトレッキングブーツのように細身のスタイル。見える部分に金属パーツを使わないシンプルなデザインで、日常生活でも大きな違和感はなく使えます。

重要な保温材には湿り気に強いシンサレートが使われ、アッパーは完全防水です。

アッパーの丈も長く、上部までしっかりフィットするため、深い雪のなかでも活躍してくれるスノーブーツです。

Caravan(キャラバン)『 スノーキャラバン(SHC_10)』

[スノーキャラバン]釣具0023010#190ブラック29.0cm [スノーキャラバン]釣具0023010#190ブラック29.0cm [スノーキャラバン]釣具0023010#190ブラック29.0cm [スノーキャラバン]釣具0023010#190ブラック29.0cm [スノーキャラバン]釣具0023010#190ブラック29.0cm [スノーキャラバン]釣具0023010#190ブラック29.0cm [スノーキャラバン]釣具0023010#190ブラック29.0cm

出典:Amazon

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

防水性も高く、暖かくなってきた春先にも

一見、丈が長めのトレッキングブーツと思うかもしれません。しかし、内側にはウールを混ぜたフリース素材を張り、とくに冷えやすいつま先にはシンサレートの中綿を使用した保温性重視のスノーブーツです。

さらに、アッパーの裏側にはゴアテックスも使われており、防水対策も万全。気温がそれほど低くなく、溶けはじめた雪のなかでも安心して使うことができます。

ラバーを使ったソールは、深いミゾを持つと同時にドット状の細かな凹凸もつけられ、滑りにくさも特長です。

UGG(アグ)『PALOMAR SNEAKER(パロマー スニーカー)』

[アグ]ブーツスニーカーPALOMARSNEAKERブラック23cm [アグ]ブーツスニーカーPALOMARSNEAKERブラック23cm [アグ]ブーツスニーカーPALOMARSNEAKERブラック23cm [アグ]ブーツスニーカーPALOMARSNEAKERブラック23cm [アグ]ブーツスニーカーPALOMARSNEAKERブラック23cm [アグ]ブーツスニーカーPALOMARSNEAKERブラック23cm [アグ]ブーツスニーカーPALOMARSNEAKERブラック23cm

出典:Amazon

完全防水でどんな環境でも歩きやすい

多彩なシーンで活用できる完全防水のスノーブーツ。ブーツとスニーカーを合わせたタイプのため、歩きやすいのが特徴です。さまざまなユーザーのニーズにもしっかり対応。

スニーカーの持つクッション性とブーツの持つ防水性・断熱性は寒い冬に重宝します。デザインもすてきなので日常使いにも、冬山でのアウトドアにもしっかり活用できます。

DoCLASSE(ドゥクラッセ)『fitfit ウインタースキップIII』

履き心地を追求したスマートな2WAYブーツ

内側が二重構造になっており防水加工をしているブーツ。雨や雪などの浸水を防ぎ暖かさが続きます。ブーツの底の溝は深めで滑りのを防ぎ、ミッドソールはしなやかさと柔軟性がありとても動きやすい設計。

折り返すとファーブーツのように使えるので気分やファッションに合わせて変えられるのもうれしいですよね。

第一ゴム『シェブリー スノーブーツ(W85)』

[ダイイチゴム]ブーツ第一ゴム北海道防寒ウィンターブーツシェブリースエードW85日本製ブラックスエードレディース(23.5cm) [ダイイチゴム]ブーツ第一ゴム北海道防寒ウィンターブーツシェブリースエードW85日本製ブラックスエードレディース(23.5cm) [ダイイチゴム]ブーツ第一ゴム北海道防寒ウィンターブーツシェブリースエードW85日本製ブラックスエードレディース(23.5cm) [ダイイチゴム]ブーツ第一ゴム北海道防寒ウィンターブーツシェブリースエードW85日本製ブラックスエードレディース(23.5cm) [ダイイチゴム]ブーツ第一ゴム北海道防寒ウィンターブーツシェブリースエードW85日本製ブラックスエードレディース(23.5cm) [ダイイチゴム]ブーツ第一ゴム北海道防寒ウィンターブーツシェブリースエードW85日本製ブラックスエードレディース(23.5cm)

出典:Amazon

日本製のスパイクブーツで寒い冬でも安心

北海道の小樽にある企業が開発。雪国の過酷な環境にも耐えられるよう開発された日本製の安心できるスノーブーツです。ダブルスパイク底でどんな路面でも滑らない性能を発揮します。

