ホッチキスおすすめ14選【子供も使える針なし・中綴じ用も】止める位置も解説

マックス ホッチキス バイモ11 フラット 40枚とじ 100本装填 ブルー HD-11FLK/B
出典:Amazon
マックス ホッチキス バイモ11 フラット 40枚とじ 100本装填 ブルー HD-11FLK/B
出典:Amazon

会社や自宅で紙や書類をまとめるのに便利なホッチキス。本記事では、文房具ライターのきだて たくさんの協力のもとに、ホッチキスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

人気のマックスのホッチキスのほか、子供も使える安全な針なしタイプやパンフレット作りに役立つ中綴じ用など幅広く厳選しました。

記事後半では、ホッチキスを止める位置のルールもご紹介! この記事を読めば、あなたにピッタリの1点見つかります。ぜひ最後までチェックしてくださいね。


目次

この記事を担当するエキスパート

文房具ライター
きだて たく
最新機能系から駄雑貨系おもちゃ文具まで、なんでも使い倒してレビューする文房具ライター。 極端な悪筆と工作下手がコンプレックスゆえに自分を助けてくれる便利な文房具を探し求め続けており、その活動の結果得られた情報を雑誌・WEBなどの媒体で公開している。 文房具に関する著書多数。近著には『この10年でいちばん重要な文房具はこれだ決定会議』(共著 スモール出版)がある。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨、キッチン用品、ギフト・プレゼント
平野 慎也

「生活雑貨」「キッチン用品」「ギフト・プレゼント」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

◆本記事の公開は、2019年05月07日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ホッチキスの選び方 綴じる枚数などをチェック!

ピンク色のホッチキス
Pixabayのロゴ
ピンク色のホッチキス
Pixabayのロゴ

ホッチキスにも、さまざまなタイプがあり、用途によって適したホッチキスが変わります。

選ぶときのポイントは次のとおり。

【1】綴じ可能枚数は強力な「32枚綴じ」を選ぶ
【2】多用するなら分厚くても弱い力で綴じられるものを
【3】針が平らになるものを選ぶと書類の山にしたときに安心
【4】ホッチキスの種類で選ぶ
【5】軽い力で綴じられるホッチキスも
【6】綴じ位置が確認できると使いやすい
【7】リムーバー付きだと便利
【8】持ち運ぶならコンパクトなタイプも

これらのポイントをおさえることで、あなたにピッタリの商品が見つかります! 一つひとつ解説していきます。

『ホッチキスのおすすめ商品』を今スグみる

【1】綴じ可能枚数は強力な「32枚綴じ」を選ぶ

文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

一般的に使用される10号針のホッチキスは、コピー用紙でだいたい2枚から20枚前後が基本的な綴じ可能枚数となっています。ただ、最近は機械の改良によって綴じ枚数は大きくアップし、最大で32枚綴じまで発売されています。

この最大綴じ枚数は大きくて困ることはないので、できれば32枚綴じを選んでください。また、特殊な11号針で最大40枚綴じというパワフルなものもあり非常に便利ですが、専用針が必要で10号針とは混在させて使えないので要注意です。

【2】多用するなら分厚くても弱い力で綴じられるものを

 
文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

綴じる枚数が多くなると、今度はそれだけ針を打つのに力が必要になってきます。分厚い書類を綴じるのが一度なのであればともかく、何度も綴じていると手が疲れてしまいます。

最近発売されている綴じ枚数が多いホッチキスは、内部に小さな操作力で大きな力を生み出すことのできる倍力機構が搭載されているものが多いです。

「綴じる力50%オフ」などと謳われている製品であれば、軽い力でサクサクと厚い書類も綴じることができるので、ホッチキスを多用するなら便利な機能と言えるでしょう。

【3】針が平らになるものを選ぶと書類の山にしたときに安心

 
文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

一般的なホッチキスで綴じた跡を裏から見ると、針がメガネ型に盛り上がっていることがわかります。同じ箇所を綴じた書類が何冊も積み重なっていくと、そのメガネ型の盛り上がりだけが高くなり、無駄に厚くかさばってしまいます。また、書類の山が崩れやすくなるというのもやっかいなところ。

