軽量登山用テントおすすめ7選|本格的なモデルから高コスパ品まで

HERITAGE『クロスオーバードーム<2G>』
出典:Amazon
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

軽量でのアウトドアや登山を行うときにあると快適なのが、軽量登山用テントです。ただし、用途に合った選び方をしていないと、天候によっては役に立たなかったり、無駄にオーバースペックで運搬のじゃまになったりすることもあります。ここでは、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ軽量登山用テントのおすすめと選び方方のポイントをご紹介します。


軽量登山用テントの選び方 山岳写真家に聞く

山岳写真家の荒井裕介さんに、軽量登山用テントを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。テント選びが初めてだと、色や重量を重視してしまいそうです。体験者でなくてはわからない、実用上のポイントもご紹介いただいているので、ぜひチェックしてみてください。

テント
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

厳しい自然の夜もテントがあれば安心。

日本のテント場で使うなら入口の向きにこだわろう!

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

アルプスなど多くのテントサイトでは、出入口がテントの短辺側にドアがあるものを選択することをおすすめします。稜線上の限られたスペースにテント場があることも多く、ハイシーズンのテントサイトではテントがびっしり並びます。短辺側にドアがあると、狭い稜線上でのビバークやテラスでも設営できるのでおすすめです。

長辺にドアがあるものは、調理などの作業性や居住性もよく快適ですが、限られたスペースを安全かつ最大限利用するのもテント選びには重要です。

また、強風のときには風を受ける面積が少ない部分(短辺側)にドアがあると風の影響を受けにくくなり安全性が上がります。

インナーフレーム方式で居住空間を最大限に利用できる居住性にすぐれたテント。

休憩がしっかりとれるサイズと最低限の居住性

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

長時間歩くことが多い縦走登山では、しっかりと休憩がとれることが重要です。慣れてくれば必要最低限のスペースと装備でじゅうぶん休憩がとれるようになりますので、パフォーマンスを考えると大きすぎるテントは途中で無駄に思えてしまうこともあります。

最初に選ぶテントは余裕があってもいいのですが、しっかり眠れる幅と長さがあり、最低限の居住性をもったテントで軽量のものをセカンドテントとして選択するのがいいでしょう。

機能と価格のバランスを考えて

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

普通ならば寝るときしか使わないテントですが、悪天候のときや緊急ビバークでは長時間の滞在を余儀なくされます。また、仲間との山の夜を快適に過ごすのには重要なアイテムでもあるので、テントを快適に過ごすための道具と考えるのか、単なる装備と考えるのかで選択は変わってきます。

眠るだけならどれを選んでもそこまで差はありませんが、「夜を仲間と楽しみたい」場合はスペースも必要となり、装備も増えます。「歩きを少しでも楽にしたい」と考えるならば、少しでも軽いものがいいでしょう。しかし、高強度で軽量である素材は、その薄さゆえに縫製もテクニカルになる場合が多いので、値段は重さに比例する場合も少なくありません。

素材や特性を見きわめ、どこまで追求するのかで自分だけのひと張りを選んでください。

超軽量でコンパクトなのが特徴のカミナドーム。

軽量登山用機能と狙う山域、季節のバランスを把握して 山岳写真家からのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

オールシーズン使えるテントといっても、どの山域でいつ使用するかを考慮することも大事です。低山をのんびり楽しみたいのか、厳冬期のアルプスを狙うのかによって必要な性能は大きく異なってきます。

まずはテント泊に慣れることが目的なら3シーズン対応の軽量テントやコスパ重視でいいでしょう。徐々にステップアップするのであれば、拡張性を考えてオプションがあるモデルを選ぶのも手です。

また、テント以外の装備を見直すことで快適性や居住性を高めることも可能です。スリーピングマットやシュラフ、レイヤリングにこだわるのもいいでしょう。

個人装備を軽量化できる現代の登山だからこそ、テントを選ぶ楽しさがあります。そのためにも自身のターゲットとするフィールドをよく把握してください。ただし、ビギナーはダブルウォールから選んだ方がよいでしょう。

軽量登山用テントのおすすめ7選 重量をチェック!

