製本機おすすめ11選│中綴じ・リング式でカンタン自作本を【無線タイプも】

製本機おすすめ11選│中綴じ・リング式でカンタン自作本を【無線タイプも】
文具研究家
秋月 千津子

文具研究家、ISOT (国際文具・紙製品展。国内外のメーカーが集う日本最大級の「文具PR商談会」)PRサポーター、「文房具カフェ」会員。 文具についての情報をさまざまなメディアで発信中。 得意ジャンルはノートなどの紙類、ボールペン。 オフィスや文房具屋に必ず置いてあるような定番文具を好む。 推しメーカーは三菱鉛筆、リヒトラブ、クルーシャル。

会社の資料作成や、学校行事などで行われる製本作業。最近では個人で利用できる簡易製本機が多数販売されています。卓上タイプもあるため、わざわざ製本機のために大きなスペースを使う必要もなく、購入しやすい価格帯の商品も登場しています。この記事では、文具研究家の秋月千津子さんと編集部が、製本機の選び方とおすすめ商品11選を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。


製本機の選び方 製本タイプ、サイズ、厚み、消耗品で

机の上に高く積まれた書類
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

製本機を選ぶためのポイントをおさえていきましょう。

製本機は、製本方法や用紙の厚みなどによって、選び方が異なります。製本のタイプや機能について、選び方のポイントを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

製本タイプで選ぶ

まずは、製本タイプの種類について紹介します。具体的な製本方法を知ることで、どのタイプがどういった冊子をつくるのに向いているのかをイメージできます。小説のような形にしたい、雑誌のような綴じ方がいいなど、完成品のイメージから製本機を選んでみるといいでしょう

『くるみ製本』市販の書籍と同じ仕上がりを

「くるみ製本」は「背のり方式」ともいわれる、市販の書籍で多く利用されている一般的な製本タイプです。単行本や小説、参考書などはほとんどくるみ製本で作成されています。専用のカバーを使い、表紙となかの冊子をのりで貼り合わせ、熱を加えて仕上げる方法です。

また、くるみ製本タイプの製本機はリーズナブルなものが多いのも特徴。専用カバーを別途購入する必要はありますが、見た目を美しく仕上げたい人に向いています。

『中綴じ製本』雑誌に使われている

薄手の雑誌などに使用されている製法が「中綴じ製本」です。紙を折り、中央をホチキスで留めるタイプで、ランニングコストが少ないのが特徴です。

業務用途では専用の製本機が必要になりますが、個人で使うものだと大きなホチキスのようなタイプもあります。中綴じ製本は折り曲げる作業も必要で手間がかかりますが、自動で折り曲げてくれる製本機もあるので、用途に合わせて選ぶといいでしょう。

『テープ製本』手軽にオリジナルノートができる

「テープ製本」は、その名のとおりテープで製本する方法です。ホチキスでまとめた書類の背にテープを貼ることで、見栄えと耐久性が向上します。コストを掛けず、見た目のよい簡易的な製本がしたい方におすすめです。

製本用のテープは手で貼ることもできますが、1冊ずつ貼っていると時間がかかるので、テープ製本用の製本機を活用したほうがいいでしょう。

『リング製本』リングノートができる

リングノートと同じように製本できるのが「リング製本」です。試験勉強などで自分でまとめた資料を、リングノートとして保管しておきたい人に適しています。見開きしやすい構造なので、勉強時に使いやすいでしょう。ただし、リング部分がかさばるので、配布目的には適していません。

製本方法は、穴を開けてリングをとおすといったシンプルなもの。書類を製本機にはさんでレバーを引くだけ、といったカンタンな操作で制作できるものが多くあります

製本したい用紙のサイズに対応しているか

製本機セットしている
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

製本機は、本にしたい用紙のサイズに対応したものを選びましょう。よくある勘違いが「A3まで対応しているからA5も作れるだろう」というもの。製本機ごとに対応する用紙サイズが決まっており、大きいサイズに対応しているからといって、小さいサイズの製本ができるわけではありません。用紙の対応サイズは必ず確認しましょう。

