【製本テープおすすめ9選】割印や契約書向きの商品などタイプ別に紹介!

【製本テープおすすめ9選】割印や契約書向きの商品などタイプ別に紹介!
防災・危機管理ファシリテーター&編集ライター
南部 優子

出版社の編集・執筆、地域NPOの政策企画・広報、危機管理コンサルタントを経て独立。 多彩な分野でファシリテーター兼編集ライターとして活動中。 編集・執筆の経験を生かした計画・マニュアルなどの各種資料作成・製本・出版や、企画会議運営・板書経験を活用したワークショップ・イベントの設計・運営、防災コンサルタント経験による各種調査・研究・組織開発支援など、公共団体や研究機関・企業・NPOとのプロジェクトを数多く実施している。

製本テープは、書類をまとめて製本できるアイテムです。契約書をはじめとした製本以外も幅広い使い方ができ、ニチバンなどいろいろなメーカーから発売されています。一方で、種類も豊富なのでどの商品がよいか悩むことも多いのではないでしょうか。そこで本記事では、編集ライターの南部優子さんへお話をうかがい、製本テープの選び方をご紹介します。さらに、おすすめの製本テープを南部さんと編集部が厳選しました。一般的なロールタイプから袋とじタイプ、割印がきれいに押せるなどさまざまな商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


製本テープの選び方 編集ライター・南部優子さんに取材

編集ライターの南部優子さんに取材して、製本テープの選び方のポイントを教えていただきました。使い方に応じたタイプや、用途に応じた色をよくチェックすることが大切です。ぜひ製本テープ選びの参考にしてください。

山積みされた書類のたば
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

書類をまとめて製本できるだけでなく、いろいろな用途で製本テープは活用できます。

使い方に応じて3つのタイプから選ぼう

製本テープは、貼り方や形状によって大きく3つのタイプに分かれます。どのように使いたいかを考えて、まずは使うタイプを選びましょう。

価格が安い&使い方いろいろ「ロールタイプ」

芯に巻き付いている、一般的なテープと同じ形状なのがロールタイプです。製本テープのなかでも価格が安く、大量に使いたいときにもぴったりです。また好きな長さにカットできるので、製本以外にも書類同士をつなぎあわせたり、いろいろなサイズの製本ができたりと、1本あれば幅広く活用できるでしょう。

カットするのにハサミが必要ですので、あらかじめどのくらいの長さを切ればいいかを測っておけば失敗が少なくなります。さらに貼るとき曲がりやすいので、使いこなすのにちょっとコツが必要です。

失敗しにくく、さっと使える「カットタイプ」

カットタイプは、あらかじめ製本したいサイズにカットされています。テープを取り出し、そのままはく離紙をはがすだけですぐに使用できます

A4やB5など、製本したいサイズをあらかじめ決めておき、サイズに合わせて選べば製本もしやすくなります。ただし、当然製本サイズが決められているため、ほかのサイズに転用はできません。使い切るときはカットタイプが便利でしょう。

重要な書類に使うなら「袋とじタイプ」

袋とじタイプは書類の上下をカバーできるため、しっかりと製本できるのが特徴。折り方の順序やガイドがついているものもあり、失敗なくきれいに仕上がるよう工夫されています。

また、契約書は偽造防止のためにすべての書類に契印する必要があります。製本テープは素材によって捺印可能なものと、そうでないものがあるので、契印用の製本テープを選ぶようにしましょう。しっかり保存したい、偽造を防ぎたい重要な書類に向いています。

契約書は白など、用途に応じた色を選ぼう

製本テープはカラーバリエーションが豊富にあります。テープの色が背表紙の部分になりますので、カラーを選べばいろいろな用途で活用できるでしょう。

ビジネスシーンで使う場合、契約書の製本は白でなければいけません。一方で、社内の書類をまとめて製本するなら、内容や部署によってカラーを分けると整理しやすくなります。アルバムやはがきなどをまとめたいときも、デザインに合わせてカラーを選ぶとよいでしょう。

