登山におすすめの30L前後バックパック11選│サイズ・フィット感・重量・容量で選ぶ!

登山におすすめの30L前後バックパック11選│サイズ・フィット感・重量・容量で選ぶ!
フリーエディター&SUV生活研究家
山崎 友貴

自動車雑誌編集長を経て、フリーの編集者に。登山やクライミングが趣味で、アウトドア雑誌「フィールダー(笠倉出版社刊)」にて連載中。悩みは増え続けるアウトドア用品などの遊び道具の収納場所で、愛車のJeepラングラーもすっかり倉庫代わりに。昨今は車中泊にもハマり、住居をキャンピングカーに変えるか真剣に悩み中。

登山用バックパックは、登山を快適にしてくれるマストアイテム。多くのモデルが展開されていますが、フィット感、サイズ、パッキングのしやすさ、通気性などは各商品により異なります。そこで、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が登山用30Lバックパックの選び方、ザ・ノース・フェイスやミレーなどおすすめの商品を紹介します。記事後半には、バックパックのお手入れ方法、上手な詰め方、コスパがいい使い方、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、自分にぴったりの登山用バックパックを見つけてくださいね!


はじめてでも安心な容量30L前後のバックパック 日帰りや1泊の登山で便利

黒いバックパックを背負って登山をする黄色い上着を着た男性。
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ウエストベルトや身長にあっているかを見てみましょう。

バックパックはザックやリュックとも呼ばれ、登山や旅行からふだん使いまで幅広く利用されています。30Lのバックパックはおもに、日帰りの登山や山小屋泊1泊の登山などに使用。日帰り登山でも防寒着や雨具などが必要になるため、30Lの容量があると安心。

また、旅行や出張などにも使えるサイズなので持っておくとたいへん便利で、登山初心者が購入するのにおすすめです。

登山におすすめの30L前後バックパックの選び方 フィット感、収納性、雨カバーの有無、重さで比較

登山用の30Lバックパックを選ぶ際に大切なのがフィット感、収納性、軽量さなど。また、雨天時にはレインカバーがあると重宝します。

ここでは基本的なバックパックの選び方についてご紹介します。

自分の体にフィットするものを 快適な登山のために!

登山を快適にするには、バックパックがからだにフィットしていることが重要です。フィットさせるために必要な背面長のサイズ、ウエストハーネスなどについて解説します。

首から腰までの長さ(背面長)にあわせてサイズを選ぼう

背面長とは、首のつけ根から腰骨の上端までの長さのこと。ひとつのバックパックモデルに対し、XS・S・M・Lなど複数のサイズが用意されていますので自分の背面長に合ったサイズのものを選びましょう

選ぶときは、メーカーによって各サイズの具体的な背面長の数値が異なりますので、サイズチャートなどで確認してください。男女別になっているメーカーであれば、自分の性別に合ったものを選ぶとなおフィットするでしょう。

ウエストベルトがあれば安定感増!

ウエストベルトを装着すると、バックパックの荷重を腰で支えることができるため、背負ったときの負担を減らすことができます。ウエストベルトはメーカーによりヒップベルトなどとも呼ばれます。

ウエストベルトの中心部が腰骨の出っ張りに合うようにセットすると、重心が分散されるため、疲労も軽減されます。自分の体に合ったところにくるかチェックするようにしましょう。

メンズ・レディース展開があれば選びやすい

バックパックには男女兼用モデルもあれば、メンズ、レディースを別々に展開しているモデルもあります。ショルダーハーネスが肩の位置にくる、ウエストハーネスが腰骨の出っ張り部分に合うなど、バックパックは体に合うものを選ぶことが大切です

別々に展開されているモデルを選んで自分の性別用から選ぶと、より体にフィットするものを見つけられるでしょう。

バックパック内の仕切りは荷物の内容に応じて 仕切られていないのが一気室、上下でわかれているのが二気室

バックパックには収納部分に仕切りのない一気室タイプと、上下に分かれ二層式になった二気室タイプがあります。二気室タイプは荷物を整理しやすい、取り出しやすいというメリットがあります。ただし、それぞれの収納部分が小さくなるため、寝袋などの大型荷物が収納できない場合も。

