パンタグラフキーボードおすすめ19選|快適な打ち心地のための選び方も紹介

ロジクール『ILLUMINATED KEYBOARD K740』
出典:Amazon

本記事では初心者の方にもわかりやすく、パンタグラフキーボードの特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイント、そして、おすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。


九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー
古賀 竜一

令和3年度 中小企業庁 「中小企業119」登録専門家。 ITサポートエンジニアとして2002年に創業しこれまでに数多くのサポート実績があります。 オーダーPCの製作をはじめ、コンピューター端末・周辺機器などのハードウェア、IT環境保守が専門です。 個人、事業所問わず提案型技術アドバイザーとしてIT環境のリプレース、リペアを数多く成功させています。 メディアへの記事監修協力、IT記事寄稿なども行っています。

パンタグラフキーボードの特徴や他製品との違い


パンタグラフキーボードの「パンタグラフ」とは、キースイッチ(キーの構造)の一種です。「パンタグラフ」のほかに「メンブレン」や「メカニカル」などの種類があり、それぞれ違った特徴をもっています。

「パンタグラフ式」:ノートPCで主流、早打ち向きで軽い打鍵感

多くのノートパソコンに採用されている薄型コンパクトなタイプ。「パンタグラフ」という支持構造をもち、キーストローク(キーの押し幅)が浅めに作られています。これがムラなく力を伝えてくれるため、キーをかすめる程度の力でもしっかりとした打ち心地で安定した入力が可能です。

逆にデメリットとしてタイプミス(誤入力)が起こりやすいことがあげられます。「支持構造」以外はメンブレン式と大差ありませんが、メンブレン式ほど打鍵力を必要としないため、静音タイプも多く出回っています。

「メンブレン式」:ソフトな打鍵感と安価な値段が魅力

黒いキーボードの上にある鍵
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

上下に1枚ずつフィルムがあり、回路を1つのフィルムに張り巡らせ、そのシートにかかった圧力で入力を判断しています。キータッチはあまり軽いとは言えず、フィルムを押す「グニャ」とした感覚。キーを押し戻す力は「ラバードーム」が採用されており、これはパンタグラフ式にも同じく採用されています。

製造コストがかからず製品自体もリーズナブルですが、耐久性は価格に相応しているため消耗品として扱いましょう。

「メカニカル式」:ゲーミング用途にも、反応速度に優れた高級タイプ

青、赤、緑があるキーボード

Photo by Troy Chen on Unsplash

「接点接触型」と「静電容量無接点型」に大別できますが、一般的に「メカニカル式」というと「接点接触型」のことを指すようです。
メカニカル式(接点接触型)では1つのキーに対し1つのスイッチが割り当てられており、1シートですべてのキーをカバーしているメンブレン式やパンタグラフ式とは大きく異なる構造をしています。キーストローク(キーの押し幅)は深く、1つ1つをしっかり押し込んでいくタイプで、ピアノの鍵盤をイメージするとよいでしょう。

また、「茶軸」「赤軸」「青軸」などキーの軸に色が割り当てられており、軸色によってこまかな特徴が変わってきますが、キーの構造上、ゲーミングキーボードに向いています。

パンタグラフキーボードの選び方


それでは、パンタグラフキーボードの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

・本体の薄さ
・キーストローク
・キーピッチ
・接続方式
・その他の便利機能


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】本体の薄さをチェック

パンタグラフキーボードは何より「薄さ」が特徴。スマートフォンやタブレットと一緒に持ち運ぶのであればより薄い製品のほうがいいでしょう。デスクの上に出したままという場合でも、上下左右のスペースまで考えると「薄さ」は重要なポイントになります。

ただ薄いだけでなく、使用するときのことを考えて手や腕に負担がかかりにくい、奥が高くなるような傾斜をつけられることも考慮すると使いやすさが増すでしょう。キーボードの裏に足が収納できるタイプもあります。

【2】キーストロークをチェック

パンタグラフキーボードのキーストローク(キーの押し幅)は約2mm前後と浅めです。メンブレン式やメカニカル式だと3~4mm程度であり、パンタグラフ式はこのキーストロークの浅さを活かして薄型コンパクトに作られています。

同じパンタグラフキーボードのなかでもキーストロークは1.5mm~3.8mm(※)と幅があるため、好みの深さを選びましょう。浅いタイプは打鍵音も小さく、性音声があり、疲れにくいため長時間使用に向いていますが、浅すぎるとタイプミス(誤入力)を引き起こす要因となるため、注意が必要です。