見かけはブーツのように見えますが防水機能を備えています。長靴のような防水力を発揮し、かつダブルスパイクが転倒を防止してくれます。真冬の安全な移動をサポートしてくれるアイテムです。

スノーブーツおすすめ1選|キッズ向け 親子で揃えることも

暖かくて安全に配慮されたキッズ向けのスノーブーツをご紹介します。

POOKIES(プーキーズ)『スノーブーツ(PK-EB510 )』

[プーキーズ]子供用スノーブーツ超軽量完全防水全面ボア張り脱着可能PK-EB510NピンクN15.0~16.0cm [プーキーズ]子供用スノーブーツ超軽量完全防水全面ボア張り脱着可能PK-EB510NピンクN15.0~16.0cm [プーキーズ]子供用スノーブーツ超軽量完全防水全面ボア張り脱着可能PK-EB510NピンクN15.0~16.0cm [プーキーズ]子供用スノーブーツ超軽量完全防水全面ボア張り脱着可能PK-EB510NピンクN15.0~16.0cm [プーキーズ]子供用スノーブーツ超軽量完全防水全面ボア張り脱着可能PK-EB510NピンクN15.0~16.0cm [プーキーズ]子供用スノーブーツ超軽量完全防水全面ボア張り脱着可能PK-EB510NピンクN15.0~16.0cm [プーキーズ]子供用スノーブーツ超軽量完全防水全面ボア張り脱着可能PK-EB510NピンクN15.0~16.0cm

出典:Amazon

完全防水のオールシーズン対応ブーツ

見た目も暖かそうなボア・インナーがついているキッズ用スノーブーツ。ボア・インナーは取り外しが可能です。暖かい季節になったらボア・インナーを取り外して、レインブーツとしてオールシーズン使用できるのも便利です。

EVA素材を使っているので、軽いうえに滑りにくく季節問わず履けます。カラーが豊富なので、複数購入して洋服に合わせて使い分けることもできます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スノーブーツの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスノーブーツの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スノーブーツランキング
楽天市場:スノーブーツランキング
Yahoo!ショッピング:スノーブーツランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スノーブーツの選び方 保温性と防水性、形状・サイズ

それでは、スノーブーツの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の7つ。

【1】ブーツの丈で選ぶ
【2】保温性で選ぶ
【3】防水性で選ぶ
【4】アウトソールの形状で選ぶ
【5】サイズはぴったり足に合うものを選ぶ
【6】開口部が広めなら脱ぎ履きしやすい
【7】おしゃれするならコーデしやすいデザインを


上記の7つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ブーツの丈で選ぶ

 

スノーブーツは、丈の短いショートブーツ、丈が長めのミドルやロングブーツがあります。

丈が短いものは、保温性に劣り雪が入りやすいことがデメリットですが、足さばきがよいので簡単に脱ぎ履きできて、行動しやすいのがメリットです。

丈が長いものは、保温性が高いことに加え、ブーツ内への雪の侵入も防ぐことができます。ただ、少し重いのがデメリットです。

ミドル丈であれば、ショートブーツとロングブーツの中間にあたるので、どちらのメリットも兼ね揃えています。オールラウンドに使いやすいので、はじめて購入する方にはおすすめです。

【2】保温性で選ぶ

 

スノーブーツには化学繊維やウールといった保温材が使われ、これらの質や量などで温かさが変わります。ただ、保温材の量が多ければ温かくなりますが、その分重くなって歩きにくいので、履く場面に合わせるのがおすすめです。

▼ブーツのインナーには保温素材のものを

スノーブーツの保温性は、ブーツの内側にあるインナーの素材が重要なポイントになります。保温性が高い素材はボアやニットなど。雪で冷えた足を入れたときの快適性にすぐれています。

また、オムニヒートやアウトラストなども保温性にすぐれた素材です。人間の体熱を利用して保温性を高めるのがオムニヒート。ブーツ内を快適に保つ保温調整する素材がアウトラストです。

【3】防水性で選ぶ

 

防水性も考慮しなければならない要素のひとつです。極低温で使うスノーブーツであれば、雪がない時期に使うシューズほど防水性を重要視する必要はありません。

というのも、極低温の野外では、ブーツまわりの雪はつねに凍りついたままブーツの表面に付着しているだけ。溶けて水になり、水分が浸透することがあまりないのです。そのため、防水性が低いから低性能というわけではありません