宿泊をともなう登山が多い場合は一気室に、日帰り登山で大きな荷物がない場合は二気室を選ぶといいですね。なお、なかには側面から内部にアクセスできるタイプや、一気室にも二気室にもできるタイプもあります。

雨カバーの有無もチェック 突然天候が変わっても安心

山の天気は変わりやすく、登山中に雨が降ることもあります。バッグパックは軽量化のため防水加工がされていないものが多く、雨ぶたも荷物を濡らさない点では心もとないことも。

専用の雨カバーが付属していれば安心ですが、別売りのものを購入して装着することもできます。商品に雨カバーがついているか確認しましょう

シンプルで軽量なものが負担にならずラク 必要な機能を見極める

登山中は重い荷物を背負って歩くため、負担を軽減するためにほとんどの登山用バックパックは軽量化されています。ただし、金属製の背面フレームで耐久性を強化している、ベルトや背面バッドのクッションを向上させているなど、機能が増えるほどに重くなります。

逆に、超軽量のものは背面のクッションが薄く、荷物を入れたときにデコボコして背負いにくく余計に負担になってしまうことも。自分に不要な機能はできるだけ少なく、軽量なバックパックを選ぶことが大切です。

日常使いなら気室の多いものが便利、登山用にはクッション入りベルトを 登山愛好家からのアドバイス

フリーエディター&SUV生活研究家

30Lのザックは、もっとも汎用性の高いサイズです。日帰り登山や1泊2日の山小屋泊の山行に、さらに普段使いもこなしてくれます。二〜三気室あるモデルを選ぶと、日常ならPCやステーショナリーなどを分類できますし、登山なら食料や水、衣類、雨具などを仕分けて収納できます。

タウンユースのモデルはショルダーやヒップのベルトは簡易的なものですが、登山に使うならクッションが入った厚手のものを選びましょう。

登山におすすめの30L前後バックパック7選 背面長の調整ができて疲労軽減、荷物の大仕入れがかんたんなど

ここでは男性におすすめのバックパックをご紹介します。なかにはユニセックスタイプもあり、サイズ展開が複数あるものもあります。

自分に必要な機能が搭載されているバックパックを見つけてくださいね。

フリーエディター&SUV生活研究家

OSPREY(オスプレー)のザックは、どのサイズも機能性にすぐれているのが特徴です。『ケストレル 28(OS50152)』も、トレッキングポールをスピーディに固定できるアタッチメントやサイドアクセスができるなど、非常に使いやすいモデルです。

『ズール30』は、ザック界のロールスロイス「GREGORY(グレゴリー)」のパネルローダータイプです。背面の通気性やベルトの快適性はさすが。荷物を収納した時の美しさも、このザックの美点です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OSPREY(オスプレー)『ケストレル 28(OS50152)』

OSPREY(オスプレー)『ケストレル28(OS50152)』 OSPREY(オスプレー)『ケストレル28(OS50152)』 OSPREY(オスプレー)『ケストレル28(OS50152)』 OSPREY(オスプレー)『ケストレル28(OS50152)』 OSPREY(オスプレー)『ケストレル28(OS50152)』 OSPREY(オスプレー)『ケストレル28(OS50152)』 OSPREY(オスプレー)『ケストレル28(OS50152)』

出典:Amazon

容量 S/M:26L、M/L:28L
背面長 -
ラインアップ メンズ
重量 S/M:1.18kg、M/L:1.24kg
ウエストベルト あり

背面長が調整できるから登山の疲労が軽減できる!