上で紹介した軽量登山用テントの選び方のポイントをふまえて、山岳写真家の荒井裕介さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。それぞれの特徴が簡潔にまとめられているので、自分の用途との相性がとてもわかりやすくなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アライテント『エアライズ2』

アライテント『エアライズ2』

出典:Amazon

重量 1,550g
サイズ 高さ105cm x 横幅130cm x 奥行き210cm

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

山岳テントの超定番ダブルウォールテント

なによりも拡張性が高く、ダブルウォールテントで結露も少なく快適に過ごせるテント。入門からエキスパートまでおすすめできます。

国内メーカーだからアフターサービスも心配なし。購入後も安心して使い続けられるのも魅力です。ふたり用ですが、ひとり用として購入してもいいでしょう。

また、フライがあり前室を設けられるので、濡れたシューズなどをテント内に持ち込まなくて済むのもうれしい点。山岳テントのなかでもメジャーなロングセラーテントで、別売りの冬季用のフライを購入すれば厳冬期も安心して使える定番テントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Black Diamond『ファーストライト2P』

BlackDiamond『ファーストライト2P』 BlackDiamond『ファーストライト2P』 BlackDiamond『ファーストライト2P』 BlackDiamond『ファーストライト2P』 BlackDiamond『ファーストライト2P』

出典:Amazon

重量 1,445g
サイズ 高さ106cm x 横幅122cm x 奥行き208cm

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

クライマーの愛するアルパインテント

シングルウォールテントで透湿防水素材のエピックを採用した軽量テント。

インナーフレーム方式で居住空間を最大限に利用できるのが特徴です。別売りのベスティブールを使えば広い前室ができ、そこで調理も可能になります。

耐久性も高く、シリコンをもちいて防水性をもたせたエピックは劣化しにくいのも特徴。スタッフバックもゆとりがあり、設営、撤収ともに作業性がいいので、アクティブな登山を目指したい人におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

finetrack『カミナドーム1』

finetrack『カミナドーム1』 finetrack『カミナドーム1』 finetrack『カミナドーム1』 finetrack『カミナドーム1』

出典:Amazon

重量 1,280g
サイズ 高さ100cm x 横幅205cm x 奥行き90cm

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

超軽量のソロテントならこれだ!

一般的なソロクッカーセットと同サイズに収納可能なコンパクトなソロテントです。じゅうぶんな居住性を確保しているのにコンパクトに収納できるのは魅力ですよね。

また、強度を保つために力のかかる部分にダイニーマテープが骨格のように施され強度が高い作りがうれしいですね。

ソロテントでありながら全室に50cm x 90cmの空間があり、靴や濡れたものを室内に持ち込まなくて済むので悪天候時には便利な機能ですね。冬季用のフライなどオプションも充実しており、4シーズン使えるので最初のテントとしても安心して使えます。本格的山岳テントとしても、低山縦走の装備としてもおすすめのテントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Big Agnes 『フライクリーク HV UL1』

BigAgnes『フライクリークHVUL1』 BigAgnes『フライクリークHVUL1』 BigAgnes『フライクリークHVUL1』 BigAgnes『フライクリークHVUL1』 BigAgnes『フライクリークHVUL1』

出典:Amazon

重量 765g
サイズ 高さ97cm x 横幅97cm x 奥行き218cm

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

UL系のミニマリストにおすすめ。

総重量がミニマムで765gと驚きのテントですが、こちらは独自のフレーム構造とハーズメッシュのインナーをもつダブルウォールテント。居住性こそほかのメーカーより劣りますが、この軽さは魅力的です。

このテントはフレームも軽量化が図られたモデルで、ひとり用テントでありながらじゅうぶんな前室をもち、休憩をとるには問題なし。

海外モデルだけあって長さも申し分なく、大柄な男性でも快適に眠れるのがうれしい点です。また、数多くの山岳テストを経て、耐風性と耐水性にもすぐれている点もおすすめポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『Carbon Reflex Tent 1』

MSRCarbonReflex(カーボンリフレックス)1人用テント[並行輸入品]

出典:Amazon

重量 790g
サイズ -

本体660g! 超軽量を登山テントをお探しなら

本体660g、ポールなどを入れても790におさえた『Carbon Reflex』。カーボンポールを最小限の本数にとどめ、極薄生地により、軽量化を実現。まるでタープのように軽量な非自立式ダブルウォールテントです。付属のフライシートにはファスナーも使わない徹底ぶり。入口を固定するのはベルクロと小さなフック。

コンパクトではありますが、インナースペースは、通気性が高く快適かつ開放感のあるマイクロメッシュ素材を採用。立ち上げると、フロアはバスタブ状をしており、デッドスペースをなくした設計になっています。また、別売のフットプリントを使うことで、フライシートとポールのみでの設営も可能となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Sutekus『コンパクト 迷彩柄 キャンプテント』

Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用) Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用) Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用) Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用) Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用) Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用) Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用) Sutekusテントコンパクト迷彩柄キャンプテントソロテント小型テント防災緊急【アウトドア用品】(一人用)