背幅の厚みに対応しているかもチェック

用紙サイズを確認すると同時に、作成する冊子の厚みも気にしなければなりません。製本する厚さを事前に確認して、厚みに対応できるものを選びましょう。

また、どのぐらいの厚さかわからないから、分厚い製本が可能なタイプを選ぶというのはあまりおすすめできません。分厚い本にも対応できるスペックの高いものでも、製本に時間がかかる、高価なものが多いなどデメリットがあります。きちんと自分に合っているサイズを選ぶほうがお得ですよ。

コストパフォーマンスで選ぶ

コイン
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

本体の機能や価格で選ぶのも必要ですが、別途かかる消耗品のコストなども事前に把握しておきましょう。リング製本はリープリング、中綴じ製本はホッチキスの芯、くるみ製本は背のり方式専用のカバーなど、製本方法によって必要な消耗品があります。頻繁に使用する場合や、そこまで製本方法にこだわらない場合には、本体価格以外にも消耗品が安いタイプを選んだほうがいいでしょう。

消耗品が入手しやすいかにも着目 文具研究家がアドバイス

文具研究家

製本機の購入を検討している場合、使用目的が明確だと思うので「製本の方法」「対応サイズ・厚み」が希望に合っていることをしっかり確認しましょう。特に「厚み」は綺麗に製本できるかを左右するポイントになります。

また、見落としがちなのは製本カバーやリングなどの「消耗品」。価格は勿論ですが、手に入りやすいかどうかもチェックを! カンタンに入手できない場合は、本体購入時に消耗品もある程度の量を買っておきましょう。

製本機おすすめ11選 本格用から家庭用まで! 多彩な機能も

さまざまな製本機の中から厳選したものを11選紹介していきます。本格的に製本したい人から、家庭でちょっと使いたい人まで適した商品を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

文具研究家

『SURE BIND 2500』は、厚みに合わせて美しく製本してくれるだけでなく、製本後の改ざんを防ぐという点でもすぐれた商品です。論文や重要な資料の保存など、なるべく外部の人に触れさせたくない書類の整理にもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ACCO BRANDS JAPAN(アコ・ブランズ・ジャパン)『SURE BIND 2500(GSB2500R)』

アコ・ブランズGBCシュアバインドGSB2500R24518 アコ・ブランズGBCシュアバインドGSB2500R24518 アコ・ブランズGBCシュアバインドGSB2500R24518 アコ・ブランズGBCシュアバインドGSB2500R24518 アコ・ブランズGBCシュアバインドGSB2500R24518

出典:Amazon

サイズ 幅597×奥行457×高さ274mm
製本タイプ シュアバインド
対応用紙サイズ A4長辺サイズ(297mmまで)
製本厚 50mm(コピー用紙最大450枚程度)
重量 20.9kg
 製本時間 約15秒

特殊な串刺し加工! 本格的な製本がしたい人に

ピンを書類に刺し、余った部分をヒートカット処理する方式の製本機。しっかりと綴じることができるので耐久性が高く、一度製本したものをキレイに分解することも難しくなります。本格的な製本がしたい人や、内容の改ざんを防ぎたい人にピッタリです。

使用方法は、書類と専用ファイルに穴をあけ、製本機にセットしてボタンを押すだけ。業者に依頼できない社外秘の資料でも、カンタンに本格的な製本ができますよ。

文具研究家

『製本機 ファーストバック 9』は4種類の綴じ方ができ、厚みも250枚まで対応という、高性能な製本機です。製本した後も180度開くので、読みやすく、コピーなども取りやすいですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

INTER COSMOS(インターコスモス)『製本機 ファーストバック 9(A65FB9)』

テープ製本・くるみ製本・契約書製本・ハードカバー製本ができる業務用製本機【ファーストバック9】すぐ使える製本テープ付き/糊付け製本/熱製本/ホットメルト/加熱/電子製本機/背貼り製本機/議事録用/fastback/ファストバック テープ製本・くるみ製本・契約書製本・ハードカバー製本ができる業務用製本機【ファーストバック9】すぐ使える製本テープ付き/糊付け製本/熱製本/ホットメルト/加熱/電子製本機/背貼り製本機/議事録用/fastback/ファストバック テープ製本・くるみ製本・契約書製本・ハードカバー製本ができる業務用製本機【ファーストバック9】すぐ使える製本テープ付き/糊付け製本/熱製本/ホットメルト/加熱/電子製本機/背貼り製本機/議事録用/fastback/ファストバック