アメリカ生まれで、小型~大型までさまざまな高性能な登山用バックパックを製造するオスプレーの登山30Lバックパックです。背面には通気性のいいエアースケープバックを採用し、長さを調整できるのが特徴です。

自分にぴったりの背面長にできるので、背負い心地がいっそう快適になるでしょう。フロントパネルにはストレッチ性のあるポケットがついているため、脱いだ上着や濡れたタオルなどの出し入れがかんたん。

ウエストベルトにはジッパーつきポケットがあるので、スマートフォンや飴、ティッシュなどの小物の収納に便利です。さまざまな機能を備えつつ良心的な価格で、日帰り登山におすすめのバックパックです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GREGORY(グレゴリー)『ズール30』

GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』

出典:Amazon

容量 S/M:28L、M/L:30L
背面長 S/M:38~46cm、M/L:46~56cm
ラインアップ メンズ
重量 S/M:1.19kg、M/L:1.21kg
ウエストベルト あり

U字ジッパーで荷物の出し入れがかんたん!

フィッティングを重要視して、高品質な製品を南カリフォルニアで生産しているバックパックの専門会社・グレゴリーの登山30Lバックパック。

背面長を調整できるため、自分にあったサイズに調整できるのが特徴です。さらに、バックパネルは通気性も高く、フィット感のよさと蒸れにくさは背負ったときの負担を軽減してくれるでしょう。

メインの入り口は上から下まで開くU字ジッパーのため、衣類などの大きな荷物の出し入れがかんたんなのもポイント。ウエストベルトには特大ポケットがついていて、携帯電話やカメラなどを収納するのに便利です。登山やキャンプなど幅広く活用できるでしょう。

MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』

MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5(MIS0640)』

出典:Amazon

容量 M:30+5L、L:30+5L
背面長 M:48cm、L:51cm
ラインアップ メンズ
重量 M:1.5kg、L:1.5kg
ウエストベルト あり

初心者でもパッキングがしやすく背負い心地もいい

1921年にフランスで創立された、山岳向けのテクニカルな製品開発をおこなうミレーの登山用30Lバックパック。背面がフラットになっていて、ウエストベルトが広く覆ってくれるため荷重の分散がしやすい点が特徴です。

二気室仕様なので登山初心者でもパッキングがしやすく、ファスナーの開閉により一気室に変更ができる自由度の高さも魅力。本体は型崩れしにくく、体の中心に重心がくる背負い心地は、登山の疲れを軽減してくれるでしょう。

付属のレインカバーにはストラップがついているため、バックパック本体に取りつけておけば強風時にもあわてずにカバーを装着することができるところもポイントです。

deuter(ドイター)『フューチュラ 30(D3400718)』

deuter(ドイター)『フューチュラ30(D3400718)』 deuter(ドイター)『フューチュラ30(D3400718)』 deuter(ドイター)『フューチュラ30(D3400718)』 deuter(ドイター)『フューチュラ30(D3400718)』 deuter(ドイター)『フューチュラ30(D3400718)』 deuter(ドイター)『フューチュラ30(D3400718)』 deuter(ドイター)『フューチュラ30(D3400718)』

出典:Amazon

容量 30L
背面長 -
ラインアップ メンズ
重量 1.48kg
ウエストベルト あり

フィット感や通気性がよく快適な背負い心地

世界中のアウトドア愛好家から高い評価を得る、ドイツのアウトドアブランドの登山30Lバックパックです。通気性がよく快適さを保つメッシュネットや、腰を包むようにフィットするベルトによって実現した背負い心地のよさが特徴です。

さらに、ショルダーハーネスの胸部分のストラップはズレを防ぎ、ウエストベルトのクッション性のあるパッドは負担を軽減します。

ジッパー式の仕切りで一気室を二気室にもできるので、重いものを上にしてパッキングすると、歩きやすくなります。高い機能が搭載された日帰りハイキングやトレッキングが快適になるバックパックです。

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『エフピー30(NM61911)』

THENORTHFACE(ザノースフェイス)『エフピー30(NM61911)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『エフピー30(NM61911)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『エフピー30(NM61911)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『エフピー30(NM61911)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『エフピー30(NM61911)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『エフピー30(NM61911)』

出典:Amazon

容量 M:30L、L:32L
背面長 M:43~51cm、L:48~56cm
ラインアップ 兼用
重量 M:0.92kg、L:0.94kg
ウエストベルト あり

ベスト型ショルダーハーネスを採用した軽量モデル!