しかし、フラット機構のホッチキスなら、針を打つと同時にメガネ型の盛り上がりを潰して平らにしてくれます(フラットクリンチなどメーカーによって呼び方は異なります)。書類の束がすっきり片付くのは大きなメリットです。

【4】ホッチキスの種類で選ぶ

 

ホッチキスの中にもさまざまな種類があります。コンパクトで携帯性の高いものから、力がいらず自動で動くものなど、使う場所や使い方によって選ぶホッチキスは変わってきます。

仕事で資料作成がたくさんあるなら作業効率がアップするものがいいでしょう。自分がどんな場面にどれくらいの頻度で使うのかを考えて、ホッチキスの種類を選びましょう。

「ハンディタイプ」ひとつ持っておくだけで便利

 

ホッチキスと聞いてこのハンディタイプのものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。自宅や職場でときどき使用するという方は一般的なハンディタイプがおすすめです。手のひらサイズで使いやすく、常備品としてもぴったり。

20枚ほど綴じられるものが多く、たくさんの書類を綴じるためには不向きですが、40枚ほど綴じられるホッチキスもありますよ。

「卓上タイプ」綴じる枚数が多いときに活躍

 

机の上に置いたまま使用する卓上タイプは、たくさんの書類を綴じたい方よく使用する方におすすめ。あまり力を入れずにたくさんの枚数を綴じることができます。卓上タイプでも綴じれる枚数はバラバラなので、確認してから購入しましょう。

机の上に置きっぱなしでも邪魔にならない小型のものから、力のいらない電動のものまであります。どんなものが使いやすいかチェックしてみましょう。

「針なしタイプ」子どもやちょこっと使いにぴったり

 

少ない枚数を綴じるなら針なしタイプもあります。お子さんが使う場合や、乳幼児がいるご家庭にもおすすめ。針を使わないので綴じた部分がかさばらず、書類を重ねたいときに便利です。

小さな穴をあけて折るタイプと、圧着するだけで綴じるタイプがあります。圧着するタイプは穴の跡が残らないので、仮綴じとしても便利です。針を買わなくていいので、コスパがよくエコロジーです。

「電動タイプ」力を使わずに綴じれる

 

大量の資料を作成したい時には、電動のタイプがおすすめ。綴じる力はほとんどいらず、自動的に綴じてくれます。10号針に対応しているものも多く、針のチャージ量も多いので交換する回数が少ないのも嬉しいポイントです。

他のタイプのホッチキスに比べると価格は高くなりますが、作業効率を上げたい方におすすめです。

中綴じには中綴じ専用か回転式のホッチキスを使おう

 

冊子などを作りたいときには、中綴じ用のホッチキスが必須です。普通のホッチキスでは届かない冊子の真ん中部分にまで届き、タテに綴じることもできます。

中綴じだけに使うのであれば中綴じ専用のものの方が綴じる力が強いのでおすすめです。回転式のものは、中綴じだけでなく一般的なホッチキスとしても多様に使用することができます。

工作用ならタッカーがおすすめ

工作に便利なタッカー
Pixabayのロゴ
工作に便利なタッカー
Pixabayのロゴ

女性でもかんたんに使える、便利なタッカー

木工、建築やDIYに使うなら、工作用のホッチキスといえるタッカーがおすすめです。家具に布を貼ったり、木材同士をつなぎ合わせたりするときに使います。

【5】軽い力で綴じられるホッチキスも

ホッチキス
Pixabayのロゴ
ホッチキス
Pixabayのロゴ

握りやすいデザインのものは、軽い力でとめられる

握りやすいデザインになっているかをチェックするのもポイントです。自分の手に合わないものを使うと、余計な力を使って疲れてしまいます。また、失敗しやすくなり、針を外して綴じ直すことになるので余計な労力がかかります。

握りやすく手にフィットするデザインのものは、失敗が減りスピーディーに作業を進めることができます。

【6】綴じ位置が確認できると使いやすい

綴じる場所がわかるホチキス
Pixabayのロゴ
綴じる場所がわかるホチキス
Pixabayのロゴ

綴じ位置が確認しやすいホッチキス

綴じる針の位置をそろえてきれいに仕上げたい方は、綴じ位置ガイド付きのものがおすすめ。針の位置が違ったり、斜めになってしまったり、針の位置を揃えてきれいに綴じるのは案外難しいのです。