出典:楽天市場

サイズ 幅490×奥行282×高さ318mm
製本タイプ テープ製本、くるみ製本、契約書製本、ハードカバー製本
対応用紙サイズ A4、A5
製本厚 2~250枚(最大500ページ)
重量 7.2kg
 製本時間 30~60秒

1台で4つの製本スタイルが可能!

テープ、くるみ、ハードカバー、契約書製本の4つの製本スタイルが可能な製本機。マルチな製本を求めるオフィス用として重宝します。

ウォームアップの必要もなく、約30秒のカンタン3ステップで製本できる高スペックな商品。500ページまで製本可能で、180度見開き製本もできます。官公庁での使用実績もあるので、製本頻度が多い部署でも安心して使えますよ。

文具研究家

『卓上製本機 とじ太くん3000』は、エントリーモデルでお手頃価格ながら、機能は充分! コンパクトなので場所を取らない点も魅力です。専用の製本カバーも種類が豊富で、さまざまな用途に使えますよ!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JIC(ジャパンインターナショナルコマース)『卓上製本機 とじ太くん3000(JICTJ3000)』

JIC卓上製本機とじ太くん3000型 JIC卓上製本機とじ太くん3000型 JIC卓上製本機とじ太くん3000型 JIC卓上製本機とじ太くん3000型 JIC卓上製本機とじ太くん3000型 JIC卓上製本機とじ太くん3000型 JIC卓上製本機とじ太くん3000型 JIC卓上製本機とじ太くん3000型

出典:Amazon

サイズ 幅390×奥行165×高さ175mm
製本タイプ ホットメルト製本
対応用紙サイズ A5タテ、B5、A4、B4、A3ヨコ
製本厚 最大背幅30mm(1~300枚)
重量 約1580g
 製本時間 45秒

ビジネスや家庭用に! くるみ製本の小型モデル

1.5mm幅の厚さなら18冊まで一度に製本ができる、くるみ製本タイプの卓上製本機。生徒数が多い学校の文集作成や、新人研修資料が大量に必要なオフィスでの使用に向いています。

見た目はコンパクトでブックスタンドのよう。使わないときには、目立たないところに収納できるので、家庭で使用しても邪魔になりません。年間200冊以上を製本する利用者向けなので、利用頻度が多い人にピッタリですね。

RAYSON『リング製本機 』

リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚 リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚 リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚 リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚 リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚 リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚 リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚 リング製本機多穴パンチA4/34穴対応製本枚数120枚/穴あけ枚数12枚

出典:Amazon

サイズ 幅400×奥行230×高さ370mm
製本タイプ リング製本
対応用紙サイズ A4(B5、A5、B6にも対応)
製本厚 製本枚数120枚、穴あけ枚数12枚
重量 -
 製本時間 -

120枚も製本可能! 操作もカンタン

レバーを引くだけで、穴あけとリング製本が同時にできる製本機。自宅で自作ノートを作るときや、卓上カレンダーなどを作ることもできます。

手動式のため、電源が必要ないのが特徴。どこでも使うことが可能で、イベントなどで使用する際にも活躍するでしょう。高品質のカーバインドブレードを採用しているので、厚みがあってもストレスなく使用できます。

サンコー『フルオートマチック製本マシーン(ZYAUTB2K)』

サンコー製本機中綴じ製本オートマチックZYAUTB2K サンコー製本機中綴じ製本オートマチックZYAUTB2K サンコー製本機中綴じ製本オートマチックZYAUTB2K