アメリカのサンフランシスコで1966年に創業され、高機能を追求するザ ノース フェイスの登山30Lバックパックです。背中の上部で背負うことができる、ベスト型ショルダーハーネスを採用しているのが特徴。

強度の高いナイロンや、アルミ製フレームを採用するなど軽量化を追求したモデルです。ショルダーハーネスにはボトル用ストレッチポケットがついており、登山だけでなく連泊のトレランに対応したモデルになっています。軽量さを求める方におすすめのバックパックです。

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『テルス25(NM61811)』

THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス25(NM61811)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス25(NM61811)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス25(NM61811)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス25(NM61811)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス25(NM61811)』

出典:Amazon

容量 27L
背面長 45~53cm
ラインアップ 兼用
重量 1.03kg
ウエストベルト あり

取り外し式ウエストベルトは日常でも活躍

ウエストベルトを取り外すことができるため、日常使いにも便利なノースフェイスの登山用バックパックです。ショルダーハーネスにはホイッスルのついたストラップがあり、可動式のため自分の体に合わせて調整できます。

雨蓋はついていませんが、レインカバー付属のため、雨天時にも安心です。シンプルな構造は日常や旅行などでも使いやすく、登山だけでなくふだんも使用したいと考えている方にとくにおすすめです。

MILLET(ミレー)『ウェルキン 30(MIS2178)』

MILLET(ミレー)『ウェルキン30(MIS2178)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30(MIS2178)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30(MIS2178)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30(MIS2178)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30(MIS2178)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30(MIS2178)』

出典:Amazon

容量 30L
背面長 46cm
ラインアップ 兼用
重量 0.88kg
ウエストベルト あり

豊富なポケットで収納性がよく初心者も使いやすい

ヒマラヤ登山隊に装備を提供したことで、製品の評判が世界中に広まったミレーの登山30Lバックパックです。通気性がよく、シンプルな機能で耐久性がありながら軽量なのが魅力。

雨蓋、フロント、ウエストベルトにはジッパーつきのポケットがあり、小物を収納したり取り出したりするのに便利です。ポールホルダーやハイドレーションシステムもついているため、日帰りのハイキングからトレッキングまで活躍するバックパックです。

登山におすすめの30L前後バックパック【女性向け】4選 超軽量でポケット豊富、女性のからだにもフィットなど

女性専用に作られたおすすめのバックパックをご紹介します。各メーカー、女性の体に合わせて作っているため、女性はこちらから選ぶと安心です。

ぜひ、自分にあったバックパックを見つけてくださいね。

フリーエディター&SUV生活研究家

ザックのフィット感に悩んでいる女性は多いと思いますが、MILLET(ミレー)『ウェルキン 30 W(MIS2179)』は、小柄な日本の女性にも背負いやすいと好評。

機能性や耐久性にもすぐれ、長く使えます。悩んだらまずこれを背負ってみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MILLET(ミレー)『ウェルキン 30 W(MIS2179)』

MILLET(ミレー)『ウェルキン30W(MIS2179)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30W(MIS2179)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30W(MIS2179)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30W(MIS2179)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30W(MIS2179)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン30W(MIS2179)』

出典:Amazon

容量 30L
背面長 43cm
ラインアップ レディース
重量 0.86kg
ウエストベルト あり

超軽量で豊富なポケットは収納性もバッチリ

フランスでテクニカルな山岳むけ製品を展開する有名メーカー、ミレーの女性向け登山用バックパックです。女性の体形に合わせて設計されており、通気性が高く、耐久性がありながら超軽量な点が特徴です

ウエストベルトにはジッパーポケットがあり、飴やティッシュなど小物を収納することができるほか、サイドはメッシュポケットで飲みものの取り出しもスムーズ。軽量でさまざまな機能が搭載されているため、初心者にもおすすめのバックパックです。

MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5 LD(MIS0641)』

MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』 MILLET(ミレー)『サースフェー30+5LD(MIS0641)』