奥行きをそろえてきれいに綴じたいのであれば、綴じ位置ガイドがついているものがいいでしょう。綴じ方がきれいだと相手に好印象を与えることができます。ちょっとした工夫で差をつけましょう。

【7】リムーバー付きだと便利

リムーバーつきのホッチキス

Photo by Nicolae Valera on Unsplash

リムーバーつきのホッチキス

Photo by Nicolae Valera on Unsplash

リムーバーがついているホッチキスは、針を外すことができて便利

針で綴じるタイプのホッチキスを使うなら、リムーバーつきを選ぶのがおすすめです。綴じるのに失敗したときや、綴じられた書類をシュレッダーにかけたいときなど針を外す場面は割とあるのです。

リムーバーつきのものであれば、スムーズに取ることができますし、爪を傷めることもありません。ハンディタイプのものはリムーバーがついているものが多いですが、ついていない商品もあるので確認しましょう。

【8】持ち運ぶならコンパクトなタイプも

コンパクトなホッチキス
Pixabayのロゴ
コンパクトなホッチキス
Pixabayのロゴ

コンパクトサイズは持ち運びに便利

カバンなどに入れて、携帯したい方は持ち運びがしやすいかもチェックしましょう。バックなどに入れて常に携帯していると、いざ必要な時にすぐに取り出せて便利です。

ただしコンパクトさを求めるあまりに、小さすぎると使いづらくなるので、丁度いいサイズ感のものを選びましょう。ロック付きのものにすると、カバンのなかで針がおちる心配もいりませんよ。

綴じ枚数・綴る力・フラットクリンチ機構を確認! 文房具ライターからのアドバイス

文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

最初にも述べましたが、今から一般的なホッチキスを買うなら、32枚綴じ・綴じる力50%減・フラットクリンチ機構の3つは必要な機能といえるでしょう。

おすすめ商品としてはマックスのサクリフラットを紹介していますが、見た目やカラー、雰囲気を優先して他社の製品を選んでも、まず不満を感じることはないでしょう。

どの機能も一昔前のホッチキスと比べると格段に進化していますので、とにかく試してみてください。

ホッチキスのおすすめ14選 マックス、プラスなど有名メーカーの商品

ここまでに紹介したホッチキスの選び方のポイントをふまえて、文房具ライターのきだて たくさんと編集部で選んだおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』

マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』 マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』 マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』 マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』 マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』 マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』
出典:Amazon この商品を見るview item
文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

専門メーカーならではの使いやすさ

現在では、各メーカーともに「10号針で32枚綴じ」「フラットクリンチ機構」「綴じる力50%減」のすべてを備えたホッチキスを発売していますが、使いやすさで頭ひとつ抜け出しているのは、やはり専門メーカーであるマックスのものでしょう。

たとえば、使っていて地味にありがたみを感じるのが、マガジン内の針置き台。これは装填(そうてん)する際に針がまっすぐ入って、なかで転がらないようになっています。

ほかにも、本体上部に予備の針が100本入るポケットや、針の残り本数が外から見える残量ゲージ、外した針が飛び散らないリムーバーなど、こまかい工夫が随所に施されていてとても便利です。

プラス『針なしホッチキス ペーパークリンチ 卓上型 12枚とじ(SL-112A)』

プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』 プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』 プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』 プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』 プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』 プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』 プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』 プラス『針なしホッチキスペーパークリンチ卓上型12枚とじ(SL-112A)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ひと押しで12枚、針がいらない卓上型

プラスからは、針がいらないホッチキスが3種類販売されています。こちらはコンパクトサイズでデスクに置きやすい卓上型の商品です。プラス独自の機構である「パワーアシストメカニズム」を搭載し、ひと押しで12枚を綴じることが可能。連続作業に威力を発揮してくれます。