※本記事でご紹介する20商品での値です。

【3】キーピッチをチェック

キーとキーの間隔のことをキーピッチといい、多くのパンタグラフキーボードはキーピッチが19mm前後となっています。

これは指の長さや手の大きさなどで個人差はあるものの標準値とされているため、キーピッチはもっと広いほうがいいか、それともメンブレン式のようにキーとキーが隣接していたほうがいいか、判断基準にしましょう。

【4】接続方式をチェック

有線は大半がUSB接続で、電源もコードを通して取るため乾電池などが必要なく、キーボードを本体につなぐだけで使用できます。使用する場所によってはコードが邪魔になってしまうこと、スマートフォンやタブレットには基本つなげられないことなどがデメリット。

無線接続は専用レシーバーを使うタイプBluetoothで直接つなぐタイプがあります。超小型USBの専用レシーバーを本体にさして本体からの信号を受け取ります。こちらも有線接続と同様、スマートフォンやタブレットにはつなげられないことが多いです。

Bluetooth対応のキーボードであれば、面倒なドライバも不要で、キーボードと機器(スマートフォンやタブレット、パソコン本体など)を直接つなげて使用できます。キーボードが対応していれば、マルチペアリングといって何台か同時に接続できるタイプもあり、キーボードのスイッチ1つでつながる機器を切り替えられるため、とても便利です。

(★)ポイント:Bluetoothの場合、対応OSも同時に確認!


Bluetooth自体はOSに依存しない規格なので、WindowsでもMacでも、iPhoneやAndroid、LinuxでもPlaystation 4でも利用できます。

またキーボード自体も、文字キーなどはどの環境でもほぼ同じです。ただしWindows用とMac用では、一部の修飾キー(他のキーと一緒に押すことで、入力される文字や機能などを一時的に変更するためのキー)の配置が違ったり、機能の割り当てが違うこともあります。

キーボードのドライバーソフトやOS側の機能でキーの割り当てを変更することもできますが、キーに直接印字されているほうが安心という人や、互換性に保証が欲しい人は、それぞれのOS専用の製品を買ったほうが安全でしょう。なお、Mac用キーボードはiOSでもそのまま修飾キーなどが共通で利用できます。

【5】その他の便利機能をチェック


上記以外にも、あると嬉しい機能はたくさんあります。ここでは、そんな便利機能の代表的なものをご紹介いたします。

(a)アイソレーションタイプ(分離型)

キーの軽さから起こるタイプミス(誤入力)を減らす策として、最近ではキー1つ1ひとつが独立しているアイソレーションタイプが主流となりました。一部のメンブレン式にも採用されていますが、ほとんどがパンタグラフ式です。

(b)テンキーなしタイプは本体がコンパクトに

キーボードの右端にあるテンキー。このテンキーが不要という人も多いでしょう。テンキーのないタイプのキーボードも多く出回っており、テンキーがない分さらにコンパクトな設計になっている製品もあります。持ち運ぶにはありがたいサイズです。

また、コンパクトにするためにキーピッチ(キーの間隔)を狭めている製品もなかにはあります。コンパクトさを求めすぎてキーが打ちにくい、といったことにならないよう注意しましょう。

さらにコンパクトを追求し、折りたためるキーボードも存在します。スマートフォンと一緒にポケットサイズを求めている人は、折りたたみタイプも検討してみてください。

エキスパートのアドバイス

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

パンタグラフキーボードはお手入れがしやすいものを

パンタグラフキーボードは、ほかの方式とくらべてパンタグラフ機構の分、構造が複雑です。パンタグラフ部分にほこりや汚れがたまると、打鍵感に大きく影響が出ます。ですから、掃除の際にエアパージがとどきやすいよう、キーサイドに多少のスペースがあるものなどお手入れしやすいものを選びましょう。

キーボードが反応しない時は、修理へ持ち込む前に、一度お手入れしてみましょう。部品を外してパーツ毎に洗浄すると解決する場合があります。100円均一ショップなどでも掃除用グッズが売られており、キーの外し方も簡単です。

パンタグラフキーボード4選|有線(テンキーあり)


パンタグラフキーボードのなかから有線接続でテンキーがあるタイプをご紹介します。

サンワサプライ『SKB-SL33BK』

サンワサプライ『SKB-SL33BK』 サンワサプライ『SKB-SL33BK』 サンワサプライ『SKB-SL33BK』 サンワサプライ『SKB-SL33BK』 サンワサプライ『SKB-SL33BK』 サンワサプライ『SKB-SL33BK』 サンワサプライ『SKB-SL33BK』

出典:Amazon

サイズ 幅436.3×奥行124.6×高さ20.0mm
キーストローク 2.3±0.3mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 有線接続
テンキー

デスクトップ用におすすめ!安い価格&疲れにくい!