捺印可能かチェック

製本テープは、いろいろな素材が採用されています。用途にあった素材を選びましょう。

たとえば、樹脂コートで加工されているタイプは、丈夫な一方で捺印には向かないものも。捺印できるものを選ぶなら、再生紙などの素材でできた割印用・契印用の製本テープを選びましょう

製本する厚みを考えて幅を選ぶ

製本するときに重要なのが、A4などの製本サイズのほか、まとめる書類や紙の枚数です。当然まとめる枚数が増えるほど、製本テープの幅は大きいものが必要になります。

ロールタイプなら長さはある程度調整できますが、いずれのタイプでも幅は継ぎ足しなど調整できません。あらかじめ製本後の厚みを測っておき、それに合うように幅を選ぶようにしましょう。

初心者にも安心! 便利な機能で選ぶ

はじめて製本テープを使うとき、書類が曲がってしまった、貼り方がよくわからない、ということも。使いやすい機能や特徴を持つ製本テープを選ぶと、失敗が少なくなります。

はく離紙が方眼だとカットしやすい

ロールタイプは必要な長さにカットしなければいけませんが、書類のサイズを測ってそのぶんをカットする、というのはなかなか難しく手間もかかります。

あらかじめはく離紙に方眼が印刷されているタイプなら、そのままサイズを測れてカットしやすいです。方眼のマス目にそって切れ目を入れられるため、ハサミを使えばきれいにカットできます。

貼りやすさやサイズを考えて

製本するのに慣れていない場合は、使いやすく貼りやすいものを選びましょう。たとえば、はく離紙をはがすだけの貼れるものなら、だれでもかんたんに貼れます。

また、B5サイズなど学用品に対応しているものを選ぶと、学校行事などのしおりやパンフレットなどを作るときにもサイズを合わせやすいです。

用途に合わせた製本テープ選びを 編集ライター・南部優子さんからひとこと!

防災・危機管理ファシリテーター&編集ライター

ビジネスで用いる場合、紙の規格や枚数にあまり差が出ませんし、契約書なら白に限るなど色も限定されます。このため、断面がそろって反り返りもなくきれいに仕上がるカットタイプのほうが扱いやすいでしょう。

楽譜やイラスト、写真などを製本する場合は、本紙の長さに合わせて自由にカットできるロールタイプがおすすめです。背幅や色の種類の多さも選ぶポイントになります。表紙の雰囲気に近いテープを選べば上品に仕上がりますよ。

おすすめ製本テープ9選 編集ライター・南部優子さんと編集部が選んだ

編集ライターの南部優子さんからのアドバイスと選び方を踏まえ、編集部がおすすめ製本テープを9つ選びました。タイプ別に商品を選んでいますので、はじめての製本テープ選びにも役立ててください。

ロールタイプ 価格も安くていろいろ使える!

好きな長さにカットできるため、サイズを選ばず使えるのがロールタイプの特徴です。価格が安いものも多く、カラーや素材も豊富なため、いろいろな用途に使えるでしょう。

ロールタイプの製本テープのおすすめ商品を3つ紹介します。

防災・危機管理ファシリテーター&編集ライター

ニチバン『製本テープ 再生紙』は、テープ幅や色の種類も多く、製本したいものの大きさや表紙の色にあったものが見つかりやすいでしょう。ロールタイプはカットしたあと丸まりやすいため、重しを置くなどして平らに伸ばしてから使用するといいですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニチバン『製本テープ 25mm×10m巻 再生紙 (紺)』

ニチバン『製本テープ25mm×10m巻再生紙(紺)』

出典:Amazon

タイプ ロールタイプ
長さまたは対応サイズ 10m
25mm(35mm、50mmも展開あり)
素材 古紙パルプ配合率50%再生紙
入り数 1巻
カラー 赤、黄、緑、空、白、黒、銀、茶、紺、パステルレモン、パステルグリーン、パステルブルー、パステルピンク全13色

