自宅用ベンチプレスのおすすめ5選|自宅で本格的な筋トレを!

BODYMAKER『BIG3強化セット3(TM159SET3)』
出典:www.bodymaker.jp
日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー
内田 英利

1971年生まれ。茨城県出身。日本大学卒業後、立命館大学に進学。立命館大学在学中に運動生理学などを学び、その後、米国の栄養学修士課程を経る。 現在は、女性や高齢者向けの生活習慣病予防プログラムの開発、フィットネストレーナーの育成、生涯フィットネスに関する講演や運動指導などを行う。 健康管理士一般指導員、健康運動指導士、京都造形芸術大学非常勤講師。大相撲の貴乃花親方との共同開発プログラム「シコアサイズ」を販売。株式会社フィットネス・ゼロ代表取締役。シェアスタジオ「コア・フォレスト」フィットネス・ゼロ公式オンラインレッスン運営責任者。 フルマラソン歴20年。ベストタイムは2 時間45 分01 秒。

この記事では、スポーツトレーナーの内田英利さんと編集部が、自宅用ベンチプレスの選び方、おすすめ5選をご紹介します。上半身を鍛える筋トレのひとつであるベンチプレス。自宅用のベンチプレスセットがあれば、ジムに行かなくても家庭で本格的なトレーニングができます。ですが、価格や設置するスペースといった面で購入するのを悩んでいる人もいるとおもうので、この記事を参考に、自宅に合ったベンチプレスを見つけてください。


自宅用ベンチプレスの選び方 好きなタイミングでトレーニング可能

女性がベンチプレスでトレーニングしている様子
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自宅で気軽に本格的トレーニング!

自宅用ベンチプレスを選ぶときのポイントを紹介していきます。自宅用ベンチプレスは、小さな違いが使いやすさに大きく影響するので慎重に選びましょう。それぞれのポイントを詳しく紹介していくので参考にしてみてください。

タイプを選ぶ

自宅用ベンチプレスにはナロータイプとワイドタイプの2種類があります。それぞれメリットとデメリットがあるので紹介していきます。自分の使いやすいタイプを選んでくださいね。

省スペースで置けるナロータイプ

ナロータイプの自宅用ベンチプレスは、狭いスペースでも設置できるのが魅力です。スペースが限られている人はナロータイプを選びましょう。

ただし、バーベルを置くバーの幅が狭くなっているので、片側だけに重量がかかるとバランスを崩して倒れてしまうことも……。上手に置かないと床をキズつけてしまうこともあるので注意しましょう。

安定性にすぐれたワイドタイプ

ワイドタイプはナロータイプと比べるとバーベルバーの幅が広くなっているので、安定して置くことができます。ナロータイプのようにバランスを崩してしまうリスクが少なく、安全にトレーニングしやすいでしょう。

その代わりに広い設置スペースが必要になります。自宅に設置する場合は想像以上に場所を取ってしまう可能性があるので、サイズを確認してから購入しましょう。設置スペースに余裕があるなら、安定しているワイドタイプを選ぶのがおすすめです。

バーベルシャフトの太さで選ぶ

バーベルシャフトは、スリーブといわれるプレートを装着する部分の太さによって使用感に差が出ます。太さによって対応するプレートが違うので、どちらを選ぶかでベンチプレスセット全体の使い心地が変わってきます。

シャフトの太さがその後の使い心地に影響してくるので、慎重に選びましょう

スタンダードな28mm

いろんなサイズのバーベルやダンベル

Photo by Jelmer Assink on Unsplash

バーベルは負荷に応じていくつかのサイズを使いわけましょう

スタンダードな28mmは価格が低めでコンパクトなのが特徴です。シャフト自体の重さが軽いため、筋力に自信がない人でも使用しやすいのが魅力。耐荷重量が低いので軽いトレーニングをしたいという人におすすめです。