一般的なノートパソコンのキーボードを再現したような、スタンダードなタイプ。109A配列のフルキーボードでキーピッチも19mmと標準的、本体に傾斜もあって長時間のタイピングでも疲れにくくなっています。

有線接続なので電源の心配もなく、デスクトップパソコンにつなげるだけでかんたんに使えるキーボードがほしい人におすすめです。

ロジクール『ILLUMINATED KEYBOARD K740』

ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』 ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』 ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』 ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』 ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』 ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』 ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』 ロジクール『ILLUMINATEDKEYBOARDK740』

出典:Amazon

サイズ 幅457.0x奥行190.0x高さ9.3mm
キーストローク 3.2mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 有線接続
テンキー

遊び心をもった、光るキーボード

バックライトによってキー1つひとつが光る、一風変わった製品。キーボード上の文字のみが光るため、薄暗い環境での作業も快適、気が散ることもありません。

キーストロークは3.2mmとやや深めですが、それでも本体は約9.3mmと超薄型を実現しています。さらにデザインのアクセントとしてクリアフレームを使用しており、デスクまわりをおしゃれに演出したい人におすすめなロジクール製キーボードです。機能性とデザイン性を両立させているところがポイントです。

クーガ『CGR-WXNMB-200』

クーガ『CGR-WXNMB-200』

出典:楽天市場

サイズ 幅450.0x奥行165.0x高さ23.0mm
キーストローク -
キーピッチ -
アイソレーション
接続方式 有線接続
テンキー

WASDキーと矢印キーが置換可能!

キーの構造上、パンタグラフキーボードはゲーミングに向かないとされています。しかしこの製品は、キー機構がキーキャップと連結しており、一部キーはキャップを取り外すことも可能。ゲームの移動などによく使われるWASDキーは矢印キーの置換もでき、左利きにも対応しています。

19のアンチゴースト機能(複数キー同時押しでのご入力)も備わっており、キーを酷使するゲーム向き。バックライトが7色に変更できる、ゲーミングキーボードならではの趣向もあり、視認性もばっちりです。

ペリックス『PX-1900』

ペリックス『PX-1900』 ペリックス『PX-1900』 ペリックス『PX-1900』 ペリックス『PX-1900』 ペリックス『PX-1900』 ペリックス『PX-1900』

出典:Amazon

サイズ 幅468.0x奥行169.0x高さ25.0mm
キーストローク 3.8mm
キーピッチ -
アイソレーション
接続方式 有線接続
テンキー

最強クラスの防塵防水性能「SGS IP65等級」

こちらもパンタグラフ式では珍しい、ゲーミングキーボード。LEDイルミネートによってバックが7色に変更できる点もおなじみで、さらに防塵防水性能をもったタイプです。激しいゲームのなかで飲み物などをこぼしてしまっても洗い流せるので安心。

また、キーストロークの浅さが特徴のパンタグラフ式ですが、この製品に限っては3.8mmと深く、メカニカル式に近い打ち心地と耐久性をもっています。シザー構造(パンタグラフ構造)もペリックス独自構造となっており、ゲーミングキーボードながら静音も両立させた製品です。

パンタグラフキーボード2選|有線(テンキーなし) テンキーなし


パンタグラフキーボードのなかから有線接続でテンキーレスな商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンワサプライ『SKB-SL18BKN』

サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』

出典:Amazon

サイズ 幅293.0×奥行115.0×高さ19.0mm
キーストローク 2.0±0.2mm
キーピッチ 19.0mm(文字キー以外は除く)
アイソレーション
接続方式 有線接続
テンキー

19mmのキーピッチ&超小型で持ち運びもラクラク

日本語109A配列のうち、85キーが採用されているテンキーレスタイプ。キーピッチ19mmの標準的なアイソレーションで、キートップは2段構造をしており隣のキーとの境界が分かりやすくなっています。

本体フレームを含む余分なスペースを極限まで省いた超コンパクトで、幅は30cmものさしよりも短いほど。使わないときは立てて収納して置けるスタンドつきで、限られたスペースを有効活用する助けとなるでしょう。

エレコム『TK-FCP096BK』

エレコム『TK-FCP96BK』 エレコム『TK-FCP96BK』 エレコム『TK-FCP96BK』 エレコム『TK-FCP96BK』 エレコム『TK-FCP96BK』 エレコム『TK-FCP96BK』

出典:Amazon

サイズ 幅289.2×奥行127.5×高さ21.2mm
キーストローク 2.0mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 有線接続
テンキー

極薄&静音タイプのミニキーボード

もっとも薄い部分は約6.5mmと、薄さにこだわりをもった製品。キーボードの奥は傾斜を出すために厚みがありますが、コードと一緒と考えれば持ち運ぶときでも気になるほどではありません。