カラバリ豊富で使いやすい

はく離紙に方眼、さらに切れ目も入ってカットしやすい再生紙の製本テープです。25mm幅のほか、35mm幅、50mm幅が展開されています。

カラーバリエーションも13色と、豊富にそろっているのが特徴。粘着剤は耐久性や対候性にすぐれているため、長時間貼り付けていてもはがれにくく、いろいろな用途に使えます。

コクヨ『製本テープ 一般製本用クロスタイプ』

コクヨ『製本テープ一般製本用クロスタイプ』 コクヨ『製本テープ一般製本用クロスタイプ』 コクヨ『製本テープ一般製本用クロスタイプ』 コクヨ『製本テープ一般製本用クロスタイプ』 コクヨ『製本テープ一般製本用クロスタイプ』 コクヨ『製本テープ一般製本用クロスタイプ』

出典:Amazon

タイプ ロールタイプ
長さまたは対応サイズ 10m
50mm(35mmも展開あり)
素材 基材:紙に樹脂コーティング、粘着剤:アクリル系
入り数 1巻
カラー 白、黒、紺

丈夫な樹脂コートのテープ

テープ部分に樹脂コートをほどこした、光沢と丈夫さが特徴のコクヨの製本テープです。はく離紙には方眼が書かれているため、厚みのある樹脂コートもカットしやすくなっています

黒、白、紺のシンプルな3色展開。捺印できないため注意が必要ですが、アルバムや譜面貼りなどに活用できます。丈夫さ重視で選びたい人におすすめの商品です。

PLUS(プラス)『製本テープ 契印用テープ ホワイト(AT-035JK)』

PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』 PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』 PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』 PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』 PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』 PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』 PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』 PLUS(プラス)『製本テープ契印用テープホワイト(AT-035JK)』

出典:Amazon

タイプ ロールタイプ
長さまたは対応サイズ 12m
35mm(25mm、50mmも展開あり)
素材 古紙パルプ配合率20%再生紙、アルミ箔紙(裏糊付)
入り数 1巻
カラー

契印用なのできれいに捺印できる

こちらの契印用製本テープは、アルミ箔紙を採用しているのが特徴です。「契印用」というだけあってきれいに捺印できます。契約書などの重要書類の作成目的で探している方におすすめ。

ロールタイプの製本テープで、12mと比較的長めになっています。テープ幅のバリエーションもあるので、いろいろな用途に活用できるでしょう。

カットタイプ サイズを合わせて製本できる!

あらかじめテープが任意のサイズにカットされているため、書類はもちろんアルバムなどの製本にもさっと使えるのがカットタイプです。カットタイプの製本テープを3つ紹介します。

防災・危機管理ファシリテーター&編集ライター

ニチバン『製本ラベル 再生紙』は、テープ幅が3種類あるため、分厚い資料を綴(と)じて表紙を保護する用途にも使えます。ラミネート加工していない再生可能なはく離紙を使うなど、グリーンマークつきのため、ビジネスで使う際のイメージにもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニチバン『製本ラベル 再生紙(BKL-35)』

ニチバン『製本ラベル再生紙(BKL-35)』

出典:Amazon

タイプ カットタイプ
長さまたは対応サイズ A4サイズ
35mm
素材 古紙パルプ配合率50%再生紙
入り数 10枚
カラー 黒、白、紺

幅とカラーのラインナップが豊富

A4サイズにカットされているニチバンの製本テープです。オーソドックスな35mmのほか、25mmと50mmの幅もあります。

はく離紙に切れ目が入っているのではがしやすくなっています。テープが丸まらないので貼りたい位置に合わせやすいのがポイント。製本テープに慣れていない人でも、扱いやすいでしょう。

コクヨ『製本テープ(カットタイプ)A4普通紙タイプ(セホ-F135N)』

コクヨ『製本テープ(カットタイプ)A4普通紙タイプ(セホ-F135N)』

出典:Amazon

タイプ カットタイプ
長さまたは対応サイズ A4
35mm
素材 古紙パルプ配合
入り数 10枚(業務用100枚パックもあり)
カラー

カットタイプで大容量ならコレ!