ただし、短いのでやりにくい種目やフォームがあります。自分がやりたいトレーニング種目を明確にしてから購入しましょう。

より本格的な50mm

大きなバーベルを持ち上げようとしている男性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

慣れている方は、大きいサイズでより負荷の高いトレーニング

50mmのシャフトは、オリンピックで使われていることからオリンピックバーベルシャフトと呼ばれています。強度が高いので高重量のトレーニングをすることもできます。プロのような本格的なトレーニングをしたい人におすすめです。

28mmと比べると価格が高めで、広い設置スペースが必要になります。狭い部屋では使いにくい大きさなので注意しましょう。

そのほかの機能で選ぶ

自宅用ベンチプレスを選ぶときは、ほかにどんな機能が付いているのかを確認しておくのも大切です。高さ調節できるものやセーフティーバーがついているものもあるので、しっかりと確認しておきましょう。それぞれの機能について詳しく紹介していきます。

高さ調整できるかを確認

バーベルラックの高さを調整できるかどうかは、トレーニングをするうえで重要なポイントです。腕の長さは人によって違うので、高さが合わないと満足にトレーニングができなくなってしまいます。

とくにバーベルラックが高すぎるとバーベルを戻すことができず、事故につながる可能性があります。トレーニングの質と安全性に関わるので、高さ調整ができるものを選ぶのがおすすめです。価格が低めものは高さ調整ができないものが多いので注意してくださいね。

セーフティーバーの有無

ジムでバーベルトレーニングをしている男性

Photo by Arthur Edelman on Unsplash

ひとりでのトレーニングは安全におこないたいもの

トレーニングジムだとスタッフが補助をしてくれますが、自宅でひとりでトレーニングをおこなう場合はバーベルが体の上に落下するなど危険がともないます。そのようなケガを事前に防ぎやすくしてくれるのがセーフティーバーです。

セーフティーバーのついているベンチプレスセットを選ぶと安全にトレーニングできるので、集中してトレーニングをおこないたい方にもおすすめです。

初心者ならセット商品を!

初心者にはシャフトとプレートがセットになっている商品がおすすめです。別々に購入するのは手間や予算がかかってしまいます。また、シャフトとプレートがセットになっているものを選ぶことで、すぐにトレーニングを開始できるのも魅力です。

とくに初心者だと、どれを選べばいいか悩んでしまいがち。基本をおさえたい人はセットのものを選ぶとスムーズです。

収納しておける折りたたみ式もチェック

自宅にトレーニング専用のスペースを作るのはなかなか難しいですよね。そんなときに活躍するのが折りたたみ式のベンチプレスです。

ふだんはコンパクトに折りたたんで収納しておき、使用するときだけ取り出して使えます。ただし安定性に欠ける場合もあるので、耐荷重はしっかりと確認しておきましょう

自宅用ベンチプレスなら費用や時間のロスが防げる スポーツトレーナーがアドバイス

日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー

ホームトレーニングが注目を集めるなか、自宅でのトレーニングが習慣づいていた方は、ワンランクアップのトレーニング……フリーウェイトにステップアップしたいことでしょう。

そこで、スポーツクラブに通って鍛える費用や時間のロスを防ぐためにも、ぜひとも購入したくなるのが自宅用ベンチプレス。

基本的なトレーニング方法が分かっている方にはなおさら、マルチなアプローチで体の各部位をいかようにもトレーニングできるのが最大のメリットといえるでしょう。

自宅用ベンチプレスのおすすめ5選 高さ調節がラク、床をキズつけにくいなど

自宅用ベンチプレスのなかからおすすめの5商品を紹介していきます。機能や安全面などのポイントも紹介していくので参考にしてみてください。

日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー

BODYMAKER『BIG3強化セット3』はパワーラックにバーベルセット、ベンチの基本3種がそろっていて、主要3部位のほかにも体の各部位をまんべんなく鍛えられるすぐれものです。トレーニングの用途に合わせてベンチの角度を変えたり、計16枚のプレートで重量の調整も容易に出来たりと、本格的に導入する自宅用ベンチプレスとして生涯フル活用できるセットです。