▼生活防水と完全防水の違い

スノーブーツの防水性には「日常生活防水」と「完全防水」の2種類があります。それぞれの違いを知っておくと選ぶときの参考になります。

日常生活防水のブーツは日常的に履けるもので、普通の雨程度なら利用可能です。防水性はやや劣りますが、中が蒸れないのが特徴。

完全防水のブーツはアウトドアなどで雪の中を歩くときに使用します。防水性が高いので蒸れやすいですが、大雪でも大丈夫です。

【4】アウトソールの形状で選ぶ

一般的に、スノーブーツのアウトソールに刻まれているミゾはかなり深く、雪中で滑りにくいように細かな凹凸もつけられています。柔らかな雪面を中心に歩く場合は、それだけで充分なグリップ力を生み出すことができます。

しかし、ツルツルに凍結した雪面でも履くような場合に、深いミゾは向きません。凍結した場所には、むしろミゾが浅く、雪面に密着する面積が広いタイプのソールのほうが安定することがあります。

近年は氷の上でも滑りにくい特殊素材を使ったソールもあるので、状況に合わせてこういったタイプのスノーブーツを試してみるのも選択肢のひとつです。

▼滑りにくい素材と形状のソール

 

スノーブーツのソールに適している素材はラバーです。弾力性がありながら防滑性にすぐれており、雪道でもしっかり歩行できます。ラバー以外では合成樹脂のEVAやヴィブラムなどのソールメーカーブランドもおすすめ。

ソールの形状はラグソールタイプが適しており、深い溝と凹凸で雪道をしっかりグリップします。選ぶときはソールの形状も大事なポイントです。

▼寒冷地ではスパイクつきを

 

雪の中よりも滑りやすいのは氷の上です。寒冷地では雪が凍って路面凍結することが多いので、スノーブーツも慎重に選んでください。

凍りついた道を歩くときにおすすめなのがスパイクつきのソールです。スパイクは金属製のものや、樹脂に金属ピンが埋め込まれているタイプなどがあります

雪と違って氷の路面をグリップするには、スパイクの力が必要です。

【5】サイズはぴったり足に合うものを選ぶ

スノーブーツを履いた女性の足元
Pixabayのロゴ

スノーブーツが保温力をもっとも発揮するのは、ジャストサイズを選んだときです。窮屈なものは足の血行を阻害し、冷えの大きな原因となるので注意しましょう。逆に、緩すぎるものは足とブーツのあいだに余分な空間を生みます。保温材が温まりにくくなり、せっかくの温まった暖気も流出してしまい逆効果です。過不足ないサイズのスノーブーツを選ぶようにしてください。

アウターとインナーが分かれた2重構造のスノーブーツは、暖かいものの、フィット感の面では少し落ちるのがデメリットです。

試し履きの際には保温力が高い厚手のソックスを着用したうえで、自分の足にぴったり合うものを探してください。

【6】開口部が広めなら脱ぎ履きしやすい

 

足を入れるときに楽なのは、開口部が広いデザインのスノーブーツです。フィット感は落ちてしまうものの、パンツの裾もいっしょにブーツ内に入れられます。

開口部が狭いデザインのスノーブーツは、分厚いソックスを履いているとブーツ内に足を入れにくく、履く際には少々ストレスを感じるかもしれません。しかし、一般的なブーツのようにフィット感がよく、行動しやすいでしょう。

【7】おしゃれするならコーデしやすいデザインを

 

雪道やアイスバーンを歩くには機能性にすぐれたブーツが必要ですが、おしゃれなデザインのものも増えています。
冬のファッションを楽しむなら、機能性が高くコーデしやすいスノーブーツ
を選んでください。

最近は機能性にすぐれたアウトドア用ブーツをタウンユース用として履きこなすおしゃれも人気です。ファッション重視ならコーデしやすいスノーブーツを選びましょう。

購入後は、保温力をキープする履き方を 山岳アウトドアプロデューサーのアドバイス

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

せっかくスノーブーツを手に入れても、適当な使い方をしていると、本来の保温性が発揮されません。保温力を損ねる大敵は、ブーツ内の濡れと湿気です。大前提として、ブーツには完全に乾燥しているソックスを合わせましょう。

歩行中に注意したいのは、スノーブーツと足の隙間から雪が入らないようにすること。それでも足にかいた汗でブーツ内は少しずつ湿っていきますので、使用後はしっかりと乾燥させましょう。とくに数日間連続して履くようなときは毎日の乾燥がとても重要です。

冬にぴったりのアイテムもご紹介! 関連記事

雪の日の外歩きや雪遊びが大好きな子どもたちにとって、スノーブーツはとても大切な防寒グッズのひとつです。購入するとなると防水性や防寒性の高さ、安全性など、気になる点がたくさんありますよね。この記事ではそんな子ども用スノーブーツの選び方を解説し、足と靴のカウンセラーの青山まりさんと編集部が選んだ、...