出典:Amazon

サイズ 幅500×高さ233×奥行395mm
製本タイプ 中綴じ製本
対応用紙サイズ 最大A3~最小A5
製本厚 推奨最大16枚
重量 -
 製本時間 -

1冊3秒ほど! レバーを倒すだけで製本

薄めの冊子に適した、中綴じ製本機です。3号芯のホチキスで留めるのでランニングコストが低く、安く製本したい方に適しています。

ハンドルを倒すだけでホチキス留めと紙の折りたたみをしてくれるので、1冊3秒程度で製本が可能です。社内のマニュアルやパンフレットなど、大量に冊子を作らないといけないときに活躍してくれるでしょう。

アスカ『Asmix パーソナル製本機(B2500)』

アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊 アスカAsmixパーソナル製本機B2500自炊

出典:Amazon

サイズ 幅423×奥行90×高さ178mm
製本タイプ くるみ製本
対応用紙サイズ A4、B5
製本厚 24mm
重量 約900g
 製本時間 60秒

手に取りやすい価格が魅力! 本をばらす用途にも

比較的低価格なくるみ製本タイプの商品です。コンパクトでデスク上でも邪魔にならないサイズ感。邪魔になりづらく、手に取りやすい価格なのではじめて製本機を買う方にもおすすめできます。

A4サイズ、厚さ24mmまで対応可能。製本以外にも、糊付けされた本やノートを分解する用途にも使用可能で、電子書籍への自炊にも活用できます

RAYSON『コームリング製本機(SD-220)』

コームリング製本機多穴パンチA4サイズ/21穴製本枚数400枚/穴あけ枚数22枚 コームリング製本機多穴パンチA4サイズ/21穴製本枚数400枚/穴あけ枚数22枚 コームリング製本機多穴パンチA4サイズ/21穴製本枚数400枚/穴あけ枚数22枚 コームリング製本機多穴パンチA4サイズ/21穴製本枚数400枚/穴あけ枚数22枚 コームリング製本機多穴パンチA4サイズ/21穴製本枚数400枚/穴あけ枚数22枚 コームリング製本機多穴パンチA4サイズ/21穴製本枚数400枚/穴あけ枚数22枚 コームリング製本機多穴パンチA4サイズ/21穴製本枚数400枚/穴あけ枚数22枚

出典:Amazon

サイズ 幅250×奥行460×高さ380mm
製本タイプ リング製本
対応用紙サイズ A4
製本厚 最大400枚
重量 -
 製本時間 -

ピッチや穴の数を調整して思い通りのノートを作成

穴あけと製本を同時に行えるリング製本タイプです。ピッチや穴の数の調整が容易で、思い通りの綴じ方が可能。製本リングはやわらかめで扱いやすいので、オリジナルのノートや豆ノートをカンタンに作ることができます。オリジナルのノートを手作りすれば、勉強も楽しくなりますね。

また、製本だけなら400枚までの厚みに対応しているので、大型の本を作る方にもおすすめです。

KOKUYO(コクヨ)『パーソナル製本機(セキ-GTS500)』

コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500 コクヨパーソナル製本機メルティーサーマタイプセキ-GTS500

出典:Amazon

サイズ 幅360×奥行111×高さ150mm
製本タイプ サ―マタイプ製本
対応用紙サイズ A4-S長辺とじ
製本厚 1~120枚
重量 -
 製本時間 40秒

素早くくるみ製本ができるおしゃれな製本機

流線型のおしゃれなデザインが目を惹きます。コンパクトなサイズで置き場所を選ばず、ご家庭からオフィスまで幅広いシーンで活躍してくれるでしょう。

1冊約40秒ほどのスピードで製本が可能。製本完了時にはブザーが鳴るので、ほかの作業と並行して製本作業が行えます。事務作業が多い部署でも効率よく作業ができるでしょう。

MAX(マックス)『電子製本機(TB-1000A)』

マックス電子製本機TB-1000A マックス電子製本機TB-1000A マックス電子製本機TB-1000A マックス電子製本機TB-1000A マックス電子製本機TB-1000A

出典:Amazon

サイズ 幅491×奥行415×高さ292mm
製本タイプ テープ製本
対応用紙サイズ A4短め方向(210mm)〜A4長め方向、A3短め方向(297mm)まで
製本厚 6~100枚
重量 13.6 g
 製本時間 10秒

1冊約10秒で背表紙にテープが貼れる!