コンパクトでありながらキーピッチは標準の19mmをキープ、打ちやすさもきちんと備わっています。キートップの下には鉄板が内蔵されており打鍵した感覚がしっかりと伝わってくるため、打ち心地にこだわる人に向いています。

パンタグラフキーボード5選|無線・Bluetooth(テンキーあり)


パンタグラフキーボードのなかから無線接続(Bluetooth含む)でテンキーがあるタイプをご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エレコム『TK-FBP101BK』

エレコム『TK-FBP101BK』 エレコム『TK-FBP101BK』 エレコム『TK-FBP101BK』 エレコム『TK-FBP101BK』 エレコム『TK-FBP101BK』 エレコム『TK-FBP101BK』 エレコム『TK-FBP101BK』

出典:Amazon

サイズ 幅367.1×奥行127.5×高さ21.2mm
キーストローク 2.0mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

3台同時ペアリングで作業もスムーズ

Bluetooth接続で最大3台同時にペアリング可能な、薄型コンパクトキーボード。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットも使いながら作業をする人におすすめです。もちろん、キーボード上のキー操作のみで接続先デバイスを選択できます。

また、Android端末向けに「ELECOM Keyboard layout」という独自アプリを開発。キーボード本体に表示されている文字をそのまま端末に入力できるようになったため、キーボード上で見た文字が端末に入力できないというわずらわしさが解消されるでしょう。

ロジクール『KX800』

ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』 ロジクール『KX800』

出典:Amazon

サイズ 幅430.2×奥行131.6×高さ20.5mm
キーストローク -
キーピッチ -
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

マルチペアリングでストレスフリー

専用レシーバーとBluetooth接続に対応した無線キーボード。最大3台まで同時にペアリングでき、キーボード上のキーでデバイスを切り替えられるので操作もかんたん。パソコンやタブレット、スマートフォンなど複数のデバイスを使って作業するときにうってつけです。

また、アイソレーション式のキーは中心が球状にくぼんでおり、キーをタッチする指が滑らかにフィットします。キーストロークは1.8mmとパンタグラフ式のなかでも浅めになっているため、疲れにくくスムーズなタイピングができるでしょう。

エレコム『FDP099TBK』

エレコム『FDP099TBK』 エレコム『FDP099TBK』 エレコム『FDP099TBK』 エレコム『FDP099TBK』 エレコム『FDP099TBK』 エレコム『FDP099TBK』 エレコム『FDP099TBK』

出典:Amazon

サイズ 幅367.1×奥行127.5×高さ21.2mm
キーストローク 2.0mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

標準的な薄型パンタグラフの代表格

Bluetooth接続だと面倒に感じるペアリング作業がなく、専用レシーバーをさしこむだけですぐに使える無線キーボード。ドライバのインストールなども不要です。

日本語104キー配列で標準的なキー配置、キーピッチ19mmのアイソレーションタイプとなっており、パンタグラフキーボードの代表格と言えるでしょう。キートップの下には鉄板が内蔵されており、これにより安定感や確かな打ち心地が実現されているため、しっかりとしたキータッチで入力したい人におすすめです。

サンワサプライ『SKB-BT22BK』

サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』

出典:Amazon

サイズ 幅345.0×奥行115.0×高さ19.0mm
キーストローク 2.0±0.1mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

フルサイズキーボードを省スペースでエコに

テンキーを残しながらキー以外のスペースを最小限にとどめて実現された超コンパクトタイプ。ただし、「エンターキーが下にある」「ドットキーが上にある」などテンキーの配置が独特なため、慣れるまでに時間が必要かもしれません。

本体はUSBケーブルによる充電式となっており、乾電池を使用しない分経済的。省スペースとエコを両立させたい人におすすめな製品です。

ロジクール『K780』

ロジクール『K780』 ロジクール『K780』 ロジクール『K780』 ロジクール『K780』 ロジクール『K780』 ロジクール『K780』 ロジクール『K780』 ロジクール『K780』 ロジクール『K780』

出典:Amazon

サイズ 幅380.0x奥行158.0x高さ8.0mm
キーストローク -
キーピッチ -
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

スマホ・タブレットスタンド一体型で快適

スマートフォンやタブレットと一緒にキーボードを使おうとしても、端末を立てかけておくところがなく困ることはありませんか? この製品はキーボードの奥側にスタンドがついており、スマートフォンやタブレットを立てかけながらノートパソコンを使うような感覚でキーボードが使えます。