BODYMAKER『マルチラックセット ハンマートーンバーベルセット2ダンベルシャフト付き』はスポーツクラブでのベンチプレスを、そのままの環境さながら自宅でできるセットです。お手ごろ価格かつシンプルな構成ですが、高重量に対応できるバーベルセットで丈夫です。少し追い込んでみようとワンステップ上のトレーニングを目指す方でも、無理なく導くことでしょう。

BODYDESIGN『スターターパック/ラバーバーベルセット 50kg』は「まずはベンチプレスでもやってみよう!」とトレーニングをはじめたい方向けの、文字どおりスターターセットです。セット自体が場所もとらない設計に仕上げられ、万が一プレートを落としてしまった場合でも、プレートの最大の重さが7.5kgのラバー仕様なので安心してフリーウェイト・トレーニングにチャレンジできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BODYMAKER『BIG3強化セット3(TM159SET3)』

BODYMAKER『BIG3強化セット3(TM159SET3)』

出典:www.bodymaker.jp

サイズ 幅117×奥行117.5×高さ210cm
重量 77kg
セット内容 ハードパワーラック2 オリンピックバーベルセット105kg、フラットインクラインベンチEX-V3
高さ調整 可能
セーフティーバー あり

高さ調整もラク! 3部位を本格的に鍛えたい人に

バーベルホルダーとセーフティーホルダーが脱着式で高さ調整がカンタンにできます。シートパッドとバックパッドの角度が調節できるため、ベストなポジションでトレーニングができますよ。

接地面に滑り止めのラバーキャップがついているので安定性もしっかりしています。広背筋・大腿四頭筋・大胸筋のトレーニングがすべてできるため、3部位を本格的に鍛えたい人におすすめです。

日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー

BODYMAKER『マルチラックセット ハンマートーンバーベルセット2ダンベルシャフト付き』は、スポーツクラブでのベンチプレスが、自宅にいながらできるセットです。

お手ごろ価格かつシンプルな構成ですが、高重量に対応できるバーベルセットで丈夫です。少し追い込んでみようとワンステップ上のトレーニングを目指す方でも、無理なく導くことでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BODYMAKER『マルチラックセット ハンマートーンバーベルセット2 ダンベルシャフト付き(TM085SET2)』

BODYMAKER『マルチラックセットハンマートーンバーベルセット2ダンベルシャフト付き(TM085SET2)』

出典:www.bodymaker.jp

サイズ 幅111~181×奥行58×高さ171cm
重量 26kg
セット内容 マルチラック2、ハンマートーンバーベルセット2 100kg シャフト180cm、フラットインクラインベンチEX-V3
高さ調整 -
セーフティーバー あり

ダンベルシャフトも2本つき! 床をキズつけにくい

ベンチプレスだけではなく、バーベルスクワットも自宅で行えるマルチラックセットです。さらにダンベルシャフトが2本付属しているので、ダンベルを使ったトレーニングもできます。

接地面に付いているラバーキャップが床にキズがつくのを防いでくれるので安心。トップビルダーやアスリート向けのトレーニングをすることができる、耐荷重の高いセットです。

日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー

BODYDESIGN『スターターパック/ラバーバーベルセット 50kg』は、「まずはベンチプレスでもやってみよう!」とトレーニングをはじめたい方向けの、文字どおりスターターセットです。

セット自体が場所もとらない設計に仕上げられ、万が一プレートを落としてしまった場合でも、プレートの最大の重さが7.5kgのラバー仕様なので安心してフリーウェイト・トレーニングにチャレンジできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BODYDESIGN『スターターパック/ラバーバーベルセット 50kg』

サイズ 幅52×奥行101×高さ92cm
重量 -
セット内容 プレスベンチ、ラバープレート、バーベルシャフト、ダンベルシャフト
高さ調整 -
セーフティーバー -

狭いスペースでもOK! ラバープレートは防音にも

省スペースで場所をとらないのが魅力で、ベンチプレスセットを置く場所が限られている人におすすめです。ジムと同じようにトレーニングしやすい安定感や耐久性もあります。

ラバープレートなので、万が一落としてしまっても床にキズがつきにくいです。バーベルシャフトと組み立てるときにも音がなりません。付属のラバープレートの種類がたくさんあるため、こまかく重量を調整できますよ。