自動でテープ製本ができる製本機。ホチキスでまとめた書類を本体に差し込みボタンを押すだけで、慣れた人でも1冊約50秒かかるテープ製本が、約10秒で完成します。テープを張ることでホチキスで留めただけの状態よりも耐久性がアップ! 修学旅行のしおりなど、すぐに破けると困る配布物に適しています。

手貼り作業だったテープ貼りを効率化したい方や、学校やオフィスなどで重宝するアイテムです。

JIC(ジャパンインターナショナルコマース)『とじ太くん flex(45000-Flex)』

とじ太くん[R]とじ太くん45000-flex【メイチョー】 とじ太くん[R]とじ太くん45000-flex【メイチョー】

出典:楽天市場

サイズ 幅440×奥行275×高さ158mm
製本タイプ ホットメルト製本
対応用紙サイズ B5、B4、A5、A4、A3
製本厚 1~540枚
重量 -
 製本時間 -

幅広い用紙サイズに対応したコンパクトな1台!

ブックスタンドと見間違うほどコンパクトなデザインの製本機。設置スペースが限られてくる自宅での使用にも便利です。

B5・B4・A5・A4・A3と幅広いサイズに対応。分厚い書類や、何冊かの製本も一気にできます。プリンタやコピー機のそばに置けば、印刷した用紙をその場で美しく製本できるので、オフィスでも大活躍してくれるでしょう。

ACCO BRANDS(アコ・ブランズ)『GBC プラスチックリング用 綴じ専用機(GP16DB)』

アコ・ブランズ・ジャパンGBCプラスチックリング用綴じ専用機16DBプラスチックリング製本GP16DB

出典:Amazon

サイズ 幅510×奥行330×高さ140mm
製本タイプ プラスチックリングバインド製本
対応用紙サイズ ~420mm
製本厚 50mm(コピー用紙最大410枚程度)
重量 -
 製本時間 -

見開きしやすいプラスチックリング専用

プラスチックリング専用の製本機。美しくすっきりとしたリングで見栄えがよく、社内だけでなく、社外に提出する書類用の製本にも向いているアイテムです。

180度見開きも可能になり、折りたたんで資料を確認できるので、忙しい上司や取引先にも喜ばれますよ。410枚ほどの製本も可能なので、大量の会議資料をまとめることもできます。