また、キー1つひとつが円形で、そのキー中心部は球状にくぼんでおり、指先の動きを軽快にサポートしてくれます。全体的に丸みを帯びたこのデザインもかわいらしいですね。

パンタグラフキーボード5選|無線・Bluetooth(テンキーなし)


パンタグラフキーボードのなかから無線接続(Bluetooth含む)でテンキーレスな商品をご紹介します。

Logicool(ロジクール)『K380BK』

ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome ロジクールワイヤレスキーボード無線キーボード薄型小型K380BKBluetoothK380ワイヤレスマルチOS:WindowsMaciOSAndroidChrome

出典:Amazon

サイズ 幅279×奥行124×高さ16mm
キーストローク 1.5mm
キーピッチ 18mm
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

機能よし、デザインよし、接続もよし

スマートフォンやタブレットにぴったりな、デザイン性に長けた製品。すべてのキーが角丸、丸みを帯びており、機能性を考慮したキー配置になっています。加えて、Bluetooth接続で3台同時ペアリングも可能なので、パソコンでタイピングをしながらスマートフォンでメールを受信したら、ワンタッチで切り替えてそのままキーボードでメールの返信ができるというすぐれもの。

そのコンパクトさやデザインから見ても、持ち歩くにはぴったり。高校生や大学生がもつと、おしゃれアイテムのひとつとなるでしょう。

エレコム『TK-FDP098TBK』

エレコムキーボードワイヤレス(レシーバー付属)パンタグラフミニキーボードブラックTK-FDP098TBK エレコムキーボードワイヤレス(レシーバー付属)パンタグラフミニキーボードブラックTK-FDP098TBK エレコムキーボードワイヤレス(レシーバー付属)パンタグラフミニキーボードブラックTK-FDP098TBK エレコムキーボードワイヤレス(レシーバー付属)パンタグラフミニキーボードブラックTK-FDP098TBK エレコムキーボードワイヤレス(レシーバー付属)パンタグラフミニキーボードブラックTK-FDP098TBK エレコムキーボードワイヤレス(レシーバー付属)パンタグラフミニキーボードブラックTK-FDP098TBK エレコムキーボードワイヤレス(レシーバー付属)パンタグラフミニキーボードブラックTK-FDP098TBK

出典:Amazon

サイズ 幅289.2×奥行127.5×高さ21.2mm
キーストローク 2.0mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

標準的なフルキーボードで平均的なサイズ感

標準的なフルキーボードからテンキー部分を省いたようなサイズ感。専用レシーバーを使って無線接続するタイプで、パソコンでの使用が主となるでしょう。

キーの種類は日本語83キーを採用しており、一般的な入力は難なくこなします。キーピッチも19mmと標準ですが、矢印キー周辺はキーピッチがせまくなっているので誤入力に注意が必要です。

バッファロー『BSKBB310BK』

BUFFALOBluetooth3.0対応コンパクトキーボードブラックBSKBB310BK BUFFALOBluetooth3.0対応コンパクトキーボードブラックBSKBB310BK BUFFALOBluetooth3.0対応コンパクトキーボードブラックBSKBB310BK

出典:Amazon

サイズ 幅285.0×奥行120.0×高さ23.0mm
キーストローク 1.5mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

ゲーム機をはじめ、多デバイスに対応

キーストローク1.5mmの浅さが特徴。標準的なパンタグラフキーボードは2mm前後のため、打ち心地が軽く指がすべるようにタッチできるでしょう。

また、Bluetooth接続により3台同時ペアリングも可能で、対応OSも多いため接続先の端末を選びません。PS3やPS4などのゲーム機にも対応しており、何かと重宝するでしょう。

ただし、エンターキーがシフトキーのような横長の仕様のため「いつもの感覚」で打つと誤入力してしまうかもしれないので注意が必要です。

ユニーク『rapoo E2710』

ユニーク『rapooE2710』 ユニーク『rapooE2710』 ユニーク『rapooE2710』 ユニーク『rapooE2710』 ユニーク『rapooE2710』

出典:Amazon

サイズ 幅255.0×奥行84.0×高さ25.0mm
キーストローク 2.0mm
キーピッチ -
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

タッチパッドつきでマウス要らず

モバイル使用にぴったりなサイズ感、さらにタッチパッドを搭載しており、キーボード上で左右クリックやスクロールが可能な万能機種。わざわざマウスを使う必要はなく、ノートパソコンのように使えます。

専用レシーバーを使った無線接続タイプで、キー配置が独特。「[」や「:」が最下段にあったりエンターキーが横長だったり、多少の慣れが必要かもしれません。

バッファロー『コンパクトキーボード(BSKBB24)』

iBUFFALOBluetooth3.0対応コンパクトキーボード薄型モデルBSKBB24BK iBUFFALOBluetooth3.0対応コンパクトキーボード薄型モデルBSKBB24BK iBUFFALOBluetooth3.0対応コンパクトキーボード薄型モデルBSKBB24BK