出典:Amazon

容量 30+5L
背面長 43cm
ラインアップ レディース
重量 1.45kg
ウエストベルト あり

クッション性がよく女性の体にフィットする形状

バックパックを製造する、歴史あるフランスのミレーが誇るロングセラーの登山30Lバックパックです。女性の体にフィットする形状で、肩と腰部分にはクッション性のあるフォームを採用。背中は蒸れを防いですばやく乾燥する素材なので汗をかいても快適です。

二気室構造でウエストポケットもあり、パッキングもしやすいです。さらに、レインカバーや雨蓋、立ったまま飲みものが取り出せるサイドのストレッチポケットなど使い勝手もよく、登山初心者におすすめのバックパックです。

MAMMUT(マムート)『デュカン 30 ウーマン(2530-00330)』

MAMMUT(マムート)『デュカン30ウーマン(2530-00330)』 MAMMUT(マムート)『デュカン30ウーマン(2530-00330)』 MAMMUT(マムート)『デュカン30ウーマン(2530-00330)』 MAMMUT(マムート)『デュカン30ウーマン(2530-00330)』 MAMMUT(マムート)『デュカン30ウーマン(2530-00330)』 MAMMUT(マムート)『デュカン30ウーマン(2530-00330)』

出典:Amazon

容量 30L
背面長 -
ラインアップ レディース
重量 0.92kg
ウエストベルト あり

軽量なのに携帯用ポケットなど実用的機能も充実!

155年以上の長い歴史と伝統を誇るスイスのアウトドアブランド・マムートの女性向け登山30Lバックパックです。背面やショルダーストラップ、ウエストベルトなどは、女性の体形に合わせた作りになっているので女性のハイキングにおすすめです。

ウエストベルトに携帯電話が収納できたり、背負いながらサイドポケットに手がとどくなど実用面を重視した機能が特徴です。

また、レインカバーはバックパックに取りつけられているため、強風時にも飛ばされてしまう心配がありません。軽量で機能が充実しているため、初心者でも安心のバックパックといえるでしょう。

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『テルス30 レディース(NMW61810)』

THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス30レディース(NMW61810)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス30レディース(NMW61810)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス30レディース(NMW61810)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス30レディース(NMW61810)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス30レディース(NMW61810)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス30レディース(NMW61810)』 THENORTHFACE(ザノースフェイス)『テルス30レディース(NMW61810)』

出典:Amazon

容量 M:35L、L:36L
背面長 M:39~47cm、L:42~50cm
ラインアップ レディース
重量 M1.25kg、L:1.27kg
ウエストベルト あり

日帰り登山にも1泊の山小屋泊登山にもおすすめ

アメリカで1966年にスキー用品とバックパック用品店としてスタートし、高品質を追求してさまざまなアウトドア商品を展開するザ ノース フェイスの女性向け登山用バックパックです。

背面パネルやショルダーはフィット感が高く通気性がいいため、快適な背負い心地を実現できます。また、フロントのポケットはジッパー式でかんたんに大きく開くため、収納物の出し入れがしやすく、上着や雨具を取り出すときなどに活躍するでしょう。