「製本機」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ACCO BRANDS JAPAN(アコ・ブランズ・ジャパン)『SURE BIND 2500(GSB2500R)』
INTER COSMOS(インターコスモス)『製本機 ファーストバック 9(A65FB9)』
JIC(ジャパンインターナショナルコマース)『卓上製本機 とじ太くん3000(JICTJ3000)』
RAYSON『リング製本機 』
サンコー『フルオートマチック製本マシーン(ZYAUTB2K)』
アスカ『Asmix パーソナル製本機(B2500)』
RAYSON『コームリング製本機(SD-220)』
KOKUYO(コクヨ)『パーソナル製本機(セキ-GTS500)』
MAX(マックス)『電子製本機(TB-1000A)』
JIC(ジャパンインターナショナルコマース)『とじ太くん flex(45000-Flex)』
ACCO BRANDS(アコ・ブランズ)『GBC プラスチックリング用 綴じ専用機(GP16DB)』
商品名 ACCO BRANDS JAPAN(アコ・ブランズ・ジャパン)『SURE BIND 2500(GSB2500R)』 INTER COSMOS(インターコスモス)『製本機 ファーストバック 9(A65FB9)』 JIC(ジャパンインターナショナルコマース)『卓上製本機 とじ太くん3000(JICTJ3000)』 RAYSON『リング製本機 』 サンコー『フルオートマチック製本マシーン(ZYAUTB2K)』 アスカ『Asmix パーソナル製本機(B2500)』 RAYSON『コームリング製本機(SD-220)』 KOKUYO(コクヨ)『パーソナル製本機(セキ-GTS500)』 MAX(マックス)『電子製本機(TB-1000A)』 JIC(ジャパンインターナショナルコマース)『とじ太くん flex(45000-Flex)』 ACCO BRANDS(アコ・ブランズ)『GBC プラスチックリング用 綴じ専用機(GP16DB)』
商品情報
特徴 特殊な串刺し加工! 本格的な製本がしたい人に 1台で4つの製本スタイルが可能! ビジネスや家庭用に! くるみ製本の小型モデル 120枚も製本可能! 操作もカンタン 1冊3秒ほど! レバーを倒すだけで製本 手に取りやすい価格が魅力! 本をばらす用途にも ピッチや穴の数を調整して思い通りのノートを作成 素早くくるみ製本ができるおしゃれな製本機 1冊約10秒で背表紙にテープが貼れる! 幅広い用紙サイズに対応したコンパクトな1台! 見開きしやすいプラスチックリング専用
サイズ 幅597×奥行457×高さ274mm 幅490×奥行282×高さ318mm 幅390×奥行165×高さ175mm 幅400×奥行230×高さ370mm 幅500×高さ233×奥行395mm 幅423×奥行90×高さ178mm 幅250×奥行460×高さ380mm 幅360×奥行111×高さ150mm 幅491×奥行415×高さ292mm 幅440×奥行275×高さ158mm 幅510×奥行330×高さ140mm
製本タイプ シュアバインド テープ製本、くるみ製本、契約書製本、ハードカバー製本 ホットメルト製本 リング製本 中綴じ製本 くるみ製本 リング製本 サ―マタイプ製本 テープ製本 ホットメルト製本 プラスチックリングバインド製本
対応用紙サイズ A4長辺サイズ(297mmまで) A4、A5 A5タテ、B5、A4、B4、A3ヨコ A4(B5、A5、B6にも対応) 最大A3~最小A5 A4、B5 A4 A4-S長辺とじ A4短め方向(210mm)〜A4長め方向、A3短め方向(297mm)まで B5、B4、A5、A4、A3 ~420mm
製本厚 50mm(コピー用紙最大450枚程度) 2~250枚(最大500ページ) 最大背幅30mm(1~300枚) 製本枚数120枚、穴あけ枚数12枚 推奨最大16枚 24mm 最大400枚 1~120枚 6~100枚 1~540枚 50mm(コピー用紙最大410枚程度)
重量 20.9kg 7.2kg 約1580g - - 約900g - - 13.6 g - -
 製本時間 約15秒 30~60秒 45秒 - - 60秒 - 40秒 10秒 - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月1日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 製本機の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での製本機の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:製本機・ゲージパンチ ランキング
楽天市場:製本機ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【番外編】製本機と一緒に持っておきたいアイテム

ここでは、番外編として製本機と一緒に持っておくと便利なアイテムをご紹介します。効率も良くなるのでぜひ参考にしてみてください。

清和産業『製本テープ A4カット 業務用(契約書割印用)(50枚入)』

KOKUYO(コクヨ)『製本カバー 195 A4 5冊入 紺 セホ-CA4DB』

製本機に関連する商品記事をご紹介

出来上がりをイメージして選ぼう

製本機の11商品を紹介しました。

本の完成形をイメージして、適切な製本方法を選びましょう。また、用紙の対応サイズや製本可能な厚みは必ず確認してくださいね。

消耗品や本体価格などコストも考え、使用用途に合っている製本機を見つけてください

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


A3ラミネーターおすすめ10選|アイリスオーヤマやナカバヤシなどの人気機種も!

A3ラミネーターおすすめ10選|アイリスオーヤマやナカバヤシなどの人気機種も!

A3ラミネーターは業務用と思う人もいるかもしれませんが、名刺サイズからA3の大きなサイズまで加工できるので家庭用にもおすすめです。メニュー表やPOPなど掲示物の加工や、大切な書類を水や汚れから保護したり、趣味のイラストでラミネートカードを作ったりできるラミネーター。使ってみたいけどローラーの本数や性能も違い、価格にも幅があるためどれを選んだらいいかわからないという人もいるのでは。そこで本記事では、 IT・家電ライターの河原塚 英信さんへお話をうかがい、A3ラミネーターの選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひA3ラミネーターを選ぶ際の参考にしてくださいね!