雪山登山やスキー場ではもちろん、釣り、キャンプ、ゴルフ、街中など、朝晩の気温が下がるシーンでも大活躍するダウンパンツ。羽毛がもつ空気の層であたたかさをキープしてくれて、とても重宝します。本記事では、ダウンパンツを選ぶときのポイントを解説し、おすすめの商品ををご紹介します。

雪山の登山では、登山靴の機能が重要です。本記事では雪山シーンや登山スタイルに適した靴を選ぶポイントとおすすめ登山靴をご紹介します。安全に雪山登山を楽しむために、自分に合った適切な登山靴を見つけてみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

豆柴をこよなく愛する20代編集者。主に『美容・食品』を担当。自信を持っておすすめできる物を紹介するため、日々、奮闘中。趣味は、旅行と食べること。美味しい物には目が眩み、ついつい食べ過ぎ後悔に襲われる。プライベートでは、47都道府県制覇と豆柴を飼うことが目標である。

関連する記事


【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ5選|ローカット・ミドルカット

【アウトドアライターが選ぶ】ローカットトレッキングシューズおすすめ5選|ローカット・ミドルカット

山歩き専用の靴であるトレッキングシューズ。山を歩くことに特化しているため、1足持っているとトレッキングを快適に楽しむことができます。しかし、さまざまな機能をもつ商品があるため、どんなものを購入したらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに聞いた、ローカットトレッキングシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

トレッキングシューズおすすめ14選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

トレッキングシューズおすすめ14選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

登山やアウトドアキャンプで使うトレッキングシューズ。足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテムです。本記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんと編集部が厳選したおすすめのトレッキングシューズと選び方のポイントを紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , レディースブーツ , メンズブーツ

沢登り用靴おすすめ11選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢登り用靴おすすめ11選│ソールの種類や形状をチェック【定番のモンベルやキャラバンほか】

沢を進み、滝の水を浴びながら岩に挑む沢登り。爽快な冒険気分を味わえる一方で危険を伴うため、足を支える「沢登り靴」選びは重要です。ただ、沢靴と沢足袋(たび)のどちらがいいのか、ソールはフェルトかラバーかなど、選択肢が多くて迷ってしまいます。本記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が、沢登り用靴の選び方とおすすめ11選をご紹介します。ぴったりの一足を選んで沢での冒険を楽しみましょう!

tag icon 靴(登山・トレッキング用) , レディース靴 , メンズ靴

チョークバッグおすすめ13選|クライミング・ボルダリングにピッタリの商品を紹介

チョークバッグおすすめ13選|クライミング・ボルダリングにピッタリの商品を紹介

クライミングやボルダリングに欠かせないチョークバッグ。実は、チョークにかぎらず、ちょっとした小物を持ち運びできます。そのため、普段使いにも便利です。機能性やデザインも豊富なので、どれを選べばいいか迷ってしまう方もいるのでははいでしょうか?本記事では、チョークバッグの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半にはおすすめ商品の比較一覧表やAmazonの最新人気ランキングのリンクも載せていますので、売れ筋や口コミ・評判もあわせてチェックしてみてください。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

アウトドア高機能グローブおすすめ15選|キャンプ・登山・スポーツまで用途別に紹介

アウトドア高機能グローブおすすめ15選|キャンプ・登山・スポーツまで用途別に紹介

キャンプや登山、ウィンタースポーツなどの野外活動で大切な手を守ってくれるのが、アウトドア用高機能グローブ。キャンプ用から登山用、ウィンタースポーツ用と、様々な種類があり、各用途に合わせてポイントを抑えて選ぶことが大切です。本記事では、アウトドア高機能グローブについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。アウトドア高機能グローブの機能についても解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ , 冬のレジャー

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。