出典:Amazon

重量 920g
サイズ 高さ85cm x 横幅200cm x 奥行き100cm

軽量・安価! ツーリングなどのお供に

本体と収納バッグのほかペグ4本、ポール2本のみ。これで920gと軽量で、かつ価格が2,000円台~とかなりお手頃価格です。その分、雨が本降りの際はやや心もとないでしょう。ただ、小雨程度であれば問題なく、主にタープと併用して活用するのがおすすめです。本格的な登山というよりは、緊急用やツーリングのお供にするくらいがちょうどよいのではないでしょうか。

なお、付属のペグではやや頼りないので、もう少ししっかりしたペグで固定したほうがよいでしょう。このテントの売りはなんといっても、軽量コンパクトで安価なことです。それだけでも充分に満足できる高コスパ品といえます。

HERITAGE『クロスオーバードーム<2G>』

ヘリテイジ(HERITAGE)クロスオーバードーム(SECONDGENERATION)クレセントゴールド ヘリテイジ(HERITAGE)クロスオーバードーム(SECONDGENERATION)クレセントゴールド ヘリテイジ(HERITAGE)クロスオーバードーム(SECONDGENERATION)クレセントゴールド

出典:Amazon

重量 700g
サイズ -

本格的な登山にも適応する超軽量モデル

ビバークを繰り返し登攀(※とうはん)するような本格的な登山向けのテント(ツェルト)です。パネルは耐水圧1,000mm、透湿量8,000gのポリウレタン透湿コートを施した15dnナイロンリップを採用。軽量かつ快適な居住空間を実現しました。

過酷な状況に挑戦するクライマーたちにとって、軽量化はとても重要な課題。この『クロスオーバードーム』は、2人まで収容できて重量は700g。単独だけでなくチームやペアで登攀することを目的に設計されたテントです。

※登攀(とうはん):山や高所によじのぼること。

「軽量登山用テント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
アライテント『エアライズ2』
Black Diamond『ファーストライト2P』
finetrack『カミナドーム1』
Big Agnes 『フライクリーク HV UL1』
MSR『Carbon Reflex Tent 1』
Sutekus『コンパクト 迷彩柄 キャンプテント』
HERITAGE『クロスオーバードーム<2G>』
商品名 アライテント『エアライズ2』 Black Diamond『ファーストライト2P』 finetrack『カミナドーム1』 Big Agnes 『フライクリーク HV UL1』 MSR『Carbon Reflex Tent 1』 Sutekus『コンパクト 迷彩柄 キャンプテント』 HERITAGE『クロスオーバードーム<2G>』
商品情報
特徴 山岳テントの超定番ダブルウォールテント クライマーの愛するアルパインテント 超軽量のソロテントならこれだ! UL系のミニマリストにおすすめ。 本体660g! 超軽量を登山テントをお探しなら 軽量・安価! ツーリングなどのお供に 本格的な登山にも適応する超軽量モデル
重量 1,550g 1,445g 1,280g 765g 790g 920g 700g
サイズ 高さ105cm x 横幅130cm x 奥行き210cm 高さ106cm x 横幅122cm x 奥行き208cm 高さ100cm x 横幅205cm x 奥行き90cm 高さ97cm x 横幅97cm x 奥行き218cm - 高さ85cm x 横幅200cm x 奥行き100cm -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 軽量登山用テントの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの軽量登山用テントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:軽量登山用テントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】軽量登山用テントの関連商品はこちら

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島 祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/09 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

キャンプをはじめアウトドアの場数を踏むようになると、テントを使う場面や用途も幅広くなってきます。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだアウトドアシーンの用途に応じて選べる中級者向けテントおすすめ7選と選び方のポイントについてご紹介します。


ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りの必需品といえば「ワカサギ釣り用テント」です。持ち運びに便利なコンパクトタイプや、初心者でも安心なワンタッチで設営できるもの、ドーム型や連結型など種類はさまざまです。また、Coleman(コールマン)やCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、DOD(ディーオーディー)などメーカーによっても特徴は違います。そこでこの記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだワカサギ釣り用テントのおすすめ商品8選とその選び方を紹介します。あなたにぴったりのテントを見つけワカサギ釣りを快適に楽しんでください。


スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。動画による組み立て方のコツや通販サイトのおすすめランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

キャンプやアウトドア熟練者になると、テントの設営や運搬もスムーズにできるため、より選べるテントの幅も広がります。そこで、大規模テントや個性的テントなど、上級者のためのテントの選び方とおすすめ製品について作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがいました。キャンプやアウトドアの熟練度に応じたテントを利用したい人や、トレンドに沿ったテントを導入したい人も、ぜひ参考にしてください。


ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだツェルトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る