ラミネートフィルムおすすめ11選! 高品質から機械不要の手貼りタイプまで

ラミネートフィルムおすすめ11選! 高品質から機械不要の手貼りタイプまで

印刷物や写真を水濡れや汚れなどから守ってくれるラミネート。サイズや厚み、仕上がりのタイプ、そしてメーカーもさまざまと種類が豊富です。本記事では、IT・家電ライターの河原塚 英信さんへの取材をもとに、おすすめのラミネートフィルムと選び方のポイントを解説します。後半では、Amazon、楽天市場でのラミネートフィルムの売れ筋ランキングも載せています。ぜひ参考にしてください。


電動消しゴムおすすめ10選|充電式や砂消しゴムタイプも紹介!

電動消しゴムおすすめ10選|充電式や砂消しゴムタイプも紹介!

電気の力で文字や絵を消すことができる電動消しゴム。デッサンやドローイングなどで一部分だけ消したいときなどに活躍してくれます。この記事では、住まいづくりナビゲーター・神村さゆりさんに教えてもらった、電動消しゴムの選び方やおすすめ商品を紹介します。最後にある、Amazonや楽天などの通販サイトのランキングと比較一覧表もチェックしてみてくださいね。


ブギーボードのおすすめ7選|【書いて消せる! 便利な電子メモ帳】

ブギーボードのおすすめ7選|【書いて消せる! 便利な電子メモ帳】

文房具ライターの猪口フミヒロさんと編集部で選ぶ、ブギーボードのおすすめ7選をご紹介します。ボタン操作ひとつでスッと消える、ペーパーレスで環境にもやさしい電子メモパットのブギーボード。アメリカで2010年1月に発売され、日本では同年10月にキングジムが輸入販売を開始しました。この記事を読んで、自分に合ったブギーボードをぜひ見つけみてください。


ラベルライターおすすめ5選|スマホで作成できるタイプもご紹介!

ラベルライターおすすめ5選|スマホで作成できるタイプもご紹介!

オフィスや家庭などで、ラベルシールを作るのに大活躍するラベルライター(ラベルプリンター)。キングジム『テプラ』やカシオ『ネームランド』をはじめ、さまざまなメーカーからラベルライターは販売されています。本記事では、収納スタイリストの吉川永里子さんに取材し、整理整頓を手助けするラベルライターの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。ファイルの見出しにしか使ったことがなかった方も、これを機にいろいろな活用法を見つけてください。


新着記事


哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学とはなにか? という基本中の基本から解説してくれる哲学の入門書ですが、内容や難易度は本によって異なります。そこで本記事では、イラストや図入りで説明しているわかりやすい本など、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだおすすめの哲学初心者向け入門書12選と選び方を紹介します。


2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

ハンコン(ハンドルコントローラー)は、実際に車を運転している雰囲気を楽しめるアイテム。本物と同様の振動機能や素材、ハンドルの重さなどをダイレクトに感じることで、ゲームとは思えない臨場感が味わえます。本記事ではゲームライター・芦田おさむしさんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

自宅でお茶を飲むときにティーマットを使用したことはありますか? ティーマットを敷くことで見た目が華やかになることはもちろん、「テーブルの汚れ・傷を防ぐ」というメリットもあります。ランチョンマットよりもコンパクトで、デザインもかわいいものからシンプルなもの。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が選んだおすすめのティーマットを紹介します


パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

アウトドアや災害時に活躍するパラコード。テント設営や登山の命綱、さらにはもの干しロープや靴紐にと、さまざまな用途に使える汎用性の高いロープです。最近ではアクセサリーの材料として使う人も増えています。そんなパラコードを購入するとなると、商品によって長さ、太さ、素材、内芯の数などに違いがあるので選ぶのがなかなか大変。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る