金属の針を使わないホッチキスのメリットには、ゴミの分別がラク、ケガや誤飲の心配が少ない、消耗品が不要といった点が挙げられます。一方で穴が大きくなってしまうなどのデメリットもあるので、使うシチュエーションをよく考えてから購入するようにしましょう。

エキスパートのおすすめ

マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』

マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』 マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』 マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』 マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』 マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』 マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』
出典:Amazon この商品を見るview item
文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

小さいのに高品質&高機能! 強力40枚綴じを実現

マックス独自規格である11号針(10号針より少し針足が長い)を使うということで、やや針の入手が面倒ですが、それでも小型ホッチキスで最強との呼び声が高いバイモ11フラット。

10号針の針足をギリギリいっぱいまで使っている32枚綴じに対して、足の長い11号針でしっかり綴じられて40枚綴じという点で、やはり優位性が高いです。

また、綴じる際に針がぶれないように、内部のパーツに分厚い鋼板を使っているなど、作り込みも高品質で安心感があります。もちろん、軽い力でサクッと綴じられる倍力機構やフラットクリンチ機構もあり、とにかくこれ一台あればホッチキスで困ることはあまり無さそうです。

エキスパートのおすすめ

プラス『ピタヒット(ST-010XH)』

プラス『ピタヒット(ST-010XH)』 プラス『ピタヒット(ST-010XH)』
出典:Amazon この商品を見るview item
文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

軽量設計で携帯性抜群! コンパクトで使いやすい

綴じ枚数こそコピー用紙20枚と一昔前の性能ですが、プラスのピタヒットは約50gという超軽量設計のホッチキスです。たまご1個分ほどの重さなので、カバンに入れても全く気にならないほど。

筆箱に入れるにはややサイズが大きいですが、それでも針が100本装填できる実用サイズのホッチキスを持ち歩きたいなら、これが最適でしょう。

また、針の綴じ位置をそろえて調整できるガイドの奥行きナビも付いているので、見た目がそろった資料を作るのにも便利です。

エキスパートのおすすめ

マックス『ホッチくる(HD-10V)』

マックス『ホッチくる(HD-10V)』 マックス『ホッチくる(HD-10V)』 マックス『ホッチくる(HD-10V)』 マックス『ホッチくる(HD-10V)』 マックス『ホッチくる(HD-10V)』 マックス『ホッチくる(HD-10V)』
出典:Amazon この商品を見るview item
文房具ライター:きだて たく

文房具ライター

回転する特殊な綴じ方も可能、冊子用としても

見た目は全く普通のホッチキスですが、本体内部のマガジンから打ち出し口までの部分をくるりと回転させることで、冊子の中綴じ(ページ中央を針で綴じたもの)ができるという特殊機能を備えています。

中綴じ以外にも、工作の筒止めや紙箱の留め合わせといった特殊な綴じ方に使えるので、同人誌の作成やペーパークラフト用のツールとして密かな人気を誇るロングセラー商品でもあります。

マックス『HD-10D』

マックス『HD-10D』 マックス『HD-10D』 マックス『HD-10D』 マックス『HD-10D』 マックス『HD-10D』 マックス『HD-10D』
出典:Amazon この商品を見るview item

100連針でサクサク使える! 安心のメーカー

ホッチキスの有名メーカー「マックス」の、スタンダードなタイプのホッチキスです。機能面で言えばとてもシンプルですが、とても使いやすい商品です。

針も100連のものを入れることができるので、交換作業が少なくて済むのはうれしいところ。カラーバリエーションも豊富。

マックス『バイモ80(HD-11UFL)』

マックス『バイモ80(HD-11UFL)』 マックス『バイモ80(HD-11UFL)』 マックス『バイモ80(HD-11UFL)』 マックス『バイモ80(HD-11UFL)』 マックス『バイモ80(HD-11UFL)』 マックス『バイモ80(HD-11UFL)』
出典:Amazon この商品を見るview item

業務用にも!軽い力で80枚の資料を綴じられる

綴じ可能枚数が2~80枚と、幅広く綴じられる卓上タイプのホッチキスです。50枚以上の大量の紙を軽い力で綴じることができ、万能型と呼べるでしょう。

また、卓上タイプでありながらもコンパクトな作りで、パワーと軽さを兼ね備えています。

プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』

プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』 プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』 プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』 プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』 プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』 プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』 プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトながらも32枚綴じにも対応!