YWQZ『多機能ベンチ』

YWQZ『多機能ベンチ』 YWQZ『多機能ベンチ』 YWQZ『多機能ベンチ』 YWQZ『多機能ベンチ』 YWQZ『多機能ベンチ』

出典:Amazon

サイズ 幅150×高さ140cm
重量 約32kg
セット内容 -
高さ調整 -
セーフティーバー -

全身トレーニングに使えるすぐれもの

全身のトレーニングに使いやすい多機能ベンチプレスセットです。スチール製なので丈夫で耐久性があり、トレーニングに集中しやすい安定した設計になっています。

ベンチには合皮のクッションが採用されているので、快適にトレーニングしやすいのも魅力。サイズも大きすぎないので、ある程度のスペースがあればアパートでも使用することができるでしょう。

『トレーニングベンチ』

『トレーニングベンチ』 『トレーニングベンチ』 『トレーニングベンチ』 『トレーニングベンチ』 『トレーニングベンチ』 『トレーニングベンチ』 『トレーニングベンチ』

出典:Amazon

サイズ 幅150×奥行150×高さ85cm
重量 47kg
セット内容 -
高さ調整 可能
セーフティーバー -

折りたたみ式で収納ラクラク! 可動性抜群の一品

コンパクトに折りたためるので、トレーニング専用のスペースをとれない人におすすめ。長時間使用しても安心感があるスチール製です。

通常のシャフトとは違い左右別に可動するため、片方だけ集中的にトレーニングすることも可能。シートの角度を変えたりラックの高さを調整することで、自分の筋力に合わせたトレーニングができます

「自宅ベンチプレス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BODYMAKER『BIG3強化セット3(TM159SET3)』
BODYMAKER『マルチラックセット ハンマートーンバーベルセット2 ダンベルシャフト付き(TM085SET2)』
BODYDESIGN『スターターパック/ラバーバーベルセット 50kg』
YWQZ『多機能ベンチ』
『トレーニングベンチ』
商品名 BODYMAKER『BIG3強化セット3(TM159SET3)』 BODYMAKER『マルチラックセット ハンマートーンバーベルセット2 ダンベルシャフト付き(TM085SET2)』 BODYDESIGN『スターターパック/ラバーバーベルセット 50kg』 YWQZ『多機能ベンチ』 『トレーニングベンチ』
商品情報
特徴 高さ調整もラク! 3部位を本格的に鍛えたい人に ダンベルシャフトも2本つき! 床をキズつけにくい 狭いスペースでもOK! ラバープレートは防音にも 全身トレーニングに使えるすぐれもの 折りたたみ式で収納ラクラク! 可動性抜群の一品
サイズ 幅117×奥行117.5×高さ210cm 幅111~181×奥行58×高さ171cm 幅52×奥行101×高さ92cm 幅150×高さ140cm 幅150×奥行150×高さ85cm
重量 77kg 26kg - 約32kg 47kg
セット内容 ハードパワーラック2 オリンピックバーベルセット105kg、フラットインクラインベンチEX-V3 マルチラック2、ハンマートーンバーベルセット2 100kg シャフト180cm、フラットインクラインベンチEX-V3 プレスベンチ、ラバープレート、バーベルシャフト、ダンベルシャフト - -
高さ調整 可能 - - - 可能
セーフティーバー あり あり - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月22日時点 での税込価格

ベンチプレスのトレーニングポイント

置かれたベンチプレス用バーベル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ここからは実際にベンチプレスを活用したトレーニングのポイントもご紹介していきます!