ほかにも、雨蓋、レインカバーがついていて、ハイドレーションにも対応しているなど多機能。登山の初心者から上級者までおすすめできるバックパックです。

「登山30Lバックパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
OSPREY(オスプレー)『ケストレル 28(OS50152)』
GREGORY(グレゴリー)『ズール30』
MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』
deuter(ドイター)『フューチュラ 30(D3400718)』
THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『エフピー30(NM61911)』
THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『テルス25(NM61811)』
MILLET(ミレー)『ウェルキン 30(MIS2178)』
MILLET(ミレー)『ウェルキン 30 W(MIS2179)』
MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5 LD(MIS0641)』
MAMMUT(マムート)『デュカン 30 ウーマン(2530-00330)』
THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『テルス30 レディース(NMW61810)』
商品名 OSPREY(オスプレー)『ケストレル 28(OS50152)』 GREGORY(グレゴリー)『ズール30』 MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』 deuter(ドイター)『フューチュラ 30(D3400718)』 THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『エフピー30(NM61911)』 THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『テルス25(NM61811)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン 30(MIS2178)』 MILLET(ミレー)『ウェルキン 30 W(MIS2179)』 MILLET(ミレー)『サース フェー 30+5 LD(MIS0641)』 MAMMUT(マムート)『デュカン 30 ウーマン(2530-00330)』 THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)『テルス30 レディース(NMW61810)』
商品情報
特徴 背面長が調整できるから登山の疲労が軽減できる! U字ジッパーで荷物の出し入れがかんたん! 初心者でもパッキングがしやすく背負い心地もいい フィット感や通気性がよく快適な背負い心地 ベスト型ショルダーハーネスを採用した軽量モデル! 取り外し式ウエストベルトは日常でも活躍 豊富なポケットで収納性がよく初心者も使いやすい 超軽量で豊富なポケットは収納性もバッチリ クッション性がよく女性の体にフィットする形状 軽量なのに携帯用ポケットなど実用的機能も充実! 日帰り登山にも1泊の山小屋泊登山にもおすすめ
容量 S/M:26L、M/L:28L S/M:28L、M/L:30L M:30+5L、L:30+5L 30L M:30L、L:32L 27L 30L 30L 30+5L 30L M:35L、L:36L
背面長 - S/M:38~46cm、M/L:46~56cm M:48cm、L:51cm - M:43~51cm、L:48~56cm 45~53cm 46cm 43cm 43cm - M:39~47cm、L:42~50cm
ラインアップ メンズ メンズ メンズ メンズ 兼用 兼用 兼用 レディース レディース レディース レディース
重量 S/M:1.18kg、M/L:1.24kg S/M:1.19kg、M/L:1.21kg M:1.5kg、L:1.5kg 1.48kg M:0.92kg、L:0.94kg 1.03kg 0.88kg 0.86kg 1.45kg 0.92kg M1.25kg、L:1.27kg
ウエストベルト あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月2日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山におすすめの30L前後バックパックの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山におすすめの30L前後バックパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山におすすめの30L前後バックパックランキング
楽天市場:登山におすすめの30L前後バックパックランキング
Yahoo!ショッピング:登山におすすめの30L前後バックパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

登山におすすめの30L前後バックパックの基礎知識 お手入れ方法、荷物の上手な詰め方、コスパがいい使い方

登山におすすめの30L前後バックパックの基礎知識ということで、お手入れ方法、荷物の上手な詰め方、コスパがいい使い方についてご紹介します。

バックパックのお手入れ法 常に清潔に

登山に使えば汗を吸ったり泥などの汚れがつきますので、お手入れが大切です。汚れたままでは虫が集まってきたりと非衛生的なことも。素材に注意して洗うなどお手入れはまめにしましょう。

ちょっとした汚れは部分洗いで対応。全体をお手入れするなら手洗いがいいでしょう。パッド部分やパーツなどをすべて外して、洗濯用の中性洗剤などを入れたぬるま湯に浸して押し洗いをし、よくすすいで洗剤を落とし、陰干しします。

洗濯機で洗う場合は、洗ってはいけない部分を取り外し、型崩れがしないように注意して洗いましょう。

荷物の詰め方 重いものは背中に近づける

荷物の詰め方の基本は、背負ったときの重心が体の重心よりも高くなるように、重いものは背中に近づけるように、そして、左右のバランスをとること。また、取り出す頻度を考えて使用頻度の低いものは下側に詰めるようにしましょう。

詰める際には、デッドスペースが少なくなるように、食器などは重ねてコンパクトにし、洋服などは防水も兼ねて袋に詰めて圧縮。またゴミとなるものは詰める前に取り去ってしまいましょう。いろいろと工夫をして快適な登山ができるようにしたいものですね。

中古やレンタルでコスパをよく 気軽に試す

登山用バックパックは決して安いものではありませんし、気軽にお試しができるものでもありません。

そのため、本格的なものの購入を考えているのであれば、レンタルで使用感を確認したり、中古品の購入も検討してもいいかもしれません。

【関連記事】登山30Lバックパック関連のそのほかの商品情報

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用バックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。場合によってはテントなどの大きなものを持って行かなければならず、必要なものをまとめられる登山用バック...