とてもコンパクトな本体サイズですが、32枚綴じまで対応している商品です。軽い力で綴じることができる「パワーシストメカニズム」を採用し、力の弱い方でもかんたんに書類を留めることができます

加えて綴じ方がかさばりやすいメガネ型ではなく、平たく綴じることができるフラット機構を搭載しているので、たくさんの書類もスリムにまとまります。

マックス『シリコンホッチキスVol.1 みずべのいきもの しりこん さめ(HD-10NX/S SH)』

マックス『シリコンホッチキスVol.1みずべのいきものしりこんさめ(HD-10NX/SSH)』 マックス『シリコンホッチキスVol.1みずべのいきものしりこんさめ(HD-10NX/SSH)』 マックス『シリコンホッチキスVol.1みずべのいきものしりこんさめ(HD-10NX/SSH)』 マックス『シリコンホッチキスVol.1みずべのいきものしりこんさめ(HD-10NX/SSH)』 マックス『シリコンホッチキスVol.1みずべのいきものしりこんさめ(HD-10NX/SSH)』
出典:Amazon この商品を見るview item

いつもいっしょにいたい、かわいいホッチキス

かわいい文具が好きな方におすすめしたいのがこちらの商品。デスクに置いておくだけでほっこりしそうなサメの形をしたホッチキスです。シリコンカバーはプニプニさらさらの手触りで、いつも握っていたくなる感触。もちろん、愛らしいデザインでも耐久性や品質に抜かりはありません。

ほかに「びーばー」と「わに」があり。さらに今後も続々と新しい仲間が登場するというから楽しみですね。数量限定販売なので、通販サイトに在庫があるうちにゲットしましょう。

マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』

マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』 マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』 マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』 マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』 マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』 マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』
出典:Amazon この商品を見るview item

子どもには子どもに適したホッチキスを

子どもが使うのにうれしい機能を詰め込んだホッチキスです。綴じる力を従来の商品に比べて50%軽減する「軽とじ機構」を採用。50本の針を装填できるうえ、交換用に100本の針を本体にストックできる親切設計。さらに名前が書けるシールつきと、まさに至れり尽くせり。

カラーは就学前の幼児や小学生が好みそうなブルー、イエロー、ピンクの3色から選べます。子どもの工作にも適したホッチキスを使えば、道具に対する愛着心が芽生えそうですね。

マックス『ホッチキス 卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』

マックス『ホッチキス卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』 マックス『ホッチキス卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』 マックス『ホッチキス卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』 マックス『ホッチキス卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』 マックス『ホッチキス卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』 マックス『ホッチキス卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』
出典:Amazon この商品を見るview item

100枚以上の紙もまとめて綴じる大型ホッチキス

家庭で使う一般的な紙綴じ用から、プロ仕様の業務用製品まで、さまざまな用途のホッチキスを幅広く扱うマックス。こちらは一気に100枚以上の紙を綴じることもできる商品です。

一般的なコピー用紙なら、長さの異なる針を装填して30枚から最大で170枚まで綴じることが可能。装填した針足の長さをひと目で確認できる大きな窓やズレを防止する調整レバーがついて、使い勝手も申し分ありません。無骨なデザインでいかにも頼りになりそうな一台です。

コクヨ『 ハリナックスプレス ( SLN-MPH105P)』

コクヨ『ハリナックスプレス(SLN-MPH105P)』 コクヨ『ハリナックスプレス(SLN-MPH105P)』 コクヨ『ハリナックスプレス(SLN-MPH105P)』 コクヨ『ハリナックスプレス(SLN-MPH105P)』 コクヨ『ハリナックスプレス(SLN-MPH105P)』 コクヨ『ハリナックスプレス(SLN-MPH105P)』 コクヨ『ハリナックスプレス(SLN-MPH105P)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コスパが高くエコなハリナックス