コクヨのカットタイプは10枚入りと業務用の100枚入りがあります。大量の書類を製本したいときや、配布用資料などでスピーディな製本を求められるときにぴったりです。

樹脂加工されていないため、割印や契印したいときにも使えます。契約書や重要書類を多く扱う部署でも活躍できます。

清和産業『製本テープ カットタイプ 業務用(50枚入)』

清和産業『製本テープカットタイプ業務用(50枚入)』 清和産業『製本テープカットタイプ業務用(50枚入)』 清和産業『製本テープカットタイプ業務用(50枚入)』 清和産業『製本テープカットタイプ業務用(50枚入)』

出典:Amazon

タイプ カットタイプ
長さまたは対応サイズ A4、B5
35mm
素材 契約書割印用:古紙配合率70%、黒:古紙配合率50%、樹脂コート、エンボス加工
入り数 50枚
カラー 白、黒

業務用だから1枚あたりの価格が安い!

大容量の50枚入りカットタイプです。業務用なので、1枚あたりの価格が安いのがポイント。カットタイプでもできるだけ低コストにおさえたいときに向いています。

色は契約書に使えて捺印しやすい白、エンボス加工がほどこされた黒の2色に、A4サイズとB5サイズがあります。学用ノートサイズのため、学校行事でパンフレットなど冊子を作るときにも使えます。

袋とじタイプ 契約書や重要書類に!

上下がカバーできるため耐久性が強く、割印もできる重要書類にぴったりの袋とじタイプを3つ紹介します。

防災・危機管理ファシリテーター&編集ライター

プロバインド『袋とじ製本テープ(契約書作成用)』は袋とじタイプでは珍しい商品です。書類を確実に上下でまとめて割印もでき、A4横の短辺綴じやB5サイズにも対応しています。契約書などの正式な書類で、小さいサイズや横綴じが必要な場合におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プロバインド『袋とじ製本テープ(契約書作成用)』

袋とじ製本テープ【契約書用】B5長辺/10枚FTB5S 袋とじ製本テープ【契約書用】B5長辺/10枚FTB5S 袋とじ製本テープ【契約書用】B5長辺/10枚FTB5S

出典:楽天市場

タイプ 袋とじタイプ
長さまたは対応サイズ A4長辺、A4短辺、B5長辺
50mm(A4長辺)、40mm(A4短辺、B5)
素材 -
入り数 10枚
カラー

A4の幅違いやB5も展開

袋とじタイプの製本テープは、ファイリングの関係からA4サイズがほとんど。しかし、こちらの商品はA4長辺・A4短辺・B5短辺とサイズ展開が充実しています。

オフィス関連の書類だけでなく、学校行事などのしおりやパンフレット作成など、幅広く活用できます。

カウネット『袋とじ専用製本テープ 契約書割印用』

カウネット『袋とじ専用製本テープ契約書割印用』 カウネット『袋とじ専用製本テープ契約書割印用』 カウネット『袋とじ専用製本テープ契約書割印用』 カウネット『袋とじ専用製本テープ契約書割印用』 カウネット『袋とじ専用製本テープ契約書割印用』

出典:Amazon

タイプ 袋とじタイプ
長さまたは対応サイズ A4
35mm、41mm
素材 -
入り数 10枚、50枚、100枚
カラー

ガイド線つきできれいに仕上がる

コクヨから生まれたオフィス用品ブランド「カウネット」の袋とじタイプの製本テープです。割印ができるので、契約書をはじめとした重要書類に向いています。

大きな特徴は折り線ガイドがついていること。袋とじを線にそって折ればきれいに仕上げられます。使うのに少しコツのいる袋とじですが、慣れていない人も使いやすい商品です。