ベンチプレスは肩や腕、背中を鍛えるのに効率性がよく、トレーニングには欠かせません。ですが間違った姿勢とやり方でトレーニングをしてしまうと体を痛めてしまうことも……。それぞれの部位のトレーニングポイントを紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

ベンチプレスは胸の筋肉を鍛えることができます。バーを持ち上げるときに腕で持ち上げるのではなく胸の筋肉を意識するのがポイント。最初は軽い重量からはじめて徐々に重さを増やしていくようにしましょう。

8~12回くらいできる重量に設定して3セットおこなうのが理想です。ベンチプレス10回の効果は腕立て伏せの100回以上に値しますよ。

腕の筋肉を強調する女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ベンチプレスを活用して腕も鍛えましょう!

ベンチプレスで腕を鍛えたいなら、一般的なベンチプレスよりも腕の間隔を狭めておこなう「ナローグリップベンチプレス」という方法を取り入れてみてください。このトレーニングで上腕三頭筋を鍛えることができます。

また、バーベルを利用した「バーベルカール」という方法でも上腕二頭筋にほどよくストレスを与えてくれます。バーベルを肩幅の逆手で握り、ひじを曲げ伸ばしをします。ポイントはひじを動かさずにゆっくりとバーを下げること。ふたつの方法でセクシーな腕を手に入れましょう。

肩の筋肉が鍛えられている女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

肩回りを鍛えるのにもベンチプレスは利用できます!

肩の筋肉を鍛えたいなら「ショルダープレス」。肩の上にバーベルやダンベルを構えてゆっくりと押し上げるトレーニングです。反動を使わずにゆっくりと上げ下げするのがポイントで、初心者はベンチに座りながらおこなうことをおすすめします。

ショルダープレスで多発しているトラブルが、くずれたフォームでトレーニングをおこない肩を痛めてしまうこと。とくにひじが体幹ラインより後ろ側にこないように注意してください。

背中

後ろをむいている女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

背中をふくめ、全身を鍛えて美しい体を手に入れましょう!

背中の筋肉を鍛えるなら「デッドリフト」にもチャレンジしてみてください。全身に力を入れてバーベルを持ち上げることで、背中だけでなく全身を鍛えることができます。

背中を丸めたり腰を反らしてしまうと体を痛めてしまうので、背中を曲げずに肩から腰まで真っ直ぐにたもつことがポイント。通常は持ち上げたあとひざ下まで深く下げますが、初心者はひざまで浅く下げる「ハーフデッドリフト」で筋肉を慣らしてから移行してもいいでしょう。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 自宅ベンチプレスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの自宅ベンチプレスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ウェイトトレーニング用大型マシンランキング
楽天市場:プレスベンチ・トレーニングベンチランキング
Yahoo!ショッピング:トレーニングベンチランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほか関連商品情報はこちら

パーソナルトレーナーの田子 政昌さんに、シットアップベンチの選び方とおすすめ商品について聞いてみました。いわゆる普通の腹筋運動(シットアップまたはトランクカール)は、そのまま行うだけでは一定以上の負荷をかけるのは難しくなります。シットアップベンチを使うと、傾斜を付けたり、足部を固定してより大き...

パーソナルトレーナーが選ぶチンニングスタンドのおすすめ5選を紹介します。チンニング(懸垂・チンアップまたはプルアップ)はぶらさがった状態から上半身を引き上げることで、主に腕や背中を鍛える種目です。重りを使わない、いわゆる「自重トレーニング」で、上級者もよくおこなうトレーニングのひとつですが、チ...

筋トレを行う際の「三種の神器」といえば、「パワーグリップ、リストラップ、トレーニングベルト」。今回ご紹介するパワーグリップは、懸垂やデッドリフトなどのいわゆる「引く」種目で握力の補助をしてくれるため、最後まで追い込むことできます。この記事では、フィットネストレーナー講師の曽谷英之さんと編集部が...

パーソナルトレーナーの田子政昌さんと編集部が、高重量のウェイトトレーニングに欠かせないリストラップを解説します。高重量のウェイトトレーニングをする際、手首のダメージが気になりますよね。そんなときに役立つのがリストラップ。しかし、製造しているメーカも多数あり、種類も豊富で、どれが自分に合っている...

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の...