名前の通り針を使わずに閉じることができます。プレスして綴じるタイプなので、穴も開けず、仮綴じや穴を空けたくない資料を綴じるときにも使えます。また針がないので、資料がかさばらないというメリットもあります。

綴じ位置の目安が付いているので、きれいに綴じることができます。外したいときは、プレスしている部分をペンなどでなぞれば外すことができます。

uyoyous 『MYHOホチキス 大型』

uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』 uyoyous『MYHOホチキス大型』
出典:Amazon この商品を見るview item

100枚綴じれる大型ホチキス

業務用の大型ホチキスで約100枚まで綴じることができます。卓上に置いて使用でき、少ない力でしっかりと綴じてくれます。用紙は奥まで入れることができ、パンフレットなどの中綴じ制作でも使用可能です。

針のチャージ量も多いので、針を変える手間が少なく効率よく作業することができます。ホッチキスを使う場面の多い業務で大活躍のアイテムです。

INOZTO『 ホッチキス( BO-F10-BK)』

INOZTO『ホッチキス(BO-F10-BK)』 INOZTO『ホッチキス(BO-F10-BK)』 INOZTO『ホッチキス(BO-F10-BK)』 INOZTO『ホッチキス(BO-F10-BK)』 INOZTO『ホッチキス(BO-F10-BK)』 INOZTO『ホッチキス(BO-F10-BK)』
出典:Amazon この商品を見るview item

効率アップの電動タイプ

単4電池4本で動く電動のホッチキスです。挿すだけで自動で動き力がいりません。本体の重量も軽いので持ちやすく、疲れ知らずで作業効率がアップします。スムーズに作業したい方におすすめです。

綴じる部分は見やすいように透明になっているのもポイントです。予備の針は箱ごと収納可能なので持ち運びにもすぐれています。

「ホッチキス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』
プラス『針なしホッチキス ペーパークリンチ 卓上型 12枚とじ(SL-112A)』
マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』
プラス『ピタヒット(ST-010XH)』
マックス『ホッチくる(HD-10V)』
マックス『HD-10D』
マックス『バイモ80(HD-11UFL)』
プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』
マックス『シリコンホッチキスVol.1 みずべのいきもの しりこん さめ(HD-10NX/S SH)』
マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』
マックス『ホッチキス 卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』
コクヨ『 ハリナックスプレス ( SLN-MPH105P)』
uyoyous 『MYHOホチキス 大型』
INOZTO『 ホッチキス( BO-F10-BK)』
商品名 マックス『サクリフラット(HD-10FL3K)』 プラス『針なしホッチキス ペーパークリンチ 卓上型 12枚とじ(SL-112A)』 マックス『バイモ11フラット(HD-11FLK)』 プラス『ピタヒット(ST-010XH)』 マックス『ホッチくる(HD-10V)』 マックス『HD-10D』 マックス『バイモ80(HD-11UFL)』 プラス『フラットかるヒット(ST010VN)』 マックス『シリコンホッチキスVol.1 みずべのいきもの しりこん さめ(HD-10NX/S SH)』 マックス『サクリキッズ(HD-10NLCK)』 マックス『ホッチキス 卓上タイプ(12号シリーズ・大型特殊用途)(HD-12N/17)』 コクヨ『 ハリナックスプレス ( SLN-MPH105P)』 uyoyous 『MYHOホチキス 大型』 INOZTO『 ホッチキス( BO-F10-BK)』
商品情報
特徴 専門メーカーならではの使いやすさ ひと押しで12枚、針がいらない卓上型 小さいのに高品質&高機能! 強力40枚綴じを実現 軽量設計で携帯性抜群! コンパクトで使いやすい 回転する特殊な綴じ方も可能、冊子用としても 100連針でサクサク使える! 安心のメーカー 業務用にも!軽い力で80枚の資料を綴じられる コンパクトながらも32枚綴じにも対応! いつもいっしょにいたい、かわいいホッチキス 子どもには子どもに適したホッチキスを 100枚以上の紙もまとめて綴じる大型ホッチキス コスパが高くエコなハリナックス 100枚綴じれる大型ホチキス 効率アップの電動タイプ
綴じ枚数 約32枚 約12枚 40枚 2~20枚 15枚 20枚 2~80枚 約2~32枚 20枚 20枚 30~70枚(1210FA-H使用時)、 50~110枚(1213FA-H使用時)、110~170枚(1217FA-H使用時) 5枚 100枚 20枚
質量/サイズ 106g(針200本収納時)/H66×W28×D83mm 343g/H110×W70×D130mm 165g/H68×W30×D107mm 50g/H48×W25×D96mm 69g/H51×W23×D113mm 94g/H50×W23×D103mm 690g/H153×W63×D202mm 106g/H60×W30×D81mm 106g/H52×W120×D30mm 85g/H55×W26×D80mm 2160g/H215×W90×D390mm 60g/H155xW112xD37mm 900g/H300xW1180xD740mm 310g/W184×D45×H84mm
カラー ピンク、ブルー、ホワイト、ライトグリーン ピンク、ブルー、グリーン ブルー、イエロー、ホワイト、ブラック、レッド ブルー、グリーン、ピンク、レッド、ホワイト ダークグレー、ピンク、ブルー ピンク、ブラック、ブルー、ライトグリーン レッド、ホワイト グリーン、ピンク、ブルー、ホワイト グレー(びーばーはブラウン、わにはグリーン) ブルー、イエロー、ピンク グレー ピンク、ホワイト、グリーン、ブルー シルバー- ホワイト、ブラック、ブルー、ピンク
綴じ奥行き 29mm 17.8~23.5mm 28mm 3~20mm、7段階で調整 70mm(通常時、回転時の針中央より) 58mm - 30mm 51mm 26mm 68mm(最大) - - 10mm
使用針 No.10 - No.11 No.10 No.10 No.10 No.11 No.10 No.10 No.10 No.12(1210FA-H、1213FA-H、1217FA-H) - 36/6、23/8、31/10、23/13 10号針
商品リンク