出典:Amazon

サイズ 幅233mm×奥行125mm×高さ6mm
キーストローク 1.2mm
キーピッチ 17mm
アイソレーション
接続方式 無線接続
テンキー

使いやすい「軽量・長持ちバッテリー」のワイヤレス

重さ約159gと軽く、持ち運びに便利なキーボードです。連続動作時間も約189時間、連続待機時間で約359日と長持ちバッテリー。また、キーが独立したアイソレーションタイプなため、タイピングミスがおこりにくく、使いやすい仕様となっています。

Bluetooth3.0に対応しているので、デスクトップPCはもちろんタブレット用キーボードとしても持ち味を発揮します。

番外編|折りたたみ式パンタグラフキーボード3選


モバイル用として持ち運びに便利な折りたたみできるキーボードもあります。キーボードが折りたためるという発想はなかなかなかったですよね。パンタグラフ式だからこそ実現できる製品をご紹介します。

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

アーキサイト『ARCHISS MOBO AM-KTF83J』は、折りたたみ式キーボードでも自然な入力が可能なキーボード。折りたたみ状態時の持ち運びやすさ、広げたときの入力のしやすさということでも一押ししたいキーボードです。

モバイルキーボードにありがちなキーピッチの犠牲で小型化を図るものがあるなか、このキーボードはノートパソコンと同等に近いキー入力感が得られます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アーキサイト『ARCHISS MOBO AM-KTF83J』

MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボード【ブラック】専用ケース兼スタンド付き「MOBOKeyboard」AM-KTF83J-GB MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボード【ブラック】専用ケース兼スタンド付き「MOBOKeyboard」AM-KTF83J-GB MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボード【ブラック】専用ケース兼スタンド付き「MOBOKeyboard」AM-KTF83J-GB MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボード【ブラック】専用ケース兼スタンド付き「MOBOKeyboard」AM-KTF83J-GB MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボード【ブラック】専用ケース兼スタンド付き「MOBOKeyboard」AM-KTF83J-GB MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボード【ブラック】専用ケース兼スタンド付き「MOBOKeyboard」AM-KTF83J-GB MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボード【ブラック】専用ケース兼スタンド付き「MOBOKeyboard」AM-KTF83J-GB

出典:Amazon

サイズ 使用時 : 幅291×奥行120×高さ13mm / 折りたたみ時 : 幅166×奥行120×高さ15mm
キーストローク -
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 Bluetooth(有線接続あり)
テンキー

スペースキーが分割されない3つ折り式

有線接続もBluetooth接続も可能な、モバイルタイプ。さらにマルチペアリングで同時接続も可能となっており、スマートフォンとタブレットを両方持ち運び、外出先で使う人にぴったりです。

さらに、3つ折りまで折りたたんで収納できるため、バッグのスペースを気にする必要はありません。ここまでコンパクトなのに、キーピッチは19mmと標準値をキープしているため、打ちにくさもさほど感じられないでしょう。

エレコム『TK-FLP01PBK』

エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』 エレコム『TK-FLP01PBK』

出典:Amazon

サイズ 幅291.0×奥行92.0×高さ8.0mm(開いた状態)
キーストローク 2.0mm
キーピッチ 19.0mm
アイソレーション
接続方式 Bluetooth
テンキー

折りたたみ式、さらにタッチパッド搭載で快適

Bluetoothで3台まで同時にペアリングできるほか、本体を2つ折りにたたんで収納できるため、持ち運びやすく何かと重宝。持ち運び用の保護ケースも付属しています。

エンターキーは横長ですが、そのほかのキーは一般的なキーボードと同じなじみのある配列。テンキーもありませんが、その分本体自体もコンパクトでうれしいポケットサイズです。

タッチパッドを除いた同モデルの『TK-FLP01BK』もあり、思いがけずカーソルが動いてしまうこともあるため、スマートフォンやタブレットで使用する場合はタッチパッド非搭載タイプでもよいかもしれません。

スリーイー『TENPLUS』

スリーイー『TENPLUS』 スリーイー『TENPLUS』 スリーイー『TENPLUS』 スリーイー『TENPLUS』 スリーイー『TENPLUS』 スリーイー『TENPLUS』

出典:Amazon

サイズ 幅240.0x高さ15.0mm
キーストローク 1.5mm
キーピッチ -
アイソレーション
接続方式 Bluetooth
テンキー

おしゃれで高級感のあるテンキーつきキーボード

ズボンのポケットに入れて持ち運べる、軽量で薄い3つ折りタイプのかわいいキーボードです。カラーバリエーションも豊富で、外出時のおしゃれアイテムとしてもぴったり。マットな質感の外装は指紋や汚れが目立ちづらく、高級感も漂わせます。