ASKUL(アスクル)『製本テープ(契印用) 幅35mm 袋とじタイプ』

タイプ 袋とじタイプ
長さまたは対応サイズ A4
35mm(32mmも展開あり)
素材 古紙パルプ配合率20%
入り数 10枚
カラー

少数単位で使いたいならこちら

文房具総合販売サイト・アスクルのオリジナル商品。パッケージは北欧デザインになっています。割印が押せるため、契約書をはじめとした重要書類の使用に向いています。

はく離紙に切れ目が入っていてはがしやすく、かんたんに貼れる仕様になっています。作業スピードをあげたい人や、製本に失敗してしまいがちな人におすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ニチバン『製本テープ 25mm×10m巻 再生紙 (紺)』
コクヨ『製本テープ 一般製本用クロスタイプ』
PLUS(プラス)『製本テープ 契印用テープ ホワイト(AT-035JK)』
ニチバン『製本ラベル 再生紙(BKL-35)』
コクヨ『製本テープ(カットタイプ)A4普通紙タイプ(セホ-F135N)』
清和産業『製本テープ カットタイプ 業務用(50枚入)』
プロバインド『袋とじ製本テープ(契約書作成用)』
カウネット『袋とじ専用製本テープ 契約書割印用』
ASKUL(アスクル)『製本テープ(契印用) 幅35mm 袋とじタイプ』
商品名 ニチバン『製本テープ 25mm×10m巻 再生紙 (紺)』 コクヨ『製本テープ 一般製本用クロスタイプ』 PLUS(プラス)『製本テープ 契印用テープ ホワイト(AT-035JK)』 ニチバン『製本ラベル 再生紙(BKL-35)』 コクヨ『製本テープ(カットタイプ)A4普通紙タイプ(セホ-F135N)』 清和産業『製本テープ カットタイプ 業務用(50枚入)』 プロバインド『袋とじ製本テープ(契約書作成用)』 カウネット『袋とじ専用製本テープ 契約書割印用』 ASKUL(アスクル)『製本テープ(契印用) 幅35mm 袋とじタイプ』
商品情報
特徴 カラバリ豊富で使いやすい 丈夫な樹脂コートのテープ 契印用なのできれいに捺印できる 幅とカラーのラインナップが豊富 カットタイプで大容量ならコレ! 業務用だから1枚あたりの価格が安い! A4の幅違いやB5も展開 ガイド線つきできれいに仕上がる 少数単位で使いたいならこちら
タイプ ロールタイプ ロールタイプ ロールタイプ カットタイプ カットタイプ カットタイプ 袋とじタイプ 袋とじタイプ 袋とじタイプ
長さまたは対応サイズ 10m 10m 12m A4サイズ A4 A4、B5 A4長辺、A4短辺、B5長辺 A4 A4
25mm(35mm、50mmも展開あり) 50mm(35mmも展開あり) 35mm(25mm、50mmも展開あり) 35mm 35mm 35mm 50mm(A4長辺)、40mm(A4短辺、B5) 35mm、41mm 35mm(32mmも展開あり)
素材 古紙パルプ配合率50%再生紙 基材:紙に樹脂コーティング、粘着剤:アクリル系 古紙パルプ配合率20%再生紙、アルミ箔紙(裏糊付) 古紙パルプ配合率50%再生紙 古紙パルプ配合 契約書割印用:古紙配合率70%、黒:古紙配合率50%、樹脂コート、エンボス加工 - - 古紙パルプ配合率20%
入り数 1巻 1巻 1巻 10枚 10枚(業務用100枚パックもあり) 50枚 10枚 10枚、50枚、100枚 10枚
カラー 赤、黄、緑、空、白、黒、銀、茶、紺、パステルレモン、パステルグリーン、パステルブルー、パステルピンク全13色 白、黒、紺 黒、白、紺 白、黒
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 製本テープの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの製本テープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:製本テープランキング
楽天市場:製本テープランキング
Yahoo!ショッピング:製本テープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのテープに関する記事はこちら