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ホッチキスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのホッチキスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ホチキスランキング
楽天市場:ホッチキスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ホッチキスの止める位置にはルールがある? ホッチキスの止め方

資料をホッチキスで留めている画像
ペイレスイメージズのロゴ
資料をホッチキスで留めている画像
ペイレスイメージズのロゴ

資料をホッチキスで留める時には、留める位置にルールがあるということを知っていましたか?

実は横書きの資料の場合は「左上」を留め、縦書きの資料の場合は「右上」を留めるというのがマナーといわれています。

これは縦書きの文章は右から左に読み、横書きの文章は左から右にかけて読み、読み終えた側をめくるためです。つまり、無駄なストレスを与えないように読む人のことを考えたマナーなのです。

とくにビジネスなどの場面では、針の位置まで読み手の目線で考えることができればベストな気配りといえるのではないでしょうか。

ホッチキスでとめた紙をゴミ出しするときは? 芯の扱いに注意!

積み上げられた書類
Pixabayのロゴ
積み上げられた書類
Pixabayのロゴ

業者に古紙回収で使用済みの書類を渡す前に、リサイクルのために分別しようと1束ずつホッチキスの芯を取ることを煩わしいと思う方も多いかもしれません。

しかし、なんと実際は、古紙回収に出すのであれば芯を取る必要はないのです。これでホッチキスを外すのに使っていた時間をほかに有効活用することができますね。

ただ、燃えるゴミとして出す際には、芯を取って分別しなければいけないので注意してください。

「リサイクルの際には芯を取らなくてもよい」とホッチキスの針の箱の裏に書いてある製品もあるので、もし手元にあればチェックしてみてもいいかもしれません。

ホッチキスに関するアイテムをさらにご紹介! 【関連記事】

書類・資料作成の強い味方を探そう!

大量の書類や資料を作成する人にとって、ホッチキスは欠かせない道具です。高頻度に使うものであればあるほど、少しでも効率化すれば大きな時間と労力の節約になります。また、こまかい作業でストレスを溜めないということも大きなポイントのひとつです。力を使わずに綴じることができるもの、針のチャージ量が多く交換が少ないものは作業の効率をアップできます。自分の用途に合ったものを選び、資料・書類作成をより効率的に行ないましょう。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button