一番の特徴は折りたたみ式でありながらもテンキーがついていることでしょう。コンパクトタイプでありがちな「Delete」「Backspace」キーなどを省略することもなく、普段使い慣れたキーを搭載しているこだわりも見られます。コンパクトタイプでテンキーをお探しの方におすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
サンワサプライ『SKB-SL33BK』
ロジクール『ILLUMINATED KEYBOARD K740』
クーガ『CGR-WXNMB-200』
ペリックス『PX-1900』
サンワサプライ『SKB-SL18BKN』
エレコム『TK-FCP096BK』
エレコム『TK-FBP101BK』
ロジクール『KX800』
エレコム『FDP099TBK』
サンワサプライ『SKB-BT22BK』
ロジクール『K780』
Logicool(ロジクール)『K380BK』
エレコム『TK-FDP098TBK』
バッファロー『BSKBB310BK』
ユニーク『rapoo E2710』
バッファロー『コンパクトキーボード(BSKBB24)』
アーキサイト『ARCHISS MOBO AM-KTF83J』
エレコム『TK-FLP01PBK』
スリーイー『TENPLUS』
商品名 サンワサプライ『SKB-SL33BK』 ロジクール『ILLUMINATED KEYBOARD K740』 クーガ『CGR-WXNMB-200』 ペリックス『PX-1900』 サンワサプライ『SKB-SL18BKN』 エレコム『TK-FCP096BK』 エレコム『TK-FBP101BK』 ロジクール『KX800』 エレコム『FDP099TBK』 サンワサプライ『SKB-BT22BK』 ロジクール『K780』 Logicool(ロジクール)『K380BK』 エレコム『TK-FDP098TBK』 バッファロー『BSKBB310BK』 ユニーク『rapoo E2710』 バッファロー『コンパクトキーボード(BSKBB24)』 アーキサイト『ARCHISS MOBO AM-KTF83J』 エレコム『TK-FLP01PBK』 スリーイー『TENPLUS』
商品情報
特徴 デスクトップ用におすすめ!安い価格&疲れにくい! 遊び心をもった、光るキーボード WASDキーと矢印キーが置換可能! 最強クラスの防塵防水性能「SGS IP65等級」 19mmのキーピッチ&超小型で持ち運びもラクラク 極薄&静音タイプのミニキーボード 3台同時ペアリングで作業もスムーズ マルチペアリングでストレスフリー 標準的な薄型パンタグラフの代表格 フルサイズキーボードを省スペースでエコに スマホ・タブレットスタンド一体型で快適 機能よし、デザインよし、接続もよし 標準的なフルキーボードで平均的なサイズ感 ゲーム機をはじめ、多デバイスに対応 タッチパッドつきでマウス要らず 使いやすい「軽量・長持ちバッテリー」のワイヤレス スペースキーが分割されない3つ折り式 折りたたみ式、さらにタッチパッド搭載で快適 おしゃれで高級感のあるテンキーつきキーボード
サイズ 幅436.3×奥行124.6×高さ20.0mm 幅457.0x奥行190.0x高さ9.3mm 幅450.0x奥行165.0x高さ23.0mm 幅468.0x奥行169.0x高さ25.0mm 幅293.0×奥行115.0×高さ19.0mm 幅289.2×奥行127.5×高さ21.2mm 幅367.1×奥行127.5×高さ21.2mm 幅430.2×奥行131.6×高さ20.5mm 幅367.1×奥行127.5×高さ21.2mm 幅345.0×奥行115.0×高さ19.0mm 幅380.0x奥行158.0x高さ8.0mm 幅279×奥行124×高さ16mm 幅289.2×奥行127.5×高さ21.2mm 幅285.0×奥行120.0×高さ23.0mm 幅255.0×奥行84.0×高さ25.0mm 幅233mm×奥行125mm×高さ6mm 使用時 : 幅291×奥行120×高さ13mm / 折りたたみ時 : 幅166×奥行120×高さ15mm 幅291.0×奥行92.0×高さ8.0mm(開いた状態) 幅240.0x高さ15.0mm
キーストローク 2.3±0.3mm 3.2mm - 3.8mm 2.0±0.2mm 2.0mm 2.0mm - 2.0mm 2.0±0.1mm - 1.5mm 2.0mm 1.5mm 2.0mm 1.2mm - 2.0mm 1.5mm
キーピッチ 19.0mm 19.0mm - - 19.0mm(文字キー以外は除く) 19.0mm 19.0mm - 19.0mm 19.0mm - 18mm 19.0mm 19.0mm - 17mm 19.0mm 19.0mm -
アイソレーション
接続方式 有線接続 有線接続 有線接続 有線接続 有線接続 有線接続 無線接続 無線接続 無線接続 無線接続 無線接続 無線接続 無線接続 無線接続 無線接続 無線接続 Bluetooth(有線接続あり) Bluetooth Bluetooth
テンキー
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする パンタグラフキーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのパンタグラフキーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:パンタグラフキーボードランキング
楽天市場:パンタグラフキーボードランキング
Yahoo!ショッピング:パンタグラフキーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