文房具ライターの猪口フミヒロさんにセロハンテープのおすすめと選び方を教えてもらいました。セロハンテープは、封筒などを封かんしたり、物を貼り付けて固定したりと非常に便利なツールですが、その種類も豊富です。片手で使用できるように工夫された商品や、テープの切り口がキレイに切れる商品など、用途によって...

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別...

マイナビおすすめナビでは、いろいろなテープに関する記事があります。ほかのテープをお探しのさいに、こちらもぜひ参考にしてください。

製本テープはいろいろ活用できる便利アイテム

編集ライター・南部優子さんのアドバイスをもとに編集部でまとめた、製本テープの選び方とおすすめ9商品を紹介しました。文房具のなかでもあまり知られていない製本テープですが、いろいろな活用方法があります。

契約書はもちろん、製本テープを上手に取り入れて、オリジナルの製本や譜面貼りなどに活用しましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


マスキングテープおすすめ7選|便利でかわいいアイテムをご紹介!

マスキングテープおすすめ7選|便利でかわいいアイテムをご紹介!

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【フラワースタイリストが解説】フローラルテープのおすすめ5選

【フラワースタイリストが解説】フローラルテープのおすすめ5選

フローラルテープとは、粘着力のある素材でできたお花用のテープのことで、茎が弱って折れそうになった時の補強や、茎に見立てたワイヤーを固定する際などに使われるため緑色のものが多いです。緑といってもさまざまな色があり、ほかにも用途に合わせて、白色や茶色などもあります。微妙な色のちがいで作品のクオリティにも差がでるので、慎重に選びたいところですよね。本記事では、フラワースタイリストのAnna Kitanoさんがおすすめするフローラルテープと選び方をご紹介します!色以外にも、どのようなところに注意すればいいのかチェックしましょう。


耐熱接着剤のおすすめ9選|200℃~1,000℃以上の商品も【車・バイクの修理に】

耐熱接着剤のおすすめ9選|200℃~1,000℃以上の商品も【車・バイクの修理に】

家電製品やヒーターなど、熱を発するものの接着には、高耐熱性が重要です。そこで、必要になるのが耐熱接着剤。しかし、対応する温度が100〜200℃のものもあれば、1000℃以上に対応しているものもあり、どれを選ぶべきか悩むところです。そこで、本記事ではDIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。選び方もくわしく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!


育児日記文房具のおすすめ商品11選|シール・スタンプ・テープ【かわいくて時短!】

育児日記文房具のおすすめ商品11選|シール・スタンプ・テープ【かわいくて時短!】

育児日記をつけるときに、とても便利なのが育児日記用の文房具。シールやスタンプ、テープなどで手軽に記録し、デコレーションすることができます。本記事では、保育士ライター・すぎ けいこさんと編集部が選んだおすすめの育児日記文房具11選ご紹介します。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。忙しくて日記どころではないママ・パパも、便利文房具をチェックしてぜひ育児日記を始めてみてください!


はがせるのりのおすすめ8選【壁紙の張り替えやDIYに便利!】

はがせるのりのおすすめ8選【壁紙の張り替えやDIYに便利!】

インテリアコーディネーター・神村さゆりさんへの取材をもとに、はがせるのりのおすすめ商品を紹介します! 壁紙の張り替えや家具のアレンジなど、DIYで活躍してくれる「はがせるのり」。広範囲に適した液体タイプや部分使いに便利なテープタイプなど、いろいろな種類の商品がそろっています。貼りたいものの素材によっても選ぶ種類は異なるんです! この記事では、はがせるのり選びのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にして用途にぴったりなはがせるのりをぜひ見つけてくださいね。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る