長距離を走るときやトレイルランニングに欠かせないランニングバックパックですが、通勤RUNで仕事の荷物や着替えを入れて背負うタイプ、長距離を走るために着替えや水分(ハイドレーションパック)・栄養ジェルなどを背負うタイプ、最低限の水分や栄養ジェルだけを背負うタイプなど、種類はさまざま。そんなランニ...

旅行に行くとなると、スーツケースに荷物を詰める人も多いでしょう。しかし、旅行用バックパックがあれば、両手があき、たくさんの荷物もラクに持ち運びできます。宿泊日数や目的によって、必要な容量なども変わってきますので、適切なものを選びたいですよね。この記事では、[着こなし工学]提唱者・平 格彦さんへ...

アウトドアライターが選ぶトレッキング用デイパックおすすめ商品5選をご紹介します。デイパックとは、1日分の装備を入れるための小型のバックパックのこと。この記事では、トレッキング用デイパックの選び方を、アウトドアライターの高橋庄太郎さんにうかがいました。サイズやフィット感、各部のディテール、防水性...

旅ジャーナリスト・のかた あきこさんへの取材と、506名に向けたアンケート調査により、ユーザーが選ぶスーツケース・キャリーバッグの人気ランキングを作成! アンケート調査により、購入の際に重視したいポイントや実際に使ってみたクチコミ、プロの選び方も掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください!

自分に必要な機能を見極めよう

本記事では、登山30Lバックパックのおすすめ11商品をご紹介しました。

登山用バックパックは軽量モデルが多いものの、多機能なものほど重くなる傾向があります。そのため、自分に必要な機能を見極めることが大切です。

ぜひ、あなたにあったバックパックを選んでくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/09 コンテンツ修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スキー・スノーボード用バックパックおすすめランキング11選|防水機能付きも

スキー・スノーボード用バックパックおすすめランキング11選|防水機能付きも

スキーやスノーボードをするときに、スマホや貴重品などでポケットがパンパンになってしまった経験はないですか? 最近では動画や写真で景色や自分の滑っているところを撮影するという人も多く、なにかと荷物も増えてしまいがちですよね。そんな時に便利なのがバックパック! この記事では、スキー・スノーボード用のバックパックの選び方と、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が厳選したおすすめ商品と選び方をランキングとともにご紹介します。


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【雨の日でも安心】防水リュックおすすめ20選|人気の大容量やビジネス向きも!

【雨の日でも安心】防水リュックおすすめ20選|人気の大容量やビジネス向きも!

釣りやキャンプなどのアウトドアや、ビジネスシーンでの急な雨に役立つ防水リュック。ひとつ持っているだけで、いろいろな場面で活躍してくれます。アウトドアメーカー中心に、さまざまなブランドから販売されていますよ。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


ニクソンリュックのおすすめ10選&ランキング【人気の防水モデルや大容量も】

ニクソンリュックのおすすめ10選&ランキング【人気の防水モデルや大容量も】

機能性の高さが魅力のニクソンリュック。耐水性に優れているモデルや収納性の高いモデルなど豊富な種類があり、さまざまなシーンにマッチします。この記事では、ファッションのプロ・平 格彦さんにお話をうかがい、ニクソンのリュックの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。


サイクリングバックおすすめ10選|高い防水性能や長距離でも蒸れないタイプまで

サイクリングバックおすすめ10選|高い防水性能や長距離でも蒸れないタイプまで

自転車移動やロードバイクを楽しむ人にとって欠かせないのがサイクリングバッグです。マウンテンバイクやロードバイクといった自転車はかごがなく荷物の持ち運びには向いていません。そういった自転車に乗るときはサイクリングバッグが重宝します。現在では通気性にすぐれたものや軽量なもののほか、容量の多いものなどさまざまです。今回は[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、選び方のポイントやおすすめアイテムをご紹介します。


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る