軽快なタッチでなめらかなタイピングが可能なパンタグラフキーボード。メンブレン式やメカニカル式との違いは明らかなものでした。「薄型」「コンパクト」「浅めのキーストローク」はパンタグラフ式だけ!

そのほかパンタグラフキーボードの特徴をよく理解し、接続方式やキーストローク、キーの配列などさまざまな点に着目しながら、妥協のない製品を選びましょう。

【関連記事】パンタグラフキーボード以外のパソコン周辺機器

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/06/18 リンク取り直しのため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


LG gramの17型ノートパソコンを使ってみた|性能などを検証レビュー!

LG gramの17型ノートパソコンを使ってみた|性能などを検証レビュー!

LGエレクトロニクス・ジャパンの「LG gram」シリーズは、軽量&コンパクトなボディーに加えて、優れた耐久性と大容量バッテリーによる長時間駆動まで実現したノートPCです。14/15.6/16/17インチと幅広いサイズがラインアップされていますが、その中でも今回は17インチ液晶を搭載したAmazon.co.jp限定モデル「17Z90P-KA76J」をピックアップし、バッテリーやCPUなどの性能を実際に見ていきたいと思います!


【PCなのにタブレットにもなる?】1台4役のChromebook x360を使ってみた!

【PCなのにタブレットにもなる?】1台4役のChromebook x360を使ってみた!

日本HPの「HP Chromebook x360 14c-ca0000」は、1台でノートブックモード/タブレットモード/テントモード/スタンドモードの4役をこなす、コンバーチブルタイプのChromebookです。持ち運びやすい14インチサイズのボディーに加え、さまざまなシーンに対応できるフレキシブルさを備えたフラッグシップモデルの実力を実際に使って検証してみます!


3Dプリンターおすすめ20選|家庭で手軽にフィギュアや雑貨作りができるモデルも

3Dプリンターおすすめ20選|家庭で手軽にフィギュアや雑貨作りができるモデルも

データを入力し、ボタンを押すだけで、まるでプリンターで印刷するかのように立体的なフィギュアなどを作れる3Dプリンター。工業的な製品が多いイメージがありますが、実は家庭で使用できるモデルも数多く登場しており、子供の知的好奇心をくすぐったり、趣味にフィギュア制作などで使えたりと、幅広く使い道があるんです。本記事では、家庭でも手軽に使える3Dプリンターの選び方と、おすすめ商品をご紹介。手軽に使用できるモデルや、プロも使用するハイモデルも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


Wi-Fi付きSDカードおすすめ7選|データ転送速度や容量に注目

Wi-Fi付きSDカードおすすめ7選|データ転送速度や容量に注目

ITライターの酒井麻里子さんに聞いたWi-Fi付きSDカードの選び方と、おすすめ商品を紹介します。撮影した画像を手軽にスマホやパソコンに転送できるWi-Fi付きSDカード。Wi-Fi機能のないデジタルミラーレス、一眼レフカメラ、ホルガデジタルのようなトイカメラなど、対応カメラであればWi-Fi付きSDカードがあれば、画像の転送が可能です。あれば便利なアイテムですが、転送速度やカードの規格を確認しなければ、所有している機器で使えない可能性もあります。使いたい機器に適したWi-Fi付きSDカードを探している方は、ぜひ参考にしてください。


iPhone対応USBメモリおすすめ8選│パソコン代わりに簡単データ転送【大容量からトリプルユースまで】

iPhone対応USBメモリおすすめ8選│パソコン代わりに簡単データ転送【大容量からトリプルユースまで】

近年、パソコンがわりにスマートフォンを使うユーザーが増加。とくにiPhoneは半数以上のシェアを獲得しています(2019年12月時点)。データのパソコンへの移行、容量不足の解消に便利なのがiPhone対応USBメモリ。Lightning端子でかんたんに接続できることから話題を集め、数多くのメーカーが参入しています。この記事では、ITライターの酒井 麻里子さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。通販サイトでは最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをご紹介しています。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。