好きなタイミングでトレーニングが可能

自宅用ベンチプレスの5商品についてご紹介しました。自分に合ったベンチプレスセットを選ぶことで、効率よくトレーニングをすることができます。あなたのほしい自宅用ベンチプレスを探してみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー

BODYDESIGN『スターターパック/ラバーバーベルセット 50kg』は、「まずはベンチプレスでもやってみよう!」とトレーニングをはじめたい方向けの、文字どおりスターターセットです。

セット自体が場所もとらない設計に仕上げられ、万が一プレートを落としてしまった場合でも、プレートの最大の重さが7.5kgのラバー仕様なので安心してフリーウェイト・トレーニングにチャレンジできます。

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】ランニングシューズ人気おすすめ31選|初心者必見!トレーナーが教える選び方とメーカー別の特徴を紹介

【2020年版】ランニングシューズ人気おすすめ31選|初心者必見!トレーナーが教える選び方とメーカー別の特徴を紹介

ランニングシューズといっても、フルマラソンや陸上競技での長距離、短距離ランナー、健康のためのランニングなどと人それぞれ走る目的、走行距離が異なるため、目的にあったシューズを選ぶことが大切です。この記事では、全米エクササイズ&スポーツトレーナーの内田英利(ひでとし)さんへの取材をもとに、おすすめのランニングシューズを31選ご紹介します。ランニングシューズの選び方やメーカー別の特徴を解説しています。初心者におすすめな一足から中級者用に適したシューズなどもピックアップしていますので、ぜひ参考にしてください。


リストラップおすすめ10選|高重量筋トレで手首を保護【初心者でもかんたん】

リストラップおすすめ10選|高重量筋トレで手首を保護【初心者でもかんたん】

パーソナルトレーナーの田子政昌さんと編集部が、高重量のウェイトトレーニングに欠かせないリストラップの選び方、おすすめ10選をご紹介します・高重量のウェイトトレーニングをする際、手首のダメージが気になりますよね。そんなときに役立つのがリストラップ。しかし、製造しているメーカも多数あり、種類も豊富で、どれが自分に合っているか迷ってしまうこともあるでしょう。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


【距離測定に留まらないサポート機能が満載】GPS付きランニングウォッチおすすめ25選

【距離測定に留まらないサポート機能が満載】GPS付きランニングウォッチおすすめ25選

ランニングインストラクターでパーソナルトレーナーの田子政昌さんへの取材をもとに、2020年版GPS付きランニングウォッチ25選をご紹介します。スポーツ初心者にも役立つGPS付きランニングウォッチをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


ヨガウェアおすすめ16選&人気ランキング【おしゃれ】ルルレモンやナイキなどのブランドも

ヨガウェアおすすめ16選&人気ランキング【おしゃれ】ルルレモンやナイキなどのブランドも

ヨガインストラクターのRiEさんへの取材をもとに、ヨガウェアの選び方とおすすめ商品、人気ランキングをご紹介。ヨガを行うときの意識や集中力を大きく左右するのがヨガウェアです。人気のヨガウェアブランドからスポーツブランドのヨガウェアまで幅広くご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


スポーツタオルおすすめ10選|速乾や吸水にすぐれた製品・ギフトやプレゼントにも

スポーツタオルおすすめ10選|速乾や吸水にすぐれた製品・ギフトやプレゼントにも

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、スポーツタオルを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。スポーツをするのに欠かせないアイテムのひとつにタオルが挙げられますが、ひと口にスポーツタオルといっても用途はもちろん、素材や大きさ(長さ)、さらには色やデザインなど選択肢はいろいろとあり悩んでしまいますね。この記事では、スポーツタオルを購入するときにチェックするポイントのほか、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


新着記事


Amazonサイバーマンデー2020|ブラックフライデーから引き続き目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonサイバーマンデー2020|ブラックフライデーから引き続き目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などを特価で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開!ブラックフライデーに出遅れたひとや、クリスマスプレゼントを探している人。まだ間に合います。数量限定のおすすめセール攻略法などを参考にしてみましょう。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


スポーツ・自転車の人気記事


>>もっと見る